皮膚病

薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。

無料相談はコチラ

薬物アレルギーの情報ページです。

薬物アレルギーの有る人は大概、自分が薬物アレルギーと認識していません。

もちろん中には気づいている人もいます。

 

薬物アレルギーの問題は塗料や薬品による問題がありますが、

いま一番問題は病院の薬の副作用で薬物アレルギーが非常に多い事です。

①いま抱えている難しい病気が悪化している。

②薬物アレルギーを解消するための中医学の治療薬を飲もうとすると体が受け付けない。

③皮膚にアレルギーによる炎症がでている場合もあります。

 

これとは別に

④アレルギーでは無く、飲んできた医薬品により次の大きな病気に発展しているケースも多い。

あとえば、

安定剤を長年飲んで、パーキンソン病や進行性核上性麻痺になったケース。

ピルを常用していて、カンジダ膣炎や細菌性膣炎、子宮内膜症になるケース。

などかなり多いようです。

2_05_06c

 

中国の中医学はアレルギー性皮膚炎を根本から治療出来ます。

医学書:「中医皮膚病学」の治療方法でもアレルギー皮膚炎は90%が「治癒」し、5%が大幅改善しています。

つまり95%の方が良くなる治療方法です。

 

下記の写真は若い女性ですが、

病院の治療薬を飲み出したらだんだんひどくなり、このような状態になっています。

後ろ姿の写真の状態はビックリですね。

実際はこの発疹が全身にあるのです。

 

実際は目の治療が希望で、皮膚は付属の相談です。

上海の大病院・名医に相談を入れ、治療をし、眼・皮膚とも正常に戻っています。

HvmQxzsfQVaz+eTIy3vgXg_thumb_6923.jpg

このように大概の人は、内臓や婦人科の治療を希望して連絡が入りますが、

その相談の診断依頼者の中に薬物アレルギーになっている方が結構います。

 

2_03_03c

「記事担当:後藤です。

打つ手がなく大変お困りと存じます。

病気を治すため、あるいは体を調節するつもりで飲んだ薬で、逆に悪化する人は非常に多い状態です。

中医学は薬物アレルギーを根本治療できます。」

 

「中医学の大病院・名医なら特殊な状態をのぞいて大概の人が良い結果が出ると思います。」

世界で最も歴史があり、最も治療実績があります。

大変良い治療方法です、資料を作成しますのでご活用ください。

体を正常に戻し、明るい生活をお過ごしください。」

 

 

2_26_01c

例えばアレルギー性皮膚炎には何種類か有ります。

①薬疹---薬による湿疹

②接触性皮膚炎---接触した事でアレルギーになる。

③湿疹

④蕁麻疹

⑤アトピー性皮膚炎

などが多い。

この中の薬疹、薬物アレルギーを中心に説明しています。

HG101_350A

薬物による重度のアレルギーになる人が増えています。

これになると、治らない場合が多い。

なぜなら、色々な優秀な病院で治療を受けて来て、それでなったアレルギーですから。

どの病院も良かれと思って、病気を治してあげようとして、色々な薬を使います。

 

治らないので次々薬を取り替え、増やします。

それを続けていくと、体に異常が出て来ます。

その異常は、本来の病気、あるいはその病気が広がった病とは違います。

これが発生すると一切の治療が出来なくなる場合があります。

2_16_14c

一般に多いアレルギー性皮膚炎の原因とメカニズム 参考:中医皮膚病学

原因1)風熱悪化

「風熱」が皮膚の下に温存されている状態です。

何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。

 

発病が急で、頭部や 顔に出来る場合が多い、手や背中にも出来ます。

大変痒く、灼熱感が有ります。

 

原因2)湿熱毒悪化

「湿熱」が毒を出し、皮膚の下に温存されている状態です。

何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。

 

発病が非常に早い、水泡・大泡が有る、皮膚の損傷した面積が広く浮かぶ。

水泡が破裂するとすぐに滲み出た液がただれる。

灼熱を感じる、口が乾き、熱を伴う、便が乾燥している。

 

原因3)血虚悪化

「血」が虚弱状態です。

何かに接触した事で皮膚にアレルギーが出ます。

 

病歴が長い、反復発作する、皮膚の損傷部分は厚く乾燥している。

鱗屑:皮膚表面の角質が、細かくはがれ落ちている。

あるいは皮膚表面が苔が生えたような状態もある。

激しい痒みがある、爪で掻きむしったり、硬いカサブタになっている。

 

原因4)薬品により五臓に影響が来ていないか診断します。

 

薬物アレルギーの非常に難しいタイプもあります。

体のどこかが腫れる、シビれるなどします。

例えば胃が痛い、重い、熱を感じる、背中まで痛いなど。

さらに喉・口・舌・アゴがピリピリ、ヒリヒリする。

などの状態が出ます。

 

文章で書くと簡単なようにありますが、実際には多種、大量の薬を使って来た場合に、もうこれ以上、薬を飲めないと体が拒否している状態ですので、

病院もこれ以上 薬が出せない状態で、

本来の病気の治療は何も出来ない状態です。

 

1_16_06c

アレルギー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学

治療1)風熱悪化

①風の通りを良くし、風を出す治療をします。

②熱を清める治療をします。

③痒みを止める治療をします。

 

治療2)湿熱毒悪化

①熱を清める治療をします。

②湿を取り払う治療をします。

③血の熱を冷ます治療をします。

④ 解毒の治療をします。

 

治療3)血虚悪化

①血を養う治療をします。

②血が潤いをもたらす治療をします。

③風の通りを良くし、風を出す治療をします。

④痛みを止める治療をします。

 

治療4)脾胃悪化

脾・胃の運化機能が弱っている場合も多く

脾・胃の機能を健康にする治療をします。

 

治療5)薬物の解毒、中和治療をします。

五臓を損傷している場合は、その臓器の治療をします。

 

HG160_350A

 

なぜアレルギー性皮膚炎に、基礎的な原因  参考:中医皮膚病学

1)中医学では、

①先天的に体の耐性が弱いとみています。

②皮膚・皮下の密度が低い。

この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。

 

2)何かに接触した後、その毒邪が皮膚に侵入します。

これで「気・血」が入り乱れた混乱状態になります。

そして「気・血」の調和が崩れ、邪がウツ状態になり熱が出ます。

 

邪がこもり、蒸され、皮膚の働きが拒まれます。

そしてアレルギー皮膚炎を発病します。

 

3)発病前に原因物質に接触しています。

一定期間の潜伏期間が有ります。

最初に原因物質に接触してから、大概4〜5日以上してから発病します。

再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。

 

接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により

個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。

 

HG097_350A

 

アレルギー性皮膚炎の原因物質

多く見受けられるもの

1)化学物質

①金属装飾品を作るときの原料、

②特定の薬

③化粧品

④農薬

⑤塗料

⑥ゴム

など

 

2)植物の影響

①漆に使うハゼの木、

②イラクサ

③杉花粉

など

 

3)動物の影響

①動物の皮膚や毛

②毛の中にいる虫の毒素。

など

外界には様々なアレルギー性皮膚炎の原因物質が有ります。

2_15_07c

 

どうやって自分の身を守るか?

世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。

人体の構造や働きをどう見ている医学なのか?

によって治療方法が違い、結果も違ってきます。

 

中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。

中国の中医学の大病院を色々調べますと、治療は大変良い成果を出しているのは事実です。

 

HG006_350A

中医学の皮膚治療は紀元前14世紀から始まっている。

 1)紀元前14世紀には

多くの甲骨文が出土し、その中に多くの記述が見つかっています。

紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。

 

紀元前1122年「周礼」では皮膚病は季節により流行することが書かれています。

 

紀元前より皮膚病の扱いに医師たちは大変、苦心して来ました。

それは内臓の病が体の表、つまり皮膚に現れるからです。

つまり内科も皮膚科も皮膚を診断します。

seri-15-5.jpg

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

1_19_06c

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

DSC_0264

薬物アレルギーは食べ物で治療することも多い。

球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。

どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。

薬物アレルギーは難易が違います。

とにかく漢方の名医に相談します。

どんな中医学のも飲めないほど、ひどいアレルギーが出ている事が多い。

つまり薬が使えないです。

 

もちろんビタミンや栄養剤も使えません。

とにかく何か良い治療の入り口を見つけるしか有りません。

そうでないと元々の病気がどんどん進行します。

 

費用と効果を考える

よく計算してみると、この方法は非常に安価です。

費用と効果を考える。

実際に使うお金を比較してみる。

結局、一番割安です。

 

2_02_04c

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「アレルギー性皮膚炎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

 https://baike.baidu.com/item/变应性皮炎

他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

上海中医薬大学

Wikipediaの日本語説明はこちらです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学

 

上海中医薬大学

中国・上海の本校のホームページです。

http://www.shutcm.edu.cn/main.htm

中国を代表する世界トップの中医学の大学です。

 

上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。

ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。

この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

A-3

ひどいアレルギー性皮膚炎、大変な痒み。

しかし中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、

 

まず先に◇百宝元を飲む事も大切です。

◇百宝元で治療するのではありません。

健康を維持するために大切です。

 

◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。

◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。

 

日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、

次のステップで中医学の医師に相談してアレルギー性皮膚炎の治療をしてください。

 

◇百宝元は健康管理、健康維持にずっと活用されてください。

人生で成功するには、自分の健康に投資することが大事です。

◇百宝元は運動や薬では出来ない健康管理ができます。

 

HG121_350A

関連の記事が有ります。

アレルギー性皮膚炎 根本治療し完全に正常にする画期的な治療 中医学・大病院・名医の処方   総合情報。

https://js-vivid.com/arerugi-15/

アレルギー性皮膚炎を根本治療。最先端の中医学・大病院・名医の治療方法。正常な皮膚にする。

https://js-vivid.com/arerugi-10/

アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。大病院の治療。

https://js-vivid.com/arerugi-3/

アレルギー性皮膚炎を根本的な治療。中医学大病院の画期的な治療情報。

https://js-vivid.com/arerugi-1/

アレルギー性鼻炎を良くする中医学とは。中医学・大病院の情報。

https://js-vivid.com/arerugi-6/

 

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

fullsizeoutput_1df1

-皮膚病

© 2020 Powered by AFFINGER5