パーキンソン・進行性核上性麻痺

進行性核上性麻痺は優れた薬が有ります。

 

無料相談はコチラ

 

中医・大病院の名医は進行性核上麻痺に優れ治療薬を使います。

診断で、進行性核上麻痺の可能性が有ると言われたら、

直ちに、中医・大病院・名医の診断を受け、治療薬を出してもらう事が賢明です。

すでに病院から「進行性核上麻痺は治療方法が有りません、治療の薬も有ません」〜と言われたと思います。

 

進行性核上麻痺かも〜と医師の口から出た時は、実質は「末期」と思った方が良いです。

なぜならそれまでに相当悪くなっているはずです。

これから半年もすれば手に負えなくなります。

入院になればまず戻って来れません。

 

日本では進行性核上麻痺は、ほぼ100%の人が、数年の内に最後を迎えます。

非常に難しい病気です。

なぜ日本の高度な医療を持っても、救から無いのか?

それには理由が有ります。

日本は西洋医学しかないからです。

もちろん日本には漢方が有ります。

 

私見ですが、日本の漢方が中医学に追いつき

現在の中国の最高レベルができるようになるには、これから少なくとも1600年掛かります。

つまり1600年後なら、現在のビビッド・ライフの先生方や大病院のように進行性核上麻痺が良くなる人が出るかも知れません。

 

自宅療養をしているのであれば、

最高度の中医で治療すれば進行性核上麻痺は90%前後の人が救かるように有ります。

これはあくまでビビッド・ライフの今までの経験上の話です。

しかし10%前後の人は、現在の最高度の中医でも難しいかも知れません。

しかしすごいと思いませんか?

中医は自宅療養の段階はこれほど改善する率が有ります。

 

進行性核上麻痺で入院中は確率が非常に低いと思われます。

1)入院する人は病状が進んでいて、非常に不利な状態になっています。

2)大概は入院で多量の薬を使っていますので、中薬が効きにくい。

3)入院中は中薬を持ち込んで飲めない。

以上の状態ですので、入院中の方は中医の治療をほとんど受けれないと思います。

もし可能性があるとしたら、自宅療養に切替できれば、自由に中医の薬を飲む事が出来ますので

良くなる可能性がまだ有るかも知れません。

 

HG138_350A

 

中医と西洋医学の診断・薬は全く別物です。

日本人はなんでも知ってる、なんでも優れていると思っていますが

中医についてはほどんどの医師さえ知ら無いのですから、

一般の人で中医を知っている人がいるとしたら奇跡です。

 

日本の医療全体において西洋医学が本当に治せるのは25%に過ぎません。

1)日本で西洋医学が治療しているのは病人全体の50%と思われます。

2)良くなっているのは病人全体の25%と言われています。

なぜそうなるか?

それは西洋医学が人体の「物体」部分の治療だからです。

 

人体の「機能」部分の治療方法が西洋医学には有りません。

だから病気全体の70〜75%は治療方法が無い、治せません。

 

 

進行性核上麻痺は人体の「機能」の病気です。

日本人は非常に従順で疑う事を知りません。

これが進行性核上麻痺の治療でひどい結果になっています。

従順・疑う事を知らない為に、伴侶・親を無くします。

自宅治療段階で中医の治療をしていれば、90%の救かる確率に入ったかも知れないのです。

 

進行性核上麻痺が中医・大病院・名医であれば、救かる人が出てくる理由は

中医が人体の「機能」を診断・治療する医学だからです。

そして人体の「機能」を治療する薬が中薬には非常に多く有ります。

それは治療を開始すればどなたもその素晴らしさに気づくと思います。

 

 

中医の薬や治療はどのように効果が有るのか?

具体例を書きます。

下記は全員では有りません、

改善を部分的に説明します。

 

1)会話が正常になって来た。

中医で治療する前は「脳」がすでに悪化していて、会話が成り立たなかった。

呂律が回らず、何を言っているのか聞き取れない。

同じ事を何度も何度も話し、自分の惨状を訴えている。

頭が何を話しているのか、全くまとまらず、人の話が全く耳に入らない。

 

この状態からステップを踏んで治療薬を飲むと〜次第に改善して

会話が正常になり、言葉も鮮明になり、頭の回転も正常になるケースは多い。

 

この状態はどこが悪かったのか?

それは脳が萎縮していたり、脳血管性認知症に進んでいる場合が多い。

これに対する治療薬は中薬に多種有ります。

 

 

2)歩行が改善した、人によっては正常に歩行でき出した。

お問い合わせして来られた時、全く歩けない場合も多い。

歩行は改善度が人によって特に様々です。

全く歩けなかった、歩けても、転んでばかりで、体や頭を打って困っていた状態から

幸いな事に、ほぼ正常に歩行出来るようになり、治療を完了したケースも有りますが

そのようになるには、スムーズに行かない場合も有ります。

治療に時間がかかる場合も多い。

そこが悪い原因の根本だから、治療に時間がかかる場合も有ります。

 

 

歩行が悪い理由は様々ですが原因が分かります。

進行性核上麻痺は特に五臓が悪くなっている場合が多い。

五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。

この為「両足・両手・頭」----五体に栄養が行かず進行性核上麻痺になっています。

つまり進行性核上麻痺は五蔵が悪くなって五体が動かなくなる病です。

 

・五臓から「血」が両足・両手・頭部に行かない為です。

 五臓の治療薬を使います。

血の質の治療薬、血の通りの治療薬を使います。

 

「筋肉・骨」の働きを良くする薬が有ります。

 

脳に髄液が来なかったり、脳血管が悪い為に歩行が出来ない。

脳からの信号が歩行に影響している場合が有ります。

脳の髄液を増やす薬が有ります。

脳血管の治療をする薬が有ります。

 

免疫が極端に落ちている場合の治療薬が有ります。

五臓の力が弱まり、全身が停止する病気ですから

栄養の吸収力が非常に弱く、食べた物がほとんど吸収されていません。

この為、医療用の特殊な作りの栄養剤を使って、栄養を補給し

体力をあげますので、五臓にも五体にも栄養が行きますので

体が正常に復帰する力が非常に強くなります。

 

 

上記は治療薬のほんの部分的な説明です。

実際にはそれぞれの薬は非常に種類が多く、中医師が状況に合う適正な薬を選びます。

 

 

進行性核上麻痺は命に関わる病気です。

しかも、普通は有効な治療方法、治療薬が有りません。

ですが、中医・大病院・名医であれば人によっては救かります。

諦める前に、早急に名中医師に相談するのが適切と思います。

 

下記の相談窓口をご利用ください。

無料相談はコチラ

 

 

 

<関連記事が有ります>

進行性核上性麻痺 中医学 安全な薬を手に入れる

https://js-vivid.com/sinkosei-mahi-3/

進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/sinkoseimahi-8/

進行性核上性麻痺 改善する可能性は無いのか?中医学・大病院・名医の治療薬。総合情報。

https://js-vivid.com/kakujyomahi-10-1/

 

ロゴ

 

-パーキンソン・進行性核上性麻痺

© 2020 Powered by AFFINGER5