血・心・脾

先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか? 数千年前に解き明かし、現在、非常に効果的な治療。

 

無料相談はコチラ

 

先天性好中球減少症の情報ページです。

記事担当の後藤です。

中医学・大病院では先天性好中球減少症の治療をします。

 

この病の原因やメカニズムをご説明しますのでご覧ください。

治療にお役立てください。

 

HG094_350A

 先天性好中球減少症の原因の分析---中医学

禀赋薄弱,精血不足が原因です。

1)父母からの精血不足。

2)胎児の時に栄養不足

3)産後に栄養の与え方が不適切。

これらが原因で禀赋薄弱になります。

そして五臓を正常な状態にする事が出来ず、

先天性好中球減少症を形成させます。

 

上記でお分かりと思いますが

この病気は五臓に有ります。

好中球減少は結果であり、その状態は五臓に有ります。

この病気は五臓と関係しています。

五臓は心・肺・脾・肝・腎ですが、

先天性好中球減少症は特に「腎・脾・肺」が関係します。

 

1)腎---先天的な部分と関係します。

2)脾・胃----後天的な部分と関係します。

3)肺----「気」と関係します。

4)肝-----血を蓄えます。

 

体の機能は繋がっていますので、

一つの臓器が損傷すると、他の臓器にも影響が及びます。

最も多い例が、まず腎が損傷されていて、そこから脾・胃・肺・肝に影響が及び先天性好中球減少症が形成されています。

 好中球減少症は五臓を治療すると良くなります。 

特に腎・脾・肺を治療します。 

HG135_350A

中医学の先天性好中球減少症の治療は一夜にして簡単に出来たものでは有りません。

高度な検証を繰り返し、作り上げられた治療方法です。

少数の治療実績ではなく、この4000年間、膨大な人数の患者を治療して来た流れの中で、今日の高い実績を出しています。

 

好中球減少症を歴代の大医学者が検証

1)紀元前200年の医学書「素問」以降、好中球減少症の研究は多くの名医学者がしてきました。

中でも西暦200年、後漢時代の张仲景は医学書[金匮要略]で、好中球減少症の原因・メカニズム・治療方法について詳しく説明しています。

 

2)西暦600年、隋の時代、名医学者の巣元方は50冊もの医学書「諸病原候論」の中で好中球減少症と五臓の状態を各臓器別に説明しています。

 

3)西暦1624年、明時代の名医学者,張景岳は好中球減少症の治療方法を改良し、現代でも使う重要な治療薬を開発しています。

 

4)西暦1630年、明時代の名医学者,汪绮石は医学書「理虚元鉴」で好中球減少症の原因、メカニズム、治療、予防など説明をしています。

 

5)西暦1650年、清の時代の名医学者、吴澄的は医学書「不居集」で好中球減少症や関連の病について説明しています。

 

このように先天性好中球減少症については2000年に及ぶ様々な研究・治療・薬の開発が行われて来ました。上記は文献として現在に伝わっている内容で、実際には4000年前より非常に優れた治療がされて来ました。

 

2_19_10c

関連の記事をご覧ください。

先天性好中球減少症 好中球減少症の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。中西医結合医学 総合情報

https://js-vivid.com/kotyukyu-15/

重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。最先端の「中西医結合医学」

https://js-vivid.com/kotyukyu1/

好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。

https://js-vivid.com/kotyukyu-0/

重症先天性好中球減少症 中医学の体験、幼児。 上海・大病院の医師に相談。

https://js-vivid.com/kotyukyu-5/

先天性好中球減少症 について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。

https://js-vivid.com/kotyukyu-3/

 

ロゴ

-血・心・脾

© 2020 Powered by AFFINGER5