婦人病

「陰部の痒み、膣の痒み、膣炎」は根本治療が必要。陰部と肝・腎の治療が必要。油断できない病気。

無料相談はコチラ

 

記事作成:担当の後藤です。

「非常な痒み・痛みに悩まされて来たと思います。

この病気は他の病気に発展している人が多い病気です。

特に内臓の病気が広がりますので要注意です。」

 

「中医学・大病院・名医は根本治療をしています。

詳しい医学的な説明をしますので、ご覧ください。」

 

FZ084_L

中国の中医学の大病院を調べますと

婦人科の治療は体にやさしく、根本治療をして

体を本来の状態に戻す〜治療をしますので、

大変良い成果を出しています。

 

陰部の痒み、膣の痒み、腟炎とは 参考:中医婦人科学

① 女性の外陰部あるいは膣に痒み、耐え難い痒みと痛みを伴う。

②オリモノの量が大変多い。

2_15_05c

陰部・膣の痒みメカニズム 参考:中医婦人科学

原因1)肝経湿熱(肝鬱脾虚)

肝气郁结,感情が肝を損傷した。

そして肝の気が鬱結した。

肝鬱が脾の働きを止めた。

湿熱が下焦に流れ込んだ。

日が経つと虫が発生した。

虫毒が外陰部を侵食した。

このようなステップを踏んで痛み・痒みを発病した。

 

原因2)肝腎陰虚

体が普段から肝・腎の力が弱い。
あるいは出産の頻度が多い。
または性交渉が過剰。
 これにより腎気が次第に欠乏し、
肝・腎の陰血が損傷された。
 そして隠部の皮膚が栄養を失い、痒みを生んだ。
 FZ001_L

陰部・膣の痒みの問題点

あなたは今、陰部の痒み痒み以外に何か悪いところは有りませんか?

何か難しい病気になっていませんか?

上海に先生に相談を希望する人で、何か別のところが悪くなっている場合が多いのです。

 

その現象の一つが「オリモノ」です。

オリモノが出るのは、生理の機能が悪くなっていますので、婦人科の何かの病気を形成する可能性が有ります。

 

陰部・膣の痒みは「肝・腎・脾」を損傷している病気です。

この肝・腎・脾で直接に重大な病気を作っているケースが有ります。

油断できないのは、それが命に関わる病気になっているケースも有ります。

 

治す方法が見つからず困っている人も多い。

どの場合も中国・中医学・大病院では根本治療が出来ます。

kvvvVfOmSPewboIhTnv89w_thumb_85fa

医薬品が大事です。

中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

 

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

FZ077_L

中医学に驚きの連続

上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。

中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。

 

陰部・膣の痒み

この治療は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。

中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。

依頼する全部の人に役立っていただきたいと思うのですが、現在まで皆様が喜んでいます。

中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。

bL9PtEJVRA+KBol9z2nhRA_thumb_861d

費用と効果を考える

よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。

費用と効果を考える。

実際に使うお金を比較してみる。

結局、一番割安です。

 

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

歴史沿革
1)陰部の痒み(陰痒)は婦人科においては常に見られる病です。
《肘后备急方》は西暦300年代の医学書ですが、隠部の痒みの治療薬に付いて書かれています。
2)隋代の医師「巢元方」は陰部の痒み(陰痒)の原因・メカニズムに付いて詳しく論述しています。
師が書いた医学書《諸病源候論·婦人雑病諸候》で書いていることは
①「婦人陰部の痒みは虫が侵食した為で有る。
たくさんの虫が腸と胃の間に居る。
②「腎は生殖器を栄養している。
腎気が虚弱になると邪正とも固まり,皮膚に痒みがでる。
3)西暦1500年頃の医師「薛己」は総結した。
婦人の陰部の痒みは「肝の経絡の問題で有る。
そして湿热が降りて来たために発生した病で有る。」
4)明代の医師「张三锡」は医学書《医学准绳六要·治法汇》の中で
「韻部の中の痒みは,肝が湿热を帯びたため」と説明している。

 

 

1_19_06c

 根本治療が大事です。

あなたはいつからですか。

ますます悪化していませんか。

このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。

ご覧ください。

 

HG102_350A

 

関連記事が有ります、ご覧ください。

月経病を総合説明 中医学 根本治療薬 総合情報

https://js-vivid.com/gekei-15/

 

 

過少月経 個人輸入 中医学 根本治療薬

https://js-vivid.com/seiri-kasho-1/

月経疹 中医学 根本治療

https://js-vivid.com/seiri-jinmasin-1/

生理吐血・鼻血 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

https://js-vivid.com/seiri-toketu-1/

生理になる度に顔・手・足が浮腫む。副作用の無い、根本から治す方法。安全な治療方法。だるい。悪化

https://js-vivid.com/seiri-mukumi-1/

 

 

 

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International  is here.  

 

fullsizeoutput_1df1

-婦人病

© 2020 Powered by AFFINGER5