皮膚病

蕁麻疹の原因と治療。根底から良くする方法。中医学、世界の2代医学の一つ。最も歴史がある医学。

 

無料相談はコチラ

 

蕁麻疹の情報ページです

蕁麻疹の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。

根本治療の方法が有ります。

 

2_26_03c

「記事作成:担当の後藤です。

蕁麻疹になって大変お困りと存じます。

この病気は原因が紀元前200年に分かっています。

その情報が日本には入っていません。」

 

「中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。

大概の方は良い結果が出ています。

詳しい情報を書きますのでご覧下さい。

お元気になり安心してお過ごしされる事を願っています」

 

1_16_02c

蕁麻疹の原因---医学書の説明 参考:中医皮膚病学

原因1)風熱犯肺

大気の熱風が呼吸で肺に入り、肺を損傷した事で起きた蕁麻疹です。

皮疹が鮮明な赤。

焼け付く痒み。

体に熱があると痒みが増す。

冷えると軽くなる。

 

原因2)風寒束表

大気の寒い風が体に入った事で体の働きを縛り、それで起きた蕁麻疹です。

皮疹が薄赤・赤色。

体が冷えると痒みがます。

体を温めると痒みが軽くなる。

 

原因3)胃腸湿熱

胃腸に湿熱がたまり、起きた蕁麻疹です。

皮疹が大型。

むくみ。

気分が悪く吐き気がする。

 

原因4)血虚風燥

血が虚弱で、風が乾燥しているため、血に潤いがなくなり、皮膚が正常に働く事が出来ず起きた蕁麻疹です。

痒みは時によって軽かったり重たかったりする。

午後・夜間に痒みが増す。

 

原因5)経絡不調

子宮につながる経絡(血の通り道)が不調で起きた蕁麻疹です。

女性に発生します。

経絡は血の通り道です。

血の通りが悪い。生理の調子が悪い。

膝腰が痛い。

 

2_26_01c

蕁麻疹の原因 補足説明

1)大気・気候の影響

原因・治療の説明で知らない事が多いでしょうが、本当は他の事よりも先に知っていた方が良い内容です。

最も大事な事は人は地球に住んでいる事です。

人間は地球上にいる限り、この世で呼吸をしている限り、大気・気候の影響を常に受け、病気になります。

 

暑さ・寒さ・湿気・乾燥・ホコリなど様々な気象の影響を人は受けます。

それが病気と大きく関係しています。

蕁麻疹は特に関係します。

 

特に「風」に当たると人体は病気になりがちです。

「熱や湿気」も体に影響が多い。

蕁麻疹は特に「風・熱・湿気」が人体に影響し、発病します。

 

2)五臓・六腑が病気の原因

直接・間接、五臓が悪くなって蕁麻疹を発病しています。

五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。

六腑の中の「胃・腸」が悪くなっています。

 

蕁麻疹が五臓と関係しているなど、誰も知りません。

五臓が悪くなっていることは中医師が診断すればすぐに分かります。

五臓が悪い人は五臓を治療すれば、改善が進みます。

 

3)血が関係する時が有ります。

皮膚は血が流れて来る事で正常活動をしています。

血が弱い為、血が皮膚に流れてこない事で皮膚が正常な働きが出来なくなり蕁麻疹が起きます。

 

4)子宮との関係があります。

子宮は生理活動をしていますので、常に血を扱います。

子宮につながる血の通り道(経絡)が正常に血を流せなくなった事で、全身の血の流れが悪くなります。

この為、皮膚への血の流れが正常に出来なくなり、皮膚が正常な働きができなくなって蕁麻疹が発生します。

HG174_350A

蕁麻疹の治療 参考:中医皮膚病学

治療1)風熱犯肺

①風を消し通りを良くする治療をします。

②熱を清める治療をします。

③痒みを止める治療をします。

 

医療2)風寒束表

①風を消し通りを良くする治療をします。

②寒を散らす治療をします。

③痒みを止める治療をします。

 

治療3)胃腸湿熱

①風を消し通りを良くする治療をします。

②熱を体から出す治療をします。

③胃腸の通りを良くする治療をします。

 

治療4)血虚風燥

①血を養う治療をします。

②風を消す治療をします

③燥を潤いのある状態にする治療をします。

④痒みを止める治療をします。

 

治療5)経絡不調

①血を養う治療をします。

②風を消す治療をします。

③「肝腎」を補い働きを増す治療をします。

④子宮経絡の血の通りを良くする治療をします。

 

HG052_350A

あなたは蕁麻疹を治したいですか?

蕁麻疹は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。

蕁麻疹など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。

 

現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。

上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

 

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

 

DSC_0036

 

蕁麻疹の治療方法

上記の薬の写真はイメージです。

原因や治療方法に書いているように蕁麻疹と言っても非常に広範囲です。

どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。

 

特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。

蕁麻疹だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、

蕁麻疹は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。

体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。

 

極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。

ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。

 

HG098_350A

中医学に驚きの連続

上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。

中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。

 

1)子供さんが蕁麻疹で困っているケース。

女の子ならなおさら困っているはず。

治療中、母親から順調に改善してますと聞けるのは嬉しい事です。

体質改善の食事療法も役目を果たしています。

薬も大事ですが、子供は食べ物が喜びます。

 

2)ほぼ全身に重症の蕁麻疹、黒焦げ状態のケース。

火災で黒焦げになったのでは無いかと思うほどの状態。

痒くて搔きむしり、血とかさぶたが幾重にも重なっている。

これまで、もがき苦しんで来た長い年月の状態が良くわかります。

これは中医学の治療でも良くなるまで大変だろうな〜と思っていた。

 

予想とは違い急激に改善したそうだ。

もっときちっと治療したら良いと思うのだが、彼にとっては感謝感激の合格点らしい。

その後、母親に何度も聞いてみるが、極めて快適との返事。

もっとピカピカになるまで治療してほしいな〜。

 

3)皮膚科で、これは治らないよ〜と教えてくれたケース。

足に部分的に痒いところがあり、長年困っていた。

思い切って皮膚科をいろいろと回った。

どこの皮膚科もステロイドを出す。

 

街にある皮膚科の医師が「これは日本中、良くする薬はない、ステロイドを使わない方が良い」と教えてくれた。

諦めていたが、10年以上たち、上海の先生に聞く機会が出来たので相談した。

上海でいただいた薬で驚きと喜びの結果が出た。

 

試しに中国の薬局で売っている他の薬も試して見たが自分の肌には合わない。

やはり一流の医師が一番間違いなかった。

その医師が教えてくれた薬が最もピッタリ合っている。

 

などなど

 

4)色々な状態

蕁麻疹は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。

中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。

治療ですから全部が全部、良くなるとは限りません。

 

依頼する全部の人に役立っていただきたいと思うのですが、いまの所、皆様が喜んでいます。

中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。

2_02_04c

費用と効果を考える

よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。

費用と効果を考える。

実際に使うお金を比較してみる。

結局、一番割安です。

HG197_350A

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

紀元前200年前頃の医学書「内経」は

非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。

 

内径ではすでにこの時、蕁麻疹を説明しています。

現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。

すでにこの中で蕁麻疹に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。

 

2_05_06c

 

 根本治療が大事です。

あなたはいつからですか。

ますます悪化していませんか。

このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。

ご覧ください。

 

HG134_350A

 

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「蕁麻疹」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

https://baike.baidu.com/item/荨麻疹

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

上海中医薬大学

Wikipediaの日本語説明はこちらです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学

 

上海中医薬大学

中国・上海の本校のホームページです。

http://www.shutcm.edu.cn/main.htm

中国を代表する世界トップの中医学の大学です。

上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。

ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。

 

関連記事が有ります、ご覧ください。

蕁麻疹 中医学では治して当たり前です、キレイに治しましょう、大病院・名医の処方薬、総合情報。

https://js-vivid.com/jinmasin-15/

蕁麻疹を根本から治療する方法。中医学・名医の治療法。

https://js-vivid.com/jinmasin-1/

 

蕁麻疹を本気で良くしたい人に情報。根本治療できる病院・名医が最も大事。

https://js-vivid.com/jinmasin-3/

 

 

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International  is here.  

 

-皮膚病

© 2020 Powered by AFFINGER5