皮膚病

皮膚病

2020/7/15

風疹を中医学で治療する 中医・大病院・名医の治療 妊婦にも安全

風疹は風疹ウイルスに感染した事で発症する急性発疹性伝染病です ウィキペディア(Wikipedia)によると 伝染力は、かなり強い。 日本ではワクチン接種を受けていない成人男性の患者が多い。 効果的な治療法は無く、症状に応じた対症療法が行われる。   中医学はウイルスの治療では世界トップです。 どんなウイルスでも治療する事が出来ます。 事実、新型コロナでも中薬で良くなります。 中共の発表でも90%以上の効果と言います。 もちろん、風疹の治療にも中薬が非常に効果を出します。 しかも副作用が有りません、妊婦さんも安全です。   発熱が有り全身に発疹が出来ます。  <中医皮膚病学>  <中医小児科学> ・耳と枕後のリンパ節が大きく ・一番多く発症するのは「冬と春」です。 ・子供に多く、たまに大人でも発症します。 ・この病気で併発する病気は少ない。 ・病後は終身的な免疫力が出来る。     風疹の症状について  <中医皮膚病学> <中医小児科学> 1)通常、冬と春に発病します、 1〜5歳の子供に多く見られます、 発病前に必ず風疹患者と接触した事があるはずです。 潜伏期間は2〜3週間です。   2)急に症状が出ます、 初期はインフルエンザのような症状が出ます。 不調が1週間前後、続きます。   3)発熱して1〜2日後に発疹が出ます。 最初に発疹が顔に出て、それから全身に広がります。     風疹の原因、メカニズム  <中医皮膚病学> <中医小児科学> 風熱の時に病邪(風疹のウイルス)が鼻・口から侵入します。 ・肺が不調になり、蒸されて皮膚に影響が出て、発疹が出ます。 ・或いは、ウイルスが非常に勢いが強く、気血が争い、気管を強くあぶる事で風疹が発症する。     風疹の治療     <中医皮膚病学> <中医小児科学> 1)肺卫風熱の治療 ・風を取り払う治療をします。 ・熱を清める治療をします。   2)邪入気管の治療 ・熱を清め、気管を冷やす治療をします。 ・解毒し、湿疹を無くす治療をします。  

皮膚病

2020/5/20

ヘルペス 個人輸入 ミツコ&美奈子 根本治療薬

無料相談はコチラ   ミツコ:あら〜美奈子の顔がキレイになってるね〜。 すごく良くなったじゃ無い〜。 良くなったのは顔だけ? 腕とかご自慢の胸とかは良くなった?       美奈子:うん〜 顔はもう良くなったって感じよ。 治療しているから、なるべくスッピンよ。 付けているのは口紅だけ。 バストの下はまだ少しあるけど、ほとんど消えてる状態よ。 後で私のマンションに来てよ。 そしたら美乳を見せてあげるわ。 腕もほとんどOKよ。 今、駄目押しの治療しているって感じ。   ミツコ:お互いまだ若いんだから、 あなたが性器ヘルペスなったのかと思ったら、普通のヘルペスなのね。 なんでまたヘルペスなんかに掛かったの? 私に隠れて彼氏を作ったの? 彼氏から普通のヘルペスを移されたとかじゃ無いの? 美奈子:そうなのよ。 なんで私がヘルペスなのよ〜と情けなくなったわ。 彼氏はいないって。 ミツコはモテモテなんだから、イケメンを一人くらい紹介してよ。 もういい加減、結婚したい気分よ。 ヘルペスはどこで移ったか、だいたい想像ついたの。 会社で合宿が有って、同期の中にヘルペスの子が居たの。 同じ部屋だったから、何かで移った可能性があるわ。 たけど他の同期には誰も移っていないので、なぜ私なの〜て感じ。   ヘルペスは治らないって聞いてたけど、中医学の薬が出て、治らないわけが分かったわ。 だって皮膚病だから皮膚の塗り薬が出るだけと思っていたら、 なんと「肺」の薬が出たからビックリよ。 五臓って知ってる? 心・肺・脾・肝・腎なんだけど、このどれかが悪くなっている事が多いんだって。 それにヘルペスのウイルスを殺す薬が有るなんて本当かな〜と最初思ったけど、 なんとなんと、すごいのよね〜。 私は4種類の薬を飲んでるわ。 免疫を上げる治療薬もあるから、最近元気が良いのよね。   あれあれ〜遅くなったけど、ミツコが中医学を紹介してくれたお陰よね。 本当にありがとう。 完全に良くなったら温泉旅行にご招待するから、どう、行かない?   ミツコ:合宿で移ったの、そんな事もあるんだね。 ま〜早く治ったらイケメンを一人回しても良いよ。 多分、あなた好みのイケメンよ。 私はジミ系でたくましい人が好きなの、働き者って感じが好き。 中医学って発想が違うでしょう。 漢方系だから古臭いって思わなかった? 良く分かって来ると「すごいレベル」って分かって来るのよね。 体内の状況が良くそこまで分かるなって驚くよね。 だけど良く聞くと医師の能力が相当高くなければ、ヘルペスの治療は相当難しいって。 だから良い先生が相談に乗ってくれたのでラッキーなのよ。 そうね〜快気祝いに美奈子持ちで温泉に行きますかね。 温泉入って、美味しい料理を食べて、名物の地酒を飲みたいな。 本当、そうしよう〜。 だから早く治してね。 関連記事はこちら ヘルペス(単純疱疹)を消滅、根本治療、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。総合情報。 https://js-vivid.com/herupesu-15/ ヘルペス(単純疱疹) ウイルスを完全消滅、体内の損傷箇所を全部治療、正常に戻す。 https://js-vivid.com/herpes-k/ ヘルペス 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/herupesu-mino/  

皮膚病

2020/8/4

アトピー性皮膚炎を元から無くす治療 中医学・大病院・名医の治療 総合情報

  無料相談はコチラ   アトピー性皮膚炎の総合ページです アトピー性皮膚炎はほとんど治すのは無理と言われてますが 中医で治療する場合、大部分の方は良くなります。 中医学は皮膚病の全般に関してナンバーワンの実績を持っています。 非常に多くの皮膚病を良くする事が出来ます。 その理由を説明しますのでご覧ください。     「記事作成:担当の後藤です。 アトピー性皮膚炎になって大変お困りと存じます。 この病気の原因は紀元前200年に分かっています。   ところが、日本でアトピー性皮膚炎の方は誰も原因を知らず 良い治し方も知らないまま、長年苦しんでいます。   中医学・大病院・名医の場合、診断で原因が正確に分かります。 それに応じて最適な薬が多種ありますので、的確に良くして行きます。 大人も子供も治療出来ます。   普通、治療を開始して1ヶ月目くらいから、今まで無かった様な改善がどんどん現れて来ます。 毎月、改善が進んでいるのが実感出来ます。   人により、病の深みが違いますが、良くなるのが普通です。 中医師は診断と薬を切り替えながら最終的に完治するよう治療しますので、根気よく治療する人が良くなります。 完全に良くなるまで医師に相談しながら、治療されて下さい。 ビビッド・ライフが継続してフォローします。   アトピー性皮膚炎とは 参考:中医皮膚病学 必要条件 12ヶ月以上、皮膚が痒い。   補助条件 ①2才以前に発病 ② 腕・脚などの内側の皮膚に出来た病歴が有る。 10才以下の子供はどの部分でも対象とする。 ③全身の皮膚が硬く乾燥した経歴がある。 ④喘息、花粉症などアレルギーの病気だった事がある。 ⑤1頭身の親族にアレルギーの病歴が有る。   年代時期 乳児期、子供期、青年・成人期の3種類に分けます。   アトピー性皮膚炎の原因---医学書の説明  原因1)脾・風 乳児、子供に多く見られます。 皮膚の同じ場所に湿疹が反復して発生します。   原因2)陰・血 青年・成人に多く見られます。 病状が非常に長期で、繰り返し発生し、皮膚が硬く乾燥しています。     アトピー性皮膚炎の原因 補足説明 参考:中医皮膚病学 アトピー性皮膚炎は別名「遺伝性アレルギー性湿疹」と呼びます。 つまり遺伝が関係しています。 急性と慢性が混合します。 家族の中に喘息、アレルギー性鼻炎の人がいる場合が多い。   主な原因は「湿邪」です。 胎児の段階で「湿熱毒」を受け継いでいる。 あるいは生まれながらの場合もあります。   アトピー性皮膚炎のその他の原因 ①授乳期に母親が余りにも「美食」に走り、 さらには「辛いもの、油物」を食べ過ぎた事で「湿」が熱をおびた。 この「湿」が授乳で子供に入り、アトピー性皮膚炎の原因になった。   ②母親の「感情」が内臓を損傷し、熱が発生し 妊婦の段階で熱が胎児に伝わり、 胎児は先天的な免疫不足になり、 熱を帯びた体になります。 生後、アトピー性皮膚炎になった。   ③不適切な栄養物を食べさせた。 脾が健康な働きができなくなった。 この為、湿が体内で発生した。 そして湿熱が体内に温存され蒸された。 最終的に皮膚にアトピー性皮膚炎を発病した。   ④「湿」が長期に渡って温存され蒸され続けた。 これが津液を傷つけ、血を消耗した。 皮膚は栄養を失い。 ついにはアトピー性皮膚炎が発生した。   ⑤大気の影響 特に「湿熱」が体に入る。 それが皮膚に鬱結した。 体の内外からの病邪が集まってアトピー性皮膚炎を発病した。   以上をご覧になっていかがでしたか? 中医師は診断で患者様がどの原因に該当するか非常に正確に分かります。 またその原因から体内がどの様な状況になっているか、 メカニズムが非常に正確に分かります。 この様は原因・メカニズムを調べる方法は中医・大病院・名医ができる技です。     次に治療方法についてご説明します。 アトピー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)脾・風 ① 脾を健康にする治療をします。 ②風を消し、通りを良くする治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療2)陰・血 ①陰を滋養する治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③皮膚を潤す治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   上記は中医学・医学書に基づく最も基本となる治療方法です。 実際の治療では、上記からさらに深い治療に入ります。 五臓の治療が入る事も多い。 例えば「肝・腎」が悪い場合も多い。 神経系の治療をする場合も多い。 毒を抜く治療をする場合もあります。 免疫を上げる治療をするケースもあります。   成人のケース、幼児の時からアトピー性皮膚炎 食べ物を加えた治療をしました。 薬は1種類を使い、3種類は食べ物で治療したケースも有ります。 食べ物は球根・木の実、豆などです。 数ヶ月で完治しています。   以上の治療方法をご覧になっていかがでしたか? 日本では聞き慣れない用語で戸惑ったと思いますが、 この様な分析で治療する事で、次第にアトピー性皮膚炎が消えて行きます。 中医・大病院にもよりますが、85〜98%の人が良くなっているはずです。 普通、アトピー性皮膚炎が良くなる率はほとんどゼロと思います。 あなたは治したいですか?     あなたはアトピー性皮膚炎を治したいですか? あなたは、これまで良い方法が無かったと思います。 アトピー性皮膚炎など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。 現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。 現在ビビッド・ライフが相談入れる医師は中医・大病院の名医です。 上海医師会の中でも最高ランクに上手な医師です。 もし希望する人はその医師の診断を格安で受ける事が出来ます。   (人によっては実質、無料と言います) つまりアトピー性皮膚炎が長年続いており、金額に直せばその損失は大変な金額です。 今後、一生、この状態が続きます。 もし今回、ここで治療し、良くなれば、その後の損失が不要になります。 差し引きすれば、ここで治療した分が実質無料になり、逆にお金が残ります。   また大概の人がアトピーの治療で病院を駆け回る必要も無くなり、 その分、生産的な事に時間を使えますので、大概の人が収入が増えます。 こう考えると、ここでの治療は無料になるどころか、長い人生で大きなお金を生む元になります。   治療には医薬品が大事です。 アトピー性皮膚炎を元から治す薬は日本には有りません。 いかにあなたが病院を駆け回っても、無理です。 日本には漢方薬は有りますが、それらの中にはアトピー性皮膚炎を治せる薬は基本的に有りません。 世界でも中国だけに有ります。 薬のタイプが全く違うのです。   ご存知ですか? 中国は中医学の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。 この中にはあなたのアトピー性皮膚炎を根本から治療できる薬が多種あります。     中国には病院ようだけでなく、それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 アトピー性皮膚炎は五臓六腑が原因になっている事が多く、 血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 いかに有数な薬が有っても、どこをどのように治すのか判断出来るのは中医の優秀な医師だけです。     アトピー性皮膚炎の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているようにアトピー性皮膚炎と言っても体内の状態は様々です。 どの治療薬を使うかも、全ての人が違った薬の組み合わせになります。   特に「塗り薬」よりも「飲み薬」が中心となります。 アトピー性皮膚炎だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 アトピー性皮膚炎は体内が原因ですから、体の内部を治療する事が最も中心で「飲み薬」が最も重点になります。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学ならアトピー性皮膚炎は全員では無いにしても、ほとんどの人が良くなります。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中医のアトピー性皮膚炎の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   アトピー性皮膚炎を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がアトピー性皮膚炎の治療でも出ています。   アトピー性皮膚炎の治療---実例---「中西結合医学」 薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   アトピー性皮膚炎とは違う別の病気を持っている人。 ①別の病気がアトピー性皮膚炎の原因になっている人が多い。 ②アトピー性皮膚炎から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、アトピー性皮膚炎だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 ...

皮膚病

2020/7/15

蕁麻疹 中医学 大病院・名医の処方薬、総合情報。

無料相談はコチラ   蕁麻疹の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 中医学では蕁麻疹を根本的に治療します。     記事作成:担当の後藤です。 「蕁麻疹になって大変お困りと存じます。 この病気は原因が紀元前200年に分かっています。  」   「中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 中国でも皮膚病は西洋医学では難しいです。 中医学では一流の医師ならどなたでも蕁麻疹は治せます。 お元気になり安心して過される事を願っています」     中国の中医学 中国の中医学の大病院を色々調べますと 蕁麻疹の治療は体にやさしく、根本治療をして体を本来の状態に戻す〜治療をしますので、大変良い成果を出しています。   蕁麻疹とは 急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹の2種類があります。 ①急性蕁麻疹---急に始まり、突発的に痒くなる。 ②慢性蕁麻疹---蕁麻疹になって6週間以上。     蕁麻疹の原因---参考:中医皮膚病学 原因1)大気が肺を犯した 大気が呼吸で肺に入り、肺を損傷した事で起きた蕁麻疹です。 皮疹が鮮明な赤。 焼け付く痒み。 体に熱があると痒みが増す。 冷えると軽くなる。     原因2)大気風寒の影響 大気の寒い風が体に入った事で体の働きを縛り、それで起きた蕁麻疹です。 皮疹が薄赤・赤色。 体が冷えると痒みがます。 体を温めると痒みが軽くなる。     原因3)胃腸が原因で発生 皮疹が大型。 むくみ。 気分が悪く吐き気がする。     原因4)血が虚弱 血が虚弱で、血に潤いがなくなり、皮膚が正常に働く事が出来ず起きた蕁麻疹です。 痒みは時によって軽かったり重たかったりする。 午後・夜間に痒みが増す。     原因5)経絡不調 経絡(血の通り道)が不調で起きた蕁麻疹です。 女性に発生します。 経絡は血の通り道です。 血の通りが悪い。生理の調子が悪い。 膝腰が痛い。     蕁麻疹の治療 参考:中医皮膚病学 1)肺の治療 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   2)風寒の治療 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   3)胃腸の治療 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②熱を体から出す治療をします。 ③胃腸の通りを良くする治療をします。   4)血が虚弱の治療 ①血を養う治療をします。 ②風を消す治療をします ③潤いのある状態にする治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   5)経絡不調 ①血を養う治療をします。 ②「肝腎」を補い働きを増す治療をします。     蕁麻疹の原因の説明 補足 1)大気・気候が原因 上記の原因・治療の説明で知らない事が多いでしょうが、本当は他の事よりも先に知っていた方が良い内容です。 最も大事な事は人は地球に住んでいる事です。 人間は地球上にいる限り、この世で呼吸をしている限り、大気・気候の影響を常に受け、病気になります。   暑さ・寒さ・湿気・乾燥・ホコリなど様々な気象の影響を人は受けます。 それが病気と大きく関係しています。 蕁麻疹は特に関係します。   特に「風」に当たると人体は病気になりがちです。 「熱や湿気」も体に影響が多い。 蕁麻疹は特に「風・熱・湿気」が人体に影響し、発病します。     2)五臓・六腑が原因 直接・間接、五臓が悪くなって蕁麻疹を発病しています。 五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。 六腑の中の「胃・腸」が悪くなっています。   蕁麻疹が五臓と関係しているなど、誰も知りません。 五臓が悪くなっていることは中医師が診断すればすぐに分かります。 五臓が悪い人は五臓を治療すれば、改善が進みます。     3)血が原因 皮膚は血が流れて来る事で正常活動をしています。 血が弱い為、血が皮膚に流れてこない事で皮膚が正常な働きが出来なくなり蕁麻疹が起きます。     4)子宮の経絡が原因 子宮は生理活動をしていますので、常に血を扱います。 子宮につながる血の通り道(経絡)が正常に血を流せなくなった事で、全身の血の流れが悪くなります。 この為、皮膚への血の流れが正常に出来なくなり、皮膚が正常な働きができなくなって蕁麻疹が発生します。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     蕁麻疹の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように蕁麻疹と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 蕁麻疹だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、蕁麻疹は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。         費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。     中医学(中国)は世界で最も歴史があります。   紀元前200年前頃の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。   内径ではすでにこの時、蕁麻疹を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で蕁麻疹に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「蕁麻疹」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「蕁麻疹」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「蕁麻疹」の治療でも出ています。   「蕁麻疹」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「蕁麻疹」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで使います。   3)「蕁麻疹」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「蕁麻疹」の原因になっている人が多い。 ②「蕁麻疹」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「蕁麻疹」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     ...

皮膚病

2020/7/15

アレルギー性皮膚炎 根本治療し完全に正常にする画期的な治療 中医学・大病院・名医の処方 総合情報。

  無料相談はコチラ   アレルギー性皮膚炎の総合ページです。 アレルギー性皮膚炎を根本治療します。 中医学・大病院・名医はアレルギー性皮膚炎は、ほぼ全員の確率で治します。 何故なら原因が正確に分かり、その治療法が有るからです。 この治療方法は日本には無い画期的な治療方法です。     「記事担当:後藤です。 「大変お困りと存じます。 治す方法が無く、途方にくれている人が多い病です。 不快感で生活、仕事に大変な負担になっています。 ここ数ヶ月でアレルギー性皮膚炎を完全に消したい方は 下記に資料を作成しますのでご活用ください。」     アレルギー性皮膚炎の原因とメカニズム 参考:中医皮膚病学   原因1)風熱で悪化 「風熱」が皮膚の下に温存され蒸れている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が急で、頭部や 顔に出来る場合が多い、手や背中にも出来ます。 大変痒く、灼熱感が有ります。   原因2)湿熱毒で悪化 「湿熱」が毒を出し、皮膚の下に温存され蒸れている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が非常に早い、水泡・大泡が有る、皮膚の損傷した面積が広く浮かぶ。 水泡が破裂するとすぐに滲み出た液がただれる。 灼熱を感じる、口が乾き、熱を伴う、便が乾燥している。   原因3)血虚で悪化 「血」が虚弱、乾燥した風が溜まっている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギーが出ます。   病歴が長い、反復発作する、皮膚の損傷部分は厚く乾燥している。 鱗屑:皮膚表面の角質が、細かくはがれ落ちている。 あるいは皮膚表面が苔が生えたような状態もある。 激しい痒みがある、爪で掻きむしったり、硬いカサブタになっている。   アレルギー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)風熱で悪化 ①風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療2)湿熱毒で悪化 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り払う治療をします。 ③血の熱を冷ます治療をします。 ④ 解毒の治療をします。   治療3)血虚で悪化 ①血を養う治療をします。 ②血が乾燥していますので、潤いをもたらす治療をします。 ③風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ④痛みを止める治療をします。   治療4)脾胃の悪化 脾・胃の運化機能が弱っている場合も多く 脾・胃の機能を健康にする治療をします。       なぜアレルギー性皮膚炎になるのか、基礎的な原因  参考:中医皮膚病学 1)中医学では、 ①先天的に体の耐性が弱いとみています。 ②皮膚・皮下の密度が低い。 この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。   2)何かに接触した後、その毒邪が皮膚に侵入します。 これで「気・血」が入り乱れた混乱状態になります。 そして「気・血」の調和が崩れ、邪がウツ状態になり熱が出ます。   邪がこもり、蒸され、皮膚の働きが拒まれます。 そしてアレルギー皮膚炎を発病します。   3)発病前に原因物質に接触しています。 一定期間の潜伏期間が有ります。 最初に原因物質に接触してから、大概4〜5日以上してから発病します。 再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。   接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により 個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。     アレルギー性皮膚炎の原因物質 多く見受けられるもの 1)化学物質 ①金属装飾品を作るときの原料、 ②特定の外用薬 ③化粧品 ④農薬 ⑤塗料 ⑥ゴム など   2)植物の影響 ①漆に使うハゼの木、 ②イラクサ ③杉花粉 など   3)動物の影響 ①動物の皮膚や毛 ②毛の中にいる虫の毒素。 など 外界には様々なアレルギー性皮膚炎の原因物質が有ります。   どうやって自分の身を守るか? 西洋医学と中医学があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。     中医学の皮膚治療は紀元前14世紀から始まっている。  1)紀元前14世紀には 多くの甲骨文が出土し、その中に多くの記述が見つかっています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   紀元前1122年「周礼」では皮膚病は季節により流行することが書かれています。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。     医薬品が大事です。 中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     食べ物で治療します 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。     世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「アレルギー性皮膚炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「アレルギー性皮膚炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。     副作用の出ないように使う「中西医結合医学」   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「アレルギー性皮膚炎」の治療でも出ています。   「アレルギー性皮膚炎」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「アレルギー性皮膚炎」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「アレルギー性皮膚炎」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「アレルギー性皮膚炎」の原因になっている人が多い。 ②「アレルギー性皮膚炎」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。       中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、 まず先に◇百宝元を飲む事も大切です。 ◇百宝元で治療するのではありません。 健康を維持するために大切です。   ◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。 ◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。   日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、 次のステップで中医学の医師に相談してアレルギー性皮膚炎の治療をしてください。   ◇百宝元は健康管理、健康維持にずっと活用されてください。 人生で成功するには、自分の健康に投資することが大事です。 ◇百宝元は運動や薬では出来ない健康管理ができます。     アレルギー性皮膚炎をどうしても治したい方 下記に資料があります、ご覧下さい。 無料資料です。 アレルギー性皮膚炎を根本治療。最先端の中医学・大病院・名医の治療方法。正常な皮膚にする。 https://js-vivid.com/arerugi-10/ アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。大病院の治療。 ...

皮膚病

2020/7/15

帯状疱疹の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  無料相談はコチラ   帯状疱疹の総合ページです。   「帯状疱疹は難しい病です。 中医学では根本治療をします。 大事な点を書きますので、ご覧ください。」     ヘルペスウイルスの病は3種類あります。 ①帯状疱疹----------このページで説明します。 ②単純疱疹----------こちらのページをご覧ください。 ③性器ヘルペス----こちらのページをご覧ください。     記事担当の後藤です。 「帯状疱疹でお困りと思います。 帯状疱疹は要注意の病気です。 裏に大きな病気が発生している場合が有りますので、その方が気になります。」   「詳しい情報を書きますのでお役立てください。 早く正常になります事を切に願っています。」     帯状疱疹の特徴---参考:中医皮膚病学   帯状疱疹は様々な原因・パターンがあります。 ①もし風邪(ふうじゃ)が体の上部に向かうと頭・顔に帯状疱疹がでます。 ②もし湿邪が体の下に下がれば陰部や足に帯状疱疹が出ます。 ③「火毒」が盛んな人は胴体部分に帯状疱疹が出来ることが多い。   ④体の弱い高齢者は血が虚弱で肝が旺盛な為、湿熱が閉じ込められ蒸され固まる為に、 気血が固まり滞留しますので、経絡の中が塞がれ、帯状疱疹になります。   初期の帯状疱疹は「湿熱火毒」が多い。 帯状疱疹の後期になると「正虚血瘀」から「湿が増え、熱が増える」帯状疱疹になります。     帯状疱疹の原因---参考:中医皮膚病学   1)肝経鬱熱証 肝の経絡(血の通り道)が鬱状態になり、熱を帯びている状態です。 元々は 感情が体内を傷つけた事から始まります。 感情で肝が鬱になり、肝の気がスムーズでなくなり、 肝の経絡の火毒がこもった為に帯状疱疹を発病したのです。   2)脾虚湿蕴証 脾が虚弱で湿が体内に閉じ込められ蒸された状態になっています。 つまり脾が健康な動きを失った事から始まっています。 やがて湿邪が体内で発生します。 日が経つにつれ熱になります。 そして湿と熱が強く結び付き、帯状疱疹を発病します。   3)気滞血瘀証 気が滞留し、血の循環が悪くなり瘀血の状態になっています。     帯状疱疹の治療---参考:中医皮膚病学   中医学の治療原則---帯状疱疹 ①熱を清める治療が主体となります。 ②合わせて湿を取り除く治療をする事で帯状疱疹を無くします。 ③経絡(血の通り道)の通りをよくする事で痛みを止めます。   1)肝経鬱熱証の治療 肝の経絡(血の通り道)が鬱状態になり、熱を帯びている状態です。   ①この症状では肝の働きを清める治療が最も大事です。 ②肝鬱から始まった「火」を消す治療をする事で帯状疱疹を消滅させます。 ③毒性の強い状態ですので、解毒治療をして、痛みを止めます。   2)脾虚湿蕴証の治療 脾が虚弱で湿が体内に閉じ込められ蒸された状態になっています。 ①この症状では脾が弱っていますので脾を健康にする事が治療の大原則です。   ②脾が弱っている影響で湿が溜まっています、これを取り除く事で帯状疱疹を治します。 ③この症状も毒性が強い為、毒を抜き取る治療が必要です。 ④痛みを根本から無くす治療をします。   3)気滞血瘀証の治療 気が滞留し、血の循環が悪くなり瘀血の状態になっています。 ①この症状は気の流れが悪くなったのが最初の原因ですので、まず気の流れを良くする治療をします。 ②血の働きが弱い為、全身の血流が悪いので、まず血の働きを活発にする治療をします。   ③経絡は血の通り道です、経絡の中を違うスムースに流れるように治療します。 ④特に血が固まり、いろいろな所で鬱血状態になっています、これをきれいに溶かす治療をします。 ⑤うっ血を解消させ、血の流れを良くする事で痛みを無くします。     帯状疱疹の治療---補足説明 上記の原因、治療をご覧になると帯状疱疹は皮膚の病気なのに、治療する所は皮膚よりも五臓・内臓です。 これは私たち日本人がまったく知らなかった事です。   中国の中医学は紀元前200年にすでに帯状疱疹は内臓が悪くなった病気だと突き止めています。 現在、五臓の肝・脾などを治療し、体内の熱や湿を取り除き、血のうっ血を取り除く治療をすれば、 よほどの例外は別にして、大概の人は帯状疱疹が良くなります。   だれでも帯状疱疹がまさか「肝や脾」が原因とは驚きと思います。 実際に診断すれば「腎」その他の臓器が悪くなっている人もいます。 これらの臓器を治療すれば、帯状疱疹は良くなります。   肝臓と肝は違います。 肝臓が正常でも肝が悪くなっている事は珍しく有りません。   この治療ができるのは中国・中医学・大病院・名医です。    帯状疱疹の特徴 1)帯状疱疹は水疱瘡が帯のように列に繋がった型をしています。 2)帯状疱疹は体の片方に出来る場合が多い。 鼻からヘソにまっすぐ線を引き、右か左のどちらかに帯状疱疹ができる場合が多い。 線をまたいで帯状疱疹ができる場合は稀です。   3)神経に沿って帯状疱疹ができます。   4)過労や多くの病気を患っている人、慢性病の人も 体が弱り免疫が低下すると水疱瘡が再発します。 この時の疱疹が帯状になっていますので帯状疱疹と呼びます。   帯状疱疹が発生する場所  帯状疱疹が良く出てくるのは、 1)胸の脇 2)頭部・顔面・腰 3)頚部   4)目に関係する三叉神経にウイルスが侵入すると、 目に帯状疱疹が発生し、ひどい痛み、角膜や眼球が炎症し、失明や脳炎になる事もあり、ひどい時は死亡する事もあります。   5)帯状疱疹は年齢が増すほど痛みも増します。 たとえ疱疹が引いても、皮膚には頑固な痛みが残ります。   帯状疱疹は一過性の病気ではない 発病前、軽く発熱する人が多い。 体がだるく、胃の調子が悪い、食欲がない、皮膚は焼け付くような感覚がある、神経の痛みが出る。 その後、皮膚に赤い斑点が出て、水疱も出ます。 水疱が群れとなり帯状に配列されます   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうてい だいけい)と呼ばず、短く「内経」と呼ぶ場合が多い。   「内経」ではすでにこの時、多くの皮膚病を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で皮膚病に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     帯状疱疹の薬の方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科でしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の帯状疱疹の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   帯状疱疹を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が帯状疱疹の治療でも出ています。   帯状疱疹の治療---実例---「中西医結合医学」 1)帯状疱疹は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)帯状疱疹とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が帯状疱疹の原因になっている人が多い。 ②帯状疱疹から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、帯状疱疹だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       中国医療機関のネットの参考情報 中国の大病院が「帯状疱疹」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 ...

皮膚病

2020/7/15

ヘルペス(単純疱疹)を消滅、根本治療、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。総合情報。

  無料相談はコチラ   ヘルペスは 単純ヘルペスウイルス感染でおこる単純疱疹です。 ヘルペスは3種類あります。 ①単純疱疹---------このページで説明します。 ②帯状疱疹---------こちらのページをご覧ください。 ③性器ヘルペス---こちらのページをご覧ください。     ヘルペス(単純疱疹)の総合情報ページです。 中医学・大病院・名医はヘルペス(単純疱疹)を完全消滅させる根本治療します。   記事作成:担当の後藤です。 「こんにちは ヘルペス(単純疱疹)になり大変お困りと存じます。 この病気は日本では治せる所はまず無いと思います。 医学書を詳しく読むと、体内の悪くなっている所が非常に難しい状態で 良くできるとしたら中医学の余程の医師しか出来ないと思います。」   「たとえばこの病気では肺を治療する場合が結構有ります。 なぜ肺を治療するのか不思議と思いませんか? この病を本当に治すのは難しくて普通の方法では出来ないと思います。」 後藤直伸     ヘルペス(単純疱疹)とは 病毒が引き起こす急性の皮膚炎です。 皮膚粘膜で感染します。 最も多く発生する場所が口、唇、顔、鼻、などです。 ヘルペス(単純疱疹)の発病メカニズム 中医皮膚病学 1)ヘルペス(単純疱疹)は そもそも「風・湿・熱・毒」が体外から体に影響をあたえた為にできた熱傷です。 「風・湿・熱・毒」が閉じこもり、蒸して皮膚に発病した物です。 これがヘルペスです。   2)繰り返して再発する理由は、 1番の状態が進み、津液を損傷した為です。 そして発熱しヘルペスが慢性化したのです。     ヘルペス(単純疱疹)の状態  :中医皮膚病医学書より 1)肺・胃が悪くなっている 顔面に多数の疱疹が出来ます。 赤く、刺すような痒さが有ります。 イライラしたり気がめいる事もあります。 口が乾き、便が乾いて硬く、尿が黄色い 2)陰虚の状態が良く無い 疱疹が繰り返し出て治らない。 出たり消えたりを繰り返す。 発疹は群がって少し盛り上がっている。 赤色の発疹 唇が乾燥している 冷や汗が出る   3)脾・肺の状態が悪い 疱疹が反復して発生します。 水泡が黄白色です。 体が怠く、感冒を引きやすい、 食欲不振、腹が張り下痢気味。   ペルペス(単純疱疹)の治療 1)肺・胃が悪くなっている 風を取り熱を清め、解毒の治療をします。   2)陰虚の状態が良く無い 陰を養い、熱を清める治療 風を取り払い、解毒の治療をします。   3)脾・肺の状態が悪い 脾を元気にする、湿を取り、解毒の治療をします。     ヘルペス(単純疱疹)の発病原因の補足説明 ヘルペスと言うと、顔や腹、背中などに出来ますので、 誰でも、皮膚だけが悪くなっている病気と思っています。   しかし、上記の原因を見ますと「肺・胃・脾」が関係しています。 あるいは実際に診断を受けてみますと「腎」がひどく悪い人もいます。 つまりヘルペスを根底から治そうと思えば、肺や脾など五臓の治療は欠かせません。   「ま〜塗り薬で、その場、その場をしのげば良い〜」と思う人が圧倒的に多いようです。 しかしヘルペスは内臓を損傷しています。 しかもヒドイ毒性があります。   年が経つほど、毒が全身を傷つけ、傷めた臓器から次の大きな病に発展する人が結構多いのです。 ヘルペスが治らないだけでなく、傷めた臓器から出た病も不治の病の人も多いのです。    医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     ペルペス(単純疱疹)の薬の方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科でしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。     中医学はヘルペス(単純疱疹)の治療で大変大きな成果を上げています。 患者の体はそれぞれ異なり、生活環境も千差万別ですから一概には言えませんが、 きちっとした中国の大病院・名医の治療に従うなら 余程の例外は別にして、大概の人は完治か大幅改善ができています。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のヘルペス(単純疱疹)の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ヘルペス(単純疱疹)を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。   中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がヘルペス(単純疱疹)の治療でも出ています。   ヘルペス(単純疱疹)の治療---実例---「中西医結合医学」 1)ヘルペス(単純疱疹)は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)ヘルペス(単純疱疹)とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気がヘルペス(単純疱疹)の原因になっている人が多い。 ②ヘルペス(単純疱疹)から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、ヘルペス(単純疱疹)だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。         中医学は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうてい だいけい)と呼ばず、短く「内経」と呼ぶ場合が多い。   「内経」ではすでにこの時、多くの皮膚病を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で皮膚病に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。       関連の記事が有ります、ご覧ください ヘルペス 個人輸入 ミツコ&美奈子 根本治療薬 https://js-vivid.com/helps-3/   ヘルペス(単純疱疹) ウイルスを完全消滅、体内の損傷箇所を全部治療、正常に戻す。 https://js-vivid.com/herpes-k/ ヘルペス 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/herupesu-mino/  

皮膚病

2020/5/20

帯状疱疹の治療方法、帯状疱疹は油断ならない病気です。中医学・大病院の治療方法。

  無料相談はコチラ   帯状疱疹ができる場所 帯状疱疹は主に胴体と手足に出来ます。実際は疱疹ができる範囲が大変広い。腹・背中・顔・頭・耳の中・足・ヒザの裏・脚裏・もも・お尻・指など様々です。 危険なのは目にできることです。 角膜にできることがあります。これは失明の危険があります。脳炎になることがあり、命の危険があります。 産後にできる場合もあります。季節に関係なく、いつでもできます。性交渉で陰部にできます。感染しますので用心が必要。体調不調で生理と関係している、腰痛と共に出る人もいます。 帯状疱疹は免疫低下ですから、 癌がでる人もいます。 帯状疱疹は人にうつる事もあります。痛みが有り、かゆみが出る場合もあります。耳鳴りしたり、胸が苦しい、むくみがでる人もいます。 基本的に1度この病気になったら、普通は2度目はありません。しかし例外的に何度もできる人もいます。 基本的に体の中央から分けて右半身にできる場合と左半身にできる場合のどちらかです。 帯状疱疹は単なる皮膚病ではない。 皆様が病院で治療しても帯状疱疹が治らない理由は皮膚病ではないからです。見た目は水疱瘡で皮膚の病気ですが、帯状疱疹の本質は、極端に言えば「生きるか死ぬかの境目」になっている場合があります。 それは現代医学では分かりません。例えば肝などが悪くなっています。肝臓と肝は違います。 検査で肝臓は正常でも「肝」は良くない場合があります。 これがどのように全身に影響しているか分かる医師でないと治せません。   本来、帯状疱疹はよど体が悪くなっているからです。 帯状疱疹は誰でも出る病気ではありません。 これにならない人が正常なのです。 この状態で妊娠して良いか? 子供さんの場合、保育園に行かせて良いか?   マッサージを受けて良いか? サウナは問題ないか? 食べ物はどうすれば良いか? 治療や治療期間など心配が多いと思います。   なぜこれだけ心配が多いか? 帯状疱疹まだ現代医学では帯状疱疹を解明できていないのです。 体の表面だけを治療してもダメです。 帯状疱疹をわずらっている方は色々な心配が多いですが、その心配をいつまでも続けるよりも、すぐれた治療方法を見つけ、早く治すのが良いと思います。   ビビッド・ライフではなぜ帯状疱疹ができたのか、くわしく分かる名医がいます。優れた薬にも詳しいです。 より詳しい説明を差し上げます。 帯状疱疹の関連記事があります。下記をご覧ください。 帯状疱疹の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/taijyohosin-15/   帯状疱疹 本格的に治す方法。優れた中医学で根本治療。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/taijyo-hoshin/ 帯状疱疹を実際に治す方法をご紹介、中医学の適切な治療方法、中医学、大病院の情報。  https://js-vivid.com/taijyo-hoshin-6/     個人輸入代行の総合ページはこちら 帯状疱疹は思っている以上に危険です。あまりそれが知られていません。癌になっている人が、そう言えばあの時、帯状疱疹があった〜と言います。後悔しない為に下記をご覧ください。無料です。        

皮膚病

2020/5/20

アトピー性皮膚炎の治療を確認する、娘の場合。漢方の大学病院に相談。

  無料相談はコチラ   私もビビッド・ライフの漢方に最初に携わって 前職では病院の受付をしていたのですが・・・。医療は奥が深いですね。 西洋医学と漢方はどちらも大事だと少しずつですが分ってきたと思います。 現代社会では多くの方が色々な病気を抱えています。 私もそうでしたが、大半の方が西洋医学しか知らないと思います。 自己紹介が遅れましたが・・・ 川村ともこと申します。よろしくお願い致します。 私も”中医学的”なものを知ったのは長女を出産した後です。某有名人のお子さんが極度のアトピーで中国まで行き、治したというものでした。 長女は極度のアトピーというわけではありませんでしたが、生まれた時から爪がガタガタで、肌も弱く、生まれた直後からよく病院にかかっていました。病院ではステロイドを必ず出されました。中途半端な知識のせいでステロイドに抵抗があり、使ったり、止めたり・・・。   そのせいか3才の頃にはアトピー性皮膚炎と診断されてしまいました。 その間にも色々な皮膚科・病院に通いました。Dr.に「ステロイドを使いたくない」と打診したり、「体質改善をしたい」と言った事もありました。「体質は変わらない」とはっきり言われ愕然としたことを今でもはっきり覚えています。娘は一向に良い方向に向かうこともなく、思い描いていたものにも出会えず途方に暮れてしまいました。   洗濯洗剤や体を洗う石鹸はずっと弱いものを使っていましたが、白砂糖を止め、友人の勧めでプルーンやプロテインを使い、子供用の栄養補助食品を食べさせました。乾燥するからといつもクリームを持参させ保育園の先生に塗ってもらいました。 その甲斐虚しくいつも痒がり、小さな手が倍以上に腫れ上がった時もありました。. 小学校に上がってからも手が痒く鉛筆を持つと痒がります。 10才頃まで痒い思いをさせました。 本当の中医学を知らなかったからこそ娘には本当に可哀想なこと事をしたと思います。   無知や思い込みで大切な時期にしっかりとした愛情を注げなかったんじゃないかと心残りです。 タイムリープできるならあの時に戻りたいな〜と思ったりします(;ー;)・・・笑笑   ◇百宝元を知っていれば、中医学・漢方を知っていればもっと楽しい10年間を与えてあげられたと思います。 アトピー性皮膚炎ではなくても、お子様のことで悩んでいる方にお役に立てればいいなあと心から思います。   関連の情報があります。ご覧ください。 アトピー性皮膚炎を元から無くす治療 中医学・大病院・名医の治療 総合情報 https://js-vivid.com/atopi-15/ アトピー性皮膚炎を元から治療する。本当の原因を治療する。中医学・大病院・名医の治療。 https://js-vivid.com/atopi-1/ アトピー性皮膚炎の根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/atopi-6/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

皮膚病

2020/5/20

蕁麻疹を根本から治療する方法。中医学・名医の治療法。

  無料相談はコチラ   蕁麻疹の情報ページです。 蕁麻疹の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 根本治療の方法が有ります。   「記事作成:担当の後藤です。 こんにちは 蕁麻疹になって大変お困りと存じます。 実際、非常に難しい病気ですがはるか昔より良い結果を出している医学もあります。 蕁麻疹の原因は紀元前200年に分かっています。 その情報が日本には入っていません。」   「中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 特定の病院ではなく、中国全域の優秀な大病院・名医なら同じです。 大概の方は良い結果が出ています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。 お元気になり安心してお過ごしされる事を願っています」   2種類の医学 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? 医学によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学があり、さらに両方の医学を合体させた中西結合医学もあります。 現在、蕁麻疹を根本治療する方法は中医学・中西結合医学で行われています。 蕁麻疹とは 急性蕁麻疹と慢性蕁麻疹の2種類があります。 ①急性蕁麻疹---急に始まり、突発的に痒くなる。 ②慢性蕁麻疹---蕁麻疹になって6周以上。 このどちらも根本治療でほとんどが問題なく良い結果を出しています。 蕁麻疹の原因---医学書の説明 参考:中医皮膚病学 原因1)風熱犯肺 大気の熱風が呼吸で肺に入り、肺を損傷した事で起きた蕁麻疹です。   皮疹が鮮明な赤。 焼け付く痒み。 体に熱があると痒みが増す。 冷えると軽くなる。   原因2)風寒束表 大気の寒い風が体に入った事で体の働きを縛り、それで起きた蕁麻疹です。   皮疹が薄赤・赤色。 体が冷えると痒みがます。 体を温めると痒みが軽くなる。   原因3)胃腸湿熱 胃腸に湿熱がたまり、起きた蕁麻疹です。   皮疹が大型。 むくみ。 気分が悪く吐き気がする。   原因4)血虚風燥 血が虚弱で、風が乾燥しているため、血に潤いがなくなり、皮膚が正常に働く事が出来ず起きた蕁麻疹です。   痒みは時によって軽かったり重たかったりする。 午後・夜間に痒みが増す。   原因5)経絡不調 子宮につながる経絡(血の通り道)が不調で起きた蕁麻疹です。   女性に発生します。 経絡は血の通り道です。 血の通りが悪い。生理の調子が悪い。 膝腰が痛い。 蕁麻疹の原因---補足説明 蕁麻疹の本当の原因は知られていません。 下記の説明は中国の医師が使う医学書に基づいています。   原因1)大気・気候の影響 最も大事な事は人は地球に住んでいる事です。 人間は地球上にいる限り、この世で呼吸をしている限り、大気・気候の影響を常に受け、病気になります。   暑さ・寒さ・湿気・乾燥・ホコリなど様々な気象の影響を人は受けます。 それが病気と大きく関係しています。 蕁麻疹は特に関係します。   特に「風」に当たると人体は病気になりがちです。 「熱や湿気」も体に影響が多い。 蕁麻疹は特に「風・熱・湿気」が人体に影響し、発病します。   原因2)五臓・六腑が病気の原因 直接・間接、五臓が悪くなって蕁麻疹を発病しています。 五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。 六腑の中の「胃・腸」が悪くなっています。   蕁麻疹が五臓と関係しているなど、誰も知りません。 五臓が悪くなっていることは中医師が診断すればすぐに分かります。 五臓が悪い人は五臓を治療すれば、改善が進みます。   原因3)血が関係する。 皮膚は血が流れて来る事で正常活動をしています。 血が弱い為、血が皮膚に流れてこない事で皮膚が正常な働きが出来なくなり蕁麻疹が起きます。   原因4)子宮との関係があります。 子宮は生理活動をしていますので、常に血を扱います。 子宮につながる血の通り道(経絡)が正常に血を流せなくなった事で、全身の血の流れが悪くなります。 この為、皮膚への血の流れが正常に出来なくなり、皮膚が正常な働きができなくなって蕁麻疹が発生します。 蕁麻疹の根本治療、大病院の方法 中国の名医が行う治療方法を説明します。   1)体に侵入したものを体から排除する治療をします。 ①体に入った「風」を消す治療をします。 ②体に入った「寒」を散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④排熱する治療をします。 ⑤皮膚を改善する治療をします。   2)血の治療をします。 ①血を養う治療をします。 ②子宮経絡の血の通りを良くする治療をします。   3)五臓六腑の治療をします。 ①「肺」の治療をします。 ②「肝」の治療をします。 ③「腎」の治療をします。 ④「胃」の治療をします。 ⑤「腸」の治療をします。   4)診断でその他にも内蔵で悪くなっている所が見つかります。 そこが蕁麻疹と関係していますので、その治療を行います。 ①解毒の治療をします。   あなたは蕁麻疹を治したいですか? 蕁麻疹は非常に難しく、根本治療する方法は日本にありません。 蕁麻疹など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。   世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。 中国の中医学の有名病院ならどこでも治療しています。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   蕁麻疹の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように蕁麻疹と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「蕁麻疹」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「蕁麻疹」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする「蕁麻疹」の治療効果が大きい。 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「蕁麻疹」の治療でも出ています。   「蕁麻疹」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「蕁麻疹」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで使います。   3)「蕁麻疹」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「蕁麻疹」の原因になっている人が多い。 ②「蕁麻疹」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「蕁麻疹」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   やはり中医学は驚きです。 上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。 中医学はどのような力を持っているのか、体験できます。   1)ほぼ全身に重症の蕁麻疹、黒焦げ状態のケース。 火災で黒焦げになったのでは無いかと思うほどの状態。 痒くて搔きむしり、血とかさぶたが幾重にも重なっている。 これまで、もがき苦しんで来た長い年月の状態が良くわかります。 これは中医学の治療でも良くなるまで大変だろうな〜と思っていた。   予想とは違い急激に改善したそうだ。 もっときちっと治療したら良いと思うのだが、彼にとっては感謝感激の合格点らしい。 その後、母親に何度も聞いてみるが、極めて快適との返事。 もっとピカピカになるまで治療してほしいな〜。   2)子供さんが蕁麻疹で困っているケース。 女の子ならなおさら困っているはず。 治療中、母親から順調に改善してますと聞けるのは嬉しい事です。 体質改善の食事療法も役目を果たしています。 薬も大事ですが、子供は食べ物が喜びます。   3)皮膚科で、これは治らないよ〜と教えてくれたケース。 足に部分的に痒いところがあり、長年困っていた。 思い切って皮膚科をいろいろと回った。 どこの皮膚科もステロイドを出す。   街にある皮膚科の医師が「これは日本中、良くする薬はない、ステロイドを使わない方が良い」と教えてくれた。 諦めていたが、10年以上たち、上海の先生に聞く機会が出来たので相談した。 上海でいただいた薬で驚きと喜びの結果が出た。 ...

皮膚病

2020/5/20

蕁麻疹の原因と治療。根底から良くする方法。中医学、世界の2代医学の一つ。最も歴史がある医学。

  無料相談はコチラ   蕁麻疹の情報ページです 蕁麻疹の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 根本治療の方法が有ります。   「記事作成:担当の後藤です。 蕁麻疹になって大変お困りと存じます。 この病気は原因が紀元前200年に分かっています。 その情報が日本には入っていません。」   「中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 大概の方は良い結果が出ています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。 お元気になり安心してお過ごしされる事を願っています」   蕁麻疹の原因---医学書の説明 参考:中医皮膚病学 原因1)風熱犯肺 大気の熱風が呼吸で肺に入り、肺を損傷した事で起きた蕁麻疹です。 皮疹が鮮明な赤。 焼け付く痒み。 体に熱があると痒みが増す。 冷えると軽くなる。   原因2)風寒束表 大気の寒い風が体に入った事で体の働きを縛り、それで起きた蕁麻疹です。 皮疹が薄赤・赤色。 体が冷えると痒みがます。 体を温めると痒みが軽くなる。   原因3)胃腸湿熱 胃腸に湿熱がたまり、起きた蕁麻疹です。 皮疹が大型。 むくみ。 気分が悪く吐き気がする。   原因4)血虚風燥 血が虚弱で、風が乾燥しているため、血に潤いがなくなり、皮膚が正常に働く事が出来ず起きた蕁麻疹です。 痒みは時によって軽かったり重たかったりする。 午後・夜間に痒みが増す。   原因5)経絡不調 子宮につながる経絡(血の通り道)が不調で起きた蕁麻疹です。 女性に発生します。 経絡は血の通り道です。 血の通りが悪い。生理の調子が悪い。 膝腰が痛い。   蕁麻疹の原因 補足説明 1)大気・気候の影響 原因・治療の説明で知らない事が多いでしょうが、本当は他の事よりも先に知っていた方が良い内容です。 最も大事な事は人は地球に住んでいる事です。 人間は地球上にいる限り、この世で呼吸をしている限り、大気・気候の影響を常に受け、病気になります。   暑さ・寒さ・湿気・乾燥・ホコリなど様々な気象の影響を人は受けます。 それが病気と大きく関係しています。 蕁麻疹は特に関係します。   特に「風」に当たると人体は病気になりがちです。 「熱や湿気」も体に影響が多い。 蕁麻疹は特に「風・熱・湿気」が人体に影響し、発病します。   2)五臓・六腑が病気の原因 直接・間接、五臓が悪くなって蕁麻疹を発病しています。 五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。 六腑の中の「胃・腸」が悪くなっています。   蕁麻疹が五臓と関係しているなど、誰も知りません。 五臓が悪くなっていることは中医師が診断すればすぐに分かります。 五臓が悪い人は五臓を治療すれば、改善が進みます。   3)血が関係する時が有ります。 皮膚は血が流れて来る事で正常活動をしています。 血が弱い為、血が皮膚に流れてこない事で皮膚が正常な働きが出来なくなり蕁麻疹が起きます。   4)子宮との関係があります。 子宮は生理活動をしていますので、常に血を扱います。 子宮につながる血の通り道(経絡)が正常に血を流せなくなった事で、全身の血の流れが悪くなります。 この為、皮膚への血の流れが正常に出来なくなり、皮膚が正常な働きができなくなって蕁麻疹が発生します。 蕁麻疹の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)風熱犯肺 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   医療2)風寒束表 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療3)胃腸湿熱 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②熱を体から出す治療をします。 ③胃腸の通りを良くする治療をします。   治療4)血虚風燥 ①血を養う治療をします。 ②風を消す治療をします ③燥を潤いのある状態にする治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   治療5)経絡不調 ①血を養う治療をします。 ②風を消す治療をします。 ③「肝腎」を補い働きを増す治療をします。 ④子宮経絡の血の通りを良くする治療をします。   あなたは蕁麻疹を治したいですか? 蕁麻疹は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。 蕁麻疹など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。   現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。 上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     蕁麻疹の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように蕁麻疹と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 蕁麻疹だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 蕁麻疹は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。   中医学に驚きの連続 上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。 中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。   1)子供さんが蕁麻疹で困っているケース。 女の子ならなおさら困っているはず。 治療中、母親から順調に改善してますと聞けるのは嬉しい事です。 体質改善の食事療法も役目を果たしています。 薬も大事ですが、子供は食べ物が喜びます。   2)ほぼ全身に重症の蕁麻疹、黒焦げ状態のケース。 火災で黒焦げになったのでは無いかと思うほどの状態。 痒くて搔きむしり、血とかさぶたが幾重にも重なっている。 これまで、もがき苦しんで来た長い年月の状態が良くわかります。 これは中医学の治療でも良くなるまで大変だろうな〜と思っていた。   予想とは違い急激に改善したそうだ。 もっときちっと治療したら良いと思うのだが、彼にとっては感謝感激の合格点らしい。 その後、母親に何度も聞いてみるが、極めて快適との返事。 もっとピカピカになるまで治療してほしいな〜。   3)皮膚科で、これは治らないよ〜と教えてくれたケース。 足に部分的に痒いところがあり、長年困っていた。 思い切って皮膚科をいろいろと回った。 どこの皮膚科もステロイドを出す。   街にある皮膚科の医師が「これは日本中、良くする薬はない、ステロイドを使わない方が良い」と教えてくれた。 諦めていたが、10年以上たち、上海の先生に聞く機会が出来たので相談した。 上海でいただいた薬で驚きと喜びの結果が出た。   試しに中国の薬局で売っている他の薬も試して見たが自分の肌には合わない。 やはり一流の医師が一番間違いなかった。 その医師が教えてくれた薬が最もピッタリ合っている。   などなど   4)色々な状態 蕁麻疹は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。 中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。 治療ですから全部が全部、良くなるとは限りません。   依頼する全部の人に役立っていただきたいと思うのですが、いまの所、皆様が喜んでいます。 中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。 費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。 中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年前頃の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。   内径ではすでにこの時、蕁麻疹を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で蕁麻疹に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「蕁麻疹」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/荨麻疹 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   関連記事が有ります、ご覧ください。 蕁麻疹 中医学では治して当たり前です、キレイに治しましょう、大病院・名医の処方薬、総合情報。 https://js-vivid.com/jinmasin-15/ 蕁麻疹を根本から治療する方法。中医学・名医の治療法。 https://js-vivid.com/jinmasin-1/   蕁麻疹を本気で良くしたい人に情報。根本治療できる病院・名医が最も大事。 https://js-vivid.com/jinmasin-3/         個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

皮膚病

2020/5/20

帯状疱疹 本格的に治す方法。優れた中医学で根本治療。中医学・大病院の情報。

  無料相談はコチラ 帯状疱疹の情報ページです。 「帯状疱疹は難しい病です。 中医学では根本治療をします。 大事な点を書きますので、ご覧ください。」   ヘルペスは3種類あります。 ①帯状疱疹----------このページで説明します。 ②単純疱疹----------こちらのページをご覧ください。 ③性器ヘルペス----こちらのページをご覧ください。   記事担当の後藤です。 「帯状疱疹で大変お困りと思います。 中医学は根本治療をします。 詳しい情報を書きますのでお役立てください。」     中医学診断による、帯状疱疹の状態  参考:中医皮膚病学 1)肝経鬱熱証 肝の経絡(血の通り道)が鬱状態になり、熱を帯びている状態です。 元々は 感情が体内を傷つけた事から始まります。 感情で肝が鬱になり、肝の気がスムーズでなくなり、 肝の経絡の火毒がこもった為に帯状疱疹を発病したのです。   2)脾虚湿蕴証 脾が虚弱で湿が体内に閉じ込められ蒸された状態になっています。 つまり脾が健康な動きを失った事から始まっています。 やがて湿邪が体内で発生します。 日が経つにつれ熱になります。 そして湿と熱が強く結び付き、帯状疱疹を発病します。   中医学診断による、帯状疱疹の治療  参考:中医皮膚病学 1)肝経鬱熱の治療 肝の経絡(血の通り道)が鬱状態になり、熱を帯びている状態です。   ①この症状では肝の働きを清める治療が最も大事です。 ②肝鬱から始まった「火」を消す治療をする事で帯状疱疹を消滅させます。 ③毒性の強い状態ですので、解毒治療をして、痛みを止めます。   2)脾虚湿蕴の治療 脾が虚弱で湿が体内に閉じ込められ蒸された状態になっています。 ①この症状では脾が弱っていますので脾を健康にする事が治療の大原則です。   ②脾が弱っている影響で湿が溜まっています、これを取り除く事で帯状疱疹を治します。 ③この症状も毒性が強い為、毒を抜き取る治療が必要です。 ④痛みを根本から無くす治療をします。   3)気滞血瘀の治療 気が滞留し、血の循環が悪くなり瘀血の状態になっています。 ①この症状は気の流れが悪くなったのが最初の原因ですので、まず気の流れを良くする治療をします。 ②血の働きが弱い為、全身の血流が悪いので、まず血の働きを活発にする治療をします。   ③経絡は血の通り道です、経絡の中を違うスムースに流れるように治療します。 ④特に血が固まり、いろいろな所で鬱血状態になっています、これをきれいに溶かす治療をします。 ⑤うっ血を解消させ、血の流れを良くする事で痛みを無くします。     帯状疱疹の治療 補足説明 上記の原因、治療をご覧になると帯状疱疹は皮膚の病気なのに、治療する所は皮膚よりも五臓・内臓です。 これは私たち日本人がまったく知らなかった事です。   中国の中医学は紀元前200年にすでに帯状疱疹は内臓が悪くなった病気だと突き止めています。 現在、五臓の肝・脾などを治療し、体内の熱や湿を取り除き、血のうっ血を取り除く治療をすれば、 よほどの例外は別にして、大概の人は帯状疱疹が良くなります。   だれでも帯状疱疹がまさか「肝や脾」が原因とは驚きと思います。 実際に診断すれば「腎」その他の臓器が悪くなっている人もいます。 これらの臓器を治療すれば、帯状疱疹は良くなります。   肝臓と肝は違います。 肝臓が正常でも肝が悪くなっている事は珍しく有りません。   この治療ができるのは中国・中医学・大病院・名医です。 帯状疱疹の特徴 1)帯状疱疹は水疱瘡が帯のように列に繋がった型をしています。 2)帯状疱疹は体の片方に出来る場合が多い。 鼻からヘソにまっすぐ線を引き、右か左のどちらかに帯状疱疹ができる場合が多い。 線をまたいで帯状疱疹ができる場合は稀です。   3)神経に沿って帯状疱疹ができます。 この時の疱疹が帯状になっていますので帯状疱疹と呼びます。   帯状疱疹が発生する場所  帯状疱疹が良く出てくるのは、 1)胸の脇 2)頭部・顔面・腰 3)頚部   4)目に関係する三叉神経にウイルスが侵入すると、 目に帯状疱疹が発生し、ひどい痛み、角膜や眼球が炎症し、失明や脳炎になる事もあり、ひどい時は死亡する事もあります。   5)帯状疱疹は年齢が増すほど痛みも増します。 たとえ疱疹が引いても、皮膚には頑固な痛みが残ります。   帯状疱疹は一過性の病気ではない 発病前、軽く発熱する人が多い。 体がだるく、胃の調子が悪い、食欲がない、皮膚は焼け付くような感覚がある、神経の痛みが出る。 その後、皮膚に赤い斑点が出て、水疱も出ます。 水疱が群れとなり帯状に配列されます。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうてい だいけい)と呼ばず、短く「内経」と呼ぶ場合が多い。   「内経」ではすでにこの時、多くの皮膚病を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で皮膚病に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     帯状疱疹の薬の方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科でしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。 関連記事をご覧ください。 帯状疱疹の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/taijyohosin-15/ 帯状疱疹の治療方法、帯状疱疹は油断ならない病気です。中医学・大病院の治療方法。https://js-vivid.com/taijo-hosin3/ 帯状疱疹 本格的に治す方法。優れた中医学で根本治療。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/taijyo-hoshin/     帯状疱疹を治したいと思う人は必見です。 帯状疱疹はなぜ治らないのか?他にも原因が色々あります。治療方法もご覧ください。下のボタンを押してご覧いただけます。 個人輸入代行の総合ページはこちらです。  治療中・治療後も、健康管理に◇百宝元をご愛用される方が多いです。 体が元気であるためには◇百宝元は大事な役目をします。 ◇百宝元は薬ではありません、薬とは違う役目です。 一般的な健康食品とは異なります。 可能な限り飲まれた方が良いと思います。 信じられないと思いますが、◇百宝元を日本で製造させたら、なんと1箱が10万円もします。 しかし、それが正しい金額です。 それだけ希少価値が有ります。  

皮膚病

2020/5/20

ヘルペス(単純疱疹) ウイルスを完全消滅、体内の損傷箇所を全部治療、正常に戻す。

無料相談はコチラ    ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   ヘルペス(単純疱疹)は ①単純疱疹---------このページで説明します。 ②性器ヘルペス---こちらのページをご覧ください。   医師の治療目的はヘルペス(単純疱疹)を根絶させる事です。 医療ですので事前のお約束は出来ませんが、よほどの例外でない限りヘルペス(単純疱疹)は根絶します。   ヘルペス(単純疱疹)の発病メカニズム---中医皮膚病学 1)ヘルペス(単純疱疹)は そもそも「風・湿・熱・毒」が体外から体に影響をあたえた為にできた熱傷です。 「風・湿・熱・毒」が閉じこもり、蒸して皮膚に発病した物です。 これがヘルペスです。   2)繰り返して再発する理由は、津液を損傷した為です。 発熱しヘルペスを発病したのです。   3)発熱、生理、胃腸機能障害、妊娠などがペルペスの誘発要素になります。 ヘルペス(単純疱疹)の発病原因 ----中医皮膚病学 1)肺胃熱盛の状態 このペルペスは、肺・胃に熱が発生し、非情な勢いがある状態です。   2)陰虚内熱の状態 このヘルペスは、陰が虚弱な状態で、熱が内部に発生している状態です。   3)脾肺気虚の状態 このヘルペスは、脾・肺の気が虚弱な状態です。 ヘルペス(単純疱疹)が普通、治らない理由。 通常、ヘルペス(単純疱疹)は薬を塗ったくらいでは良くなりません。 なぜなのか上記の原因を見て分かりましたでしょうか? まず1番と3番です 1番は肺と胃が悪くなっています。 3番は肺と脾が悪くなっています。 五臓六腑が悪くなっている〜状況です。 これは日本では治療する方法が有りません。   また2番についてですが 人間は陰陽のバランスで体が動き、生きています。 しかし陰陽のバランスが落ちると免疫が落ち、非常に体が弱い状態です。 陰が虚弱で体内に熱が発生している為にヘルペス(単純疱疹)が増殖し続けている状態です。 陰陽のバランスを取り直す必要が有りますが、その方法は非常に難しく、日本では方法は有りません。   注意:中医学では古来より「陰陽バランスの崩れは万病を招く」と言います。 実際、ヘルペス(単純疱疹)の人が難しい病気を作っているケースが多く有ります。 女性ですとカンジダ膣炎、細菌性膣炎、子宮内膜症などが多い。 より詳しい記事をご覧ください。 ヘルペス(単純疱疹)の総合ページはこちら まだまだヘルペス(単純疱疹)について説明が必要な方は。 上記は主要な治療薬です。 それだけではまだ分からない人、もっと詳しい事を知りたい方は下記をご覧ください。 無料です、お気軽にご覧ください。   関連記事はこちら ヘルペス 個人輸入 ミツコ&美奈子 根本治療薬 https://js-vivid.com/helps-3/ ヘルペス(単純疱疹)を消滅、根本治療、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。総合情報。 https://js-vivid.com/herupesu-15/   ヘルペス 中医学 安全な薬を手に入れる。 https://js-vivid.com/herupesu-mino/  

皮膚病

2020/6/12

乾癬の根本治療、理屈で無く本当に治したい人に。

無料相談はコチラ   乾癬は中医学では良く治る病気です 乾癬は難しい病気ですが、正規の中医学では良く治る病気です 優れた病院・医師に治療を受ければ高い確率で良くなります。 医師が見る皮膚病の医学書を見ますと、乾癬は95%以上が治癒すると書かれています。   乾癬の原因 1)感情が体内に傷を追わせた 2)飲食の節制が出来ていなかった 3)肝・腎が損傷した為。 4)風湿熱が皮膚に侵入した為。   乾癬の種類 1)尋常性乾癬 2)嚢胞型乾癬 3)関節病型乾癬 4)赤皮病型乾癬 上記の内、尋常性乾癬が全体の97%以上を締めます。   乾癬---体内の状態と治療 1)血熱風燥状態 進行期に多く見られる状態。皮疹が急速に出来る。新しい皮疹が大変多い。 便秘、イライラ、怒りっぽい。 治療方法:血の治療、痒みを止める治療。   2)血虚風燥状態 乾癬が少なくなっている、皮膚が薄くなっている、夜間に非常に痒い、 治療方法:血の治療、皮膚を潤らかにし、痒みを取る治療。   3)湿熱蒸含状態 脇の下、鼠蹊部、顔のしわなどに、皮膚の損傷やただれた赤い斑点が多く出る。 治療方法:熱・湿の治療、解毒。   4)気滞血瘀状態 皮膚の損傷が反復し治らない、ただれた赤い斑、厚みが有る。 関節に痛みが出たり、関節が変形する場合も有る。 治療方法:血の流れを活発にし、血の汚れを取り、解毒する治療。   5)熱毒火盛状態 皮膚が全身赤く腫れている、大量に皮膚が剥がれる、灼熱の痒み。 治療方法:血・熱を清め火を一気に流し、解毒する治療。   <薬の参考例> ・この5つの症状を総合して見ると、「気・血・津液」が悪くなっている事が分かります。 気の治療、血の治療、津液の治療とも出来る医学は中医学だけです。     実際に乾癬を治療していると これまで色々な皮膚病を中医学の名医にお願いして治療していただきました。 乾癬以外にも難しい皮膚病はたくさん有ります。 それが中医学・名医だと見違えるように良くなります。 実は私も長年、皮膚の悪いところが有り困っていたのですが 現在の先生にお願いしましたら治癒しました。 自分でも驚いています。 あなたも是非、治癒できるようにされてください。 後藤直伸 株式会社ビビッド・ライフ 社長   乾癬の治療は中医学が世界トップと言って良いと思います。 基本的に西洋医学は皮膚病は最も苦手な分野です。 なぜ中医学で良くなるのか、医学書を見るとなぜ治癒率が95%以上なのか? その理由が上記の色々な分析です。 中医学の分析方法を使うと西洋医学では出来なかった難しい分析が、非常に詳しく出来ます。   上記の5種類の状態と治療方法を見ると、今までの西洋医学では聞いた事もないような説明です。 しかしこれは非常に正確な分析なのです。 長年、例えば50年以上も乾癬を患っている人、中には暑さ寒さが全く分からない人、汗が出ない人など 様々な状態があります。 それが治療すると、次第に改善して来るのです。 改善の現象は人様々です。 上記は5種類に分かれていますが、実際は体はそれぞれ違いますので、改善して来る順序がそれぞれ違います。   治療の参考例 1)免疫の薬を使って治療をする場合 免疫の薬は数種類有ります。 五臓と関係して免疫を上げる薬、栄養素で免疫を上げる薬など多種あります。 医師が診断して決めます。   2)「津液の治療熱を清め、湿を取り、血の働きを活発にして、解毒する」治療薬は 3番の湿熱蒸含状態の状態の薬です。   その他の症状もそれぞれの薬が有ります。   治療で大事なことは 乾癬は根底の治療が大事です。 上辺だけ治療して、皮膚がキレイになっても、また下から湧き上がって来ます。 治療していると、一定時期が来ましたら、皮膚が見違えるほどきれいになって来ます。 長年、待ち焦がれた状態です。 ここで、気の早い人は、完治した〜と勘違いします。 ここでセッカチな人は治療を辞めます、しかし不完全ですから、後々上手くいきません。 医師は皮膚ではなく、体内が正常になっているか、診断で分かります。 医師の指示が無い限りは治療を勝手に中断しない事です。 人によってはまた再発するからです。 原因を完全に取り去る必要が有ります。   食べ物などの指定が来ます。 食べ物が関係しているなど不思議に思うか、軽く思うでしょう。 しかし、飲食の不具合で体が悪くなる病気はたくさん有ります。 例えば癌の人が特定の食べ物を食べ続ければ命が無くなる場合が有ります。 乾癬で特定の食べ物を続けると病状は悪化します。   食べ物の内容は日常の食べ物が原因です。 人により指定は違いますが、食べた方が良いもの、食べてはならない物が有ります。 乾癬になる原因は食べ物が大きく関係します。 良くなるには医師の指導に従ってください。 治癒しても、食べ物をまた元に戻せば、新しく乾癬を作ることになります。   中医学の治療は根底から治療できます。 ステロイドでは根底から良くなる事は有りません。 中医学は皮膚病に良い薬はたくさん有ります。 大事な事は中国の薬局での薬はほとんどの場合、効果が有りません。 大概は無駄金です。 皮膚病を根本的に治す知識を持っているのは医師だけです。 医師でも名医であれば優れた知識を持っています。 名医が使う薬は非常に効果的です。       関連の記事があります。ご覧ください 乾癬の優れた治療。中医学・大病院・名医の情報。本当に良くしたいなら。 https://js-vivid.com/kansen-2/  

皮膚病

2020/5/20

乾癬の優れた治療。中医学・大病院・名医の情報。本当に良くしたいなら。

無料相談はコチラ 乾癬治療・本格的な中医学の情報ページです。 海外の薬ですので相談者は必ず上海の医師に相談し処方して頂きます。 乾癬は中医学の大病院・名医に診断・治療を受ければ ほとんどどなたも良くなります。 体が乾癬を作る構造を持っていますので、体の芯からその構造を変え正常にします。 それには最低でも半年、体の状態・深さによってはそれ以上の期間が掛かりますが ほとんどの場合、乾癬は次第に消滅します。   乾癬には種類あります。 1)尋常性乾癬(じんじょうせい)---最も多い。普通、炎症をおびて紅色になり少し丘のように盛り上がる。 2)関節症性乾癬(かんせつしょうせい)---関節に痛みがある。 3)膿疱性乾癬(のうほうせい)----嚢胞がある。 4)滴状乾癬(てきじょう)   中国に医学は4番の滴状よりも 4)紅皮性乾癬----を重要項目としています。 別名が剥脱性乾癬と呼びます。 未成年に多く見られ、体表が紅色なり急速に拡大し、全身が紅色になり、表面が鱗状になり、常に鱗が剥がれおちる。   歴代の漢方は乾癬をどのように見ていたか? 乾癬との呼び名は、西洋医学の呼び名です。 この病は古くから有りましたので、中医学では別名です。 乾癬が出来た原因は別のコーナーで詳しく説明しますが、乾癬がどのようになっているか? 中医学の判断は「血が乾燥している」との判断です。 つまり血の乾燥の治療が必要になります。   乾癬の症状、悩み ぶつぶつ、紅斑、痛み、膿、薄毛、炎症、痒い、カビ、 臭い、匂い、熱、膿疱、白癬、白斑、発熱、痩せる 皮疹、下痢、全身、脱毛、だるい、腰痛、頭痛、 皮膚がポツポツ、ポロポロ落ちる   乾癬は体の広範囲にで来ます。どのようなところが多いか? 1)頭、頭皮、生え際、首、首の後ろ 2)顔、おでこ、鼻、口の中、口の周り、唇 3)腕、手のひら、手の甲、手首、指、指先、指関節、指の間、爪 4)太もも、膝、くるぶし、足 足裏 5)お尻、陰部、金玉、鼠径部 6)腹、へそ、胸、背中、肩、脇、脇の下 乾癬が出来るのは、ほぼ全身です。   乾癬は他の病気にかかっている場合が多い。 乾癬と同時に病んでいて困っている。 関節炎、疥癬、魚鱗癬、うつ病、たむし、糖尿病、膠原病 痛風、アレルギー、脂漏性皮膚炎、エイズ、クローン病 扁桃腺、金属アレルギー、嗅覚障害糖尿病、不妊 ヘルペス、リウマチ、腎臓病、喘息 高脂血症、梅毒、アトピー   乾癬を実際に治療すると、体から悪い物を出して来ます。 見える現象、見えない現象が有ります。 乾癬は特に毒性の多い病気です。 極端に言えば、毒素が皮膚に出ている現象です。 同時に体内は毒素を作る構造を持っています。   実際に中医学の薬で根底治療を始めますと 1〜2ヶ月目は特に体の皮膚・便・尿・汗・頭皮・髪の毒を出して来ます。 体外に悪いものを排出する作業です。 今まで自分で毒を出す力が全く無く、体内に毒が溜まり、それが皮膚に出ていたのですが、 中薬は特に体毒を出す薬を使いますので、目に見える、見えないの違いが有りますが、どんどん体外に毒を出します。 なにか一瞬、悪化しているように勘違いますが、 そうでは無く、これは治療効果が出ている現象です。   皮膚がボロボロになり、肌荒れが出て来たら大変良い事です。 中薬を飲んで根底治療が始まりますと、肌荒れがひどくなる場合が有ります。 次第に皮膚が剥がれて来るように感じるかも知れません。 これは古い皮膚を捨てよう〜とする作用です。 乾癬の皮膚は不用品です。 キレイな皮膚が欲しいですね。 つまり、古い皮膚を捨てる作業と同時に、新しいキレイな皮膚を下から作る作業が進んでいるのです。 このようにどんどん改善作業が進みます。   別の病気を抱えている理由があります。 中医学の専門医が診断すると、乾癬との関係が分かってきます。 当然、治療方法もその関係を踏まえて治療薬が決まります。 乾癬は非常に難しい病気ですが、高度な中医学では、はるか2000年前にはすでに原因がわかっていました。 その後、多くの治療がされています。     関連の記事があります。ご覧ください。 乾癬の根本治療、理屈で無く本当に治したい人に。 https://js-vivid.com/kansen-1/      

皮膚病

2020/5/20

アレルギー性皮膚炎を根本治療。最先端の中医学・大病院・名医の治療方法。正常な皮膚にする。

無料相談はコチラ アレルギー性皮膚炎の情報ページです。 アレルギー性皮膚炎を根本から治療出来ます。 アレルギー性皮膚炎の治療する中医学の根本原理を説明します。   「記事担当:後藤です。 アレルギー性皮膚炎は難しく打つ手がなく大変お困りと存じます。 中医学の大病院・名医は特殊な状態をのぞいて大概の人が良い結果を出しています。」   「中国の中医学は世界で最も歴史があり、最も治療実績があります。 根底から治療します、下記に資料を作成しますのでご覧ください。 完全に良くして快適な生活をされます事を願っています」 アレルギー性皮膚炎の原因---参考:中医皮膚病学 原因1)風熱悪化 「風熱」が皮膚の下に温存されている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。 発病が急で、頭部や 顔に出来る場合が多い、手や背中にも出来ます。 大変痒く、灼熱感が有ります。   原因2)湿熱毒悪化 「湿熱」が毒を出し、皮膚の下に温存されている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が非常に早い、水泡・大泡が有る、皮膚の損傷した面積が広く浮かぶ。 水泡が破裂するとすぐに滲み出た液がただれる。 灼熱を感じる、口が乾き、熱を伴う、便が乾燥している。   原因3)血虚悪化 「血」が虚弱状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギーが出ます。   病歴が長い、反復発作する、皮膚の損傷部分は厚く乾燥している。 鱗屑:皮膚表面の角質が、細かくはがれ落ちている。 あるいは皮膚表面が苔が生えたような状態もある。 激しい痒みがある、爪で掻きむしったり、硬いカサブタになっている。 なぜアレルギー性皮膚炎、基礎的な原因 参考:中医皮膚病学 1)中医学では、 ①先天的に体の耐性が弱いとみています。 ②皮膚・皮下の密度が低い。 この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。   2)何かに接触した後、その毒邪が皮膚に侵入します。 これで「気・血」が入り乱れた混乱状態になります。 そして「気・血」の調和が崩れ、邪がウツ状態になり熱が出ます。   邪がこもり、蒸され、皮膚の働きが拒まれます。 そしてアレルギー皮膚炎を発病します。   3)発病前に原因物質に接触しています。 一定期間の潜伏期間が有ります。 最初に原因物質に接触してから、大概4〜5日以上してから発病します。 再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。   接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により 個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「アレルギー性皮膚炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「アレルギー性皮膚炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする「アレルギー性皮膚炎」の治療効果が大きい。 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「アレルギー性皮膚炎」の治療でも出ています。   アレルギー性皮膚炎の治療---実例「中西医結合医学」 1)アレルギー性皮膚炎は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みいます。   3)「アレルギー性皮膚炎」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「アレルギー性皮膚炎」の原因になっている人が多い。 ②「アレルギー性皮膚炎」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「アレルギー性皮膚炎」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「アレルギー性皮膚炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/变应性皮炎 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。 アレルギー関連の記事があります。 アレルギー性皮膚炎 根本治療し完全に正常にする画期的な治療 中医学・大病院・名医の処方   総合情報。 https://js-vivid.com/arerugi-15/   アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。大病院の治療。 https://js-vivid.com/arerugi-3/ アレルギー性皮膚炎を根本的な治療。中医学大病院の画期的な治療情報。 https://js-vivid.com/arerugi-1/ アレルギー性鼻炎を良くする中医学とは。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/arerugi-6/ 薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。 https://js-vivid.com/yakubutu/           どこがアレルギーに関係しているのか? どれが故障しているのか? 詳しい説明があります。 ご覧ください。 無料です。     個人輸入代行の総合ページはこちら    

皮膚病

2020/5/20

アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。大病院の治療。

無料相談はコチラ アレルギー性皮膚炎の情報ページです。 去年から小学生の子ども(娘)にお薬を取り寄せていただき 今もまだ飲ませています。以前、父と祖母の相談をしました。 ビビッド・ライフさんから先生に連絡していただきました。 今回は娘の相談に乗っていただきました。   娘は両脚にアレルギーの湿疹があります。 アレルギ性鼻炎もあります。 かなりひどい状態です。 長く困っていました。   病状や病歴をビビッド・ライフさんに伝え、その他の資料も添えて出しました。 漢方のお医者さんに渡していただきました。 先生からお返事が来たのは1週間ほどたってからでした。   アレルギー性皮膚炎、先生の治療は薬と食材で治療します。 漢方の先生から教えていただいた薬は飲み薬が一つと塗り薬が一つです。 それに食事の指導が来ました。 穀物と果物の4種類を一緒にして食べるようにと。   1種類は日本にあるのですが、地域によって性質が変わって来る可能性あるので4種類一緒に注文しました。 治療には中国の本場の物が無難です。 着くまで船で1ヶ月かかるそうです。 全体の費用は思ったほど掛かっていません。 食材と果物は煮出して出しを取ります。 ダシそのものは無味なので、最初はキノコや野菜を足して味付けをして普通のスープの要領で作っていました。 いつからか面倒なので、10日分くらいまとめてダシをとり容器に入れて冷蔵庫で保存。1日分をレンジで温めそのまま飲ませるようになりました。 最初はまずいと言っていましたが、気づいたら美味しいと言い飲んでいます。 出汁をとった残りの食材は、お豆やお肉、トマト缶などでポークビーンズのようにしたり、グラタンにしたり工夫しています。   子ども(娘)は両脚にアレルギーと ひどいアレルギー性鼻炎もありました。 鼻炎はひどく、いつもティッシュでゴリゴリ。 鼻血はしょっちゅうでした。   今はよほど埃が酷いところに行かない限り全く症状はありません。 症状が出ても前程ひどくはありません。 飲み薬は飲んだその日から調子が良かったようです。   今では鼻の痒みはなく、安心しています。 両脚も赤くなり、いつも掻いていたので、肌が硬くボコボコしていました。 塗り薬と食材のおかげで、今は少し赤みがある程度で肌も柔らかく随分綺麗です。   お恥ずかしながら実は・・・夜尿症も治らず本当に心配していました。 治療を始め、順調におねしょが減って行きました。 去年11月、寒いからかおねしょがぶり返し医師へ再度診断をお願いしました。 追加で2種錠剤を飲ませました。   2ヶ月ほど飲ませ、再診断。 初回の薬へ戻り、安定しています。 食材は体の湿気を調整したり、胃腸機能を整えたりする作用があるそうです。 今ある分を飲ませて様子をみようと思います。 体質改善は時間がかかるようです。ですが、早い段階で良い状態にしてあげることが出来、本当に良かったです。 今まで本当に悩んでいました。 体質改善なので時間がかかります。 娘は赤ちゃんの時は卵アレルギーがあり、1歳まで除去しましたし、幼少の頃からアレルギー性鼻炎・結膜炎、年長からは喘息にもなりました。 知らずに病院の薬を当たり前のように使ってきましたが、病院の薬は大概が五臓を痛めるそうです。娘の場合も一時期、使った2種の錠剤は1種が腎の薬でした。   上海の先生は本当に上手なんだなと感心しました。 費用も心配していましたが、それほど掛かりませんでした。   アレルギーは普通治せるところが無いので。 関連の記事があります。ご覧下さい。 アレルギー性皮膚炎 根本治療し完全に正常にする画期的な治療 中医学・大病院・名医の処方   総合情報。 https://js-vivid.com/arerugi-15/ アレルギー性皮膚炎を根本治療。最先端の中医学・大病院・名医の治療方法。正常な皮膚にする。 https://js-vivid.com/arerugi-10/ アレルギー性皮膚炎を根本的な治療。中医学大病院の画期的な治療情報。 https://js-vivid.com/arerugi-1/     アレルギー性鼻炎を良くする中医学とは。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/arerugi-6/ 薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。 https://js-vivid.com/yakubutu/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

皮膚病

2020/7/15

薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。

無料相談はコチラ 薬物アレルギーの情報ページです。 薬物アレルギーの有る人は大概、自分が薬物アレルギーと認識していません。 もちろん中には気づいている人もいます。   薬物アレルギーの問題は塗料や薬品による問題がありますが、 いま一番問題は病院の薬の副作用で薬物アレルギーが非常に多い事です。 ①いま抱えている難しい病気が悪化している。 ②薬物アレルギーを解消するための中医学の治療薬を飲もうとすると体が受け付けない。 ③皮膚にアレルギーによる炎症がでている場合もあります。   これとは別に ④アレルギーでは無く、飲んできた医薬品により次の大きな病気に発展しているケースも多い。 あとえば、 安定剤を長年飲んで、パーキンソン病や進行性核上性麻痺になったケース。 ピルを常用していて、カンジダ膣炎や細菌性膣炎、子宮内膜症になるケース。 などかなり多いようです。   中国の中医学はアレルギー性皮膚炎を根本から治療出来ます。 医学書:「中医皮膚病学」の治療方法でもアレルギー皮膚炎は90%が「治癒」し、5%が大幅改善しています。 つまり95%の方が良くなる治療方法です。   下記の写真は若い女性ですが、 病院の治療薬を飲み出したらだんだんひどくなり、このような状態になっています。 後ろ姿の写真の状態はビックリですね。 実際はこの発疹が全身にあるのです。   実際は目の治療が希望で、皮膚は付属の相談です。 上海の大病院・名医に相談を入れ、治療をし、眼・皮膚とも正常に戻っています。 このように大概の人は、内臓や婦人科の治療を希望して連絡が入りますが、 その相談の診断依頼者の中に薬物アレルギーになっている方が結構います。   「記事担当:後藤です。 打つ手がなく大変お困りと存じます。 病気を治すため、あるいは体を調節するつもりで飲んだ薬で、逆に悪化する人は非常に多い状態です。 中医学は薬物アレルギーを根本治療できます。」   「中医学の大病院・名医なら特殊な状態をのぞいて大概の人が良い結果が出ると思います。」 世界で最も歴史があり、最も治療実績があります。 大変良い治療方法です、資料を作成しますのでご活用ください。 体を正常に戻し、明るい生活をお過ごしください。」     例えばアレルギー性皮膚炎には何種類か有ります。 ①薬疹---薬による湿疹 ②接触性皮膚炎---接触した事でアレルギーになる。 ③湿疹 ④蕁麻疹 ⑤アトピー性皮膚炎 などが多い。 この中の薬疹、薬物アレルギーを中心に説明しています。 薬物による重度のアレルギーになる人が増えています。 これになると、治らない場合が多い。 なぜなら、色々な優秀な病院で治療を受けて来て、それでなったアレルギーですから。 どの病院も良かれと思って、病気を治してあげようとして、色々な薬を使います。   治らないので次々薬を取り替え、増やします。 それを続けていくと、体に異常が出て来ます。 その異常は、本来の病気、あるいはその病気が広がった病とは違います。 これが発生すると一切の治療が出来なくなる場合があります。 一般に多いアレルギー性皮膚炎の原因とメカニズム 参考:中医皮膚病学 原因1)風熱悪化 「風熱」が皮膚の下に温存されている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が急で、頭部や 顔に出来る場合が多い、手や背中にも出来ます。 大変痒く、灼熱感が有ります。   原因2)湿熱毒悪化 「湿熱」が毒を出し、皮膚の下に温存されている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が非常に早い、水泡・大泡が有る、皮膚の損傷した面積が広く浮かぶ。 水泡が破裂するとすぐに滲み出た液がただれる。 灼熱を感じる、口が乾き、熱を伴う、便が乾燥している。   原因3)血虚悪化 「血」が虚弱状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギーが出ます。   病歴が長い、反復発作する、皮膚の損傷部分は厚く乾燥している。 鱗屑:皮膚表面の角質が、細かくはがれ落ちている。 あるいは皮膚表面が苔が生えたような状態もある。 激しい痒みがある、爪で掻きむしったり、硬いカサブタになっている。   原因4)薬品により五臓に影響が来ていないか診断します。   薬物アレルギーの非常に難しいタイプもあります。 体のどこかが腫れる、シビれるなどします。 例えば胃が痛い、重い、熱を感じる、背中まで痛いなど。 さらに喉・口・舌・アゴがピリピリ、ヒリヒリする。 などの状態が出ます。   文章で書くと簡単なようにありますが、実際には多種、大量の薬を使って来た場合に、もうこれ以上、薬を飲めないと体が拒否している状態ですので、 病院もこれ以上 薬が出せない状態で、 本来の病気の治療は何も出来ない状態です。   アレルギー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)風熱悪化 ①風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療2)湿熱毒悪化 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り払う治療をします。 ③血の熱を冷ます治療をします。 ④ 解毒の治療をします。   治療3)血虚悪化 ①血を養う治療をします。 ②血が潤いをもたらす治療をします。 ③風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ④痛みを止める治療をします。   治療4)脾胃悪化 脾・胃の運化機能が弱っている場合も多く 脾・胃の機能を健康にする治療をします。   治療5)薬物の解毒、中和治療をします。 五臓を損傷している場合は、その臓器の治療をします。     なぜアレルギー性皮膚炎に、基礎的な原因  参考:中医皮膚病学 1)中医学では、 ①先天的に体の耐性が弱いとみています。 ②皮膚・皮下の密度が低い。 この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。   2)何かに接触した後、その毒邪が皮膚に侵入します。 これで「気・血」が入り乱れた混乱状態になります。 そして「気・血」の調和が崩れ、邪がウツ状態になり熱が出ます。   邪がこもり、蒸され、皮膚の働きが拒まれます。 そしてアレルギー皮膚炎を発病します。   3)発病前に原因物質に接触しています。 一定期間の潜伏期間が有ります。 最初に原因物質に接触してから、大概4〜5日以上してから発病します。 再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。   接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により 個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。     アレルギー性皮膚炎の原因物質 多く見受けられるもの 1)化学物質 ①金属装飾品を作るときの原料、 ②特定の薬 ③化粧品 ④農薬 ⑤塗料 ⑥ゴム など   2)植物の影響 ①漆に使うハゼの木、 ②イラクサ ③杉花粉 など   3)動物の影響 ①動物の皮膚や毛 ②毛の中にいる虫の毒素。 など 外界には様々なアレルギー性皮膚炎の原因物質が有ります。   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、治療は大変良い成果を出しているのは事実です。   中医学の皮膚治療は紀元前14世紀から始まっている。  1)紀元前14世紀には 多くの甲骨文が出土し、その中に多くの記述が見つかっています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   紀元前1122年「周礼」では皮膚病は季節により流行することが書かれています。   紀元前より皮膚病の扱いに医師たちは大変、苦心して来ました。 それは内臓の病が体の表、つまり皮膚に現れるからです。 つまり内科も皮膚科も皮膚を診断します。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。 薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 薬物アレルギーは食べ物で治療することも多い。 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。 薬物アレルギーは難易が違います。 とにかく漢方の名医に相談します。 どんな中医学のも飲めないほど、ひどいアレルギーが出ている事が多い。 つまり薬が使えないです。   もちろんビタミンや栄養剤も使えません。 とにかく何か良い治療の入り口を見つけるしか有りません。 そうでないと元々の病気がどんどん進行します。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「アレルギー性皮膚炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/变应性皮炎 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   ひどいアレルギー性皮膚炎、大変な痒み。 しかし中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、   まず先に◇百宝元を飲む事も大切です。 ◇百宝元で治療するのではありません。 健康を維持するために大切です。   ◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。 ◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。   日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、 次のステップで中医学の医師に相談してアレルギー性皮膚炎の治療をしてください。   ...

皮膚病

2020/5/20

アトピー性皮膚炎を元から治療する。本当の原因を治療する。中医学・大病院・名医の治療。

無料相談はコチラ 蕁麻疹の総合情報ページです アトピー性皮膚炎の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 現在も根本的に治療します。     このような医師が使う専門書は、 他の皮膚病を見ますと治療結果がまちまちな場合には、 その由の説明が有り、治療の注意点や治療後の対応の仕方などの詳しい説明があります。 記事作成:担当の後藤です。 「アトピー性皮膚炎で大変お困りと存じます。 中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。 根本からきれいに治療される事を願っています」   アトピー性皮膚炎の原因---医学書の説明  原因1)脾虚風燥 ①脾が虚弱。 ②風が入り乾燥している 。   原因2)陰虚血燥 ①陰が虚弱です。 ②血が乾燥している。   アトピー性皮膚炎のその他の原因 ①授乳期に母親が余りにも「美食」に走り、 さらには「辛いもの、油物」を食べ過ぎた事で「湿」が熱をおびた。 この「湿」が授乳で子供に入り、アトピー性皮膚炎の原因になった。   ②母親の「感情」が内臓を損傷し、熱が発生し 妊婦の段階で熱が胎児に伝わり、 胎児は先天的な免疫不足になり、 熱を帯びた体になります。 生後、アトピー性皮膚炎になった。   ③不適切な栄養物を食べさせた。 この為、脾胃虚弱になった。 脾が健康な働きができなくなった。 この為、湿が体内で発生した。 そして湿熱が体内に温存され蒸された。 最終的に皮膚にアトピー性皮膚炎を発病した。   ④「湿」が長期に渡って温存され蒸され続けた。 これが津液を傷つけ、血を消耗した。 そして血が虚弱になり、体内に風を生み、燥を生んだ。 それが皮膚にとどまった為、皮膚は栄養を失い。 ついにはアトピー性皮膚炎が発生した。   ⑤大気の影響 特に「湿熱」が体に入る。 それが皮膚に鬱結した。 体の内外からの病邪が集まってアトピー性皮膚炎を発病した。   アトピー性皮膚炎の治療 治療1)脾虚風燥 治療2)陰虚血燥   アトピー性皮膚炎を治すには アトピー性皮膚炎は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。 アトピー性皮膚炎など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。   現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。 上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。   医薬品が大事です。 中国は大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   それ以外にも薬局用も多種あります。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   アトピー性皮膚炎の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているようにアトピー性皮膚炎と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 アトピー性皮膚炎だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 アトピー性皮膚炎は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。     中医学に驚きの連続 上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。 中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。   アトピー性皮膚炎は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。 中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。 中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。 費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年前頃の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。   内経ではすでにこの時、アトピー性皮膚炎を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中でアトピー性皮膚炎に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「アトピー性皮膚炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/特应性皮炎 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 アトピー皮膚炎は2000年前の昔から内臓の治療で良くなっています。 今の人は2000年前の人よりも果たして優れているか疑問です。 2000年前にこれほど高度な医学文明が有ったのか? 驚きます。   実際、本格的な漢方では2000年前の医学書が色々あります。 例えば黄帝内経(こうていだいけい)、神農本草経(しんのうほんぞうきょう)、傷寒雑病論(しょうかんざつびょうろん)などはまさに2000年前の医学書であり、今日の漢方医学でも実用している医学書です。 日本はあまり漢方が発展していないですが、上記の医学書通りにアトピー性皮膚炎を治療してみると、驚く現象が出て来ます。   漢方は紀元前2000年前から、相当レベルの高い治療がされて来ています。 現在からみるとこの4000年間、大変レベルの高い治療がされて来ました。 臓器がアトピーと何の関係? アトピー性皮膚炎は内臓と関係が深い病気です。 ですから、幾ら皮膚ばかり治療しても良くなりません。   確かに、皮膚の治療も大事です。 漢方(中医学)でも皮膚の治療薬を使います。 しかし皮膚は一人で成り立っているのでは有りません。   皮膚・皮膚下部は内臓と繋がっており、内臓から栄養を送って来るので成り立っているのです。 内臓が故障して皮膚まで面倒見きれなくなって、その結果、アトピー性皮膚炎になっているのです。 実はビビッド・ライフも20前に漢方、 しかも中国の漢方と聞いたのですが。 真っ先に思ったのは「何も治せないだろう」と思ったのです。 しかし、治療受ける人の多くが、次々良くなって行くのを見て、認めざるを得なくなったのです。 アトピー性皮膚炎も同じです。確かに中医学は力が有ると認めざるを得ません。   アトピー性皮膚炎は本当の所、何が原因なのか? 本当に内臓が悪いのか? 実際、どのようにして中医学では治療するのか? 知りたい人は特別にお見せします。   実際、この情報はここまで書いた本は有りません。 ご覧ください。 関連の情報があります。ご覧ください。 アトピー性皮膚炎を元から無くす治療 中医学・大病院・名医の治療 総合情報 https://js-vivid.com/atopi-15/ アトピー性皮膚炎の治療を確認する、娘の場合。漢方の大学病院に相談。 https://js-vivid.com/atopi/   アトピー性皮膚炎の根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/atopi-6/   個人輸入代行の総合ページはこちら  

皮膚病

2020/5/20

ヘルペス 中医学 安全な薬を手に入れる。

無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     ヘルペスや帯状疱疹になる人が多いですね。 痛くて治せないと困っている方が多いですね。 あれこれ治療したが治らないと諦めている人が殆どです。   お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。 最先端の薬は良い治し方があります。 ヘルペス、帯状疱疹は同じグループのウイルスですが、タイプは違います。  ヘルペスの特徴 ヘルペスは漢方では単純疱疹と言います。 ヘルペスには二つあります。 一つは陰部にできるタイプで性交により感染します。   もう一つは陰部以外の皮膚にできるタイプです。 鼻や唇、顔にできる場合が多い。 手足、胴体部分にできます。    ヘルペスの感染経路 1)ヘルペスの患者から感染します。 唾液、便、直接接触、食器についている唾液、咳やクシャミなどによって飛び散った飛沫などより鼻・口を通り体内に入ります。 皮膚が傷をしていると、そこからも入ります。 陰部は性交により感染します。   2)一旦 体内に入ったら、体の正常粘膜や唾液、血液、神経細胞の中に入ります。   3)過労など体の免疫力が落ちた時や妊娠、生理、胃腸が悪い時、発熱、感情などにより潜伏していたウイルスが活発になり発病します。 多量の薬物使用や機械の刺激もきっかけになります。 これがヘルペス発病の第一回目です。   鼻・口・顔面・手足・胴体・陰部・肛門だけでなく体内では肺や脳、消化器系統に疱疹ができる時があります。 疱疹は刺すような痛みと痒みがあります。    ヘルペスが蔓延している背景 この科学文明が発達している社会なのに、ヘルペスは一向に治せません。 ところがウイルスを殺す薬もあります。   日本人がヘルペスを治す方法 可能な人は中国の行く方法があります。 しかし大変です。 毎月か月2回 当面、中国に治療を受けに行く必要があります。 これは費用的にも時間的にも実際は無理です。 日本人が中国の大病院で並ぶのはまず無理です。 例え中国で診断受けても出会った先生、その病院の体制により違いがあります。   一番良いのは中国に行かなくて、 日本の自宅で薬を飲めることが一番費用的に安いです。 必ず優れた医師を通すようにしてます。 薬の判断が非常に難しいからです。 そして大病院のすぐれた医薬品を手配しています。 しかも経費面から考えても格安です。   ヘルペスは油断なりません。 慎重に治療をされてください。 色々相談があれば無料でしています。 ご利用ください。   ヘルペス 個人輸入 ミツコ&美奈子 根本治療薬 https://js-vivid.com/helps-3/ ヘルペス(単純疱疹)を消滅、根本治療、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。総合情報。 https://js-vivid.com/herupesu-15/ ヘルペス(単純疱疹) ウイルスを完全消滅、体内の損傷箇所を全部治療、正常に戻す。 https://js-vivid.com/herpes-k/   帯状疱疹の総合ページはこちら 個人輸入代行の総合ページはこちら    

皮膚病

2020/5/20

帯状疱疹を実際に治す方法をご紹介、中医学の適切な治療方法、中医学、大病院の情報。

無料相談はコチラ 帯状疱疹は中高年に多いといいますが、 実際は若者や子供など、広い年齢層におきます。病院に行きますが、治らない人が非常に多い。大変やっかいな病気です。しかし治し方がありますのでご紹介します。   帯状疱疹の症状 帯状疱疹は季節に関係なく、いつでも発病します。発病の初期は体がだるい、物を食べたくないなどの症状が出ます。少し進むと熱が出たり、体のあちこちで痛みが出ます。やがて水ぶくれが出てきます。帯状に並んでいます。 危険なのは、目に帯状疱疹ができると失明の危険があります。頭の中、脳に帯状疱疹ができることもあります。命の危険があります。 帯状疱疹は感染することがあります。 早急な治療が必要です。 治療のポイント 帯状疱疹が治らない理由は、良い薬と良い治療方法がないからです。ツイターを見ると本当に多くの方が悩んでいるのが良くわかります。帯状疱疹はウイルスですが、ウイルスを殺す良い薬がそもそも無いようです。ところが本当に治らない難しい病気かな〜と中医学漢方で薬を手配し、使っていただきますと、大変良い結果が出てきます。 帯状疱疹の大概の患者は中医学漢方で満足いく結果になると思います。 なぜ帯状疱疹が出たのか? 帯状疱疹は子供の時の水疱瘡が体に潜伏していて、免疫が低下した時に発病します。 免疫とは体の防衛システムです。防衛システムがしっかりしていれば、体の内側にウイルスがいても、抑え込んで絶対に発病させません。 体のどこかに重大な故障が起きている。それで免疫が低下して帯状疱疹が発病します。中高年の場合、多い原因は加齢です。しかし若者は体力、元気があり、免疫が低下するはずがないのに発病してます。 中医学漢方の医師が、患者から相談を受けた時に判断するのは、体のどこが故障しているのか? それを見つけます。そこが免疫を低下させた原因です。その治療しなければ、帯状疱疹だけの問題では無く、次の病気にステップアップする可能性もあります。 この判断ができ、適切な薬が有るのが中医学漢方の特徴です。しかし残念ながら日本にはこれほどの優れた中医学のシステムがありません。   中国での医療の現状 では現在、中国から来てなぜ日本で診断や治療を受ける人が多いかと言いますと、医師の数が中国は圧倒的に少なく、病院に行っても、本当の良い治療が受けられるとは限らないからです。 上海を現地体験しましたが、医者選びが非常に難しいです。中医学漢方の治療は余程のルートでない限り、良い医師、良い治療、良い治療薬は見つかりません。 それをカバーするためにビビッド・ライフが皆さまのお役にたつ体制を取っています。    優れた治療方法とは 帯状疱疹はビビッド・ライフにとって難しい病気ではありません。しかしそれは長い年月をかけ優れた医師を見つけ、適切な治療薬がいつでも手に入るようになったからです。 ビビッド・ライフだから出来ることで、どこでも出来ることではありません。帯状疱疹は非常に怖いシグナルです。免疫低下している状態は、帯状疱疹だけでなく、あらゆる怖い病気で出てきても不思議でない。大変無防備な状態なのです。 だから帯状疱疹は非常に優秀な医者についていただき、綿密な治療が必要です。その判断の上で、ビビッド・ライフはお薬をお手配します。   帯状疱疹の総合ページはこちらです。   帯状疱疹の関連記事はこちらです。ご覧下さい。   帯状疱疹が普通の方法では治らない人は、より安全な治し方があります。   個人輸入代行の総合ページはこちら     帯状疱疹をネット状で見ると皆さん軽く考えています。気づかないまま大病に進む人が多い。帯状疱疹は本当は危険です。無料資料を用意しました。ご覧下さい。    

皮膚病

2020/5/20

アトピー性皮膚炎の根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

無料相談はコチラ   アトピー性皮膚炎の情報ページです アトピー性皮膚炎の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 現在も根本的に治療します。     このような医師が使う専門書は、 ①アトピー性皮膚炎のような高い治療効果が出る場合だけでなく、 ②反対に、他の皮膚病で治療結果がまちまちな場合には、 その由の説明が有り、治療の注意点や治療後の対応の仕方などの詳しい説明があります。   「記事作成:担当の後藤です。 アトピー性皮膚炎になって大変お困りと存じます。 この病気は原因が紀元前200年に分かっています。 その情報が日本には入っていません。」   「中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。 お元気になり安心して過される事を願っています」   中国の中医学の大病院を色々調べますと アトピー性皮膚炎の治療は体にやさしく、 根本治療をして体を本来の状態に戻す〜治療をしますので、 大変良い成果を出しています。   アトピー性皮膚炎とは 参考:中医皮膚病学 必要条件 12ヶ月以上、皮膚が痒い。   補助条件 ①2才以前に発病 ② 腕・脚などの内側の皮膚に出来た病歴が有る。 10才以下の子供はどの部分でも対象とする。 ③全身の皮膚が硬く乾燥した経歴がある。 ④喘息、花粉症などアレルギーの病気だった事がある。 ⑤1頭身の親族にアレルギーの病歴が有る。    年代時期 乳児期、 子供期、 青年・成人期 の3種類に分けます。 アトピー性皮膚炎の原因---医学書の説明  原因1)脾虚風燥 乳児、子供に多く見られます。 皮膚の同じ場所に湿疹が反復して発生します。   ①脾が虚弱。 ②風が入り乾燥している 。   原因2)陰虚血燥 青年・成人に多く見られます。 病状が非常に長期で、繰り返し発生し、皮膚が硬く乾燥しています。   ①陰が虚弱です。 ②血が乾燥している。     アトピー性皮膚炎の原因 補足説明 参考:中医皮膚病学 アトピー性皮膚炎は別名「遺伝性アレルギー性湿疹」と呼びます。 つまり遺伝が関係しています。 急性と慢性が混合します。 家族の中に喘息、アレルギー性鼻炎の人がいる場合が多い。   主な原因は「湿邪」です。 胎児の段階で「湿熱毒」を受け継いでいる。 あるいは生まれながらに「脾虚湿盛」の場合もあります。   アトピー性皮膚炎のその他の原因 ①授乳期に母親が余りにも「美食」に走り、 さらには「辛いもの、油物」を食べ過ぎた事で「湿」が熱をおびた。 この「湿」が授乳で子供に入り、アトピー性皮膚炎の原因になった。   ②母親の「感情」が内臓を損傷し、熱が発生し 妊婦の段階で熱が胎児に伝わり、 胎児は先天的な免疫不足になり、 熱を帯びた体になります。 生後、アトピー性皮膚炎になった。   ③不適切な栄養物を食べさせた。 この為、脾胃虚弱になった。 脾が健康な働きができなくなった。 この為、湿が体内で発生した。 そして湿熱が体内に温存され蒸された。 最終的に皮膚にアトピー性皮膚炎を発病した。   ④「湿」が長期に渡って温存され蒸され続けた。 これが津液を傷つけ、血を消耗した。 そして血が虚弱になり、体内に風を生み、燥を生んだ。 それが皮膚にとどまった為、皮膚は栄養を失い。 ついにはアトピー性皮膚炎が発生した。   ⑤大気の影響 特に「湿熱」が体に入る。 それが皮膚に鬱結した。 体の内外からの病邪が集まってアトピー性皮膚炎を発病した。     アトピー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)脾虚風燥 ① 脾を健康にする治療をします。 ②湿を出す治療をします。 ③風を消し、通りを良くする治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   治療2)陰虚血燥 ①陰を滋養する治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③皮膚を潤す治療をします。 ④痒みを止める治療をします。 上記は中医学・医学書に基づく最も基本となる治療方法です。 しかし実際の治療では、上記からさらに深い治療に入ります。 五臓の治療が入る事も多い。 例えば「肝・腎」が悪い場合も多い。   神経系の治療をする場合も多い。 毒を抜く治療をする場合もあります。 免疫を上げる治療をするケースもあります。   実際、医薬品の使い方は 医学書の段階より格段に深い方法で薬をこ見合わせています。   成人のケース、幼児の時からアトピー性皮膚炎 食べ物を大幅に加えた治療をしました。 薬は1種類を使い、3種類は食べ物で治療しました。 球根・木の実、豆などを食べます。 数ヶ月で完治しています。     アトピー性皮膚炎で多い症状とは 1)顔面の色が紅斑で赤い。顔面蒼白の場合もある。 2)顔面に皮膚の盛り上がり(丘疹)・皮膚の屑、あるいは紅斑・盛り上がった疱疹・水泡・汁の滲み・瘙痒などがある。 3)胴体・手足に結節性痒疹・皮膚の盛り上がり(丘疹)・丘状の水泡などがある。 3)頭皮が黄色くカサブタがある。タダれて汁が出ている。 4)慢性湿疹・瘙痒・皮膚の乾燥がある。 5)赤い発疹・紅斑・発疹・湿潤・結節性痒疹・耳切れがある。 6)ザラザラ・しこりが有る。 7)肘窝・膝窝(肘・膝関節の内側のへこみ)に苔鲜(コケ)が有る。 8)不眠・ イライラがある。 9)大便が乾燥気味・下痢状・尿が少なく赤いなど。 10)指紋が淡い色・指紋が紫色などが有る。 11)食欲不振・だるいなど。   アトピー性皮膚炎を治したい。 アトピー性皮膚炎は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。 アトピー性皮膚炎など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。 現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。 上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。   アトピー性皮膚炎の診断 漢方医は四種類の診断をします。 診断1) 「聞診・問診」で色々な体の状態を聞き出したり観察します。 これだけでも殆どの原因・メカニズムは掴みます。 元々体が悪いのは何なのか? それを漢方の医師が診断で突き止めます。   赤ちゃん、幼児は生まれながら、体に不足している点がありますので、それを医師が見つけます。 また体外から何が侵入したのか? 大気の中でも何が侵入したのか? どの食べ物が原因なのか? 診断で確認します。   これにより体内で何が発生しているのか? 新たにどの臓器が損傷しているのか? 血はどうなっているのか? 毒素はどのようなタイプなのか? 皮膚との関連はどうなっているのか? このような事を確認します。   2)「切診・望診」で診断します。 特に望診では、顔の状態を判断します。 また目の診断は重要項目です。 さらに舌を診断します。   例えば舌の先が赤い、舌が淡い色で白い苔がある、舌がやや淡いなどがアトピーでは観察されます。 この色の違い、状態の違いだけでも内臓の状態を確認できます。   さらには脈を診断します。 脈が細い、脈が緩い、脈が偏っているなどもアトピーに多い脈です。 この脈の状態だけでも体内の臓器の状態が分かります。 これらの診断は非常に正確です。 ピタリと体の全てを把握します。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   アトピー性皮膚炎の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているようにアトピー性皮膚炎と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 アトピー性皮膚炎だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 アトピー性皮膚炎は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。   内服する方法は 上海の医師の治療方法では、使う医薬品はごく僅かです。 どちらかと言うと、臓器を正常にするには医薬品を使います。 しかし体質改善や体内から毒や熱を取る方法については、穀物や野菜、木の実などをスープにして飲み、全身の体質を次第に変えていく方法が多い。   これらの穀物や木の実は日本にないものがほとんどです。 日が経つにつれ実際に改善の変化が目に見えて来る場合が多い。 ですから治療前と治療中の写真を取り比較すると良いでしょう。   このような診断は非常にレベルの高い医師の能力が要求されます。 このレベルの医師は基本的には普通いません。 もしかしたら、どこかに優れた医師はいるのかも知れませんが、ビビッド・ライフでもそのような医師を探すのは諦めたほどです。 また貴方・貴女の周辺にもいないはずです。 もし居ればとっくにアトピーは治っているはずです。   中医学の情報が最も集まり、中医学の逸材が最も集まっているのは上海です。 ビビッド・ライフが安心して相談を入れる地です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のアトピー性皮膚炎の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   アトピー性皮膚炎を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でするアトピー性皮膚炎の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 ...

皮膚病

2020/5/20

蕁麻疹を本気で良くしたい人に情報。根本治療できる病院・名医が最も大事。

無料相談はコチラ 蕁麻疹の情報ページです。 蕁麻疹の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 根本治療の方法が有ります。 中国の色々な病院の情報を集めますと大概の人は良い結果が出ています。 「こんにちは 記事担当の後藤です。 蕁麻疹になって大変お困りと存じます。 蕁麻疹は全く治す方法がないと思っていました。 しかし、この病気は原因が紀元前200年に分かっていました。 その情報が日本には入っていません。」   「中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。 お元気になり安心してお過ごしされる事を願っています」   蕁麻疹の治療は 1)「塗り薬」も大事ですが、「飲み薬」が中心となります。 蕁麻疹だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、   蕁麻疹は体の内部を治療する事が最も中心ですから 「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、 治療は内科をしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の中医皮膚科の医師は内科を知り尽くした専門家です。   2)煎じ薬は使いません。 中医学は古来より煎じ薬です。 現代でも多くの方が煎じ薬を飲んでいます。 しかし苦く非常に飲みにくいので、日本人には無理です。 この為、錠剤・カプセル・顆粒などを飲みます。   3)食べ物で体質改善をします。 状況によっては医師が指導して食べます。 球根・花・木の実・穀物などを食べます。 これらは食べ物ですが、薬と同等な役目として使います。 蕁麻疹の治療は薬草を使った薬が中心です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   現在、中国の大病院では医療用だけで9000種類を越しています。   下記の写真はイメージですが、血を正常にする時に使う薬です。 実際にどの薬を使うかは診断をして医師が決めます。 それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。   蕁麻疹の治療薬 上記の薬の写真はイメージです。 写真の薬は免疫を上げる時に使います。 使った人は分かるのですが、重たい体がぐっと軽くなります。   蕁麻疹と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。 上記を使うとは限りません、医師が正確に決めます。   蕁麻疹の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)風熱犯肺 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   医療2)風寒束表 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療3)胃腸湿熱 ①風を消し通りを良くする治療をします。 ②熱を体から出す治療をします。 ③胃腸の通りを良くする治療をします。   治療4)血虚風燥 ①血を養う治療をします。 ②風を消す治療をします ③燥を潤いのある状態にする治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   治療5)経絡不調 ①血を養う治療をします。 ②風を消す治療をします。 ③「肝腎」を補い働きを増す治療をします。 ④子宮経絡の血の通りを良くする治療をします。   中医学(中国)は世界で最も歴史が有ります。 紀元前200年前頃の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。   内径ではすでにこの時、蕁麻疹を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で蕁麻疹に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。       関連記事が有ります、ご覧ください。 蕁麻疹 中医学では治して当たり前です、キレイに治しましょう、大病院・名医の処方薬、総合情報。 https://js-vivid.com/jinmasin-15/ 蕁麻疹を根本から治療する方法。中医学・名医の治療法。 https://js-vivid.com/jinmasin-1/ 蕁麻疹の原因と治療。根底から良くする方法。中医学、世界の2代医学の一つ。最も歴史がある医学。 https://js-vivid.com/jinmasin-2/     個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

皮膚病

2020/5/20

アレルギー性皮膚炎を根本的な治療。中医学大病院の画期的な治療情報。

無料相談はコチラ アレルギー性皮膚炎の情報ページです。 アレルギー性皮膚炎を根本から治療出来ます。 アレルギー性皮膚炎の治療する中医学の根本原理を説明します。   「記事担当:後藤です。 打つ手がなく大変お困りと存じます。 体に優しく根底から治療する方法をお探しの方も多いと存じます。 中医学の大病院・名医なら特殊な状態をのぞいて大概の人が良い結果が出ると思います。」   「世界で最も歴史があり、最も治療実績があります。 大変良い治療方法です、資料を作成しますのでご活用ください。 不明な点は何でもご連絡ください。」   アレルギー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)風熱悪化 ①風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療2)湿熱毒悪化 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り払う治療をします。 ③血の熱を冷ます治療をします。 ④ 解毒の治療をします。   治療3)血虚悪化 ①血を養う治療をします。 ②血が乾燥していますので、潤いをもたらす治療をします。 ③風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ④痛みを止める治療をします。   治療4)脾胃悪化 脾・胃の機能を健康にする治療をします。   アレルギー性皮膚炎、基礎的な原因 参考:中医皮膚病学 中医学では、 ①先天的に体の耐性が弱いとみています。 ②皮膚・皮下の密度が低い。 この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。 再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。   接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により 個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。     アレルギー性皮膚炎の原因物質 多く見受けられるもの 1)化学物質 ①金属装飾品を作るときの原料、 ②特定の外用薬 ③化粧品 ④農薬 ⑤塗料 ⑥ゴム など   2)植物の影響 ①漆に使うハゼの木、 ②イラクサ ③杉花粉 など   3)動物の影響 ①動物の皮膚や毛 ②毛の中にいる虫の毒素。 など 外界には様々なアレルギー性皮膚炎の原因物質が有ります。 どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、治療は大変良い成果を出しているのは事実です。 中医学の皮膚治療は紀元前14世紀から始まっている。  1)紀元前14世紀には 多くの甲骨文が出土し、その中に多くの記述が見つかっています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   紀元前1122年「周礼」では皮膚病は季節により流行することが書かれています。   紀元前より皮膚病の扱いに医師たちは大変、苦心して来ました。 それは内臓の病が体の表、つまり皮膚に現れるからです。 つまり内科も皮膚科も皮膚を診断します。 上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在、皆様は上海に行く必要はありません)  医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 アレルギー性皮膚炎は食べ物でも治療します 球根や木の実、穀物などを食べて治療する場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「アレルギー性皮膚炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「アレルギー性皮膚炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする「アレルギー性皮膚炎」の治療効果が大きい。   西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「アレルギー性皮膚炎」の治療でも出ています。   「アレルギー性皮膚炎」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「アレルギー性皮膚炎」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みいます。   3)「アレルギー性皮膚炎」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「アレルギー性皮膚炎」の原因になっている人が多い。 ②「アレルギー性皮膚炎」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「アレルギー性皮膚炎」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。 費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。 中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「アレルギー性皮膚炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/变应性皮炎 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   ひどいアレルギー性皮膚炎、大変な痒み。 しかし中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、   まず先に◇百宝元を飲む事も大切です。 ◇百宝元で治療するのではありません。 健康を維持するために大切です。   ◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。 ◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。   日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、 次のステップで中医学の医師に相談してアレルギー性皮膚炎の治療をしてください。   ◇百宝元は健康管理、健康維持にずっと活用されてください。 人生で成功するには、自分の健康に投資することが大事です。 ◇百宝元は運動や薬では出来ない健康管理ができます。 アレルギー性皮膚炎をぜひ治したい方 下記に詳しい資料が有ります。 無料資料、ご覧下さい。 アレルギー性皮膚炎 根本治療し完全に正常にする画期的な治療 中医学・大病院・名医の処方   総合情報。 https://js-vivid.com/arerugi-15/ アレルギー性皮膚炎を根本治療。最先端の中医学・大病院・名医の治療方法。正常な皮膚にする。 https://js-vivid.com/arerugi-10/ アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。大病院の治療。 https://js-vivid.com/arerugi-3/   アレルギー性鼻炎を良くする中医学とは。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/arerugi-6/ 薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。 https://js-vivid.com/yakubutu/     個人輸入代行の総合ページはこちら General page ...

© 2020 Powered by AFFINGER5