精神病

鬱病は色々な病気に入る危険が多い②中医学漢方の大病院の情報。

無料相談はコチラ

鬱病がどうしても治らない人の情報ページです。

お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。

中医学大学で中心となる医学書を見ますと、「鬱病は色々な病に発展するので注意してください」とあります。鬱状態は2種類あります。一つは一般的に言われている鬱病です。もう一つは更年期障害で鬱状態になるタイプがあります。どちらも次の病に入り込まないように早急に良い治療が必要です。

 

FX200_L-215936-edited.jpg

 

なかなか厄介な病気です。なんとかなるだろう〜と軽く思っていて治るものではありません。実際 周囲で治った人がいますか? 私どもが知っている方々も何年も苦しみ、急速に悪くなっています。みなさん何年も病院に行ってます。鬱は多くが、その内にあれこれ難しい病気を引き起こし、なおさら悪くなります。人によってはこれから先の人生が台無しになります。

 鬱を治すには方法があります。

鬱は情緒・感情から起きる「気の病」です。「悲しい、悔しい、寂しい、苦しい」などの感情から来ます。治すにはクスリが必要ですが、現代医学は解剖医学です。物体の医学ですので「気」の治療項目はありません。鬱が日本で多いのは、気を治せる治療方法がないからです。

中医学漢方で治すには的確な判断ができる医師と治療途中の経過観察が大事です。それによりクスリを徐々に変化させて行きます。

 ここで大事なことは、

ステップを踏みながら薬を変えて行きますので、患者は沈み込んでいる暇はありません。必要なのは患者が積極的になることです。自分から中医師に治療途中の状態を頻繁に連絡とるよう動くことです。それをしないで、じっと連絡を取らないと、微調整ができず脱出できません。

 他の病気と違い

鬱病は患者が元気が出ない、活発になれない病気です。しかしこれではいかに良い薬を使っていても、病から脱出できないと医学書でも書いています。どう気持ちを活発にするか、患者の意志がしっかりする必要があります。「中医学漢方で絶対に治ってみせる」との覚悟が必要です。

火元を消化する。

情緒・感情から来た病気です。病気の元を解消することと、現実は現実として、乗り越える気の持ち方も勉強する必要があります。人生、誰でも荷を背負っているわけですので、同じ問題でもストレスと取るのか、人によっては難局こそ成長のチャンスと考える人もいます。徳川家康がその代表です。つまりどう考えるか?でストレスで体をつぶす人になるか、自分を鍛えるための良い教えと感謝する人になるか、様々です。般若心経で学ぶのも非常に大事です。

fullsizeoutput_223a.jpeg

 体の能力を上げる

普通の人は気のエネルギーの循環が悪い。医学書を見ていますと、鬱病の治療は体の気のエネルギーの循環を良くする体操が必要と書いています。

これに一番適した運動は気功です。気功は本来は医療に使います。実際に気功で気のエネルギーが回りだすと色々な病気が消えます。私は老眼を気功で自分で治しました。ラジオ体操よりも簡単です。誰でも簡単にでき、効果的な方法がありますので、希望者にはこのホームページで教えます。

つまりこの三つをすることで完治したり大幅に良くなります。その三つをする事と医学書にも書いています。そうしかければ永遠に治らないかもしれません。

 ◇百宝元を飲みましょう。

食べ物は特に大事です。人は食べ物、栄養で考えが違って来ます。また体のメンテナンスをしている人は本当に元気です。どんな病でも体内の栄養が破壊したり、栄養を過剰消費します。これでは体は正常に機能しません。◇百宝元のような非常に良質の栄養、しかも今の日本でもない栄養素が豊富に入った◇百宝元は大変大事です。食べ物は体の基礎です。基礎がしっかりしていると体はしっかりします。◇百宝元は自分にとってどうなのか使ってみて良く研究しましょう。必要性がわかる人が得です。

DSC_0441

このような治療薬や医師、そして栄養まで揃っているところは本当に稀です。

関連記事をご覧ください。

鬱病を中医学で根本治療する。原因を治療する事で大幅な改善を目指す。中医学・大病院・名医の処方薬。

https://js-vivid.com/utu-3/

女性に多い鬱病の効果的な治療方法① 中医学漢方の大病院の情報。

https://js-vivid.com/utu-1/

 

-精神病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5