生理・月経病

生理痛を根本治療。中医学・大病院・婦人科・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

生理痛の総合ページです。

中医学は生理痛を根本から治療します。

医学書に基づき、生理痛を根本治療する原理を説明します。

 

 

「記事担当:後藤です。

「痛み止めも効かない、打つ手がなく大変お困りと存じます。

体に優しく根底から治療する方法をお探しの方も多いと存じます。  」

 

「資料を作成しますのでご活用ください。

不明な点は何でもご連絡ください。」

 

 

seiri-15-2.jpg

 

生理痛の原因---参考:中医婦産科学

原因1)気滞血瘀証

元々が抑鬱が有るか、腹を立てたり、怒りが有ると「肝」を損傷する。

そして肝が鬱になり、血の流れが悪くなり瘀血になり血の流れが阻まれている。

子宮につながる経絡(血の通り路)が瘀血で塞がり、瘀血が積み重なっている状態。

 

この為、血が子宮に流れる事ができなくなり、痛みが出た。

これが生理痛です。

 

原因2)寒凝血瘀証

生理期に雨にひどく濡れたり、全身が水に浸かったりした。

あるいは寒さに当たったり、冷たい物を過度に飲んだ。

このような事で子宮や子宮につながる経絡(血の通路)を冷やした。

 

このため血が寒さで凝結した。

生理前、生理期に子宮につながる経絡に血が流れ込むが、そこで血が瘀血となり積み重なる。

血の流れが塞がれ、そこで痛みが発生する。

これが生理痛です。

 

原因3)湿热瘀阻証

元々が「湿熱」を体内にため込む体質がある。

あるいは生理期や産後の摂生が不適切なため「湿熱」の邪が体に入った。

これで血が激しく固まり、子宮につながる経絡(血の通り路)が留まった。

 

生理前・生理期に新しい血が子宮に繋がる経絡に流れようとしても、さらに詰まってしまう。

血が流れないために痛みが出た。

これが生理痛です。

 

原因4)气血虚弱証

元々の体が「気・血」が不足している。

あるいは「脾が虚弱」のため「気・血」を作る原料を作る事が出来ない。

あるいは大病を長く患っているので「気・血」を消耗している。

 

このため生理後に子宮につながる経絡の中の血がさらに虚弱になる。

子宮の血の通り道を養う事が出来なくなり痛みが出る。

これが生理痛です。

 

原因5)肝肾亏损証

先天的に腎精が虚弱。

あるいはセックスが過度。

あるいは多産で腎を損傷している。

あるいは長患いで精血を消耗している。

 

このため「肝・腎」の働きが不足している。

常に精血が不足しているが、生理後はさらに足らない。

子宮の血脈の血が不足して痛みが出た。

これが生理痛です。

1_16_06c

生理痛の治療---参考:中医婦産科学

治療1)気滞血瘀証

気の流れをスムーズにし、血の働きを活発にする治療をします。

瘀血を溶かし排除して痛みを止める治療をします。

 

治療2)寒凝血瘀証

経絡を温め、寒を散らし、湿を取り除く治療をします。

瘀血を溶かし、痛みを止める治療をします。

子宮を暖める治療をします。

 

治療3)湿热瘀阻証

熱を清め、湿を取り除く治療をします。

瘀血を溶かし痛みを取り除く治療をします。

 

治療4)气血虚弱証

気を補い、血を養う治療をします。

経絡を調整し、痛みを止める治療をします。

 

治療5)肝肾亏损証

腎を滋養し、肝を養う治療をします。

経絡を調整し、痛みを止める治療をします。

2_15_07c

生理痛の原因---補足説明

1)生理痛は五臓六腑の問題があります。

五臓は心・肺・脾・肝・腎ですが、この内、脾・肝・腎が特に悪くなっています。

五臓は生理の時に子宮に血を送ったり、妊娠・出産に直接関係します。

五臓が悪くなると生理が不順になり、生理痛が起きます。

 

2)血の問題が多い。

血が虚弱だったり、血が滞留して塊になったり毒を帯びます。

これで血の流れが悪くなったり、完全に流れなくなり、痛みが出ます。

これが生理痛です。

 

3)子宮と五臓をつなぐ血の通り道(経絡)

ここで血が通らなくなり、経絡と子宮で痛みが出ます。

これが生理痛です。

この時に関係する経絡(けいらく)は2本あります。

 

HG174_350A

 

生理痛と五臓の関係---補足説明

1)毎月の生理は妊娠、出産と繋がっています。

これは血が順調に流れる事が基本です。

五臓の内「肺・心・脾・肝」が血を担当します。

これが子宮に血を送っています。

 

しかしこの臓器のどれか悪くなると血を子宮に送る事が出来なくなります。

それで生理が狂い、生理痛になります。

 

2)「腎」は「先天の精」と言って貴女の血筋を司る所です。

腎から子宮に先天の精を正常に送る事が出来なければ生理が狂います。

 

このように

五臓が正常な働きをしなくなった為に、

血や先天の精を子宮に送る事が出来なくなり、痛みが起き、生理痛になります。

 

生理痛は、中医学による五臓の診断は必須条件です。

あなたははまだ五臓の診断・治療をしていません。

良くするには、そこ診断が大事です。

もちろん西洋医学で「どこも悪くない」と言われても、

中医学とは診断内容が違いますので、中医学の診断を受けない限り原因は分かりません。

生理痛の痛みの原理

 痛みは基本的に

「血が通らないと痛み出ます。血が通るようになれば痛みは消えます」

これが大原則です。

 

 

HG160_350A

 

中医学では

生理痛は3種類の治療を同時にします。

第1)臓器の治療

先に説明しましたように生理痛は五臓が関係しています。

肺・心・脾・肝・腎が関係します。

この治療をします。

 

第2)血の治療

血がどのような状態になっているのか?

血の質が悪くなっている場合が多い。

鬱血・毒素を含む状態になっている。

この治療をします。

 

第3)血の通路の治療

五臓から血が子宮に流れて来ます。

子宮と臓器の連絡通路が有ります。

それが経絡(けいらく)です。

 

血が固まり、経絡が詰まって居たら子宮には血が来ません。

この為、経絡の治療をします。

 

 

結論:生理痛は生理機能が正常になれば消えます。

中国の中医学では生理痛の治療の最大ポイントは生理機能です。

生理機能を診断し、治療する事で改善の方向に向きます。

しかし生理痛の診断・治療薬は非常に高度なレベルが要求されます。

中国の中医学であれば安定した治療が可能です。

 

HG157_350A

生理痛のタイプ

痛みのタイプにより悪くなっている状態が違います。

中医学での診断では非常に大事な情報ですので、医師に詳しく説明してください。

 

1)激痛---刺すような痛み、絞るような痛み。

押さえると非常に痛い。

生理前や生理中にある。

 

2)軽く痛みがある。

押さえると痛みが軽くなる。

生理後にある。

 

3)刺すような痛み、焼け付くような痛み。

温めると痛みが増える。

 

4)絞る・締め付ける痛み。

下腹部が冷く痛い。

温めると痛みは軽くなる。

①温めて押さえると痛みは軽くなる。

②温めて押さえるとさらに痛くなる。

 

5)下腹が張るが、それよりも痛みが強い。

血の塊が出ると痛みは軽くなる。

 

6)痛みがあるが、下腹が張る方が強い。

 

7)痛みが下腹部の両側にある。

8)痛みが腰まで連なる。

 

生理痛は卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮腺筋症などからも起きます。

上記のような子宮・卵巣の病気からくる生理痛があります。

これはそれぞれの治療で改善する場合が大変多いので、ぜひその説明ページをご覧ください。

わからないことは何でもご相談ください。

 

1)卵巣嚢腫の総合ページはこちら

2)子宮内膜症の総合ページはこちら

3)子宮腺筋症の総合ページはこちら

 

1_19_11c

どうやって自分の身を守るか?

世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。

人体の構造や働きをどう見ている医学なのか?

によって治療方法が違い、結果も違ってきます。

 

西洋医学と中医学があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。

中医学の大病院を色々調べますと、治療は大変良い成果を出しているのは事実です。

 

HG006_350A

 

下記は中医学の医学書です。

下記は中国の医科大学で使われている色々な医学書から参考になる部分を抜粋ものです。

書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。

 

教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書で、中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。

生理痛は中医学では下記写真のように「痛经」の範疇になります。

 

生理痛は生理あるいは生理前後に起きる。

下腹部の痛み、腰の痛みやその他の不調を伴う。

婦人科で最も多い病状の一つです。

症状は生活に影響を与えます。

 

生理痛には2種類有ります。

①原発性は生殖器官の質が変化した痛み。

青春期の少女に多く発生する。

②継続性の生理痛は、子宮内膜症や子宮線筋症、子宮の炎症、腫瘍などが起こした痛み。

 

seiri-15-3.jpeg

 

 

中医学の産婦人科は紀元前2000年頃から始まっている。

 1)婦人科の診断・治療については紀元前2200年頃から始まっている資料が多く発見されています。

紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。

多くの甲骨文が出土し、その中に婦人科についての多くの記述が見つかっています。

「易経」「詩経」「山海経」「史記」「列女伝」など著名な医学書で、これらの中に婦人科の記述が多く載っています。

 

 2)春秋戦国時代(紀元前770〜紀元前221年)

① 医学書「史記」には,春秋時代に婦人科専門医が出現した事を書いています。

相当な婦人科治療がされていたようです。

 

 ②戦国時代に出て来たのは中国で最高レベルの医学書「内経」です。

この書によって中医学が成立し、婦人科が発展する基礎となりました。

すでに解剖が行われ、生理、婦人病、の診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、妊娠についても詳しい治療が書かれています。

使用する薬に対しても詳しい使用原則の説明がされています。

 

3)秦の時代・漢の時代(紀元前221〜西暦220年)

秦の時代には正規の産婦人科が始まりました。

漢の時代には産婦人科が飛躍的に発展した時代です。

この時代に初めて「子宮」の名称が出ました。

 

この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では

婦人科の妊娠病、産後病、婦人雑病の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があり。

すでに性病の詳しい治療が行われています。

医学書<金匱要略>では生理・おりもの・生理痛について書いています。

この時代には女医が登場しています。

 

4)西暦500年

医学書<神農本草経>では子宮、生理、妊娠について詳しい研究が書かれています。

 

5)西暦600年(随時代)

医学書<諸病源候論>では生理痛の原因が「労傷、気血の損傷」である事を説明しています。

 

6)西暦1624年(明代)

医学書<景岳全書>では生理痛の細かいパターンを分けて、原因メカニズムを説明しています。

 

中医学はこの4000年間で生理痛の原因やメカニズムはほぼ解明し尽くしており、非常に優れた治療成果を上げています。

 

seri-15-5.jpg

上海トップ10に入る大先生

以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。

診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。

 

後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。

中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。

 

中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。

中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。

ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。

(現在、皆様は上海に行く必要はありません)

1_19_06c

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

 

DSC_0264

 

特殊な状況

子宮の発育不足、奇形、過度の前屈などによる生理痛は治療方法が有ります。

 

食べ物など

食べ物や生活で生理痛が増します。

どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。

fullsizeoutput_226d

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中医学の生理痛治療の最先端をご紹介します。

生理痛を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が生理痛の治療でも出ています。

 

生理痛の治療---実例---「中西医結合医学」

1)生理痛は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで使います。

 

3)生理痛とは別の病気を持っている人。

①別の病気が生理痛の原因になっている人が多い。

②生理痛から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、生理痛だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

 

HG170_350A

 

生理痛は根本治療が大事です。

あなたはいつから生理痛ですか。

ますます悪化していませんか。

このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。

ご覧ください。

 

 

生理痛の関連ページはこちら

生理痛を本当に治す方法があるのか?漢方薬の治療方法。ただ緩和でなく根本の治療方法。漢方大病院の情報。

生理痛の痛み止め薬。漢方大病院の医師に聞く知識。

 

生理・月経時の頭痛を治す方法。漢方の大都市、上海の大病院に相談。

 生理中にセックスするのは子宮・卵巣に良くないと別のページに書いていますが本当ですか?

 

<子宮内膜症、子宮腺筋症との関係>

子宮腺筋症は生理痛、生理不順の治療が第三の治療ポイント。

子宮内膜症、生理痛、不妊、根本治療の方法。漢方(中医学)で原因を解明する。

 

ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。

 

 

2_02_04c

 

 

A-3

ひどい生理痛、大変な痛み。

しかし中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、

 

もしひどい生理痛ならまず先に◇百宝元を飲む事も大切です。

◇百宝元は健康を維持するために大切です。

 

◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。

◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。

 

日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、

次のステップで生理痛の治療を中医学でしてください。

 

◇百宝元は健康管理、健康維持にずっと活用されてください。

人生で成功するには、自分の健康に投資することが大事です。

◇百宝元はフットネスやヨガなどでは出来ない健康管理ができます。

 

HG121_350A

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

-生理・月経病

© 2020 Powered by AFFINGER5