皮膚病

風疹を中医学で治療する 中医・大病院・名医の治療 妊婦にも安全

風疹は風疹ウイルスに感染した事で発症する急性発疹性伝染病です

ウィキペディア(Wikipedia)によると

伝染力は、かなり強い。

日本ではワクチン接種を受けていない成人男性の患者が多い。

効果的な治療法は無く、症状に応じた対症療法が行われる。

 

中医学はウイルスの治療では世界トップです。

どんなウイルスでも治療する事が出来ます。

事実、新型コロナでも中薬で良くなります。

中共の発表でも90%以上の効果と言います。

もちろん、風疹の治療にも中薬が非常に効果を出します。

しかも副作用が有りません、妊婦さんも安全です。

 

発熱が有り全身に発疹が出来ます。  <中医皮膚病学>  <中医小児科学>

・耳と枕後のリンパ節が大きく

・一番多く発症するのは「冬と春」です。

・子供に多く、たまに大人でも発症します。

・この病気で併発する病気は少ない。

・病後は終身的な免疫力が出来る。

 

 

風疹の症状について  <中医皮膚病学> <中医小児科学>

1)通常、冬と春に発病します、

1〜5歳の子供に多く見られます、

発病前に必ず風疹患者と接触した事があるはずです。

潜伏期間は2〜3週間です。

 

2)急に症状が出ます、

初期はインフルエンザのような症状が出ます。

不調が1週間前後、続きます。

 

3)発熱して1〜2日後に発疹が出ます。

最初に発疹が顔に出て、それから全身に広がります。

 

 

風疹の原因、メカニズム  <中医皮膚病学> <中医小児科学>

風熱の時に病邪(風疹のウイルス)が鼻・口から侵入します。

・肺が不調になり、蒸されて皮膚に影響が出て、発疹が出ます。

・或いは、ウイルスが非常に勢いが強く、気血が争い、気管を強くあぶる事で風疹が発症する。

 

 

風疹の治療     <中医皮膚病学> <中医小児科学>

1)肺卫風熱の治療

・風を取り払う治療をします。

・熱を清める治療をします。

 

2)邪入気管の治療

・熱を清め、気管を冷やす治療をします。

・解毒し、湿疹を無くす治療をします。

 

-皮膚病

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5