風湿病(膠原病)線維筋痛症

ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

 

無料相談はコチラ

 

ネフローゼ症候群の総合情報ページです

ネフローゼ症候群の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。

中医学は根本治療をします。

2_13_02c

 

どうやれば体が良くなるか?

「記事作成:担当の後藤です。

ネフローゼ症候群になって大変お困りと存じます。

 

中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。

詳しい情報を書きますのでご覧下さい。」

zensoku-15-3.jpg

 

ネフローゼ症候群の原因 参考:中医内科学

原因1)風邪襲表

①風邪が人体を傷つけると寒や熱が体に溜まりやすくなり、風・湿・熱が体を襲う。

②あるいは風邪が鼻口から侵入し、喉を詰まらせ固まりを作り、肺にこもり蒸す。

③または皮毛が激しく打たれ、肺が侵された。

これらによりネフローゼ症候群が発症した。

 

原因2)外感水湿

①湿地に長く住んでいた、豪雨の中を水に浸かりながら歩いたりして、

水湿が体内に侵入した為、脾陽を止める事が出来ない。

②あるいは、すでに水湿の状態になっている。

③又は、浮腫になりやすい。

この状況でネフローゼ症候群が形成された。

 

原因3)傷毒内犯

① 潰瘍の傷、溶連菌による皮膚の化膿性炎症がまだ良くなっていない為、肺脾が悪くなりネフローゼ症候群が形成された。

②若い人の場合、血熱が傷を生み、変化して浮腫が発生する。

この状況でネフローゼ症候群が形成された。

 

原因4) 囊赋不足

先天的な体質が薄弱である。

精気不足がネフローゼ症候群を発病する体質的な基礎である。

この為に外邪の影響を受けやすく発病しやすい。

 

原因5)飲食不節

①脂っこい甘い物、海鮮など美味しいものを食べすぎ、酒を飲み過ぎて、脾・意を損傷した。

②あるいは飲食に節度がない為に、脾気が栄養を失った。

③又は冷たいものを食べ過ぎたり、湿燥の薬を飲みすぐると、脾・腎を損傷させる。

いずれもネフローゼ症候群を発症させる重要な原因です。

 

6) 久病労疲

過剰な労働で「腎・脾」を損傷した為にネフローゼ症候群を発症した。

 

 

上記の原因は2つのタイプに分かれます 参考:中医内科学

上記に6つの原因を説明しました。

これは「陰陽」の二つに分かれます。

 

①陽のタイプ

これは風邪、傷の毒、水質が発端となって発病したネフローゼ症候群です。

 

②陰のタイプ

これは飲食、過労、先天的・後天的な原因で発病したネフローゼ症候群です。

 

HG183_350A

 

ネフローゼ症候群の治療方法 参考:中医内科学

「陽」のタイプの治療方法

これは風邪、傷の毒、水質が発端となって発病したネフローゼ症候群です。

 

1)風水相搏の治療

これは風と水が強く結びついたタイプです。

①風を解き放すように体から出す治療をします。

②肺の働きを良くする治療をします。

③水の流れを良くする治療をします。

 

2)湿毒侵淫の治療

これは湿毒の侵入が激しいタイプです。

①肺の働きを良くする治療をします。

②解毒の治療をします。

③湿が溜まらないように流れ出す治療をします。

④浮腫を消す治療をします。

 

3)水湿侵漬の治療

湿が侵入し水に漬かったタイプです。

①脾の働きが良くする治療をします。

②湿を取り払う治療をします。

③陽の通りを良くする治療をします。

④水の流れを良くする治療をします。

 

4)湿熱壅の治療

湿が侵入し水に漬かったタイプです。

①湿と熱を分ける治療をします。

②湿を体から取る治療をします。

③熱を体から取る治療をします。

 

 

 

2_15_07c

「陰」のタイプの治療方法

これは飲食、過労、先天的・後天的な原因で発病したネフローゼ症候群です。

 

1)脾陽虚衰の治療

これは脾の陽が虚弱、衰弱したタイプです。

①脾を健康にする治療をします。

②陽を温める治療をします。

③水の流れを良くする治療をします。

 

2)腎陰衰微の治療

これは腎の陰が衰弱し微妙なタイプです。

①腎を温める治療をします。

②陽を助ける治療をします。

③気の流れを良くする治療をします。

④水の流れを良くする治療をします。

 

3)瘀水互結の治療

これは水が止まり湿が阻っています。

①血の働きを活発にする治療をします。

②水の瘀を溶かし流し出す治療をします。

③気の流れを良くする治療をします。

④水の流れを良くする治療をします。

 

 

HG098_350A

 

ネフローゼ症候群の原因・メカニズム ---補足説明

 

ネフローゼ症候群は五臓が原因です。

腎が単独で悪くなっているのでは無く、その他の臓器も悪くなっています。

 

原因①  特に「肺・脾・腎」が悪くなっています。

日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は同じ目的で動作している面があります。

その面が故障したのです。

 

・「肺」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。

・「脾」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。

・「腎」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。

 

この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回し、体を守っているのです。

この水の処理をする「肺・脾・腎」が故障しています。

 

この為、大量の尿タンパクが出たり、重い水浮腫、低タンパク、高脂血症などになったのです。

これがネフローゼ症候群の本当の原因です。

 

原因②肝が不調になった為。

もう一つ原因になる場合が有るのは、

体内で「湿熱」がこもり、これが病の温床となってずっと体内で溜まる事です。

この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。

 

「肝」は体内の血を循環させたり、血を蓄える仕事をしています。

しかし、先ほどの「湿熱」の影響で「肝」の働きが落ち、血の固まらせ停滞させ、水の流れを止めます。

このような事でネフローゼ症候群が形成されます。

 

ネフローゼ症候群は

上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。

これは大概の人が、腎臓以外が悪くなっているのを気づきません。

検査しても悪くなっているのがわかりません。

 

実は中医学と西洋医学は人体の構造についての分析が大幅に違います。

今まで分からなかった原因が中医学では詳しく分かります。

 

HG174_350A

 

ネフローゼ症候群の中医学治療 追加説明

 

中医治療①---「脾虚・湿」

・「脾」を健康な状態にする治療をします。

・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。

・水の流れを良くする治療をします。

・過剰な湿を取る治療をします。

 

中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」

・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです。

・脾腎を補う治療をします。

・脾腎を温める治療をします。

・水の流れを良くする治療をします。

 

中医学治療③---「肝・腎・陰虚」

・肝腎が共に陰虚になっている状態です。

・肝腎を滋養する治療をします。

・肝腎を補う治療をします。

・陰の力を上げる治療をします。

・熱を清める治療をします。

 

中医学治療④---「湿熱」

・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です「湿熱蕴结」。

・熱を清める治療をします。

・湿熱で出来た毒を消す治療をします。

・湿の流れを良くする治療をします。

・腫れを良くする治療をします。

 

中医学治療⑤---「気虚・陰虚」

・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。

これは脾肺腎が悪くなっています。

・気を補う治療をします。

・脾を健康にする治療をします。

・肺腎を清める治療をします。

・肺腎を養う治療をします。

1_16_06c

 

治療はパターンがあります。

ネフローゼ症候群には悪くなっている臓器や箇所、状態などのパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。

病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。

この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。

 

また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。

 

HG102_350A

 

自分の身を削らない。自分の身を守る方法。

世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。

 

人体の構造や働きをどう見ている医学なのか?

によって治療方法が違い、結果も違ってきます。

中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。

 

中国の中医学の大病院を色々調べますと

ネフローゼ症候群は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。

 

1_19_06c

 

上海トップ10に入る大先生

以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。

診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。

 

後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。

中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。

中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。

 

中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。

ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。

(現在は上海に行く必要はありません)

1_19_08c

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。

 

DSC_0036

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国のネフローゼ症候群の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

ネフローゼ症候群を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果がネフローゼ症候群の治療でも出ています。

 

ネフローゼ症候群の治療---実例---「中西医結合医学」

1)ネフローゼ症候群は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)ネフローゼ症候群とは別の病気を持っている人。

①別の病気がネフローゼ症候群の原因になっている人がいる。

②ネフローゼ症候群から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、ネフローゼ症候群だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

HG122_350A

 

結論:五臓の診断が必要です。

 

紀元前200年前頃の医学書「内経」は

非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。

 

内径ではすでにこの時「水肿」でネフローゼ症候群を説明しています。

現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。

すでにこの中でネフローゼ症候群に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。

 

2_05_06c

 

この中で五臓六腑についての記述が特に大事です。

五臓六腑の不調・虚弱がベースとして有り、それが腎を痛め、ネフローゼ症候群になっている説明です。

つまり貴女は必ず五臓六腑の診断を受ける必要があります。

 

一般知識では「腎」が強調されています。

しかし、腎だけではなく五臓の多くが悪くなっています。

五臓は(心・肺・脾・肝・腎)です。

 

ネフローゼ症候群の全身の浮腫みは腎だけが原因ではありません。

歴代名医学者の医学書を見ても「腎・肺・脾」が悪くなっていると書いています。

現在の実際の診察でも「脾腎」が悪くタイプと「肝腎」なっている場合が多い。

 

 

それ以外ですが歴代医学書で、水と血の問題が出ています。

ネフローゼ症候群は浮腫みですから、普通は水が溜まる事を考えます。

しかし歴代の名医学者は「血」も関係している事も見つけました。

 

つまり診断としては「水と血」の両面を中医学で診断する必要があります。

五臓は(心・肺・脾・肝・腎)ですから、この中で水に関係する臓器、そして血に関係する臓器があります。

 

そのどれが悪くなっているのか?

中医学の診断で見つける必要があります。

この診断は中国の一流の医師なら正確に出来ます。

 

HG051_350A

 

下記は現在の中医学の医学書です。

下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から喘息の参考になる部分を抜粋したものです。

書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。

 

教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。

中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。

fullsizeoutput_2ab0.jpeg

 

上記の医学書の説明

上記はネフローゼ症候群について書いています。

書いている内容を概略説明します。

ネフローゼ症候群は色々な原因から体内が浮腫む、マブタ、顔面、手足、腹や背中など全身に及ぶ。

〜と書いています。

 

この中にはネフローゼ症候群が紀元前200年前の医学書「内経」にはすでに詳しい説明がされ、それ以降、多くの大医学者が次々とネフローゼ症候群の治療レベルを上げて来た詳しい説明がされていますので、それを下記に説明します。

その中で貴女がなぜ治らないか、治療されていない所が分かります。

2_05_14c

 

中医学の治療は4200年前から記録が始まっている。

 1)中国の医療については紀元前2200年頃からの資料が多く発見されています。

紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。

多くの甲骨文が多く出土し、その中に多くの医学的な記述が見つかっています。

 

 2)戦国時代(紀元前250年頃)ネフローゼ症候群についての記述

戦国時代・前漢時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。

この書によって中医学が成立し、発展する基礎となりました。

この時代はすでに人体の解剖が行われ、ネフローゼ症候群に関係する診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、詳しい治療が書かれています。

五臓六腑、特に「腎」との関係、肺にも関係があると書いています。

 

3)漢の時代(西暦200年頃)

後漢の時代は医学が飛躍的に発展した時代です。

この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》ではネフローゼ症候群を「水気病」と表現し、五臓の発病メカニズムを説明しています。

五臓の水(心水・肺水・脾水・腎水・肝水)の説明、腰から上の臓器の治療、腰から下の臓器の治療について詳しい説明があります。

 

4)隋の時代(西暦600年頃)

名医学者の巣元方が50冊もの医学書《諸病源候論》を書きました。

これは、あらゆる病気の総集、原因にも言及している貴重な資料です。

ネフローゼ症候群については「脾と腎」が関係して水が溜まり浮腫む事を大変深く説明しています。

 

5)唐の時代( 西暦652年)

大医学者の孙思递は30巻の医学書 《备急千金要方》を書き、ネフローゼ症 候群については「塩分を避ける必要性」を説明しています。

塩分に関する事を言い出したのはこの医師が最初です。

 

6) 宋の時代(西暦1252年)

名医学者の严用和は 医学書10巻<严氏济生方·水肿门>を書き、梅毒が体内に入ったネフローゼ症候群との関係・治療を説明しています。

 

 7)宋の時代(西暦1264年)

名医学者の杨仁斋在は<仁斋直指方>26巻を書き、ネフローゼ症候群の「血」の治療について説明しています。

 

8) 明の時代(西暦1624年)

大医学者の張景岳は様々な病の治療を飛躍的に向上させた医師の一人です。

《景岳全書》64巻の中で、紀元前250年の「内経」をさらに詳しく検証し、ネフローゼ症候群が「腎・肺・脾」と関係ある事を原因・メカニズムを細かく説明しています。

 

9)清の時代(西暦1884年)

名医学者の唐容川は <血证论>8巻の中で、ネフローゼ症候群の瘀血について詳しい原因・メカニズムを説明しています。

1_19_06c

 

以上の説明を見ていかがですか?

中医学はこの4000年間、徹底してネフローゼ症候群を調べ、治療方法を編み出して来た事が分かります。

現代では非常に高度な治療がされています。

 

 

HG011_350A

 

 根本治療が大事です。

あなたはいつからですか。

ますます悪化していませんか。

このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。

ご覧ください。

 

関連の記事があります。ご覧ください。

ネフローゼ症候群を根本治療。安心安全で副作用の無い治療。中医学大病院・名医の情報。

https://js-vivid.com/nefuroze-2/

ネフローゼ症候群を元から治療する方法を知りたい。どのような治療なのか?情報が欲しい。

https://js-vivid.com/nefuroze-6/

ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方・中医学で根底から良くする方法。副作用の無い根底治療。

https://js-vivid.com/nefuroze-1-2/

 

HG134_350A

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International  is here.  

-風湿病(膠原病)線維筋痛症

© 2020 Powered by AFFINGER5