皮膚病

アトピー性皮膚炎の根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

無料相談はコチラ

 

アトピー性皮膚炎の情報ページです

アトピー性皮膚炎の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。

現在も根本的に治療します。

 

 

このような医師が使う専門書は、

①アトピー性皮膚炎のような高い治療効果が出る場合だけでなく、

②反対に、他の皮膚病で治療結果がまちまちな場合には、

その由の説明が有り、治療の注意点や治療後の対応の仕方などの詳しい説明があります。

2_26_03c

 

「記事作成:担当の後藤です。

アトピー性皮膚炎になって大変お困りと存じます。

この病気は原因が紀元前200年に分かっています。

その情報が日本には入っていません。」

 

「中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。

詳しい情報を書きますのでご覧下さい。

お元気になり安心して過される事を願っています」

 

2_26_01c

中国の中医学の大病院を色々調べますと

アトピー性皮膚炎の治療は体にやさしく、

根本治療をして体を本来の状態に戻す〜治療をしますので、

大変良い成果を出しています。

 

アトピー性皮膚炎とは 参考:中医皮膚病学

必要条件

12ヶ月以上、皮膚が痒い。

 

補助条件

①2才以前に発病

② 腕・脚などの内側の皮膚に出来た病歴が有る。

10才以下の子供はどの部分でも対象とする。

③全身の皮膚が硬く乾燥した経歴がある。

④喘息、花粉症などアレルギーの病気だった事がある。

⑤1頭身の親族にアレルギーの病歴が有る。

 

 年代時期

乳児期、

子供期、

青年・成人期

の3種類に分けます。

1_16_06c

アトピー性皮膚炎の原因---医学書の説明 

原因1)脾虚風燥

乳児、子供に多く見られます。

皮膚の同じ場所に湿疹が反復して発生します。

 

①脾が虚弱。

②風が入り乾燥している 。

 

原因2)陰虚血燥

青年・成人に多く見られます。

病状が非常に長期で、繰り返し発生し、皮膚が硬く乾燥しています。

 

①陰が虚弱です。

②血が乾燥している。

 

HG006_350A

 

アトピー性皮膚炎の原因 補足説明 参考:中医皮膚病学

アトピー性皮膚炎は別名「遺伝性アレルギー性湿疹」と呼びます。

つまり遺伝が関係しています。

急性と慢性が混合します。

家族の中に喘息、アレルギー性鼻炎の人がいる場合が多い。

 

主な原因は「湿邪」です。

胎児の段階で「湿熱毒」を受け継いでいる。

あるいは生まれながらに「脾虚湿盛」の場合もあります。

 

アトピー性皮膚炎のその他の原因

①授乳期に母親が余りにも「美食」に走り、

さらには「辛いもの、油物」を食べ過ぎた事で「湿」が熱をおびた。

この「湿」が授乳で子供に入り、アトピー性皮膚炎の原因になった。

 

②母親の「感情」が内臓を損傷し、熱が発生し

妊婦の段階で熱が胎児に伝わり、

胎児は先天的な免疫不足になり、

熱を帯びた体になります。

生後、アトピー性皮膚炎になった。

 

③不適切な栄養物を食べさせた。

この為、脾胃虚弱になった。

脾が健康な働きができなくなった。

この為、湿が体内で発生した。

そして湿熱が体内に温存され蒸された。

最終的に皮膚にアトピー性皮膚炎を発病した。

 

④「湿」が長期に渡って温存され蒸され続けた。

これが津液を傷つけ、血を消耗した。

そして血が虚弱になり、体内に風を生み、燥を生んだ。

それが皮膚にとどまった為、皮膚は栄養を失い。

ついにはアトピー性皮膚炎が発生した。

 

⑤大気の影響

特に「湿熱」が体に入る。

それが皮膚に鬱結した。

体の内外からの病邪が集まってアトピー性皮膚炎を発病した。

 

1_19_06c

 

アトピー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学

治療1)脾虚風燥

① 脾を健康にする治療をします。

②湿を出す治療をします。

③風を消し、通りを良くする治療をします。

④痒みを止める治療をします。

 

治療2)陰虚血燥

①陰を滋養する治療をします。

②血を養う治療をします。

③皮膚を潤す治療をします。

④痒みを止める治療をします。

上記は中医学・医学書に基づく最も基本となる治療方法です。

しかし実際の治療では、上記からさらに深い治療に入ります。

五臓の治療が入る事も多い。

例えば「肝・腎」が悪い場合も多い。

 

神経系の治療をする場合も多い。

毒を抜く治療をする場合もあります。

免疫を上げる治療をするケースもあります。

 

実際、医薬品の使い方は

医学書の段階より格段に深い方法で薬をこ見合わせています。

 

成人のケース、幼児の時からアトピー性皮膚炎

食べ物を大幅に加えた治療をしました。

薬は1種類を使い、3種類は食べ物で治療しました。

球根・木の実、豆などを食べます。

数ヶ月で完治しています。

 

HG052_350A

 

アトピー性皮膚炎で多い症状とは

1)顔面の色が紅斑で赤い。顔面蒼白の場合もある。

2)顔面に皮膚の盛り上がり(丘疹)・皮膚の屑、あるいは紅斑・盛り上がった疱疹・水泡・汁の滲み・瘙痒などがある。

3)胴体・手足に結節性痒疹・皮膚の盛り上がり(丘疹)・丘状の水泡などがある。

3)頭皮が黄色くカサブタがある。タダれて汁が出ている。

4)慢性湿疹・瘙痒・皮膚の乾燥がある。

5)赤い発疹・紅斑・発疹・湿潤・結節性痒疹・耳切れがある。

6)ザラザラ・しこりが有る。

7)肘窝・膝窝(肘・膝関節の内側のへこみ)に苔鲜(コケ)が有る。

8)不眠・ イライラがある。

9)大便が乾燥気味・下痢状・尿が少なく赤いなど。

10)指紋が淡い色・指紋が紫色などが有る。

11)食欲不振・だるいなど。

 

アトピー性皮膚炎を治したい。

アトピー性皮膚炎は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。

アトピー性皮膚炎など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。

現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。

上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。

 

アトピー性皮膚炎の診断

漢方医は四種類の診断をします。

診断1)

「聞診・問診」で色々な体の状態を聞き出したり観察します。

これだけでも殆どの原因・メカニズムは掴みます。

元々体が悪いのは何なのか?

それを漢方の医師が診断で突き止めます。

 

赤ちゃん、幼児は生まれながら、体に不足している点がありますので、それを医師が見つけます。

また体外から何が侵入したのか?

大気の中でも何が侵入したのか?

どの食べ物が原因なのか?

診断で確認します。

 

これにより体内で何が発生しているのか?

新たにどの臓器が損傷しているのか?

血はどうなっているのか?

毒素はどのようなタイプなのか?

皮膚との関連はどうなっているのか?

このような事を確認します。

 

2)「切診・望診」で診断します。

特に望診では、顔の状態を判断します。

また目の診断は重要項目です。

さらに舌を診断します。

 

例えば舌の先が赤い、舌が淡い色で白い苔がある、舌がやや淡いなどがアトピーでは観察されます。

この色の違い、状態の違いだけでも内臓の状態を確認できます。

 

さらには脈を診断します。

脈が細い、脈が緩い、脈が偏っているなどもアトピーに多い脈です。

この脈の状態だけでも体内の臓器の状態が分かります。

これらの診断は非常に正確です。

ピタリと体の全てを把握します。

 

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

 

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0112

アトピー性皮膚炎の治療方法

上記の薬の写真はイメージです。

原因や治療方法に書いているようにアトピー性皮膚炎と言っても非常に広範囲です。

どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。

 

特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。

アトピー性皮膚炎だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、

アトピー性皮膚炎は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。

体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。

 

極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。

ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。

 

2_02_04c

内服する方法は

上海の医師の治療方法では、使う医薬品はごく僅かです。

どちらかと言うと、臓器を正常にするには医薬品を使います。

しかし体質改善や体内から毒や熱を取る方法については、穀物や野菜、木の実などをスープにして飲み、全身の体質を次第に変えていく方法が多い。

 

これらの穀物や木の実は日本にないものがほとんどです。

日が経つにつれ実際に改善の変化が目に見えて来る場合が多い。

ですから治療前と治療中の写真を取り比較すると良いでしょう。

 

このような診断は非常にレベルの高い医師の能力が要求されます。

このレベルの医師は基本的には普通いません。

もしかしたら、どこかに優れた医師はいるのかも知れませんが、ビビッド・ライフでもそのような医師を探すのは諦めたほどです。

また貴方・貴女の周辺にもいないはずです。

もし居ればとっくにアトピーは治っているはずです。

 

中医学の情報が最も集まり、中医学の逸材が最も集まっているのは上海です。

ビビッド・ライフが安心して相談を入れる地です。

HG121_350A

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国のアトピー性皮膚炎の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

アトピー性皮膚炎を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

「中西医結合医学」でするアトピー性皮膚炎の治療は効果が大きい。

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果がアトピー性皮膚炎の治療でも出ています。

 

アトピー性皮膚炎の治療---実例---「中西結合医学」

1)アトピー性皮膚炎は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)アトピー性皮膚炎とは別の病気を持っている人。

①別の病気がアトピー性皮膚炎の原因になっている人が多い。

②アトピー性皮膚炎から別の病気に発展している人もいます。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、アトピー性皮膚炎だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

紀元前200年前頃の医学書「内経」は

非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。

 

内経ではすでにこの時、アトピー性皮膚炎を説明しています。

現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。

すでにこの中でアトピー性皮膚炎に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。

HG134_350A

アトピーの最も詳しい原因を説明します。

詳しい漢方の治療方法も説明します。

アトピー性皮膚炎を30年〜40年と続ける人が増えています。

色々治療したが全く治る気配が無かったからです。

もしあなたがそのようになりたい無いのであれば、下記のボタンを押してご覧ください。

無料資料です。

きっと驚く内容です。

関連の記事があります。ご覧ください。

アトピー性皮膚炎を元から無くす治療 中医学・大病院・名医の治療 総合情報

https://js-vivid.com/atopi-15/

アトピー性皮膚炎の治療を確認する、娘の場合。漢方の大学病院に相談。

https://js-vivid.com/atopi/

アトピー性皮膚炎を元から治療する。本当の原因を治療する。中医学・大病院・名医の治療。

https://js-vivid.com/atopi-1/

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

-皮膚病

© 2020 Powered by AFFINGER5