肝・腎

多発性嚢胞腎 嚢胞肝 悪化、腎不全の危険、体がだるい、根本治療する方法、安全・副作用のない方法。

無料相談はコチラ

 

多発性嚢胞腎の情報ページです。

中医学の大病院・名医は多発性嚢胞腎の状態を緩和し進行を停止する治療をします。

治療には個人差があります。

 

HG098_350A

記事担当の後藤です。

「こんにちは

医学書、上海の先生の診断、 中国有名病院の情報を買いて居ます。」

 

「中国の中医学は多発性嚢胞腎はかなり良い治療をします。

もちろん大病院・名医が治療すればの話です。」

 

「多くの有名医療機関が多発性嚢胞腎の治療を行なって居ます」

下記に説明記事を書きますのでご覧ください。

早くお元気になります事を願っています。」

 

HG094_350A

使用するのは海外のお薬です。

個人輸入代行で手配します。

病院用の薬ですので、必ず大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。

薬の代金は日本相場より安く手配、日本相場の2〜3割位の金額です。

 

情報の大事さ

この病は一般的には非常に難しい病気です。

次第に悪化します。

もし良くなろうと思えば情報と判断力が大事です。

FZ066_L.jpg

多発性嚢胞腎とは何?

1)多発性嚢胞腎は腎に水が溜まった袋が無数にでき、

腎が大くなり、そのため腎が機能低下する病です。

多発性嚢胞肝も同じように肝に水が溜まった袋ができ、肝機能が低下する病です。

 

2)多発性嚢胞腎は遺伝が原因です。

実際には胎児の段階ですでに始まっている可能性が高く、早い場合は3歳児でも発病します。

しかし普通は30〜40才以降に発病します。

腎不全になり多くの方が、60歳までに人工透析になります。

 

3)腎の損傷が激しい。

腎の肥大、腎からの痛み、血尿、高血圧、腎機能不全などが多い。

脳動脈瘤ができる場合もあります。

 

4)両方の腎以外にも障害が広がっています。

3つ以上の箇所を悪化させています。

多くは胆、肝、膵、脾、卵巣に水泡ができます。

つまり多発性嚢胞肝のように水泡が出来ます。

FV073_L-1.jpg

中医学で実際に治療する方法は3種類有ります。

1)多発性嚢胞腎は必ず「腎」を治療します。

腎を補い温める治療をします。

腎の熱を清める治療をします。

腎に影響している湿邪を取る治療をします。

 

2)血の治療をします。

血の熱を清める治療をします。

止血の治療をします。

血の働きを活発にします。

血の固まりやうっ血を溶かす治療をします

 

3)腎以外の臓器を治療します。

嚢胞肝は「腎と血」の治療をします。

肺を治療する時が有ります。

脾を治療する時があります。

その他の臓器も治療する時があります。

多発性嚢胞腎の原因になっているからです。

 

この治療は、副作用がありません。

 

FZ121_L.jpg

中医学、治療時の問題点

多発性嚢胞腎や多発性嚢胞肝の患者を治療するときに一番の問題は、食欲が全くない、あるいは食べ物を吐き出す事もあります。

これは同じように薬を飲めない、薬を吐き出すことが多い。

 

つまり中医学の飲み薬による治療ができない状態です。

上海の病院に来院か入院するなら、中医学の注射や点滴で回復させます。

しかし日本ではそれが出来ないので、一旦、上海の医師にご相談ください。

 

治療の重要ポイント---中医学が良いわけ。

多発性嚢胞腎は腎に水が溜まった袋が無数にできます。

両方の腎以外にも障害が広がっています。

これだけでも大変な病気です。

 

そしてもっと困ったことに3つ以上の箇所を悪化させています。

多くは胆、肝、膵、脾、卵巣に水泡ができます。

つまり嚢胞が出来ています。

 

腎は神秘の臓器です。胆、肝、膵、脾、卵巣も同様です。

非常に難しい治療です。

しかし、この分析は中医学は解明済みです。

適切な治療法が2000年前からあり、治療薬が多種あります。

HG025_350A

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

多発性嚢胞腎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。

この医学者では、それよりもずっと前から多発性嚢胞腎が治療されて来た。

そして多発性嚢胞腎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。

 

(内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。)

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915

 

現在、多発性嚢胞腎を根本治療しているのは中国の中医学だけです。

中国の優秀な大病院や名医なら正確な診断・治療が可能です。

 

医師と薬が一番大事な理由

中医学はどんなに良い治療方法であり、

どんなに良い薬がたくさん有っても、それを使いこなせる医師は居そうで居ません。

もともと中国の大学では中医師の免許は非常に厳しい試験で、大変優秀な人しか免許は与えてくれません。

それほど優秀な医師でも実際の治療となると、さらに高度な知識、経験、実力が必要となります。

 

世界でもっとも高度な知識が必要で、極端に言えば天賦の才能さえ要求されます。

多発性嚢胞腎は腎だけでなく胆、肝、膵、脾、卵巣のどれかに嚢胞ができています。

しかも3箇所以上に。

 

これは実際の医療を知れば知るほと難しい治療です。

これを根底から改善できる医師はそう容易くいません。

ビビッド・ライフは上海の大病院・医師と長いお付き合いをしているのはその為です。

 

HG198_350A

多発性嚢胞腎の総合ページはこちらから

 

下記に多発性嚢胞腎の記事があります。ご覧ください。

多発性嚢胞腎の治療、高度な漢方で治療可能。ビビッド・ライフ。

多発性嚢胞腎を漢方で治療する重要な秘訣とは

 

多発性嚢胞腎と嚢胞肝で、どう判断して良いか分からない事。

腎不全と人工透析、腎の良い治療方法、高度な漢方。

多発性嚢胞腎は非常に危険な病気、費用を掛けてでも十分な治療が大事。

 

多発性嚢胞腎は名医なら良い治療が出来ます。

今すぐ多発性嚢胞腎を詳しく知りたい方に多発性嚢胞腎のより詳しい無料の資料を差し上げます。ご覧ください。

下記よりダウンロードしてください。

 

HG102_350A

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「多発性嚢胞腎」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

 https://baike.baidu.com/item/多发性肾囊肿

他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

上海中医薬大学

Wikipediaの日本語説明はこちらです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学

 

上海中医薬大学

中国・上海の本校のホームページです。

http://www.shutcm.edu.cn/main.htm

中国を代表する世界トップの中医学の大学です。

 

上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。

ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。

この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

関連の記事をご覧ください。

多発性嚢胞腎 嚢胞肝 根本治療薬 総合情報。

https://js-vivid.com/noho-15-1/

 

ロゴ

 

-肝・腎

© 2020 Powered by AFFINGER5