総合ページ

発達障害、良くなるケースも有る。中医学・大病院・名医の方法。総合情報

子供の発達障害の総合情報ページです。

「こんにちは 記事担当の後藤です。

お子様が発達障害になって大変と存じます。」

 

 

「お子様の病の場合、特に多いのが発達障害です。

どのように中医学は治療するのか、情報を常に集めています。

下記の記事をお役立て下さい」

 

中医学・名医の情報

 

中医学の名医は子供の治療はどのようにするのでしょうか?

①子供の病は、極力、薬を使わない治療をします。

②トレーニングを重視します。

③食材を使った治療をします。

④医薬品を使うのはごく稀です。

2_16_08c

 

なぜ子供に薬を使わないのか

大部分の医師は子供に極力、薬を使いません。

中医学の担当に聞きましたら「子供を大事にする」からだそうです。

子供を非常に大事にしていますので、西洋薬を含め、あらゆる薬を親が飲ませません。

この為、医師は食材、食べ物で治療します。

2_25_09c

「おねしょ」の治療

寝ている間に「おねしょ」をする場合と、昼間もお漏らしする子もいます。

①夜間は「おねしょ」が長引く子が多いのですが、

時期が来たら自然と治るのですが、

 

大事な事は、親が夜中に一度、必ずトイレに起こす事です。

子供が悪いのでなく、親がサボっているのです。

いつまでもオネショをすると子供は自信を失います。

 

叱るのでなく、親が夜間にトイレに連れていく習慣をつけてください。

オシメをしているから〜と言っているような親ではダメです。

必ずトイレに連れて行って下さい。

 

②日中の「お漏らし」はかわいそうですね。

しかし、これは「腎」の問題です。

 

 

「お漏らし」の中医学の治療

「おねしょ」であれ、昼間の「お漏らし」であれ、ほとんどの場合、中医学は治療が出来ます。

実際、中医学の名医が治療するとき「穀物や球根」など食材を簡単に調理し、食べたり飲ませたりしています。

じわ〜と良くなって来ます。

 

HG090_350A

 

 

 言葉のトレーニングしているが、言葉がなかなか出ない。

①言葉が出るよう、トレーニングが大事です。

②食べ物・食材でうまくいく場合も有ります。

 

体の状態にもよりますが、赤い豆類を粉末にして、溶かして飲んだり、

球根や穀物を調理して食べる・飲ませるなど、色々と方法があります。

 

どの子も上手くいくと良いですね、まず取り組むことが大切です。

子供はまだ体が完成してないので、薬で治療しにくい〜と言う点も有りますが、

反面、悪くなって期間が短いので、治しやすい〜と言う点も有ります。

 

もう一つは、本来、時期が来たら自然と話せるようになる場合も有ります。

しかし、幼児が話せない時は、経絡(血の通り路)などが、食材などで、フッと通るようになれば、たちまち話せる事も有りますので、何が上手くいくか分かりませんが、まず取り組むことが大事ではないでしょうか?

食べ物・食材ですから、何も心配ありません。

ぜひ上手く言ったら、大成功です。

2_19_02c

脳が成長しない

はっきり言えませんが、良くなる可能性も有ります。

 

①脳は「腎」が作っています。

腎は髄液を作り、脳は髄液の塊です。

ですから腎が正常に脳の髄液を作れば、脳は次第に正常に育つ方向になります。

 

②IQが低いのは

脳が正常な大きさになっていないか、別に何かの問題があるのか?

特に多いのが、脳に血が行ってない場合が多い。

なぜ血が来ないのか?

血が順調に来出せば、脳の働きが活発になり、次第に脳が改善される可能性が有ります。

 

脳の成長・腎の働き・血の通りに関しては、まず中医学の上海の名医に相談してください。

薬を使えば、確実に治療は進みますが小さい子には、医師は薬は使わず何か良い食材を考える場合が多い。

 

2_03_03c

 

遺伝性で、親が発達障害の場合も有ります。

親も発達障害の場合、親がコミニュケーションを取りにくい場合が有ります。

中医師に仲介を取るのがスムーズに行かない可能性が有りますが、

できるだけ連絡がうまく行くと良いですね。

 

中医学で治療する時の大切な点

中医師でも名医と言われる先生方は大変な医療知識を持っています。

子供さんの治療に対しては、最大限の知恵を絞ってくれます。

 

ほとんどの場合、なんらかの改善は出てくるのですが、

どんな状態でも治るとお約束できません。

医師と相談しながら進めて下さい。

 

中医学の名医が治療する場合、食材などが多いのですが、それで病状が悪化する事は一切有りません。

きわめて安全です。

 

「中西結合医学」で治療する方法も有ります。

中医学と西洋医学との組みあわせでより効果を出す方法です。

それを中西結合医学と言います。

 

A-4

 あわてて中医学の先生に相談するよりも

◇百宝元で健康管理をしながら、中医学をあれこれ勉強した人の方が上手くいくケースが有ります。

◇百宝元は医薬品では有りません、栄養補助食品です。

これは病気を治すための物ではなく、健康を管理する物です。

 

これは中国の医薬品会社に特注で作っていただいた物です。

普通、医薬品は心配な人が多く、いきなり中医師に相談となると、戸惑う人が多い。

しかし先に◇百宝元を飲んだ人は、まず先に◇百宝元に信頼を置いています。

 

そして健康管理の大事さもわかります。

日頃の健康管理が非常に大事です。

それを実感したあと、中医学の相談した方が信頼度が高い場合が多いように有ります。

 

 

関連の記事が有ります。

①小児の発達障害、中医学の治療情報。中医学・大病院・名医の治療

小児の健康。子供を正常に成長させる為に役立つ食べ物。中医学の伝統的な健康方法から学ぶ。

 

1_19_11c

 

General page of International is here.

 

-総合ページ

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5