呼吸器系

武○肺炎(新型コロナ)マスクは必要、ウイルスの濃度の違い、中薬が良い。

無料相談はコチラ

 

外出する時はマスクは絶対に必要な理由が有ります。

日本では時々、医師や感染している人以外、マスクは不要と言っているバカな医療関係者がいます。

はっきり断言しますが、それは間違いです。

この時期はマスクは多目的に特に大事です。

それを説明します。

 

武漢肺炎(新型コロナ)は濃度が関係します。

街を歩いている時、食品を買うときにどうしても空気中に新型コロナウイルスが滞留しています。

今回のコロナウイルスは人工的に作られた物ですので非常に特殊で

粒子が非常に小さく、マスクの線維の間を通過すると言われてます。

しかしそれでも良いのです。

なぜなら、マスクがかなり防御しますので、一部がマスクを通過する事も有るかも知れませんが

マスクがその他を可能な限り防ぎます。

これにより最悪でも濃度の低い量を吸うだけで済みます。

マスクなしだと鼻が掃除機のようにまともに吸い込んでしまいます。

 

発病した場合、濃度の濃いものを吸っている方が重症化しやすい。

濃度が薄い場合の方が圧倒的に有利です。

だからマスクは必ずして下さい。

マスクをして居れば、濃いまま吸引する事は少なくなります。

 

この時期、感冒・インフルエンザとダブらない為です。

感冒・インフルエンザともひどい病気です。

これと武漢肺炎(新型コロナ)がダブルと極めて重篤化します。

前々からの話ですが

感冒・インフルエンザはマスクで大幅に防げます。

 

私に良い体験があります。

私がいつも感冒やインフルエンザに感染するのは、

1)出張の時に新幹線や飛行機に乗った時です。

この時に他の乗客がひどい咳やクシャミをしています。

こんな人に限ってマスクをしてないのです。

横の席の人、前後の席の人〜が咳をすると感染します。

私はその日の内に熱が出ます。

 

ところが、次回より必ずバッグの中にマスクを持って乗るようにしました。

咳をする人がいたらすぐにマスクをします。

そうすると発病する事は一度もありません。

やはりマスクの力は大きいです。

 

2)会合、勉強会で感冒、インフルエンザらしき人がいます。

前々からの話です。

話をするのにマスクしてない人が居ます。

2.5m離れた席から話をしますが、1時間ほどの間にやはり感染しています。

その日の夕方には熱が出ます。

夜には完全に発病しています。

 

私は中薬を持ってますから、急遽飲み、次の日で治りますが

薬代金は自己負担ですから、本当に迷惑な話です。

ですから、会合・勉強会の時はマスク持参です。

 

感冒で咳している人がいる時はすぐにマスクします。

そうすると感染しません。

大成功です。

 

もし感冒・インフルエンザになっていると

免疫が非常に下がりますから、

薄く新型コロナが体内に入っても、免疫のよる防護が効きませんから

新型コロナが発症しやすくなり、重症化しやすくなります。

ですから、この危ない時期だからこを、感冒やインフルエンザは発症しない事です。

 

中医学の薬を準備していると治りやすい

中医学は元々、ウイルスの治療は世界トップです。

ウイルスを殺す薬は元々多種有ります。

今回の新型コロナの治療でもその事が中国の国家医療部門より発表されています。

ネットでも記事が出ていますのでご覧ください。

それによりますと、新型コロナの治療は西洋薬で効かない場合、中医学で治療すると治る、退院する人が多い〜と書いています。

 

今、中国のどの地域で中医学がどのように治療に使われているのか

まだ情報が入って来ていません。

SARSも中国で発生し、これも人工的なウイルスと言われてますが、

中国全土で一番治りが良かったのは四川省でした。

四川省はこの時、中医学を徹底的に使ったそうです。

死亡者が一人も居なかった〜と聞いてます。

 

今回、四川省がどのように中医学を役立てているのか分かりません、

中国は秘密主義ですから、まだ情報が伝わって来ていません。

本当はこんな時期ですから、もっと多量の治療情報が流れて来て欲しいのですが。

 

私ども上海の先生方は新型コロナの患者も治療していると思います。

今回の新型コロナの治療に対してどのような薬を使ったら良いのかすでに聞いています。

何種類か有ります。

現在、その関係の薬は品薄で非常に手に入れにくくなっているとの情報ですが

それでもほとんどの薬は平常通り手に入ってます。

 

中薬はいつ使ったら良いのか?

そもそも、一般の肺炎でも死亡率は高いのです。

ですから日頃から肺炎の治療用に中薬を持っている方が良いのです。

肺炎にしても、今回の新型コロナにしても最初はまだ軽いのこの時が一番効果が大きい。

感冒かな〜と思ったら指定の中薬を飲みます。

その段階で大幅にウイルスを殺せます。

入院しなくても自宅で相当はウイルスを殺せます。

 

日本の病院ではAVIGANを使っています。

その他、喘息に使う霧状に喉に吹き出す薬、

エイズ薬も使い場合もあるかと思います。

しかしそれらの薬を使っても死亡者が多くいます。

日本では特にご高齢者が死亡する場合が多い。

もし中薬を用意していて、初期段階で飲んでいたら、助かった可能性が多い。

 

中国の中医学病院は入院中の重症患者に中薬を飲ませ、助かる人が多い。

日本では自宅治療の段階で飲まないと

入院すれば、手持ちの薬は全部、取り上げられます。

中薬の効力は日本の医師は知らないですから

また隔離している部屋にご家族が入れないですから、

中薬は自宅で飲み、出来るだけ、自宅で治せるように考えた方が良いと思います。

もし入院しても治りが大変良いはずですし

できれば入院時に中薬を持参し、病室で飲んで良いか医師と相談するのが良いと思います。

 

-呼吸器系

© 2020 Powered by AFFINGER5