未分類

不眠症 根本治療する方法。中医学・大病院・名医の治療。

 

無料相談はコチラ

 

 

不眠症の情報ページです。

「不眠症で困っているので是非治療方法をホームページで説明して欲しい」との御要望が有ましたので書きます。

上海の先生のご相談は他の大きな病気のご相談が多く、

その症状の中に重度の不眠症の方が多くいます。

 

 不眠症は3種類有ります。

1)情緒や生活面が原因---自分で治せます。

2)病気が原因---中医学で治療出来ます。

3)老人性の原因---中医学で治療出来ます。

4)陰陽のバランスが壊れている。---中医学で治療できます。

 

1)情緒や生活面が原因---自分で治せます。

①考え事など、感情の高まりで眠れない。

②飲食の不摂生で眠れない。

③過労が続いて眠れない。

もし自分でしても改善がない場合は中医学・大病院・名医に相談された方が良い。

特に4番の陰陽のバランスが崩れている状態です。

 

2)病気が原因で不眠症になっている。

パーキンソン病で不眠症になっている場合が有ります。

メニエール病で不眠症になっている。

子宮内膜症で不眠症になっている。

など様々です。

例えば上記のような病気でも中医学・大病院・名医は根底治療します。

治療で体調が次第に改善してくると不眠症が消えています。

 

3)老人性の不眠症

昼間は目がすっきりして元気に仕事し、夜になったら自然に眠くなる〜

これは体に仕組みが有るからです。

若い時はこの健康で体力が有りますので、この仕組みが守られています。

しかし老人になると、この仕組みが崩れて来て、昼間は眠たい、だるい、夜は目が覚めて寝れない現象になります。

この仕組みについて原理を知っていると大変便利です。

 

睡眠のメカニズムと老人

体は「栄気」と「衛気」が有ります。

栄気は気血の力で体の中を回って、体に栄養を与えています。

衛気は体の表面を回っていて、体を外部から回っています。

若い人は気血の状態が非常に良く栄気と衛気の流れが非常にスムーズです。

ですから昼間はしっかり働き、夜は良く寝ます。

 

しかし老人は気血の働きが悪くなり、五臓(肺・脾・心・肝・腎)の働きが落ち

栄気と衛気の働きがスムーズに出来なくなります。

「栄気」は昼間は陽経(六腑)を回っていて、夜は陰経(五臓)を回ります。

「衛気」は昼間は体表で体を守っていますが、夜は陰経(五臓)に戻って来なければなりません。

 

しかし「衛気」が夜に 陰経(五臓)に戻って来れないために寝れなくなります。

これが老人性の不眠症です。

 

4)陰陽のバランスが崩れて眠れなくなった不眠症。

これは1番の情緒や生活面が原因です。

生活面の改善などで治らない場合は陰陽のバランスが崩れています。

正常な血が不足したり、津液(体液)が不足すると陰陽のバランスが崩れ「陰虚」になります。

不眠症は特にこの「陰虚」で発症します。

 

2_13_01c

不眠症の治療

1)情緒や生活面で不眠症になった。

①心・考えかたは体に不調を起こします。

怒り・喜び・悲しみ・苦しみなど感情が五臓を損傷します。

怒りは肝を傷めます、悲しみは肺を痛めます、恐れは腎を痛めます。

まず穏やかな感情にすることが大事です。

 

②飲食の不摂生や夜更かしなど生活の不摂生は五臓を損傷します。

飲食、生活を適正に戻して下さい。

 

③上記で不眠が治らない時は五臓の損傷がひどい状況ですので根本治療をされて下さい。

陰陽バランスの治療をご覧ください。

 

2)病気が原因で不眠症になっている時の治療。

これは上海の中医学・大病院・名医が診断します。

不眠症はその病気に付随するものです。

今まで治療したが一向に治らない病気でも中医学・大病院・名医なら根本治療できます。

その治療の一環で不眠症は改善されます。

大概の人は睡眠導入剤が無くても、普通に寝れるようになっています。

HG105_350A

3)老人性の不眠症の治療

不眠症でも老人と若い人とは原因が全く違います。

老人は「気・血」の力が大幅に低下しています。

また五臓(心・肺・脾・肝・腎)の力も大幅に低下しています。

 

中医学・大病院・名医では気・血・五臓の治療をすることが出来ます。

これにより栄気・衛気の働きがスムーズに出来、不眠症は解消されます。

 

4)陰陽バランスの崩れによる不眠症の治療

清血が不足し津液が欠乏して陰陽のバランスが崩れ、

陰虚になった事で不眠症になっています。

陰虚の治療は心の熱を清める、心陰と心血を養う治療をします。

また腎陰を滋養する治療もします。

 

1_16_02c

中医学は世界で最も歴史があります。

不眠症が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。

この医学者では、それよりもずっと前から不眠症が治療されて来た。

そして不眠症の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。

 

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

現在、不眠症を根本治療しているのは中国の中医学だけです。

中国の優秀な大病院や名医なら正確な診断・治療が可能です。

 

1_19_06c

関連のページが有ります。

不眠症 個人輸入 中医学 根本治療薬

https://js-vivid.com/fumin-2/

 

ロゴ

 

-未分類

© 2020 Powered by AFFINGER5