肝・腎

非代償期肝硬変は危険な状態。中医学・大病院の最先端の情報。

非代償期肝硬変をご存知ですか?

肝硬変が進み、正常な肝細胞が少なくなっている。肝の働きが余裕がなくなり限界に達している段階です。残りの正常な幹細胞で、やっと肝が機能しています。治療方法は非常に難しい状況です。

肝臓・肝硬変には最先端の漢方はどのような治療するのかご紹介します。

 

fullsizeoutput_2252.jpeg

このような段階で気づくことがあります。

まず腹水が溜まり出します。

しかも急速に増えます。1週間もしたら、大きな腹になります。

肝臓が元々悪い人、肝硬変の人、C型肝炎の人は日頃、治療を受けていると思います。ですから、腹水は経験したこともあるかもしれません。

もしお腹が大きくなり出したら、腹水を疑ってください。即、医師に相談してください。

 

もう一つ肝臓の悪い人は観察する所があります。それは顔です。

いつも顔を観察することが大事です。黄色っぽい顔色になり出したら黄疸です。

顔がやけに黒くなって来たなら〜と思った時は、肝臓は相当に悪くなっています。 数ヶ月前はきれいな顔をしていたのに、すごく黒くなって来る時があります。それは肝臓を疑った方が良い。

実際、非代償期肝硬変になった場合、顔は相当に黒くなっています。

 

体が非常にきつくなります。

お友達と遊びに出られたのに、体がやけに重たい、息が上がる、だるいなど〜異変を感じます。

いきなり非代償期肝硬変になるのでなく、それまでに、肝硬変を経験してますから、おかしいな〜と気づくはずです。その時は直ちに漢方の医師の相談しましょう。

この非代償期肝硬変になると命の危険がかなり高くなります。ご高齢者の場合、体力が元々弱っているので、特に影響は大きいと思います。

おかしいと感じたら直ちに漢方の医師に相談し、治療をする必要があります。

 

fullsizeoutput_22c4.jpeg

◇百宝元 ロゴ.jpg

非代償期肝硬変の治療

ビビッド・ライフの場合、肝硬変になり、漢方で治療したら、その後は少量でも予防薬を飲むのように勧めています。健康維持も大事ですので、◇百宝元を飲む人も多い。

しかし、予防体制が弱かったり、体を無理したり、加齢による体力が落ちると、非代償性肝硬変に進む危険が出てきます。

例えば真夏は体力を消耗しますので、肝臓・腎臓に負担を掛けます。再発しやすい時期です。

肝硬変の危険な状態から脱出は非常に難しい。悪くなっている箇所が漢方しか治療できないところが多い。最先端の漢方を活用して、安定した健康状態にする方法を研究されてください。

高齢者になりますと、誰でも同じですが、人の命は永遠ではありません。年齢が行くと体の弱いところが前面に出てきます。肝硬変を以前した人なら、そこが人生最後の命に関わる問題に浮き出て来ます。それが非代償期肝硬変です。

 

最先端の漢方薬は病院用だけでも9000種類あります。

ビビッド・ライフの扱う高度な漢方薬は、病院用だけでも9000種類あります。これらは高度な漢方が扱える医師免許が必要です。日本にはその制度がありません。

ビビッド・ライフは最先端の漢方を扱う名医に、皆様を取り次ぐことができます。色々な相談ができます。

漢方医は非代償期肝硬変の治療をする薬を選考してくれます。

治療薬は基本的には三方面方面の薬が主になります。

1.肝の薬

2.腎の薬

3.水を抜く薬

の3つです。最先端の漢方は軽症用、中度用、重度用がありますが、非代償性肝硬変は重症用です。病状として非常に危険な段階ですので、躊躇せずに漢方の実力のある医師にご相談するのが賢明です。特に時間との勝負になりますので、別の治療してみて悪かったらビビッド・ライフの相談しよう〜と言う余地が残されているか?手遅れになってから治療は難しいです。

 

3番目の水を抜く薬ですが、最も力の強い薬を使います。

水を抜かなけばならない病気は他にもあります。例えば多発性嚢胞腎や嚢胞肝です。腹水が相当溜まる病気です。腎不全で人工透析している場合もあります。

多発性嚢胞腎や嚢胞肝の場合、最先端の漢方は、かなり効果的な薬を使います。

しかし、火同じ水出しの治療ですが、嚢胞肝と非代償性肝硬変は同じ肝を治療しますが、病気のタイプは全く違いますので、使用する薬は違います。

 

個々人の中医学の薬が違って来ます。

基本方向は3種の薬を組むと思いますが、その他に体がどうなっているか?などが全ての人で違いますので、漢方薬は全面的に個々人によって違うとお考えください。

しかし、医師のすごい能力が要求されます。

ビビッド・ライフは世界の漢方を指導する立場の先生方が多く関係しています。最も高度な漢方の知識を持っている先生方です。お困りにことはご相談ください。

関連の記事があります。ご覧下さい。

非代償期肝硬変で漢方しか治せない所とは?

非代償期肝硬変は最先端の漢方で安全度を高めた治療ができる。

肝硬変、C型肝炎、非代償期肝硬変の間違った治療してませんか?

名医が治療する非結核性抗酸菌症の実際とは

非代償期肝硬変はどのような所が原因でしょうか? 肝硬変の中で最も悪化したステップです。漢方しか治療できないポイントは何なのか? 早急に知っている方が良いと思います。下記のボタンを押してご覧ください。無料。何度もご覧頂けます。

 

 

個人輸入代行の総合ページはこちら

 

-肝・腎

© 2020 Powered by AFFINGER5