パーキンソン・進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺 改善する可能性は無いのか?中医学・大病院・名医の治療薬。総合情報。

無料相談はコチラ

 

進行性核上性麻痺の薬、個人輸入、総合ページです。

この病は非常に難しい病気で、安請負出来ない病気です。

しかし中には大幅に改善される方もいますので、

少しでもお役に立てるのならばと情報を載せます。

特に自宅治療中の方はお試し下さい。

 

こんにちは 記事担当の後藤です。

進行性核上性麻痺は大変な難病で、お困りの人が多いと存じます。

中医学と言えども、非常に難しい病です。」

 

「しかし、放置するわけには行きません。

何か方法が有るのか、まず中医学の大病院・医師に頼み込んで

良い薬を教えていただくのに越した事はありません。」

 

「下記の資料をお役立てください。」

 

1_16_06c

進行性核上性麻痺の原因---参考:中医内科学

原因 1)湿熱①

湿が体に入り熱が発生した。

その影響で筋肉が動かなくなり進行性核上性麻痺が発生した。

 

原因 2)湿熱②

湿熱の病邪が体内の津液(水)を損傷した。

五体(頭部・両手・両足)が萎縮し動かなくなった。

進行性核上性麻痺が発生した。

 

原因 3)飲食・毒

①飲食が不適切

痰が発生し肢体の動きが悪くなり進行性核上性麻痺が発生した。

 

②毒性の薬物

毒性薬物で血脈の通りが悪くなり進行性核上性麻痺が発生した。

 

原因 4)労働・産後

①重量物を持って首・腰を損傷した。

肢体が栄養を失い動かなくなり進行性核上性麻痺が発生した。

 

②産後悪露が全部出尽くしていない。

この影響で肢体(両手両足)が動かなくなり、進行性核上性麻痺になった。

 

原因 5) 労病

①先天の不足や、長患いで五臓の一部を損傷

筋肉を栄養できないので進行性核上性麻痺になった。

 

②過労で五臓の一部を損傷。

筋肉が機能を失い進行性核上性麻痺になった。

 

HG101_350A

 

進行性核上性麻痺の治療-----参考:中医内科学

治療 1)湿熱①

①熱を清める治療をします。

②湿を取り除く治療をします。

③経絡の通りを良くし、流れるように治療します。

 

治療 2)湿熱②

津液が損傷している、五臓が潤いを失って筋脈が栄養されなくなっている。

①熱を清める治療をします。

②潤いのあるものにする治療をします。

③陰を養う治療をします。

④津液を生む治療をします。

 

治療  3)五臓の損傷①

①肝の働きを益し補う治療をします。

②腎のは働きを益、補う治療をします。

③陰を滋養する治療をします。

④熱を清める治療をします。

 

治療 4)五臓の損傷②

①中気を補う治療をします。

②気を益す治療をします。

③脾を健康瓊する治療をします。

 

治療 5)脈絡

①気を益す治療をします。

②営気を養う治療をします。

③血の働きを活発にする治療をします。

④瘀血を取り気・血の流れを良くする治療をします。

 

2_13_13c

進行性核上性麻痺はどこが原因かご存知ですか?

中医学はこの3〜4千年間に多くの名医が出ました。

様々な名医が登場し進行性格上麻痺の検証と治療が行われて来ました。

その中でどの医師も「进行性核上性麻痹は五臓が損傷している病気」と説明しています。

 

五臓とは

五臓は「心、肺、脾、腎、肝」の五つです。

 

進行性格上性麻痺では、特に「肺、脾、腎、肝」が悪くなっている場合が多い。


 

五臓が悪くなると、どうして歩けなくなるのか?

上記の医学書の説明文にもありますが、五臓が悪くなると五体に栄養を送る事が出来なくなるので、

足が動かなくなり、立ち上がる事が出来なくなります。

転倒する状態になります。

もっと悪化すると手は物を握れないようになります。

 

すでに頭部が悪くなっていませんか?

呂律が回らない、眼球の動きがおかしい、思考がおかしい〜など、

このように手・足・頭など五体が悪くなります。

 

五臓が損傷しているため、手・足・頭など五体に栄養が行かなくなり、動かなくなったのです。

 

HG006_350A

 

実際、治療した方を見ますと、

中には余命2ヶ月と言われた方が、何と町内会の回覧板を持って150m先の家まで杖もつかずに急ぎ足で歩いていました。

勝手に車に乗ってご家族から叱られたりしました。

ご家族から「これ以上、良くしないでください」と苦言を言われました。

 

全部の人がこの調子なら良いのですが、進行性核上性麻痺も体内の状況が色々あります。

病状のタイプによっては相当に困難です。

 

だから優れた医師と言えども、

ある人はタイミング良く改善、逆にある人は非常に治しにくい、そのような病であるのは間違いありません。

このような状況ですので中医学の医師は創意工夫します。

全く異なった角度から病気や体を見ることで、いろいろいろな薬を組み合わせて効果が出るか工夫します。

 

 

なぜ名医でも治す方法がないと言うのでしようか?

紀元前200年に書かれた医学書を見ても、この病気の原因が分かっています。

その後、それぞれの時代に置いて研究が追加され、現在、大変多くの事が分かっています。

 

中医学の先生方に進行性核上性麻痺について聞きますと

「今、正式に治せる薬はこの世の中に無い」と言います。

 

どのような薬が無いのでしょうか?

進行性核上性麻痺は一種の「神経系統変性疾病」だからです。

これに対する根本治療の薬が無いためです。

 

注:医師に無理にお願いして処方してもらってます。

特に自宅治療している人に改善するケースが多い。

寝たきりや多量の薬物を飲んでいない方が良い。

全部のケースで改善するとは言えません。

中にはどうしようもないケースもあります。

まず試して見ようと思う人に向いて居ます。

 

進行性核上性麻痺の「疑い」の方は特に試して下さい。

 

 

進行性核上性痲痺は

進行性核上性麻痺はこの2000年を掛けて、中医学で多くの研究がされて来ました。

各時代ごとの医学書を見ますと、多くの研究成果が追加されています。

それに基づき現代では相当な点まで治療できるようになっています。

 

HG086_350A

医師の実力は非常に大事です。

上記のような診断は非常に難しい。

中医学の処方の判断が正しいかは、出している薬を見れば分かります。

 

たとえば上海の名医は肺の薬を出すのですが、普通の医師は腎の薬を出します。

まだ習熟していない医師が判断すると腎が原因のように見えます。

しかし真に習熟した医師が判断しますと腎ではなく肺が原因だと分かります。

もし腎の薬を飲み続ければ腎が悪化し、さらに病は進行します。

 

 

進行性核上性麻痺は最も難しい。

中医学の医師免許を取った位では難しい判断は出来ません。

相当なレベルの師匠について20〜30年と訓練を積まなければ正確な判断は出来ません。

特に進行性核上性麻痺は最高度の判断力が必要です。

 

HG011_350A

 

現在、中医学の治療方法とは

現在、治療は四種類にパターンが分かれています。

治療の重点が特定の五臓が特に悪くなっている時の治療方法が三種類有ります。

血の問題などを重点に置く治療方法が2種類あります。

 

治療①「肺や腎」が悪い人が多いのですが、

五臓六腑の治療をする事が多い。

 

肝の治療をします。

脾の治療をします。

肺を治療する事も多い。

胆を治療をします。

心の治療をします。

 

人により悪くなっている臓器は様々です。

進行性核上性麻痺の治療には最も大事な治療です。

 

治療②  血の治療をします。

手足頭を五体と言います。

進行性核上性麻痺は五体に血が行って無い病気です。

血が来ないので五体が働かない為に進行性核上性麻痺になっています。

 

血が不足している場合、血の量を増やす治療をします。

血の質が悪くなっている為、血の改善を行う治療をします。

 

血の働きを活発にする治療します。

うっ血したり、経絡に血の固まりがあり、塞いでいる場合、固まった血を溶かし、経絡内の血の通りを良くする治療をします。

 

治療③  津液の治療をします。

体内の水分(津液)が擬結し、ネバネバの痰になり、さらには固まりになっています。

痰が血の流れを塞ぎ、血がいかないので、五体が働く事が出来ない為、進行性核上性麻痺になっています。

血の解毒治療します。

 

すでに溜まっている痰を溶かす治療をします。

痰ができた原因箇所を見つけ、痰を作らないように治療します。

津液、血の通り道をきれいにして、通りを良くする治療をします。

津液の解毒の治療をします。

 

治療④   脳神経の治療をします。

脳は髄液で作られています、脳を「髄海」と呼びます、脳の髄液は「腎」が作っています。

腎が弱い為、脳の髄液を作る事が出来ない為、脳髄が不足し、髄海は空虚なっています。

 

これが進行性核上性麻痺で、認知症などの原因になっています。

幻想、嚥下、ろれつ、視力、視野、目の動きなどに関係します。

 

脳髄を作り、脳に血を行かせ、脳神経を働かせる治療をします。

脳神経を調整する治療薬を使います、病状により違うタイプの治療をします。

 

2_05_08c

どの医師でもできる事では有りませんが、

一流の中医学の医師なら進行性核上性麻痺の人がどのような原因でなっているか、患者を見ればわかります。

病状に応じ数種類の薬を組みます。

 

またその高度な判断能力を生かす中医学の薬は医師が処方します。

医療用の中薬9000種類の中から医師が処方します。

 

中医学の薬はいつから飲んだ方が良いのか?

この病気は速いスピードで進みますので、入院する事になります。

病院内で中医学の薬を飲ませるのは実際は無理です。

自宅にいる間に飲ませる事が秘訣です。

 

1_19_11c

 

あくまでも理想の話ですが、

進行性核上麻痺はとにかく「話」が順調に出来るようにしたいですね。

起き上がって自分で歩くようになると良いですね。

転倒も少なくなると良いですね。

 

庭仕事や家業の手伝いなどが出来るようになると良いですね。

良くなると、あれこれ用事を見つけては、あれこれしたくなるものです。

普通の生活に復帰できれば一番良いことです。

 

このように不治と言われた病気でも、良くなる人が一人でも多くなると良いですね。

最も難しい病気ですが、中医学で判断すると、原因が克明に解ります。

中医学は、まず治療してみて、どれくらい改善するのか?

試すしか方法がありません。

 

2_03_05c

進行性核上性麻痺の「疑い」の場合

診断で進行性核上性麻痺と断定が出来ないが、進行性核上性麻痺の可能性が大きいとする判断です。

この場合、進行性核上性麻痺と断定する条件が全部、揃っていない状況です。

 

中医学では進行性核上性麻痺は「痿证」の範疇になります。

「痿证」は肢体の筋肉が弛緩し軟弱、無力になっている、長期間に渡って随意運動ができない、筋肉萎縮になる状態を言います。

進行性核上性麻痺の「疑い」の場合、「痿证」に入る場合がほとんどです。

もちろん診断で別の病気では無いか類似の病との鑑別は必ずします。

 

一概には言えませんが進行性核上性麻痺の「疑い」の場合、

まだ症状が軽い場合が多いので、中医学で診断し治療を試してみる価値は有ります。

 

 

一般的に「疑い」の段階でも日が経つにつれ進行します。

進行性核上性麻痺の「疑い」と診断された時点で「治療方法は有りません」と言われる場合が多い。

この時点で素早く中医学・大病院・名医に相談するのが最も理想的です。

 

 

1_19_08c

下の写真は中医学の書です。

各地の中医薬大学で使っている医学書です。

写真の中央部に「 痿证」があります。

この範疇に進行性核上麻痺が入ります。

この病は紀元前200年の医学書「内経」の「素問」に書かれています。

これが世界最古の医学書です。

 

fullsizeoutput_2adb

 

進行性格上性麻痺はパーキンソン病とおなじ範疇にはいります。

パーキンソン病になる人の方が多く、進行性核上性麻痺の方が患者は少ない。

病状は進行性核上生麻痺の方がひどく、治療が難しい。

 

この病の特長は下肢の萎縮、無力化などで、転倒や歩行不能が最大の特徴です。

より重症化すると、手で物を持つことができなくなります。

他の病気との違いは、痛みを伴わないことです。

 

 

中医学は世界で最も歴史があります。

進行性核上性麻痺が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。

この医学者では、それよりもずっと前から進行性核上性麻痺が治療されて来た。

そして進行性核上性麻痺の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。

 

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

 

1_19_06c

医薬品が大事です。

中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0053-300x200

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は中医学の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

 

 

HG098_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学が役立つからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の進行性格上性麻痺の治療は世界でも最先端を行っています。

進行性格上性麻痺は非常に難しい病気ですが、人によっては大変役立ちます。

 

進行性格上性麻痺を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

 

1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学と西洋医学の両方の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中医学の大学、大病院、医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が進行性格上性麻痺の治療でも出ています。

 

進行性格上性麻痺の治療---実例---「中西結合医学」

1)進行性格上性麻痺は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中 医 学---------------以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法の能力が優れています。

中薬は根本治療の能力が優れています。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

 

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

以上ご説明しました。

進行性核上性麻痺は実際に改善するケースが多く有ります。

確率的には自宅治療している人の方が改善して居ます。

(相当に進んでいる人は入院して居ます)

薬を飲んで見ようと思う人はご連絡下さい。

 

注:この病は進みが非常に早いので手遅れになる人も多い。

早めに行動して下さい。

 

進行性核上麻痺をぜひ治したいとお考えの方

 

 

A-3

<中期からの対策>

もし改善したなら。。。。

 

 「良い状態を維持」する対策が必要です。

治療が上手くいき、大幅に改善していると判断するなら

 

リハビリが大変大事。 

さらに自主トレーニングが大事。歩行がスムーズに出来るようにする。

会話がスムーズになるように本を口に出して読む。

ここまで出来たら本当に幸せですね。

 

一番困るのは、せっかく改善したのに、

また自分で悪くする人がいます。

 

HG025_350A

進行性核上性麻痺の関連記事はこちら

進行性核上性麻痺 中医学 安全な薬を手に入れる

https://js-vivid.com/sinkosei-mahi-3/

進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/sinkoseimahi-8/

進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 薬の説明

https://js-vivid.com/sinko-mahi-2/

 

 

進行性核上性麻痺を原因について詳しい説明

この病は中医学としても非常に難しい病です。

治療する上で、何が原因でどのようなメカニズムになっているのか、できるだけ情報を集めてください。

下記のボタンを押してご覧ください。

 

HG150_350A

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

◇百宝元は大変大事です。栄養は大変大事です。進行性核上性麻痺では特に栄養の補給が大事です。

どのように健康を維持させるか、工夫が必要です。

 

-パーキンソン・進行性核上性麻痺

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5