骨・膝・腰・背骨

no image

骨・膝・腰・背骨

2020/7/15

強直性脊椎炎を治す治療方法を見つけましょう。改善のための道を見つけましょう。漢方大病院の情報。

無料相談はコチラ   強直性脊椎炎はその病気になるまで見いたこともない病気です。 強直性脊椎炎は高度な漢方ではすでに2000年前の医学書でも、様々な骨の病気の原因、治療が書かれています。 原因については高度な漢方では、この時に解明されており、その後の研究、治療の進化に伴い非常に多くの優れた薬が開発されています。   強直性脊椎炎の主な症状とは 痛み、熱、貧血、浮腫、めまい、激痛、下痢、腰痛 筋力低下、睡眠不足、腹痛、胸の痛み、痩せる、微熱、だるい 首の痛み、炎症、倦怠感、しびれ、 体重減少、 寝たきり、発熱、むくみ、頭痛   強直性脊椎炎の問題箇所は 足首 顎   肩  頚椎 股関節 仙腸関節  肋骨 背中 肺 膝  皮膚  目  指  アキレス腱、 前弯、前屈  胸郭拡張     強直性脊椎炎と同時に治療したい病気 1)骨の関係 顎関節症、脊椎関節炎、仙腸関節炎、体軸性脊椎関節炎、竹様脊椎 関節リウマチ、椎間板ヘルニア 、骨化症、骨密度、リウマチ、坐骨神経痛、強直性脊椎炎   2)内臓の関係 潰瘍性大腸炎、間質性肺炎、掌蹠膿疱症、糖尿病、 膠原病、 脳梗塞、肺病変、付着部炎、毛様体炎、、大動脈弁閉鎖不全、ぶどう膜炎、弁膜症、ベーチェット病   3)皮膚の関係 乾癬 強直性脊椎炎で心配していること 出産 妊娠 遺伝   強直性脊椎炎は問題点が多いのですが 出来るだけ軽い内に、出来るだけ進まない内に、これ以上悪くならない内に、 漢方の名医に相談することが良いと思います。 高度な漢方は最先端医療です。骨の病気に関しては、様々な治療法があります。   強直性脊椎炎には原因があります。内臓のどこかが悪くなっており、その影響で強直性脊椎炎になっています。 それを過ぎた漢方の専門医は診断で見つけます。   この病になったら大変です。 基本的に日本では治療方法はないと思います。 しかし中医学では原因がすでに2000年前に分かっています。 原因がわかると治療方法もわかります。   関連の記事があります。ご覧ください。 強直性脊椎炎の原因を知ることが先決です。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

骨・膝・腰・背骨

2020/7/15

膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

  無料相談はコチラ   膝関節痛の総合ページです。 膝関節痛を中医学の薬で根本治療します。     記事担当の後藤です。 「膝痛で大変お困りと存じます。 いろいろ試してもうまくいかず、悲惨な状況になる人もいます。 腰と膝が両方とも痛くなる人もいます。」   「中医学の根本治療をご紹介します。 下記に中医学の情報を書きます。」       膝痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学 原因1)外邪侵襲 大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。 湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。 労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。 汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。 夏の湿熱が体に入った。   このような事が原因となり、 ①湿が腰に溜まってるいる。 ②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。   原因2)瞬挫打力 打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、 膝の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。 その影響で腰痛になった。   原因3)年老久病 ①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。 ②腎の先天の稟腑が不足している。 ③仕事のし過ぎ。 ④多くの慢性病が長く続いた。 などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。 人体には気のエネルギーが有ります。 血は気が機関車役で体内を回っています。 しかし「血も気も」両方が虚弱な状態なので体内に血が回りません。   血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方が虚弱による膝関節痛です。     原因⑤     風・寒・湿が体に侵入した。 気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の中でも「風・寒・湿」が体内に侵入した病です。   風と寒が湿を固まらせ痰を作ります。 痰が経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・湿」が侵入した事による関節リウマチです。     原因⑥    風・湿・熱が体に侵入した。 気候の「風・湿・熱」が体に侵入しました。 湿が熱で煮詰められ、濃い痰になります。   痰が経絡に侵入し血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・熱」が侵入した事による関節リウマチです。     膝関節痛の治療-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹証の治療 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 膝関節につながる経絡が閉鎖され気血が通れないので膝関節痛になった。   ①風を取り除く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③湿を取り除く治療をします。 ④経絡の通りをよくする治療をします。   2)寒熱錯雑証の治療 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている。 膝につながる経絡が詰まって気血が流れなくなり膝関節痛になった。   ①経絡を温める治療をします。 ②寒さを散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④湿を取り払う治療をします。   3)風湿熱痹証の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈が塞がれ気血が流れる事が出来ない為、膝関節痛になっています。   ①熱を清める治療をします。 ②経絡の通りを良くする治療します。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   4)気血虚痹証の治療 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 気血が損傷し弱っている。 膝につながる経絡が栄養されないために膝関節痛になった。   ①気を益す治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③営気を和らげる治療をします。 ④経絡の流れを良くする治療をします。   5)痰瘀痹阻証の治療 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 絡まった痰と瘀血が筋肉にとどまっている。 膝につながる経脈が塞がれ膝関節痛になった。   ①痰を溶かす治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。 ③痛みや痺れを取り除く治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。   6)肝腎虚痹証の治療 肝腎が力を失い、筋・筋肉が栄養を失い、膝関節痛になった。   ①肝の力を養い補う治療をします。 ②腎の力を養い補う治療をします。 ③経絡の流れを良くする治療します。 ④痛みを止める治療をします。   医薬品が大事です。 中医学の歴史は長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は中医学の大病院に有ります。 医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中医学は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     中医学は世界で最も歴史がある医学です。 紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、腰痛が腎と関係している事を詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   中医学は腰痛と「腎・気・血・湿」をセットで治療する事ができます。 優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。   膝関節痛の治療、重要ポイント 腎を治療して膝痛を解消する治療は中医学・大病院がしています。 腎の状態が色々ですから、腎の薬も多種有ります。 腎の状態に合わせて薬を選びます。 ちょうど合わないと腎は良くなりません。   これは薬剤師では判断出来ません、医師の仕事です。 大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。   下記写真は中医学の大病院、薬の窓口です。 実際に行った時の写真です。     膝関節痛の治療の大事な点 既にあれこれ治療したと思います。 一向に良くならない、あるいは何かの治療で一時的に軽くなったが、短期間しか持たなかった。 これは根本治療をしていないからです。   膝通の治療で根本治療が出来るのは、中医学の薬による治療です。 上のページで説明しましたように、「湿熱・寒湿・瘀血・腎虚」を根本治療することは中薬による治療が出来ます。     中医学で良くなったら心掛ける大事な点 膝が痛いのに庭仕事などを続けると、また悪くします。 膝通だけの問題では無く、誰でも年齢と共に体の使い方を変える必要が有ります。 仕事中心では無く、健康中心の生活に変える事が大事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの健康を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中医学の「膝関節痛」の治療は世界でも最先端を行っています。 「膝関節痛」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 中医学の医師と言っても実際は西洋薬のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「膝関節痛」の治療でも出ています。   「膝関節痛」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「膝関節痛」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「膝関節痛」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「膝関節痛」の原因になっている人が多い。 ②「膝関節痛」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「膝関節痛」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「膝」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 ...

骨・膝・腰・背骨

2020/7/15

腰痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  無料相談はコチラ   腰痛の総合ページです。 腰痛は日本人の最も多い痛みの一つです。 中医学の優秀な医師は根本治療をします。   記事担当の後藤です。 「腰痛でお困りの方が多いですね。 腰痛から膝まで痛くなる人もいます。」   「できるだけ体に負担をかけず軽い状態になっていただきたいと思います。 下記に中医学の治療情報を説明します。」     腰痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学 原因1)外邪侵襲 大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。 湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。 労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。 汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。 夏の湿熱が体に入った。   このような事が原因となり、 ①湿が腰に溜まってるいる。 ②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。   原因2)瞬挫打力 打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、 腰の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。 その影響で腰痛になった。   原因3)年老久病 ①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。 ②腎の先天の稟腑が不足している。 ③仕事のし過ぎ。 ④多くの慢性病が長く続いた。 などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。 腰痛の状態---参考:中医内科学 原因1)湿熱腰痛証 腰が痛いが、重たい人は灼熱が有る。 暑く湿気が有り曇りか雨の日にさらに痛い。   原因 2)寒湿腰痛証 腰が冷えて痛い。 寒い日・曇り・雨の日に痛みがひどくなる。   原因 3)瘀血腰痛証 刺すような痛み、骨が折れたような痛みがする。 痛みは決まった場所。 痛みは昼は軽く夜がひどい。     原因 4)腎虚腰痛証 腰がだるく痛い。 膝・足に力が入らない。     腰痛の治療---参考:中医内科学  治療1)湿熱腰痛証 状態:経絡(気・血の通り道)が湿熱で塞がり、阻害され、通りが悪くなっている。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。   ③経絡を広げる治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。 この方法で腰痛を無くします。   治療 2)寒湿腰痛証 状態:寒湿が溜まっている、経絡(気・血の通り道)が閉阻されている。 ①寒を散らす治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。   ③経絡(気・血の通り道)を温める治療をします。 ④経絡(気・血の通り道)の通りを良くする治療をします。 この方法で腰痛を無くします。   治療 3)瘀血腰痛証 状態:瘀血が経脈の流れを阻滞させ、気血が流れなくなっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   ③気の流れを良くする治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。 この方法で腰痛を無くします。   治療 4)腎虚腰痛証 状態:腎精が不足している、腰・背骨が栄養を失っている。 ①腎を補う治療をします。 ②精を益す治療をします。 この方法で腰痛を無くします。       腰痛の診断に必要な情報。 下記の状態によって五臓のどれが悪くなっているか分かります。 中医師は4種類の診断をします。   その内の一つが「問診」です。 体の状態を患者から聞きます。 その状態が体のどこから来ているか、どの程度悪くなっているかなどの判断をする非常に重要な診断です。     なぜ腰は痛みが増えるのか? 腰に気・血が来ないと痛みが出ます。 腰痛は気血が来ていない状態です。   中医学では気・血を通す事が出来ますので、腰痛は消えます。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、腰痛が腎と関係している事を詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、腰痛と「腎・気・血・湿」をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。     腰痛の治療、重要ポイント 腎を治療して腰痛を解消する治療は中国の大病院がしています。 腎の状態が色々ですから、腎の薬も多種有ります。 腎の状態に合わせて薬を選びます。 ちょうど合わないと腎は良くなりません。   これは薬剤師では判断出来ません、医師の仕事です。 病院の薬ですからネット販売されません。 大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。   下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。 実際に日本から行った時の写真です。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 腰痛の治療の大事な点 既にあれこれ治療したと思います。 一向に良くならない、あるいは何かの治療で一時的に軽くなったが、短期間しか持たなかった。 これは根本治療をしていないからです。   腰痛の治療で根本治療が出来るのは、中医学の薬による治療です。 上のページで説明しましたように、「湿熱・寒湿・瘀血・腎虚」を根本治療することは中薬による治療だけが出来る事です。     中医学で良くなったら心掛ける大事な点 腰が痛いのに庭仕事などを続けると、また悪くします。 腰痛だけの問題では無く、誰でも年齢と共に体の使い方を変える必要が有ります。 仕事中心では無く、健康中心の仕事体制に変える事が大事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の腰痛の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   腰痛を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする腰痛の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が腰痛の治療でも出ています。   腰痛の治療---実例---「中西結合医学」 1)腰痛は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)腰痛とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が腰痛の原因になっている人が多い。 ②腰痛から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、腰痛だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「腰痛」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 ...

骨・膝・腰・背骨

2020/7/15

靭帯骨化症を中医学で治療するメリット。中医学・大病院の情報。

  無料相談はコチラ   靭帯骨化症(じんたいこっかしょう)には 後縦靭帯骨化症と黄色靭帯骨化症があります。 患者さんも治しようがないので、あきらめていたり、 人によっては なんとかなるだろう〜とのん気に考えています。 どのような治療が最も適切でしょうか? これは現代医学では原因や治療方法が全く無い難病です。 では一般的に行われている漢方治療はどうでしょうか?   漢方で治療したが上手くいかない〜理由 靭帯骨化症については 患者さんは 漢方専門店が言う「瘀血」が原因と思っている時があります。   しかし上海の最上級の医師とは判断が大きく違います。 全て瘀血が原因といいきれません。   瘀血は原因の一つになることも多いですが、 もっと別のところの方が原因になっているのを気づきません。   このような病状が多いのに、瘀血だけで治療すると 体に合わない人や 副作用が出る人、が増える。 そして漢方はダメね〜などと言われます。   やはり日本の漢方と中医学は判断が大きく違います。   また薬剤師さんと医師とは診断が大きく違います。   薬剤師さんは薬の専門家ですが、手術や治療は医師の方が格段に上の 知識を持ってます。 また高度な薬は医師の承諾がないと使えません。 それらは薬剤師さんでは治療に使えない薬です。 患者様はご自分が受けたいところで薬を手にいれたら良いと思いますが、   「瘀血」だけが原因では無いと断言できます。 靭帯骨化症は人間の体の構造上「瘀血」だけで起きる病気では無いからです。 なぜなら骨が関係している病気だからです。 靭帯骨化症は患者が100人いれば100人とも原因や状態が違います。   人により原因や状態が大幅に違いますので当然 使う薬は大きく違ってきます。 弁証論治をきちっとしてくれる医師に相談すれば確度の高い治療ができます。   また「瘀血」になった原因の治療はしましたか?   「瘀血」だから「瘀血」を治療するだけでは片手落ちです。 かならずそうなった原因がありますので、そこを同時に治療しないと 次の病気を起こします。 また靭帯骨化症になった人は ほとんどの人が別の病気を抱えています。 良くあるのですが その病気と靭帯骨化症とは別物だから とりあえず、先に靭帯骨化症だけを 治療すれば良い〜などと考えがちです。   それが大間違いです。   卵巣嚢腫と靭帯骨化症になっている時は 卵巣嚢腫の治療も同時に行います。   ところが日本は卵巣嚢腫の治療薬が無い。 中医学の場合は両方を治療する薬があります。 卵巣嚢腫になった原因と靭帯骨化症の原因が同じです。   この場合も患者の状態により薬が違います。   どれくらい量・期間に飲むか採取判断は各自が決めます。 薬に入っている薬草はほとんどが日本では手に入らないものです。 腎が悪く、靭帯骨化症になっている時 これは腎の治療をしながら靭帯骨化症を治療します。 相互に関係しているからです。 そもそも腎が骨を養っています。腎が正常でなければ骨は正常ではありません。 靭帯骨化症になった原因は腎が正常でなかったからです。   また、腎を改善する薬がそもそも日本に無いのです。 私も中医学を始めるまで 自分の腎が悪く長い年月苦労しました。   脾が悪く、靭帯骨化症になっている時、 これは脾を治療しながら靭帯骨化症を治療します。 脾は脾臓とは同じではありません。中医学の脾と西洋医学の脾臓とは違います。   中医学の脾は血液を作る作業します。 血液は骨髄で作ると思われていますが、脾で作るのが正しい。 脾が正常にはたらかないと、血液が正常にできません。 それが靭帯骨化症の原因になっています。 脾の働きについての判断、治療薬が日本にありません。 この症状の時は脾が正常にならない限り靭帯骨化症は治りません。   このように 靭帯骨化症になっている原因は様々です。 瘀血を治す薬を手配してください〜と尋ねて来られますが、 それでは靭帯骨化症は治りません。   体は全部つながってますので、
一体となって病気になっています。 治療するなら総合で治療する必要があります。   どうしても この病気は中医学で治療したい。 別の病気は現代医学でしたい〜。   という人がいますが、 結果、治りません。   片方の病気ともう片方の病気はセットなのです。 しかも2つだけとは限りません。   3つも4つも病気がセットで発生している場合も多い。 だから「瘀血」だけで治療すれば良いわけでは無いのです。   うかつな治療すると別の問題を起こします。 靭帯骨化症は非常に危険と上海の医師は見ています。   上辺だけの治療すれば、根の部分は残ってますので、 やがてそこが次の病気をつくる大きな原因になります。   中医学漢方は靭帯骨化症にともなう、どんな難しい病状でも対応できる
高度な薬が非常に多くあります。 使っている薬草も日本では考えらえないほど多くあります。
それらを病状に合わせ、存分に使いますから 効果が非常に期待できます。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

骨・膝・腰・背骨

2020/7/15

膝の痛み中医学の治療。膝痛・腰痛、漢方大病院の情報。

無料相談はコチラ 膝の痛み(膝関節痛)の情報ページです。 困っている人が多い病です。 どうすれば良くなるか、めったに無い情報があります。     記事担当の後藤です。 この記事をご覧いただいて役立てている方が多いようで、私も大変うれしく思います。   以前、何度かお会いした事のあるお母さまを参考にご説明します。 まだビビッド・ライフが中医学をする前のはるか昔の頃です。   お母様は膝が悪く長年困っていると聞いていました。 整体で特に優秀な先生を紹介しましたが、一時的に気持ちが良いだけで、 それ以上は無理でした。   やむなく上海に依頼しましたら、少し薬を送って来ましたが、全く効果が有りません。 お母様はその後も地元の病院、県の大病院にも長年行きましたが、良くなっていないと聞いていました。   それから10年くらいして息子さんが珍しく電話して来ました。 話の途中でお母様の様子を聞きました。 なんと、驚いた事になっていました。 あまりの痛さに手術をしたそうです。 その内容に驚きました。 なんと片足を太ももから下全部を切断したそうです。 驚きました。   最初は膝上までを切り離したのでは無いかと思います。 それでも激痛が止まらず、止むを得ず太ももから切り落としたようです。   もっと驚いた事に 息子さんの話は続きが有りました。 腰が痛かったそうで、それも全く治療方法が無かったそうで、 病院に依頼して、腰の神経を切断したそうです。 あまりにも生々しい話で私も驚きました。   息子さんに聞きました。 お母様は今、どのような状態ですか?と。 「片足が無く、車椅子の状態で体調が悪く、多分、長生きは出来ないだろう」〜と話していました。   田舎のご家族で、お母様が一族の中心です。 本当に困った状況のようです。 日本と中国の違い  私がずっと前に良く話していた事を今、思い出しました。 それは 日本は不自由な足で歩いている人を多く見かけます。 特に女性が多く目立ちます。   ところが中国に行って、足が悪い人は見かけた事がありません。 中国人の健康状態は街を歩くとすぐにわかります。 多くの中高年を見かけますので。   中国では足の痛みは良くなって当たり前〜 と言って良いほど 治療するところ、治療方法が様々あります。 だから足の悪い人が街を歩いているなど、出会った事が有ません。   色々な治療方法がありますが、調べて見ますと どの治療方法も大体90%以上の確率で痛みが止まります。 もちろん手術する人は非常に少ない。  なぜ中医学の薬の治療が良いのか? 中国では中医学に近い伝統医療が色々あり、膝の痛み(膝関節症)は非常に良い方法が色々あります。 ビビッド・ライフの先生方は大学病院の先生方ですから、様々な治療方法に精通しています。 先生方に聞くと「膝関節痛の根底治療は中薬なら出来る」と言います。 つまり一時的に痛みが止まるのではなく、 根底からの痛みが止まるのは中薬による根底治療だと言います。 日本人が間違っている事 それは膝が痛い時、日本では膝ばかりに目が行ってます。 しかし膝の痛みが出たほとんどの原因は膝では有ません。   別の記事をご覧なるとお分かりになるのですが、 腎や肝など五臓が悪くなっています。 また五臓と膝の関係も悪くなっています。 ここを中薬で治療すれば、治療効果が非常に大きいのです。   膝を治療するために五臓を治療すると 全身が格段に良くなります。 大きな副産物です。 早く良くなるように願っております。   関連の記事はこちらです。 膝痛(膝関節痛)を中医学の薬だけで根本治療する方法。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-3/   膝痛(膝関節痛)が漢方薬だけで治ったら良いですね。痛みの原因。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-1/ 膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報 https://js-vivid.com/hizatu-15/         ◇百宝元を健康管理にお使いになっている方が多くいます。 膝が痛い。いきなり上海の先生に相談するのに迷っている人は、 まず先に◇百宝元を愛用する方が多い。 それが気に入ったと上海の先生にも相談をされる人が多い。   ◇百宝元は健康志向の上級者向けです。 安物買いの銭失い〜と言います。 本物の良さは実に見事です。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

骨・膝・腰・背骨

2020/7/15

膝痛(膝関節痛)が漢方薬だけで治ったら良いですね。痛みの原因。中医学・大病院・名医の情報。

無料相談はコチラ 膝関節痛(膝痛)の情報ページです。 中医学の薬で根本治療ができます。   記事担当の後藤です。 「膝痛で大変お困りと存じます。 大手術してもうまくいかず、悲惨な状況になる人もいます。   」   「膝の痛みが出る原因は五臓です。 五臓と、五臓から膝につながる経絡を中医学で根本治療します。 下記に痛みの原因について詳しく書きます。 痛みが解消しますことを願っています。」   膝痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学 原因1)外邪侵襲 大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。 湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。 労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。 汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。 夏の湿熱が体に入った。   このような事が原因となり、 ①湿が腰に溜まってるいる。 ②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。   原因2)瞬挫打力 打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、 膝の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。 その影響で腰痛になった。   原因3)年老久病 ①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。 ②腎の先天の稟腑が不足している。 ③仕事のし過ぎ。 ④多くの慢性病が長く続いた。 などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。   人体には気のエネルギーが有ります。 血は気が機関車役で体内を回っています。 しかし「血も気も」両方が虚弱な状態なので体内に血が回りません。   血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方が虚弱による膝関節痛です。     原因⑤     風・寒・湿が体に侵入した。 気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の中でも「風・寒・湿」が体内に侵入した病です。   風と寒が湿を固まらせ痰を作ります。 痰が経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・湿」が侵入した事による関節リウマチです。     原因⑥    風・湿・熱が体に侵入した。 気候の「風・湿・熱」が体に侵入しました。 湿が熱で煮詰められ、濃い痰になります。   痰が経絡に侵入し血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・熱」が侵入した事による関節リウマチです。     膝関節痛の状態-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹証の状態 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 膝関節につながる経絡が閉鎖され気血が通れないので膝関節痛になった。   2)寒熱錯雑証の状態 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている。 膝につながる経絡が詰まって気血が流れなくなり膝関節痛になった。   3)風湿熱痹証の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈が塞がれ気血が流れる事が出来ない為、膝関節痛になっています。   4)気血虚痹証の状態 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 気血が損傷し弱っている。 膝につながる経絡が栄養されないために膝関節痛になった。   5)痰瘀痹阻証の状態 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 絡まった痰と瘀血が筋肉にとどまっている。 膝につながる経脈が塞がれ膝関節痛になった。   6)肝腎虚痹証の状態 肝腎が力を失い、筋・筋肉が栄養を失い、膝関節痛になった。   もし根本から治したいなら 膝関節痛の原因やどのような状態で悪くなったか、説明しました。 膝の痛みは基本的に五臓が関係している事が分かりました。 全身は五臓が管理しています、膝もそうです。   年齢や気候などの影響で五臓が弱ると膝を滋養する事が出来ず、膝に痛みが出てきます。 ですから五臓を元気にしてあげると膝の痛みは消えます。   膝は五臓から血が来る事で正常動作していますが、 五臓から膝につながる血の通り道(経絡)が詰まっていると血が来ないので膝に痛みが出ます。 それで治療としては経絡も治療します。 このような根本治療をする事で、何度も悪化するような事態にはなりません。 下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。 実際に日本から行った時の写真です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。   どのように治療したいですか? すでに病院の漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。   当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 日本の優秀な漢方治療を色々と訪ね、そして中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「膝」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   関連の記事はこちらです。 膝痛(膝関節痛)を中医学の薬だけで根本治療する方法。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-3/ 膝の痛み中医学の治療。膝痛・腰痛、漢方大病院の情報。 https://js-vivid.com/hiza/   膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報 https://js-vivid.com/hizatu-15/       個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.    

© 2020 Powered by AFFINGER5