カンジダ・細菌膣炎

カンジダ・細菌膣炎

2020/9/15

細菌性膣炎 名医 Top

細菌性膣炎 名医 完治 細菌性膣炎は名医に相談すれば完治するのでしょうか? 細菌性膣炎になっている人が多く、どなたも治らないで困っています。 名医に相談するとほとんどの人が治ったり、完治するのですが なぜだかご存知ですか? 普通この病気は菌を殺すだけでは治る事は有りません。 詳しく説明していますので、ご覧ください。   細菌性膣炎 名医 治療 細菌性膣炎を名医が治療したらどうなると思いますか?         細菌性膣炎 名医 漢方           細菌性膣炎 名医 中医      

カンジダ・細菌膣炎

2020/8/6

カンジダ腟炎を正常に戻す治療薬 中医学・大病院・名医の処方 総合情報

  無料相談はコチラ   カンジダ膣炎の総合ページです。   カンジダ膣炎は色々治療しても治らない人が多いと思います。 治らないのは理由が有ります。 治療方法が正しく無いからです。   後で説明を見ていただければ分かると思いますが、 カンジダ膣炎は必ず「津液」が悪くなっています。 ですから、抗生物質で膣内の菌をいかに殺してもカンジダ膣炎は良くなる事は有りません。 ですから日本では治る事はほとんど有りません。   あなたに質問ですが、 「カンジダ膣炎を早く治したいですか?」 これは「津液」が悪い病気ですが、「津液」は中医しか分かりません。 治療方法は中医しか有りません。 この判断が出来る医師は中医師でも、相当な実力を持っている医師です。 上海の大病院の名医クラスの実力が必要です。 もし治したいなら、優れた中医師に相談して下さい。   この様な優れた情報は日本では知られない様な仕組みになっています。 この情報はチャンスです、ほとんどの人がカンジダ膣炎が無くなります。   ビビッド・ライフにカンジダ膣炎でご相談される方が多いのですが、 カンジダ膣炎から始まり、細菌性膣炎も発症し、さらには他の病気にも進んでいる方が多い。 カンジダ膣炎から病気が広がる場合が、多いのが現状です。 その様な事を含めて検討されると良いと思います。       こんにちは 記事担当の後藤です。 カンジダ膣炎で再発を何度も繰り返しお困りと存じます。 カンジダ膣炎は根本治療する事ができます。 長くカンジダ膣炎が続いて細菌性膣炎などに広がっている人も多いと思います。 それも同時に治療する処方します。       カンジダ膣炎の原因---中医学 カンジダ膣炎が発生するのは内因・外因がありす。 内因・外因が相互に作用してカンジダ膣炎を治しにくくしています。   1)外因(体外からの原因) 性交渉で男性から感染する場合もあります。 ピルの多用で膣内の環境が不安定になった。 抗生物質の多用で菌のバランスが崩れた。 ステロイドの多用で免疫が低下し、カンジダ菌が増殖した。   2)内因(体内の原因) 「津液」の異常が原因 女性は下着や陰部の形状などで、陰部が蒸れやすい環境で「津液に熱」が発生しカンジダ菌を増殖させやすい。   カンジダ膣炎の症状 中医学 1)津液の熱証 ①津液の熱で蒸され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。 カンジダ菌を増殖させる。 カンジダ菌が膣を侵食してカンジダ膣炎が発生した。   ②陰部が痒い、オリモノが多い、豆のカスのような物がでる。 イライラする、眠れない、   肝・胆の経絡に湿熱が入り込みます。 湿熱で虫(菌)が生まれ、陰部の中を虫(菌)が侵食します そして陰部の痒みや織物が増えます。   2)津液の毒証 ①津液が熱で蒸され長期にカンジダ菌を生み「毒」が発生した。 毒が蓄積し、陰部を損傷して、カンジダ膣炎が発生した。   ②オリモノの量が多い、白色、豆のカスのような物、臭いがする。 ③わずかに血が混じる時がある、陰部が痒く赤く腫れる。 頻尿、尿痛、尿急。   3)津液の熱毒と五臓損傷 ①津液の熱毒が蒸され「五臓」の一部を損傷し膣にカンジダ膣炎が発生した。 五臓の一部が損傷したため、子宮腺筋症などを発症させる事も有ります。   カンジダ膣炎の治療  中医学 1)津液の熱証の治療 津液が熱で蒸され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③カンジダ菌を殺す治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   2)津液の毒証の治療 津液が熱で蒸され長期にカンジダ菌を生み「毒」が発生した。 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③解毒の治療をします。 ④痒みを止める治療をします。     3)津液の熱毒と五臓損傷の治療 津液の熱毒が蒸され「五臓」の一部を損傷し膣にカンジダ膣炎が発生した。 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③解毒の治療をします。 ④痒みを止める治療をします。 ⑥損傷した五臓を治療をします。   カンジダ膣炎の実態 「カンジダ膣炎は再発するのを許して置くのではなく根本治療する必要があります。 なぜならカンジダ膣炎から別の病気が発生する人が多いからです。 "カンジダ膣炎が再発しても、薬を塗れば収まるので安全"などと言う意識は持たない方が良い。 例えば子宮内膜症や子宮腺筋症がカンジダ膣炎から発生する場合があるとは誰も気付かないからです。」   カンジダは常在菌で適度な量なら問題ないのですが、増殖すると毒が発生し内臓を損傷します。   たかが膣炎ではない カンジダ膣炎をあなどってはいけない。 カンジダ膣炎はほとんどの場合、五臓を痛めている。 五臓とは心・肺・脾・肝・腎です、このどれかが悪くなっている。   ①五臓を治療してないので、カンジダ膣炎は永遠に再発し悪化の一方になります。 ②その悪くなった臓器から次に別の難しい病が発生している。 例えば子宮腺筋症・子宮内膜症です。   このような高度な診断は、中国の中医学大病院・名医ならすぐに分かります。 それ以外では、このレベルの診断は無理です。   .  カンジダ膣炎を中医学で治療---補足説明 1)津液の熱の治療は欠かせません。 熱を清める治療をします。 余分な津液がたまらないように流す治療をします。 余分あ津液を取り除く治療をします。   2)カンジダ菌の働きを止める治療します。 痒みを無くす治療をします。 解毒する治療をします。   3)五臓の治療をします。 肝がスムーズに働き、血の運行がスムーズに出来るように治療します。 肺が津液(水)の運行を遅滞なくできるように治療します。 腎が肺から送られて来る津液(水)の処理がスムーズに出来るように治療します。 脾も悪くなっている場合は脾を健康にする治療をします。   4)血の治療をします。 血が正常な質でない場合は、血の質をよくする治療をします。 血の働きがスムーズでない場合、血の働きを活発にさせる治療をします。 うっ血や血が固まっている、古い血が付着している場合はそれを溶かす治療をします。   血が毒を帯びている場合は血の解毒治療をします。 経絡(血の通り道)が瘀血で詰まっている場合、通りを正常に戻す治療をします。     カンジダ膣炎は「オリモノが多い」は良くない兆候 カンジダ膣炎は必ず「おりものが非常に多い」。 おりものが非常に多いのは大変まずい兆候です。 おりものは生理の関係です。   生理が狂っている状態です。 生理は子宮と五臓が連携プレイで規則正しく運行されています。 しかしカンジダ膣炎が発生した事で肝・腎・肺などの五臓が損傷されています。   五臓が正常に働かないので生理のシステムが狂った。 その為におりものが多量にでています。 子宮に関係する病が進んでいる可能性があります。   はっきりとして出て来た例としては子宮内膜症、子宮腺筋症などが多い。 病歴を見るとカンジダ膣炎が何年か続いた頃に発病している場合が多い。     以上のご説明をしました。 これがカンジダ膣炎の正体です。 カンジダ膣炎は中医で治療するにも、容易くは有りません。 実際に治療始めるとカンジダ膣炎が素人療法や民間療法で治るものでは無い事を皆様が認識します。 ですから名医に付いて、しっかり治療する事が大事です。   治療する事で、再び夫婦の生活に喜びが戻ったり、 婚活が出来る状態になります。 不快な状態が無くなり、楽しい生活が送れます。   日本には中医が有りません 国際的に相当の知識人しか知られていませんが、実際には4000年前から始まる、世界トップの医学です。 下記は知っていた方が良いと思います。   中医学は世界で最も歴史があります。 カンジダ膣炎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学書では、それよりもずっと前からカンジダ膣炎が治療されて来た。 そしてカンジダ膣炎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   中国で婦人科の治療が始まったのは紀元前14世紀です。 これは遺跡に資料が残されています。     医師の診断と治療薬の処方が必要です。     この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 カンジダ膣炎は原因が複雑です。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。 処方が必要な薬は全て病院内で使う医療用です。 9000種類あります。 医師は体の状況に合う薬を処方します。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「カンジダ膣炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「カンジダ膣炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。       西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「カンジダ膣炎」の治療でも出ています。     「カンジダ膣炎」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「カンジダ膣炎」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 ...

カンジダ・細菌膣炎

2020/7/15

膣炎、膣の痒み根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  無料相談はコチラ   陰部の痒み、膣の痒みの総合情報ページです これは陰部・膣の単なる痒みの治療だけをすれば良いと思われています。 しかし五臓を損傷した病気なのは知られていません。 五臓から別の病気に発展する可能性があります。     記事作成:担当の後藤です。 「耐えきれないほどの痒みに悩まされていると思います。 この病気は痒み止めや、菌を殺す薬だけではなく 五臓を損傷を治療する必要が有ります。」   「これは医学的にも難しい治療になります。 中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。 詳しい医学的な説明をしますので、ご覧ください。 」     中国の中医学の大病院を調べますと 婦人科の治療は体にやさしい根本治療をします。   陰部の痒み、膣の痒み、腟炎とは 参考:中医婦人科学 ① 女性の外陰部あるいは膣に痒み、耐え難い痒みと痛みを伴う。 ②オリモノの量が大変多い。 中医学では「陰痒」あるいは「陰門瘙痒」と呼びます。 陰部・膣の痒みのタイプ ①熱っぽい痒み ②湿っぽい痒み ③虫が這うような異常な痒み 虫の痒み、オリモノが多くなり、色・質が異常。 ④風寒による痒み 陰部・会陰の皮膚が白い。 ⑤精血損虚による痒み 陰部が乾燥、灼熱、皮膚が腫れているか萎縮している。  陰部・膣の痒みの原因---医学書の説明  陰部・膣の痒みは内因と外因があります。 1)内因 臓腑が損傷、弱っている。 肝・腎の機能が正常を失っている。   2)外因 湿、熱、あるいは湿熱が菌を虫を生んだ。 虫の毒が体を侵食した。 この為に外陰に痒みが出来た。   陰部・膣の痒み発病メカニズム 参考:中医婦人科学 原因1)肝経湿熱(肝鬱脾虚) ①肝气郁结,感情が肝を損傷した。 そして肝の気が鬱結した。 鬱で熱がでた。   肝鬱が脾の働きを止めた。 脾が虚弱になり湿が盛になった。 湿と熱がお互いに結びついた。   湿熱が下焦に流れ込んだ。 日が経つと虫が発生した。   虫毒が外陰部を侵食した。 このようなステップを踏んで痛み・痒みを発病した。   ②陰部が不潔であり あるいは性交時に不潔な為 これで直接に湿熱に感染して痒み・痛みを発病したり あるいは虫に直接に感染し痒み・痛みを発病した。   原因2)肝腎陰虚 体が普段から肝・腎の力が弱い。 あるいは出産の頻度が多い。 または性交渉が過剰。 老化による体の衰弱。 これにより腎気が次第に欠乏し、 陰精を消耗、損傷し、 肝・腎の陰血が損傷された。 陰虚が風・燥を生んだ。 そして隠部の皮膚た栄養を失い、痒みを生んだ。     陰部・膣の痒みの治療 参考:中医婦人科学 治療には「肝・腎・脾」の機能調整に重点を起きます。   治療1)肝经湿热 <主な症状> 隠部に痒みがある、 外陰部の皮膚が荒れ厚く増えている、粘膜が充血し破裂している、 オリモノの量が多い、 オリモノは黄色で濃い、泡が出る、 あるいは薄いグレーで乳が固まり気味のようになっている。 臭いがする。 イライラし怒りやすい。 胸の脇が満ちて痛い。 口の中が苦く粘っこい。 食欲が無い。 尿が赤黄色。 治療方法 熱を清める治療をします。 湿を取る治療をします。 虫を殺す治療をします。 痒みを止める治療をします。 治療2)肝腎陰虚 <主な症状> 陰部が痒い 潤いのない灼熱が有る。 夜間に痒みが増す。 会陰部(陰部と肛門の間)の肌が薄い白になっている。 皮膚が粗くザラザラしている。 あかぎれになり破裂している。 めまい、耳鳴りがする。 手足胸に不快な熱がある。 焼け付くような熱で汗が出る。 足腰がだるい。 口が渇き食欲が無い。 治療方法 陰を滋養する治療をします。 腎臓を補う治療をします。 肝を清める治療をします。 痒みを止める治療をします。   治療3)脾虚血少 陰部・膣の痒み。 頭がぼんやりして胸騒ぎがする。 睡眠不足。 腹部が膨満感があり食欲が無い。 軟便、疲労、脱力感。   治療方法 脾を健康にする治療をします。 血を養う治療をします。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     陰部・膣の痒みの薬の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように陰部の痒みと言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 陰部の痒みだから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 陰部の痒みは体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科でしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の陰部の痒みの治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   陰部の痒みを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がオリモノが多い症状の治療でも出ています。   陰部の痒みの治療---実例---「中西医結合医学」 1)陰部の痒みの症状は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)陰部の痒みとは別の病気を持っている人。 ①別の病気が陰部の痒みの原因になっている人がいる。 ②陰部の痒みから別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、陰部の痒みだけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 歴史沿革 1)陰部の痒み(陰痒)は婦人科においては常に見られる病です。 《肘后备急方》は西暦300年代の医学書ですが、“陰阴痒汁出”、“陰痒生疱”の治療薬に付いて書かれています。 2)隋代の医師「巢元方」は陰部の痒み(陰痒)の原因・メカニズムに付いて詳しく論述しています。 内因は臓器気虚が原因、外因は風邪虫侵食が原因としています。 師が書いた医学書《諸病源候論·婦人雑病諸候》で書いていることは ①「婦人陰部の痒みは虫が侵食した為で有る。 たくさんの虫が腸と胃の間に居る。 臓腑が虚弱になり虫が動作をする。 陰部が侵食され虫の勢いが増し、痒みが出て重症者は痛みがでる。」 ②「腎は生殖器を栄養している。 腎気が虚弱になると風邪が乗り、邪が皮膚の上で活動する。 このため正气が不泄となり,邪正とも固まり,皮膚に痒みがでる。 3)西暦1500年頃の医師「薛己」は総結した。 婦人の陰部の痒みは「肝の経絡の問題で有る。感情、特に怒りで肝脾がうつ状態になる。 これで肝脾が气虚になる。 そして湿热が降りて来たために発生した病で有る。」 ...

カンジダ・細菌膣炎

2020/9/15

細菌性膣炎を名医が治療したらどうなると思いますか?

  無料相談はコチラ   細菌性膣炎を幾ら治療しても治らない人が多いのは何故でしょうか? 細菌性膣炎は婦人病ですが、性病では有りません。 何度、病院に通っても治らないので諦めている人も多いと思います。 細菌性膣炎だから病院で出してくれた菌を殺す薬を飲めば治るはずなのに再発するのは何故でしょうか? 実際は病院もどうして治らないのか?不思議に思っているはずですし、治療しても限界が有ると思っています。 幾ら理屈を聞いても治らないのでは意味が有りません。   弊社ビビッド・ライフは治らない病気はタッチしません。 治る当てのある病気についてご紹介します。 海外の医師に依頼するくらいですから、治らない物を取り次いでもしょうが有りません。   結論から言いますと、細菌性膣炎は中医・大病院・名医であれば、ほとんどの場合、治せます。 西洋医学ではいつまで経っても良くならないのに何故なのか? それは西洋医学では細菌性膣炎の本当の原因が分かっていないからです。 これについては別のページに詳しく書いていますので、 下記のページです、ご覧下さい。 細菌性膣炎を名医に相談すれば完治するのでしょか?   細菌性膣炎は意外と難しい病気です。 上記のページを見ますと、津液(体液)が悪くなっているか「肝・脾」が悪くなっていると書いていますので じゃ〜それだけか?と思うと、それだけでは無いのです。   実は、他の病気を同時に持っている場合が多いのです、多いのが、 1)カンジダ膣炎 2)性器ヘルペス 3)アルギー性皮膚炎、アトピー、蕁麻疹 4)甲状腺の病気 5)子宮内膜症、卵巣嚢腫 人によって、その他、様々な病気を患っている場合が多いのです。   細菌性膣炎を完治させようと思うと、これらが絡んでいるので、同時に治療する必要が有ります。 ここが大きなポイントです。 日本では上の5項目の病気は全部、別々の病院に行かねばなりません。 そして治らないまま持病として長年病気が続いています。 ここが治療のネックになっています。   中医学は4000年前から続く医療で、格段によく治ります。 それは人体の仕組みが良く分かっていて、病気の構造が正確に分かるからです。 ですから、日本では誰一人治る事のない難病でも、中医ではほぼ全ての人が良くなる事が有ります。 日本は対処療法だから、原因を治療しないで、表面だけの治療だからです。 だから参考に出した上の5種類の病気では、治らないままになっています。   ところが中医はほどんどの病気は別々にあるのでは無く、繋がっている場合が多いのです。 例えば蕁麻疹・アレルギー 、アトピーが有ると細菌性膣炎はなかなか治りません。 ここが難しい所で、最初、ご相談の時は細菌性膣炎だけの相談だったのですが、 実際に診断をかけると、色々な持病が出て来ます。   例えば、蕁麻疹で腎を悪くしている場合が有ります。 細菌性膣炎を治療していると、蕁麻疹で腎が悪くなっており、これが原因で細菌性膣炎が治らない〜と言うような現象が見つかります。 大事な事は体は一つで有り、様々な病気は体内で繋がっています。 別々に切り離す事で治る事はないからです。   こうなると全てを知り尽くした名医が必要です。               関連の情報が有ります。 細菌性膣炎 個人輸入 ミツコ&サユリ 根本治療薬 https://js-vivid.com/saikinsei-titu-1/ トリコモナス症膣炎や細菌性膣症を中医学で根本的に治療する方法。世界トップの上海大病院の情報。 https://js-vivid.com/torikomonasu-1/ 細菌性膣炎 菌を消滅させ正常にする治療 中医学、総合情報。 https://js-vivid.com/saikintituen-15/ 感想、細菌性膣炎を中医学の大病院・名医に相談した。お二人の女性。治療完了と治療途中。 https://js-vivid.com/taiken-saikin/   細菌性膣炎をぜひ治したい方に 下記の無料の資料を用意しました、 こちらからご覧下さい。          

カンジダ・細菌膣炎

2020/9/15

細菌性膣炎を名医に相談すれば完治するのでしょうか?

  無料相談はコチラ   細菌性膣炎は良くならないで困っている人が大変多い病気です。 細菌性膣炎は、まだ日本では原因が良く分かっていない病気です。 だから治らない人が多いのです。   中医の名医に相談すれば完治する場合が多い。 結論ですが、中医・大病院・名医に相談し治療すると非常に良くなる人が多い、中には完治する人も多い。 基本的には一部の例外を除いて、ほとんどの人が良くなるはずです。 一人ひとりの体の状態が違うますので、事前には言えませんが、基本的にはそのようになります。   貴女がして来た治療は何でしょうか? 例えば抗生物質で菌を殺す治療をして来たのでしょうか? それだけですと細菌性膣炎は治る事は普通、無いと思います。 なぜなら菌が本当の原因ではないからです。 原因をきちっと治さなければこの病気は治りません。   細菌性膣炎の本当の原因を知っていたら、貴女は正しい治療をするはずです。 日本では、細菌性膣炎は細菌が有りますから、それが原因と思ってますが それが間違いの元です。   現在、世界の医学の中で細菌性膣炎の原因が分かるのは中医だけです。 下記に中医が解明している細菌性膣炎の原因を説明しますが、 細菌が本当の原因ではない事が分かります。   中心となる原因を挙げますと 原因の1番は「湿熱」です、2番は「湿濁」です。 熱と濁は意味はわかると思います、熱がある、濁っているの意味です。 最も大事な事は「湿」です。 「湿」は体液の事です、中医では「津液」と言います。 体内の「体液」の状態が悪くなって、膣の体液の流れが順調に行かなくなり、菌が発生し、細菌性膣炎になりました。   日本の医学(西洋医学)は体液は治療の概念にありません。 ですから体液については、あらゆる病気で治療方法が有りません。 中医は体液の専門の治療、治療薬が有り、それを使って治療すると、やがて細菌も増殖しなくなります。 そして細菌性膣炎は良くなります。     原因の2番は「肝と脾」が悪くなっている事が原因です。 子宮、膣は単独で存在するのでは無く、五臓が支援して、一体で動作しています。 五臓の内「肝と脾」が悪くなると、膣の状態が悪くなり、菌が発生し、細菌性膣炎になります。 中医で言う「肝と脾」は西洋医学で言う肝臓と脾臓では有りません。 肝臓と脾臓が正常で有っても、「肝と脾」が悪くなって細菌性膣炎になっています。   このような事が最大の原因ですので、抗生物質を使うのは正しいのですが それらの薬で幾ら菌を殺しても、原因はそのままなので、細菌性膣炎は永遠に治らないのです。 根底から治そうと思えば中医・名医の治療は必要です。   中医は上記の原因を全て治療で来ます。 今、世界の医学でこのような治療ができるのは中医だけです。   下記に中医の医学書に基づく説明を載せますのでご覧ください   細菌性膣炎の原因、状態 中医学 原因1)湿熱悪化  「湿熱」が膣に降りて来たため、細菌性膣炎になっています。 オリモノの量が多く、黄色で、濃い、臭いがひどい。 焼け付くような熱、腫れて痛い。   原因2)湿濁悪化 「湿濁」が膣に降りて来たため、細菌性膣炎になっています。 オリモノの量が多い、白色、粘い、生臭い臭い。 下痢気味。   原因3)肝脾悪化 「肝」の働きがうつ状態になっています。 「脾」が虚弱な状態になっています。 オリモノが多い、色は白と黄が混じっている、濃い質。 臭いが生臭い、イライラ、体力がなく疲れる、下痢。   これに対する治療方法については下記のページにも挙げていますのでご覧下さい。   トリコモナス症膣炎や細菌性膣症を中医学で根本的に治療する方法。世界トップの上海大病院の情報。 https://js-vivid.com/torikomonasu-1/ 細菌性膣炎 菌を消滅させ正常にする治療 中医学、総合情報。 https://js-vivid.com/saikintituen-15/ 感想、細菌性膣炎を中医学の大病院・名医に相談した。お二人の女性。治療完了と治療途中。 https://js-vivid.com/taiken-saikin/   細菌性膣炎のなってどれ位にまりますか? 不快な思いをずっと続けていると思います。 仕方なく婦人科にも通っていると思います。 それでも普通、治らないで、不快な思いをずっと続けていると思います。 この機会に中医師に相談しませんか? 顔が荒れてませんか? もし細菌性膣炎以外に悪い所があるなら尚更です。 そこが細菌性膣炎と絡んでいる場合が有ります。 それを全て一体で治療できるのは中医・大病院・名医だけです。 細菌性膣炎から色々な病気に広がらない内に下記に無料相談をされて下さい。   無料相談はコチラ      

カンジダ・細菌膣炎

2020/5/20

カンジダ膣炎を治療して正常に戻す ミツコ&カナエ 医師処方薬 個人輸入

無料相談はコチラ ミツコ:お待たせ〜、ごめんね遅くなって。 用事が多くて、バタバタ片ずけて飛んで来たのよ。 電話の内容だと「カンジダ膣炎」ね、相当深刻なようね。いつからなの? ご主人とセックスできないで困っているらしいけど、夫婦の絆はセックスは大事だね。 私はまだ独身だけど、結婚している貴女が幸せそうで羨ましいと思っていたけど、それはそれで悩みもあるのね。   カナエ:久しぶりね、会ってくれて有難う。 ここまで30分くらいで着いたの? ごめんね私の為に。 実はね、子供が生まれて、しばらくしたらカンジダ膣炎になったの。 もう1年半かな〜、オリモノが多いし、臭いがするし、 あそこが痒いし、 腫れて、ただれているのよ。 これじゃ、主人が求めて来ても出来ないわ。 いつも私が拒否するから主人が機嫌が悪いし。 どうして良いか分からないの。 なぜ私がカンジダ膣炎になったのか分からないのよ。   ミツコ:実は私も似たような経験したのよ。 言ってなかったけど、私は性器ヘルペスを移されちゃって、恥ずかしくて人に言えなかった。 前の彼が何人も女性がいて、それが原因だったの。 一生治らない〜と聞いて、いつも涙を出して泣いてたわ。 とにかく、その人と別れて、 その頃、会社の同僚が良い方法を教えてくれたの。 まだ治療中だけど、ほぼ治ったから、もう直ぐ治療は完了するわ。 ここに来る前にカンジダ膣炎に着いて調べたら、 私と同じ先生に相談すれば、大概の人は良くなるらしいよ。    カナエ:エ〜そんな事が有ったんだ。 ミツコも大変だったんだね、ちっとも知らなくてゴメンね。 性器ヘルペスって良く聞くけど、治る事は全く無いと聞いてる。 信じられない、性器ヘルペスが治ることがあるなんて、すごいわ〜。 私のカンジダ膣炎、良くなるかしら。 もし本当に治るのなら嬉しい〜わ。 どんな治療? 詳しく教えて。   ミツコ:多分大丈夫と思うよ〜。 だって性器ヘルペスが長い人は、細菌性膣炎やカンジダ膣炎、それに子宮内膜症にまでなっている人もいるそうで、それでも綺麗に治っているそうなの。 だからカナエみたいにカンジダ膣炎だけなら、もっと治しやすいと思うわ。 東洋医学なの、中医学と言って本場は中国で、特に上海は優秀な医師が一番集まっているそうなの。 中医学は日本では漢方って呼んでるわ。 日本の漢方もとても良いけど、性器ヘルペスやカンジダ膣炎は治せない。 だって私は日本の漢方も飲んだけど、全く良くならないかったわ。 上海は仕事で行く事もあるけど、そんなすごい医学が有るなんて全然知らなかったわ。 上海の友達が言っていたけど、上海人でもすごい先生に診断受けようと思ったら、先に謝礼として40万円は必要よ。 私のお世話になっている先生だと、最も上のランクらしくて、よほどの金額を積まないと個人での治療は無理らしいのよ。   カナエ:そうなんだ〜、 だけどミツコはかなりお金がかかったの? かなり高いのでしょう? 私にお金が続くかしら?   ミツコ:全然心配しなくて良いよ。 そこは全く高く無いから。 お金があまり無いので、私に色々とサービスしてくれるくらいだから。 自分でできる範囲で治療したら良いのよ。 若い人は誰でもそんなにお金あるわけ無いじゃん。 だから大丈夫よ。   カナエ:それで、診断は上海まで行くの? 遠いね〜、子供が小さから行けそうも無いわ。   ミツコ:いえいえ、全くその必要はないわ。 メールを入れて相談したら、上海の先生に送る資料の出し方を教えてくれるわ。 それを見て資料を送れば、上海の先生に渡るから。 数日したら上海の先生から、どのような薬が良いか連絡が来る。 その時に薬の金額なども詳しく連絡が来るから、予算的に問題なければそれで注文したら、上海から貴女の自宅に薬が送って来る。 飲み方は詳しくお医者様が教えてくれるので、心配ないわ。 上海の先生は治るまでフォローしてくれるから安心よ。    カナエ:その先生は日本人専門なの? ミツコ:そうじゃない、ほとんど全部、中国の人の診断・治療する先生よ。 他の先生方からの紹介で特別に私たちの相談に乗ってくれてるのよ。 先生は一人じゃないそうよ、何人も相談に乗ってくれる先生がいて、 実質、ボランティアで相談に乗ってくれている状態よ。 だから、変な人は断られるわ。 カナエは私の紹介だから大丈夫よ。   カナエ:治療にどれくらいの期間、掛かるのかしら。 ミツコ:それは誰でも最初はそう思うよね〜。 私も最初そう思った。 まず診断してみないと、体のどこが悪くなっているか、人によって体の状態が違うから、薬も全部違って来るし、 診断で悪いところが解れば、大体の難しいレベルがわかるらしいから〜。 それに長く悪い人は体をこじらせているから、人によっては薬を受け付けないほど悪くなっているらしいわ。 だから体を根底から良くしていくみたいで、治療受ける方としては本当に嬉しい事よ。 貴女も正常になったら、またご主人とラブラブ出来るようになるわ。 ご主人を大事にしなくちゃ、浮気しちゃダメよ。 だから捨て金と思わないで、自分の未来のために、自分の体に投資と思って治療したら良いと思うよ。   女性にはもう一つ大事なことがあってね。 私ね、その中医学の治療の薬を飲む前だけど、 薬って錠剤やカプセル、顆粒だけど、 実はね、大事なあそこだけでなく、内臓もかなり悪くなっていたので、顔に影響が来て、顔が荒れて、カサカサ、女性らしさがものすごく落ちて、自分が鏡でみても全然魅力がなくなっていたの。 ところが内臓と顔は繋がっているのね。 内臓が良くなると性器ヘルペスが次第に良くなって来て、それと平行して、顔の肌のキメ細やかさが戻って来たし、すっぴんでも顔が白くなって来たし、顔つきも女性らしさが戻って来たって感じよ。 前の写真を撮っていたから、比べたら大違いなの。 病気になったら美しさは極端に落ちて来るけど、中医学でこんなに美しくなるなんてウソ見たいよ。 実はね、さっき電車降りたら駅でナンパされちゃってね。 最近多いの。   カナエ:ぜひその先生、私に紹介して、お願い。  ミツコ:OKよ、任せて、頼んであげる。     関連の記事はこちら カンジダ腟炎を正常に戻す治療薬 中医学・大病院・名医の処方 個人輸入 総合情報 https://js-vivid.com/kanjita-15/ カンジダ膣炎を原因から綺麗に治したい、中医学・大病院・名医の薬が欲しい人。個人輸入。 https://js-vivid.com/kanjida-3/ カンジダ膣炎を根本から正常にする、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。 https://js-vivid.com/kanjida-2/   カンジダ膣炎を本気で治したい人は 下記の資料をご覧下さい、ここから。    

カンジダ・細菌膣炎

2020/5/20

カンジダ膣炎を原因から綺麗に治したい、中医学・大病院・名医の薬が欲しい人。個人輸入。

  無料相談はコチラ   覧いただきまして大変有り難うございます。 カンジダ膣炎のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を処方していただく制度を取っています。 カンジダ膣炎は医療用の薬を使いますので医師が処方します。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ・服用をスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 質問)カンジダ膣炎はどのような症状ですか? 1)陰部の痒み、腫れ、ただれ。 2)「オリモノ」----血が混じる、臭い。 3)不眠、イライラ。 4)胃・腹が張る。 5)頻尿、急な尿意、尿痛。 6)排便がすっきりしない、   質問)どのようにすれば良くなりますか? 中医学は根本治療します。 この治療で正常な体の状態に戻します。     質問)カンジダ膣炎の原因は「体液」ですか? そうです。 人体は臓器だけで動いているのでは有りません。 全身を動かしているのは「気・血・津液」です。 その内の津液(体液)がカンジダ膣炎と関係しています。   この三つのどれかが動かなくなると体のどこかが悪くなります。 カンジダ膣炎は「津液---しんえき」が悪くなった病気です。    質問)カンジダ菌が増える理由は何ですか? 「津液」が問題になっている場所でカンジダ菌が増殖されます。 その場所は「五臓」です。   質問) 五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」ですか? はいそうです、心臓ではなく「心」です。 現代医学と東洋医学は表現が違います、 中身も違います。   なぜこのように紛らわしい状態になったか。 江戸時代に西洋医学が日本に入った時に医学者・杉田玄白が東洋医学の臓腑の名称をそのまま西洋医学でも使って翻訳した事が始まりです。 五臓が悪い〜と話が出ると。   以上のようなポイントがカンジダ膣炎を悪くしている原因です。 これらを全て正常に戻す治療をします、     ビビッド・ライフは中医学・大病院・名医が処方してくれます。 非常に良い治療をします。   関連の情報はこちら カンジダ腟炎を正常に戻す治療薬 中医学・大病院・名医の処方 個人輸入 総合情報 https://js-vivid.com/kanjita-15/ カンジダ膣炎を治療して正常に戻す ミツコ&カナエ 医師処方薬 個人輸入 https://js-vivid.com/kanjita-3/   カンジダ膣炎を根本から正常にする、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。 https://js-vivid.com/kanjida-2/   カンジダ膣炎を本気で治したい人は 下記の資料をご覧下さい、ここから。  

カンジダ・細菌膣炎

2020/5/20

カンジダ膣炎を根本から正常にする、中医学・大病院・名医の処方。個人輸入。

無料相談はコチラ カンジダ膣炎の実態   「カンジダ膣炎は再発するのを許して置くのでは無く根本治療する必要があります。 なぜならカンジダ膣炎から別の病気が発生する人が多いからです。 "カンジダ膣炎が再発しても、薬を塗れば収まるので安全"などと言う意識は持たない方が良い。 困るのはあなたです。   例えば子宮内膜症や子宮腺筋症がカンジダ膣炎から発生する場合があるとは誰も気付かないからです。」 カンジダは常在菌で適度な量なら問題ないですが、増殖すると毒が発生し内臓を損傷します。 この内臓を損傷している事が日本では知られていません。   つまり五臓を損傷しますので、人によっては、その五臓から子宮内膜症や子宮腺筋症などが育ちます。 危険な兆候---カンジダ膣炎は「オリモノが多い」 カンジダ膣炎は必ず「おりものが非常に多い」。 おりものが非常に多いのは大変まずい兆候です。 おりものは生理の関係です。   生理が狂っている状態です。 生理は子宮と五臓が連携プレイで規則正しく運行されています。 しかしカンジダ膣炎が発生した事で肝・腎・肺などの五臓が損傷されています。   五臓が正常に働かないので生理のシステムが狂った。 その為におりものが多量にでています。 子宮に関係する病が進んでいる可能性があります。   はっきりとして出て来た例としては子宮内膜症、子宮腺筋症などが多い。 病歴を見るとカンジダ膣炎が何年か続いた頃に発病している場合が多い。 カンジダ膣炎の「原因」・中医学 この内容は日本では知られていません。 カンジダ膣炎が発生するのは内因・外因がありす。 内因・外因が相互に作用してカンジダ膣炎を治しにくくしています。   1)外因(体外からの原因) 性交渉で男性から感染する場合もあります。 ピルの多用で膣内の環境が不安定になった。 抗生物質の多用で菌のバランスが崩れた。 ステロイドの多用で免疫が低下し、カンジダ菌が増殖した。   2)内因(体内の原因) 「津液の熱」が原因 女性は下着や陰部の形状などで、陰部が蒸れやすい環境で「津液の熱」が発生しカンジダ菌を増殖させやすい。   ①湿熱のタイプ 津液・熱が蓄積され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。 津液・熱がカンジダ菌を増殖させる。 カンジダ菌が膣を侵食してカンジダ膣炎が発生した。   ②津液・毒のタイプ 津液・熱が長期に蓄積されカンジダ菌を増殖させ「毒」が発生した。 津液・毒が蓄積し、陰部を損傷して、カンジダ膣炎が発生した。   ③津液・熱毒が「五臓」に侵入した。 「五臓」を損傷し、膣にカンジダ膣炎が発生した。 五臓が損傷したため、子宮腺筋症を発症させた。 五臓の内、何箇所かが損傷して居ます。     たかがカンジダ膣炎ではない、そこから大病が発生するケースも多い。 カンジダ膣炎をあなどってはいけない。 カンジダ膣炎はほとんどの場合、五臓を痛めている。 五臓とは心・肺・脾・肝・腎です、このどれかが悪くなっている。   ①五臓を治療してないので、カンジダ膣炎は永遠に再発し悪化の一方になります。 ②その悪くなった臓器から次に別の難しい病が発生している。 例えば子宮腺筋症・子宮内膜症です。   このような高度な診断は、中国の中医学大病院・名医ならすぐに分かります。 それ以外では、このレベルの診断は無理です。 カンジダ膣炎、4種類の治療、中医学 治療1)津液・熱の治療を必ずします。 熱を清める治療をします。 余分な津液がたまらないように流す治療をします。 余分な津液を取り除く治療をします。   治療2)カンジダ菌の働きを止める治療します。 痒みを無くす治療をします。 解毒する治療をします。   治療3)五臓の治療をします。 肝がスムーズに働き、血の運行がスムーズに出来るように治療します。 肺が津液(水)の運行を遅滞なくできるように治療します。 腎が肺から送られて来る津液(水)の処理がスムーズに出来るように治療します。 脾も悪くなっている場合は脾を健康にする治療をします。   治療4)血の治療をします。 血が正常な質でない場合は、血の質をよくする治療をします。 血の働きがスムーズでない場合、血の働きを活発にさせる治療をします。 うっ血や血が固まっている、古い血が付着している場合はそれを溶かす治療をします。   血が毒を帯びている場合は血の解毒治療をします。 経絡(血の通り道)が瘀血で詰まっている場合、通りを完全に正常に戻す治療をします。     中医学(中国)は世界で最も歴史のある医学です。 カンジダ膣炎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学書では、それよりもずっと前からカンジダ膣炎が治療されて来た、 そしてカンジダ膣炎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   中国で婦人科の治療が始まったのはもっと前の紀元前14世紀です。 これは資料が残されています。   医師の診断と治療薬の処方が必要です。     この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 カンジダ膣炎は原因が複雑です。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。 処方が必要な薬は全て病院内で使う医療用です。 9000種類あります。 医師は体の状況に合う薬を処方します。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「カンジダ膣炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「カンジダ膣炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「カンジダ膣炎」の治療でも出ています。     「カンジダ膣炎」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「カンジダ膣炎」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。   その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全部の薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「カンジダ膣炎」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「カンジダ膣炎」の原因になっている人が多い。 ②「カンジダ膣炎」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「カンジダ膣炎」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。 どのような治療が良いですか? すでに病院の漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。   しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。 これには10年以上掛かりました。   一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   関連の記事があります。ご覧ください。 カンジダ腟炎を正常に戻す治療薬 中医学・大病院・名医の処方 個人輸入 総合情報 https://js-vivid.com/kanjita-15/ カンジダ膣炎を治療して正常に戻す ミツコ&カナエ 医師処方薬 個人輸入 https://js-vivid.com/kanjita-3/ カンジダ膣炎を原因から綺麗に治したい、中医学・大病院・名医の薬が欲しい人。個人輸入。 https://js-vivid.com/kanjida-3/   カンジダ膣炎になる人が多い。 簡単そうに思われているが、実際は治らない。 なぜなのか? 本当の事が分かって居ないからです。   カンジダ膣炎を本気で治したい人は 下記の資料をご覧下さい、ここから。      

カンジダ・細菌膣炎

2020/7/15

細菌性膣炎 菌を消滅させ正常にする治療 中医学、総合情報。 

無料相談はコチラ   細菌性膣炎の総合ページです。 細菌性膣炎を消滅させ正常にする治療について説明します。 中医学・大病院・名医は細菌性膣炎の菌を殺し正常にします。 また細菌性膣炎は内臓を悪くしています。 細菌性膣炎は膣の部分だけが問題では無く、五臓のどれかを損傷している場合が多く、 そこで湿熱が蒸され、菌が増殖を繰り返しています。 それを全て治療する事で新たな菌が増殖しないようにします。   細菌性膣炎で気になる点はオリモノと臭いです。 これは生理と関係します。 この治療は必ずします。 生理が正常になりオリモノが正常になり、臭いを消す治療をします。   記事担当の後藤です。 「このホームページでは以前は内科を主体として居ました。 しかし現職の看護婦さん達からの強い要望で、婦人病についても記事を書くようにしました。」   「中医学は婦人病については世界でも最もキャリアと実績があります。 中医学は根底からの治療するのが特徴です。 細菌性膣炎を解消し完全に正常にする治療のついてご説明します。」   細菌性膣炎はオリモノがたくさん出ます。 オリモノがたくさん出る事で菌が繁殖する原因になっています。 菌については必要な常在菌も居ますから、なんでも殺せば良いわけでは有ません。 医療としてはまずオリモノが出ない、正常にする治療をします。 その状況を見ながら菌を殺します。   この治療は4〜5ヶ月で治療が完了する人は少ないかも知れません。 体質を変える必要があるからです。 実際は原因が5種類ほど有りますので、それに応じて治療薬が違います。   細菌性膣炎の原因、状態 中医学 原因1)湿熱悪化  「湿熱」が膣に降りて来たため、細菌性膣炎になっています。 オリモノの量が多く、黄色で、濃い、臭いがひどい。 焼け付くような熱、腫れて痛い。   原因2)湿濁悪化 「湿濁」が膣に降りて来たため、細菌性膣炎になっています。 オリモノの量が多い、白色、粘い、生臭い臭い。 下痢気味。   原因3)肝脾悪化 「肝」の働きがうつ状態になっています。 「脾」が虚弱な状態になっています。 オリモノが多い、色は白と黄が混じっている、濃い質。 臭いが生臭い、イライラ、体力がなく疲れる、下痢。 細菌性膣炎の治療 中医学  治療1)湿熱悪化  「湿熱」が膣に降りて来たため、細菌性膣炎になっています。 ①熱を清める治療をします。 ②湿の流れを良くする治療をします。 ③オリモノを止める治療をします。   治療2)湿濁悪化 「湿濁」が膣に降りて来たため、細菌性膣炎になっています。 ①脾を健康にする治療をします。 ②湿の流れを良くする治療をします。 ③オリモノを止める治療をします。   治療3)肝脾悪化 「肝」の働きがうつ状態になっています。 「脾」が虚弱な状態になっています。 ①肝の働きをスムーズにする治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③脾を健康にする治療をします。 ④湿の流れを良くする治療をします。   細菌性膣炎は何だろう? 細菌性膣炎とは膣ガルドネラ菌など嫌気性細菌性が増殖し、 逆に乳酸菌など正常菌が減少し、膣内でのバランスが壊れた事による病気です。 感染します。   細菌性膣炎の診断に必要な情報。 下記の状態によって五臓のどれが悪くなっているか分かります。 中医師は4種類の診断をします。   その内の一つが「問診」です。 体の状態を患者から聞きます。 その状態が体のどこから来ているか、どの程度悪くなっているかなどの判断をする非常に重要な診断です。   1)分泌物(おりもの)は大変多いですか? 2)「おりもの」の薄いか、濃いですか、粘い糊の状態ですか、生臭いですか? 3)「おりもの」は白っぽいグレーか、少し黄色いグレー、あるいは乳白色ですか?   4)膣は普段でも、ひどい臭いがしますか? 5)外陰部に不快感があります、外陰部の痒み、寝ているときや、緊張している時に痒みが増す事はありますか? 6)外陰部に焼け付くような熱感がありますか?   7)下腹部に痛みがありますか、下腹が腫れていますか、下痢をしますか? 8)セックス時、性交痛がありますか? 9)排尿に違和感がありますか?   10)イライラしますか、口が苦いですか?疲れ気味ですか?   その他にも、たくさんの症状がありますが、この状態は悪くなった臓器により三種類に別れます。 五臓との関係があります。  中医師の診断を受けるときは病状を全部、詳しく伝えてください。     なぜ性交すると臭いが増えるのか? セックスすると臭いが増えます。 なぜでしょう? その理由は、性交時にアルカリ性の前立腺液が「アミン類」を出すので臭いが発生します。   なぜ生理の時も臭いが増えるのか? 生理中か、生理が終わってから臭いが多くなります。 なぜでしょうか? これは生理時に膣のPHが上がるからです。   合併症を起こしやすい。 淋病に感染しやすい: 淋病は「おりもの」に膿が含まれています。 排尿時に痛みが出る。 排尿が難しい。   トリコモナス原虫に感染しやすい: 「おりもの」が泡状になってます。 激しい痒みがある。    カンジダ菌に感染しやすい: 「おりもの」が豆腐を作るときの絞りカス「おから」に似ています。     下記の写真は中医学の資料です。 下記は中国の医師が見る医学書の資料です。 細菌性膣炎について書いています。 この中では膣ガルドネラ菌の増殖などを説明していますが、下2行を特に見ていただきたいのですが、「肝」や「腎」など臓器の名前が何度も出て来ています。   これは細菌性膣炎が五臓と関係している事を説明しています。 細菌性膣炎を根本から良くするのであれば、五臓の診断、治療は必須条件です。       医学書を見ますと 子宮は4本の経絡(血の通り道)で全身の五臓六腑と繋がっています。 特に膣は経絡が集まる場所です。 細菌性腟炎を治すなら、五臓の治療が必要です。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 皮膚病の治療は紀元前14世紀から始まっており、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、細菌性膣炎などが五臓と関係している事を詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、細菌性膣炎と五臓をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。     細菌性膣炎の治療、重要ポイント 五臓を治療して細菌性膣炎を解消する治療は中国の大病院がしています。 病院の薬ですからネット販売されません。 大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。   体の状態が色々ですから、状態に合わせて薬を組み合わせます。 これは中国でも薬剤師では判断出来ません。 内臓を知り尽くし、内科・皮膚科・婦人科を知り尽くした大ベテランの中医師がしています。   下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の細菌性膣炎の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   細菌性膣炎を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。        西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が細菌性膣炎の治療でも出ています。   細菌性膣炎の治療---実例---「中西医結合医学」 1)細菌性膣炎は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)細菌性膣炎とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が細菌性膣炎の原因になっている人がいる。 ②細菌性膣炎から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。 ...

カンジダ・細菌膣炎

2020/5/20

感想、細菌性膣炎を中医学の大病院・名医に相談した。お二人の女性。治療完了と治療途中。

無料相談はコチラ   感想①  前野様 東京 29歳です、本格的に治療して居ます。 最初は細菌性膣炎が始まって、それから何ヶ月かして子宮腺筋症になりました。 上海の先生の診断では原因は同じところから二つの病気が始まっているそうです。   細菌性膣炎で他の菌も増えて、 不快な思いが長く続き困って居ました。 いつの間にかカンジダ膣炎にもなって居ました。   子宮腺筋症と、細菌性膣炎が別々のものと思って居ましたが、原因が同じ病気だと聞いて驚きました。     どんな薬が来るかな? と楽しみにして居ました。 菌を殺す薬は、基本的には10日ほど飲んで終わります、それ以降は飲まなくて良い〜と言われてましたので、そんなに短くて大丈夫かな〜と思ったのですが。 言われたように10日で細菌性膣炎の症状が全部、収まりました。   意外と短期で反応が出て、かなり驚きました。 私だけかな?と思ったのですが、細菌性膣炎の菌に対しての治療は、誰でも最初の7〜10日で済ませるそうです。   しかし、これはまだ最初にする治療で、 最も主な治療は今後、何ヶ月か、しばらく続きます。 普通、原因は肝や脾、腎などが多いそうです。 実は私の場合、細菌性膣炎の原因となった所が「腎」と先生から回答をいただきました。 そしてその「腎」から子宮腺筋症も始まったそうです。   今している治療は「腎」の治療で、ここを治療すると、細菌性膣炎が元から治療できます。 しかも子宮腺筋症も、同じ「腎」から始まっているので、二つの病気とも、同じ治療薬で一緒に治療して居ます。 飲んでいる薬は どれも錠剤・カプセル・顆粒です。 中国中の大病院で常時使われている薬で、どれも安全が確認されている薬です。 どれも飲みやすく安心して飲んで居ます。   飲み方は先生が教えてくれました。 子宮腺筋症が消えるには、薬の力を借りて体が自然に子宮腺筋症を消すので、それには時間が掛かるそうです。 しかし、今までの苦しかった状態が解消するなら、満足です。   治療の進み具合を見て、先生に相談するようにしています。 費用は、この値段は格安ではないでしょうか?   感想② 松岡様 福岡市  「ご近所の方の紹介でビビッド・ライフの◇百宝元を6年前から飲んでいます。」 おかげで大変元気です。 今 私と家族に毎月2箱 購入しています。 なぜ、私がビビッド・ライフを大事にしているか。 実は婦人科の治療で本当に救かりました。   多分、これからも若い方がずっと苦労すると思うので、参考に私のことを記事にしていただきます。 福岡は病院が多いところで、婦人科の病院も多い所です。 しかし、どうしても困った事を抱えていました。 4年前に上海の先生に大変お世話になりました。 腰も悪かったのですが、 一番先生にお世話になったのは婦人科の治療です。 細菌性膣炎です。 当時は85歳でしたが、その歳になるまでずっと病んでいました。   その歳になるまで、病院は色々と行きましたが、一向に良くならず、お手上げでした。 年齢がいったら婦人科の病気は消えるわけでも無く、ずっと辛い日を過ごして来ました。 ビビッド・ライフとは家から自動車で10分の距離です。   長年の苦しみをビビッド・ライフが解放してくれました。 本当にありがたく思います。   ご近所の方はビビッド・ライフさんのお世話で上海には何度も行っています。 上海の中医学や先生はすごかったと、その方から良く話に聞いていました。 それで妹と一緒にビビッド・ライフの社長さんに会いに行きました。 長年、困っている事を相談しましたら、上海の先生に取り付いでくれました。 元々が色々と悪いところが多く、どうしようも無く、長年、きつい思いでした。   特に婦人科系は、私の場合、特に難しいと言いますが、実際は私のように悪い人は多いはずです。 上海の先生に取り付いでいただき、色々、相談しましたら、上海の薬を教えて下さり、お陰で大変良い結果が出ました。 それならばと、他にも悪い所を色々と相談しました。   どれもこれも、信じられないほど、手を尽くしてくれました。 上海の先生は何種類か中医学の薬を組み替えながら、治療する方法を教えてくれました。 薬を飲むたびに、良い先生に出会ったと喜びました。   上海には良い薬がありました。 どれも上海の大学病院から出た良い薬でした。  今、本当に元気です。 主人が生きていたら本当に喜んでくれたと思います。 あの時 本気で全部 相談しましたので、本当に良かった。 中医学の薬は体に何も無理がなく、飲めば飲むほど、納得したのを覚えています。   治療を終え、今は毎日◇百宝元を飲むのが楽しみです。 細菌性膣炎の総合ページはこちらです。   細菌性膣炎をぜひ治したい方に 下記の無料の資料を用意しました、 こちらからご覧下さい。 関連の記事があります。ご覧ください。 細菌性膣炎 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/saikinsei-titu-2/ 細菌性膣炎 個人輸入 ミツコ&サユリ 根本治療薬 https://js-vivid.com/saikinsei-titu-1/ トリコモナス症膣炎や細菌性膣症を中医学で根本的に治療する方法。世界トップの上海大病院の情報。 https://js-vivid.com/torikomonasu-1/ 細菌性膣炎 菌を消滅させ正常にする治療 中医学、総合情報。  https://js-vivid.com/saikintituen-15/   個人輸入代行の総合ページはこちら    

© 2020 Powered by AFFINGER5