風湿病(膠原病)線維筋痛症

線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。

 

無料相談はコチラ

 

線維筋痛症の総合ページです。

中医学は繊維筋痛症を根本治療します。

繊維筋痛症は他の病気とセットになっています。

その病気の治療も根本からします。

 

1_19_11c

 

こんにちは 記事担当の後藤です。

「大変な激痛で大変な苦しみと存じます。

しかし根本治療する方法が有ります。

中医学の原理・原因・治療ポイント。」

 

「中医学は元々、痛みに関しては根本治療を常にしています。

痛みを止めながら、痛みが出る原因を治療をします。」

 

HG010_350A

 

 線維筋痛症の主な症状

全身に痛みがあります。痛い場所は全身に散っています。

痛みは軸骨格(胸椎、下背部、首)や肩甲帯、腰帯などに多い。

 

その他に多いのは背中、頭、太もも、すね、足、お尻、手首、足首などです。

この痛みがあるとイライラしたり、気が動転する場合が多い。

 

その他の症状

睡眠障害---90%ほどの人が睡眠障害を訴えます。

眠れない、熟睡できない、夢が多い。

 

麻痺、関節の周辺が張る、

疲労、頭痛・偏頭痛、

急速に寒くなる、精神の緊張、過度の疲労で病状が悪化する。

 

HG130_350A

 

 線維筋痛症の原因

内因---体内が発生原因

1)体質虚弱が原因

 

2)臓腑損虚が原因

 

3)正気不足が原因

 

4)陰陽失調が原因

 

この中で「肝・腎・脾の損虚」が最も主です。

 

5) 陰血損虚

女性の体は生理・妊娠・出産など血が基本です。

しかし生理・妊娠・出産は体内の血を損傷させ、弱らせる事が有る。

血が不足し筋肉・骨を潤わす事ができなくなります。

そして最終的に痛みが出てきます。

これが生理などが原因の線維筋痛症です。

男性に比べ女性に線維筋痛症金が多いのはこの為です。

 

 

外因---外邪進入が発生原因

1)風・寒・湿・熱の邪が虚に乗じて体内に侵入した事が原因です。

 

2)この下地になっているのは凛賦不足、栄養不和、気血不足、陰陽失調が基礎に有ります。

 

3)或いは「肝鬱脾虚」がベースとしてあるものです。

 

 

HG093_350A

 

線維筋痛症の治療

1)安神養血

精神を安定させ、血を養う治療をします。

 

2)活血化瘀

瘀血を溶かし血の働きを活発にする治療をします。

 

3)疎筋通路

筋肉の気血津液の疎通を良くする治療をします。

 

4)行気止痛

気の流れを良くして痛みを止める治療をします。

 

HG130_350A

以上は「原発性」の線維筋痛症の説明です。

 

それ以外に「継続性の線維筋痛症」があります。

他の病気から線維筋痛症に発展したものです。

下記は「継続性の線維筋痛症」について説明します。

1_19_11c

 

線維筋痛症を複雑にしている理由は何か?

1)風湿病から来ています。

線維筋痛症は風湿病です。

その他の風湿病を患い、線維筋痛症に発展したパターンです。

 

下記の病は中医学では「風湿病」と呼びます。

 

関節リュウマチ、强直性脊柱炎、シェーグレン症候群、産後筋肉関節痛病

変形性関節炎、ベーチェット病、痛風、リウマチ熱、結節性紅斑

血小板减少性紫癜、全身性エステマトーデス

乾癬性関節炎、皮膚筋炎、血管炎

 

実は線維筋痛症の人は大なり小なり上記のどれかの病気に掛かっています。

これを「継続性・線維筋痛症」と呼びます。

 

「風湿病」の一覧をご覧になって、どれかに当てはまりますか?

もちろん、はっきりしないが、少しその化が有る人も多いと思います。

 

この風湿病をすでに患っていて、そこから線維筋痛症が発生した人がほとんどです。

1)風湿病が軽い状態の人が多い。

それは中医学で一緒に治療出来ます。

それも根本治療します。

 

2)風湿病が重い時

重たい風湿病は中医学で治療できます。

根本治療します。

重い状態ですから、改善するのに日数が掛かる場合もあります。

 

しかし非常に良い治療ですので、取り組む価値は有ります。

こじらせ無いように少しでも早い内に中医学を取り組むのが良いと思います。

 

中医学の病院は何箇所も有ります。

その中の中心となる大病院には「風湿科」が有ります。

 

 

1_16_02c

 

2)風湿病では無く他の病から来ている場合が有ります。

例えば「甲状腺」から来ている場合が有ります。

甲状腺は一般の人は意外と軽く考えているかも知れませんが、大変重大な病気です。

この病は治すのが非常に難しい病です。

 

甲状腺は中医学では根本治療が出来ますので、線維筋痛症を合わせて治療します。

 

2_02_04c

 

線維筋痛症は経絡の治療が欠かせない。

上記の説明に経絡の治療について書いています。

線維筋痛症では経絡(けいらく)の治療が非常に大事です。

 

経絡は人体の頭から足の先まで通っています。

12本有ります。

経は縦に通る大通りで、絡は横に出ている細かな通りです。

これで全身をくまなく網羅します。

 

経絡は「気・血」が流れています。

線維筋痛症は「経絡」の中で「気・血」が流れなった。

そうすると痛みが出ます、これが線維筋痛症の痛みです。

 

経絡は人体を動かす非常に大事な役目をしています。

経絡のつまりが尋常では無く、この詰まりは中薬で有れば溶かすことが出来ます。

 

薬は全身の経絡の中を流れ、全面的に治療します。

この経絡を正常にする事で全身の痛みが消えます。

 

実は経絡の詰まりが原因で、痛みが出る病気は多い。

そのどれも中医学は経絡をきれいに流れるようにして痛みを決しています。

つまり中医学では線維筋痛症はよほどの特殊状況は別にして、誰でも治って当たり前なのです。

 

 

fullsizeoutput_226d

 

線維筋痛症は古代から有りました。

原因が分かっていないと治療しても難しい。

しかし中医学では古来より原因が詳しく分かっています。

線維筋痛症は4000〜3000年前には各地で研究・治療がされ、紀元前200には医学書「内経」に本格的に説明が有ります。

 

中医(漢方)では線維筋痛症は「痹証」の部類に入ります。

あるいは別名で「風湿病」の部類です。

「痹証」は二つに別れます。関節性がリウマチで、非関節性が線維筋痛症です。

下記は現在、広く使われている医学書の一例です。

 

この医学書は黄含英教授など教官が医大の学生やインターンに指導する時に使います。

世界の中医師は必ず持っている本です。

「痹証」線維筋痛症の説明ページです。

 

DSC_0733

 

線維筋痛症の治療は中医学が世界で最も歴史があります。

中医学は根本治療をします。

上記の紀元前200年の<内経>の「素問」で既に線維筋痛症の原因・治療方法が詳しく説明され、その治療方法をそのまま現代で行なっても良い結果が出ます。

それだけでなく、現代に至る2000年間の各時代において、多くの名医家が「素問」の理論をさらに詳しく検証し、治療方法も様々な手が加えられました。

現代において現実に優れた治療実績を出しています。

 

線維筋痛症が治療中に改善が見られる現象

一番の問題は痛みです。

全身に激しい痛みがあります。

普通の方法では痛みは止まりません。

 

中医学の薬を飲み始めます。

そしてある時期になると体の一部から痛みが消える箇所が出てきます。

やがて痛みが消えた場所が全身に広がります。

そして全ての痛みが無くなります。

 

良い結果を出すには時間が必要です。

 

あれほど悲鳴をあげるほど痛かった人が、すっかり痛みが消え

「もう大丈夫です」という時に接するときが来ます。

痛い痛いと騒いでいた人も治癒すると急に静かになります。

2_05_08c

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。

 

DSC_0036

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

 

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中医学は線維筋痛症の治療は最先端を行っています。

線維筋痛症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

特に線維筋痛症は中医学だけで良い治療が出来ます。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

一番多いのが、他の病気を持っている時です。

 

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が治療でも出ています。

 

治療の実例---「中西医結合医学」

1)原因の種類が多い。

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

HG122_350A

 

関連の記事があります。クリックしてご覧ください。

線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/senikin-6/

線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報

https://js-vivid.com/seni-7/

線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。

https://js-vivid.com/senikin-2/

線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

https://js-vivid.com/seni-kintu-5/

 

線維筋痛症をぜひ治したい人は

 

 

 

 

A-4

 

◇百宝元は栄養補助です

医薬品では有りません。

しかし医薬品でも無い成分が入っています。

 

体の維持・管理には◇百宝元をお勧めします。

◇百宝元は上海の先生方からのアドバイスで始めました。

ぜひ◇百宝元の購入ボタンを押して、◇百宝元の説明をご覧ください。

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

-風湿病(膠原病)線維筋痛症

© 2020 Powered by AFFINGER5