総合ページ

花粉症 根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

 

無料相談はコチラ

 

花粉症の総合ページです。

中医学は根本治療します。

紀元前200年前には根本的原因が分かっていました。

 

2_03_03c

 

記事担当の後藤直伸です。

「花粉症の大変な苦痛でお困りと思います。

中医学では根本治療します。

花粉症は脾・肺・腎を治療します。」

 

「下記は中医学の詳しい説明です。

原因や治療方法を詳しく書きますので活用されてください。

お元気になり楽しい生活をされますよう心よりお祈りします。」

 

2_13_01c

 

花粉症の原因---中医学

原因 1)気虚血瘀証

①気が虚弱になっている。---血の流れる力が弱い。

②血が瘀血になっている。----血が固まり付着し、流れなくなっている。

 

原因 2)気虚寒証

①気が虚弱。----体にパワーがなく、臓器の働きが悪く、全身の血流も悪い。

②風(邪)の影響が原因。---大気の風が体に侵入した事が原因。

 

原因 3)外寒内熱証

①大気の寒が体に影響した。----寒が体の働きを狂わせている。

②体内に熱が発生している。----体内に熱が出たことで、気血津液の働きが狂っている。

 

原因 4)腎陰損虚証

①腎の陰が損傷している。----腎の働きが大きく低下している。

②腎陰が虚弱になっている。---陰陽のバランスが崩れ、体が弱っている。

 

2_23_13c

花粉症の治療---中医学

1)気虚血瘀証の治療

気が虚弱、血が固まり付着し流れなくなっている。

①血の働きを活発にする治療をします。

②瘀血を溶かす治療をします。

 

2)気虚寒証の治療

気が虚弱。風邪の影響が原因。

①肺を温める治療をします。

②寒いを散らす治療をします。

 

3)外寒内熱証の治療

大気の寒が体に影響し、体内に熱が発生している。

体内に熱が出たことで、気血津液の働きが狂っている。

①寒を取り払う治療をします。

②熱を清める治療をします。

③気・血・津液の働きを調節する治療をします。

 

4)腎陽損虚証の治療

腎の陽が損傷し虚弱になっている。

①腎の陽を温める治療をします。

②腎の働きを補う治療をします。

 

HG093_350A

 

花粉症が治らない理由

花粉症が治らない理由は五臓を治療していないからです。

日本では誰も花粉症が五臓が悪くなっていると気付いていません。

五臓の一つは肺です。ここは花粉症は全員が悪くなっています。

ですが、肺さえも完全に治療していません。

これでは花粉症は治りません。

 

五臓とは肺・心・脾・肝・腎です。

花粉症はこの全般と関係します。

 

これについては中国の2000年以上前の多くの医師がすでに突き止めていました。

それ以降、各王朝を代表する多くの大医学者が花粉症のメカニズムを詳しく解明して来ました。

ですから現代では中国の優秀な医師であれば、ほとんどの場合、花粉症は完治します。

 

4_06_09c

 

花粉症の下地

原因は二つあります。

1)一つ目は花粉症になりやすい体の下地があります。

2)二つ目は体外から花粉などが侵入したことが原因です。

この両方が重なって花粉症を作ります。

 

1)花粉症になった体の下地

①特に脾・腎が元々弱い。

②胴体の上部が熱がこもっている。

③血の力が弱く、血を全身に回す力が弱い。

④二つの主要な「気の力」が不足している為に体が正常に働いておらず、免疫が低下している。

⑤皮膚の表面の機能が悪く、皮膚から花粉・大気が体内に侵入しやすい。

以上が花粉症になりやすい体の状況です。

 

2)花粉だけではない

花粉だけが大きな原因と思われていますが、実際はそれだけでは有りません。

実際は花粉が飛び交う時期に、気候の影響が体に侵入するのです。

気候には「風の影響、寒さの影響、乾燥の影響、時には熱の影響」が有ります。

花粉だけが目立ちますが、実際は花粉と気候がセットで体に侵入して花粉症を起こします。

 

このように体内の下地と、花粉・気候の影響が体に侵入し花粉症を発症させます。

 

FZ119_L

 

花粉症

医学書が指摘する五臓

中国は花粉症の治療については2000年以上の歴史があり、臓器の関係について書いています。

 

1)臓器について書いた最初の医学書は紀元前200年の【内経】です。

これは当時の政府が編纂したものです。

【内経】では「素問や 灵枢」と言う専門分野の説明書の中で「心・肺・脾・腎・肝」のそれぞれを取り上げ、花粉症との関係を詳しく説明してます。

 

2)北宗の時代の【太平圣惠方】は100巻もの大医学書ですが、肺と花粉症(鼻)の関係を詳しく説明しています。

3)唐の政府が編纂した【外台秘要】は臨床医学書ですが、この中で花粉症が肺のメカニズムについて説明しています。

 

現代、多くの大病院の臨床データーを見ても「花粉症は必ず五臓との関係の病」であることを説明しています。

 

花粉症が発生するメカニズム---中医学

第一メカニズム

花粉は病毒です。

これが繰り返し何度も体に入ります。

これが「肺」の機能を壊します。

 

肺は全身に水を配分する作業をしていますが、この働きが妨げられます。

体内の水は正常に流れる事ができなくなり、肺に逆流します。

 

肺から鼻に水が上がり、鼻の機能が損傷し、鼻詰り、くしゃみや、目・耳・舌・アゴの痒み、皮膚に湿疹が出ます。

この 痒みは「心」と関係していると上記の【内経】では説明しています。

 

第二メカニズム

元々「脾」が弱い。

「脾」は津液(水分)を肺に送る役目をしますが、元々「脾」が虚弱な為、津液を正常に流す力がなく、その為、津液(水分)は鼻の働きに悪影響を与え鼻水が出ます。

 

第三メカニズム

元々「腎」が弱い。

腎は体内の津液(水分)と関係します。

腎が弱いので鼻に影響を与え鼻汁が大量に出ます。

またクシャミが出たり、手足が異常に冷えたり、膝腰が痛い、夜間トイレに行く回数が多いなどの症状が出ます。

 

このように五臓は鼻に影響を与える関係があり、五臓が花粉症を起こす原因となっています。

 

2_15_08c

 

根底治療

根底からの治療は「五臓」が重点です。

「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。

元々、五臓が不調です。

五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。

花粉症は複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。

 

 

FZ084_L

 

 

花粉症・気管支炎・気管支喘息・肺気腫の関係

花粉症は「鼻水・クシャミ・涙」が出る、眼や「鼻・耳」が非常に痒い事が特徴です。

 

病状が重くなると「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」を誘発します。

「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」は病の構造メカニズムが花粉症とほとんど同じですから、病は広がりやすい。

 

気管支炎・気管支喘息・肺気腫は中国の医師は非常に良い治療をします。

 

 

医薬品が大事です。

中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

 

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

 

DSC_0036

 

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の花粉症の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

花粉症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

「中西医結合医学」でする花粉症の治療は効果が大きい。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が花粉症の治療でも出ています。

 

花粉症の治療---実例---「中西医結合医学」

1)花粉症は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから西洋薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)花粉症とは別の病気を持っている人。

①別の病気が花粉症の原因になっている人が多い。

②花粉症から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、花粉症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

 

費用と効果を考える

よく計算してみると、この方法は非常に安価です。

費用と効果を考える、

実際に使うお金を比較してみる、

結局、一番割安です。

 

どのような治療をしたいですか。

当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。

しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。

中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。

 

これには10年以上掛かりました。

一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。

上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。

 

「花粉症は大変な苦しみと思います。」

「一日も早く正常になることを心より願って居ります」 後藤。

 

 

fullsizeoutput_2339.jpeg

中国医療機関のネットの参考情報

中国の大病院が「花粉症をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

https://baike.baidu.com/item/花粉过敏症

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

関連の記事です。

花粉症を元から治療。完治を目指す。病状悪化、喘息も併発、本当に直す方法を知りたい。

https://js-vivid.com/kafunsyo-2/

 

花粉症の人は是非、普段から◇百宝元を飲んでいただきたいと思います。

◇百宝元を飲みながら健康維持が出来ます。

また中医学に興味を持つようになると思います。

 

A-3 .jpg

 

-総合ページ

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5