皮膚病

帯状疱疹の治療方法、帯状疱疹は油断ならない病気です。中医学・大病院の治療方法。

 

無料相談はコチラ

 

帯状疱疹ができる場所

帯状疱疹は主に胴体と手足に出来ます。実際は疱疹ができる範囲が大変広い。腹・背中・顔・頭・耳の中・足・ヒザの裏・脚裏・もも・お尻・指など様々です。

危険なのは目にできることです。

角膜にできることがあります。これは失明の危険があります。脳炎になることがあり、命の危険があります。

産後にできる場合もあります。季節に関係なく、いつでもできます。性交渉で陰部にできます。感染しますので用心が必要。体調不調で生理と関係している、腰痛と共に出る人もいます。

帯状疱疹は免疫低下ですから、

癌がでる人もいます。

帯状疱疹は人にうつる事もあります。痛みが有り、かゆみが出る場合もあります。耳鳴りしたり、胸が苦しい、むくみがでる人もいます。

基本的に1度この病気になったら、普通は2度目はありません。しかし例外的に何度もできる人もいます。

基本的に体の中央から分けて右半身にできる場合と左半身にできる場合のどちらかです。

帯状疱疹は単なる皮膚病ではない。

皆様が病院で治療しても帯状疱疹が治らない理由は皮膚病ではないからです。見た目は水疱瘡で皮膚の病気ですが、帯状疱疹の本質は、極端に言えば「生きるか死ぬかの境目」になっている場合があります。

それは現代医学では分かりません。例えば肝などが悪くなっています。肝臓と肝は違います。

検査で肝臓は正常でも「肝」は良くない場合があります。

これがどのように全身に影響しているか分かる医師でないと治せません。

 

本来、帯状疱疹はよど体が悪くなっているからです。

帯状疱疹は誰でも出る病気ではありません。

これにならない人が正常なのです。

この状態で妊娠して良いか?

子供さんの場合、保育園に行かせて良いか?

 

マッサージを受けて良いか?

サウナは問題ないか?

食べ物はどうすれば良いか?

治療や治療期間など心配が多いと思います。

 

なぜこれだけ心配が多いか?

帯状疱疹まだ現代医学では帯状疱疹を解明できていないのです。

体の表面だけを治療してもダメです。

帯状疱疹をわずらっている方は色々な心配が多いですが、その心配をいつまでも続けるよりも、すぐれた治療方法を見つけ、早く治すのが良いと思います。

 

ビビッド・ライフではなぜ帯状疱疹ができたのか、くわしく分かる名医がいます。優れた薬にも詳しいです。

より詳しい説明を差し上げます。

帯状疱疹の関連記事があります。下記をご覧ください。

帯状疱疹の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

https://js-vivid.com/taijyohosin-15/

 

帯状疱疹 本格的に治す方法。優れた中医学で根本治療。中医学・大病院の情報。

https://js-vivid.com/taijyo-hoshin/

帯状疱疹を実際に治す方法をご紹介、中医学の適切な治療方法、中医学、大病院の情報。 

https://js-vivid.com/taijyo-hoshin-6/

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

帯状疱疹は思っている以上に危険です。あまりそれが知られていません。癌になっている人が、そう言えばあの時、帯状疱疹があった〜と言います。後悔しない為に下記をご覧ください。無料です。

 

 

 

 

-皮膚病

© 2020 Powered by AFFINGER5