生理・月経病

生理・月経病

2020/3/30

過少月経 個人輸入 中医学 根本治療薬

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 本気で治したい人に。 過少月経の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理が良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。       中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。     貴女はどのような状態ですか? 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。   過少月経で多い症状 生理の量が極端に少ない。数滴だけ、1・2日で終わる、全く出ない。 頭がぼんやりしたり、くらくらする、目が霞む、下腹部が空いたような感じ、下腹部が冷える。 耳鳴り、腰背中がだるい、足の付け根が痛い、夜間の尿が多い、生理に血の塊、痛い、胸苦しい。 嘔吐、オリモノが多い。   過少月経とは 生理周期は正常、月経量が極端に少ない、ほとんど出ない場合もある。 あるいは生理が2日以内で月経量の少ないものを言う。   過少月経の原因は4種あります。 原因①虚弱体質・大病・慢性疾患が影響し血が損傷。 食べ物・精神状態が影響して脾が悪化し血が作れない。 血が腐食状態になっている。   原因②腎の先天の力が弱い。 多産・人口中絶・流産回数が多い・セックス過多などで腎を損傷している。 この為、血(精血)が不足し、月経量が少なくなった。   原因③気候の寒さが子宮に侵入し血が固まる。 子宮と五臓をつなぐ血の通路(経絡)で血が固まっている。 血が流れる事ができなくなって過少月経になっている   原因④体内で痰が多い(胴体に多い)体質。 脾の働きが弱く痰が形成される。 痰が経絡・血脈に侵入し血の流れを止めた為、月経が少なくなった。   ピル服用の機会が多いと血の流れを止め、過少月経の原因となる事が多いので注意してください。     医学によって結果が違います。 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ているかが大きく違います。 治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   過少月経を 中医学で治療する  血の治療、血の通路(経絡)の治療をします。   治療が順調に行けば月経の量は正常になります。   ①五臓の治療をします。 まず第一に生理に関する病気(月経病)は色々有りあますが、生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 特に脾・腎・肝・胃はもっとも治療ケースが多い所です。   ②血の治療・血の流れの治療をします。 中国の中医学では月経の病の治療は、最大ポイントは血です。 もっと言えば血の流れが悪いために月経病が出ています。   血の塊を溶かす治療をします。 血が詰まっている所を見つけ、血が通るように治療します。 血が正常の質ではないので、血を養い、血を健康にする治療をします。 体が新しい血をもっと作るように治療ます。   ②痰の治療をします。 日本では痰は喉にできるだけと思っていますが、実は首から下、胴体部分で多量に出来ます。 痰が生理の血の流れを塞いでいますので、痰がどこで詰まっているかを診断で突き止めます。 痰を溶かす治療、痰を作らない治療をします。   これらの治療をする事で過少月経は自然と改善の方向に向き、正常な生理になります。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療にはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

月経疹 中医学 根本治療

 ご覧いただきまして大変有り難うございます。 生理の時に湿疹が出るのは非常に難しい状態です。 これを根底から治療したい人は安全な薬を個人輸入出来ます。   希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 薬は医療用ですので必ず医師が処方箋を書きます。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ、治療に役立つ情報を説明します。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   記事担当の後藤です。 「生理になると湿疹が出る本当の原因をご存知でしょうか? これを根底から治療する方法をご紹介します」   1)中医学は婦人科に詳しいですか? 中医学は婦人科については実質4000年の歴史があります。 世界でも最も経歴が有ります。   2)月経疹はどのような状態の人が多いですか? 生理の前や生理期間中になると、皮膚が全身、赤い蕁麻疹になり異常な痒さがあります。 全身の皮膚が赤く発疹がある。 生理が終わると消失する。 夜に悪化、顔が艶が無い、皮膚が枯れ乾燥する。口が乾く、尿が黄色、便秘する。   3)どのような薬が出ますか? ①五臓の治療薬が出る事が多い。 ②解毒の治療薬が出ます。 ③解熱の治療薬が出る場合が有ります。 ④血の治療薬が出る場合が有ります。 ⑤免疫の治療薬が出ます。   4)中医学は初めて聞いたのですが。 中医学を一般の人で知っている人は余程の情報通です。 写真の本が詳しく書いていますので説明します。 家庭の医学として女性は持っている方が良いです。 この本の34・35ページをご覧下さい。 中医学とは漢方の元祖です。 中医学---中国---元祖 漢方------日本 韓医学---韓国 日本に入ったのは遣隋使・遣唐使の時代です。 それぞれ違いがあります。 中医学は実質4000年の蓄積が有り、 難しい病気に優れた能力を持っています。   5)五臓の薬ですが、私は内臓は正常なのですが。 西洋医学の判断と中医学の判断は全く違います。 この本の8ページをご覧下さい。 ①西洋医学----内臓の物体を判断・治療する医学です。 ②中医学-------内臓の「機能」を判断・治療する医学です。 つまり中医学の五臓とは西洋医学の内臓とは別の事です。   女性の体を機能で判断すると「月経疹」の原因メカニズムがはっきり分かります。 月経疹は生理の度に出て来ます。 生理は子宮と五臓が連携プレイで行われています。 五臓の不調が影響して「月経疹」が発生している場合が多い。 6)血の治療薬はどのような役目ですか? 54・55ページをご覧下さい、血の不調が書いています。 この中に血虚、血瘀、血熱が書いています。 ①血虚----血が虚弱、月経不順になりやすい。 ②血瘀---- 血が固まっている。 ③血熱---- 体内に篭った熱で血が熱を持っている、皮膚の痒みが出る。 この三つのどれかのパターンが関係します。   7)どれくらい飲み続ければ良いですか? まず半年は見ている方が良いと思います。 人によってはもっと余裕を持っている方が良いと思います。 相談は「月経疹」でも実際に上海の一流医師に相談してみると、 体内で予想以上に病気を持っている場合が有ります。 放置すると大きな病気に育ちますので、しっかり取り組むと良いと思います。   8)毎月の費用は幾らくらいでしょうか? 自分の可能なご予算で手に入れれば良いと思います。 無理なく本格的な治療をすることが大切です。 単に薬を手に入れるだけで無く、医師に何度も相談できますのでご安心ください。 不明の点はなんでも相談して下さい。   もっと情報が欲しい方に! 詳しい資料をお見せします。 無料資料です、下記のボタンを押して下さい。 「 月経疹」医学書の説明、その他の情報はこちらを押して下さい   女性の健康管理に〜ご愛用者が多い。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら

生理・月経病

2020/3/30

生理吐血・鼻血 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

 ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   生理の吐血・鼻血の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理で吐血したり鼻血が出たりすると大変困りますね。   最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理時の吐血や鼻血が良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。   中国の本来の中医学は 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 貴女はどのような状態ですか? 下記のような状態が多い。 月経時に吐血したり、鼻血が出たり、耳や目から血が出る。   吐血や鼻血で血が失われるので、生理の量は少なくなり、ついには無月経になる。 生理が早くなる、イライラ、怒りぽい、口が苦い、喉が乾く。 頭がクラクラ回る、耳鳴り、手足に熱、体に熱が出る、喉・口が渇く、咳が出る。 生理で吐血・鼻血する原因は2種類あります。 原因①肝の経絡(値の通路)が鬱・火の状態 肝の経絡が鬱・火の状態になっていますので、 生理では子宮の経絡で下に流れるはずが、上部に逆流します。   その影響で熱が出ます。 この為、血が上昇します。 そして多量の吐血や鼻血が出ます。   原因②肺・腎が虚弱 肺腎が虚弱で肺の経絡を損傷します。 その影響で血が溢れて吐血、鼻血、耳から・目から血が出ます。  どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療結果が違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   生理で吐血や鼻血が出る時は 2種類の治療が有ります。 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題があるからです。  この病では「肝・腎・肺・脾」の4蔵を治療する事が特に多い。   ②血の治療をします。 中国の中医学では月経の治療は「血」が大事です。 もっと言えば血の流れが悪いために月経病が出ています。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。   ・血を養う治療をします。 ・血が熱を持っていますので、血の熱を冷ます治療をします。 ・経絡の中を血が正常に下に流れる治療をします。   このような治療は中国の大病院・名医なら可能です。    下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。      治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。  上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、 中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。       月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.  

生理・月経病

2020/3/30

生理になる度に顔・手・足が浮腫む。副作用の無い、根本から治す方法。安全な治療方法。だるい。悪化

医師監修:生理   「記事作成:後藤です。 生理になると顔や手足が浮腫むのは大変苦痛ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理での浮腫が良くならないのはなぜでしょうか? 普通、治せる方法は無いと思います。 しかし優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。   お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記の状態が多い。 生理になると顔や手足が浮腫む、生理が終われば浮腫もなくなる。 腹が張り食欲が無い。膝・腰がだるい、力が入らない、下痢、生理の量が多い。 ため息が多い、胃が苦しくなる、肋骨の下辺りが張る 。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理浮腫とは 生理になると顔や手足が浮腫む、生理が終われば浮腫もなくなる。   この原因は2種類あります。   原因①脾・腎の「陽」が虚弱な状態に発生します。 人体は様々な面で陰陽のバランスで成り立っています。 そのバランスが崩れると病気になります。   脾・腎にも陰陽が有り、日頃より損傷していると、陽が虚弱になります。 その影響で水があふれ、コントロール出来ないと顔や手足に水が溜まり浮腫みます。   原因②気が滞り、血が滞留し塊ができた。 感情により体内を傷めると、肝の働きが落ちる。 その影響で血行が正常に出来なくなる。 生理の血行がスムーズにいかない。 血が滞留して顔・手足が浮腫みます。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     生理で「顔・手足が浮腫む」時の治療 2種類の治療をします。   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 特に「脾・腎・肝」の治療をします。   ②血の治療をします。 浮腫は血が関係しています。 血を養う治療をします。 血の働きを活発にする治療をします。 血が滞りを無くして流れを良くする治療をします。   ③水の治療をします。 体内の水(津液)が順調に流れる治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、 良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。       治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、 中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、 血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.      

生理・月経病

2020/3/30

生理過多、生理の量が大変多い、なかなか止まらない、根本的に治したい。副作用が無い、安全な治療。

本気で治したい人に。 過多月経の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界で最も長い歴史が有ります。 最大限にご活用してください。」   貴女は生理がなかなか治らないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に生理の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理は食べ物や飲み物、生活スタイルが原因になっている場合が多い。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。   貴女はどのような状態ですか? 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。       過多月経とは     月経量が明らかに多い、周期は正常。  子宮筋腫・子宮内膜症・排卵機能性子宮出血・骨盤内炎症性疾患などが関係します。   原因は3種類有ります。 原因1)気が虚弱 体には気のエネルギーがあります。 「気」が経絡(血の通り道)の中で血をコントロールしています。 ところが気の力が弱い為、血をコントロールする力が弱くなっています。 このため、多量に下血します。   顔色がこう白、言葉が少なく、元気がない。 手足に力が入らない。下腹部が空虚、動悸がする。   原因2)血が熱を持っている。 体が熱を帯びている。 熱の影響で経絡(血の流れる通路)をコントロール出来ない。 この為、多量の血が生理で出た。   血の塊が少し混じる。 口が乾き便秘。 下腹部が硬く痛む。 怠くなる、元気がない、口数が少ない。   原因3)血の塊ができる。 瘀血(血の塊)が出来、血の通り道(経絡)が塞がれ血が溢れた。 その為、月経量が増えた。 血の塊が子宮に停滞すると下腹部が痛くなる。     月経過多の治療 中医学では ①五臓の治療をします。   生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   生理で下血が異常に多い場合は特に 心・肝・腎・脾などを治療します。   血の働きを活発にする治療をします。 血の治療、血の通り道の治療をします。 下腹部が冷えている場合は経絡を温める治療をして止血します。 血の解毒治療をします。   熱を清める治療をします。 解毒治療をします。 治療が正常に行われれば生理は自然な量になります。   これは中医学の診断であれば分かります。   ②血の流れの治療をします。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国の中医学では月経の病の治療は、最大ポイントは血です。   もっと言えば血の流れが悪いために月経病が出ています。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。 しかしこの診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。 中国の中医学であれば可能です。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。       中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。   中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断・治療が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療はパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。   卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などからも 上記のような子宮・卵巣の病気からくる事があります。 これはそれぞれの治療で改善する方法が有りますので、ぜひその説明ページをご覧ください。 わからないことは何でもご相談ください。   1)卵巣嚢腫の総合ページはこちら 2)子宮内膜症の総合ページはこちら   3)子宮腺筋症の総合ページはこちら 子宮腺筋症の方はブログを直接ご覧ください。 子宮腺筋症のブログはこちら       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理になる度に乳房が張って痛い、服に触れないほど痛い。根本から治したい。副作用の無い安全な治療を希望。

本気で治したい人に。  生理乳房腸痛(生理で乳房の張りと痛み)の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理の状態が良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。       貴女はどのような状態ですか? 下記のような状態ですか? 生理で乳房が張り痛い、痒み、服に触れる事もできない痛み。 精神的抑鬱、ため息、いらいら、怒りやすい、口が苦く乾く。 排尿困難、膝・腰ががるい、口・喉が乾燥する。   優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理乳房腸痛(生理の乳房の張り痛み)とは 生理の前中後に乳房が腸り、痒み痛みが出ます。   原因は2種類あります。 原因①肝が損傷しています。 乳房につながる経絡は肝経と胃経の2系統が有ます。 肝経は乳首につながっています。 胃経は乳房につながっています。   怒りなど感情が「肝」を損傷します。 これにより「脾・胃」の機能に無理が来ます。 これが乳房を硬くさせ張りや痛みなどの現象を産みます。   原因②肝腎が弱く血が不足している。 肝腎から乳房に血が行きます。 母乳は血が変化した物です。   肝腎の機能が弱く血が不足している。 この為、乳房につながる経絡(乳絡)の働きが弱くなる。 その影響で両方の乳房が張り、痛い、痒いなどになります。   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療結果が違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   生理の「乳房の張り痛み」の治療 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   乳房が張る場合、特に「肝・腎・脾・胃」の治療が重点になります。 特に肝の状態が改善されると自然と乳房の張りは無くなります。    ②血の治療をします。 血の働きを活発にする治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。   この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。 貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。     なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療はパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理頭痛、生理の度に頭痛がする、激痛。耐えきない、根本治療したい。副作用の無い安全な治療。

本気で治したい人に。 生理頭痛の情報ページです。 「記事作成:担当の後藤です。 生理になるとひどく頭が痛くなるのは本当に大変な苦痛ですね。 痛み止めが効かない。   貴女は「生理のひどい頭痛」が良くならないのはなぜでしょうか?     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 生理になるとひどい頭痛がする。 耐えられないほどの激痛がする。   下記に症状を書きますが、生理頭痛の原因によって症状が別れています。 1)いらいらして寝れない、疲労感、脱力感、頭がくらくらする、動悸がする。 2)めまい、怒りやすい、口が苦い、口や喉が乾く。 3)生理で血の塊が混じる、下腹部が痛い。      生理頭痛の原因は3種類有ります。 生理の前中後に必ず頭痛が出る。 激しい痛みがする。   原因①血が虚弱 もともと血が虚弱な体質。 生理になると血がさらに体外に流出します。 これで体内の血がさらに不足状態になります。 そして十分な血が頭部に回らなくなって頭痛が発生します。   原因②肝が非常に悪くなっている。 生理期は血が経絡(血の通路)の中を子宮に向かって流れます。 もともと肝の陽が強い体質である。 陽が強い状態は熱を生じやすい。   肝の経絡と子宮の経絡は頭部で合流している。 さらに肝は子宮にも経絡でつながっている。 肝が不調だと「熱」の影響がこれらの経絡を伝って頭部に行く。 生理期にひどい頭痛がするのはこの為である。   原因③血の固まり滞留がある。 体内に瘀血(血の塊)がある。 それが経絡(血の通り道)を詰らせた。   そして生理活動は経絡の中の血を流すように働きかける。 しかし詰まっていてほとんど流れない。 この為、頭に血が循環する事ができず頭に激痛が走ります。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   生理頭痛の治療方法 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 生理で頭痛が出る場合は必ず「肝・腎・脾」のどれかが治療対象になります。   ②血の治療をします。 中国の中医学では生理で頭痛がする場合は必ず血の治療をします。   血を養う治療をします。 血の働を活発にする治療をします。 経絡で血が詰まっていますので、瘀血を溶かし血の通りを良くする治療をします。   このような根本治療ができるのが、中国の中医学の優れた特徴です。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。 と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。   五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずです。 根本的に、元から良くするには、五臓の治療は必ず必要です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。    血がどこでつまっているかを医師が診断で見つけます。  ①子宮内に血が残っている。(瘀血) ②五臓のどれかで血が詰まっている。 ③五臓と子宮とをつなく血の通り道です。 これは2本あります。ここが詰まっている。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 これは別の病気を伴わない場合の治療です。 これにはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。   この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。         月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。 月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

毎月の生理以外に生理と生理の中間に性器出血が毎月有る。根本から治したい。副作用の無い安全な治療。

月経中間期出血の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 中医学を最大限にご活用されて下さい。。」   貴女は生理が正常にならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。       中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。       貴女はどのような状態ですか? 下記のような状態が多い。 中間期出血 、生理が終わったのに次の生理との中間にまた出血する。 2〜3日続く、出血量は生理期より少ない、周期的。   下腹部の両側、あるいは片側が張り痛い。 乳房が張れて痛い。 オリモノが粘く多い。 などの症状が多い。   月経中間期出血とは  生理と生理の間の中間期に起きる周期的な性器出血の事です。   原因は3種有ります。 ①腎が弱い事が原因 腎の先天的不足や過度なセックス、多産の為に腎を損傷した。 この為、腎の精血が消耗された。 この為、臓器と子宮の間の経絡(血の通り道)が不調になり出血します。   ②感情が原因 感情が肝を損傷し脾・胃の働きを悪くした。 この為、血を作る事が出来なくなった。 逆に湿が増え、臓器と子宮の間の経絡(血の通り道)を損傷し出血した。   ③瘀血(血の塊)が原因 体質が不十分で、出産後に瘀血が残り、子宮の経絡(血の通り道)を塞いだ。 または感情により臓器と子宮の間の経絡(血の通り道)の働きが弱り、長期化して瘀血を作った。 排卵期に子宮の経絡(血の通り道)を損傷して出血する。     どうやって治すか? 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   月経中間期出血の治療  中薬の治療 陰を滋養する治療をします。   血の治療、血の通り道の治療をします。 治療が正常に行われれば生理は自然な状態になります。   治療①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 中間期出血は特に肝・腎・脾を治療する場合が多い。   治療②血の治療をします。 中国の中医学では生理の治療は、重要ポイントは「血」です。 もっと言えば血の流れが悪いために月経病が出ています。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。   血が弱いので、血を養う治療をします。 血の働きを高める為、血を活発にさせる治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   中間期出血は 細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療にはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。   この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理身体痛、生理になると体が痛い、手足が麻痺する、根本から治したい。副作用の無い安全な治療方法。

本気で治したい人に。 生理身体痛の情報ページです。 根本治療できる病です。 「記事作成:後藤です。 生理になると毎回、体のひどい痛みが出ると大変苦痛ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。」   貴女は生理で体の痛みが止まらないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記のような症状が多い。 この病に原因が二つありますので、それにより症状も違っています。   生理になると身体の痛みが出てくる、生理が終わると次第に痛みが消える。 1)原因①の場合の症状 痛みが出ているときは体の麻痺を感じる、手足に力が入らない、脱力感がある、生理の量は少ない、生理の色は淡い。   2)原因②の場合の症状 生理時に膝・腰・関節が痛い、暖かくすると軽くなり、冷えるとひどくなる、生理の色は黒く血の塊が混じる事がある。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理身体痛は2種類の原因があります。 生理の前中後に身体の痛みが出ます。 治療は十分に可能です。   原因①血が虚弱 全身の血が虚弱、量も不十分な為、全身の筋肉や血脈を滋養できていない。 あるいは大病・慢性疾患で筋肉が栄養されなくなり身体に痛みが出ます。 痛みとは「血が流れない」時に出ます。   原因②血瘀 日頃から「寒湿」が関節や経絡(生理の血の通り道)に溜まっている。 つまり関節や経絡は常に冷えている状態です。 その状態では、生理で経絡に血が流れますので、その血を冷やします。   血は冷えると固まり滞留します。 血の流れが止まり体に痛みが出ます。       どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? それによって治療結果が違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     生理身体痛の治療方法 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 生理で身体に痛みが出る場合、特に「脾・肝・腎」の治療をする場合が多い。   ②血の治療をします。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? それによって治療結果が違ってきます。 生理で体に痛みが出るのは血の流れが悪いために月経病が出ています。   血を養う治療をします。 血の働きを活発にさせる治療をします。 血の通りを良くする治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。 と書いています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。    血がどこでつまっているかを医師が診断で見つけます。  ①子宮内に血が残っている。(瘀血) ②五臓のどれかで血が詰まっている。 ③五臓と子宮とをつなく血の通り道です。 これは2本あります。ここが詰まっている。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。       月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理になる度に下痢をする。悪化。根本から治す方法。副作用の無い安全な治療方法。

本気で治したい人に。 生理下痢の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると下痢をする状態は大変苦痛ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学を最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。       中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記の状態が多いと思います。 生理になると下痢をする理由は2種類あります。   生理下痢、生理になるといつも下痢をする。 排便の回数が1日に何回もある。普段でも下痢気味だが、生理になるとさらに下痢をする。 大便が水のように薄い、夜明け前に下痢をする、体が寒く、手足が冷える。腹が張る、疲労感、 手足に力が入らない、顔・手足がむくれる、生理の量が多い。目まい、耳鳴りがする。     それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 メカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。       生理下痢の原因は2種類あります。 原因①脾が虚弱です。 脾は皆さんが知っている脾臓とは「機能」が全く違います。 しかも脾臓だけでなく別の臓器を含んだものが「脾」です。 日本では「脾」はサブ的な臓器に思われていますが、中医学では中心になる重要な臓器です。   脾の役目の一つに「水」を運ぶ役目があります。 脾が虚弱になっているので「水」を運ぶ力がありません。 本来ならその水は体の上部に行くのですが、それが出来ない。   この為、水が下の方、つまり大腸に降りるので下痢になります。 時にはその水が皮膚・筋肉に向かいますので顔や手足が浮腫が出ます。   原因②腎が虚弱です。 腎と脾はお互いに関係があります。 腎が虚弱だと脾も弱ります。 脾が水を上に運ぶ力がない為、大腸に水がおりて下痢になります。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜 の治療をしますので、実際に大変良い成果を出しています。   生理で下痢をする治療は2種類です。 ①基本的に五臓を治療します。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理で下痢が起きるのは、五臓の治療が必要です。 特に脾・肝・腎を治療しますが、胃も合わせて治療する事が多い。     ②「気」のエネルギーの治療もします。 気は電気のような存在で、五臓の働きや全身の働きにあらゆる面で必要です。   1)下痢をする場合、脾の「気」が弱いので 脾が栄養を手足に送ることが出来ず手足がだるくなり、下痢をしています。 しかし脾の「気」を高める治療をしますので、 脾の働きがよくなり、手足に栄養を送ることができるので、だるさが無くなり下痢も自然と無くなります。   2)腎の「気」を高める治療をします。 腎・脾とも「気」の働きが活発になれば、下痢は自然に治癒します。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療にはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理の度に遅い。7日以上遅い、根本から治す方法。副作用がない、安全な治療方法をしたい。

本気で治療したい人の 月経後期の情報ページです。   「記事作成:後藤です。 生理の度に遅くなるのは大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については実質4000年の歴史があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理が正常にならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に生理の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理が遅れる原因は生活や飲食の問題が多くあります。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。 貴女はどのような状態ですか? 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。 月経後期とは  生理が7日以上遅れる、ひどくなると1〜2ヶ月遅れる状態を言います。 2〜5日くらいの遅れで、その他には症状がないものは正常の範囲内です。 月経後期で、さらに生理の量が少ない場合はやがて「無月経」に進む場合が多い。 原因は4種類有ります。 1)血が冷えている。 外気の寒さが体内に入ったり、体を冷やす食べ物を過食した。 それで血が固まり気味になり流れが悪くなった。 この為、生理が遅れるようになった。   2)体内が寒になっている。 体を温める「陽気」が不足している。 その為、体内が「寒」の状態になった。 その影響で血の動きが悪くなり生理が遅れるようになった。 生理の量も少ない。   3)血が虚弱 新しく作られる血が少ない。 この為、子宮につながる血の通り道(経絡)の血が不足する。 この為、生理が遅れる事になった。   4)気が滞留 感情により気が鬱結した。 その影響で血の流れが悪くなった。 この為、生理が遅くなった。 生理が遅れる治療は3種類あります。 ①五臓の治療をします。 まず第一に生理に関する病気(月経病)は色々有りあますが、生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   生理が遅れる場合は五臓の全部が対象です。 医師が心・肝・腎・脾・胃を診断し、悪い所を治療をします。 これは中医学の診断であれば詳しく分かります。   ②血の流れの治療をします。 中国の中医学では生理の治療の最大ポイントは血です。 血の流れが悪いために生理が大幅に遅れます。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。   ・血を養う治療をします。 ・血の働きを活発にさせ、血の通りを良くします。 ・経絡(血の通り道)を温め、寒を散らします。 ・子宮を温める治療をします。   ③気の治療をします。 ・精神状態を安定させる治療をします。 ・肝の気の通りを良くし、血の通りを良くします。 ・脾の気を治療して、血を誘導する力を増します。   治療が順調に進めば生理は自然と正常になります。   どうやって自分の身を守るか? 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、生理の病の治療は、体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しています。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。   中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。   2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。   五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。 上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、 中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、 血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 ま   月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.     

生理・月経病

2020/3/30

生理の度に口や舌がただれる、唇に疱疹ができる。根本から治療する方法。副作用の無い安全な治療方法。

本気で治したい人に。 生理の「口・舌のただれ」の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると口・舌がただれたり疱疹ができると大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」 貴女は生理に口・舌のただれが良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。       中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。      貴女はどのような状態ですか? 生理で口や舌にただれや疱疹ができる場合は下記に状態が多い。 月経の度に口や舌がただれる、生理が終わると消えていく。 口臭がする、口が乾く、尿が黄色、便秘。 口の中に疱疹、腹が張る、下痢、臭い。   この病は詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理になると「口・舌がただれる」 生理の前・途中・後になる度に口や舌にタダレが出来る。   この原因は2種類あります。  原因①陰虚で火が旺盛(陰虚火旺) 人体は陰陽でバランスを取っています。 しかし陰が虚弱でバランスが崩れている状態です。 さらに体の状態が非常に悪く「火」と言う最も悪い状態と重なります。   この陰虚火旺の状態の火・熱の影響が生理になると出ます。 それが口・舌のただれです。   陰虚火旺の体質人が ・強い感情の影響で火が発生し、生理と結びつくと口・舌にただれができます。 ・熱病で患っていると、生理と結びついて口・舌にただれができます。     原因②胃熱燻蒸 これは胃に熱があり、こもって蒸す状態です。 この為、胃の熱が旺盛になります。   胴体を上・中・下に分け、上を「上焦」と言います。 この上焦に先ほどの胃の熱がこもります。 そうすると口内・唇のただれや疱疹ができます。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     生理で口・舌にただれが出来る時は 2種類の治療が有ります。   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題があるからです。 口・舌がただれる状態は「肝・腎」の治療をします。   ②熱の治療をします。 熱を清める治療をします。 解毒する治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.  

生理・月経病

2020/3/30

生理の度に周期が早い、いつも七日以上早い。根本治療したい。副作用の無い安全な治療方法。

本気で治したい人に 月経先期の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理の周期が早く、本当に治せる方法がないか、困っていませんか。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理が正常にならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 生理を正常にするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理は食べ物や生活なども関係している場合が大変多い。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。   月経先期とは 生理が7日以上早くなる、周期が2回以上連続して繰り上がる物を言います。 たまたま1回早くなったものは、月経先期には含みません。 周期が3〜5日ほど早い場合では、他に特別な症状がない場合は月経先期とはしません。   周期が早い場合は「量が多い」ですが、そうとも言えません。 一定ではない時もあります、少ない時もあります。 この違いは原因・メカニズムが数種類あるからです。   生理の周期が早くなると、次のステップとして、 生理と生理の間に大量の血が出る「崩漏」に進む可能性がありますので、 注意が必要です。 原因は2種類有ります。 1)気が虚弱 人体には「気」というエネルギーがあります。 飲食が適切でない、過労、考え込む事が度を越した。   その為「脾」の気を損傷した。 この影響で脾から子宮につながる経絡(血・気の通り道)の機能が失調した。 そして血をコントロールできなくなり血が下がり生理が早くなった。   2)血が熱を帯びている ①体質的な面と、食べ物が原因で熱が出る。 この為、子宮につながる経絡(血の通り道)に熱が伝わり血が下に下がる。 そして生理が早くなった。   ②感情の影響で肝が損傷した。 血の流れが錯乱し、生理が早くなった。 感情は肝を損傷させますので用心しましょう。 生理に大きな影響を与えます。   ③慢性疾患や出血などが原因。 熱が出て、それが子宮につながる経絡(血の通り道)をかく乱させる。 それで生理が早くなった。 月経先期の治療 ①五臓の治療が必要です。 まず第一に生理に関する病気(月経病)は色々有りますが、生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   生理の周期が早い場合は特に 心・肝・腎・脾を治療します。 これは中医学の診断であればすぐに分かります。   ②生理ですので血の治療が必要です。 中国の中医学では生理周期が早い時の治療は、最大ポイントは血です。 特に血が「熱」を持っていますので、熱を静める治療をします。   感情の影響で肝が「熱」を持っている事も含まれますので、これも血の熱を沈めます。 血を養ったり補う治療薬も使います。   ③気の治療をします。  特に「脾」の気です。 脾は食べ物から血を作る所です。(西洋医学の脾臓とは概念が全く違います) 脾は血の原料の体の上部にあげる作用を持っています。   その力が気ですが、「脾気」の力が弱いので気が下にさがり、それが生理が早くなる原因になっています。 ですから治療としては脾の気を強く元気にして気が上の行くように治療をします。   脾の気は油断できません。 これが弱いと慢性の下痢や、脱肛、ひどくなると内臓下垂になります。   このような3種類の治療する事で生理は改善の方向に向きます。 この診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。 中国の中医学であれば可能です。    どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。 臨床では多く発生します。   症状は生活に影響を与えます。   中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。 五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   細かく言えば説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。   治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。 {{cta('932c5b44-a91e-4bf5-914e-436a9c6db7fc')}} 上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理の度に熱が出る。いらいらし気分も悪い。根本から治す方法。副作用の心配がない安全な治療。

本気で治したい人に。 生理発熱の情報ページです。 生理発熱は 慢性骨盤内炎症性疾患、性器結核、子宮内膜症、感染症などより発熱します。 筆者:「ビビッド・ライフの後藤です。 生理の度に熱が出るのは大変ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理の発熱が良くならないのはなぜでしょうか?      貴女はどのような状態ですか? 生理になると体が熱くなる。 下記は原因別の症状です、4種類あります。 1)顔が赤くなる、いらいら、怒りやすい、口が渇く、尿が黄色、便秘。 2)午後になると熱が出る、両方の頬が赤くなる、眠れない。 3)発熱し寒い、汗が出る、だるい、手足に力が入らない、元気がない、口数が少なくなる。 4)腹が痛い、月経は血の塊が混じる。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。   生理発熱は 慢性骨盤内炎症性疾患、性器結核、子宮内膜症、感染症などと関係します。   生理発熱の原因 原因は4種類あります。 生理の前中後に発熱する。 原因①血熱---血が熱を帯びている。 日頃から ・辛い食べ物を好んで食べる人は体に熱が発生します。 ・あるいは肝が非常に悪くなって熱が出ます。 ・陽が旺盛な体質の為、生理時に発熱します。   このような事から子宮につながる経絡(血の通り道)に熱がこもります。 この熱が月経時になると追い風となり、生理発熱します。   原因②肝腎が虚弱 日頃から ・血が不足している体質 ・労働・多産・セックス過剰で血が不足している。 ・慢性疾患で血が不足している 慢性疾患は慢性骨盤内炎症性疾患、性器結核、子宮内膜症、感染症などが関係します。 以上の血液不足の状態は「肝腎」の虚弱と関係します。 そして生理時期になると血がさらに不足します。 この為、熱が体内に出て生理発熱が起きます。   原因③気・血が虚弱 人体には「気」のエネルギーがあります。 これは免疫のことで、体を守り体の働きを活発にさせます。   ところが ・先天的に体が弱い。 ・あるいは過度の労働、慢性疾患で栄養失調になって気を消耗している。   この状態で生理になると血を出すために「気」を多量に使います。 気が不足し、免疫機能が大幅に下がり微熱が出て、寒気がします。   原因④瘀血による熱 ・生理や出産の後に子宮から血が全部出てしまわなかった。 ・あるいは、体外の影響・体内の問題で子宮に古い血の固まりが残った。   このようにして古い血の塊が子宮内に蓄積された。 この古い血から熱が発生してこもる。 そして免疫機能が大幅に低下して発熱した。   生理発熱の治療方法 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理で発熱する場合、五臓を治療する場合が多い。 特に肝・腎を治療する場合が多い。   ②血の治療をします。 生理では血の治療は欠かせません。 血の熱を下げる治療をします。 血を養い、血の働きを活発にする治療をします。   古い血が子宮に固まり溜まっていますので溶かします。 血の流れを良くする治療をします。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 症状は生活に影響を与えます。   中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年)  ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     子宮内膜症からも 上記のような子宮内膜症からくる事があります。 これは治療で改善する方法が有りますので、ぜひその説明ページをご覧ください。 わからないことは何でもご相談ください。 子宮内膜症の総合ページはこちら   上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理の度に感情や情緒が乱れて不安定になる。悪化。根本から治す治療したい。副作用のない安全な治療を希望。

生理感情異常(情緒不安定)の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると精神が乱れると、大変不安ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は根底から治療することが出来ます。」     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。       貴女はどのような状態ですか? 下記の状態になります。 生理になると精神状態が非常に悪くなる。 苛立つ、悲しむ、悼む、大声でわめく、ぶつぶつ独り言を言う、一晩中眠れない、肋骨の下辺りが張って痛い、食欲不振。 狂ったように騒ぐ、頭痛がして寝れない、顔・目が赤くなる、心臓・胸が苦しい。   この状態はそれぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。         生理感情異常(情緒不安定)とは 生理の前・途中・後に怒りっぽくなったり、悲しんだり、大声で泣く、 ブツブツ独り言をいう、夜中じゅう眠れないなど、精神的な異常。   この原因は2種類あります。   原因①肝が悪くなった 「気持」ちが伸びやかでないので肝が損傷した。 「精神状態」が抑鬱されて情緒が不安定になった。   原因②痰が火の状態になった まず問題は「感情」です。 感情が鬱積すると火になる。 津液が加熱、煮詰められ痰が出来る。 この痰がさらに精神をかき乱す。 これにより精神が逆乱して感情異常になります。   両方とも実質の原因は日頃の「感情」です。   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   生理で「感情が異常になる」時の治療 2種類の治療をします。   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 感情で悪化した事が主原因ですので必ずと言って良いほど『肝』の治療をします。   ②熱の治療をします。 熱を清める治療をします。   ③痰の治療をします。 痰を溶かす治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 これは別の病気を伴わない場合の治療です。 これにはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。   病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。   上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、 医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、 血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

18歳超えても生理が無い。前は生理が有ったが、ここ3ヶ月以上無い。根本治療したい。副作用の無い治療。

無月経の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学を最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   月経病は種類が沢山あります。 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。 月経病の原因・メカニズムは非常に複雑です。 月経病は取り上げた物以外にも色々あります。     貴女はどのような状態ですか? 下記の状態が多いです。 無月経、18歳以上なのに生理が全く無い。 生理が毎月遅れていたが、いまは3ヶ月以上生理がない。   体が弱い、腰がだるい、足に力が入らない、めまい、耳鳴り、目がかすむ。 動悸がする、息が切れる、食欲が無い、髪が抜ける、咳をする、つばや血を吐く。 怒りっぽい、下腹が張って痛い。胸苦しい、おりものが多い。     無月経とは   18才以上になっているが初潮がない。 あるいは生理が三ヶ月以上無い。 生理が毎月遅れていたが、生理が全く無くなった。   無月経の原因は5種有ります。 原因①腎の働きが不十分、肝の血が虚弱で少ない。 月経後期(生理が毎月遅れていた)だったが、次第に量が少なくなり無月経となった。 臓器と子宮をつなぐ2本の血の通路(経絡)が栄養されて居ない。 などで無月経になる。   あるいは多産・流産・セックス過剰・慢性疾患などで腎の精が消耗した。 この為、肝の血が欠乏している。 子宮に流す血がない為、無月経になっている。   原因②元より胃・脾が虚弱だった。 あるいは飲食の問題や感情の問題で脾・心を損傷して血が不足している。 または慢性疾患・大病・下血・吐血・流産・早産で出血する事が重なった。 または哺乳期間が長かった。 などにより血が不足し、無月経となった。   原因③「辛い・乾燥」の食べ物を 過食した為、血が不足し無月経となった。   原因④瘀血を作った。 感情により肝を傷め血が固まる状態になり無月経になった。 また生理期や出産期に「風・冷・寒・熱」などの気候が体内に影響を与えた。 この為、血が固まる状態になり無月経になった。   原因⑤肥満体で有れば 体内は「痰・湿」が多い状態です。 「痰・湿」は臓器と子宮の間の経絡(血の通り道)を塞ぎます。 この為、生理が起こらなくなります。   無月経の治療 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 無月経は特に「肝・腎・脾」の治療が多い。   ②血の治療をします。 中国の中医学では月経の治療の重大ポイントは「血」です。 血をきれいにする治療をします。 血を補う治療をします。   血を養う治療をします。 血の働きを活発にし、血の熱を冷ます治療をします。 経絡(子宮につながる血の通り道)の通りを良くし、血を通らせます。 血の塊や汚れを取ります。   ③痰の治療をします。 肥満体型の人は胴体部分で体液(津液)が固まり痰となっている。 痰の影響で子宮につながる経絡が詰まり血が流れなくなっている。 痰を消し、血の通りを良くします。   これらの治療をすると自然に生理の量が正常に戻ります。     どうやって自分の身を守るか? 生理の変調は体に大問題です。 五臓や血・体液・気などが全体的に不調になっています。 そこから難しい体の状態が増えます。   世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療方結果が違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。    血がどこでつまっているかを医師が診断で見つけます。  ①子宮内に血が残っている。(瘀血) ②五臓のどれかで血が詰まっている。 ③五臓と子宮とをつなく血の通り道です。 これは2本あります。ここが詰まっている。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。       なぜ発生したのかご存知ですか? 意外と貴女がした事が原因の場合も多いので、下記の資料は必ずご覧ください。 無料資料です。   治療はパターンがあります。 これは別の病気を伴わない場合の治療です。 これにはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。   病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.  

生理・月経病

2020/3/30

月経の度に期間が延長、生理期間が長い、7日以上続く、根本から治す方法。副作用の無い安全な治療。

  月経延長の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学を最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。   中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理の異常は食べ物・飲み物・精神状態・生活スタイルなどが関係することが非常に多い。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。       貴女はどのような状態ですか? 経期延長。 生理の周期は問題ないが、生理が7日以上続く、長い時は半月も続く。 排出されるものは粘液ではなく血である。腹痛、喉が乾き口が乾く。   優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     月経延長とは   生理の周期は問題ないが、生理が7日以上続く、長い時は半月も続く。 排出されるものは粘液ではなく血である。   月経延長の原因は2種類有ります。 原因①大気など体外から病気の原因要素が子宮に侵入すると 血が固まりとなり子宮内に付着しています、瘀血と言います。 瘀血が子宮と臓器の間を血を通している通路(経絡)を詰まらせる。 このため新しい血の流れが阻まれ経期が延長します。   原因②陰が虚弱で、 多産・セックス過剰・疲労によって 血が損傷・消耗します。 その影響で体内で熱が発生します。 その熱が子宮と五臓の血の通り道(経絡)を塞ぐので、血が足らなくなり、経期が延長します。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって結果が違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   経期延長の治療 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理は五臓に問題がある場合が大変多い。 生理が延長する場合は特に「肝・腎」が弱い場合が多いので滋養する治療が多い。   ②血の治療をします。 中国の中医学では月経の病の治療は、最大ポイントは血です。 もっと言えば血の流れが悪いために月経病が出ています。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。   血の塊を溶かす治療をします。 血の力が弱いので活発にさせる治療をします。 血が固まらない治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。     細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療にはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。       月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   月経病の総合ページはこちら  個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.  

生理・月経病

2020/3/30

9)無月経、18歳超えても生理が無い。生理が3ヶ月以上ない。正常にしたい。根本治療、総合情報。

無月経の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は月経病が良くならないのはなぜでしょうか? 月経病は種類が沢山あります。   優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。     お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。 月経病の原因・メカニズムは非常に複雑です。 月経病は取り上げた物以外にも色々あります。     貴女はどのような状態ですか? 下記の状態が多いです。 無月経、18歳以上なのに生理が全く無い。 生理が毎月遅れていたが、いまは3ヶ月以上生理がない。   体が弱い、腰がだるい、足に力が入らない、めまい、耳鳴り、目がかすむ。 動悸がする、息が切れる、食欲が無い、髪が抜ける、咳をする、つばや血を吐く。 怒りっぽい、下腹が張って痛い。胸苦しい、おりものが多い。     無月経とは   18才以上になっているが初潮がない。 あるいは生理が三ヶ月以上無い。 生理が毎月遅れていたが、生理が全く無くなった。   無月経の原因は5種有ります。 原因①腎の働きが不十分、肝の血が虚弱で少ない。 月経後期(生理が毎月遅れていた)だったが、次第に量が少なくなり無月経となった。 臓器と子宮をつなぐ2本の血の通路(経絡)が栄養されて居ない。 などで無月経になる。   あるいは多産・流産・セックス過剰・慢性疾患などで腎の精が消耗した。 この為、肝の血が欠乏している。 子宮に流す血がない為、無月経になっている。   原因②元より胃・脾が虚弱だった。 あるいは飲食の問題や感情の問題で脾・心を損傷して血が不足している。 または慢性疾患・大病・下血・吐血・流産・早産で出血する事が重なった。 または哺乳期間が長かった。 などにより血が不足し、無月経となった。   原因③「辛い・乾燥」の食べ物を 過食した為、血が不足し無月経となった。   原因④瘀血を作った。 感情により肝を傷め血が固まる状態になり無月経になった。 また生理期や出産期に「風・冷・寒・熱」などの気候が体内に影響を与えた。 この為、血が固まる状態になり無月経になった。   原因⑤肥満体で有れば 体内は「痰・湿」が多い状態です。 「痰・湿」は臓器と子宮の間の経絡(血の通り道)を塞ぎます。 この為、生理が起こらなくなります。       無月経の治療 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 無月経は特に「肝・腎・脾」の治療が多い。   ②血の治療をします。 中国の中医学では月経の治療の重大ポイントは「血」です。 血をきれいにする治療をします。 血を補う治療をします。   血を養う治療をします。 血の働きを活発にし、血の熱を冷ます治療をします。 経絡(子宮につながる血の通り道)の通りを良くし、血を通らせます。 血の塊や汚れを取ります。   ③痰の治療をします。 肥満体型の人は胴体部分で体液(津液)が固まり痰となっている。 痰の影響で子宮につながる経絡が詰まり血が流れなくなっている。 痰を消し、血の通りを良くします。   これらの治療をすると自然に生理の量が正常に戻ります。     どうやって自分の身を守るか? 生理の変調は体に大問題です。 五臓や血・体液・気などが全体的に不調になっています。 そこから難しい体の状態が増えます。   世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療方結果が違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。    血がどこでつまっているかを医師が診断で見つけます。  ①子宮内に血が残っている。(瘀血) ②五臓のどれかで血が詰まっている。 ③五臓と子宮とをつなく血の通り道です。 これは2本あります。ここが詰まっている。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。       なぜ発生したのかご存知ですか? 意外と貴女がした事が原因の場合も多いので、下記の資料は必ずご覧ください。 無料資料です。   治療はパターンがあります。 これは別の病気を伴わない場合の治療です。 これにはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。   病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。   「中西結合医学」で治療する方法も有ります。 中医学と西洋医学との組みあわせでより効果を出す方法です。 それを中西結合医学と言います。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。 生理の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

2)月経後期、生理がいつも遅い。7日以上、根本から治す。正常な生理にする。総合情報。

月経後期の情報ページです。   「記事作成:後藤です。 生理が遅い人は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの歴史があります。 下記情報を最大限にご活用して。」   中国の本来の中医学は 中医学の婦人科は治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に生理の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理が遅れる原因は生活や飲食の問題が多くあります。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     月経後期とは  生理が7日以上遅れる、ひどくなると1〜2ヶ月遅れる状態を言います。 2〜5日くらいの遅れで、その他には症状がないものは正常の範囲内です。 月経後期で、さらに生理の量が少ない場合はやがて「無月経」に進む場合が多い。   原因は4種類有ります。 1)血が冷えている。 外気の寒さが体内に入ったり、体を冷やす食べ物を過食した。 それで血が固まり気味になり流れが悪くなった。 この為、生理が遅れるようになった。   2)体内が寒になっている。 体を温める「陽気」が不足している。 その為、体内が「寒」の状態になった。 その影響で血の動きが悪くなり生理が遅れるようになった。 生理の量も少ない。   3)血が虚弱 新しく作られる血が少ない。 この為、子宮につながる血の通り道(経絡)の血が不足する。 この為、生理が遅れる事になった。   4)気が滞留 感情により気が鬱結した。 その影響で血の流れが悪くなった。 この為、生理が遅くなった。   生理が遅れる治療は3種類あります。   ①五臓の治療をします。 まず第一に生理に関する病気(月経病)は色々有りあますが、生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   生理が遅れる場合は五臓の全部が対象です。 医師が心・肝・腎・脾・胃を診断し、悪い所を治療をします。 これは中医学の診断であれば詳しく分かります。   ②血の流れの治療をします。 中医学では生理の治療の最大ポイントは血です。 血の流れが悪いために生理が大幅に遅れます。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。   ・血を養う治療をします。 ・血の働きを活発にさせ、血の通りを良くします。 ・経絡(血の通り道)を温め、寒を散らします。 ・子宮を温める治療をします。   ③気の治療をします。 ・精神状態を安定させる治療をします。 ・肝の気の通りを良くし、血の通りを良くします。 ・脾の気を治療して、血を誘導する力を増します。   治療が順調に進めば生理は自然と正常になります。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中医学を学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、非常に進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て中医学の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。     医薬品が大事です。 中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。   月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

21)生理になると感情・情緒が乱れ不安定になる。悪化している、根本から治したい。総合情報。

  生理感情異常(情緒不安定)の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると精神が乱れると、大変不安ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 この治療は大変難しく貴女も方法は見つかっていないはずです。   「中医学なら根底から治療することが出来ます。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」     お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。       貴女はどのような状態ですか? 下記の状態になります。 生理になると精神状態が非常に悪くなる。 苛立つ、悲しむ、悼む、大声でわめく、ぶつぶつ独り言を言う、一晩中眠れない、肋骨の下辺りが張って痛い、食欲不振。 狂ったように騒ぐ、頭痛がして寝れない、顔・目が赤くなる、心臓・胸が苦しい。   この状態はそれぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。         生理感情異常(情緒不安定)とは 生理の前・途中・後に怒りっぽくなったり、悲しんだり、大声で泣く、 ブツブツ独り言をいう、夜中じゅう眠れないなど、精神的な異常。   この原因は2種類あります。   原因①肝が悪くなった 「気持」ちが伸びやかでないので肝が損傷した。 「精神状態」が抑鬱されて情緒が不安定になった。   原因②痰が火の状態になった まず問題は「感情」です。 感情が鬱積すると火になる。 津液が加熱、煮詰められ痰が出来る。 この痰がさらに精神をかき乱す。 これにより精神が逆乱して感情異常になります。   両方とも実質の原因は日頃の「感情」です。   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。 生理で「感情が異常になる」時の治療 2種類の治療をします。   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 感情で悪化した事が主原因ですので必ずと言って良いほど『肝』の治療をします。   ②熱の治療をします。 熱を清める治療をします。   ③痰の治療をします。 痰を溶かす治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。       治療はパターンがあります。 これは別の病気を伴わない場合の治療です。 これにはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。   病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、 医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、 血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に治りが良く安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。 個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.  

生理・月経病

2020/3/30

20)生理になると顔や手足が浮腫む、悪化、根本から治す。副作用の無い、安全な治療方法。総合情報。

本気で治したい人の 生理浮腫の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると顔や手足が浮腫むのは大変苦痛ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理での浮腫が良くならないのはなぜでしょうか? 普通、治せる方法は無いと思います。 しかし優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。   お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記の状態が多い。 生理になると顔や手足が浮腫む、生理が終われば浮腫もなくなる。 腹が張り食欲が無い。膝・腰がだるい、力が入らない、下痢、生理の量が多い。 ため息が多い、胃が苦しくなる、肋骨の下辺りが張る 。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理浮腫とは 生理になると顔や手足が浮腫む、生理が終われば浮腫もなくなる。   この原因は2種類あります。   原因①脾・腎の「陽」が虚弱な状態に発生します。 人体は様々な面で陰陽のバランスで成り立っています。 そのバランスが崩れると病気になります。   脾・腎にも陰陽が有り、日頃より損傷していると、陽が虚弱になります。 その影響で水があふれ、コントロール出来ないと顔や手足に水が溜まり浮腫みます。   原因②気が滞り、血が滞留し塊ができた。 感情により体内を傷めると、肝の働きが落ちる。 その影響で血行が正常に出来なくなる。 生理の血行がスムーズにいかない。 血が滞留して顔・手足が浮腫みます。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     生理で「顔・手足が浮腫む」時の治療 2種類の治療をします。   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 特に「脾・腎・肝」の治療をします。   ②血の治療をします。 浮腫は血が関係しています。 血を養う治療をします。 血の働きを活発にする治療をします。 血が滞りを無くして流れを良くする治療をします。   ③水の治療をします。 体内の水(津液)が順調に流れる治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、 良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、 中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、 血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に治りが良く安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

19)生理になると目まいがする。悪化、根本から治したい。副作用の無い、安全な治療方法。総合情報。

  本気で良くしたい人の為の 生理眩暈(めまい)の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると不調を訴える人が大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 目眩は根本治療が必要です。」   「中医学は婦人科については世界トップの歴史があります。 この情報を最大限にご活用してください。」   生理になると目眩になるのはなぜでしょうか? 優秀な中医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。       本来の中医学は 中医学の婦人科は世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記のような状態が多い。 生理目眩、月経ではいつも目がかすんで目まいがする。 生理の量は少ない、顔色が黄色、顔につやがない、イライラ、眠れない。 生理の量は多い、怒りやすい、口や喉が乾燥する。 頭が重たい、胸が苦しく気分が悪い、食が少ない、寝てばかり。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。   生理眩暈(月経めまい)とは 生理の前・途中・後になると毎回、目が霞んでめまいがする。   この原因は3種類あります。   原因①「血」が虚弱な状態に発生します。 血が虚弱な為、胴体の上部(上焦)をに血を送ることができない。 この為、めまいを生じる。   原因②「陰」が虚弱な状態。 「陰」が虚弱体質の人だったり・慢性病がある人・あるいは熱病の後に、 仕事やセックスを過剰にすると 「陰」が何度も損傷される状態が続いて、血が不足している。   その状態では生理になると血を使うのでさらに血が不足する。 この影響で体の上部に血を送ることができず(栄養できなくなり)「めまい」が発生する。   原因③「脾」が虚弱な状態。 中医学の「脾」は西洋医学の脾臓だけを言っているのでは無い。 従って「脾」の機能は西洋医学とは大きく違います。 脾の役目の一つは水を体の上部に運ぶことです。   しかし脾が虚弱な為、上部に運ぶ事ができず、水が停滞し「痰」を作る。 生理によって気血が下に下がる。 この影響から「痰」が体の上部をかき乱し「めまい」が発生します。   (上記はこれ以上の複雑な点は避けて説明しています。)   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療方法が違います。   中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     生理で「めまい」がする時の治療 2種類の治療が有ります。   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題があるからです。  この病では「肝・腎・脾・心」の4蔵と「胃」を治療する事が特に多い。   ②血の治療をします。 生理の治療の重大ポイントは血です。 血が虚弱な為、血を養う治療をします。 血の帯びている熱を清める治療をします。   ③痰の治療をします。 痰を溶かすことと、取り除く治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。       中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。         トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。   中医学では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

1) 月経先期、生理の周期が早い、7日以上早い。根本治療したい。副作用の無い安全な方法。総合情報。

月経先期の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理の周期が早く、本当に治せる方法がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理が正常にならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 ほとんどの場合、正常にする事が出来ます。     お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 生理を正常にするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理は食べ物や生活なども関係している場合が大変多い。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。   月経先期とは 生理が7日以上早くなる、周期が2回以上連続して繰り上がる物を言います。 たまたま1回早くなったものは、月経先期には含みません。 周期が3〜5日ほど早い場合では、他に特別な症状がない場合は月経先期とはしません。   周期が早い場合は「量が多い」ですが、そうとも言えません。 一定ではない時もあります、少ない時もあります。 この違いは原因・メカニズムが数種類あるからです。   生理の周期が早くなると、次のステップとして、 生理と生理の間に大量の血が出る「崩漏」に進む可能性がありますので、 注意が必要です。   原因は2種類有ります。 1)気が虚弱 人体には「気」というエネルギーがあります。 飲食が適切でない、過労、考え込む事が度を越した。   その為「脾」の気を損傷した。 この影響で脾から子宮につながる経絡(血・気の通り道)の機能が失調した。 そして血をコントロールできなくなり血が下がり生理が早くなった。   2)血が熱を帯びている ①体質的な面と、食べ物が原因で熱が出る。 この為、子宮につながる経絡(血の通り道)に熱が伝わり血が下に下がる。 そして生理が早くなった。   ②感情の影響で肝が損傷した。 血の流れが錯乱し、生理が早くなった。 感情は肝を損傷させますので用心しましょう。 生理に大きな影響を与えます。   ③慢性疾患や出血などが原因。 熱が出て、それが子宮につながる経絡(血の通り道)をかく乱させる。 それで生理が早くなった。     月経先期の治療 ①五臓の治療が必要です。 まず第一に生理に関する病気(月経病)は色々有りますが、生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   生理の周期が早い場合は特に 心・肝・腎・脾を治療します。 これは中医学の診断であればすぐに分かります。   ②生理ですので血の治療が必要です。 中国の中医学では生理周期が早い時の治療は、最大ポイントは血です。 特に血が「熱」を持っていますので、熱を静める治療をします。   感情の影響で肝が「熱」を持っている事も含まれますので、これも血の熱を沈めます。 血を養ったり補う治療薬も使います。   ③気の治療をします。  特に「脾」の気です。 脾は食べ物から血を作る所です。(西洋医学の脾臓とは概念が全く違います) 脾は血の原料の体の上部にあげる作用を持っています。   その力が気ですが、「脾気」の力が弱いので気が下にさがり、それが生理が早くなる原因になっています。 ですから治療としては脾の気を強く元気にして気が上の行くように治療をします。   脾の気は油断できません。 これが弱いと慢性の下痢や、脱肛、ひどくなると内臓下垂になります。   このような3種類の治療する事で生理は改善の方向に向きます。 この診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。 中国の中医学であれば可能です。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。 臨床では多く発生します。   症状は生活に影響を与えます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。       治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

生理痛を根本治療。中医学・大病院・婦人科・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

生理痛の総合ページです。 中医学は生理痛を根本から治療します。 医学書に基づき、生理痛を根本治療する原理を説明します。     「記事担当:後藤です。 「痛み止めも効かない、打つ手がなく大変お困りと存じます。 体に優しく根底から治療する方法をお探しの方も多いと存じます。  」   「資料を作成しますのでご活用ください。 不明な点は何でもご連絡ください。」       生理痛の原因---参考:中医婦産科学 原因1)気滞血瘀証 元々が抑鬱が有るか、腹を立てたり、怒りが有ると「肝」を損傷する。 そして肝が鬱になり、血の流れが悪くなり瘀血になり血の流れが阻まれている。 子宮につながる経絡(血の通り路)が瘀血で塞がり、瘀血が積み重なっている状態。   この為、血が子宮に流れる事ができなくなり、痛みが出た。 これが生理痛です。   原因2)寒凝血瘀証 生理期に雨にひどく濡れたり、全身が水に浸かったりした。 あるいは寒さに当たったり、冷たい物を過度に飲んだ。 このような事で子宮や子宮につながる経絡(血の通路)を冷やした。   このため血が寒さで凝結した。 生理前、生理期に子宮につながる経絡に血が流れ込むが、そこで血が瘀血となり積み重なる。 血の流れが塞がれ、そこで痛みが発生する。 これが生理痛です。   原因3)湿热瘀阻証 元々が「湿熱」を体内にため込む体質がある。 あるいは生理期や産後の摂生が不適切なため「湿熱」の邪が体に入った。 これで血が激しく固まり、子宮につながる経絡(血の通り路)が留まった。   生理前・生理期に新しい血が子宮に繋がる経絡に流れようとしても、さらに詰まってしまう。 血が流れないために痛みが出た。 これが生理痛です。   原因4)气血虚弱証 元々の体が「気・血」が不足している。 あるいは「脾が虚弱」のため「気・血」を作る原料を作る事が出来ない。 あるいは大病を長く患っているので「気・血」を消耗している。   このため生理後に子宮につながる経絡の中の血がさらに虚弱になる。 子宮の血の通り道を養う事が出来なくなり痛みが出る。 これが生理痛です。   原因5)肝肾亏损証 先天的に腎精が虚弱。 あるいはセックスが過度。 あるいは多産で腎を損傷している。 あるいは長患いで精血を消耗している。   このため「肝・腎」の働きが不足している。 常に精血が不足しているが、生理後はさらに足らない。 子宮の血脈の血が不足して痛みが出た。 これが生理痛です。 生理痛の治療---参考:中医婦産科学 治療1)気滞血瘀証 気の流れをスムーズにし、血の働きを活発にする治療をします。 瘀血を溶かし排除して痛みを止める治療をします。   治療2)寒凝血瘀証 経絡を温め、寒を散らし、湿を取り除く治療をします。 瘀血を溶かし、痛みを止める治療をします。 子宮を暖める治療をします。   治療3)湿热瘀阻証 熱を清め、湿を取り除く治療をします。 瘀血を溶かし痛みを取り除く治療をします。   治療4)气血虚弱証 気を補い、血を養う治療をします。 経絡を調整し、痛みを止める治療をします。   治療5)肝肾亏损証 腎を滋養し、肝を養う治療をします。 経絡を調整し、痛みを止める治療をします。 生理痛の原因---補足説明 1)生理痛は五臓六腑の問題があります。 五臓は心・肺・脾・肝・腎ですが、この内、脾・肝・腎が特に悪くなっています。 五臓は生理の時に子宮に血を送ったり、妊娠・出産に直接関係します。 五臓が悪くなると生理が不順になり、生理痛が起きます。   2)血の問題が多い。 血が虚弱だったり、血が滞留して塊になったり毒を帯びます。 これで血の流れが悪くなったり、完全に流れなくなり、痛みが出ます。 これが生理痛です。   3)子宮と五臓をつなぐ血の通り道(経絡) ここで血が通らなくなり、経絡と子宮で痛みが出ます。 これが生理痛です。 この時に関係する経絡(けいらく)は2本あります。     生理痛と五臓の関係---補足説明 1)毎月の生理は妊娠、出産と繋がっています。 これは血が順調に流れる事が基本です。 五臓の内「肺・心・脾・肝」が血を担当します。 これが子宮に血を送っています。   しかしこの臓器のどれか悪くなると血を子宮に送る事が出来なくなります。 それで生理が狂い、生理痛になります。   2)「腎」は「先天の精」と言って貴女の血筋を司る所です。 腎から子宮に先天の精を正常に送る事が出来なければ生理が狂います。   このように 五臓が正常な働きをしなくなった為に、 血や先天の精を子宮に送る事が出来なくなり、痛みが起き、生理痛になります。   生理痛は、中医学による五臓の診断は必須条件です。 あなたははまだ五臓の診断・治療をしていません。 良くするには、そこ診断が大事です。 もちろん西洋医学で「どこも悪くない」と言われても、 中医学とは診断内容が違いますので、中医学の診断を受けない限り原因は分かりません。 生理痛の痛みの原理  痛みは基本的に 「血が通らないと痛み出ます。血が通るようになれば痛みは消えます」 これが大原則です。       中医学では 生理痛は3種類の治療を同時にします。 第1)臓器の治療 先に説明しましたように生理痛は五臓が関係しています。 肺・心・脾・肝・腎が関係します。 この治療をします。   第2)血の治療 血がどのような状態になっているのか? 血の質が悪くなっている場合が多い。 鬱血・毒素を含む状態になっている。 この治療をします。   第3)血の通路の治療 五臓から血が子宮に流れて来ます。 子宮と臓器の連絡通路が有ります。 それが経絡(けいらく)です。   血が固まり、経絡が詰まって居たら子宮には血が来ません。 この為、経絡の治療をします。     結論:生理痛は生理機能が正常になれば消えます。 中国の中医学では生理痛の治療の最大ポイントは生理機能です。 生理機能を診断し、治療する事で改善の方向に向きます。 しかし生理痛の診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。 中国の中医学であれば安定した治療が可能です。   生理痛のタイプ 痛みのタイプにより悪くなっている状態が違います。 中医学での診断では非常に大事な情報ですので、医師に詳しく説明してください。   1)激痛---刺すような痛み、絞るような痛み。 押さえると非常に痛い。 生理前や生理中にある。   2)軽く痛みがある。 押さえると痛みが軽くなる。 生理後にある。   3)刺すような痛み、焼け付くような痛み。 温めると痛みが増える。   4)絞る・締め付ける痛み。 下腹部が冷く痛い。 温めると痛みは軽くなる。 ①温めて押さえると痛みは軽くなる。 ②温めて押さえるとさらに痛くなる。   5)下腹が張るが、それよりも痛みが強い。 血の塊が出ると痛みは軽くなる。   6)痛みがあるが、下腹が張る方が強い。   7)痛みが下腹部の両側にある。 8)痛みが腰まで連なる。   生理痛は卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などからも起きます。 上記のような子宮・卵巣の病気からくる生理痛があります。 これはそれぞれの治療で改善する場合が大変多いので、ぜひその説明ページをご覧ください。 わからないことは何でもご相談ください。   1)卵巣嚢腫の総合ページはこちら 2)子宮内膜症の総合ページはこちら 3)子宮腺筋症の総合ページはこちら   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。   西洋医学と中医学があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中医学の大病院を色々調べますと、治療は大変良い成果を出しているのは事実です。     下記は中医学の医学書です。 下記は中国の医科大学で使われている色々な医学書から参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。   教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書で、中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 生理痛は中医学では下記写真のように「痛经」の範疇になります。   生理痛は生理あるいは生理前後に起きる。 下腹部の痛み、腰の痛みやその他の不調を伴う。 婦人科で最も多い病状の一つです。 症状は生活に影響を与えます。   生理痛には2種類有ります。 ①原発性は生殖器官の質が変化した痛み。 青春期の少女に多く発生する。 ②継続性の生理痛は、子宮内膜症や子宮線筋症、子宮の炎症、腫瘍などが起こした痛み。       中医学の産婦人科は紀元前2000年頃から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。 多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ① 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科専門医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。    ②戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には正規の産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。 この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。   この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では 婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり。 すでに性病の詳しい治療が行われています。 医学書<金匱要略>では生理・おりもの・生理痛について書いています。 この時代には女医が登場しています。   4)西暦500年 医学書<神農本草経>では子宮、生理、妊娠について詳しい研究が書かれています。   5)西暦600年(随時代) 医学書<諸病源候論>では生理痛の原因が「労傷、気血の損傷」である事を説明しています。   ...

生理・月経病

2020/3/30

11)生理になると乳房が張って痛い、根本から治す、正常な生理にする、副作用の無い安全な治療。総合情報。

生理乳房腸痛(生理で乳房の張りと痛み)の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 根本治療する方法を書きます。 最大限にご活用してください。」   貴女は生理の状態が良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて根本治療します。         中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。       貴女はどのような状態ですか? 下記のような状態ですか? 生理で乳房が張り痛い、痒み、服に触れる事もできない痛み。 精神的抑鬱、ため息、いらいら、怒りやすい、口が苦く乾く。 排尿困難、膝・腰ががるい、口・喉が乾燥する。   優れた治療方法が有ります。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理乳房腸痛(生理の乳房の張り痛み)とは 生理の前中後に乳房が腸り、痒み痛みが出ます。   原因は2種類あります。 原因①肝が損傷しています。 乳房につながる経絡は肝経と胃経の2系統が有ます。 肝経は乳首につながっています。 胃経は乳房につながっています。   怒りなど感情が「肝」を損傷します。 これにより「脾・胃」の機能に無理が来ます。 これが乳房を硬くさせ張りや痛みなどの現象を産みます。   原因②肝腎が弱く血が不足している。 肝腎から乳房に血が行きます。 母乳は血が変化した物です。   肝腎の機能が弱く血が不足している。 この為、乳房につながる経絡(乳絡)の働きが弱くなる。 その影響で両方の乳房が張り、痛い、痒いなどになります。   どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療結果が違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   生理の「乳房の張り痛み」の治療 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   乳房が張る場合、特に「肝・腎・脾・胃」の治療が重点になります。 特に肝の状態が改善されると自然と乳房の張りは無くなります。    ②血の治療をします。 血の働きを活発にする治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。   この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。 貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。     なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療はパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

3)不正周期月経、生理が一定しない、7日以上早い遅い、根本から正常にする、副作用が無い、安全な治療。 総合情報。

  月経不正周期の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 普通 婦人科の原因は分かっていません。 しかし中医学は正確に原因が分かります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理が良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 どの中医学・大病院・婦人科でも殆どの場合、正常にする事が出来ます。   お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理の病は飲食や生活の面が影響することが大変多い。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     月経不正周期とは 生理の周期が一定しない。 7日以上、早くなったり遅くなったりする。   原因は2種類有ります。 五臓の不調です 原因--① 感情により「五臓」の働きが不安定になります。 この為、血を送り出すことが不安定になります。 その影響で生理が早くなったり、遅くなったりします。   そして生理の量は多かったり少なかったりで一定ではない。 五臓が停滞すると血の流れが停滞し、生理の血の塊ができ、生理がすっきりしない。   五臓の働きが正常でないので、血が通り道(経絡)で正常に通りません。 乳房、胸の脇、下腹部が張り痛い、肛門付近に不快感が出ます。 「ため息」が出ます。 影響が胃に行きますので、げっぷが出て食が少ない症状が出ます。   原因---② 五臓が虚弱になると、子宮に向かう経絡(血の通り道)が不調となる。 このため生理周期が乱れます。   頭がぼんやりしたり耳鳴りがする。 虚弱状態だと頭に送る血が不足するので頭がぼんやりしたり耳鳴りがします。   腰がだるく痛む。 腰や子宮は五臓とつながっていますので、五臓が弱くなると腰がだるくなり、腰の痛みが出ます。   注:五臓のどれかは医師が教えてくれます。     月経不正周期の 中薬の治療   ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題があるからです。   生理の周期が一定しない時は「心・肝・脾・腎・胃」の治療をします。 五臓を正常にすれば生理は自然と整います。 どれが悪いかは中医学の医師が診断すれば直ぐに分かります。   ②血の治療をします。 中国の中医学でする治療の重大ポイントは「血」です。 血の流れが悪いために生理の周期が一定しません。   「血」を診断し、治療する事で改善の方向に向きます。 血を養う治療をします。 血の通り道(経絡)を治療します。   五臓を治療して血を増やします。 血が正常に活発になれば、生理は自然と定期的になります。   この診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。 中国の中医学であれば可能です。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、 さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜 の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。   教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。       中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。   臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。 特に生理が不定期の場合は、五臓全体の診断の必要があります。   貴女は五臓の診断・治療をすれば生理が正常になります。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、 中医学の診断を受ければ五臓のどこが悪いか本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。       治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。   上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、この方法が一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

10)生理期では無いのに大量出血、だらだら続く、根本から治したい。副作用の無い安全な治療。総合情報。

不正出血・崩漏の情報ページです。 この病は出血の勢いが軽減しない場合は輸血で緊急処置が必要です。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は不正出血が良くならないのはなぜでしょうか? 崩漏と呼び、生理の時期でも無いのに膣から突然に大量の出血をする、あるいは血が滴り落ちる状態が続く。   この状態は月経病の中でも最も重篤な病で、難治性の病です。 中国の優秀な大病院の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。   お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。   貴女はどのような状態ですか? 下記の状態ですか? 崩漏。生理の時期でも無いのに膣から突然に大量の出血をする、あるいは血が滴り落ちる状態が続く。 古い血・新しい血が出る、食が少なくなる、血の塊が混じる。 口が乾く、発熱、頭がくらくらする、耳鳴り、膝・腰がだるい、いらいら、顔・手足に浮腫、手足が冷たい。        不正出血(無排卵型機能性子宮出血)     生理の時期でも無いのに膣から突然に大量の出血をする、あるいは血が滴り落ちる状態が続く。   原因は4種類あります。 原因1)血熱の状態 a)子宮と五臓の間の血の通り道(経絡)が血の調整が出来ていない。 その為、血熱で経絡のコントロールがさらに難しくなり、大量の出血をする。   b)熱が体内で盛んなため経絡が損傷する。 その為、血海で血が沸騰し、突然大量の血が下りる。 (血海とは両脚の膝上5cm内側、血を溜める所)   原因2)腎虚の状態 腎が不調の影響で子宮と五臓の間の血の通り道(経絡)で血の調整が出来なくなり、 月経が不定期となり、量が多くなったり、いつまでもダラダラと続く。   原因3)脾虚の状態 脾が虚弱だと血の流れをコントロールできなくなり、 経血が突然、激しく下る。   原因4)血瘀の状態 古い血が子宮で鬱血し滞留していると新しい血が入って来ても安定できない。 その為、生理が乱れ、経絡の血が止まったり下ったりする。 多量の血が下血する。   この不正出血は年齢によって特徴があります。 ①思春期の患者:腎が生理と関係する力が不十分な場合が多い。 ②出産適齢期の患者:肝の働きが悪く血が熱を帯びている状態が多い。 ③更年期の患者:肝・腎が損傷しているか、脾が弱い場合が多い。       どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療結果が違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。   不正出血(崩漏)の治療 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 脾・肝・肝は特に治療対象になることが多い。   ②血の治療をします。 中国の中医学では不正出血の治療は、特に血の治療は大事です。   下血がひどいので止血の治療を最優先します。 血が勝手に下血しないような力が元々人体には有ます、それを「固める」と表現します。 この固める力を持つように治療します。   血が熱を持っていますので、熱を下げ血を清める治療をします。 血の働きを活発にする治療をします。 経絡を温め血の通りをよくする治療をします。   血を滋養する治療をします。 血が固まり瘀血になっていますので溶かす治療をします。 以上の治療をすることで自然な生理になるようにします。   年齢別の治療法 ①思春期の患者;腎の治療と、子宮につながる経絡(血の通り道)の治療をします。 ②出産適齢期の患者:肝の治療が重点、経絡の調整治療をします。 ③更年期の患者:腎・肝の治療が重点、脾の治療と、経絡の治療をします。     下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。       治療はパターンがあります。 治療にはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。   この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

14)生理身体痛、生理で体が痛い、手足が麻痺する事もある、根本から治す。副作用の無い安全な治療方法。総合情報。

生理身体痛の情報ページです。 根本治療できる病です。 「記事作成:後藤です。 生理になると毎回、体のひどい痛みが出ると大変苦痛ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理で体の痛みが止まらないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。   お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記のような症状が多い。 この病に原因が二つありますので、それにより症状も違っています。   生理になると身体の痛みが出てくる、生理が終わると次第に痛みが消える。 1)原因①の場合の症状 痛みが出ているときは体の麻痺を感じる、手足に力が入らない、脱力感がある、生理の量は少ない、生理の色は淡い。   2)原因②の場合の症状 生理時に膝・腰・関節が痛い、暖かくすると軽くなり、冷えるとひどくなる、生理の色は黒く血の塊が混じる事がある。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。     生理身体痛は2種類の原因があります。 生理の前中後に身体の痛みが出ます。 治療は十分に可能です。   原因①血が虚弱 全身の血が虚弱、量も不十分な為、全身の筋肉や血脈を滋養できていない。 あるいは大病・慢性疾患で筋肉が栄養されなくなり身体に痛みが出ます。 痛みとは「血が流れない」時に出ます。   原因②血瘀 日頃から「寒湿」が関節や経絡(生理の血の通り道)に溜まっている。 つまり関節や経絡は常に冷えている状態です。 その状態では、生理で経絡に血が流れますので、その血を冷やします。   血は冷えると固まり滞留します。 血の流れが止まり体に痛みが出ます。       どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? それによって治療結果が違ってきます。   中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。 中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     生理身体痛の治療方法 ①五臓の治療をします。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。 生理で身体に痛みが出る場合、特に「脾・肝・腎」の治療をする場合が多い。   ②血の治療をします。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? それによって治療結果が違ってきます。 生理で体に痛みが出るのは血の流れが悪いために月経病が出ています。   血を養う治療をします。 血の働きを活発にさせる治療をします。 血の通りを良くする治療をします。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。 と書いています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。    血がどこでつまっているかを医師が診断で見つけます。  ①子宮内に血が残っている。(瘀血) ②五臓のどれかで血が詰まっている。 ③五臓と子宮とをつなく血の通り道です。 これは2本あります。ここが詰まっている。   細かく言えば陰陽など、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば教えてくれます。     治療はパターンがあります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に効果が良く安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

no image

生理・月経病

2020/3/30

15)生理になるといつも下痢をする。悪化、根本から治す。正常な生理にする、副作用の無い安全な治療方法。総合情報。

    生理下痢の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 生理になると下痢をする状態は大変苦痛ですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの実力があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は月経病が良くならないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 大部分の病は正常にする事が出来ます。   お薬は個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず中国の大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。     貴女はどのような状態ですか? 下記の状態が多いと思います。 生理になると下痢をする理由は2種類あります。   生理下痢、生理になるといつも下痢をする。 排便の回数が1日に何回もある。普段でも下痢気味だが、生理になるとさらに下痢をする。 大便が水のように薄い、夜明け前に下痢をする、体が寒く、手足が冷える。腹が張る、疲労感、 手足に力が入らない、顔・手足がむくれる、生理の量が多い。目まい、耳鳴りがする。     それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 メカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。       生理下痢の原因は2種類あります。 原因①脾が虚弱です。 脾は皆さんが知っている脾臓とは「機能」が全く違います。 しかも脾臓だけでなく別の臓器を含んだものが「脾」です。 日本では「脾」はサブ的な臓器に思われていますが、中医学では中心になる重要な臓器です。   脾の役目の一つに「水」を運ぶ役目があります。 脾が虚弱になっているので「水」を運ぶ力がありません。 本来ならその水は体の上部に行くのですが、それが出来ない。   この為、水が下の方、つまり大腸に降りるので下痢になります。 時にはその水が皮膚・筋肉に向かいますので顔や手足が浮腫が出ます。   原因②腎が虚弱です。 腎と脾はお互いに関係があります。 腎が虚弱だと脾も弱ります。 脾が水を上に運ぶ力がない為、大腸に水がおりて下痢になります。     どうやって自分の身を守るか? 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 医学によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、月経病は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜 の治療をしますので、実際に大変良い成果を出しています。   生理で下痢をする治療は2種類です。 ①基本的に五臓を治療します。 生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理で下痢が起きるのは、五臓の治療が必要です。 特に脾・肝・腎を治療しますが、胃も合わせて治療する事が多い。     ②「気」のエネルギーの治療もします。 気は電気のような存在で、五臓の働きや全身の働きにあらゆる面で必要です。   1)下痢をする場合、脾の「気」が弱いので 脾が栄養を手足に送ることが出来ず手足がだるくなり、下痢をしています。 しかし脾の「気」を高める治療をしますので、 脾の働きがよくなり、手足に栄養を送ることができるので、だるさが無くなり下痢も自然と無くなります。   2)腎の「気」を高める治療をします。 腎・脾とも「気」の働きが活発になれば、下痢は自然に治癒します。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます〜と説明しています。     中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。 この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり、すでに性病の詳しい治療が行われています。 この時代には女医が登場しています。   4)これ以降も、すべての王朝において(西暦220〜現代) 中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療にはパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。   月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。     個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

生理・月経病

2020/3/30

4)月経過多、生理の量が非常に多い、なかなか止まらない、副作用が無い、安全な治療。総合情報。

過多月経の情報ページです。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか、困っていませんか。 中医学は婦人科については世界トップの歴史があります。 最大限にご活用し、1日も早く良くなってください。」   貴女は生理がなかなか治らないのはなぜでしょうか? 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。 中医学は根本治療します。     中国の本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に生理の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   生理は食べ物や飲み物、生活スタイルが原因になっている場合が多い。 今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。   過多月経とは     月経量が明らかに多い、周期は正常。  子宮筋腫・子宮内膜症・排卵機能性子宮出血・骨盤内炎症性疾患などが関係します。   原因は3種類有ります。 原因1)気が虚弱 体には気のエネルギーがあります。 「気」が経絡(血の通り道)の中で血をコントロールしています。 ところが気の力が弱い為、血をコントロールする力が弱くなっています。 このため、多量に下血します。   顔色がこう白、言葉が少なく、元気がない。 手足に力が入らない。下腹部が空虚、動悸がする。   原因2)血が熱を持っている。 体が熱を帯びている。 熱の影響で経絡(血の流れる通路)をコントロール出来ない。 この為、多量の血が生理で出た。   血の塊が少し混じる。 口が乾き便秘。 下腹部が硬く痛む。 怠くなる、元気がない、口数が少ない。   原因3)血の塊ができる。 瘀血(血の塊)が出来、血の通り道(経絡)が塞がれ血が溢れた。 その為、月経量が増えた。 血の塊が子宮に停滞すると下腹部が痛くなる。      月経過多の治療 中医学では ①五臓の治療をします。   生理は五臓と子宮とがチームを組んで行っています。 生理に色々問題があるのは、五臓に問題がある場合が大変多い。   生理で下血が異常に多い場合は特に 心・肝・腎・脾などを治療します。   血の働きを活発にする治療をします。 血の治療、血の通り道の治療をします。 下腹部が冷えている場合は経絡を温める治療をして止血します。 血の解毒治療をします。   熱を清める治療をします。 解毒治療をします。 治療が正常に行われれば生理は自然な量になります。   これは中医学の診断であれば分かります。   ②血の流れの治療をします。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国の中医学では月経の病の治療は、最大ポイントは血です。   もっと言えば血の流れが悪いために月経病が出ています。 ここを診断し、治療する事で改善の方向に向きます。 しかしこの診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。 中国の中医学であれば可能です。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から月経病の参考になる部分を抜粋ものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。 上記の医学書の説明は、 「月経病は月経の周期、期間と量の異常、それに周期に関係して出てくる特異な諸症状が出て来ます。 これらを総称して「月経病」と呼びます。       中医学の婦人科医療は4200年前から始まっている。  1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。 「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、 これらの中に婦人科の記述が多く載っています。    2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年) ・ 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科医が出現した事を書いています。 相当な婦人科治療がされていたようです。   ・戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。 すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。 使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。   3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年) 秦の時代には産婦人科が始まりました。 漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。   この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。   中医学は歴代の名医学者により産科・婦人科の多くの検証と治療が行われ、実質、世界でも最も進んだ医学に発展しています。     五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 上の医学書の下から3行目に「月经病发生的主要机理是脏腑功能失调」と書いています。 これは「月経病が発生する主要なメカニズムは臓腑の失調である」と書いています。 臓腑とは五臓六腑です。 この内、特に五臓の(心・肺・脾・肝・腎)が悪くなっている場合が多く見受けられます。   貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断・治療が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違いますので、中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。   なぜ五臓と関係しているのか? 五臓との連携プレイで生理が毎月行われています。 つまり生理は子宮が単独で行っているのではなく、五臓との仕組みで行われています。   特に五臓と子宮・卵巣とが血を循環させて生理がなされています。 ところが五臓のどれかが悪くなると、血が流れが悪くなります。 それが月経病の原因になります。   細かく言えば、説明したい事はまだたくさんあります。 しかし今まで書いたことが最も代表的ですので、 その事を念頭に置いて治療すると良いです。 細かな事は治療開始すれば医師が教えてくれます。     治療はパターンがあります。 治療はパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。   卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などからも 上記のような子宮・卵巣の病気からくる事があります。 これはそれぞれの治療で改善する方法が有りますので、ぜひその説明ページをご覧ください。 わからないことは何でもご相談ください。   1)卵巣嚢腫の総合ページはこちら 2)子宮内膜症の総合ページはこちら   3)子宮腺筋症の総合ページはこちら 子宮腺筋症の方はブログを直接ご覧ください。 子宮腺筋症のブログはこちら       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。   薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。   五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。     月経病の関連ページはこちら 生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。 生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。 生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。    生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか? 子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。 子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。   個人輸入代行の総合ページはこちら

Copyright© ビビッド・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.