呼吸器系

気管支拡張症 の根底からの治療 原因を詳しく治療 大病院・名医 処方薬 総合情報

無料相談はコチラ

 

ご覧いただきまして大変有り難うございます。

難しい病で大変お困りと存じます。

ご希望のお薬の個人輸入を代行します。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

 

中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。

お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。

 

 

2_13_11c

 

 

気管支拡張症の総合ページです

気管支拡張症を根本治療します。          

気管支拡張症が非常に難しい病気であるのはあなた自身がよくご存知と思います。

中医学の大病院には甲状腺の名医が多くいます。

そこには根本治療するお薬が有ります。

 

 

記事担当の後藤です。

「こんにちは気管支拡張症で大変お困りと思います。

中医学は根本治療します」

 

「下記に中医学の大病院や医学書の情報を載せますのでご活用下さい。

早く良くなり元気にご活躍されて下さい。」

 

FZ061_L

 

質問)気管支拡張症になった原因が分かりますか? 中医学

原因①  感染により発病。

多くは子供の時期や青少年の時期に発病しています。

気管支や肺に感染した。

子供の頃の百日咳、気管支肺炎、蕁麻疹に掛かった事が発端となっています。

 

原因②  肺など臓器が元々弱い。

このような人は特に「外気の影響」をまともに受けやすい。

例えば寒い時に呼吸で寒さが肺に入りますと、肺が損傷し弱ります。

或いは有害物質を吸った為です。

 

その影響がさらに元々弱い臓器にも行きます。

何度も何度も外気の影響を受ける事で次第に気管支拡張症が作られたのです。

 

原因③  長引く病気が原因。

人体には五臓六腑があります。

全て肺に繋がっています。

他の病気で長らく患っていると、病になっている臓器の影響が肺にきます。

そして気管支拡張症になります。

 

jTUCUEgBT5K6K14lVe93A_thumb_861b

気管支拡張症の状態 中医学診断

状態①  傷肺

1)大気が体に侵入した。

肺を損傷した。

肺が正常な動作が出来なくなった。

 

2)咳が出るようになり、喉に痒みが出た。

痰に血を帯びている。

 

状態②  犯肺

1)五臓の悪化で肺が機能を失っている。

2)喀血、胸の脇の痛み、イライラ、怒りがある。

 

状態③  陰肺

1)陰陽のバランスが崩れ肺が悪くなっている。

2)咳・痰は少ない、痰に血が混ざり吐血することもある。

熱がある、口・喉が乾く。

 

状態④  津液雍肺

1)津液(水)の悪化で肺が悪くなった。

2)咳、喀痰、痰は黄色、あるいは血が混じる、胸の脇が急に痛みが出る。

1_19_11c

 

気管支拡張症の治療 中医学

治療① 傷肺

大気が体に侵入し、肺を損傷した。

①肺を潤す治療をします。

 

 

治療②  犯肺

肺が機能を失っている。

①肺の流れを良くする治療をします。

②止血の治療をします。

 

治療③  陰肺

①肺を潤す治療をします。

②血の通りを良くする治療をします。

③止血の治療をします。

 

治療④  津液肺

津液(水)が肺に影響した。

①熱を清める治療をします。

②肺の流れを良くする治療をします。

③咳を止める治療をします。

 

質問)気管支拡張症の薬を教えて下さい 中医学

基本的には肺の治療薬が出ますが、他の五臓の薬が出る事が有ります。

 

ですから五臓の薬が出た場合は、西洋医学の内臓の診断とは全く別ですので

しっかり薬を飲んでください。

 

質問)他にどんな薬が出ますか?

経絡(血の通り道)が詰まっている事が多く、この治療薬が出る事が多い。

 

質問)その他に薬が出ますか?

気管支拡張症は「気・血・津液」の治療薬が出ます。

先ほどの経絡の中には「気・血」が通っています。

 

血を全身に回すのは気が牽引していますが、気のエネルギーが弱いために

血が回らず気管支拡張症になっている、

 

或いは「津液」に異常が起こり血流を病害し気管支拡張症になっている場合も有ります。

従ってこれらの薬がでた場合は必ず、しっかし飲んで下さい。

 

質問)気管支拡張症はどのような症状が多いですか?

気管支や気管支の周辺が慢性的に炎症し気管支壁が損傷しています。

この為、気管支が「歪み・変形・拡張」しています。

 

口が渇く、喉の痛み、喉が渇く、鼻が乾燥する、痰、血痰、吐血、息切れ、発熱、悪寒、

寝汗、肺音、貧血、痩せる、疲労、だるい、動悸、顔が赤い、目が赤い、便秘、尿が赤い、

顔面蒼白、口が渇き喉が赤い、脈が弱い、など。

 

FZ084_L

 

質問)中医学は気管支拡張症をいつから治療していますか?

実質的には4000年前から治療しています。

気管支拡張症の原因や治療方法は紀元前200年の医学書「内経」に書かれています。

その本の中の<素問>に気管支拡張症についての説明があります。

 

この医学書は当時の行政が編纂した大医学書です。

素問の説明が非常に的確で、現在でも気管支拡張症の治療の基礎となっています。

 

隋の時代の医学者「巢元方」は医学書<諸病源候論>で、

また明時代の医学者「張介宾」は医学書<景宾全書>の中で

気管支拡張症のより深い原因・分類・メカニズム・治療方法が発表されています。

 

このような歴代の優れた医学者の研究蓄積で、こんにち気管支拡張症は大変優れた治療が行われています。

 

 

FZ112_L

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

DSC_0264

 

上海の医師が関係する理由は二つ有ります。

1)医師が診断しないと、どのような薬の飲めば良いか判断できません。

大概3〜5種類の薬を組みます。

つまり中国の大病院しかこのレベルの薬は置いていません。

 

薬剤師では診断は全く無理です。

そのような資格、勉強、訓練を積んで居ません。

この為、医療用の薬は医師が診断・処方しない限り、薬剤師は薬を出すことは一切できません。

 

2)気管支拡張症は非常に難しい病気です。

よほどの名医でなければ良い治療は出来ません。

 

このような理由でビビッド・ライフは全て大病院・医師に相談します。

 

FZ001_L.jpg

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の気管支拡張症の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

気管支拡張症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が気管支拡張症の治療でも出ています。

 

気管支拡張症の治療---実例---「中西医結合医学」

1)気管支拡張症は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)気管支拡張症とは別の病気を持っている人。

①別の病気が気管支拡張症の原因になっている人が多い。

②気管支拡張症から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、気管支拡張症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

気管支拡張症の情報

気管支拡張症は難しい病です。

無料資料を用意しました。

下記のボタンを押してご覧ください。

 

関連の記事があります。ご覧ください。

気管支拡張症 中医学・大病院、治療ポイントを知る

https://js-vivid.com/kikansi-kakutyo-1/

 

相談は無料です。ご利用ください。

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

 

-呼吸器系

© 2020 Powered by AFFINGER5