パーキンソン・進行性核上性麻痺

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/8/2

進行性核上性麻痺の余命、救かる方法は無いのか? 

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   進行性核上性麻痺の情報ページ。 「こんにちは 記事担当の後藤です。 この病気は治せないはずなのに、思わぬ改善するケースも有ります。 在宅治療の場合、弊社のデーターでは、ほぼ90%の人が改善しています。 突発的に改善する人が出て来る理由を説明します。 下記をご覧ください。 進行性格上性麻痺は4つの原因があります。 原因① 肺に熱があり、津液を損傷している。 湿熱が肺を犯した為です。 肺に熱が出て、肺から津液(水)を全身に散布する事が出来なくなりました。 肺には色々と機能がありますが、その一つが全身に水を散布する事です。   津液(水)が全身の筋肉に流れて来なくなりました。 津液からの栄養が来なくなり、筋肉は動かなくなりました。 これが肺熱が原因の進行性核上性麻痺です。   原因② 湿熱が侵入した。 湿熱が経絡(けいらく)に侵入した為です。 経絡は「血」が流れる所ですが、湿熱が侵入した事で血が流れなくなります。 これで筋肉が栄養を失います。   栄養がないので肢体の筋肉は動かなくなりました。 これが湿熱が原因の進行性核上性麻痺です。   原因③ 脾・胃が損傷し弱っている。 脾・胃が虚弱で血を作る事が少なくなっています。 脾・胃は血を作る所だからです。 血の来る量が少なくなり、筋肉は栄養を失います。   肢体は軟弱になり無力になります。 これが脾・胃が損傷した原因の進行性核上性麻痺です。   原因④ 肝・腎が損傷している。 肝・腎の血が損傷し弱くなっている。 筋肉・骨につながる経絡に血を送る事が出来ない。 筋肉・骨が萎縮を始める。 これが肝・腎が原因の進行性核上性麻痺です。   進行性核上性麻痺の原因は上記の4種類です。 進行性核上性麻痺 中医学の構造 1)進行性核上性麻痺は神経系統が「変性」しています。 この治療薬が中医学ではまだ開発されていません。 世界中にありません。 従ってこの治療ができません。   2)しかしその他の体の状態については中医学は治療方法が有ります。 上記に4種類の原因を書きました。 これは中医学ではどの医学書を見ても書いている内容です。   名医であれば、診断が正確に出来ますので、何が原因なのかは詳しく分かります。 その診断結果に基づいて治療薬を組めば、人によっては大幅に改善する事もあります。   つまり血の通りが悪ければ、血の治療をすれば、血が通り出します。 腎が悪ければ腎の優秀な治療薬があります、それで腎は改善します。   問題は神経系統の「変性」の治療薬がなくても、 その他の体の部分がどれ位うまく改善してくれるか?です。 例え末期で有っても、うまく改善する場合もあります。   神経系統の変性の薬は開発されていませんが、神経調整の薬がありますので、それで上手く効けば幸いです。 進行性核上性麻痺は非常に難しい病ですので、事前の予測は付きません。 治療して見ないと分かりません。   しかし、余命2ヶ月と言われた人でも、中医学の治療で車を運転したり、台所仕事をしたり、畑仕事をしたり、回覧板を遠くの家まで届けに小走りで行く事もできるケースも現実にあります。 奇跡といえば奇跡です。   高齢者に多い病です。 女性も男性も多い病です。 この病になると、手足が動かない、話も難しい場合も多い。   口も聞けなくなる、頭もはっきりしない。 自分ではほどんど何もできなくなります。 ですから周囲のご家族が大変です。   絶対、なって欲しくない病です。 極めて治しにくい病です。 漢方には色々有ります。 日本の漢方もありますが、中国が本国です。 中医学と言います。 一般の人は知らないですが、大変な高度文明の医学です。 中国は数千年も進んでいます。   西洋医学が手に負えない難しい病を中医学はスイスイ治療できます。 もちろんあらゆる病を治せるわけでは有りません。   進行性核上性麻痺はあらゆる病の中でも最も難しい病の一つです。 進行性核上性麻痺の原因やメカニズムを正式に掴んでいるのは中医学です。 ですから、一部ですが進行性核上性麻痺を中医学で治療するとポンと驚く改善をする人が時々出てきます。 一般の方は価値がわからないと思いますが、このような現象は奇跡としか思えない現象です。   進行性核上性麻痺----中医学の歴史 医学書として現れたのは2200年前です。 ですからそのずっと前から治療されていました。 中国各地で実際に行われていた治療を国の方針で集約したのが、その医学書「内経」です。2200年前の医者に現代の医者が優っているか?   そう自信を持って言える医師は一人も居ないはずです。 それほど高度な医学的分析がこの医学書には書かれています。 進行性核上性麻痺と名がついたのは近世ですが、中医学ではこれまでに非常に多くの研究と治療がされて来ました。   そしてこの病の原因・メカニズムのさらなる解明は各王朝の大医学者によってされてきました。 中医学(中国)は世界で最も歴史が有ります。 進行性核上性麻痺が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学者では、それよりもずっと前から進行性核上性麻痺が治療されて来た。 そして進行性核上性麻痺の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、進行性核上性麻痺を中国の大病院・名医は治療し、部分的にせよ突発的な改善が見られます。 肢体麻痺について この病は肢体が動かなくなります。 筋萎縮とか筋力低下などと言われます。 筋肉・筋が硬直し弛緩します。硬直したまま、あるいは緩んだままの状態です。   ですから歩行ができない。やっと立たせてもふにゃ〜となります。すぐ転倒する。 なぜ硬直するのか? なぜ弛緩したままなのか?   原因ははっきりしています。 説明したページを用意していますので、下記の関連ページよりご覧ください。   治療について 習熟した名医が診断すれば、体内がどのような状態になっているか、詳しく分かります。 病名は進行性核上性麻痺で、一つの名前ですが、その中は色々と分かれます。 どの臓器を重点に痛めているかで別れます。 治療は五つのパターンに分かれます。 医師はどのように薬を組んでいるか 専門医は大変緻密なデーターを持っています。 しかも2200年間に渡る資料や近年の治療方法など様々なデーターを持っています。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「てんかん」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「てんかん」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「てんかん」の治療でも出ています。   「てんかん」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「てんかん」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「てんかん」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「てんかん」の原因になっている人が多い。 ②「てんかん」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「てんかん」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   関連の記事があります。クリックしてご覧ください。 進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/sinkoseimahi-8/ 進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 薬の説明 https://js-vivid.com/sinko-mahi-2/ 進行性核上性麻痺 改善する可能性は無いのか?中医学・大病院・名医の治療薬。総合情報。 https://js-vivid.com/kakujyomahi-10-1/   進行性核上麻痺をぜひ治したいとお考えの方 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。       個人輸入代行の総合ページはこちら  

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/8/2

進行性核上性麻痺が進行している、診断で救かるための治療を見つける

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   進行性核上性麻痺の治療薬・個人輸入の説明。 非常に難しい病気ですが、 タイミングと状態によっては大変効果が有ります。 中医学の特徴は対処療法ではなく、根本治療です。 中医学は非常に難しい病気の治療が出来ます。   個人輸入担当の後藤です。 「体の不自由な状態が続き大変お困りと存じます。 お問い合わせにお答えします。 この病気は非常に難しく、上海の名医でも「難しい〜」と言うほどです。 しかし、もしかして良くなるかも知れません。 改善するケースが有るからです。」   「だれが改善するかは治療して見なければ分かりません。 この病気に限っては、まず飲んでみようと思う人に対して 個人輸入の段取りなどをご説明します。 ぜひ良い運をつかめ、良くなって欲しいと思います。」 進行性核上性麻痺の個人輸入の方法 一番大事な点は「中医学」だという点です。 中医学でも最先端の治療方法は「中西医結合医学」が有ります。 これは極一部だけは西洋薬を使いますが、大部分は中薬(中医学の薬)です。   1)日本人は中医学を知りません。 しかし国際的には非常に有名な医学で、難病も治療ができる優れた医学です。 現在、世界200カ国で大小の規模の差がありますが、実用されています。 中医学は根底から治療する医学です。 日本に漢方が有りますが、これは遣隋使・遣唐使の時代に日本に伝わって来ました。 日本はご存知のように、日本の風土に合う作りになっています。 ですから中医学は日本の漢方とは大きく違います。   中国は中医学と西洋医学の病院の両方がほぼ半々有ります。 人口が14~15億と居ますので、病院の総数は日本の15倍あっても不思議では有りません。 したがって中国全土では大変な数の中医学の病院が有ります。 ここでは連日のように難病の治療が行われています。   2)根底治療の目的は 究極の目的は、根底から治療し、元の体に戻す事です。   3)どんな薬が有るのですか? これに付いては他のページに詳しく書きましたので、そちらを是非ご覧ください。 個人輸入 進行性核上性麻痺 中医学 薬の内容説明はこちら 中医学は西洋医学とは全く違います。 どの医学は良いとか比較する必要は有りません。 病気のタイプによって使い分けるのが良いです。 西洋医学で良く治るのなら、そちらの方が良いです。 もしそうで無いなら中医学をご利用されると良いと思います。     4)薬は煎じ薬ですか? 錠剤・カプセル・顆粒です。 どの薬も飲みやすいです。   5)医師はついているのですか? ついて居ます。 上海の大病院の先生方です、相当な名医です。 上海は中医学について言えば上海中医薬大学の城下町のような都市ですから、 どの病院に所属して居ても、ほとんどの医師が上海中医薬大学に関係する先生です。   6)ビビッド・ライフは上海の病院の出先機関ですか? いえいえ、とんでも御座いません、そんな恐れ多い形態では有りません。 あくまでも福岡を拠点にしたNPO法人の延長、ボタンティア的性格の運営です。 「困っている人が居ますので、なんとか救って欲しい」〜と人脈をたどり、一流の先生方に頼み込んで、相談に乗っていただいて居ます。 先生方もボランティア的に相談にのって下さって居ます。   7)進行性核上性麻痺かも知れない〜と言われたのですが。 進行性核上性麻痺の可能性が大きいが、まだ確定的では無い〜の状態ですね。 この場合、まだ病状が深く無い場合が多いので、治療は有利な可能性があります。 詳しくは医師にご相談ください。   8)薬代は高いですか? 非常に安いと思います。 進行性核上性麻痺は体内の損傷箇所、治療箇所が多いので、かなりの薬が必要です。 しかし、この費用でこのような高度な薬が飲めたらラッキーと思います。   9)薬は安全ですか? 信頼できますか? もちろんです、最も安全な薬です。 民間薬ではありません、全て大病院で日常的に使っている薬です。 医療用に薬ですので、必ず医師が処方しなければ病院は出せない薬です。 国家の管理の正規の薬です。   10)継続治療で医師とは相談出来るのですか? もちろんです、どのような状態にはどの薬と医師が判断しますので、 当然、継続相談して居ます。     進行性核上麻痺をぜひ治したいとお考えの方 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。     <関連の記事はこちら> 進行性核上性麻痺 中医学 安全な薬を手に入れる https://js-vivid.com/sinkosei-mahi-3/ 進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 薬の説明 https://js-vivid.com/sinko-mahi-2/ 進行性核上性麻痺 改善する可能性は無いのか?中医学・大病院・名医の治療薬。総合情報。 https://js-vivid.com/kakujyomahi-10-1/         個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.     進行性核上性麻痺の方は中医学の薬で治療しながら健康維持に ◇百宝元を飲んでいる人が結構多い。  

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/7/15

進行性核上性麻痺 個人輸入 ミツコ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ミツコ:ピンポ〜ン。 お婆ちゃん、こんにちは、来ましたよ〜、ミツコで〜す。 お爺ちゃん、どんな感じですか〜。 お婆ちゃん:あら〜ミツコちゃん、よく来たね。 さ〜上がって上がって、嬉しいわ〜、本当によく来たね〜。 お陰でね、お爺ちゃん、ずいぶん良いのよ〜。 ほら〜自分で歩いているでしょう。 ご飯も普通通り食べられるようになったのよ。   ミツコ:本当だ、お爺ちゃん、順調だね、良かったね〜。 前はどうなるんだろ〜て心配したわ。 進行性核上性麻痺って聞いた時、始めて聞いた名前だから、何か良く分からなくって。 会社の部長が東洋医学(中医学)で治療が出来るかも知れない〜 よほどの優れた医師なら何とかなるかも知れない〜て聞いたので、 とにかくその東洋医学(中医学)の医師に相談して見たら、 進行性核上性麻痺は非常に難しい病気で、たやすくないそうで、 まず試しに治療して見たらどうですか? って言われたのだけど、 だれでも良くなります〜と言うほど簡単な病では無いそうよ。 だからお爺ちゃんがこんなに元気になるなんて、嬉しいわ〜。 私も最初は上手く行くかハラハラしたの。 良かったわ〜。 お婆ちゃん:最近は散歩に行くことが増えたのよ。 信じられない事よ、病院の検査で進行性核上性麻痺が分かったとき、 治療方法は無い〜て言われたの、実際、治療方法は無いそうなの。 目の前が真っ暗になって倒れそうだったわ。 ミツコから東洋医学(中医学)で方法があるから、とにかくやって見ないかって電話が入った時は藁をもすがる思いだったのよ。 良い先生に取り次いでくれて本当にありがとうね。 最初から薬が必ず効くとは限らない〜とコメントがあったけど、何とか効いて欲しい〜と神様にお願いしたの。 お爺ちゃんが素直に飲んでくれて、最初はほんの少しから薬を飲んだから、 飲み始めて1週間くらいから少しずつ変化して来たような兆しがあったのよ。 ほとんど歩けなかったのに、今は完全じゃ無いけど、ここまでしっかり歩けるようになったのよ。   ミツコ:お爺ちゃん。こんにちは〜本当に良かったね。 東洋医学(中医学)がここまでスゴイとは思わなかったわ。 中国の医学がそこまで進んでいるなんて知らなかったけど、会社の部長など上の人は海外に知り合いが多い、色々と情報を持っているから、今回は本当に良かったわ。 相談に乗ってくれている先生は日本からの人脈で相談が来るので特別に相談に乗ってくれているだけで、本当は中国の人の治療をしているそうなの。 大変上手な先生って聞いている、どの先生でもここまでの治療が出来るわけでは無いって言ってた。   お婆ちゃん:そうなの、本当にタイミングよく、良い先生に出会えたわ。 進行性核上性麻痺は病気の進みが早いらしく、油断できないそうなの。 実際、最初は何か体の動きが悪いな〜て思っていたら、あれあれって言うまに歩けなくなって。 足に力が入らなかったし、会話がスム〜ズにできなくなって来たし、 物覚えがかなり悪くなって来たし、どうしようもない状態に追い込まれたって感じだったのよ。 まさかここまで良くなるとはね。   ミツコ:お薬を飲みだして半年くらいになったね。 どう〜お薬は飲みやすい? それと◇百宝元も飲んでるの?   お婆ちゃん:お薬は錠剤やカプセルなどだから飲みやすい。 お爺ちゃんは◇百宝元が気に入って、慣れて来たので◇百宝元を水代わりにして、お薬を飲んでいるの。 ◇百宝元が美味しいってお爺ちゃんが気に入ってるのよ。 実はね、私も一緒に飲んでいるの。 だってね、看護は疲れるの、私が倒れたらお爺ちゃんの面倒は誰でも出来る事じゃないから、 そう思って私の健康を保つために◇百宝元を飲んでいるのよ。 お爺ちゃんが一段落したら私もその先生に相談したいから、ミツコちゃんまたよろしくね。     <関連の記事はこちら> 個人輸入 進行性核上性麻痺 薬の説明 中医学    個人輸入 進行性核上性麻痺、根本治療 安全な薬を手に入れる   進行性核上性麻痺の総合ページはこちら      

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/5/20

パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 根本治療薬

無料相談はコチラ   ミツコ:マサル〜こっちよ〜。 マサル:や〜! 相変わらず時間厳守だね。今日も綺麗だね。   ミツコ: ウフ、あなたがそう言ってくれるのが一番嬉しいわ。 ね〜。お母様の具合どうなの。パーキンソン病。 もう3年になるのかな〜、大変だね。 妹さんがずっと看病についているの?   マサル:ウン、妹がずっと付きっ切りだよ。 勤めていたんだけど、思い切って仕事やめてさ、自分が面倒みるからと病院から引き取って。 毎日奮闘しているよ。 だけど母は最近、すごく元気になってね。   ミツコ:え〜ウソ〜。だって入院中は全く動けなかったじゃん。 今はどうなの?   マサル:今、自分でご飯食べるし、体重も増えてきたし、散歩も行ってるよ。 ミツコ:本当なの。難しい病気で治る事は無いって聞いたわ〜。 どうしてなの?   マサル:妹が元会社の同僚から良い治療を教えてもらったんだよ。 なんでも東洋医学で中医学だって。 良い先生を紹介してくれて、薬を取り寄せて、だんだん良くなって来たんだよ。   ミツコ:本当に〜、それってすごいね。 家には訪問のお医者さまも来ているとか言っていたでしょう? それとは別なの?   マサル:うん、そうだよ、全然別だよ。 だけど訪問の先生も、とても良い先生に恵まれてね〜。 その先生に変わったら病院の薬が急に半分以下になって。 先生はパーキンソン病の患者をかなり抱えている専門の先生で、 この病気はかなり詳しいようなんだ。 だから本当に必要な薬だけに先生が絞り込んでくれてね〜。   ミツコ:そうだったんだ。 で、その中医学ってどうなの?   マサル:うん、今までの薬は神経の薬だけだったんだけど、 中医学はパーキンソン病になった原因が正確に分かって、その治療薬を飲んだら、少しずつ回復して来て。 それでも最初の状態が非常に悪かったから、ここまで来るのに10ヶ月掛かったよ。 妹はいつ寝ているのか知らないけど、母に付きっ切りだよ。 前は看護婦さんたちが訪問してくれて、母をお風呂に入れてくれてたけど、 今は母は自分一人で入っているよ。   ミツコ:それは良かったね。 ずいぶん進展したね、良かったね。   マサル:うん、ありがとう。 だけど、まだまだだよ、今70%くらい良くなった〜て感じだよ。 体重が36キロくらいまで落ちていたんだけど、今は46キロを越したよ。 訪問の先生も大喜びで、妹を褒めていたよ。 これほど回復する例は先生も初めてらしい。 治療としては〜最終仕上げの段階かな〜。 良くなってくると自分で歩き出すから、 一番注意することは「転倒」だから、妹がいつも注意しているよ。   ミツコ:マサルは何か手伝ってるの? マサル:妹が市役所や銀行、買い物に出かける時に、代わりに母のそばについているよ。 会社の仕事の日はそれが出来ないから、 看護婦さんやリハビリの先生が来た時に、妹はさっと用事を片付けに出かけるようにしている。 経済的には父が残したお金があるし、それで賄っている。 僕も出来る用事や掃除は手伝っているよ。   ミツコ:そうなんだ、マサルも妹さんも頑張っているね、すごいね〜。 薬はどんな感じ? 煎じ薬なら大変ね。   マサル:いや、煎じ薬じゃないよ、錠剤やカプセル、それに顆粒だよ。 最初は母がそのままでは飲めないので、溶かして、とろみをつけて飲ませてた。 その内、仁丹のお薬ゼリーで飲ませるようになって。 最近は、そのままでも飲めるようになったんだ。 体の状態はどんどん変わって来るからね。 妹も観察しながら、薬を飲ませるタイミングを逃さないように確実に飲ませているよ。 困った時には中医学の先生に相談入れてるよ。   この10ヶ月で薬が3度、組み変わったね。 一番最初に出た薬が最も大事で、それ飲んでいたら、かなり良くなってね。 その時に先生に相談したら次のステップの薬が出てね、 そして最近、3ステップ目の薬に切り替わってね。 改善に応じて薬が切り替わっている感じだよ。   ミツコ:それって全部、漢方なの? マサル:うん漢方薬、正式には中医学の薬。 少しだけ西洋薬を使っているよ。 主体は全部、中医学の薬だけどね。 根底から治す薬は全部、中医学の薬だよ。 けど西洋薬を組み合わせると治療のバランスが良いらしいんだ。   ミツコ:良かったね〜、もう少しだね。 妹さんもお母さんが良くなったら、お嫁に行くのでしょう? 幸せになって欲しいな。 私もマサルと結婚できるのを楽しみにしているわ〜。   マサル:そうだね、母がしっかり良くなったら、 母が妹と僕の両方の結婚式に出れるし、楽しみだよ。   パーキンソン病をぜひ治したいと思う人は 下記の無料資料をご覧下さい。ここから。 関連情報をご覧ください。 パーキンソン病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 中医学 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson1/ パーキンソン病の治療。上海の大病院・名医に相談した体験。中医学。 https://js-vivid.com/kumamoto-1/ パーキンソン病。先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。上海の大病院・名医の治療。https://js-vivid.com/pakinson-5/ パーキンソン病 中医学 総合情報。 https://js-vivid.com/pakinson-50/      

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/8/14

進行性核上性麻痺は優れた薬が有ります。

  無料相談はコチラ   中医・大病院の名医は進行性核上麻痺に優れ治療薬を使います。 診断で、進行性核上麻痺の可能性が有ると言われたら、 直ちに、中医・大病院・名医の診断を受け、治療薬を出してもらう事が賢明です。 すでに病院から「進行性核上麻痺は治療方法が有りません、治療の薬も有ません」〜と言われたと思います。   進行性核上麻痺かも〜と医師の口から出た時は、実質は「末期」と思った方が良いです。 なぜならそれまでに相当悪くなっているはずです。 これから半年もすれば手に負えなくなります。 入院になればまず戻って来れません。   日本では進行性核上麻痺は、ほぼ100%の人が、数年の内に最後を迎えます。 非常に難しい病気です。 なぜ日本の高度な医療を持っても、救から無いのか? それには理由が有ります。 日本は西洋医学しかないからです。 もちろん日本には漢方が有ります。   私見ですが、日本の漢方が中医学に追いつき 現在の中国の最高レベルができるようになるには、これから少なくとも1600年掛かります。 つまり1600年後なら、現在のビビッド・ライフの先生方や大病院のように進行性核上麻痺が良くなる人が出るかも知れません。   自宅療養をしているのであれば、 最高度の中医で治療すれば進行性核上麻痺は90%前後の人が救かるように有ります。 これはあくまでビビッド・ライフの今までの経験上の話です。 しかし10%前後の人は、現在の最高度の中医でも難しいかも知れません。 しかしすごいと思いませんか? 中医は自宅療養の段階はこれほど改善する率が有ります。   進行性核上麻痺で入院中は確率が非常に低いと思われます。 1)入院する人は病状が進んでいて、非常に不利な状態になっています。 2)大概は入院で多量の薬を使っていますので、中薬が効きにくい。 3)入院中は中薬を持ち込んで飲めない。 以上の状態ですので、入院中の方は中医の治療をほとんど受けれないと思います。 もし可能性があるとしたら、自宅療養に切替できれば、自由に中医の薬を飲む事が出来ますので 良くなる可能性がまだ有るかも知れません。     中医と西洋医学の診断・薬は全く別物です。 日本人はなんでも知ってる、なんでも優れていると思っていますが 中医についてはほどんどの医師さえ知ら無いのですから、 一般の人で中医を知っている人がいるとしたら奇跡です。   日本の医療全体において西洋医学が本当に治せるのは25%に過ぎません。 1)日本で西洋医学が治療しているのは病人全体の50%と思われます。 2)良くなっているのは病人全体の25%と言われています。 なぜそうなるか? それは西洋医学が人体の「物体」部分の治療だからです。   人体の「機能」部分の治療方法が西洋医学には有りません。 だから病気全体の70〜75%は治療方法が無い、治せません。     進行性核上麻痺は人体の「機能」の病気です。 日本人は非常に従順で疑う事を知りません。 これが進行性核上麻痺の治療でひどい結果になっています。 従順・疑う事を知らない為に、伴侶・親を無くします。 自宅治療段階で中医の治療をしていれば、90%の救かる確率に入ったかも知れないのです。   進行性核上麻痺が中医・大病院・名医であれば、救かる人が出てくる理由は 中医が人体の「機能」を診断・治療する医学だからです。 そして人体の「機能」を治療する薬が中薬には非常に多く有ります。 それは治療を開始すればどなたもその素晴らしさに気づくと思います。     中医の薬や治療はどのように効果が有るのか? 具体例を書きます。 下記は全員では有りません、 改善を部分的に説明します。   1)会話が正常になって来た。 中医で治療する前は「脳」がすでに悪化していて、会話が成り立たなかった。 呂律が回らず、何を言っているのか聞き取れない。 同じ事を何度も何度も話し、自分の惨状を訴えている。 頭が何を話しているのか、全くまとまらず、人の話が全く耳に入らない。   この状態からステップを踏んで治療薬を飲むと〜次第に改善して 会話が正常になり、言葉も鮮明になり、頭の回転も正常になるケースは多い。   この状態はどこが悪かったのか? それは脳が萎縮していたり、脳血管性認知症に進んでいる場合が多い。 これに対する治療薬は中薬に多種有ります。     2)歩行が改善した、人によっては正常に歩行でき出した。 お問い合わせして来られた時、全く歩けない場合も多い。 歩行は改善度が人によって特に様々です。 全く歩けなかった、歩けても、転んでばかりで、体や頭を打って困っていた状態から 幸いな事に、ほぼ正常に歩行出来るようになり、治療を完了したケースも有りますが そのようになるには、スムーズに行かない場合も有ります。 治療に時間がかかる場合も多い。 そこが悪い原因の根本だから、治療に時間がかかる場合も有ります。     歩行が悪い理由は様々ですが原因が分かります。 進行性核上麻痺は特に五臓が悪くなっている場合が多い。 五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。 この為「両足・両手・頭」----五体に栄養が行かず進行性核上麻痺になっています。 つまり進行性核上麻痺は五蔵が悪くなって五体が動かなくなる病です。   ・五臓から「血」が両足・両手・頭部に行かない為です。  五臓の治療薬を使います。 血の質の治療薬、血の通りの治療薬を使います。   「筋肉・骨」の働きを良くする薬が有ります。   脳に髄液が来なかったり、脳血管が悪い為に歩行が出来ない。 脳からの信号が歩行に影響している場合が有ります。 脳の髄液を増やす薬が有ります。 脳血管の治療をする薬が有ります。   免疫が極端に落ちている場合の治療薬が有ります。 五臓の力が弱まり、全身が停止する病気ですから 栄養の吸収力が非常に弱く、食べた物がほとんど吸収されていません。 この為、医療用の特殊な作りの栄養剤を使って、栄養を補給し 体力をあげますので、五臓にも五体にも栄養が行きますので 体が正常に復帰する力が非常に強くなります。     上記は治療薬のほんの部分的な説明です。 実際にはそれぞれの薬は非常に種類が多く、中医師が状況に合う適正な薬を選びます。     進行性核上麻痺は命に関わる病気です。 しかも、普通は有効な治療方法、治療薬が有りません。 ですが、中医・大病院・名医であれば人によっては救かります。 諦める前に、早急に名中医師に相談するのが適切と思います。   下記の相談窓口をご利用ください。 無料相談はコチラ     下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。   <関連記事が有ります> 進行性核上性麻痺 中医学 安全な薬を手に入れる https://js-vivid.com/sinkosei-mahi-3/ 進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/sinkoseimahi-8/ 進行性核上性麻痺 改善する可能性は無いのか?中医学・大病院・名医の治療薬。総合情報。 https://js-vivid.com/kakujyomahi-10-1/    

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/5/20

パーキンソン病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 中医学 根本治療薬

無料相談はコチラ    ご覧いただきまして大変有り難うございます。 パーキンソン病のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 パーキンソン病の治療薬は医療用ですので大病院の医師が処方します。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   こんにちは 記事担当の後藤です。 パーキンソン病は真剣になって根本治療する事が大事です。   パーキンソン病を治療する時の心掛けが有ります。 「絶対に諦めない」「粘り勝ってください」 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 質問)パーキンソン病を根本治療する薬が有るのですか? 有ります、中医学の治療方式は根本治療です。 中国には中医学の歴史が長く、紀元前200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに、パーキンソン病の原因が分かっていました。 その医学書は当時の行政が中国中の優れた治療方法を集めて編集した膨大な量の医学書です。 この中でパーキンソン病は「萎縮」と言う部類に入ると書いています。   質問)この薬でパーキンソン病は治りますか?     質問)病状はどのような状態が多いですか? 1)パーキンソン病は両手・両足・頭部が悪くなる病気です。 5箇所ですから「五体」と言います。   2)まず両手・両足の筋肉が萎縮して動かなくなります。 足から先に動かなくなる人の方が多い。 その内、手が震え、手が動かなくなる場合も多い。   質問)なぜ両足・両手が動かなくなるですか? それは五臓が悪くなり血を両足、両手に送れなくなったので 動かなくなったのです。 血だけとは限りません、津液が固まりパーキンソン病になっている人も居ます。 つまり原因は①五臓が悪くなっている ②「気・血・津液」が動かなくなっている これでパーキンソン病気なったのです。   質問) なぜ頭部が悪くなるのですか? 1)経絡を通じて脳に血が行かないので、 脳が正常に働か無い為、 認知症が出る、幻想が出る、呂律が回らない、顎が震える、目が点になる〜など 頭部全体で異常が出ます。   2)パーキンソン病は五臓が悪くなっている病です。 個人輸入、医師の処方の中には五臓の治療薬が入っています。 五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。 五臓が悪くなると頭部に血が行かなくなり、頭部(脳・目・口・鼻・耳)に異常が出ます。 質問)なぜ薬は医師の診断と処方が必要ですか? この治療に使う薬は、中国の大病院に有ります。 医療用の薬は医師の診断・処方しなければ使ってはならない制度になっています。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   質問)薬の写真を参考に見せてください。 中医学には医療用が9000種類以上有ります。 これを開発するのに4000年掛かっています。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。 種類は世界でも最も有ります。     質問)それ以外に薬局用も有りますか? 一般用の中薬ですが、現在は4000種類ほど有ります。 どの薬も中国でしか手に入らない物です。 種類は世界で最も有ります。 質問)日本人は中医学の知識が有った方が良いですか? 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   関連の記事があります、ご覧ください。 パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 情報。 個人輸入 #パーキンソン病 中医学 根本治療の薬を手に入れる。 パーキンソン病の総合ページです、ご覧ください。   今回、ダウンロードの記事を作りました。 下は漢方医学での正式な治療説明です。 目からウロコ。 パーキンソン病の仕組み、詳しい原因と治療方法について詳しい資料があります。 無料です。下記をご覧ください。 実はパーキンソン病は肝・腎など4箇所ぐらいが特に〜〜〜。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「パーキンソン病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/帕金森病 他にも色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   パーキンソン病をぜひ治したいと思う人は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから。 関連の記事をご覧ください。 パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson-1/   パーキンソン病の治療。上海の大病院・名医に相談した体験。中医学。 https://js-vivid.com/kumamoto-1/   パーキンソン病。先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。上海の大病院・名医の治療。https://js-vivid.com/pakinson-5/ パーキンソン病 中医学 総合情報。 https://js-vivid.com/pakinson-50/         個人輸入代行の総合ページはこちら

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/5/20

パーキンソン病の治療。上海の大病院・名医に相談した体験。中医学。

無料相談はコチラ 娘です。 母が5年前から悪く、パーキンソンの疑いです。 80歳。   この状態では一人で生活できないので、2年前より私の家に来ています。 しかし、悪くなる一方です。   呂律が回らない。話は出来るが、話のスピードは遅い。 右手が震えている、震えの幅は3cm〜5cm。 右手は膝から上に上げる事は出来ない。   顎が上下に震える。 首が回らない。 などです。   以前の母は社交ダンスが趣味でした。 母は元々、スケジュールを立て規則正しい生活をして来ました。    親しい友達からビビッド・ライフの事を聞きましたら、 社長さんが高速道路を使って来てくれました。 母に会ってもらったのですが、母が何を話しているか、聞き取れなかったと思います。   母も良くなりたいと一生懸命で社長さんに説明していたのですが、結局、私が通訳しないと通じなったのです。   上海の先生に連絡とってくれる事になりました。 こんな悪い状態で、果たして良くなるのか、奇跡を信じるしかないと思っていました。   上海の医師から回答が来るのが1週間かかるそうで、それから薬の取り寄せにさらに1週間ほど掛かるそうなので、それまで取り合えす◇百宝元を母に飲ませました。   私はずっと昔から健康食品やサプリは詳しい方で、 結構知識が有ります。 ◇百宝元は良さそうなので、その場で購入しました。 私の考えが的中し、栄養成分が母にピッタリでした。   私は薬も大事と思いますが、 普段の生活には栄養補助食品が大事と自分の体で分かっています。 これまで知り合いや友達の勧めでかなりの種類はあれこれ飲みました。   食事も玄米にこだわっています。 無農薬の野菜を食べだしたのはずっと若い時でした。 母も食べ物にはこだわる人で、健康志向の母がどうしてパーキンソン病になったのか不思議です。   とにかく上海から薬が届くまでは、 ◇百宝元だけを母に飲ませました。 何日か飲ませると栄養的に母にピッタリ合っている事が分かりました。 どんな成分が入っているのか興味がありました。   天然の成分で、 このような植物は日本には無いので、特に違いを感じました。 私の考えは、病人には食べ物と薬の両方が大事と思います。 今まで私が飲んで来た健康食品とは違い、母の栄養補給にはまさにうってつけです。   ビビッド・ライフの社長さんから 「お母様はどうですか?」と電話が有ったので、「母は随分良くなり自分の家に戻って一人で暮らしてますよ」と返事したら、後藤社長さんがびっくりしていたのを覚えています。 母が中国からの薬を飲みだして直ぐ、 「もうこれなら自分一人で大丈夫」と言って自分の家に戻りました。   後藤社長さんも、本当ですか、大丈夫ですか〜と聞き返して来ました。 母は、社交ダンスを再開すると張り切っています。 一人暮らしが気楽で、嬉しいようです。 母はこの薬など、5〜6種類を飲みました。 1)免疫の治療薬。 2)心・脳の治療薬---血液循環促進と書いていました。 3)神経調整の治療薬などです。   どれも中国では最も優れた薬ばかりです。   費用のそんなに負担になるほどでは有りません。 入院に比べたり、家族の介護の負担を考えたら、比較にならないほど少ない費用です。 中国に行く費用も掛かりません。   薬は上海から薬は私の家に送ってもらい、私が母に届けに行きます。 元気になった母を見て私も嬉しい毎日です。 相談があれば上海の先生に連絡をとってくれますので助かります。 ありがとうございます。 これからも宜しくお願いします。 大大感謝!  娘     関連の記事があります、ご覧ください。 パーキンソン病。中国の先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。 パーキンソン病 多種類の薬を飲んでいても中医学の治療は出来るか? パーキンソン病の症状、最先端の中医学で治療、根本治療の効果が良い。 #パーキンソン病 治療の効果を最も高める方法。最先端の「中西医結合医学」   パーキンソン病をぜひ治したいと思う人は 下記の無料資料をご覧下さい。ここから。 関連の記事をご覧ください。 パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson-1/ パーキンソン病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 中医学 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson1/   パーキンソン病。先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。上海の大病院・名医の治療。 https://js-vivid.com/pakinson-5/ パーキンソン病 中医学 総合情報。 https://js-vivid.com/pakinson-50/     個人輸入代行の総合ページはこちら  

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/8/2

進行性核上性麻痺は常識では良くなら無い、効果的な治療薬を知る方法。総合情報。

無料相談はコチラ   進行性核上性麻痺は治療方法を変え無いと良くなりません。 すでに病院から言われていると思いますが、 この病気は常識的には治療薬が有りません。 急速に進みますので、自宅治療が無理になり、入院する事になり やがて最後を迎えます。   しかし、もし常識に拘らず、良い治療方法をお探してあれば 良くなる可能性が有りますので、ご覧下さい。   こんにちは 記事担当の後藤です。 進行性核上性麻痺は大変な難病で、お困りの人が多いと存じます。 常識的には良くなる人はい無いはずです。 しかし、中医・大病院・名医に依頼するなら 大幅に改善する人も珍しく有ません。 しかし中医でも100%とは行きません。 自宅治療が出来る人が最も可能性が有ります。   病院から進行性核上麻痺と聞いた途端に敏速に動く人だけが チャンスが有ります。   下記をご覧ん下さい。 進行性核上麻痺は何が原因でどの様にすれば治るのか? 判断されて下さい。 なお、中医学を知ら無い人がほとんでですので、別ページでご覧ください。 治療をご希望する人は、上海・大病院・名医に相談を入れます。   私見ですが、日本からのルートで 正規の医療で進行性核上麻痺が大幅に改善しているのは、今、ここだけと思います。 なぜなら進行性核上麻痺と言ったら、どこからも断られるからです。   進行性核上性麻痺の原因---参考:中医内科学 原因 1)湿熱① 湿が体に入り熱が発生した。 その影響で筋肉が動かなくなり進行性核上性麻痺が発生した。   原因 2)湿熱② 湿熱の病邪が体内の津液(水)を損傷した。 五体(頭部・両手・両足)が萎縮し動かなくなった。 進行性核上性麻痺が発生した。   原因 3)飲食・毒 ①飲食が不適切 痰が発生し肢体の動きが悪くなり進行性核上性麻痺が発生した。   ②毒性の薬物 毒性薬物で血脈の通りが悪くなり進行性核上性麻痺が発生した。   原因 4)労働・産後 ①重量物を持って首・腰を損傷した。 肢体が栄養を失い動かなくなり進行性核上性麻痺が発生した。   ②産後悪露が全部出尽くしていない。 この影響で肢体(両手両足)が動かなくなり、進行性核上性麻痺になった。   原因 5) 労病 ①先天の不足や、長患いで五臓の一部を損傷 筋肉を栄養できないので進行性核上性麻痺になった。   ②過労で五臓の一部を損傷。 筋肉が機能を失い進行性核上性麻痺になった。     進行性核上性麻痺の治療-----参考:中医内科学  1)湿熱①の治療 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③経絡の通りを良くし、流れるように治療します。    2)湿熱②の治療 津液が損傷している、五臓が潤いを失って筋脈が栄養されなくなっている。 ①熱を清める治療をします。 ②潤いのあるものにする治療をします。 ③陰を養う治療をします。 ④津液を生む治療をします。    3)五臓の損傷①治療 ①肝の働きを益し補う治療をします。 ②腎の働きを益、補う治療をします。 ③陰を滋養する治療をします。 ④熱を清める治療をします。    4)五臓の損傷②治療 ①中気を補う治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③脾を健康瓊する治療をします。    5)脈絡の治療 ①気を益す治療をします。 ②営気を養う治療をします。 ③血の働きを活発にする治療をします。 ④瘀血を取り気・血の流れを良くする治療をします。     再確認ですが、進行性核上性麻痺はどこが原因かご存知ですか? 中医学はこの3〜4千年間に多くの名医が出ました。 様々な名医が登場し進行性格上麻痺の検証と治療が行われて来ました。 その中でどの医師も「进行性核上性麻痹は五臓が損傷している病気」と説明しています。   五臓とは 五臓は「心、肺、脾、腎、肝」の五つです。   進行性格上性麻痺では、特に「肺、脾、腎、肝」が悪くなっている場合が多い。   五臓が悪くなると、どうして歩けなくなるのか? 上記の医学書の説明文にもありますが、五臓が悪くなると五体に栄養を送る事が出来なくなるので、 足が動かなくなり、立ち上がる事が出来なくなります。 転倒する状態になります。 もっと悪化すると手は物を握れないようになります。   すでに頭部が悪くなっていませんか? 呂律が回らない、眼球の動きがおかしい、思考がおかしい〜など、 このように手・足・頭など五体が悪くなります。   五臓が損傷しているため、手・足・頭など五体に栄養が行かなくなり、動かなくなったのです。     実際、治療した方を見ますと、 中には余命2ヶ月と言われ、歩行が全く出来なかった方が、 中医の治療を始めると何と町内会の回覧板を持って150m先の家まで杖もつかずに急ぎ足で歩いていました。 勝手に車に乗ってご家族から叱られたりしました。 ご家族から「これ以上、主人を良くしないでください」と苦言を言われました。   全部の人がこの調子なら良いのですが、進行性核上性麻痺も体内の状況が色々あります。 病状のタイプによっては相当に困難です。   だから優れた医師と言えども、 ある人はタイミング良く改善、逆にある人は非常に治しにくい、そのような病であるのは間違いありません。 このような状況ですので中医学の医師は創意工夫します。 全く異なった角度から病気や体を見ることで、いろいろいろな薬を組み合わせて効果が出るか工夫します。     なぜ名医でも治す方法がないと言うのでしようか? 紀元前200年に書かれた医学書を見ても、この病気の原因が分かっています。 その後、それぞれの時代に置いて研究が追加され、現在、大変多くの事が分かっています。   中医学の先生方に進行性核上性麻痺について聞きますと 「非常に難しい病気」と言います。   どのような点で難しいのでしょうか? 進行性核上性麻痺は一種の「神経系統変性疾病」だからです。 これに対する根本治療が難しいからです。   注:医師に無理にお願いして処方してもらってます。 特に自宅治療している人に改善するケースが多い。 寝たきりや多量の薬物を飲んでいない方が良い。 全部のケースで改善するとは言えません。 中にはどうしようもないケースもあります。 まず試して見ようと思う人に向いて居ます。   進行性核上性麻痺の「疑い」の方は特に試して下さい。 意外と早く改善するケースが多く有ります。   進行性核上性痲痺は 進行性核上性麻痺はこの2000年を掛けて、中医学で多くの研究がされて来ました。 各時代ごとの医学書を見ますと、多くの研究成果が追加されています。 それに基づき現代では相当な点まで治療できるようになっています。   医師の実力は非常に大事です。 上記のような診断は非常に難しい。 中医学の処方の判断が正しいかは、出している薬を見れば分かります。   たとえば上海の名医は肺の薬を出すのですが、普通の医師は腎の薬を出します。 まだ習熟していない医師が判断すると腎が原因のように見えます。 しかし真に習熟した医師が判断しますと腎ではなく肺が原因だと分かります。 もし腎の薬を飲み続ければ腎が悪化し、さらに病は進行します。     進行性核上性麻痺は最も難しい。 中医学の医師免許を取った位では難しい判断は出来ません。 相当なレベルの師匠について20〜30年と訓練を積まなければ正確な判断は出来ません。 特に進行性核上性麻痺は最高度の判断力が必要です。     現在、進行性核上麻痺の中医学の治療方法とは 現在、治療は四種類にパターンが分かれています。 治療の重点が特定の五臓が特に悪くなっている時の治療方法が三種類有ります。 血の問題などを重点に置く治療方法が2種類あります。   治療①「肺や腎」が悪い人が多いのですが、 五臓六腑の治療をする事が多い。   肝の治療をします。 脾の治療をします。 肺を治療する事も多い。 胆を治療をします。 心の治療をします。   人により悪くなっている臓器は様々です。 進行性核上性麻痺の治療には最も大事な治療です。   治療②  血の治療をします。 手足頭を五体と言います。 進行性核上性麻痺は五体に血が行って無い病気です。 血が来ないので五体が働かない為に進行性核上性麻痺になっています。   血が不足している場合、血の量を増やす治療をします。 血の質が悪くなっている為、血の改善を行う治療をします。   血の働きを活発にする治療します。 うっ血したり、経絡に血の固まりがあり、塞いでいる場合、固まった血を溶かし、経絡内の血の通りを良くする治療をします。   治療③  津液の治療をします。 体内の水分(津液)が擬結し、ネバネバの痰になり、さらには固まりになっています。 痰が血の流れを塞ぎ、血がいかないので、五体が働く事が出来ない為、進行性核上性麻痺になっています。 血の解毒治療します。   すでに溜まっている痰を溶かす治療をします。 痰ができた原因箇所を見つけ、痰を作らないように治療します。 津液、血の通り道をきれいにして、通りを良くする治療をします。 津液の解毒の治療をします。   治療④   脳神経の治療をします。 脳は髄液で作られています、脳を「髄海」と呼びます、脳の髄液は「腎」が作っています。 腎が弱い為、脳の髄液を作る事が出来ない為、脳髄が不足し、髄海は空虚なっています。   これが進行性核上性麻痺で、認知症などの原因になっています。 幻想、嚥下、ろれつ、視力、視野、目の動きなどに関係します。   脳髄を作り、脳に血を行かせ、脳神経を働かせる治療をします。 脳神経を調整する治療薬を使います、病状により違うタイプの治療をします。   どの医師でもできる事では有りませんが、 一流の中医学の医師なら進行性核上性麻痺の人がどのような原因でなっているか、
患者を見ればわかります。 病状に応じ数種類の薬を組みます。   またその高度な判断能力を生かす中医学の薬は医師が処方します。 医療用の中薬9000種類の中から医師が処方します。   中医学の薬はいつから飲んだ方が良いのか? この病気は速いスピードで進みますので、入院する事になります。 病院内で中医学の薬を飲ませるのは実際は無理です。 自宅にいる間に飲ませる事が秘訣です。     あくまでも理想の話ですが、 進行性核上麻痺はとにかく「話」が順調に出来るようにしたいですね。 起き上がって自分で歩くようになると良いですね。 転倒も少なくなると良いですね。   庭仕事や家業の手伝いなどが出来るようになると良いですね。 良くなると、あれこれ用事を見つけては、あれこれしたくなるものです。 普通の生活に復帰できれば一番良いことです。   このように不治と言われた病気でも、良くなる人が一人でも多くなると良いですね。 ...

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/5/20

パーキンソン病。先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。上海の大病院・名医の治療。

無料相談はコチラ   山崎さま   74歳 私の話しでお役にたつのかわかりませんが。。。 ビビッド・ライフさんは5年前に写真の幼友達が会わせてくれました。 パーキンソン病の薬が本当にあるのかしら、と思っていたら、種類が多いのですね。   中国と聞いて普通なら心配するのですが、 そのような余裕もない状態でした。 主人も良く理解してくれ協力してくれました。 何事も予定を立てて進める方で、上海の先生から教えてくれた事を忠実に守り、きちんと薬を飲みました。 私が飲んだ中国の薬 腎の治療薬、 肺の治療薬 血の治療薬 神経の治療薬 免疫の治療薬    ずっと◇百宝元を飲んでいます。   元気で家事ができる事、散歩や買い物に行ける事が大事です。 自転車で散歩も好きです。 普段の生活が一番大事です。 私のくせですかね。   しばらく飲んでいたら 上海の先生からはもう中医学の薬は減らして良いと言われたのですが、怖くて減らす気にはなれなかった。   病院の薬もでたものは全部、飲みました。 今は中医学の薬は飲んでいません。   幼友達がいなかったら、 上海の大きな病院・先生に出会うことがなかった。 幼友達には本当にありがたく思っています。 私はインターネットやスマホもしないので、 友達が頼りでした。 上海の先生は、中医学の薬も一定段階に来たので大幅に少なくして良い、ただ良い状態を維持するには微量は飲んでいる方が良い〜と話があったそうです。 薬は良い薬がありますが、 中国の物価が非常に上がり、保険制度の為のようで、上海の漢方薬の値段も急速に上がっていたようです。 この為、ビビッド・ライフさんは相当、工夫してくれ、費用負担がかからないよう、薬を送ってくれました。 色々と細かく、希望を聞いてくれたので本当に助かりました。 ありがとうございます。   ここは上海の豫園です。大観光地ですので非常に整備され綺麗になっています。 +++参考+++ 中国では漢方と西洋医学の病院が半分ずつあります。 15億人が利用します。 自分の判断でどちらかの病院に行きます。   西洋医学を頼りにする人、治らなかったので漢方に変える人。 様々です。 日本では中国のような本格的な中医学がないので、パーキンソン病の治療薬があるなど信じられないと思います。 また日本と中国の漢方薬の成分は大きく違います。 やはり中医学の医科大学が日本に有った方が、多くに方が理解できるので、良いと思います。   パーキンソン病をぜひ治したいと思う人は 下記の無料資料をご覧下さい。ここから。     関連の記事があります、ご覧ください。 パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson-1/ パーキンソン病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 中医学 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson1/ パーキンソン病の治療。上海の大病院・名医に相談した体験。中医学。 https://js-vivid.com/kumamoto-1/   パーキンソン病 中医学 総合情報。 https://js-vivid.com/pakinson-50/   下記はパーキンソン病の詳しい原因や薬について書いています。無料です。ご覧ください。原因は日本では全く知られていません。もちろんあなたも知らないはずです。  

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/8/5

パーキンソン病を良くする中医学の薬。 総合情報。

無料相談はコチラ   パーキンソン病の総合ページです。  一般常識だけで治療している人はパーキンソン病は難しい結果になります。 その治療で、最終的にどうなるか? ほぼ全員考えていません。 これが日本人の一般常識です。 この病気はいかに薬を飲んでも、結局は次第に悪化し、やがて最後を迎えます。 そうでは無く、 この難病から脱出できる人は「常識とは違う、別角度から考える人」だけです。   「こんにちは 記事担当の後藤です。 パーキンソン病でお困りと思います。 中医学(中国)では根本治療します。」   最も難しい病気ですが、中医学・大病院・名医に相談していますので これまで全員が大幅に改善しています。 治療を終了し、予備的にごく僅か薬を飲んでいる方もいます。   この治療は上海など超優秀な病院ではごく普通に行われている治療です。 日本が全く同じ治療方法が出来るとすれば少なくとも1600年後になります。   日本の医療関係者からは「有り得ない・学会に発表する内容」とよく言われます。 東京の大学病院の教授からご家族に「嘘だろう、生きているはずが無い」と言われた事も有ります。 助かりたい・救けたい方は手遅れにならない内にご相談下さい。 不明の点はなんでもご相談ください。     パーキンソン病の原因---参考:中医内科学 下記は日本では知られていない、驚くほどの医学情報です。   原因 1)湿熱侵淫 長く湿気の多い地に住んでいた。 あるいは暴雨に濡れ水に浸かって歩いた。 これで湿邪が体に侵入し熱が発生した。   そして湿熱が経脈に侵入した。 筋肉が動かなくなりパーキンソン病が発生した。   原因 2)感受温毒・湿熱病邪内侵 湿熱の病邪が体内に侵入した。 あるいは病後に邪が全部出尽くしてなく残っている。 それが体内の津液(水)を損傷し、気を消耗した。   五体(頭部・両手・両足)が栄養を失い萎縮し弱り動かなくなった。 パーキンソン病が発生した。   原因 3)飲食毒物 ①元々の体が脾胃が虚弱である。 あるいは過労、思い込みが激しい。 このため体の中気が損傷を受け、脾胃の働きが悪くなった。 脾胃が働かないので筋骨・骨肉が動かなくなりパーキンソン病が発生した。   ②飲食が不適切で酒を飲んだり辛いものを食べた。 これで脾胃を損傷し、脾胃の機能が落ちた。 このため痰湿が体内で発生した。 痰湿の影響で肢体に気血が来ない為、パーキンソン病が発生した。   ③毒性の薬物を飲んだか接触した。 毒性薬物が気血の経脈を損傷させた。 経絡の気が運行が難しくなり血脈の通りが悪くなりパーキンソン病が発生した。   原因 4)跌仆瘀阻 ①重量物を持って首・腰を損傷した。 その為、瘀血が経絡(気・血の通り道)の流れを阻した。 そして肢体が栄養を失い動かなくなりパーキンソン病が発生した。   ②あるいは産後悪露が全部出尽くしていない。 この為、瘀血が膝・腰に流入した。 この影響で肢体(両手両足)が動かなくなり、パーキンソン病になった。   原因 5) 労病体虚 ①先天が不足している。 あるいは長患いで体が弱っている。 この為、肝腎を損傷した。 肝腎が弱り筋肉を栄養できないのでパーキンソン病になった。   ②過労や性交過多で腎を損傷した。 筋肉が機能を失いパーキンソン病になった。 パーキンソン病の治療-----参考:中医内科学 治療 1)湿熱侵淫 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③経絡の通りを良くし、流れるように治療します。   治療 2)肺熱津損 肺が乾燥し津液が損傷している、五臓が潤いを失って筋脈が栄養されなくなっている。 ①肺の熱を清める治療をします。 ②肺の乾燥を潤いのあるものにする治療をします。 ③陰を養う治療をします。 ④津液を生む治療をします。   治療  3)肝腎損傷 ①肝の働きを益し補う治療をします。 ②腎のは働きを益、補う治療をします。 ③陰を滋養する治療をします。 ④熱を清める治療をします。   治療 4)脾胃虚弱 ①中気を補う治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③脾を健康瓊する治療をします。   治療 5)脈絡瘀阻 ①気を益す治療をします。 ②営気を養う治療をします。 ③血の働きを活発にする治療をします。 ④瘀血を取り気・血の流れを良くする治療をします。     パーキンソン病は五臓の治療が必要。 上記のように、この2000年間の歴代の名医家がパーキンソンを治療・研究した結論として パーキンソン病は五体が悪くなった病気です。 五体が動かない理由は「五臓」が悪くなっているからです。   五臓と五体はセットだからです。 パーキンソン病は五臓の診断・治療は必要です。   基本的には「肝・腎」が悪くなっている場合が多いのですが、 五臓以外に六腑が悪くなっている人も実際には多い。 六腑とは「胃・胆・大腸・小腸・膀胱・三焦 」です。   1)例えば「肝」が悪くなっています。 その結果 ①脳に行く血が不足して脳が働かなくなりパーキンソン病になります。 ②手足に行く血が不足して手足が麻痺を起こし、パーキンソン病になります。     2)例えば「腎」が悪くなっています。 その結果 腎が脳髄を作れなくなり、脳が空白状態になりパーキンソン病が発生します。     3)例えば「胆」が悪くなっています。 胆は肝と繋がっています。 そして肝は腎とつながっています。 つまり、胆・肝・腎はつながっています。   その結果として ①腎が脳髄を作る力が弱くなり脳が空虚になりパーキンソン病を起こします。 ②胆が悪いので肝に負担が来て、肝は血を脳に送る事が出来なくなり脳が働かなくなって、パーキンソン病を起こしています。 ③胆が悪いので、肝・腎からの栄養が手足に行かなくなり、手足の麻痺が進みパーキンソン病が進みます。     4)例えば「脾」が悪くなっています。 脾は「血」を作る事に関係します。 脾が悪くなると「血」を作れません。   その結果 ①脳に行く血が不足して脳が働かなくなりパーキンソン病になります。 ②手足に行く血が不足して手足が麻痺を起こしパーキンソン病になります。   他の五臓六腑が悪くなっても、このような現象を起こします。     名医は非常に的確な薬を出します。 その薬の治療の目的(効果効能)をみると体のどこを治療しているか分かります。     たいがいの方は内臓は悪くないと言います。 しかしそれは違います。 五臓六腑が正常ならパーキンソン病になっていません。   肝臓と『肝』は違います。 腎臓と『腎』は違います。 中医学は人体の把握方法が違うからです。   どの臓器が悪くなっているか、中医師は診断で正確に分かります。       肝臓の薬と「肝」の薬は違います。腎臓の薬と「腎」の薬は違います。 パーキンソン病を治療する薬は中医学の薬があります。 中医師の処方が必要ですが、中薬は医療用の薬だけでも9000種類有ります。 この中にパーキンソン病の症状に合う色々な薬が有ります。   パーキンソン病の症状 パーキンソン病の症状は特徴があります。 手がパタパタと震える。 手が上がらない。 手が痺れる。 振戦。   アゴが震える。 ロレツが回らない。 何を言っているか分からない。 話は出来るが、話のスピードは遅い。 言葉が出にくい。スムーズに言葉が出ない。 歩行が難しい。 歩けない。 足の動きが悪い。 最初の一歩が出ない。   フラフラする。 耳鳴りがひどい。 耳が遠い。 首が回らない。   手が冷たい。 足が冷たい。 全身が硬直。 舌下障害。   程度の差は人により違いますが上記のような状態が多い。     中医学で治療すると ---勘違いしてはならない。 例えば、上海の大病院からの指定で、ある臓器の薬を飲みます。 飲んだ途端、痰がどんどん出て来る場合があります。 もちろん、痰を溶かす優秀な薬があります。   痰を溶かす薬でさえ役立たないほど痰が出て来ます。 家族もどなたも、その臓器の薬を飲んだら痰が多量に出て体が悪くなっているように感じます。 ご家族は大変心配します。   これは一般的な人なら誰でもそう思います。 ところがこれが大間違いなのです。 実は中国の薬は胃や肺など今まで体内に溜まっている痰を体外に出す作業をしているのです。   だから、痰をまた飲み込んだらダメなのです。 それどころか、その薬をやめたらだダメなのです。 痰がパーキンソン病を作る事が多い。 痰は喉に溜まるものだけと思っているのは間違いです。 臓器が故障すると痰は胴体の中で多量にできます。 この痰が内臓、頭にへばり付き、臓器の働きを止める、血の流れを止めます。   つまり多量の痰が内臓に溜まっていて、 脳に通じる血液の流れを止めると脳が働かなくなり、パーキンソン病になります。 また痰が手足に通じる血の通り道をふさぐと、手足に血が流れなくなり、手足が麻痺し、パーキンソン病になります。   中国の大病院・名医はこの治療が出来ます。 診断の時に、痰が血の流れをとめている事を見抜きます。 そしてその治療をする薬を組み合わせます。   その薬を飲むと、内臓のたくさんの場所に固まっていた痰を溶かします。 そして尿・便で流し出す事と、口からも痰を出して来ます。 だからその薬を飲んで痰が出て来たら、大喜びした方が良いのです。   やがて、溜まっていた痰は全て掃除が終えわり、痰は内臓にはなくなります。 この治療が完了すれば、一気にパーキンソン病は好転します。     下の写真は医学書です。 下記は黄含英教授や多くの医学指導者が医学生やインターンの育成に使う医学書の一部です。 ...

© 2020 Powered by AFFINGER5