皮膚病

アレルギー性皮膚炎 根本治療し完全に正常にする画期的な治療 中医学・大病院・名医の処方 総合情報。

 

無料相談はコチラ

 

アレルギー性皮膚炎の総合ページです。

アレルギー性皮膚炎を根本治療します。

中医学・大病院・名医はアレルギー性皮膚炎は、ほぼ全員の確率で治します。

何故なら原因が正確に分かり、その治療法が有るからです。

この治療方法は日本には無い画期的な治療方法です。

 

 

「記事担当:後藤です。

「大変お困りと存じます。

治す方法が無く、途方にくれている人が多い病です。

不快感で生活、仕事に大変な負担になっています。

ここ数ヶ月でアレルギー性皮膚炎を完全に消したい方は

下記に資料を作成しますのでご活用ください。」

 

2_26_01c

 

アレルギー性皮膚炎の原因とメカニズム 参考:中医皮膚病学

 

原因1)風熱で悪化

「風熱」が皮膚の下に温存され蒸れている状態です。

何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。

 

発病が急で、頭部や 顔に出来る場合が多い、手や背中にも出来ます。

大変痒く、灼熱感が有ります。

 

原因2)湿熱毒で悪化

「湿熱」が毒を出し、皮膚の下に温存され蒸れている状態です。

何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。

 

発病が非常に早い、水泡・大泡が有る、皮膚の損傷した面積が広く浮かぶ。

水泡が破裂するとすぐに滲み出た液がただれる。

灼熱を感じる、口が乾き、熱を伴う、便が乾燥している。

 

原因3)血虚で悪化

「血」が虚弱、乾燥した風が溜まっている状態です。

何かに接触した事で皮膚にアレルギーが出ます。

 

病歴が長い、反復発作する、皮膚の損傷部分は厚く乾燥している。

鱗屑:皮膚表面の角質が、細かくはがれ落ちている。

あるいは皮膚表面が苔が生えたような状態もある。

激しい痒みがある、爪で掻きむしったり、硬いカサブタになっている。

 

1_16_06c

アレルギー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学

治療1)風熱で悪化

①風の通りを良くし、風を出す治療をします。

②熱を清める治療をします。

③痒みを止める治療をします。

 

治療2)湿熱毒で悪化

①熱を清める治療をします。

②湿を取り払う治療をします。

③血の熱を冷ます治療をします。

④ 解毒の治療をします。

 

治療3)血虚で悪化

①血を養う治療をします。

②血が乾燥していますので、潤いをもたらす治療をします。

③風の通りを良くし、風を出す治療をします。

④痛みを止める治療をします。

 

治療4)脾胃の悪化

脾・胃の運化機能が弱っている場合も多く

脾・胃の機能を健康にする治療をします。

 

 

HG160_350A

 

なぜアレルギー性皮膚炎になるのか、基礎的な原因  参考:中医皮膚病学

1)中医学では、

①先天的に体の耐性が弱いとみています。

②皮膚・皮下の密度が低い。

この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。

 

2)何かに接触した後、その毒邪が皮膚に侵入します。

これで「気・血」が入り乱れた混乱状態になります。

そして「気・血」の調和が崩れ、邪がウツ状態になり熱が出ます。

 

邪がこもり、蒸され、皮膚の働きが拒まれます。

そしてアレルギー皮膚炎を発病します。

 

3)発病前に原因物質に接触しています。

一定期間の潜伏期間が有ります。

最初に原因物質に接触してから、大概4〜5日以上してから発病します。

再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。

 

接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により

個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。

 

HG097_350A

 

アレルギー性皮膚炎の原因物質

多く見受けられるもの

1)化学物質

①金属装飾品を作るときの原料、

②特定の外用薬

③化粧品

④農薬

⑤塗料

⑥ゴム

など

 

2)植物の影響

①漆に使うハゼの木、

②イラクサ

③杉花粉

など

 

3)動物の影響

①動物の皮膚や毛

②毛の中にいる虫の毒素。

など

外界には様々なアレルギー性皮膚炎の原因物質が有ります。

2_15_07c

 

どうやって自分の身を守るか?

西洋医学と中医学があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。

 

 

HG006_350A

中医学の皮膚治療は紀元前14世紀から始まっている。

 1)紀元前14世紀には

多くの甲骨文が出土し、その中に多くの記述が見つかっています。

紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。

 

紀元前1122年「周礼」では皮膚病は季節により流行することが書かれています。

 

seri-15-5.jpg

 

上海トップ10に入る大先生

以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。

診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。

 

後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。

中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。

 

中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。

中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。

ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。

 

1_19_06c

 

医薬品が大事です。

中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

 

DSC_0264

 

食べ物で治療します

球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。

どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。

 

 

HG121_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

 

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の「アレルギー性皮膚炎」の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

「アレルギー性皮膚炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 

副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が「アレルギー性皮膚炎」の治療でも出ています。

 

「アレルギー性皮膚炎」の治療---実例---「中西医結合医学」

1)「アレルギー性皮膚炎」は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

もちろん飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)「アレルギー性皮膚炎」とは別の病気を持っている人。

① 別の病気が「アレルギー性皮膚炎」の原因になっている人が多い。

②「アレルギー性皮膚炎」から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

2_02_04c

 

A-3

 

中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、

まず先に◇百宝元を飲む事も大切です。

◇百宝元で治療するのではありません。

健康を維持するために大切です。

 

◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。

◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。

 

日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、

次のステップで中医学の医師に相談してアレルギー性皮膚炎の治療をしてください。

 

◇百宝元は健康管理、健康維持にずっと活用されてください。

人生で成功するには、自分の健康に投資することが大事です。

◇百宝元は運動や薬では出来ない健康管理ができます。

 

 

HG121_350A

アレルギー性皮膚炎をどうしても治したい方

下記に資料があります、ご覧下さい。

無料資料です。

アレルギー性皮膚炎を根本治療。最先端の中医学・大病院・名医の治療方法。正常な皮膚にする。

https://js-vivid.com/arerugi-10/

アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。大病院の治療。

https://js-vivid.com/arerugi-3/

アレルギー性皮膚炎を根本的な治療。中医学大病院の画期的な治療情報。

https://js-vivid.com/arerugi-1/

 

アレルギー性鼻炎を良くする中医学とは。中医学・大病院の情報。

https://js-vivid.com/arerugi-6/

薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。

https://js-vivid.com/yakubutu/

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

-皮膚病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5