呼吸器系

非結核性抗酸菌症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

 

無料相談はコチラ

 

ご覧いただきまして大変有り難うございます。

ご希望のお薬の「個人輸入」を代行します。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

非結核性抗酸菌症に使う医薬品は病院用ですので医師が処方します。

中医学と西洋医学は全く違う点が多い為、あらかじめ少しでも知識を持っている方が便利です。

 

質問)菌を殺す薬はありますか?

非結核性抗酸菌子症は菌の種類が大変多く、

菌を殺す治療としては色々な種類の薬が有ります。

地元の病院で治療を受けている場合が多いと思います。

その治療は大変重要です。

中医学でも薬は有りますが、その判断は中医学の医師がします。

この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。

 

質問)肺の治療薬が出るのですか?

菌を殺す薬とは別に肺の治療薬も出ます。

非結核性抗酸菌症は肺に菌が入った事で、体を色々と損傷させています。

まず肺の損傷がひどい。

 

質問)痰の治療薬はどのような役目ですか?

肺が炎症し痰がたくさん出ます。

この痰が全身に回り体の働きを悪くさせます。

 

非結核性抗酸菌症になると痰が出る場合が多い。

大概の人は痰は鼻汁が喉に溜まった為だろうと思っています。

それは間違いです。

この点が非常に大事ですので、本に書いていますので説明します。

体内で熱が発生すると津液(体液)が煮詰められて「痰」になります。

 

非結核性抗酸菌症の場合、

菌が肺に入る事で熱が発生し、津液(体液)が煮詰められ多量の痰が作られます。

肺から全身に津液(体液)が流れる仕組みになっています。

多量の痰が全身に流れる事で、正常な体液が流れなくなり、体の働きが悪くなります。

 

2_13_11c

質問)五臓の薬も出るのですか?

菌が体内に入り五臓を損傷しています。

非常に強い菌ですから、これが五臓を壊します。

 

中医学の歴史は4000年が正しいのですが、

上海中医薬大学の資料館を見ますと、

実際には中国で文明が始まった頃より

医学が始まっている、

従って1万年の歴史が有ります。

 

江戸時代、日本に西洋医学が入りました。

杉田玄白が翻訳するときに、漢方の五臓六腑の名前を使った事から、混乱が始まっています。

 

 

中医学の五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。

 

非結核性抗酸菌症は菌が体内に入った事で

五臓を損傷している場合が多く見られます。

五臓のそれぞれには様々な機能が有ります。

この病気ではどの機能が損傷されているのか?

それを知る必要があります。

 

この病気は次第に体が衰弱して行くのは五臓が弱ってくるからです。

 

以上、非結核性抗酸菌症に使う重要な治療薬について

説明しました。

個人輸入にお役立てください。

 

 

もっと詳しい情報が欲しい方に

中医学の原因説明をもっと見たい人、

一流の中医学の医師の考えを知りたい人

下記をご覧ください、無料でご覧いただけます。

非結核性抗酸菌症  菌を消す事と体調を良くする治療 中医学・大病院・名医の情報、総合情報

https://js-vivid.com/hikekaku-50-1/

 

非結核性抗酸菌症 個人輸入 マサルの活躍 根本治療薬

https://js-vivid.com/hi-kekkaku-5/

 

 

 

ロゴ

-呼吸器系

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5