骨・膝・腰・背骨

腰痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

 

無料相談はコチラ

 

腰痛の総合ページです。

腰痛は日本人の最も多い痛みの一つです。

中医学の優秀な医師は根本治療をします。

 

記事担当の後藤です。

「腰痛でお困りの方が多いですね。

腰痛から膝まで痛くなる人もいます。」

 

「できるだけ体に負担をかけず軽い状態になっていただきたいと思います。

下記に中医学の治療情報を説明します。」

 

2_13_01c

 

腰痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学

原因1)外邪侵襲

大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。

湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。

労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。

汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。

夏の湿熱が体に入った。

 

このような事が原因となり、

①湿が腰に溜まってるいる。

②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。

 

原因2)瞬挫打力

打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、

腰の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。

その影響で腰痛になった。

 

原因3)年老久病

①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。

②腎の先天の稟腑が不足している。

③仕事のし過ぎ。

④多くの慢性病が長く続いた。

などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。

2_15_08c

腰痛の状態---参考:中医内科学

原因1)湿熱腰痛証

腰が痛いが、重たい人は灼熱が有る。

暑く湿気が有り曇りか雨の日にさらに痛い。

 

原因 2)寒湿腰痛証

腰が冷えて痛い。

寒い日・曇り・雨の日に痛みがひどくなる。

 

原因 3)瘀血腰痛証

刺すような痛み、骨が折れたような痛みがする。

痛みは決まった場所。

痛みは昼は軽く夜がひどい。

 

 

原因 4)腎虚腰痛証

腰がだるく痛い。

膝・足に力が入らない。

 

 

腰痛の治療---参考:中医内科学 

治療1)湿熱腰痛証

状態:経絡(気・血の通り道)が湿熱で塞がり、阻害され、通りが悪くなっている。

①熱を清める治療をします。

②湿を取り除く治療をします。

 

③経絡を広げる治療をします。

④経絡の通りを良くする治療をします。

この方法で腰痛を無くします。

 

治療 2)寒湿腰痛証

状態:寒湿が溜まっている、経絡(気・血の通り道)が閉阻されている。

①寒を散らす治療をします。

②湿を取り除く治療をします。

 

③経絡(気・血の通り道)を温める治療をします。

④経絡(気・血の通り道)の通りを良くする治療をします。

この方法で腰痛を無くします。

 

治療 3)瘀血腰痛証

状態:瘀血が経脈の流れを阻滞させ、気血が流れなくなっている。

①血の働きを活発にする治療をします。

②瘀血を溶かす治療をします。

 

③気の流れを良くする治療をします。

④経絡の通りを良くする治療をします。

この方法で腰痛を無くします。

 

治療 4)腎虚腰痛証

状態:腎精が不足している、腰・背骨が栄養を失っている。

①腎を補う治療をします。

②精を益す治療をします。

この方法で腰痛を無くします。

 

 

HG093_350A

 

腰痛の診断に必要な情報。

下記の状態によって五臓のどれが悪くなっているか分かります。

中医師は4種類の診断をします。

 

その内の一つが「問診」です。

体の状態を患者から聞きます。

その状態が体のどこから来ているか、どの程度悪くなっているかなどの判断をする非常に重要な診断です。

 

HG006_350A

 

なぜ腰は痛みが増えるのか?

腰に気・血が来ないと痛みが出ます。

腰痛は気血が来ていない状態です。

 

中医学では気・血を通す事が出来ますので、腰痛は消えます。

1_16_02c

 

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、腰痛が腎と関係している事を詳しく説明しています。

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

現在、腰痛と「腎・気・血・湿」をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。

中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。

 

2_16_10c

 

腰痛の治療、重要ポイント

腎を治療して腰痛を解消する治療は中国の大病院がしています。

腎の状態が色々ですから、腎の薬も多種有ります。

腎の状態に合わせて薬を選びます。

ちょうど合わないと腎は良くなりません。

 

これは薬剤師では判断出来ません、医師の仕事です。

病院の薬ですからネット販売されません。

大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。

 

下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。

実際に日本から行った時の写真です。

 

fullsizeoutput_26c0

 

医薬品が大事です。

中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

薬は医師の診断と処方が必要です。

この治療に使う薬は日本には有りません。

中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。

 

非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。

 

 

写真は参考です。

どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。

それほど細かく薬を組み合わせます。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

DSC_0264

腰痛の治療の大事な点

既にあれこれ治療したと思います。

一向に良くならない、あるいは何かの治療で一時的に軽くなったが、短期間しか持たなかった。

これは根本治療をしていないからです。

 

腰痛の治療で根本治療が出来るのは、中医学の薬による治療です。

上のページで説明しましたように、「湿熱・寒湿・瘀血・腎虚」を根本治療することは中薬による治療だけが出来る事です。

 

 

中医学で良くなったら心掛ける大事な点

腰が痛いのに庭仕事などを続けると、また悪くします。

腰痛だけの問題では無く、誰でも年齢と共に体の使い方を変える必要が有ります。

仕事中心では無く、健康中心の仕事体制に変える事が大事です。

 

HG121_350A

 

日本人の知らない優れた医療---中医学

日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。

しかし中医学を知っている方が絶対に得です。

なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

中国の腰痛の治療は世界でも最先端を行っています。

しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

腰痛を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。

ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医学」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。

この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され

今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

「中西医結合医学」でする腰痛の治療は効果が大きい。

 

FV134_L-1

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

普通、西洋薬は副作用が有ります。

この認識は中国も同じです。

実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。

 

中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。

医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。

その研究の成果が腰痛の治療でも出ています。

 

腰痛の治療---実例---「中西結合医学」

1)腰痛は原因の種類が多い。

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。

これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

2)薬は分担した役目が有ります。

西洋薬は対処療法に能力が有ります。

中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。

根本治療は時間が掛かります。

その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。

西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。

あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。

治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

また西洋薬を使うタイミングが違います。

飲む量も違います。

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)腰痛とは別の病気を持っている人。

①別の病気が腰痛の原因になっている人が多い。

②腰痛から別の病気に発展している人もいます。

 

中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

この場合、腰痛だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。

しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

HG135_350A

 

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「腰痛」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

 https://baike.baidu.com/item/腰痛

 

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

膝の痛み中医学の治療。膝痛・腰痛、漢方大病院の情報。

https://js-vivid.com/hiza/

 

 

-骨・膝・腰・背骨

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5