パーキンソン・進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺 中医学 安全な薬を手に入れる

ご覧いただきまして大変有り難うございます。

ご希望のお薬を個人輸入代行します。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。

お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。

 

1_19_06c

進行性核上性麻痺の情報ページ。

「こんにちは 記事担当の後藤です。

この病気は治せないはずなのに、思わぬ改善するケースも有ります。

在宅治療の場合、弊社のデーターでは、ほぼ90%の人が改善しています。

1xkZV2fzTX2mBjjFrf3OA_thumb_8605

突発的に改善する人が出て来る理由を説明します。

下記をご覧ください。

進行性格上性麻痺は4つの原因があります。

原因① 肺に熱があり、津液を損傷している。

湿熱が肺を犯した為です。

肺に熱が出て、肺から津液(水)を全身に散布する事が出来なくなりました。

肺には色々と機能がありますが、その一つが全身に水を散布する事です。

 

津液(水)が全身の筋肉に流れて来なくなりました。

津液からの栄養が来なくなり、筋肉は動かなくなりました。

これが肺熱が原因の進行性核上性麻痺です。

 

原因② 湿熱が侵入した。

湿熱が経絡(けいらく)に侵入した為です。

経絡は「血」が流れる所ですが、湿熱が侵入した事で血が流れなくなります。

これで筋肉が栄養を失います。

 

栄養がないので肢体の筋肉は動かなくなりました。

これが湿熱が原因の進行性核上性麻痺です。

 

原因③ 脾・胃が損傷し弱っている。

脾・胃が虚弱で血を作る事が少なくなっています。

脾・胃は血を作る所だからです。

血の来る量が少なくなり、筋肉は栄養を失います。

 

肢体は軟弱になり無力になります。

これが脾・胃が損傷した原因の進行性核上性麻痺です。

 

原因④ 肝・腎が損傷している。

肝・腎の血が損傷し弱くなっている。

筋肉・骨につながる経絡に血を送る事が出来ない。

筋肉・骨が萎縮を始める。

これが肝・腎が原因の進行性核上性麻痺です。

 

進行性核上性麻痺の原因は上記の4種類です。

1_09_14c

進行性核上性麻痺

中医学の構造

1)進行性核上性麻痺は神経系統が「変性」しています。

この治療薬が中医学ではまだ開発されていません。

世界中にありません。

従ってこの治療ができません。

 

2)しかしその他の体の状態については中医学は治療方法が有ります。

上記に4種類の原因を書きました。

これは中医学ではどの医学書を見ても書いている内容です。

 

名医であれば、診断が正確に出来ますので、何が原因なのかは詳しく分かります。

その診断結果に基づいて治療薬を組めば、人によっては大幅に改善する事もあります。

 

つまり血の通りが悪ければ、血の治療をすれば、血が通り出します。

腎が悪ければ腎の優秀な治療薬があります、それで腎は改善します。

 

問題は神経系統の「変性」の治療薬がなくても、

その他の体の部分がどれ位うまく改善してくれるか?です。

例え末期で有っても、うまく改善する場合もあります。

 

神経系統の変性の薬は開発されていませんが、神経調整の薬がありますので、それで上手く効けば幸いです。

進行性核上性麻痺は非常に難しい病ですので、事前の予測は付きません。

治療して見ないと分かりません。

 

しかし、余命2ヶ月と言われた人でも、中医学の治療で車を運転したり、台所仕事をしたり、畑仕事をしたり、回覧板を遠くの家まで届けに小走りで行く事もできるケースも現実にあります。

奇跡といえば奇跡です。

 

n32wVXh3Qwu59Tq5K0osfA_thumb_8604

高齢者に多い病です。

女性も男性も多い病です。

この病になると、手足が動かない、話も難しい場合も多い。

 

口も聞けなくなる、頭もはっきりしない。

自分ではほどんど何もできなくなります。

ですから周囲のご家族が大変です。

 

絶対、なって欲しくない病です。

極めて治しにくい病です。

2_03_05c

漢方には色々有ります。

日本の漢方もありますが、中国が本国です。

中医学と言います。

一般の人は知らないですが、大変な高度文明の医学です。

中国は数千年も進んでいます。

 

西洋医学が手に負えない難しい病を中医学はスイスイ治療できます。

もちろんあらゆる病を治せるわけでは有りません。

 

進行性核上性麻痺はあらゆる病の中でも最も難しい病の一つです。

進行性核上性麻痺の原因やメカニズムを正式に掴んでいるのは中医学です。

ですから、一部ですが進行性核上性麻痺を中医学で治療するとポンと驚く改善をする人が時々出てきます。

一般の方は価値がわからないと思いますが、このような現象は奇跡としか思えない現象です。

 

JqUlfQuiTAOtR0j5oe5gBg_thumb_8603

進行性核上性麻痺----中医学の歴史

医学書として現れたのは2200年前です。

ですからそのずっと前から治療されていました。

中国各地で実際に行われていた治療を国の方針で集約したのが、その医学書「内経」です。2200年前の医者に現代の医者が優っているか?

 

そう自信を持って言える医師は一人も居ないはずです。

それほど高度な医学的分析がこの医学書には書かれています。

進行性核上性麻痺と名がついたのは近世ですが、中医学ではこれまでに非常に多くの研究と治療がされて来ました。

 

そしてこの病の原因・メカニズムのさらなる解明は各王朝の大医学者によってされてきました。

2_13_13c

中医学(中国)は世界で最も歴史が有ります。

進行性核上性麻痺が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。

この医学者では、それよりもずっと前から進行性核上性麻痺が治療されて来た。

そして進行性核上性麻痺の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。

 

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

現在、進行性核上性麻痺を中国の大病院・名医は治療し、部分的にせよ突発的な改善が見られます。

2_02_04c

肢体麻痺について

この病は肢体が動かなくなります。

筋萎縮とか筋力低下などと言われます。

筋肉・筋が硬直し弛緩します。硬直したまま、あるいは緩んだままの状態です。

 

ですから歩行ができない。やっと立たせてもふにゃ〜となります。すぐ転倒する。

なぜ硬直するのか?

なぜ弛緩したままなのか?

 

原因ははっきりしています。

説明したページを用意していますので、下記の関連ページよりご覧ください。

 

治療について

習熟した名医が診断すれば、体内がどのような状態になっているか、詳しく分かります。

病名は進行性核上性麻痺で、一つの名前ですが、その中は色々と分かれます。

どの臓器を重点に痛めているかで別れます。

治療は五つのパターンに分かれます。

fullsizeoutput_230a.jpeg

医師はどのように薬を組んでいるか

専門医は大変緻密なデーターを持っています。

しかも2200年間に渡る資料や近年の治療方法など様々なデーターを持っています。

HG121_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の「てんかん」の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

「てんかん」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が「てんかん」の治療でも出ています。

 

「てんかん」の治療---実例---「中西医結合医学」

1)「てんかん」は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)「てんかん」とは別の病気を持っている人。

① 別の病気が「てんかん」の原因になっている人が多い。

②「てんかん」から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、「てんかん」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

 

進行性格上性麻痺の総合ページはこちらです。

 

関連の記事があります。クリックしてご覧ください。

進行性核上性麻痺。薬の活用方法。体験

進行性核上性麻痺の治療

進行性格上性麻痺を治療、原因説明

 

進行性核上麻痺をぜひ治したいとお考えの方

 

 

QVXSi7nGSkyy9wxGbrrwpQ_thumb_8608

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-パーキンソン・進行性核上性麻痺

Copyright© ビビッド・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.