パーキンソン・進行性核上性麻痺

パーキンソン病を良くすると特殊な治療薬。 総合情報。

無料相談はコチラ

 

パーキンソン病の総合ページです。 

一般常識だけで治療している人はパーキンソン病は難しい結果になります。

その治療で、最終的にどうなるか? ほぼ全員考えていません。

これが日本人の一般常識です。

この病気はいかに薬を飲んでも、結局は次第に悪化し、やがて最後を迎えます。

そうでは無く、

この難病から脱出できる人は「常識とは違う、別角度から考える人」だけです。

 

「こんにちは 記事担当の後藤です。

パーキンソン病でお困りと思います。

中医学(中国)では根本治療します。」

 

最も難しい病気ですが、中医学・大病院・名医に相談していますので

これまで全員が大幅に改善しています。

治療を終了し、予備的にごく僅か薬を飲んでいる方もいます。

 

この治療は上海など超優秀な病院ではごく普通に行われている治療です。

日本が全く同じ治療方法が出来るとすれば少なくとも1600年後になります。

 

日本の医療関係者からは「有り得ない・学会に発表する内容」とよく言われます。

東京の大学病院の教授からご家族に「嘘だろう、生きているはずが無い」と言われた事も有ります。

助かりたい・救けたい方は手遅れにならない内にご相談下さい。

不明の点はなんでもご相談ください。

 

2_05_14c

 

パーキンソン病の原因---参考:中医内科学

下記は日本では知られていない、驚くほどの医学情報です。

 

原因 1)湿熱侵淫

長く湿気の多い地に住んでいた。

あるいは暴雨に濡れ水に浸かって歩いた。

これで湿邪が体に侵入し熱が発生した。

 

そして湿熱が経脈に侵入した。

筋肉が動かなくなりパーキンソン病が発生した。

 

原因 2)感受温毒・湿熱病邪内侵

湿熱の病邪が体内に侵入した。

あるいは病後に邪が全部出尽くしてなく残っている。

それが体内の津液(水)を損傷し、気を消耗した。

 

五体(頭部・両手・両足)が栄養を失い萎縮し弱り動かなくなった。

パーキンソン病が発生した。

 

原因 3)飲食毒物

①元々の体が脾胃が虚弱である。

あるいは過労、思い込みが激しい。

このため体の中気が損傷を受け、脾胃の働きが悪くなった。

脾胃が働かないので筋骨・骨肉が動かなくなりパーキンソン病が発生した。

 

②飲食が不適切で酒を飲んだり辛いものを食べた。

これで脾胃を損傷し、脾胃の機能が落ちた。

このため痰湿が体内で発生した。

痰湿の影響で肢体に気血が来ない為、パーキンソン病が発生した。

 

③毒性の薬物を飲んだか接触した。

毒性薬物が気血の経脈を損傷させた。

経絡の気が運行が難しくなり血脈の通りが悪くなりパーキンソン病が発生した。

 

原因 4)跌仆瘀阻

①重量物を持って首・腰を損傷した。

その為、瘀血が経絡(気・血の通り道)の流れを阻した。

そして肢体が栄養を失い動かなくなりパーキンソン病が発生した。

 

②あるいは産後悪露が全部出尽くしていない。

この為、瘀血が膝・腰に流入した。

この影響で肢体(両手両足)が動かなくなり、パーキンソン病になった。

 

原因 5) 労病体虚

①先天が不足している。

あるいは長患いで体が弱っている。

この為、肝腎を損傷した。

肝腎が弱り筋肉を栄養できないのでパーキンソン病になった。

 

②過労や性交過多で腎を損傷した。

筋肉が機能を失いパーキンソン病になった。

2_13_11c

パーキンソン病の治療-----参考:中医内科学

治療 1)湿熱侵淫

①熱を清める治療をします。

②湿を取り除く治療をします。

③経絡の通りを良くし、流れるように治療します。

 

治療 2)肺熱津損

肺が乾燥し津液が損傷している、五臓が潤いを失って筋脈が栄養されなくなっている。

①肺の熱を清める治療をします。

②肺の乾燥を潤いのあるものにする治療をします。

③陰を養う治療をします。

④津液を生む治療をします。

 

治療  3)肝腎損傷

①肝の働きを益し補う治療をします。

②腎のは働きを益、補う治療をします。

③陰を滋養する治療をします。

④熱を清める治療をします。

 

治療 4)脾胃虚弱

①中気を補う治療をします。

②気を益す治療をします。

③脾を健康瓊する治療をします。

 

治療 5)脈絡瘀阻

①気を益す治療をします。

②営気を養う治療をします。

③血の働きを活発にする治療をします。

④瘀血を取り気・血の流れを良くする治療をします。

 

1_16_02c

 

パーキンソン病は五臓の治療が必要。

上記のように、この2000年間の歴代の名医家がパーキンソンを治療・研究した結論として

パーキンソン病は五体が悪くなった病気です。

五体が動かない理由は「五臓」が悪くなっているからです。

 

五臓と五体はセットだからです。

パーキンソン病は五臓の診断・治療は必要です。

 

基本的には「肝・腎」が悪くなっている場合が多いのですが、

五臓以外に六腑が悪くなっている人も実際には多い。

六腑とは「胃・胆・大腸・小腸・膀胱・三焦 」です。

1_09_14c

 

1)例えば「肝」が悪くなっています。

その結果

①脳に行く血が不足して脳が働かなくなりパーキンソン病になります。

②手足に行く血が不足して手足が麻痺を起こし、パーキンソン病になります。

 

 

2)例えば「腎」が悪くなっています。

その結果

腎が脳髄を作れなくなり、脳が空白状態になりパーキンソン病が発生します。

 

 

3)例えば「胆」が悪くなっています。

胆は肝と繋がっています。

そして肝は腎とつながっています。

つまり、胆・肝・腎はつながっています。

 

その結果として

①腎が脳髄を作る力が弱くなり脳が空虚になりパーキンソン病を起こします。

②胆が悪いので肝に負担が来て、肝は血を脳に送る事が出来なくなり脳が働かなくなって、パーキンソン病を起こしています。

③胆が悪いので、肝・腎からの栄養が手足に行かなくなり、手足の麻痺が進みパーキンソン病が進みます。

 

 

4)例えば「脾」が悪くなっています。

脾は「血」を作る事に関係します。

脾が悪くなると「血」を作れません。

 

その結果

①脳に行く血が不足して脳が働かなくなりパーキンソン病になります。

②手足に行く血が不足して手足が麻痺を起こしパーキンソン病になります。

 

他の五臓六腑が悪くなっても、このような現象を起こします。

 

2_05_08c

 

名医は非常に的確な薬を出します。

その薬の治療の目的(効果効能)をみると体のどこを治療しているか分かります。

 

 

たいがいの方は内臓は悪くないと言います。

しかしそれは違います。

五臓六腑が正常ならパーキンソン病になっていません。

 

肝臓と『肝』は違います。

腎臓と『腎』は違います。

中医学は人体の把握方法が違うからです。

 

どの臓器が悪くなっているか、中医師は診断で正確に分かります。

 

 

2_03_03c

 

肝臓の薬と「肝」の薬は違います。腎臓の薬と「腎」の薬は違います。

パーキンソン病を治療する薬は中医学の薬があります。

中医師の処方が必要ですが、中薬は医療用の薬だけでも9000種類有ります。

この中にパーキンソン病の症状に合う色々な薬が有ります。

 

パーキンソン病の症状

パーキンソン病の症状は特徴があります。

手がパタパタと震える。

手が上がらない。

手が痺れる。

振戦。

 

アゴが震える。

ロレツが回らない。

何を言っているか分からない。

話は出来るが、話のスピードは遅い。

言葉が出にくい。スムーズに言葉が出ない。

歩行が難しい。

歩けない。

足の動きが悪い。

最初の一歩が出ない。

 

フラフラする。

耳鳴りがひどい。

耳が遠い。

首が回らない。

 

手が冷たい。

足が冷たい。

全身が硬直。

舌下障害。

 

程度の差は人により違いますが上記のような状態が多い。

 

HG053_350A

 

中医学で治療すると ---勘違いしてはならない。

例えば、上海の大病院からの指定で、ある臓器の薬を飲みます。

飲んだ途端、痰がどんどん出て来る場合があります。

もちろん、痰を溶かす優秀な薬があります。

 

痰を溶かす薬でさえ役立たないほど痰が出て来ます。

家族もどなたも、その臓器の薬を飲んだら痰が多量に出て体が悪くなっているように感じます。

ご家族は大変心配します。

 

これは一般的な人なら誰でもそう思います。

ところがこれが大間違いなのです。

実は中国の薬は胃や肺など今まで体内に溜まっている痰を体外に出す作業をしているのです。

 

だから、痰をまた飲み込んだらダメなのです。

それどころか、その薬をやめたらだダメなのです。

2_15_09c

痰がパーキンソン病を作る事が多い。

痰は喉に溜まるものだけと思っているのは間違いです。

臓器が故障すると痰は胴体の中で多量にできます。

この痰が内臓、頭にへばり付き、臓器の働きを止める、血の流れを止めます。

 

つまり多量の痰が内臓に溜まっていて、

脳に通じる血液の流れを止めると脳が働かなくなり、パーキンソン病になります。

また痰が手足に通じる血の通り道をふさぐと、手足に血が流れなくなり、手足が麻痺し、パーキンソン病になります。

 

中国の大病院・名医はこの治療が出来ます。

診断の時に、痰が血の流れをとめている事を見抜きます。

そしてその治療をする薬を組み合わせます。

 

その薬を飲むと、内臓のたくさんの場所に固まっていた痰を溶かします。

そして尿・便で流し出す事と、口からも痰を出して来ます。

だからその薬を飲んで痰が出て来たら、大喜びした方が良いのです。

 

やがて、溜まっていた痰は全て掃除が終えわり、痰は内臓にはなくなります。

この治療が完了すれば、一気にパーキンソン病は好転します。

 

HG121_350A

 

下の写真は医学書です。

下記は黄含英教授や多くの医学指導者が医学生やインターンの育成に使う医学書の一部です。

中医学(漢方)に携わる世界中の医師が必ず持っている書です。

写真の一番上の太文字は「痿证」と書いています。

パーキンソン病はこの範疇に入ります。

 

文章の大事な点を少し説明します。

五行目に<内経>と書いています。

これは2000年前の医学書です。

同じくその行に<素問・痿论篇>とあります。

 

これは<内経>の中に<素問>があり、

その中にパーキンソン病についての詳しい説明編がある事を書いています。

この書によりますと、すでにパーキンソン病はこの時代に原因、メカニズムが分かっていた事になります。

 

また肺の状態が悪く五臓をの働きを悪くし、五体を動かすことができなくなった病気としています。

パーキンソン病の研究・治療はこの<内経・素問>からスタートしています。

2_13_12c

 

この医学書の別のページを見ると

宋の時代の医学書<五痿叙論編>では内経・素問をさらに深く研究し、パーキンソン病と五臓・五体の関係、メカニズムを詳しく説明しています。

 

南宋の時代の名医家、長従正は医学書<儒門事親>の中で<素問>のさらに詳しい解析・検証を行っています。

元の時代の名医家、朱丹渓は長従正の説をさらに掘り下げ、パーキンソン病の臨床思考法を考案しています。

明の時代の名医家、张介宾は<景岳全書>の中で、パーキンソン病の別の面の症例を説明し、それに対する治療方法を説明しています。

 

明の時代の葉桂は<臨床指南医案>の中で

パーキンソン病と五臓との関係、パーキンソン病を引き起こす直接の要因を説明しています。

このようにしてパーキンソン病の治療は<内経・素問>からスタートし、以降2000年に渡って検証が重ねられて、優れた治療法になっています。

 

pakinson-1.jpeg

中医学は世界で最も歴史があります。

パーキンソン病が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。

この医学者では、それよりもずっと前からパーキンソン症が治療されて来た。

そしてパーキンソン病の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。

 

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

現在、パーキンソン病を根本治療しているのは世界でも中国の中医学だけです。

中国の優秀な大病院や名医なら正確な診断・治療が可能です。

 

2_05_06c

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0053-300x200

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

 

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

1_19_08c

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国のパーキンソン病の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

パーキンソン病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果がパーキンソン病の治療でも出ています。

 

パーキンソン病の治療---実例---「中西医結合医学」

1)パーキンソン病は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)パーキンソン病とは別の病気を持っている人。

①別の病気がパーキンソン病の原因になっている人が多い。

②パーキンソン病から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、パーキンソン病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

医薬品の情報公開

非常に大事な情報を公開します。

中医学は「中西医結合医学」に進んでいます。

これは中医学の理論に基づいて西洋薬を使う方法です。

 

中国の医師はパーキンソン病を薬で治療します。

薬は薬草を使った薬が主体ですが、西洋薬も使います。

医師にとって薬は病を治す道具です。

 

西洋薬は中医学から見て効果の良い作りになっています。

また西洋薬は中薬と組み合わせ易く作られています。

非常に効果が良い作りになっています。

 

たとえば或る西洋薬を飲んだら、すぐに歩き出せる場合が多い。

人によっては手足の震えやアゴの震えが大幅に軽減します。

もちろん中薬を飲んでいるから、このような効果が出るのです。

 

このように効力の非常に良い西洋薬を中医学は持っています。

中医学で使う西洋薬は非常に優れています。

 

パーキンソン病の場合、中医学の薬(中薬)のウエイトは90〜95%です。

西洋薬は5〜10%位のウエイトです。

この絶妙な薬の使い方が非常に進んでいます。

 

 

 

HG080_350A

 

パーキンソン病の心配

1)パーキンソン病で振戦・舌下障害で困るとき。

パーキンソン病ではパタパタと腕をゆする人が多い。最先端の漢方で治療した場合、舌下障害や振戦は漢方治療の初期におさまる人が多い。神経調節の薬を使った結果です。舌下障害や振戦はまず最初に大事な治療項目です。漢方治療では食べる事が第一です。次に体の動きの改善が大事です。

パーキンソン病の振戦を止める方法。漢方大病院、名医の治療を知る。

 

 

3)パーキンソン病になった方の体験レポート

パーキンソン病、中国の先生に大感謝

熊本で震災に合った奥様、パーキンソン病の治療。大病院に相談した体験。

 

 

pakinson-7.jpg

 

パーキンソン病の情報、必見です。

パーキンソン病をぜひ治したいと思う人は

下記の無料資料をご覧下さい。ここから。

関連の記事をご覧下さい。

パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 根本治療薬

https://js-vivid.com/pakinson-1/

パーキンソン病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 中医学 根本治療薬

https://js-vivid.com/pakinson1/

 

パーキンソン病の治療。上海の大病院・名医に相談した体験。中医学。

https://js-vivid.com/kumamoto-1/

パーキンソン病。先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。上海の大病院・名医の治療。

https://js-vivid.com/pakinson-5/

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

 

ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。

 

-パーキンソン・進行性核上性麻痺

© 2020 Powered by AFFINGER5