血・心・脾

血圧低下から危篤を回避する方法、漢方・中医学の大病院の情報。

無料相談はコチラ

本格的な中医学を知りたい方の情報ページです。

お薬お手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。

まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。

 

急激な血圧低下の場合、対策が取れます。

kOLGcq7VSoSU546moIk94g_thumb_8612.jpg

患者が中医学漢方の薬を多種 持っていれば一番良いです。

このような場合は 中医学漢方には 適切な薬があります。

中医学漢方では
人体を構成する要素は「気・血・津液」です。

この三つの内 どれが血圧低下を防ぎ、血圧を上げることができると思いますか?
この三つの内 一つに重点を掛けます。
それは中医師が知ってます。

 

ですから、患者さんは普段から中医学の医師に診断を仰ぐ時、
どの薬はどの役目と初めからしっかり聞くことが大事です。

非常用の薬も手に入れておくのが一番良い。
緊急用の薬を舌に乗せるか、舌の下に含ませることで
血圧を回避することも可能です。

できれば
大幅な低血圧になった時 
患者さんによっては すでに使っている中医学漢方薬の中に
それ向きの3〜4種類の薬がありますので
それを飲めば血圧は回復しやすくなります。

もちろん 患者は意識不明になっている事もあるでしょうから、
家族がしっかりカバーするのが大事です。
可能なら病院の協力もいただくのが大事です。
その状況なら助かる確率が高い。

fullsizeoutput_2217.jpeg

日本では中西結合医学を考える病院が今後一番人気な病院になると思います。
これは西洋医学の良いところ、中医学漢方の良いところを組み合わせた医療です。

例えば このような血圧低下の場合、病院は点滴で患者の生命を保とうとします。これは最も大事なことで、必ず必要です。しかし それをしても1〜2日しか持たない場合が多い。

このような状況でも
中医学漢方は この血圧を上げる・脈拍を上げる薬が有ります。

 

これを使うと
例えば 血圧70位だったが うまく行くとやがて

---->80---->90----->100と上がって来ます。

時には しばらくすると----->120---->130となる事があります。

最初70くらいだった時 患者の意識は暗闇の中に落ちていたかも知れません。
しかし 血圧が上がったことで、明るい世界に戻ってきます。

戻ってくる時 手をバタバタさせ、這い上がろうともがくかも知れません。

一旦 血圧が 例えば130にあがっても
翌日には 120などに下がり 毎日 その前後で変動しますが
中薬のコントロールで 血圧が安定しだします。

 

注意点-----すでに体が限界に達していて、全身不全の状況の場合は

血圧が上がらす、やがて肩で呼吸をしだし、
全身が止まる事もあります。

従って一歩でも早く中医学漢方での治療を開始することが賢明です。

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-血・心・脾

© 2020 Powered by AFFINGER5