性器ヘルペス・性病

淋病など性病を漢方で治療する秘訣。漢方大病院の情報。

無料相談はコチラ

海外の薬は必ず医師の診断、処方薬を飲みましょう。

自分で上海などに行ける人は上海中医药大学付属岳阳医院など優れた病院がありますので、外来で診察を受けるか入院して下さい。

淋病など性病は種類としてたくさんあります。

抗生物質で菌を殺せるものと、殺せないものがあります。

高度な漢方薬では性病の菌を殺す薬が色々あります。

菌は抗生物質も確かに良いのですが、天然の薬草を使った漢方薬も高度な治療ができます。

 

FV134_L-1.jpg

性病は菌を殺しても問題が残る場合があります。

性病治療を漢方の名医がするとき、菌を殺すこともしますが、内臓の治療がむしろ重点になっています。

菌が体に侵入して、体の働きを壊しています。

 

実際、高度な漢方の医学書を見ますと、

肺や肝、腎など、色々なところ痛めると書いています。

陰部から菌が侵入した。性病の菌は非常の凶悪です。体の奥、どの系統に入っるのか?

基本的な侵入経路や痛める臓器などが、パターンがあります。

 

QRzvRv3+QhimCjXhjwqXmA_thumb_85f7.jpg

血液系に侵入する場合が多い。

医学書を見て気になる点は二つあります。

 

1)血液が毒性を帯びて体内を回ることです。

血は体内を時速60kmで回っています。

自動車の時速60kmと同じです。

この状態で毒性の血が全身を回れば、体は確実に悪くなります。

 

2)血の系統の臓器を痛めます。

血液系の臓器はどこか思い浮かぶと思います。

まず心です。

それに肝です。

あとは血の通り道は血管です。

 

これだけでは無いです。

もっと別の臓器や血の通り道があります。

高度な中医学はすでにどこなのかは解明し、日常的に治療に使っています。

 

体内の水の系統に侵入する

性病の治療のとき、中医学の医師がだす薬の中には体の津液(水分)の治療が入っている時があります。

体の水分と言うとすぐに膀胱や腎臓を思い浮かぶ人は優秀です。

 

これ以外ですが、実は膀胱や腎臓とつながって体に津液(水)を扱う需要な臓器が別に何種類かあります。

ここが悪くなっている場合が多い。

ここは中医学では治療ができます。

 

一度、性病に掛かった人は

中医学の医師に依頼してみると、やはり体内は悪いところが多い。

治療しなければ、そこは悪いままか、別の病気を増やす可能性があります。

 

関連の記事があります。ごらんください。

性感染症、性病の治療体験 ビビッド・ライフ、漢方の感想、信用・評価

淋病・性病の治療を日本人は間違っている

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

 

 

 

-性器ヘルペス・性病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5