風湿病(膠原病)線維筋痛症

ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

 

無料相談はコチラ

 

ベーチェット病の総合ページです。

ベーチェット病は多系統の臓器につながり影響が出ます。

例えば口内炎(口)、性器潰瘍(性器)、ぶどう膜炎(目)、皮膚の赤い腫れ(皮膚)、血管炎(血管)等。

 

ベーチェット病は古来からある病です。

中国では西暦200年頃から治療方法が有り、中国の大病院・名医は根本治療しています。

目・口・皮膚・性器、その他の症状に効果的な治療をします。

治療による改善は病の状態、病の深みで違いが出ます。

 

「記事担当の後藤です。

「大変お困りの方が多いと聞きます。

この病は日が経つほど難しくなります。

中医学はこの病気を古来より根本治療をしています。」

 

「非常に難しい病気ですから、

中医学の大病院・名医の情報をお知らせします。」

 

2_01_01c

ベーチェット病の症状とは

ベーチェット病は目・口・生殖器に出来る病気です。

 

1) 目・口・外陰部に潰瘍がある。

顔色が鮮明に赤い、焼け付く痛みがある、ただれ・腐敗があり腐臭がする。

両眼は赤く腫れて痛い、目ははっきり見えない、熱があり、口が苦く、喉が乾く、いらいら、怒りっぽい。

座ったり横になると不安、口臭、便秘、尿が黄赤、舌がただれて破れる。

 

2)目・ 口・外陰部の潰瘍が反復して出来る。

爛れは赤黒い、ただれは化膿して痛い。

目が乾いて滑りが悪く、日差しが眩しい、、午後に低熱が出る、いらいら、不安。

めまい、耳鳴り、手足に熱、睡眠不足、夢が多い、膝腰が痛い、顔色が紅潮。

 

3)目・ 口腔や外陰部の潰瘍は、

あちらが良くなれば、こちらが悪くなる〜の状態を繰り返す。

患部は薄紅色、潰瘍は平たく凹む、痛みは勢いがありヒドイ、たゆまなく痛い。

両目は滑らかでなく痛い、頭がぼんやりして重い、だるくて力が無い、尿は透明で長く出る。

 

FV134_L-1

 

ベーチェット病の原因---中医学

原因①  湿毒内蕴

体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。

この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。

これが湿毒が原因のベーチェット病です。

 

原因②  肝腎陰虚

肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。

津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。

虚は火になり体内を焼きます。

 

それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。

眼・口・外陰部に潰瘍ができます。

これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。

 

原因③  脾腎陽虚

体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。

水・湿が溜まり毒が発生します。

湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます。

2_24_01c

ベーチェット病の治療---中医学

治療①  湿熱火毒

湿熱が進み火となり毒が発生している状態。

①熱を清める治療をします。

②湿を取り除く治療をします。

③火を取り除く治療をします。

④解毒の治療をします。

 

治療②  陰虚火旺

陰虚になっており、火が旺盛な状態。

①肝を滋養する治療をします。

②腎を滋養する治療をします。

③熱を清める治療をします。

④火を取り払う治療をします。

 

治療③  脾腎陽虚

脾と腎の両方の陽が虚弱になっている。

①腎を温める治療をします。

②脾を健康にする治療をします。

③気を益す治療をします。

④湿を取り除く治療をします。

 

HG086_350A

 

ベーチェット病は難しいので

国際的にはベーチェット病の治療法が非常に優れているのは中医学です。

ベーチェット病は原因が分かっていないと言われてますが、

中医学(漢方)ではすでに紀元前200年には分かっています。

対処療法ではなく、根本治療します。

 

ベーチェット病の治療情報

中医学でする治療方法

①五臓の治療をします。

肝・腎を滋養する治療をします。

腎を温める治療をします。

脾を健康にする治療をします。

 

②熱・火などの治療をします。

熱を清める治療をします。

火を消す治療をします。

湿を取る治療をします。

解毒する治療をします。

気を益す治療をします。

 

 

1_16_06c

ベーチェット病の特徴

ベーチェット病の最大の特徴は「目・口・生殖器の独立性の総合症」で有り、

「目・口・生殖器の三ツが連なっている」事です。

目・口・生殖器が別々の病気と間違えない事が大事です。

 

ベーチェット病は関節・肺・胃腸道・腎・大血管・中枢神経が影響を受け悪くなっています。

その他の臓器・器官も同時に損傷させています。

 

ベーチェット病は

脾・肝・腎が機能を失っていることが分かっています。

(注意:西洋医学の脾臓・肝臓・腎臓とは捉え方が違います。)

 

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0053-300x200

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

 

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

1)ベーチェット病が医学書に歴史上、特に有名なのは西暦3世紀の《金匮要略》です。

ここでは「狐惑病」の何なっています。

この書の中では治療薬も説明されています。

 

2)隋の時代には医家の巢が書した《諸病源候論》で湿毒が関係いる事を説明しています。

3)唐の時代の医学書《千金要方》でも論述されいます。

4)清の時代の医家、魏念庭は、ベーチェット病は「陰虚血熱」が原因であると説明しています。

 

大事な点は時代を代表する歴代の名医家がベーヘット病の原因・治療の方向が一致している事です。

 

HG121_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国のベーチェット病の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

ベーチェット病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果がベーチェット病の治療でも出ています。

 

ベーチェット病の治療---実例---「中西医結合医学」

1)ベーチェット病は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

当然ですが飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)ベーチェット病とは別の病気を持っている人。

①別の病気がベーチェット病が原因になっている人がいます。

②ベーチェット病から別の病気に発展している人もいます。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、ベーチェット病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

 

これは必見

もしこのままではまずい。

今の内に根本治療しよう〜

と思う方にお役立ち情報。

下記のボタンからご覧ください。

 

 

分類の仕方は色々、1800年前の資料も重要

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/becheto-1/

ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。

https://js-vivid.com/becheto-5/

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/becheto-3/

 

HG074_350A

 

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「ベーチェット病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

http://www.cn939.com/bing/Behctet

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

 

 

-風湿病(膠原病)線維筋痛症

© 2020 Powered by AFFINGER5