風湿病(膠原病)線維筋痛症

全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報

無料相談はコチラ

 

ご覧いただきまして大変有り難うございます。

難しい病で大変お困りと存じます。

ご希望のお薬の個人輸入を代行します。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

 

中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。

お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。

 

全身性エステマトーデスの総合ページです。

記事担当の後藤です。

「この病は非常に困難な病気です。

どなたも大変苦しんで居られると存じます。」

 

「全身に及ぶ非常に難しい病気ですが、中医学・大病院・名医であれば根本治療します。

お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」

 

2_03_03c

根底から治療する方法を説明します。

この病を根底から治療する方法です。

ぜひ有効活用されてください。

初期・中期・後期と分かれます。

病の深さにより違います。

容易くない病気です、根気強く治療する事が大切です。

 

 

2_05_08c

 

全身性エステマトーデスの原因---中医学

原因 1)肝腎陰虚証

これはSLEがまだ軽い段階です。

この状態は肝腎が陰虚になっています。

この為、陽が頭部に上り目眩、耳鳴りが起きます。

 

目は肝が養っています、陰虚で肝の経絡が栄養できない為、両目がしょぼしょぼします。

肝陰が不足した為、生理が不調、生理が無い。

腎が陰虚の為、脚・腰がだるく痛い、髪の毛が脱ける。

 

原因 2)脾腎陰虚証

 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い。

顔が黄色い、体が寒い、元気が無い。

腎・脾を悪くしているので---全身に浮腫、重症者は胸水・腹水が有る。

 

肺を悪くしている為----咳・痰が有る。

最終的に尿が出ない状態になる。

腹が張る、食が細い、膝腰が怠く痛い、----これは脾腎が陽虚の特徴である。

 

原因 3)邪熱傷肝証

この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。

肝が正常に働けず鬱状態になり、気が滞留し、血瘀になった。

このようにして全身性エステマトーデスを発病します。

 

子宮につながる経絡が不調になり、生理が不調になって生理が無くなる。

 

原因4)热毒旺盛証

SLEの高度活動期に多いパターンです。

ベースとして陰損が体にあります。

繰り返し熱毒に侵されました。

そして熱毒が旺盛になりました。

これで高熱が出たり、高熱が引かなくなりました。

 

熱が津液を損傷させました。

熱毒が営血を広範囲に渡って加熱しました。

そして熱が血と経絡を損傷させました。

このようにして全身性エステマトーデスを悪化させます。

 

この為に顔や他の皮膚に赤斑、出血斑が出ます。

日光にあたると病状が悪化します。

吐血、出血、血便などが出ます。

 

心神が熱毒の影響を受けますので、恍惚状態、昏睡状態、奇声、けいれん が起きます。

熱毒が体に溜まり蒸されるので気血が通らなくなり、関節がだるく痛い、筋肉に力が入らないので痛い、肢体が浮腫みます。

熱は膀胱に入り込みますので、尿の量は少なく赤か濁っています。

目・唇が赤い、大便が秘結します。

 

原因5) 风湿热痹証

この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。

赤斑、鮮やかな赤、手足の関節痛、腫れが有る。

 

「風湿熱邪」あるいは「風寒湿邪」を受け、ずっとこもると熱が発生します。

「風湿熱邪」が元々体の「陰虚内熱」と結合し「熱毒」を生みます。

これが脈絡を塞ぎ全身性エステマトーデスを発病させます。

 

HG080_350A

全身性エステマトーデスの治療---中医学

1)肝腎陰虚証の治療

この状態は肝腎が陰虚になっています。

①肝・腎を滋養する治療をします。

②肝・腎の働きを補う治療をします。

 

2)脾腎陰虚の治療

この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い

①腎を温める治療をします。

②脾を健康にする治療をします。

③気の働きをスムーズにする治療をします。

④水の流れがスムーズになるよう治療します。

 

3)邪熱傷肝の治療

この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。

①陰を滋養する治療をします。

②熱を清める治療をします。

③血の働きを活発にします。

④痰を溶かす治療をします。

 

4)热毒旺盛の治療

元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。

①熱を清める治療をします。

②解毒の治療をします。

③血に熱を清める治療をします。

④血の働きを活発にする治療をします。

 

5) 风湿热痹の治療

この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。

①熱を清める治療をします。

②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。

③風を取り払う治療をします。

④湿を取り除く治療をします。

 

2_01_01c

 

全身性エステマトーデスの原因、補足説明

全身性エステマトーデスは二つの原因が同時に発生した病です。

一つ目は体内で発生した原因です。

二つ目は体外から侵入した原因です。

 

1)体内で発生した原因

①肝・腎が弱い。

②先天の精が不足して居る。

先天の精の不足とは、母親の体内で受胎した時に先祖からの家系の血筋を引き継ぎます。

その引き継いだ内容が不十分な状態です。

あるいは先天の精(血筋部分)を後天的に損傷している状態です。

 

③感情で体内を損傷した。

④過労により体内を損傷した。

 

これらが体内で発生した事が第一原因です。

 

2)体外から侵入した原因

人は24時間、自然界にいます。

家に居ても、外出しても、地球にいる限り大気に触れていますので、

①熱・寒・湿・燥・風など 大気の様々な影響を受けます。

②太陽の光・熱を受けたのも大きな原因です。

 

それが体内に侵入します。

これは「陽毒・陰毒」などと呼びます。

これが体外から体内に侵入した第一原因です。

 

その他に

③薬物が体に入った事が原因になる事もあります。

薬物とは農薬など、様々な化学薬品です。

これらが体内に侵入します。

 

このように体外・体内の両面が重なり全身性エステマトーデスの原因になって居ます。

 

HG093_350A

 

全身性エステマトーデス

発症のメカニズム---補足説明

 

1)体内で発生した原因の影響で

①五臓六腑が損傷します。

②全身の血の流れが次第に悪くなります。

③鬱血し血が流れなくなります。

④経絡(血の通路)が詰まります。

 

2)体外から病の原因が侵入した影響で

①熱毒(熱性の毒)が体内に作られます。

②熱毒が五臓六腑を損傷します。

③筋骨を損傷させます。

④筋肉を擬固させます。

 

これで全身性エステマトーデスが形成されます。

このようなメカニズムにより多臓器に及ぶ非常に複雑な病気になっています。

体内環境が大幅に損傷されている状態です。

 

この根本治療を行い体内環境を大幅に整え、根治を目指す治療があります。

それは中国の大病院が行っている治療方法です。

現在、この治療方式は世界で唯一、中国だけです。

HG025_350A

 

 

全身性エステマトーデス---根底治療・補足説明

1)根底からの治療は「五臓六腑」が重点です。

①「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。

全身性エステマトーデスは五臓の全部が関係します。

五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。

全身性エステマトーデスは最も複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。

 

②六腑とは

「胃・胆・小腸・大腸・膀胱・三焦」 です。

上記の医学書「医宗金鉴」でも「胃・三焦 」は基本的に悪くなっている事が書かれています。

五臓と六腑は繋がっており一体で動いて居ますので、悪くなるときも繋がって悪くなります。

 

五臓六腑は中医学の表現ですが、各臓器の働きは、西洋医学とは判断が大きく異なります。

全身性エステマトーデスを中医学で診断すると五臓六腑の複雑な損傷の状態がくっきり分かります。

 

1_16_03c

 

2)「先天の精」の治療をする

「先天の精」の治療します。

持って生まれた体の根本です。

最初の原因説明で出ていました。

 

母親の胎内であなたの血筋が引き継がれます。

それを先天の精を引き継ぐと言います。

 

その血筋の引き継ぎが不十分だった事が原因です。

あるいは後天的に血筋に関係する精が損傷した事が原因です。

 

体の根の部分の治療です。

特に腎が治療の重点になります。

 

3)熱毒の治療をする

最初の説明で全身性エステマトーデスの中医学(漢方)の呼び名は「陰陽毒」と書いていました。

つまり「陰毒・陽毒」が体内に入り体内で「熱毒」を作り、そこから損傷が全身に広がっています。

目の見える特徴としては、体に赤く蝶のような模様が浮かんだり、皮膚の下に隠れたりします。

これは熱毒の現象です。

 

また直接に熱が出る。昼間と夜の熱が違う場合もあります。

微熱が常にある場合もあります。これも熱毒による現象です。

頭がぼ〜として意識が無かったりする場合もあります。

 

熱毒はひどいですから、体内の血や体液を加熱し、煮詰め凝固させます。

これで血・体液は体内を回れなくなります。それで五臓六腑が損傷し働かなくなります。

この影響で手足頭、五体が働かなくなります。

従って中医学では「熱毒」をとる治療をします。

 

4)体のバランスを取り戻す

体には「陰陽」というバランスが有ります。

全身性エステマトーデスは全身の陰陽バランスが狂っている病です。

 

昼間に起きて夜寝るのは陰陽のバランスが取れているからです。

人体が正常に働くのは陰陽のバランスが取れているからです。

体の外と内を陰陽がバランスを取っています。

 

上半身と下半身は陰陽でバランスを取っています。

五臓と六腑は陰陽でバランスを取っています。

全身が無数の陰陽バランスで統合されています。

これで全身がバランス良く働きます。

 

しかし全身性エステマトーデスはあらゆる陰陽バランスが崩れている病です。

これでは体が正常に機能せず、生活する事、生きる事がまともに出来ません。

中国の大病院には陰陽のバランスを取りなおす薬が有ります。

 

FX038_L-1

 

全身性エステマトーデスは

子供を産む年代に多い

生理との兼ね合いがある年代で多く発生する病気です。

しかし実際は中高年もこの病気になる人が多い。

 

2_15_08c

 

全身性エステマトーデス ---参考:中医内科学

以上の説明だけでは、まだ実感がわかないと思いますので、今度は医学書から説明します。

下記の資料は全身性エステマトーデスについての医師の資料です。

下から2行目に「腎」の字が出て居ます。

 

腎が悪いのは実際には紀元前200年の医学書「内経」ですでに書かれて居ます。

この医学書は当時の漢王朝が行政として編纂とした大医学書です。

この頃から五臓が関係している事が分かり出したのです。

 

下記の医学文献には「陰陽毒」「陽毒による班」「先天の精の不足」の説明があります。

心血管系統・呼吸系統・精神神経系・血液系統など多系統を損傷した病気と説明があります。

体が多方面に悪くなるだけで無く、精神的な病変が出て来る場合が見られます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

fullsizeoutput_26e5.jpeg

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

医学書「医宗金鉴」に書いている重要な事

この医学書は清の時代に国家規模で編纂した大医学書です。

現代の中国の医師・医学者も最も重視する貴重な医学書です。

この中に全身性エステマトーデスについて詳しく書かれています。

このページの説明はかなりの面で「医宗金鉴」に基づいて書いています。

 

その他に「医宗金鉴」 に書いている事とは

全身性エステマトーデスは

①熱毒で血を煮詰めている。

②胴体全部の体液の通り道(三焦 )で津液(体液)が流れず溢れている。

 

以上の二つの影響で胴体では下記の現象が起きています。

①肺機能の疎通が悪くなっている。---胴体上部

②脾・胃 の働きが噛み合わない。-----胴体中部

③膀胱の働きが低下している。---------胴体下部

 

④経絡(血の通路)が塞がれている。

⑤筋肉・心臓が犯されている。

⑥肝機能・腎機能の低下。

などが書かれています。

これでは体の三要素(気・血・津液)が止まり、五臓(心・肺・脾・肝・腎)が止まりますので、

全身のほとんど全て機能しなくなっている状態です。

これが全身性エステマトーデスです。

HG086_350A

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

 

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

DSC_0264

 

食べ物で治療します

球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。

どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。

HG098_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の全身性エステマトーデスの治療は世界でも最先端を行っています。

 

全身性エステマトーデスを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

全身性エステマトーデスを診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

 

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国でも世界中でも同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学と西洋医学の両方の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が全身性エステマトーデスの治療でも出ています。

 

全身性エステマトーデスの治療---実例---「中西医結合医学」

全身性エステマトーデスは原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中 医 学---------------現在でも中医学の薬だけで治療する場合が多い。

②中西医結合医学-----体に状況で一部を西洋薬で治療する事も有ります。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

m0qBSt4KQi2tJGpO+jlpXA_thumb_85ff

 

下記は色々な角度から書いていますので参考にされて下さい。

全身性エステマトーデス、元からの治療方法を探している。悪化している、良い治療方法を知りたい。

https://js-vivid.com/esutema-5/

全身性エステマトーデスは五臓六腑で根本治療します。大病院・名医の治療ポイントを説明します。

https://js-vivid.com/zensin-esutima-5/

全身性エステマトーデスが治らない、悪化する理由。治療するポイントを知る。

https://js-vivid.com/estima-dodesu-1/

全身性エステマトーデスを治す方法はあるのか? 根本治療の方法。中医学の大病院。https://js-vivid.com/eritematodesu-8/

全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。

https://js-vivid.com/zensin-esutema-2/

 

 

何としても良くしたいと思う方は必見です。

原因や治療方法について書いています。今後の治療に役立ちます。

下記のボタンを押してご覧ください。無料です。

 

HG084_350A

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

A-3 .jpg

 

 

fullsizeoutput_1df1

-風湿病(膠原病)線維筋痛症

© 2020 Powered by AFFINGER5