総合ページ

関節リウマチ 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報。

 

無料相談はコチラ

 

ご覧いただきまして大変有り難うございます。

難しい病で大変お困りと存じます。

ご希望のお薬の個人輸入を代行します。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

 

中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。

お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。

 

 

2_02_12c

関節リウマチの総合ページです。

中医学の大病院・名医は関節リウマチを根本治療します。

 

記事担当の後藤です。

「関節リウマチは非常に難しい病として知られています。」

ところが中国の大病院・名医なら、リウマチを根本治療できます。

 

「様々な関節リウマチの患者さまに出会いました。

重症の人も多い。

この資料をお役立てください。」

 

2_05_14c

 

関節リウマチの原因---中医学

 

原因①  五臓が虚弱になっている

五臓が虚弱になっています。

例えば肝腎が悪くなれば全身が悪くなります。

肝腎からの経絡(血の通り道)が塞がれ関節に血が回らず、腫れて痛みが出ます。

これが五臓が原因の関節リウマチです。

 

 

原因② 津液が詰まっている。

津液(水)が体内に有りますが、これが停滞し濃くなりネバネバになります。

これが経絡(血の通り道)に侵入します。

経絡の血が通らなくなり、血が来ないので関節付近が腫れて痛みが出ます。

これが津液が原因の関節リウマチです。

 

 

原因③   血と気が原因

人体には気のエネルギーが有ります。

気が血を誘導して居ます。

しかし気が弱まっていると血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。

血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。

これが「血・気」両方による関節リウマチです。

 

 

原因4    気候の影響が原因。

関節リウマチは気候の影響を大変多く受けた病気です。

気候の影響で津液が固まります。

それが経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。

これが気候の影響による関節リウマチです。

 

 

 

HG058_350A

 

関節リウマチの治療-----参考:中医内科

1)気候の影響①の治療

経絡(気・血の通り道)が滞留している。

気血の逃れが閉鎖され通れない。

経絡の通りをよくする治療をします。

 

2)気候の影響②の治療

熱で経絡が詰まっている。

①熱を清める治療をします。

②経絡の流れを良くする治療をして気・血が流れるようにします。

 

3)気候の影響③の治療

経脈の気血が塞がれ流れる事が出来ません。

①熱を清める治療をします。

②経絡の通りを良くする治療します。

③風を取り除く治療をします。

④湿を取り除く治療をします。

 

4)気・血の治療

①気を益す治療をします。

②血を養う治療をします。

③営気を和らげる治療をします。

④経絡の流れを良くして気血の流れを良くする治療をします。

 

5)津液の治療

津液と瘀血が互いに絡んで固まっている。

経脈が塞がって血が全く流れない。

①痰を溶かす治療をします。

②瘀血を溶かす治療をします。

③痛みや痺れを取り除く治療をします。

④経絡の通りを良くする治療をします。

 

6)五臓の治療

肝腎が力を失っています。

①肝の力を養い補う治療をします。

②腎の力を養い補う治療をします。

③経絡の流れを良くし、気血が通るように治療します。

④痛みを止める治療をします。

2_03_03c

関節リウマチは膠原病の一つです。 

膠原病には全身性エリテマトーデス、全身性硬化症、 関節リウマチ、 強皮症 、 皮膚筋炎 、

多発性筋炎、 混合性結合組織病、巨細胞性動脈炎、血管炎などあります。

共通する点が多いのですが、それぞれ特有の症状や原因がありますので、別々に調べる必要があります。

 

関節リウマチの原因解釈

中医学では古来より関節リウマチの原因は「免疫低下」ととらえています。

治療は「免疫を上げます」。

 

関節リウマチの多い症状

肩が痛い、膝、指の腫れ、股関節、手、手首、足、足首、関節などが、むくみ、変形、腫れ、貧血、痛み、などがあります。

ひどい人は手足の指が溶けています。

歩行できない、物が持てない、耳が聞こえない、味覚がない、など体の機能が奪われています。

 

関節リウマチは紀元前200年の医学書に

世界最古の医学書は2000年前の黄帝内経です。

この中に素問があります。

ここで関節リウマチが書かれています。

 

季節には、風・寒・湿があるがこれが原因と。

その後、多くの医学書に関節リウマチが書かれています。

風・寒・湿に熱が加わっています。

 

関節リウマチの原因の要点

関節リウマチの原因は季節が影響している。

 

特に「風・寒・湿・熱」などが体に侵入し、「経絡」をふさぐと、

筋肉、筋骨、関節に、だるい痛み、しびれ、重苦しい、屈折が難しい、状態を引き起こしている。

はなはだしい場合は、大きく腫れたり、焼け付くような熱さがある。

 

関節リウマチの原因をかみくだいてみよう。

1)まず体の総合的な機能やパワーが正常でないことが基礎としてあります。

つまり虚弱体質、皮膚と筋肉との間が緩んで隙間が出来ている、

体の外から病気が入らないようにする防備能力が失われている、

などがリウマチを起こす体の下地です。

 

2.このような無防備な体の状態に

大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入し、体を襲った為に起きた病気です。

 

HG089_350A

 

関節リウマチの形成過程を説明します。

上記のように大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入した時、体内はどのようになったか?

 

気のエネルギー

人は「気・血・水」の三大要素で動いて居ます。

「気」とは気のエネルギーです。

「血」は血液です。

「水」は水分の事で中医学では津液(しんえき)と呼びます。

 

この三つの内、

まず気のエネルギーが----大自然の「風・寒・湿・熱」などが体に侵入した事で、働きが妨げられます。

気のエネルギーは特に「筋肉・関節・経絡」で動きが妨げられます。

 

経絡とは

「経絡(けいらく)」とは頭の先から手足の指まで全身に12本の大きな通路と毛細通路が全身の網羅されて居るところです。

ここは血と気のエネルギーが流れて居ます。

血は血管の中だけを流れていると思われて居ますが、実際は経絡にも多量に流れて居ます。

 

この経絡の中では、気のエネルギーが機関車として血を全身に引っ張って居ますが、気が阻害されると当然、血も全身を回らなくなります。

このような経緯でリウマチが形成されます。

 

1_16_06c

 

 関節リウマチの治療状況

関節リウマチの発生過程を見ていかがですか?

はじめて知ったでしょう!

しかしこれは中医学界では2000前から知られていた事です。

新しいことではありません。

 

今は、この医学は高度な漢方として毎日のように世界中で治療に使われています。

漢方で全身を総合的に治療できます。

中期、後期の場合も良い治療薬があります。

 

一番ひどい関節リウマチは手足が溶けている事です。

早い段階で漢方を使えばよい治療薬があります。

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0053-300x200

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

 

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

 

 

2_05_06c

関節リウマチは中国・大病院の名医でなければ治せません。

あなたのリウマチはどの程度悪いですか?

名医は、手足の指が溶けている末期状態の人も治療で良くします。

あまりの痛さに死にたいと言っていた人。

治療が進むと言った事をすっかり忘れお元気に暮らしている。

 

名医であれば、余程の例外は別にして、大概の人は良くできます。

 

HG121_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の関節リューマチの治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

関節リューマチを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

「中西医結合医学」でする関節リューマチの治療は効果が大きい。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が関節リューマチの治療でも出ています。

 

関節リューマチの治療---実例---「中西医結合医学」

1)関節リューマチは原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)関節リューマチとは別の病気を持っている人。

①別の病気が関節リューマチの原因になっている人が多い。

②関節リューマチから別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、関節リューマチだけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

下記に関連の記事があります。ご覧ください。

<リウマチが悪化する理由>

リウマチが治らない、悪化する理由を知りたい。

 

<リウマチの治療>

リウマチの最先端の治療方法。漢方の名医が必ずする治療。漢方大病院の情報。

膠原病を本気で治す漢方の方法。難しいリウマチを参考に説明します。漢方大病院の情報。

 

<治療体験>

リウマチ、薬の取り寄せ経験。大学病院に相談。

 

 

1_19_06c

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「関節リウマチ」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

https://baike.baidu.com/item/类风湿关节炎

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

-総合ページ

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5