生理・月経病

月経疹の原因が分かる唯一の方法、根本より治療し完全に良くする治療

無料相談はコチラ

 

<月経疹>

 

生理が始まる直前や生理期が始まるたびに、全身の皮膚が赤い発疹が出て、蕁麻疹が出て異常な痒さが出ます。

 

生理が終わると、その症状は消えます。

 

これは中医・大病院・名医で根本治療すればほとんどの場合、良くなります。

 

 

月経疹を治す名医がいます。

 

月経疹は日本では治す方法は無いと言います。その理由は原因を医学的に解明する方法が無いからです。

 

しかし世界には非常に優れた医学が有ります。ビビッド・ライフが相談する上海の名医は診断ではっきり原因を突き止める事が出来ます。

 

メカニズムもはっきり掴めます。その上で医師は根本治療をします。

 

大概の人は良くなると思います。しかし医療は治ると確約してはならないので、ご了承ください。

 

他に特別な病気を抱えている場合は一緒に治療します。人により違いが出ますが、大概の人は良い結果に向かうと思います。

 

なぜなら類似の病気は日常茶飯事、治療しているからです。

 

 

 

月経疹とは月経の時期にできる蕁麻疹です。< 中医婦科学>

 

月経疹は普通、月経の前や月経の最中に発生し、月経が終了すると同時に消えます。

 

蕁麻疹は全身に出て赤い発疹です。

 

月経疹の原因は日本では全く分かっていません。しかし中医の婦人科は4000年の歴史があり、細かな原因、治療方法が確立しています。

 

月経疹は「風邪」が原因の病です。中医学では「かぜ」では無く「ふうじゃ」が正しい呼びかたです。

 

ポイント

月経疹は生理の時にできる蕁麻疹ですが、もともと一般的な蕁麻疹は日本では根本的に治療する方法は有りません。

医学構造的に原因が分からないから、対処療法では治せないからです。

しかし中医学でも名医クラスになると、原因やメカニズムがはっきり分かり、月経疹の治療は非常に上手です。

 

月経疹が日本で治らない理由は皮膚病と思っているからです

 

通常の蕁麻疹でも月経疹でも、原因は皮膚では有りません。体内の全く別の原因が多種、絡んでいます。

 

大抵は五臓が悪くなっています。 五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。

 

中医学の臓器と西洋医学の臓器は違います。肝臓と「肝」は違います。腎臓と「腎」は違います。

 

ですから西洋医学の病院で検査を受けて正常であっても、中医学では悪い場合が非常に多いのです。

 

子宮の機能が正常では無い場合が多い

 

子宮が単独で悪い場合もありますが、肝・腎・肺など五臓と子宮が繋がってますから、そことの関係が悪い場合も多い。

 

体内に毒が溜まって蕁麻疹を引き起こしている場合もあります。

 

月経疹は子宮の関係ですから「血」の状態が良く無い場合も非常に多く有ります。

 

また何らかの持病を持っている人が多く、それと子宮の関係で月経疹になっている場合が多い。

 

持病については一緒に治療し治します

日本では本当に治せる病気は全体の20%ほどです。そのため治らずそのままになっているケースが多く、それが持病です。

 

この持病を良くすると月経疹も治る事が多いので、持病を治す治療をします。

 

このような治療で持病が良くなるケースが非常に多く有ります。

 

 

【中医】月経疹の原因

 

原因1)「血虚」状態が原因で月経期に蕁麻疹が出ます。

 

【症状】

頻繁に月経疹が発生し、耐え難い痒さが有ります。特に夜になると悪化し、皮膚は乾燥状態になり、顔のツヤも消えます。

 

血が虚弱の状態です。

 

皮膚は人体最大の臓器です。肝・腎・心など臓器から血が回ってくる事で皮膚は働いていますが、

 

「血が虚弱」な為に、皮膚を正常動作させる事ができない為、皮膚が誤動作を起こして蕁麻疹が出ています。

 

<メカニズムは>

 

A)体が血虚体質の状態で、多産や慢性疾患などで栄養を失うと、営陰が損傷します。

 

B)月経時期は陰血が不足しますので、血虚から風が発生し、風が活発になると蕁麻疹が出る。

 

 

原因2)「風熱」が原因で月経期に蕁麻疹が出ます。

 

「陽」が盛んな体質の人や、「辛い」食品を食べ過ぎている人は血が熱で蒸されやすい。

 

つまり血の状態が良くない。

 

月経時は「気・血」の両方が虚弱になっている為に

 

風の邪が侵入しやすく、熱と合体して蕁麻疹が出ます。

 

医学書では上記の2つの原因とも「風」が原因としている。

・陰虚生風と、

・月経の虚に便乗して風の邪が侵入した物

とに分けています。

 

さらに上記の原因説明をよく見ると、どれも「血」が関係している事が分かります。

 

 

原因の補足説明と治療

 

1)月経疹は月経と関係して症状が出る蕁麻疹ですが、一般の蕁麻疹と全く違う点が有ります。

 

一般的な蕁麻疹はアレルゲンが関係してますが、月経疹はそれらとは全く関係が有りません。

 

2)新しい血を作る治療をすることが有ります。血が汚れたり正常で無い場合があり、それが月経疹の原因になっている場合があります。

 

新しい血を作り、古い血は尿から捨てます。

 

3)五臓が弱いために免疫が上がらず、月経疹を起こす原因になっている場合が多い。

 

この為、五臓の治療を行います。次第に免疫が上がってきて生理期に蕁麻疹が出ないように皮膚をコントロールできるようになります。

 

 

 

【中医】月経疹の治療方法

 

1)血虚タイプの治療

 

血を養う治療をします。

 

体から「風」を取り払う治療をします。

 

 

2)風熱タイプの治療

風熱タイプの特徴は月経中にひどい痒みが出ますが、風熱を受けるとさらに痒みが増す。

 

この治療は

 

風を取り去る治療をします。

 

熱を清める治療をします。

 

 

中医・大病院・名医であれば、ほとんどの場合、正常な体に戻し、月経疹は消えます。

 

余程の事情以外はどなたも正常になります。

 

この治療方法は日本にない為、

 

ビビッド・ライフは上海の中医・大病院の名医に治療依頼者の資料を送り必要な治療薬を医師から聞きます。

 

治療の依頼者は自宅にいるまま、医師へ相談、治療が出来ます。

 

相談開始から、治療完了までの煩雑な作業はすべてビビッド・ライフがします。

 

 

世界最先端の治療---中西医結合医学

 

中国の月経疹の治療は世界でも最先端を行っています。しかも治療結果は世界でも群を抜いています。

 

月経疹を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。ですから治療方法もそれに合わせて違います。

 

特に優れている方法は

1)「中医」だけで治療する方法と

2)「中西医結合医学」の二つ有ります。

 

診断して見ると中医だけで治療した方が良いケースも有ります。この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。

 

ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。

 

「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。

 

中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。

 

FV134_L-1

 

 西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」

 

中医の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。医師によっては中医の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合が多い。

 

中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。

 

西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。その研究の成果が月経疹の治療でも出ています。

 

月経疹の治療---実例---「中西医結合医学」

1)月経疹の実際に原因の種類が多い。

 

このページの最初の方で原因や状態を説明しています。これに対する治療をします。

 

治療は2種類有ります。

 

①中医の薬-----以前は中医の薬だけで治療していました。

②中西医結合医学-----現在は中医の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。

 

 

2)薬は分担した役目が有ります。

 

西洋薬は対処療法に能力が有ります。中薬は根本治療に能力が有ります。

 

つまりこの特徴を生かす治療の方法です。根本治療は時間が掛かります。その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。

 

その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。

 

 

「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。

 

中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。

 

ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。

 

また西洋薬を使うタイミングが違います。飲む量も違います。

 

ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。

 

3)月経疹とは別の病気を持っている人。

①別の病気が月経疹の原因になっている人が多い。

②月経疹から別の病気に発展している人もいます。

かなりの人がこの状態です。

 

中医・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。

 

この場合、卵巣膿腫だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。

 

長年の不調から脱出する大きなチャンスです。

 

1_09_13c

月経疹の治療は専門的な知識と安全な薬の手配が必要

 

どうすれば良い治療が受けられるか? 個人で探しても実際は無理です。やはり資格を持つ医師に相談し、処方していただくことが第一です。

 

 

上記の説明を見て、少しくらい分かりましたか?

 

大概の人は「中医」の理論をほとんど理解できないと思いますが、この様な解釈をする事により、月経疹を正確に分析する事が出来ます。

 

実際に治療を始めると具体的に分かってくると思います。

 

中医は非常に難しい為、日本ではほとんど発達していません。従って月経疹を治せる病院・医師は上海など、中国の一部の大病院・名医だけが治せます。

 

弊社ビビッド・ライフで手配してますので、詳しくは弊社にご連絡ください。

 

中医をご存知でしたか?

中学とは漢方の元祖です。

中医学---中国---元祖 4000年の歴史

漢方------日本 1400年前より少しずつ入って来た。

韓医学---韓国

 

日本に入ったのは遣隋使・遣唐使の時代です。

それぞれ違いがあります。

中医学は実質4000年の蓄積が有り、

難しい病気に優れた能力を持っています。

 

DSC_0102

 

どれくらい飲み続ければ良いですか?

 

月経疹の治療の最低単位は一般的に半年〜1年です。

 

薬が効き、体が改善するには4ヶ月は掛かります。

 

しかし実際に上海の医師に診断を依頼してみると、体内で予想以上に病気を持っている場合が有ります。

 

これが月経疹の治療に影響する場合がありますので、医師の指導に沿って治療する事が大切です。

 

体質を根本から変えます。実際に治療を始めると、体のどこが悪くなっているか詳しく分かります。

 

 

毎月の費用は幾らくらいでしょうか?

ご自分の可能なご予算で治療すれば良いと思います。無理なく本格的な治療をすることが大切です。

 

単に薬を手に入れるだけで無く、医師に何度も相談できますのでご安心ください。

 

細かなフォローが全部ついていますので、何も心配は必要ありません。

 

 

下記のフォームよりなんでもご相談して下さい。

 

無料相談はコチラ

 

 

もっと情報が欲しい方に!

詳しい資料をお見せします。

無料資料です、下記のボタンを押して下さい。

 

月経病を総合説明 中医学 根本治療薬 総合情報

https://js-vivid.com/gekei-15/

 

 

過少月経 個人輸入 中医学 根本治療薬

https://js-vivid.com/seiri-kasho-1/

 

生理吐血・鼻血 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/seiri-toketu-1/

生理になる度に顔・手・足が浮腫む。副作用の無い、根本から治す方法。安全な治療方法。だるい。悪化

https://js-vivid.com/seiri-mukumi-1/

生理過多、生理の量が大変多い、なかなか止まらない、根本的に治したい。副作用が無い、安全な治療。

https://js-vivid.com/seiri-kata-1/

 

 

月経病の総合ページはこちら 

個人輸入代行の総合ページはこちら

fullsizeoutput_1df1

-生理・月経病

© 2021 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5