皮膚病

アトピー性皮膚炎を元から治療する。本当の原因を治療する。中医学・大病院・名医の治療。

無料相談はコチラ

蕁麻疹の総合情報ページです

アトピー性皮膚炎の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。

現在も根本的に治療します。

 

 

このような医師が使う専門書は、

他の皮膚病を見ますと治療結果がまちまちな場合には、

その由の説明が有り、治療の注意点や治療後の対応の仕方などの詳しい説明があります。

2_26_01c

記事作成:担当の後藤です。

「アトピー性皮膚炎で大変お困りと存じます。

中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。

詳しい情報を書きますのでご覧下さい。

根本からきれいに治療される事を願っています」

HG051_350A

 

アトピー性皮膚炎の原因---医学書の説明 

原因1)脾虚風燥

①脾が虚弱。

②風が入り乾燥している 。

 

原因2)陰虚血燥

①陰が虚弱です。

②血が乾燥している。

 

HG174_350A

アトピー性皮膚炎のその他の原因

①授乳期に母親が余りにも「美食」に走り、

さらには「辛いもの、油物」を食べ過ぎた事で「湿」が熱をおびた。

この「湿」が授乳で子供に入り、アトピー性皮膚炎の原因になった。

 

②母親の「感情」が内臓を損傷し、熱が発生し

妊婦の段階で熱が胎児に伝わり、

胎児は先天的な免疫不足になり、

熱を帯びた体になります。

生後、アトピー性皮膚炎になった。

 

③不適切な栄養物を食べさせた。

この為、脾胃虚弱になった。

脾が健康な働きができなくなった。

この為、湿が体内で発生した。

そして湿熱が体内に温存され蒸された。

最終的に皮膚にアトピー性皮膚炎を発病した。

 

④「湿」が長期に渡って温存され蒸され続けた。

これが津液を傷つけ、血を消耗した。

そして血が虚弱になり、体内に風を生み、燥を生んだ。

それが皮膚にとどまった為、皮膚は栄養を失い。

ついにはアトピー性皮膚炎が発生した。

 

⑤大気の影響

特に「湿熱」が体に入る。

それが皮膚に鬱結した。

体の内外からの病邪が集まってアトピー性皮膚炎を発病した。

 

1_19_06c

アトピー性皮膚炎の治療

治療1)脾虚風燥

治療2)陰虚血燥

 

アトピー性皮膚炎を治すには

アトピー性皮膚炎は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。

アトピー性皮膚炎など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。

 

現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。

上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。

 

医薬品が大事です。

中国は大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

 

DSC_0036

アトピー性皮膚炎の治療方法

上記の薬の写真はイメージです。

原因や治療方法に書いているようにアトピー性皮膚炎と言っても非常に広範囲です。

どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。

 

特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。

アトピー性皮膚炎だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、

アトピー性皮膚炎は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。

体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。

 

極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。

ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。

 

HG098_350A

 

中医学に驚きの連続

上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。

中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。

 

アトピー性皮膚炎は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。

中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。

中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。

2_02_04c

費用と効果を考える

よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。

費用と効果を考える。

実際に使うお金を比較してみる。

結局、一番割安です。

 

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

紀元前200年前頃の医学書「内経」は

非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。

 

内経ではすでにこの時、アトピー性皮膚炎を説明しています。

現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。

すでにこの中でアトピー性皮膚炎に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。

 

2_05_06c

 

 根本治療が大事です。

あなたはいつからですか。

ますます悪化していませんか。

このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。

ご覧ください。

HG134_350A

 

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「アトピー性皮膚炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

https://baike.baidu.com/item/特应性皮炎

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

上海中医薬大学

Wikipediaの日本語説明はこちらです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学

 

上海中医薬大学

中国・上海の本校のホームページです。

http://www.shutcm.edu.cn/main.htm

中国を代表する世界トップの中医学の大学です。

上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。

ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。

2_26_03c

アトピー皮膚炎は2000年前の昔から内臓の治療で良くなっています。

今の人は2000年前の人よりも果たして優れているか疑問です。

2000年前にこれほど高度な医学文明が有ったのか?

驚きます。

 

実際、本格的な漢方では2000年前の医学書が色々あります。

例えば黄帝内経(こうていだいけい)、神農本草経(しんのうほんぞうきょう)、傷寒雑病論(しょうかんざつびょうろん)などはまさに2000年前の医学書であり、今日の漢方医学でも実用している医学書です。

日本はあまり漢方が発展していないですが、上記の医学書通りにアトピー性皮膚炎を治療してみると、驚く現象が出て来ます。

 

漢方は紀元前2000年前から、相当レベルの高い治療がされて来ています。

現在からみるとこの4000年間、大変レベルの高い治療がされて来ました。

FZ151_L 2.jpg

臓器がアトピーと何の関係?

アトピー性皮膚炎は内臓と関係が深い病気です。

ですから、幾ら皮膚ばかり治療しても良くなりません。

 

確かに、皮膚の治療も大事です。

漢方(中医学)でも皮膚の治療薬を使います。

しかし皮膚は一人で成り立っているのでは有りません。

 

皮膚・皮膚下部は内臓と繋がっており、内臓から栄養を送って来るので成り立っているのです。

内臓が故障して皮膚まで面倒見きれなくなって、その結果、アトピー性皮膚炎になっているのです。

1_16_02c

実はビビッド・ライフも20前に漢方、

しかも中国の漢方と聞いたのですが。

真っ先に思ったのは「何も治せないだろう」と思ったのです。

しかし、治療受ける人の多くが、次々良くなって行くのを見て、認めざるを得なくなったのです。

アトピー性皮膚炎も同じです。確かに中医学は力が有ると認めざるを得ません。

 

アトピー性皮膚炎は本当の所、何が原因なのか?

本当に内臓が悪いのか?

実際、どのようにして中医学では治療するのか?

知りたい人は特別にお見せします。

 

実際、この情報はここまで書いた本は有りません。

ご覧ください。

関連の情報があります。ご覧ください。

アトピー性皮膚炎を元から無くす治療 中医学・大病院・名医の治療 総合情報

https://js-vivid.com/atopi-15/

アトピー性皮膚炎の治療を確認する、娘の場合。漢方の大学病院に相談。

https://js-vivid.com/atopi/

 

アトピー性皮膚炎の根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

https://js-vivid.com/atopi-6/

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

ロゴ

-皮膚病

© 2020 Powered by AFFINGER5