甲状腺の病

甲状腺は根本治療が出来る。原因を治療し病を消す治療。中医学・大病院・名医による治療。 

無料相談はコチラ

 

甲状腺の情報ページです。

中国の中医学・大病院・医療機関の情報を集めますと、

甲状腺の病はほとんどの場合、解消しています。

1_09_14c

記事担当の後藤です。

「こんにちは、

甲状腺の病になり大変お困りと存じます。

甲状腺はつかみ所が無く、治らない状態と思います。」

 

「しかし中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。

医師が行なっている効果的な治療情報を書きます。

お元気になり楽しい生活をお送りになる事を願っています。」

 

HG051_350A

 

甲状腺の病の原因---「中医内科学」参照

単純性甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、甲状腺腺瘤、

バセドウ病、橋下氏病、甲状腺機能低下症なども

下記の4種類に分かれます。

 

原因 1)肝火旺盛証

これは肝が悪くなっているため「痰」が喉の前面に積もった状態です。

甲状腺部分の腫れは「痰」が積もっている状態です。

性格的にせっかちで怒りやすい人。

 

原因 2)心肝陰虚証

「痰」が喉の前面の集まった。

甲状腺部の腫れは「痰」が積もっている状態です。

「心・肝」を傷めているので、動悸・イライラ・だるい・力が入らない。

目が乾燥している。

手の指や舌が震える場合がある。

 

原因 3)気鬱痰阻証

「気」が鬱滞して、「汚れた痰」が喉を塞いだ。

この為、喉前面の中央部分が膨らんでいる。

このタイプは特に感情の影響を受けて病状が悪化します。

 

原因 4)痰結血瘀証

喉の前部に腫瘤が出来ている。

硬い。

「気」が鬱滞した為「津液」が固まり「痰」になった。

 

「気と痰」が相互に邪魔しあい、日が経つにつれ「血」の循環を悪くさせた。

血が滞留し「瘀血」を形成した。

「気・痰・瘀血」が喉前部の中央に集結している。

FZ001_L

甲状腺の腫れ

その腫れは「気・血・津液」の固まりです。

1)津液は(しんえき)と呼びます。

体内の水分のことです。

これは普通はサラサラとキレイです。

しかし内臓の故障により、次第にネバネバとなり、そのネバネバも相当に固まり気味になります。

それが喉に溜まって甲状腺に固まりを作った状態です。

 

2)血は(けつ)と呼びます。

一般に言う血液のことです。

血は本来はさらっとしてキレイです。

しかし内臓が故障すると、血が正常に生産されない、血が順調に体内を流れない、血の流れがよどむ、血が固まる、血が滞留する状態になります。

そしてこの状態が甲状腺に溜まり固まりを作ったのです。

 

3)気は(気のエネルギー)です。

気のエネルギーは血と共に全身を回っています。

特に気のエネルギーは「全身に血を回す機関車」です。

これが内臓の故障で甲状腺で詰まっています。

 

以上のように体を動かす三大要素が

甲状腺でつまり、滞留している、固まりが出来た。

それが「甲状腺の腫れ」です。

つまり内臓が故障していることが原因ですから、

内臓のどこがどのように故障しているのか突き止め、そこを治療する必要があります。

HG093_350A

甲状腺が良くならない理由

良くならない理由は二つあります。

 

1)甲状腺の病は喉の部分の病と思っているからです。

たしかに喉の部分ですが、そこだけの病気と思っています。

実際そうでしょうか?

上記のように内臓の故障が原因です。

あるいは、別の病気の関係で甲状腺の病になっている場合もあります。

 

甲状腺だけで無く別の病気をすでに持っている人が多い。

つまり、そこを治療しないと甲状腺は良くなりません。

 

2)甲状腺はゆっくりしている病気では無い。

手遅れになり、お亡くなりになった人もいます。

過去、上海の医師からは「とんでもない、来年の今頃は生きていないかも知れないよ」と注意を受けた人もいます。

ですから、私たちは甲状腺は非常の怖い病気と思っています。

 

1_19_06c

甲状腺の治療には医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

 

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

DSC_0264

 

甲状腺の病は、うかつに甲状腺を直接治療しない事が大事です。

医学書にも厳重な注意書きが有ります。

「甲状腺に絶対に穴を開けない事」と。

HG001_350A

中医学(中国)は甲状腺治療は世界で最も歴史が有ります。

紀元前300年の書「庄子・徳充符」は52篇に及ぶ大作です。

甲状腺について書かれた世界最初の書です。

https://zh.wikipedia.org/wiki/庄子

https://baike.baidu.com/item/德充符

 

紀元前200年代の書「呂氏春秋・尽数篇」26巻に及ぶ大作です。

この中でも甲状腺について書かれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/呂氏春秋 

https://baike.baidu.com/item/吕氏春秋·尽数 

 

この紀元前300年から西暦600年までに、甲状腺の病の原因・メカニズムについて、大部分の事が解明されています。

1_19_11c

甲状腺の相談が入った時は緊張します。

専門医に相談し、きちっと原因をつかみ、その他の病気を同時に治療し、何も問題ない状態まで持って行かねばなりません。

医師が診断した内容を良く確認し、治療が順調に進んでいるか観察します。

 

甲状腺はなぜ良くならないのでしょうか?

原因を見つける必要があります。

良い治療法を見つける必要があります。

甲状腺の原因、治療について大変大事な資料をお見せします。御覧ください。

 

甲状腺の関連の記事があります。御覧ください。

甲状腺の病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/kojyosen-7/

甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報

https://js-vivid.com/kojyosen-15/

甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方体験。上海の大学病院の医師に相談。

https://js-vivid.com/nefuroze-1/

甲状腺の根本的治療。中医学・大病院・名医が甲状腺の優れた治療。副作用・後遺症の無い治療。

https://js-vivid.com/kojosen/

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

HG083_350A

 

中国医療機関のネットの参考情報

中国の大病院・医療機関が「甲状腺の病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

https://baike.baidu.com/item/单纯性甲状腺肿/1377867?fromtitle=甲状腺肿大&fromid=1122769

https://zh.wikipedia.org/wiki/甲状腺肿

https://zh.wikipedia.org/wiki/弥漫性毒性甲状腺肿

 

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

中医学の専門的な事はビビッド・ライフでご説明します。

 

上海中医薬大学

Wikipediaの日本語説明はこちらです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学

 

上海中医薬大学

中国・上海の本校のホームページです。

http://www.shutcm.edu.cn/main.htm

中国を代表する世界トップの中医学の大学です。

上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。

ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。

 

甲状腺の病気をぜひ治したい方は

 

A-4

 

体のバランスは栄養のバランスです。

根底から体を考える人は◇百宝元を愛用しています。

 

ロゴ

-甲状腺の病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5