未分類

長年 朝食を食べないと大病になる理由

無料相談はコチラ

朝食を抜く事について中医学の名医はどう考えているのか? 診断を仰ぎました。

何十年も、朝食を食べてない~ケースの診断-----パーキンソン病患者

【上海医師回答】

一日三食が必要

薬も一日3回に分けて飲んでください、

 

============.

【説明】

上海の医師は非常に的確です。普通の医師では治せない病気をどんどん治します。中国医学会のトップランクの名医です。

 

医師から食べ物など、関係する事に非常に詳しく指導が来ます。

 

診断を受けるときに朝食を何十年も食べてないが関係ないのか? 今後の治療に朝食は食べなくて良いのか聞きました。

 

上海、中医学の名医は「1日3食が必要」との判断です。

 

もし影響が何も無い時は、本人の自由にさせてください。~と回答が来ます。

 

医師がきっぱり「一日三食が必要」と言ってきたときは非常に重たい判断です。診断で朝食抜きが関係している~との判断です。

 

患者本人は朝食抜きが当たり前になってますが、朝食抜きは一日中、何十キロ下の荷物を背負っている状態です。これで病気にならない人はほとんどいません。

 

参考ですが

徹夜仕事をしている人の場合は白血病や癌になる人を見受けます。

 

夜更かしが多い人は、メニエールや認知種になる場合が多い。

 

パーキンソン病でよく見かけるのは、タバコ、酒、夜更かし、食事が不安定~など体に悪い生活をしている。

 

朝食抜きは、非常に大きな害を及ぼしています。「3食で一番大事なのは朝食」です。健康には昼や夜よりウエイトが高いです。朝食抜きは、体が壊れます。

 

よく民間療法で朝食抜きを言う人がいますが、短命で終わります。

 

なぜ3食なのか? 6時間毎に食べ物(体を動かす原料)を補給する必要があるからです。無視すれば、体は停止します。

 

正常な体には何が良いか? 中医師はその方面の最も進んだ医学です。

-未分類

© 2021 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5