血・心・脾

先天性好中球減少症 について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。

 

無料相談はコチラ

 

好中球減少症の情報ページです。

好中球減少症は先天性や後天性、重症先天性など色々あります。

原因も様々です。

治療効果を有効率と言いますが、中国の色々な中医学・大病院が詳しい発表をしています。

 

しかしまた好中球減少症のどのタイプなのかによりかなりの違いが出ます。

また病状がどの段階まで来ているかによって違いが出ます。

 

詳しくは中医学・大病院・名医の診断を受け、正確な情報を受けて下さい。

中医学の判断をできるだけ詳しく説明しますので、ご覧ください。

 

FV017_L2.jpg

 好中球減少症の原因---中医学

原因 1)凛賦薄弱、精血不足---体の根底が弱い

これは、子供さんに特に多い原因です。

どちらかと言うと先天的要素が多く関係します。

 

①父母から受け継いだ精血が不足している。

②あるいは胎児の時の栄養が不足していた。

③あるいは出生後、食べさせた栄養が不適切だった。

 

以上のどれもが凛賦薄弱にさせ、気を作る事が不十分で、

臓腑の働きが不完全な為、好中球減少症になった。

あるいは大気の影響を繰り返し受け「正気」を損傷し、好中球減少症になった。

 

この治療は中医学・大病院・名医は出来ます。

 

「凛賦薄弱」は凛賦不足とも言います。

先天的な体の根元と言って良いもので「先天の精」とも言います。

これは中医学独特の表現です。

これは特に「腎」と関係します。

身体の根源ば弱ければ、体はしっかりせず、大病にもなりやすい。

 

「正気」は免疫力の元です。

中医学独特の表現です。

「正気」が正常な状態には免疫力があり、病を起こさない、病気の発生を食い止めます。

2_03_03c

 

原因 2)邪毒傷正-----後天的好中球減少症

①大気の「風・寒・暑・湿・燥・熱」が体に影響した。

②あるいは急性伝染病・疫病の毒、邪気が伝わり、熱・火になった。

③放射線治療をした、放射線に触れた。

 

以上三つのどれかで火熱邪が人体に侵入、邪熱が温存、蒸されて毒になり、清血を消耗し正気を損傷し、好中球減少症になった。

2_23_13c

 

原因 3)肝腎陰虚

過労、精神的負担が大き過ぎ、心・脾・肝・腎を損傷した。

これは後天的です。

血液不足や精気の損傷で五臓を損傷し、好中球減少症を起こした。

これは先天的も関係します。

 

中医学の治療

ここに出て来た五臓(心・肺・脾・肝・腎)を根底治療は

中医学の得意とする所です。

五臓を正常に戻せば正常な血液を自力で作る力が戻りますので

血液の成分、好中球は正常になります。

2_13_02c

 原因 4)脾胃陰虚----後天的好中球減少症

飢え・食べ過ぎで失調、暴飲暴食、酒の飲み過ぎ、好きな食べ物に偏っている、間違った不潔な食べ物などで、

脾・胃を損傷し、気血を生む源が不足し、次第に虚損になり、好中球減少症になった。

 

中医学の治療

中医学では血を作ろ所を「脾」と考えています。

脾が不調だと血を正常に作ろ事ができません。

新しい血ができない、正常な血が出来ない原因になります。

 

 

HG048_350A-1

 

原因 5)精気損虚----後天的好中球減少症

①飲んだ薬が不適切であった。

②化学療法の後、薬の毒が体内に溜まった。

③または間違って食べた、間違っで触った物が毒物だった。

 

この為、鬱積し火になり、火毒が盛んになり、精血を消耗損傷させ正気を損傷させて好中球減少症を起こした。

 

 

HG098_350A

 

原因 6)久病大病----後天的好中球減少症

病気が長引き、正気を消耗損傷、精血を消耗損傷、陽気を消耗損傷。

 

中医学の治療 

「正気」とは免疫力の元であり、正気が消耗損傷とは、免疫力が破壊されており、陰陽のバランスが壊れている段階です。

気は陰陽ありますが、陽の気を消耗損傷している状態ですから、あらゆる病気が発生しやすい状態です。

また精血を消耗損傷しているとは、血が壊れている状態で、まさに好中球が減少している状態です。

 

中医学では陰陽のバランスを取り直す治療ができます。

また精血を正常に取り戻し、血を正常にして好中球を正常に戻す治療が有ります。

しかし楽観はできません。

病が進まない内に中医学に基づく徹底的な治療が必要です。

HG074_350A

 好中球は血液の中の要素です。

中医学では血液の研究が非常に進んでいます。

実質1万年の歴史があると医大の資料では書いています。

人類が発生したと同時に病気が発生しましたので、血液がまず一番大きな治療、研究対象でした。

 

これに対する治療薬は同じように1万年の積み重ねがあり、この4000年間は特に進んだ薬の開発が行なわれて来ました。

好中球減少症もその中の一環です。

 

本来、血液は自分で誰で作っています。

正常な血液を健康な人は誰でも作っています。

中医学は、自分で正常な血液を作る力をつける治療をします。

また好中球減少症になっていることで感染して居る事もありますが、これも薬があります。

DSC_0261-1.jpg

病の程度や悪くしている状態は人それぞれです。

どのように悪くなっているかは専門の中医師が判断します。

好中球減少症は不治の病と思われています。

しかし中医学では治療が可能です。

 

中国でも中医学と西洋医学は全く考えが違います。

中国の西洋医学では好中球減少症の原因は感染や遺伝、自己免疫疾患などが上げられています。

しかも難治性の病としています。

 

かたや中医学は全く違った見方をしています。

中医学がどのように見ているか資料をご覧ください。

わかりやすいように好中球減少症の原因の重要ポイントだけをあげています。

まだ日本には知られていない内容ですので、しっかり見てください。

FX200_L-215936-edited.jpg

 

好中球減少症の総合ページはこちら

関連の記事があります。ご覧ください。

先天性好中球減少症 好中球減少症の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。中西医結合医学 総合情報

https://js-vivid.com/kotyukyu-15/

重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。最先端の「中西医結合医学」

https://js-vivid.com/kotyukyu1/

好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。

https://js-vivid.com/kotyukyu-0/

重症先天性好中球減少症 中医学の体験、幼児。 上海・大病院の医師に相談。

https://js-vivid.com/kotyukyu-5/

 

先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか? 数千年前に解き明かし、現在、非常に効果的な治療。

https://js-vivid.com/kotyukyu-rekisi/

 

 

より詳しい説明は下記をご覧ください。

無料です。

「好中球減少症の原因」

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-血・心・脾

© 2020 Powered by AFFINGER5