呼吸器系

気管支拡張症 中医学・大病院、治療ポイントを知る

無料相談はコチラ

 

気管支が広がったままの状態を気管支拡張症と言います。

気管支拡張症は気管支壁や肺を損傷し変形している、塞がれています。

原因は先天的と感染、幼児期の肺炎と言われています。

しかし実際はもっと別に重要な原因があります。

 

例えば外部からは感染が原因ですが、

知られていない原因の一つに「気候の影響が体に入ることで気管支拡張症になります」。

これ以外にも、重要な原因がありますので、それらの治療方法を説明します。

 

 

HG024_350A

気管支拡張症の症状

口が渇く、喉の痛み、喉が渇く、鼻が乾燥する、痰、血痰、吐血、

息切れ、発熱、悪寒、寝汗、肺音、貧血、痩せる、疲労、だるい、

動悸、顔が赤い、目が赤い、便秘、尿が赤い、顔面蒼白、

口が渇き喉が赤い、脈が弱い、など。

 

大きく分けて二つのパターンがあります。

気管支拡張症は体の外から入ったものと、体の内から出来るものの二つあります。

これを外因、内因と言います。

病気の原因は邪魔物です。

だから漢方では病気になる発端を「邪」と言います。

 

体の外から来るものを「外邪」、体の内から発生するものを「内邪」と言います。

体の外から病気の原因要素が入る場合は「体が弱っている時か体が無防備な状態の時」が多い。

2_15_07c

気管支拡張症は5種類の原因があります。

原因1)外邪----体の外から入り気管支拡張症になる

気候が人体に響をあたえ、気管支拡張症の原因になります。

住環境や職場の環境が原因となる場合があります。

 

風寒---寒い風に当たると、それが鼻から肺に入り、肺を傷め、気管支拡張症になります。

風熱---熱風に当たると、それが鼻から肺に入り、肺を傷め、気管支拡張症に発展します。

風燥---乾燥した風に当たる場合です。それが肺を傷め、気管支拡張症に発展します。

近年、エアコンの乾燥した風が流れ、それを毎日吸っていると、痰が絡んだ咳がずっと続く人が多い、要注意です。

感染---鼻から肺に菌が入り、肺の組織を傷め、気管支拡張症になるパターンです。

 

原因2)肺・脾が元から弱い。---内因・外因

「肺と脾」が元々弱い事が原因。

外邪の侵入による影響を受けやすく、侵入してきても打ち消す力が無い。

外邪の侵入を繰り返し、次第に気管支拡張症を形成した。

 

原因3)肺の状態が非常に弱い---内因

長引く病気の影響や外邪の影響で、肺を損傷し弱らせ、気のエネルギーの向きを逆流させ、肺につながる経絡を弱らせ気管支拡張症になった。

 

原因4)瘀血---内因

「血」が肺の正常な位置から漏れたり滞留し、ドロドロの塊の状態を作っている。

肺の気の流れが悪るくなっている。

血流が停滞している。

病状が非常に悪い。

 

原因5)感情が原因---内因

感情によって「肝」が悪くなっている。

気のエネルギーが逆流し、「肺」の経絡で出血する。

+fS51LESROzo6sdTM+AWQ_thumb_861a

気管支拡張症は5種類の治療方法が有ります。

難しい病気が多い時代です。

中医学の知識をつけ治療するなら道が開けます。

 

治療① 感染については菌を殺す薬を使います。

 

治療②---肺・脾が元々弱い。

寒風や熱風が体に入ったためですが、例えそれらが体に入っても、肺・脾が健全であれば、大概は防げた状態です。

まず肺・脾の治療をしなければなりません。

肺・脾には色々な機能があります。

 

肺は呼吸によって入った空気で血をきれいにする場所です。

では血はどこから来ているか?

脾から新しい血が肺に来ています。

 

脾は血を作る所です。

骨髄が血を作っているのでなく脾が作っています。

 

脾は脾臓とは違います。

脾とは脾臓と膵臓を合わせたものです。

しかし、胃、腸が一体となって悪くなっている場合があります。

 

中医学の名医は脾を脾臓・膵臓・胃・腸とセットで見た方が良いと言います。

気管支拡張症は肺・脾を正常になってなかったので、血の生産が不十分で酸素交換が肺で十分にできていない状況です。

これを健全にすることが、気管支拡張症の治療の大事な点です。

この薬・治療は中国の大病院・名医ならできます

 

治療③----長引く病気などの原因で肺を弱らせていた。

人体には五臓六腑があります。

これは全部つながっています。

そのパイプを経絡(けいらく)と言います。

 

肺につながる経絡がありますが、この中を「血と気」が流れています。

この「気」が逆流をしている状態です。

当然、血も順調に流れなくなります。

「気」とはエネルギーです。

 

人体は「気・血・水」の三つで構成されています。

「血・水・気」がなければ人は生きることはできません。

気のついて医学的に把握・治療しているのは中医学(漢方)だけです。

この薬・治療は中国の大病院・名医ならできます

 

治療④---瘀血

瘀血とは血のドロドロした塊ですが、ではサラサラにすれば良いか、実はそれほど安直ではありません。

瘀血とは血が毒性を帯びている状態です。

単にサラサラにすれば良いだけはありません。

 

血を解毒する必要が有ります。

血の質を改善する必要があります。

 

また瘀血とは正常な場所以外に血がある状態です。

そこに血がたまらないようにするする必要が有ります。

この治療は中国の大病院・名医ならできます。

 

治療⑤----感情が原因で肝を痛めている。

気管支拡張症になぜ肝が関係するのか不思議に思いませんか?

実は密接に関係あるのです。

肝は心(心臓)から送り出された血を全身に供給する重要なところです。

 

肝から肺に血が送られ、肺で酸素交換します。

肝と肺は経絡でつながっています。

しかし肝が故障すると経絡で出血を起こします。

 

まず肝を治療する必要が有ります。

肝臓と肝は違います。

肝臓が正常でも肝が悪い時が有ります。

 

FZ112_L

治療の歴史

気管支拡張症は非常に難しい病です。

中医学は4000年前にすでに治療がなされ2000年前には治療に関する詳しい医学書があります。

この2000年間、治療がなされて来ました。

 

中医学は世界でも最も歴史と実績のある医学です。

皮膚病の治療は紀元前14世紀から始まっており、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、現在のほとんどの病の関して詳しく説明しています。

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

現在、根本治療するために、気管支拡張症と五臓、気血津液をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。

中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。

1_12_03c

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の気管支拡張症の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

気管支拡張症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が気管支拡張症の治療でも出ています。

 

気管支拡張症の治療---実例---「中西医結合医学」

1)気管支拡張症は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)気管支拡張症とは別の病気を持っている人。

①別の病気が気管支拡張症の原因になっている人が多い。

②気管支拡張症から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、気管支拡張症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

どのようにすれば安全に治す事ができるでしょうか?

下記に漢方の無料資料を用意しました。ご覧ください。

 

 

下記の総合ページは重要な事を書いていますので、このページと合わせてご覧ください。

気管支拡張症 根底からの治療 原因を詳しく治療 中医学・大病院・名医 処方薬 総合情報

https://js-vivid.com/kikansi-15/

 

HG194_350A

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

fullsizeoutput_1df1

-呼吸器系

© 2020 Powered by AFFINGER5