肝・腎

「IgA腎病」の根底治療。世界で最も歴史の有る治療方法。中医学・大病院・名医の治療。

無料相談はコチラ

IgA腎病の情報ページです。

「IgA腎病」は根底治療できます。

中医学・大病院・名医は根底治療をしています。」

 

「IgA腎病に限らず腎の難しい病気は色々有ります。

腎病の治療は2000年に渡り習熟を積んでいます。

情報を集めますとよほどの例外は別ですが、

大部分の人は大変良い結果になっています。」

2_15_07c

記事作成:担当の後藤です。

IgA腎病になり大変お困りと存じます。

腎の治療方法については中医学は世界で最も長い歴史が有ります。

中医学は根本治療します。」

 

「医学書や大病院の情報がたくさんあります。

詳しい情報を書きますのでご覧ください。

正常になります事を切に願っています。」

 

2_13_02c

中国の中医学の大病院では

腎の治療は体にやさしく、体を本来の状態に戻す〜治療をします。

 

IgA腎病とは

1)発作性肉眼血尿

子供に多い。

血尿が扁桃腺炎など呼吸道に感染した後に起きる。

また尿路に感染、あるいは急性胃腸炎になった後に発生する。

大人は血尿が消えている場合も有る。

 

全身に感じる軽い症状

筋肉がだるい痛みがある。

腰が痛い。

尿をする時に痛い。

血圧や尿素の数値が一時的に上がる場合がある。

 

2)顕微鏡で見つかる血尿、無症状性蛋白尿

これは児童や青少年のIgA腎病に多い症状です。

 

3)タンパク尿

軽度のタンパク量です。

 

4)腎総合症など

人によっては

「IgA腎病」から腎総合症、急性腎炎総合症、腎機能の極度の衰弱、

に進む場合も有ります。

 

HG058_350A

IgA腎病、発病のメカニズム

特徴

IgA腎病は陰虚か気虚が基本である。

風ジャ・瘀血・湿熱が特徴。

気虚は瘀血がある。

陰虚は常に湿熱。

 

1)风邪外袭

熱邪が風に乗って体を襲った。

熱邪が体に入り肺に達した。

さらに熱邪が体の下に降り膀胱に達した。

体内の水の運行が悪くなった。

 

熱が下腹部に結するようになった。

これで体が水膨れしたり血尿が出てきた。

IgA腎病を発病した。

 

2)肝腎陰虚

①元々の体が陰が虚弱。

②あるいは面倒な仕事をし過ぎた。

それで肝腎が陰虚になった。

 

陰虚は直ちに体内で熱を生む。

そして腎につながる経絡(血の通り道)を損傷する。

そして血尿が出て来た。

「IgA腎病」を発病した。

 

3)脾腎気虚

元々の体が気が虚弱。

あるいは労働をし過ぎた。

 

この為、腎・脾を損傷した。

これで腎・脾が気虚になった。

 

これが原因でタンパク尿がでて来た。

気が血をコントロールできないので血尿が出た。

 

HG025_350A

IgA腎病の状態 中医学診断 

1)陰虚内熱の状態

陰が虚弱で体内に熱が出るタイプ。

鮮血の尿が出る、

あるいは顕微鏡で血尿が確認できる。

 

口が渇き喉が乾燥する。

手足など五心に熱が有る。

腰がだるく痛い。

 

2)気陰両虚の状態

気・陰の両方が虚弱の状態。

血尿が軽かったり重かったりする。

普通の血尿は顕微鏡で見れる程度がのケースが多い。

過労が積み重なると肉眼で見える血尿になる。

 

手足に心熱がある。

息使いが短く力が無い。

食欲が無く食べない。

口が渇き喉が乾燥する。

 

3)脾腎気虚の状態

脾・腎の気が虚弱。

血尿の人はほんのり赤い顔をしている。

血尿は必ず顕微鏡で見える程度。

 

手足が疲れて力が入らない。

膝・腰がだるくしっかりしない。

元気が無く物も言えないほど怠い。

味が分からない、食が細い。

 

FZ081_L

 

IgA腎病治療

1)陰虚内熱の治療

①陰を滋養する治療をします。治宜滋阴清热,凉血止血。

②熱を清める治療をします。

③血の熱を落ちつかせる治療をします。

④止血する治療をします。虚

 

この陰虚内熱型は治療が4つに別れます。

a)風熱がある場合の治療

b)湿熱がある場合の治療

c)風が腎の経絡(血の通り道)に入った場合の治療。

d)陰虚と瘀血の場合の治療。

 

 

2)気陰両虚の治療

①気を益す治療をします。

②陰を養う治療をします。

③止血の治療をします。

④気虚が主体の時と陰虚が主体の時の治療は異なります。

 

 

3)脾腎気虚の治療

①脾を健康にする治療をします。

②腎の働きを補う治療をします。

③気を益す治療をします。

④血液の生理機能を増加させる治療をします。

⑤免疫を上げる治療をします。

 

4)共通する治療。

IgA腎病は止血の治療が優先されます。

血尿が多い場合、血が瘀血になっている場合が多い。

従って治療は血の働きを活発にし、瘀血を溶かす治療が大事です。

あるいは瘀血を溶かし経絡の通りをよくする治療をします。

 

2_03_03c

 医薬品が大事です。

中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。

それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。

 

大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。

薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。

 

DSC_0112

 

それ以外にも薬局用も多種あります。

これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。

五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。

中国でしか手に入らない物です。

 

HG053_350A

 

IgA腎病

は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。

中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。

治療ですから全部が全部、良くなるとは限りません。

 

依頼する全部の人に役立っていただきたいと思うのですが、いまの所、皆様が喜んでいます。

中国の中医学の病院の情報を集めますと、よほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。

1_16_02c

中医学(中国)は世界で最も歴史があります。

紀元前200年の医学書「内経」は

非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経

中国の医学書では黄帝内経(こうてい だいけい)と呼ばず、短く[内経]と呼ぶ場合が多い。

 

[内径]ではすでにこの時、多くの腎病を説明しています。

現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。

すでにこの中で腎病に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。

 

1_19_06c

IgA腎病、多くの中国・中医学・医療機関の情報

誰にとっても一番関心があるのは、自分の病気がどの程度、治るのか?という事です。

 

中国の多くの中医学・医療機関の情報を集めますと、

「腎病には主には糸球体腎炎、腎不全、腎総合症、IgA腎病など有りますが、その症状は浮腫み、尿蛋白、血尿など腎機能が損害を受けた病気があります。

中医学は弁証論治で診断・治療方針をくだし、腎の病は多くの場合、大変良い治療結果を出している。」と結論ずけています。

 

FZ071_L

 

中国医療機関のネットの参考情報

中国の病院が「IgA腎病をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。

https://baike.baidu.com/item/IgA肾炎

色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。

 

上海中医薬大学

Wikipediaの日本語説明はこちらです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学

 

上海中医薬大学

中国・上海の本校のホームページです。

http://www.shutcm.edu.cn/main.htm

中国を代表する世界トップの中医学の大学です。

上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。

ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。

 

費用と効果を考える

よく計算してみると、この治療方法は非常に安価です。

費用と効果を考える。

実際に使うお金を比較してみる。

結局、一番割安です。

 

関連記事が有ります。

 「IgA腎病」の総合ページはこちらです。

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

General page of International  is here.  

 

fullsizeoutput_1df1

 

-肝・腎

© 2020 Powered by AFFINGER5