肝・腎

目が見えない、治す方法を知る。漢方の大学病院に相談。

無料相談はコチラ

お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れ、治療する方法です。

目が見えないで困っている人が多い。

どの程度、見えないのか?いつから見えないのか? なぜ見えなくなたのか? などによって違いがあります。

漢方では見えるようになる場合もありますが、全部のパターンではありません。

FV054_L2.jpg

 

目が見えない状況は色々あります。

目が見えない状態は

1)見えにくいのか? ほどんど見えないのか? 失明しているのか?

2)糖尿などで手術をしてから目が見えなくなったのか?

3)生まれながら見えないのか?

4)高熱の後、見えなくなったのか?

5)悪くなってなん年くらい経過しているか?

6)これまで、他にどんな病気をしたか?

7)今、他に病気を持っているか?

などの情報があると思います。

目が見えない ---色々なタイプ

目が見えないのでネットで色々と情報を集めている人は、下記のような内容が多い。

1)赤ちゃん、 乳児、 子供

2)妊娠、妊娠中毒症

3)ギザギザがある、チカチカする、ぼやける、目やに、真っ暗、フラッシュ、 真ん中、真っ白、眩しい、半分、左目、眼底出血、眼精疲労、緑内障、白内障

4) 頭痛、頭が痛い、偏頭痛、しびれ、立ちくらみ、のぼせ、吐き気、 首を振る、耳が聞こえない、めまい、吐き気 、嘔吐、脱水 、冷や汗、貧血

5)髄膜炎、腎臓、脳梗塞、てんかん、自律神経失調症、低血圧、低血糖、 認知症、糖尿病、脳、 脳腫瘍、膠原病、脳貧血、 脳梗塞、脳出血

6)事故、打撲 、脳震盪

fullsizeoutput_225d.jpeg

目の治療方法

上記の色々なタイプを見ますと、どれもすでに眼科では治療が難しい内容が多いです。例えば緑内障、白内障では、上手な眼科さんに行けば目が見えなくなることはほとんどありません。

しかし、緑内障、白内障は漢方から見ますと漢方内科の治療が必要です。漢方内科の治療を加えないと目がそのまま見えなくなる人もいます。

また目を何度も手術している場合、視神経やその他をかなり切り刻んでいますので、漢方で正常に戻そうにも、不可能はことがあります。手術は基本的に1回までとした方が無難です。それ以降は優れた漢方医に相談する事が大切です。

 

目が見えなくなるのはなぜ?

目は基本的に「肝」が関係します。肝臓ではなく、肝臓系統を漢方では「肝」と呼びます。色々な状況で「肝」に影響が来て目が見えなくなります。

1)赤ちゃん、  子供

2)妊娠、妊娠中毒症

3)目にギザギザ、フラッシュ、眩しいなど

4)眼底出血、緑内障、白内障など

5) 頭痛、吐き気など

6) 首を振る、耳が聞こえない、貧血など

5)髄膜炎、 認知症、糖尿病など

6)事故、打撲 、脳震盪など

これらはすでに病院では治療してきたが、改善がないのであれば、基本的には方法がないのだと思います。

漢方では、かなりのウエイトで良くなる人が多い。

高度な漢方を使うと、目が見えるようになる人も非常に多い。しかし、全部の人が良くなるのではありません。

過去、不可能と言われた状態でも、非常によく見えるようになった人は多数います。どなたも白くぼんやり光が見える程度に悪かった人たちです。

これを治せるのだろうか?と非常に心配した事が多くありますが、案外、あっさり良くなりました。高度な漢方の素晴らしさには驚きです。

もちろん、治らなかったケースもあります。目の手術を4〜5回していました。これは治療は難しかったです。

目を見えるようにするには秘訣があります。

目が見えなくなれば一生、大変です。西洋医学では不可能な場合、深入りして、先ほどのように手術をくり返さない方が良い。

それよりも、高度な漢方医学では、「なぜ目が見えなくなったか?」その原因がほとんどはっきり分かります。そこを治療しなければ、永久に目が見える事はありません。

また体の状態が悪化するほど、治療が難しくなりますので、下記の説明を参考にされてください。資料は無料です。何度でもご覧できます。

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-肝・腎

© 2020 Powered by AFFINGER5