その他の病

頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。

無料相談はコチラ

頭痛がどうしても治らない人。

中医学の医師に相談したい方の情報ページです。

お薬は勝手な判断は危険です。

お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。

まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。

 

一時的な頭痛は気になりませんが、

長い年月、ずっと頭痛になやまされている人も多い。

そのような人にとって頭痛は人生の大きなマイナスです。

大人も苦痛ですが、小さい子供さんの場合、本人の表現力が弱いですから、周囲からは本当に痛いのか?信用してくれません。

ひどい場合は仮病と言われる場合もあります。しかし本人にしてみれば大変な苦痛です。

 

一体なぜ頭痛がするのか?漢方の治し方があります。

まだ日本では頭痛の原因はわかっていません。

一流のドクターに個人的に会っても、頭痛や痛みは原因は分からないと言います。

どのドクターも同じと言います。なぜ日本では分からないのか?

 

しかしビビッド・ライフのお世話になっている漢方の専門医は詳しい診断で原因をすぐに見つけます。

また、適切な治し方があります。

高度な漢方は頭痛に関しては最も角度の高い医学です。

実は頭痛の本当の原因は分かっています。

fullsizeoutput_22b6.jpeg

色々な頭痛

他の病気などに関連して頭が痛い。

生理、生理前、生理中の頭痛。風邪の頭痛、肩こりの頭痛、蓄膿症・副鼻腔炎の頭痛、

神経痛、虫歯、花粉症、血圧など、様々な病気による頭痛が有ります。

この頭痛はそれぞれの病気が原因です。漢方で治療方法ありますのでビビッド・ライフにご相談ください。

 

痛みが主体を「頭痛」として説明

今回の説明は、上記の他の病気が関連した頭痛ではなく、「頭痛」が主体の場合を説明します。

 

痛みのタイプ

ズキズキ、ガンガン、ズキン、チクチク、鈍痛など

 

頭痛に伴う症状

悪寒、寒気、あくび、生あくび、めまい、吐き気、吐く、嘔吐、ふらつき、むくみ、立ちくらみ、微熱、発熱、高熱、だるい、倦怠感がある、気持ちが悪い、疲れ、下痢、眠気、涙が出る、寝起きに痛い、など。

 

頭痛時に他に痛いところ、悪いところ。

胸の痛み、胃痛、腹痛、腰痛、関節痛、背中の痛み、首の痛み、耳鳴り、鼻水、鼻血、貧血、目の充血、目がまぶしい、眼精疲労、しびれ、咳、など。

 

頭痛の場所

おでこ、側頭部、前頭部、前頭葉、こめかみ、眉間、後頭部、首の付け根、首の後ろ、耳、耳の奥、耳の後ろ、頭の右側、左側頭部、右後頭部、左後頭部、目、目の上、目の奥など。

 

頭痛がする時

ストレス、雨、寝不足・睡眠不足、睡眠時、慢性、偏頭痛、など。

 

bL9PtEJVRA+KBol9z2nhRA_thumb_861d.jpg

頭痛の原因を区分けする

ビビッド・ライフでは現代医学の名医に相談・診断できます。

また漢方の国際的な名医にも相談、診断できます。

頭痛の原因は現代医学ではまだ解明されていません。

 

一方、国際的な最先端の漢方では、実際は2000年前にはすでに頭痛の原因は見つかっていました。

この2000年間、頭痛のさまざま検証と治療が行われ、現在、最も高度な分析と治療ができます。

頭痛の原因は様々です。

 

ビビッド・ライフに依頼された場合は、まず何が原因か?

どこから痛みが来ているか?

中医学の名医が判断します。

 

治療薬も名医が出しますので心配いりません。

「頭痛」の原因---予備知識

現在、国際的には「頭痛」の原因を解明しているのは最先端の中医学です。

この2000年間の研究、治療の歴史を見ますと、非常に多くの積み重ねがされて来ました。

 

予備知識

全身は五臓・六腑が動かしていますが、さらにその五臓六腑を動かしているのは「気・血・津液」です。

「気」とはエネルギー、「血」は血液、「津液」は体液の事です。この内「気・血」の二つが頭痛に関係します。

 

GJk68DMtRL+LUEzUtrokjA_thumb_8618.jpg

頭痛の原因・メカニズム

頭痛の病因は多岐に渡りますが、大きく分けると①体の外部から入って来たものと、②体の内側で発生したもの、の2種類あります。

 

①体の外部から入って来たものが頭痛の原因

外部から入るものは「外気」です。

外気が体に侵入し、頭部に入り頭部を犯します。

人体の頭部には胴体部分から「気」が常時、流れて来ている。

外気が頭部を犯した状態で滞留し、胴体から上がってくる「気」を妨害すると、血が頭に来なくなる。

そして痛みがでる。これが頭痛です。

 

「気・血」の関係を説明します。

血は経絡を流れていますが自力では流れません。

血が全身を流れるのは気が機関車となって経絡の中で血を牽引しているからです。

ですから外気が頭に溜まって気を妨害すると血が流れて来なくなります。

人体の痛みは血が流れて来ないために起こります。

頭痛はまさに頭に血が流れて来ないために起きます。

 

②体の内部で発生した問題が頭痛の原因

頭痛は肝・腎・脾のどれかが悪くなっています。

普段、肝・腎・脾が「脳」を作り、「脳」に栄養を与え、「脳」を維持しています。

肝・腎が作った血は脳に行きます。脾も気・血を脳に送り込みます。

しかし、肝・腎・脾のどれかが悪くなると、脳に流れるはずの気血が妨害され脳に流れなくなり、そこで痛みが発生します。

これが頭痛です。

 

 頭痛の治療

原因の説明で、肝・腎・脾・気・血・経絡が出て来ましたが、非常に難しい判断が必要です。

高度な漢方ではこの判断・治療ができます。

しかし日本にはこのような高度な漢方を学ぶ医科大学の制度が無く、漢方の医師免許制度がないため、正規の漢方の医師がいません。

 

よって日本の病院用の漢方薬は138種類ほどにとどまっています。

このためビビッド・ライフでは難しい病は本格的な漢方の治療ができる国際的な名医に相談・診断が受けられる体制を取っています。

名医が9000種類の漢方薬の中から必要に応じて処方してくださいます。

 

頭痛はどのような治療が良いか?

二つの治療方法

現代医学と漢方は全く違った方式を取っています。

例えば血液検査では肝臓・腎臓が正常で有っても、漢方医が診断すると肝・腎が悪い時があります。

これはどちらも間違っていません。

どちらも正しいのです。

 

両方とも違った観点から診断しているのです。

例えば肝臓と肝は違います。

機能・働き・関連など全て違う判断をしています。

ですから現代医学で肝臓が頭痛の原因との診断は出ません。

 

しかし漢方では「肝」が頭痛の原因と診断します。

現代医学は対処療法により、痛みどめを打つ方法になります。

したがって、自然消滅しないかぎり頭痛はその後も長く続きます。

 

漢方の治療方法

これに対し、漢方は頭痛の色々な原因の内、どれが原因になっているのか特定できます。

またその原因から頭痛が起きる途中のステップで体にどのような問題が起きているのか特定します。

つまり発生原因、次に途中経過で悪くなっているところ、そして脳の部分の大きく分けて三部分の状態を特定します。

そして必要な治療をします。

 

関連の資料があります。

頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。

https://js-vivid.com/zutu-3/

群発頭痛の治療に必要な中医学の知識。世界トップの漢方の頭脳が集まる上海、その大病院の名医に相談。

https://js-vivid.com/gunpatu-1/

 

下記をご覧下さい。

頭痛から解き放たれたい人は必見。

もっと大事な説明があります。

無料です。なんども見れますのでご覧下さい。

 

頭痛の根本的治療をしたい人、お困りの事、なんでもご相談ください。相談量は無料です。

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-その他の病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5