総合ページ

カンジダ腟炎を正常に戻す治療薬 中医学・大病院・名医の処方 個人輸入 総合情報

 

無料相談はコチラ

 

カンジダ膣炎の総合ページです。  

中医学で根本治療します。

カンジダ膣炎を完全に無くし、正常に戻す目的の本格的な医師の薬です。

安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。

カンジダ膣炎の処方薬を個人輸入代行します。

 

中医学は非常に優れて居ますが、カンジダ膣炎を治すのは非常に優れた医師の場合に可能です。

あらかじめ主な情報を下記にご説明します。

お取り寄せや治療がスムーズに行くように少しでも知識をお持ちください。

2_15_08c

 

こんにちは 記事担当の後藤です。

カンジダ膣炎で再発を何度も繰り返しお困りと存じます。

カンジダ膣炎は根本治療する事ができます。

長くカンジダ膣炎が続いて細菌性膣炎などに広がっている人も多いと思います。

それも同時に治療する処方します。

 

 

HG086_350A

 

カンジダ膣炎の原因---中医学

カンジダ膣炎が発生するのは内因・外因がありす。

内因・外因が相互に作用してカンジダ膣炎を治しにくくしています。

 

1)外因(体外からの原因)

性交渉で男性から感染する場合もあります。

ピルの多用で膣内の環境が不安定になった。

抗生物質の多用で菌のバランスが崩れた。

ステロイドの多用で免疫が低下し、カンジダ菌が増殖した。

 

2)内因(体内の原因)

「津液」の異常が原因

女性は下着や陰部の形状などで、陰部が蒸れやすい環境で「津液に熱」が発生しカンジダ菌を増殖させやすい。

 

カンジダ膣炎の状態---中医学

1)津液の熱証

①津液の熱で蒸され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。

カンジダ菌を増殖させる。

カンジダ菌が膣を侵食してカンジダ膣炎が発生した。

 

②陰部が痒い、オリモノが多い、豆のカスのような物がでる。

イライラする、眠れない、

 

肝・胆の経絡に湿熱が入り込みます。

湿熱で虫(菌)が生まれ、陰部の中を虫(菌)が侵食します

そして陰部の痒みや織物が増えます。

 

2)津液の毒

①津液が熱で蒸され長期にカンジダ菌を生み「毒」が発生した。

毒が蓄積し、陰部を損傷して、カンジダ膣炎が発生した。

 

②オリモノの量が多い、白色、豆のカスのような物、臭いがする。

③わずかに血が混じる時がある、陰部が痒く赤く腫れる。

頻尿、尿痛、尿急。

 

3)津液の熱毒と五臓損傷

①津液の熱毒が蒸され「五臓」の一部を損傷し膣にカンジダ膣炎が発生した。

五臓の一部が損傷したため、子宮腺筋症などを発症させる事も有ります。

 

fullsizeoutput_226d

カンジダ膣炎の治療---中医学

1)津液の熱証の治療

津液が熱で蒸され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。

①熱を清める治療をします。

②余分な津液を取り除く治療をします。

③カンジダ菌を殺す治療をします。

④痒みを止める治療をします。

 

2)津液の毒証の治療

津液が熱で蒸され長期にカンジダ菌を生み「毒」が発生した。

①熱を清める治療をします。

②余分な津液を取り除く治療をします。

③解毒の治療をします。

④痒みを止める治療をします。

 

 

3)津液の熱毒と五臓損傷の治療

津液の熱毒が蒸され「五臓」の一部を損傷し膣にカンジダ膣炎が発生した。

①熱を清める治療をします。

②余分な津液を取り除く治療をします。

③解毒の治療をします。

④痒みを止める治療をします。

⑥損傷した五臓を治療をします。

2_05_08c

 

カンジダ膣炎の実態

「カンジダ膣炎は再発するのを許して置くのではなく根本治療する必要があります。

なぜならカンジダ膣炎から別の病気が発生する人が多いからです。

"カンジダ膣炎が再発しても、薬を塗れば収まるので安全"などと言う意識は持たない方が良い。

例えば子宮内膜症や子宮腺筋症がカンジダ膣炎から発生する場合があるとは誰も気付かないからです。」

 

カンジダは常在菌で適度な量なら問題ないのですが、増殖すると毒が発生し内臓を損傷します。

 

たかが膣炎ではない

カンジダ膣炎をあなどってはいけない。

カンジダ膣炎はほとんどの場合、五臓を痛めている。

五臓とは心・肺・脾・肝・腎です、このどれかが悪くなっている。

 

①五臓を治療してないので、カンジダ膣炎は永遠に再発し悪化の一方になります。

②その悪くなった臓器から次に別の難しい病が発生している。

例えば子宮腺筋症・子宮内膜症です。

 

このような高度な診断は、中国の中医学大病院・名医ならすぐに分かります。

それ以外では、このレベルの診断は無理です。

 

HG006_350A

カンジダ膣炎を中医学で治療---補足説明

1)津液の熱の治療は欠かせません。

熱を清める治療をします。

余分な津液がたまらないように流す治療をします。

余分あ津液を取り除く治療をします。

 

2)カンジダ菌の働きを止める治療します。

痒みを無くす治療をします。

解毒する治療をします。

 

3)五臓の治療をします。

肝がスムーズに働き、血の運行がスムーズに出来るように治療します。

肺が津液(水)の運行を遅滞なくできるように治療します。

腎が肺から送られて来る津液(水)の処理がスムーズに出来るように治療します。

脾も悪くなっている場合は脾を健康にする治療をします。

 

4)血の治療をします。

血が正常な質でない場合は、血の質をよくする治療をします。

血の働きがスムーズでない場合、血の働きを活発にさせる治療をします。

うっ血や血が固まっている、古い血が付着している場合はそれを溶かす治療をします。

 

血が毒を帯びている場合は血の解毒治療をします。

経絡(血の通り道)が瘀血で詰まっている場合、通りを正常に戻す治療をします。

 

1_16_06c

 

カンジダ膣炎は「オリモノが多い」は良くない兆候

カンジダ膣炎は必ず「おりものが非常に多い」。

おりものが非常に多いのは大変まずい兆候です。

おりものは生理の関係です。

 

生理が狂っている状態です。

生理は子宮と五臓が連携プレイで規則正しく運行されています。

しかしカンジダ膣炎が発生した事で肝・腎・肺などの五臓が損傷されています。

 

五臓が正常に働かないので生理のシステムが狂った。

その為におりものが多量にでています。

子宮に関係する病が進んでいる可能性があります。

 

はっきりとして出て来た例としては子宮内膜症、子宮腺筋症などが多い。

病歴を見るとカンジダ膣炎が何年か続いた頃に発病している場合が多い。

 

HG097_350A

 

中医学は世界で最も歴史があります。

カンジダ膣炎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。

この医学書では、それよりもずっと前からカンジダ膣炎が治療されて来た。

そしてカンジダ膣炎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。

 

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

中国で婦人科の治療が始まったのは紀元前14世紀です。

これは遺跡に資料が残されています。

 

1_19_06c

 

医師の診断と治療薬の処方が必要です。

 

DSC_0112

 

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

カンジダ膣炎は原因が複雑です。

 

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

処方が必要な薬は全て病院内で使う医療用です。

9000種類あります。

医師は体の状況に合う薬を処方します。

DSC_0263

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の「カンジダ膣炎」の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

「カンジダ膣炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

 

FV134_L-1

 

西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が「カンジダ膣炎」の治療でも出ています。

 

 

「カンジダ膣炎」の治療---実例---「中西医結合医学」

1)「カンジダ膣炎」は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

 

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

もちろん飲む量も違います。

ですから全部の薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)「カンジダ膣炎」とは別の病気を持っている人。

① 別の病気が「カンジダ膣炎」の原因になっている人が多い。

②「カンジダ膣炎」から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、「カンジダ膣炎」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

 

関連の記事があります。ご覧ください。

①カンジダ膣炎の根本治療。再発を無くす。安心安全、副作用の無い治療、合併症を防ぐ。

カンジダ膣炎、徹底治療したい、感染、再発、悪化を止める

③カンジダ膣炎は治す気が有れば治ります。中医学の大病院で根底治療できます。

 

 

 

カンジダ膣炎を本気で治したい人は

スクリーンショット 2019-06-25 11.30.05

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International is here.

-総合ページ

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5