その他の病

その他の病

2020/5/20

喘息の体験記、重度、70歳、上海の大病院・中医学・専門医に相談。

無料相談はコチラ 私は◇百宝元を15年間 飲んでいます。 ビビッド・ライフをネットで見つけました。 もう15年以上前の事です。以降、ビビッドライフを高く評価し、信用しています。 それからずっと◇百宝元が健康管理に役立っています。 実は、それまで、本当に困っていました。   何か良い方法は無いかと思い、健康管理の大事さを思い、まず◇百宝元を購入するようにしました。 これが私にはピッタリ合いました。 ネットで真剣に探して良かったと思います。   妻も途中から購入しています。 二人で毎月2箱を定期購入しています。 内容から言って随分お得と思います。 毎月、送ってくるのを楽しみに飲んでいます。   ビビッド・ライフはもう15年のお付き合いですから、 流れはよく分かっています。 ◇百宝元については、誰に対しても普通の購入の仕方です。 欲しい時だけ自分から注文して購入する方法です。   あるいは、私のように毎月の定期購入の2種類です。 それ以外には方法はありません。 今、ビビッドライフで皮脂を15年も購入しているご家庭が何件かあるようですが、どのお家も私と同じく、ビビッド・ライフと長い良いお付き合いをしています。 大変助かったのは漢方の薬も上海から手配していただいた事です。 全て医師が判断して下さいますので、最も信頼おける薬が手に入ります。 これは大変役立ちました。 それまでは体調の良い時と悪い時がありましたが、ビビッド・ライフに本当に感謝です。 おかげで以降、元気です。   健康状態が良いので、楽しい毎日です。 本当に良いところに出会えたと喜んでいます。 今はずっと良い体調が続いています。 ペースを崩さず、これからも◇百宝元を大事に続けようと思います。   感謝しています。 今後もビビッド・ライフを高く評価します。 今後ともよろしくお願いします。 合掌。   ビビッド・ライフには長年ご利用のお客様がたくさんいらっしゃいます。 左側のブログカテゴリーの中の「お客様の声」をご覧ください。     関連の記事があります。ご覧下さい。 喘息を根本的に治療、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。総合情報 https://js-vivid.com/zensoku-15/ テレサテンの喘息、中医学なら今も生きていたかも。 https://js-vivid.com/teresa/ 喘息を根底から治す治療の方法。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/zensoku-1/ 喘息の咳は死ぬほどの苦しみ。中医学の大学病院に相談。 https://js-vivid.com/zensaku-2/ 喘息は痰が問題です。根本治療する大病院が有るのは上海です。大病院・名医の知識とは。 https://js-vivid.com/zensaku-6/ 喘息は中医学で予防が大事。中医学・大病院の情報。 https://js-vivid.com/zensoku-10/     個人輸入代行の総合ページはこちら   咳喘息の総合ページはこちら

その他の病

2020/5/20

気管支拡張症 中医学・大病院、治療ポイントを知る

無料相談はコチラ   気管支が広がったままの状態を気管支拡張症と言います。 気管支拡張症は気管支壁や肺を損傷し変形している、塞がれています。 原因は先天的と感染、幼児期の肺炎と言われています。 しかし実際はもっと別に重要な原因があります。   例えば外部からは感染が原因ですが、 知られていない原因の一つに「気候の影響が体に入ることで気管支拡張症になります」。 これ以外にも、重要な原因がありますので、それらの治療方法を説明します。     気管支拡張症の症状 口が渇く、喉の痛み、喉が渇く、鼻が乾燥する、痰、血痰、吐血、 息切れ、発熱、悪寒、寝汗、肺音、貧血、痩せる、疲労、だるい、 動悸、顔が赤い、目が赤い、便秘、尿が赤い、顔面蒼白、 口が渇き喉が赤い、脈が弱い、など。   大きく分けて二つのパターンがあります。 気管支拡張症は体の外から入ったものと、体の内から出来るものの二つあります。 これを外因、内因と言います。 病気の原因は邪魔物です。 だから漢方では病気になる発端を「邪」と言います。   体の外から来るものを「外邪」、体の内から発生するものを「内邪」と言います。 体の外から病気の原因要素が入る場合は「体が弱っている時か体が無防備な状態の時」が多い。 気管支拡張症は5種類の原因があります。 原因1)外邪----体の外から入り気管支拡張症になる 気候が人体に響をあたえ、気管支拡張症の原因になります。 住環境や職場の環境が原因となる場合があります。   風寒---寒い風に当たると、それが鼻から肺に入り、肺を傷め、気管支拡張症になります。 風熱---熱風に当たると、それが鼻から肺に入り、肺を傷め、気管支拡張症に発展します。 風燥---乾燥した風に当たる場合です。それが肺を傷め、気管支拡張症に発展します。 近年、エアコンの乾燥した風が流れ、それを毎日吸っていると、痰が絡んだ咳がずっと続く人が多い、要注意です。 感染---鼻から肺に菌が入り、肺の組織を傷め、気管支拡張症になるパターンです。   原因2)肺・脾が元から弱い。---内因・外因 「肺と脾」が元々弱い事が原因。 外邪の侵入による影響を受けやすく、侵入してきても打ち消す力が無い。 外邪の侵入を繰り返し、次第に気管支拡張症を形成した。   原因3)肺の状態が非常に弱い---内因 長引く病気の影響や外邪の影響で、肺を損傷し弱らせ、気のエネルギーの向きを逆流させ、肺につながる経絡を弱らせ気管支拡張症になった。   原因4)瘀血---内因 「血」が肺の正常な位置から漏れたり滞留し、ドロドロの塊の状態を作っている。 肺の気の流れが悪るくなっている。 血流が停滞している。 病状が非常に悪い。   原因5)感情が原因---内因 感情によって「肝」が悪くなっている。 気のエネルギーが逆流し、「肺」の経絡で出血する。 気管支拡張症は5種類の治療方法が有ります。 難しい病気が多い時代です。 中医学の知識をつけ治療するなら道が開けます。   治療① 感染については菌を殺す薬を使います。   治療②---肺・脾が元々弱い。 寒風や熱風が体に入ったためですが、例えそれらが体に入っても、肺・脾が健全であれば、大概は防げた状態です。 まず肺・脾の治療をしなければなりません。 肺・脾には色々な機能があります。   肺は呼吸によって入った空気で血をきれいにする場所です。 では血はどこから来ているか? 脾から新しい血が肺に来ています。   脾は血を作る所です。 骨髄が血を作っているのでなく脾が作っています。   脾は脾臓とは違います。 脾とは脾臓と膵臓を合わせたものです。 しかし、胃、腸が一体となって悪くなっている場合があります。   中医学の名医は脾を脾臓・膵臓・胃・腸とセットで見た方が良いと言います。 気管支拡張症は肺・脾を正常になってなかったので、血の生産が不十分で酸素交換が肺で十分にできていない状況です。 これを健全にすることが、気管支拡張症の治療の大事な点です。 この薬・治療は中国の大病院・名医ならできます   治療③----長引く病気などの原因で肺を弱らせていた。 人体には五臓六腑があります。 これは全部つながっています。 そのパイプを経絡(けいらく)と言います。   肺につながる経絡がありますが、この中を「血と気」が流れています。 この「気」が逆流をしている状態です。 当然、血も順調に流れなくなります。 「気」とはエネルギーです。   人体は「気・血・水」の三つで構成されています。 「血・水・気」がなければ人は生きることはできません。 気のついて医学的に把握・治療しているのは中医学(漢方)だけです。 この薬・治療は中国の大病院・名医ならできます   治療④---瘀血 瘀血とは血のドロドロした塊ですが、ではサラサラにすれば良いか、実はそれほど安直ではありません。 瘀血とは血が毒性を帯びている状態です。 単にサラサラにすれば良いだけはありません。   血を解毒する必要が有ります。 血の質を改善する必要があります。   また瘀血とは正常な場所以外に血がある状態です。 そこに血がたまらないようにするする必要が有ります。 この治療は中国の大病院・名医ならできます。   治療⑤----感情が原因で肝を痛めている。 気管支拡張症になぜ肝が関係するのか不思議に思いませんか? 実は密接に関係あるのです。 肝は心(心臓)から送り出された血を全身に供給する重要なところです。   肝から肺に血が送られ、肺で酸素交換します。 肝と肺は経絡でつながっています。 しかし肝が故障すると経絡で出血を起こします。   まず肝を治療する必要が有ります。 肝臓と肝は違います。 肝臓が正常でも肝が悪い時が有ります。   治療の歴史 気管支拡張症は非常に難しい病です。 中医学は4000年前にすでに治療がなされ2000年前には治療に関する詳しい医学書があります。 この2000年間、治療がなされて来ました。   中医学は世界でも最も歴史と実績のある医学です。 皮膚病の治療は紀元前14世紀から始まっており、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、現在のほとんどの病の関して詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915 現在、根本治療するために、気管支拡張症と五臓、気血津液をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の気管支拡張症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   気管支拡張症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が気管支拡張症の治療でも出ています。   気管支拡張症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)気管支拡張症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)気管支拡張症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が気管支拡張症の原因になっている人が多い。 ②気管支拡張症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、気管支拡張症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   どのようにすれば安全に治す事ができるでしょうか? 下記に漢方の無料資料を用意しました。ご覧ください。     下記の総合ページは重要な事を書いていますので、このページと合わせてご覧ください。 気管支拡張症 根底からの治療 原因を詳しく治療 中医学・大病院・名医 処方薬 総合情報 https://js-vivid.com/kikansi-15/       個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/5/20

認知症を治すための根本治療。中医学・大病院・名医の情報。副作用なしに元気にする治療。

無料相談はコチラ   認知症の情報ページです。 「記事担当の後藤です。 認知症で大変お困りと思います。 認知症は原因が非常に複雑ですが、中国の中医学の大病院・名医は根本治療で大変良い成果を出しています。 「大概の場合、大幅な改善が望めます、あるいは完治する人も有ります。 他の病気との関係が有りますので、上海の医師に相談して良い方法を見つけてください」   「下記に是非とも良くしたい方に中医学の大病院・名医・医学書の説明をします。 ご活用ください、早く正常に戻ることを切に願っています。」   認知症の状態、中医学の診断  参考:中医内科学 原因1)脳が萎縮しています。 脳髄が減少し、脳髄が消えます。 この為、認知症が起きます。   高齢になると脳が萎縮します。 なぜ萎縮するか、脳は髄液で出来ています。 ですから脳は脳髄と言います。   脳髄を作っているのは「腎」です。 人間は誰でも高齢になり腎が衰弱する事で全身が老化します。 ですから認知症は自然の流れなのです。   原因2)病気で長患いしたことが原因です。 脳卒中やメニエール病などに長く患っていると認知症になりやすい。 ①長患いによって脳髄を作ることが出来なくなり、認知症になります。 ②長患いで血行が悪くなり、脳に血が流れなくなり認知症になります。   原因3)感情が原因で認知症になります。 感情が原因で肝・脾・腎などを損傷した事で脳の髄液が作れなくなり認知症になります。 認知症の状態 5種類に分類します。参考:中医内科学 1)髄海不足型の状態 脳の髄液が不足し認知症になったパターンで、一番多いパターンです。 脳は髄液が集まった所ですので「髄海」と言います。 治療は「腎」を補う事で脳の髄液を益す治療をします。   2)脾腎両虚型の状態 「脾・腎」の不調で、脳髄が作られず、認知症になったパターンです。 脾・腎の働きを益す事で、脳髄を作る力を益す治療をします。   3)瘀血内阻型の状態 体内で血が固まり瘀血となっている。 脳につながる血脈がつまり、脳に血が行かなくなり認知症になったパターンです。 この場合、血の働きを活発にし瘀血になった血の塊を溶かし、血の流れをよくする治療をします。 認知症に限らず、脳に血が行かない病気は色々有りますが、この血の流れの治療で脳の状態が非常によくなります。   4)痰浊蒙窍型の状態 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 つまり痰が詰まった事で脳髄が作れなくなり、脳が空虚になり認知症のなったのです。   日本人は「痰」についての知識が不十分です。 喉にたまるのを痰と言いますが、中医学では「痰」は全身にできることが分かっています。   全身に有る水分は70%も有ります。 これがネバネバになったりして痰になり、しまいにはコチコチに固まる事も有ります。 痰が体内で形成され、様々な所を詰まらせますので、これが原因となって様々な病を起こします。 体内の広範囲に有る「痰」を溶かす薬は中国の大病院なら有ります。   5)心肝火旺型の状態 これは感情で発生する認知症です。 怒りなど激しい感情は「心・肝」に最大限の影響を及ぼします。 烈火(れっか)のごとく怒る〜とか、火のように怒る〜という表現がこれです。   非常に激しい感情で「心・肝」の気のエネルギーが「火」になり、 脳に上昇して認知症を起こしたのです。 認知症の治療 5種類参考:中医内科学 1)髄海不足型の治療 脳の髄液が不足し認知症になったパターンです。 ①腎を補う治療をします。 ②それにより脳の髄液を益す治療をします。 ③気を益し、血を養う治療をします。   ④血を養い、肝を補う治療をします。 ⑤気を益し、脾を健康にする治療をします。 ⑥痰を溶かす治療をします。   2)脾腎両虚型の治療 ①腎を補い、脾を健康にする治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③肝・腎を補う治療をします。   3)瘀血内阻型の治療 体内で血が固まり瘀血となっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   ③脳につながる経絡(血の流れる路)の流れを良くする治療をします。 ④新しい血を作る治療をします。 ⑤血の熱を清める治療をします。   4)痰浊蒙窍型の治療 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 ①脾を健康にする治療をします。 ②痰を溶かし詰まりを取る治療をします。   5)心肝火旺型の治療 これは感情で発生する認知症です。 ①感情で発生した心肝の火を消す治療をします。 ②肝の鬱を取り働きをスムーズにする治療をします。 ③肝の働きを穏やかにする治療をします。   認知症を良くする重要な条件 このような治療は中国の大病院・名医が行っています。 薬も医師が許可すれば、薬剤部が出してくれます。   5年〜10年と認知症がひどい人でも、中医学を開始すると突発的に完治する人がいます。 これは例外中の例外です。 大概の人はしっかり中医学の薬の飲む必要が有ります。   すでに物忘れ、認知ができない状態がひどいので、本人が薬をきちっと飲むのは無理です。 しかしご家族で徹底的に飲ませる事が出来るなら、認知症は大幅に良くなる場合が多い。 認知症が進むと。 認知症は物忘れから始まります。 実際どんどん進みます。 家族が分からなくなる。   着替えが出来なくなる。 家から出たら戻れない。 幻想が出て来た。 このような異常な状態になります。   デイサービスか老人ホームの入れば良いのか? 老人ホームに入れるしか方法が無くなります。 しかし家族は老人ホームには頻繁に行くことになり。 入居費用、交通費、労力などを考えると大変な負担になります。 認知症になる人は60代から80代へと増加します。 年齢が進むほど五臓六腑が衰弱し、これが認知症を推し進める原動力となります。 日本では高齢化がさらに進みますので、今後、認知症患者の増加が予想されています。     認知症は古来「痴呆」と医学的に分類されて来ました。 上記の本は医科大学で臨床に使う医学書です。 認知症(痴呆)に関する説明です。   明時代に治療が進んだ。 痴呆に関連した説明は2000年前の医学書<内経>書かれていますが、痴呆(認知症)の研究が格段に進んだのは明の時代です。 医師:张景岳が書した<景岳全书・杂证谟>が痴呆(認知症)について特に専門的に書いています。 これは上の写真の二行目、右側に書かれています。 認知症の治療は歴史的にも難しかった。 ほとんどの難しい病は紀元前200年の医学書「内経」に詳しく書かれて居ます。 治療は、その内容が現在でも柱になって居ます。 しかし認知症に関してはかなり難解だったのか、明の時代になって初めて決め手となる治療方法が発表されました。   なんと1600年も遅れたほど難しかったのかもしれません。 この認知症の治療方法を確立したのは医師:张景岳ですが、彼はこの時、重要な2種類の薬を開発して居ます。 腎の薬で陰・陽の別けて使える超有名な薬です。 この薬は現代でも医学界全体が使う非常に重要な薬です。   これは上海の医大病院の薬の窓口です。 準備中の光景。 認知症の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の認知症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   認知症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする認知症の治療効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が認知症の治療でも出ています。   認知症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)認知症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)認知症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が認知症の原因になっている人が多い。 ②認知症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、認知症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   アルツハイマーも既に優れた効果を出す薬があります。 認知症全体として詳しい情報がありますので、適切な情報が欲しい方はご覧下さい。 これまでの説明以外の情報が入って居ます。 下記のボタンを押してください。 ご高齢者は◇百宝元を早くご利用して喜んでくださる人が多い。 これまでに大変多いのです。 なぜだかご存知ですか? 認知症の人はご高齢者が多い。   つまり体の老化が進んで居ますので、栄養の摂取が不十分です。 ...

その他の病

2020/5/20

線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。

無料相談はコチラ 線維筋痛症の情報ページです。 難しい線維筋痛症を根本治療する方法。   記事担当の後藤です。 他の病気と合併している場合が非常に多い。 説明をいくつか作りましたので参考にされて下さい。   下記の写真は線維筋痛症に関係する医学書の説明です。 線維筋痛症の歴史。 線維筋痛症は非常に難しい病気です。 この病の原因やメカニズムはすでに紀元前200年に分かっています。 その時の「内経」と言う医学書には多方面からの分析がされています。 その後、歴代の医師によって検証と治療が繰り返され、優れた治療が今日されています。 線維筋痛症の原因は5種類あります。 原因① 体の下地が弱い。 線維筋痛症は誰でも出来るのでなく自分の体が弱いことが下地になっています。   ①虚弱体質 ②体の組織や機能が弱い ③皮膚と筋肉の間の隙間が緩んでいる ④外部からの邪の侵入を防ぐ機能がしっかりしていない。   この下地の状態は免疫低下の状態です。 免疫が弱いので防ぐ力が弱く線維筋痛症を発生させやすい。 また免疫が弱いので体の外からの影響が体に侵入し線維筋痛症を発生させます。   原因② 外邪が侵入して線維筋痛症に進む 体の外からの影響が体内に入り込みます。 外邪とは気象・気候の状態です。   気候・天候の変化が体に入ると、病気の原因になり内臓に影響を与えます。 そこから皮膚・筋肉に影響を与え、その結果、線維筋痛症が発生します。 これが大気・気候などが原因の線維筋痛症です。   原因③ 血が損傷し弱っている 女性の体は生理・妊娠・出産など血が基本です。 しかし生理・妊娠・出産は体内の血を損傷させ、弱らせる事が多い。   血が不足し筋肉・骨を潤わす事ができなくなります。 そして最終的に痛みが出てきます。 これが生理などが原因の線維筋痛症です。 男性に比べ女性に線維筋痛症金が多いのはこの為です。   原因④ 肝機能が大幅に低下している 肝の働きが鬱滞し、経絡(全身に血を流す通路)が通りが悪くなっている。 ついには血が通らなくなり、直ちに痛みが出た。 筋肉・関節・全身に痛みが出ている。 これが肝が原因の線維筋痛症です。   原因⑤ 腎・脾が損傷し弱っている 腎・脾が悪くなると免疫が低下する。 大気・気候など体外からの影響が体に侵入した。 それが水の流れ、血の流れを止めた。   その結果、線維筋痛症が発生した。 反復的な発作が起きます。 これが腎・脾が原因の線維筋痛症です。 線維筋痛症が女性に多いパターン。 線維筋痛症は5種類に分かれます、原因やメカニズムが違うからです。 診断で医師はどの種類に当てはまるのか?慎重に見極めます。 パターンによって治療方針が違います。 その中の一つに女性のウエイトが特に高いパターンがあります。   上記3番の原因がそれです。 原因③: 血が損傷し弱っている 女性の体は生理・妊娠・出産など血が基本です。 しかし生理・妊娠・出産は体内の血を損傷させ、弱らせます。 血が不足し筋肉・骨を潤わす事ができなくなります。   そして最終的に痛みが出てきます。 これが生理などが原因の線維筋痛症です。 男性に比べ女性に線維筋痛症金が多いのはこの為です。  線維筋痛症はリウマチに似ているが違う。 ①リウマチは関節が悪くなります。 ②線維筋痛症は関節ではなく、筋肉・骨格系統に痛みが出で硬直します。 線維筋痛症だけの病ならこのように二つに分けられます。   しかし、線維筋痛症なのに、 実際はリウマチも悪くなっている場合があります。 両方とも種類的には「風湿病」です。 この場合、中国の大病院・名医なら同時に治療します。 実際、非常に良い治療です。   風湿病はリウマチ以外にもたくさん有ります。 関節リュウマチ、强直性脊柱炎、シェーグレン症候群、産後筋肉関節痛病 変形性関節炎、ベーチェット病、痛風、リウマチ熱、結節性紅斑 血小板减少性紫癜、全身性エステマトーデス 乾癬性関節炎、皮膚筋炎、血管炎   これが全部、 風湿病ですが、どれも難病です。 線維筋痛症は上記のどれかと合併している場合が多い。 しかし中医学の大病院は、良い治療方法があります。   甲状腺の病と線維筋痛症が合併している時があります。 甲状腺の病は非常に難しい事で知られています。 上海の中医学の大病院では、甲状腺は非常に優れた治療をします。 線維筋痛症と合併している時でも良い治療が出来ます。 どのような経過で痛みが消えるか? 例えば 今まで腰が激痛だった、しかし腰の痛みが消えた。 それと同時に今度は臀部に激痛が走り出した。 と言うように痛みの重点が移動するケースもあります。   これは腰部が良くなったのです。 そして次に臀部を体と薬が治療を始めた現象です。   治療していると このように、どこか痛みが消える所が先に出てきます。 そして次に近くの悪い所も痛みが消えます。 そのような事を繰り返して、全身から痛みが無くなります。   このようなケースが非常に多い。   線維筋痛症の治療は中医学が世界で最も歴史があります。 中医学は根本治療をします。 上記の紀元前200年の<内経>の「素問」で既に線維筋痛症の原因・治療方法が詳しく説明され、その治療方法をそのまま現代で行なっても良い結果が出ます。 それだけでなく、現代に至る2000年間の各時代において、多くの名医家が「素問」の理論をさらに詳しく検証し、治療方法も様々な手が加えられました。 現代において現実に優れた治療実績を出しています。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の線維筋痛症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   線維筋痛症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 特に線維筋痛症は中医学だけで良い治療が出来ます。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 一番多いのが、他の病気を持っている時です。   「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究されています。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が治療でも出ています。   治療の実例---「中西医結合医学」 1)原因の種類が多い。 治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   すでに漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。   中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。 これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   線維筋痛症の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   線維筋痛症は、うかつな治療をしない事が大事です。   線維筋痛症をぜひ治したい人は 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。 関連の記事があります。御覧ください。 線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。 https://js-vivid.com/senyi-15-1/ 線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/senikin-6/ 線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報 https://js-vivid.com/seni-7/   線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。 https://js-vivid.com/seni-kintu-5/       個人輸入代行の総合ページはこちら    

その他の病

2020/5/20

最先端の「中西医結合医学」で治療します。中医学・大病院・医学会の研究成果。

無料相談はコチラ 中医学は人体の構造が非常に詳しく分かります。 従来、見えない事が中医学では見えます。 その中医学をさらに進化させた医学が「中西医結合医学」です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の医療---中西医結合医学 中国の医療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法 2)「中西医結合医学」 の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が治療で出ています。   治療---実例---「中西医結合医学」 1)病の原因は種類が多い。 治療方法は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をする方法です。   もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。   「中西医結合医学」の西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全て薬は中医師が指定する物を使い、医師の指示する量・タイミングで飲みます。   3)別の病気を持っている人。 ①別の病気が今の病気の原因になっている人が多い。 ②今の病気から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、今の病気だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。  

その他の病

2020/5/20

ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方・中医学で根底から良くする方法。副作用の無い根底治療。

無料相談はコチラ ネフローゼ症候群の情報ページです。 どうやれば体が良くなるか? 「記事作成:担当の後藤です。 ネフローゼ症候群は大変難しい病気ですから大変ですね。 腎だけでも難しいのに、これはもっと難しい病です。」   「下記に資料を書きますので、ご活用ください。 根底から治療し、お元気になりますよう願っています。」 ネフローゼ症候群の原因 原因:  「肺・脾・腎」が同時に悪くなっています。 ネフローゼ症候群は特徴の有る病です。 ほとんどの場合、上記のように「肺・脾・腎」がセットで悪くなっています。 あなたはこの治療をすれば、良くなる可能性が大きい。   日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は共通の目的で動作しています。 その共通する部分が故障したのです。   1)肺が悪くなっています。 「肺」の役目の一つは「水」を全身に分散します。 その機能がダメになっています。   2)脾が悪くなっています。 「脾」の役目の一つは食べた物から「水」を作ります。 その機能がダメになっています。   3)腎が悪くなっています。 「腎」の役目の一つは「水」をろ過するところです。 その機能がダメになっています。   この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回し、体を守っています。 この「肺・脾・腎」が全てセットで故障し、体内の水処理が出来なくなっています。 これがネフローゼ症候群の最も多い原因です。  ネフローゼ症候群、その他の原因 上記の「肺・脾・腎」がセットで悪くなっているのが一番多いケースです。 しかしその他の原因でネフローゼ症候群になる場合もあります。   肝・腎がセットで不調になった為。 体内で湿熱がこもり、これが病の温床となってずっと体内で溜まります。 この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。 「肝」は体内の血の循環を良くたり、血を蓄える仕事をしています。   しかし、先ほどの湿熱の影響で「肝」の働きが落ち血の固まり停滞を作ります。 同時に「腎」の水の流れを止めます。 このような事でネフローゼ症候群が形成されます。   ネフローゼ症候群は 上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。 これは日本では誰も知りません。 実は中医学と西洋医学は人体の構造や臓器の機能についての分析が大幅に違うからです。 ですから、中医学では今まで分からなかった原因が診断で判明します。 ネフローゼ症候群の中医学治療は5種有ります。 中医治療①---「脾虚・湿」 ・「脾」を健康な状態にする治療をします。 ・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。 ・過剰な湿を取る治療をします。   中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」 ・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです ・脾・腎を補う治療をします。 ・脾・腎を温める治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。   中医学治療③---「肝・腎・陰虚」 ・肝・腎が共に陰虚になっている状態です。 ・肝・腎を滋養する治療をします。 ・肝・腎を補う治療をします。 ・陰の力を上げる治療をします。 ・熱を清める治療をします。   中医学治療④---「湿熱」 ・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です、「湿熱蕴结」。 ・熱を清める治療をします。 ・湿熱で出来た毒を消す治療をします。 ・湿の流れを良くする治療をします。 ・腫れを良くする治療をします。   中医学治療⑤---「気虚・陰虚」 ・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。 これは脾肺腎が悪くなっています。 ・気を補う治療をします。 ・脾を健康にする治療をします。 ・肺腎を清める治療をします。 ・肺腎を養う治療をします。 中国の大病院にある治療方法です。 上記のようにネフローゼ症候群の原因と治療方法を説明しました。 どれも中医学の医師が使う医学書の内容です。 中国では中医学を扱う医師は、すべてこの医学書に沿って治療しています。   医学書は最も重要な事を書いています。 実際の治療ではネフローゼ症候群は様々な症状がありますから、もっと複雑な判断を医師はします。 正確に出来なければ治せません。   中医学大病院の名医にお願いして診断・治療を行う必要があります。 また治療には非常に高度な医薬品(中薬)が必要です。 それらは中国の大病院にあります。   中国は医療用の漢方の種類は豊富で、ダントツ世界一です。 医療用だけで9000種類を越しています。 その他に薬局用の中薬も4000種類ほどあります。   世界の医学は西洋医学と中医学の2種類です。 本格的な中医学の治療は中国の大病院で行っています。 中医学は世界で最も歴史があります。 中医学ではすでに紀元前200年に医学書「内経」が書かれています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。 内経ではすでにこの時「水肿」の項目でネフローゼ症候群を説明しています。 ネフローゼ症候群は非常に難しい病気です。 それを何とかしたい、可能なら良くしたいと思う方に資料を差し上げます。 ご覧ください。 無料です。   関連の記事があります。ご覧ください。 ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-15/ ネフローゼ症候群を根本治療。安心安全で副作用の無い治療。中医学大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/nefuroze-2/ ネフローゼ症候群を元から治療する方法を知りたい。どのような治療なのか?情報が欲しい。 https://js-vivid.com/nefuroze-6/     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「ネフローゼ症候群」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 http://www.360doc.com/content/14/0120/15/10663922_346649230.shtml 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   個人輸入代行の総合ページはこちら ネフローゼ症候群がなぜ治らないのか 下記に詳しい説明を作りました。ご覧下さい。 ネフローゼ症候群の総合ページはこちら  

その他の病

2020/5/20

頭痛の治し方を説明、中医学の大都市、上海、大病院の名医に相談。

無料相談はコチラ 頭痛がどうしても治らない人。 中医学の医師に相談したい方の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。 お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   一時的な頭痛は気になりませんが、 長い年月、ずっと頭痛になやまされている人も多い。 そのような人にとって頭痛は人生の大きなマイナスです。 大人も苦痛ですが、小さい子供さんの場合、本人の表現力が弱いですから、周囲からは本当に痛いのか?信用してくれません。 ひどい場合は仮病と言われる場合もあります。しかし本人にしてみれば大変な苦痛です。   一体なぜ頭痛がするのか?漢方の治し方があります。 まだ日本では頭痛の原因はわかっていません。 一流のドクターに個人的に会っても、頭痛や痛みは原因は分からないと言います。 どのドクターも同じと言います。なぜ日本では分からないのか?   しかしビビッド・ライフのお世話になっている漢方の専門医は詳しい診断で原因をすぐに見つけます。 また、適切な治し方があります。 高度な漢方は頭痛に関しては最も角度の高い医学です。 実は頭痛の本当の原因は分かっています。 色々な頭痛 他の病気などに関連して頭が痛い。 生理、生理前、生理中の頭痛。風邪の頭痛、肩こりの頭痛、蓄膿症・副鼻腔炎の頭痛、 神経痛、虫歯、花粉症、血圧など、様々な病気による頭痛が有ります。 この頭痛はそれぞれの病気が原因です。漢方で治療方法ありますのでビビッド・ライフにご相談ください。   痛みが主体を「頭痛」として説明 今回の説明は、上記の他の病気が関連した頭痛ではなく、「頭痛」が主体の場合を説明します。   痛みのタイプ ズキズキ、ガンガン、ズキン、チクチク、鈍痛など   頭痛に伴う症状 悪寒、寒気、あくび、生あくび、めまい、吐き気、吐く、嘔吐、ふらつき、むくみ、立ちくらみ、微熱、発熱、高熱、だるい、倦怠感がある、気持ちが悪い、疲れ、下痢、眠気、涙が出る、寝起きに痛い、など。   頭痛時に他に痛いところ、悪いところ。 胸の痛み、胃痛、腹痛、腰痛、関節痛、背中の痛み、首の痛み、耳鳴り、鼻水、鼻血、貧血、目の充血、目がまぶしい、眼精疲労、しびれ、咳、など。   頭痛の場所 おでこ、側頭部、前頭部、前頭葉、こめかみ、眉間、後頭部、首の付け根、首の後ろ、耳、耳の奥、耳の後ろ、頭の右側、左側頭部、右後頭部、左後頭部、目、目の上、目の奥など。   頭痛がする時 ストレス、雨、寝不足・睡眠不足、睡眠時、慢性、偏頭痛、など。   頭痛の原因を区分けする ビビッド・ライフでは現代医学の名医に相談・診断できます。 また漢方の国際的な名医にも相談、診断できます。 頭痛の原因は現代医学ではまだ解明されていません。   一方、国際的な最先端の漢方では、実際は2000年前にはすでに頭痛の原因は見つかっていました。 この2000年間、頭痛のさまざま検証と治療が行われ、現在、最も高度な分析と治療ができます。 頭痛の原因は様々です。   ビビッド・ライフに依頼された場合は、まず何が原因か? どこから痛みが来ているか? 中医学の名医が判断します。   治療薬も名医が出しますので心配いりません。 「頭痛」の原因---予備知識 現在、国際的には「頭痛」の原因を解明しているのは最先端の中医学です。 この2000年間の研究、治療の歴史を見ますと、非常に多くの積み重ねがされて来ました。   予備知識 全身は五臓・六腑が動かしていますが、さらにその五臓六腑を動かしているのは「気・血・津液」です。 「気」とはエネルギー、「血」は血液、「津液」は体液の事です。この内「気・血」の二つが頭痛に関係します。   頭痛の原因・メカニズム 頭痛の病因は多岐に渡りますが、大きく分けると①体の外部から入って来たものと、②体の内側で発生したもの、の2種類あります。   ①体の外部から入って来たものが頭痛の原因 外部から入るものは「外気」です。 外気が体に侵入し、頭部に入り頭部を犯します。 人体の頭部には胴体部分から「気」が常時、流れて来ている。 外気が頭部を犯した状態で滞留し、胴体から上がってくる「気」を妨害すると、血が頭に来なくなる。 そして痛みがでる。これが頭痛です。   「気・血」の関係を説明します。 血は経絡を流れていますが自力では流れません。 血が全身を流れるのは気が機関車となって経絡の中で血を牽引しているからです。 ですから外気が頭に溜まって気を妨害すると血が流れて来なくなります。 人体の痛みは血が流れて来ないために起こります。 頭痛はまさに頭に血が流れて来ないために起きます。   ②体の内部で発生した問題が頭痛の原因 頭痛は肝・腎・脾のどれかが悪くなっています。 普段、肝・腎・脾が「脳」を作り、「脳」に栄養を与え、「脳」を維持しています。 肝・腎が作った血は脳に行きます。脾も気・血を脳に送り込みます。 しかし、肝・腎・脾のどれかが悪くなると、脳に流れるはずの気血が妨害され脳に流れなくなり、そこで痛みが発生します。 これが頭痛です。    頭痛の治療 原因の説明で、肝・腎・脾・気・血・経絡が出て来ましたが、非常に難しい判断が必要です。 高度な漢方ではこの判断・治療ができます。 しかし日本にはこのような高度な漢方を学ぶ医科大学の制度が無く、漢方の医師免許制度がないため、正規の漢方の医師がいません。   よって日本の病院用の漢方薬は138種類ほどにとどまっています。 このためビビッド・ライフでは難しい病は本格的な漢方の治療ができる国際的な名医に相談・診断が受けられる体制を取っています。 名医が9000種類の漢方薬の中から必要に応じて処方してくださいます。   頭痛はどのような治療が良いか? 二つの治療方法 現代医学と漢方は全く違った方式を取っています。 例えば血液検査では肝臓・腎臓が正常で有っても、漢方医が診断すると肝・腎が悪い時があります。 これはどちらも間違っていません。 どちらも正しいのです。   両方とも違った観点から診断しているのです。 例えば肝臓と肝は違います。 機能・働き・関連など全て違う判断をしています。 ですから現代医学で肝臓が頭痛の原因との診断は出ません。   しかし漢方では「肝」が頭痛の原因と診断します。 現代医学は対処療法により、痛みどめを打つ方法になります。 したがって、自然消滅しないかぎり頭痛はその後も長く続きます。   漢方の治療方法 これに対し、漢方は頭痛の色々な原因の内、どれが原因になっているのか特定できます。 またその原因から頭痛が起きる途中のステップで体にどのような問題が起きているのか特定します。 つまり発生原因、次に途中経過で悪くなっているところ、そして脳の部分の大きく分けて三部分の状態を特定します。 そして必要な治療をします。   関連の資料があります。 頭痛の原因がわかる唯一の医学、中医学の専門医はどこが原因か全て分かります。根本治療。 https://js-vivid.com/zutu-3/ 群発頭痛の治療に必要な中医学の知識。世界トップの漢方の頭脳が集まる上海、その大病院の名医に相談。 https://js-vivid.com/gunpatu-1/   下記をご覧下さい。 頭痛から解き放たれたい人は必見。 もっと大事な説明があります。 無料です。なんども見れますのでご覧下さい。   頭痛の根本的治療をしたい人、お困りの事、なんでもご相談ください。相談量は無料です。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/5/20

驚く情報。B型肝炎が消滅しています。中医学・大病院・名医の治療。 

無料相談はコチラ B型肝炎の情報ページ B型肝炎は治ることは無いと言われています。 しかし、B型肝炎が消えた人もいます。   記事担当の後藤直伸です。 「B型肝炎で非常に難しい病気です。 A様は上海の先生に診断をお願いしましたが、果たしてどこまで 良くなるのか、大変心配しました。 先生方は当然のごとく、治るだろう〜など一切言ってくれません。 ところがつい最近の検査で、 B型肝炎が完治していました。 下記に詳しく説明しますのでご覧ください。」         上記の写真は本人から許可を得て出しています。 A様は戦後のベビーブームの生まれです。 15年前に保健所が飛んで来て、B型肝炎に感染している事を知らされたそうです。 その後も体調的には何も問題がなく、普通の生活をしていました。 B型肝炎のキャリアです。   中医学の治療を上海の先生に依頼したのは2015年です。 上海、大病院の名医に相談し、中医薬をしばらく飲みました。 その結果がどうなったか分からずじまいでした。   A様は病院に行って検査して欲しいと言っても、取り合ってくれないと言っていました。 一度、B型肝炎になった人は、どんなことをしても B型肝炎は消えることは無いので、検査しても無駄だから。 もう一つは通常の血液検査とは違い、別扱いの検査だから、その関係でなかなか検査してくれなかったのでは〜と言ってました。  8月に検査をしてくれたそうです。 医師はA様に検査報告で「B型肝炎は全部消えています」と告げたそうです。   どうやら本人も実感がわかなかったようです。 多分、医師が大喜びした風でもなく、なぜB型肝炎が消えたのか 不思議に思ったからかも知れません。 しかし、大変おめでたい事です。   A様はどのような経緯で中医学の治療をしたか? 実は健康管理に熱心な方で、最初◇百宝元を飲んだ事がきっかけです。 ◇百宝元は栄養補助食品です。 健康維持にお勧めしています。 A様は今も◇百宝元をずっと大事に飲んでいます。 これを飲んでいて、良さが分かり、良く中医学を勉強するようになりました。   2015年までに上海に団体で旅行に何度か旅行に行く機会がありました。 現地で先生に診断を受けました。 もちろん、日本に帰ってからも先生に連絡を取りました。   キャリアですので、特に体が悪い訳でも無かったのですが 非常に心配ですので、とにかくしっかり治療しておいたほうが良いとの思いでした。   周囲のB型肝炎の人が肝硬変になり肝臓癌でお亡くなりになった事もあり、中医学で治療する気になられたそうです。   上海に行ったので、せっかくなら先生に会ってご挨拶したい、できたら診断も受けたいとの思いがありました。 しかし実際には上海に行かなくても連絡方法が有ります。 相談は日本にいながら資料を上海に送れば出来ます。   B型肝炎が消えた。 日本ではA様が初めての人かも知れません。 生きている限り、消えることのない病気ですから。   もちろん 中国では B型肝炎が消える例は多いのかも知れません。 B型肝炎はウイルスです。 実はウイルスは中医学の薬---薬草は大変良く殺せるのです。 どんなウイルスであれ、中医学の薬はウイルスを消滅する事ができます。   かと言って適当に薬を飲めば良いものでもなく どの薬を飲めば良いかは余程の上級の医師に診断を仰いで治療しなければうまく行きません。   とにかくA様は「B型肝炎が消えた」 これは快挙であるのは間違いありません。 おめでとうございます。   こんな事もあるのだと教えてくれただけでも大変ありがたく思います。 関連の記事をご覧ください。 B型肝炎 驚きの情報 治療で消滅している人がいます。中医学・大病院・名医の情報 。総合情報。 https://js-vivid.com/bgatakanen-15/  

その他の病

2020/5/20

膝の痛み中医学の治療。膝痛・腰痛、漢方大病院の情報。

無料相談はコチラ 膝の痛み(膝関節痛)の情報ページです。 困っている人が多い病です。 どうすれば良くなるか、めったに無い情報があります。     記事担当の後藤です。 この記事をご覧いただいて役立てている方が多いようで、私も大変うれしく思います。   以前、何度かお会いした事のあるお母さまを参考にご説明します。 まだビビッド・ライフが中医学をする前のはるか昔の頃です。   お母様は膝が悪く長年困っていると聞いていました。 整体で特に優秀な先生を紹介しましたが、一時的に気持ちが良いだけで、 それ以上は無理でした。   やむなく上海に依頼しましたら、少し薬を送って来ましたが、全く効果が有りません。 お母様はその後も地元の病院、県の大病院にも長年行きましたが、良くなっていないと聞いていました。   それから10年くらいして息子さんが珍しく電話して来ました。 話の途中でお母様の様子を聞きました。 なんと、驚いた事になっていました。 あまりの痛さに手術をしたそうです。 その内容に驚きました。 なんと片足を太ももから下全部を切断したそうです。 驚きました。   最初は膝上までを切り離したのでは無いかと思います。 それでも激痛が止まらず、止むを得ず太ももから切り落としたようです。   もっと驚いた事に 息子さんの話は続きが有りました。 腰が痛かったそうで、それも全く治療方法が無かったそうで、 病院に依頼して、腰の神経を切断したそうです。 あまりにも生々しい話で私も驚きました。   息子さんに聞きました。 お母様は今、どのような状態ですか?と。 「片足が無く、車椅子の状態で体調が悪く、多分、長生きは出来ないだろう」〜と話していました。   田舎のご家族で、お母様が一族の中心です。 本当に困った状況のようです。 日本と中国の違い  私がずっと前に良く話していた事を今、思い出しました。 それは 日本は不自由な足で歩いている人を多く見かけます。 特に女性が多く目立ちます。   ところが中国に行って、足が悪い人は見かけた事がありません。 中国人の健康状態は街を歩くとすぐにわかります。 多くの中高年を見かけますので。   中国では足の痛みは良くなって当たり前〜 と言って良いほど 治療するところ、治療方法が様々あります。 だから足の悪い人が街を歩いているなど、出会った事が有ません。   色々な治療方法がありますが、調べて見ますと どの治療方法も大体90%以上の確率で痛みが止まります。 もちろん手術する人は非常に少ない。  なぜ中医学の薬の治療が良いのか? 中国では中医学に近い伝統医療が色々あり、膝の痛み(膝関節症)は非常に良い方法が色々あります。 ビビッド・ライフの先生方は大学病院の先生方ですから、様々な治療方法に精通しています。 先生方に聞くと「膝関節痛の根底治療は中薬なら出来る」と言います。 つまり一時的に痛みが止まるのではなく、 根底からの痛みが止まるのは中薬による根底治療だと言います。 日本人が間違っている事 それは膝が痛い時、日本では膝ばかりに目が行ってます。 しかし膝の痛みが出たほとんどの原因は膝では有ません。   別の記事をご覧なるとお分かりになるのですが、 腎や肝など五臓が悪くなっています。 また五臓と膝の関係も悪くなっています。 ここを中薬で治療すれば、治療効果が非常に大きいのです。   膝を治療するために五臓を治療すると 全身が格段に良くなります。 大きな副産物です。 早く良くなるように願っております。   関連の記事はこちらです。 膝痛(膝関節痛)を中医学の薬だけで根本治療する方法。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-3/   膝痛(膝関節痛)が漢方薬だけで治ったら良いですね。痛みの原因。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-1/ 膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報 https://js-vivid.com/hizatu-15/         ◇百宝元を健康管理にお使いになっている方が多くいます。 膝が痛い。いきなり上海の先生に相談するのに迷っている人は、 まず先に◇百宝元を愛用する方が多い。 それが気に入ったと上海の先生にも相談をされる人が多い。   ◇百宝元は健康志向の上級者向けです。 安物買いの銭失い〜と言います。 本物の良さは実に見事です。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/5/20

全身性エステマトーデスは内臓の病気です。中医学で根本治療はどこを治療するのか説明します。

無料相談はコチラ   全身性エステマトーデスの情報です。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。」   「全身に及ぶ非常に難しい病気ですが、 中医学・大病院・名医であれば完治・治癒する人もいます。 全員がそのようになるかは確認できないですが、 しっかり治療するなら、良くなる可能性は十分に有る病気です。 お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」   「ひとつ大事な点が有ります。 上海でも、大病院でも よほどの医師でなかれば良くすることはできません。 常に現地の情報を集めていますが、事実です。」     根底から治療する方法を説明します。 この病を根底から治療する方法は 他の医学には無いので、ぜひ有効活用されてください。 治療結果も非常に良いです。 初期・中期・後期と分かれます。 病の深さにより違いますが、大部分の人が良い方向に進みます。   ここに出ている情報は まだ日本には伝わっていない内容です。 しかし世界で最も治療実績があります。 無事、良くなられる事を心より願っています。     全身性エステマトーデス(SLE)の原因メカニズム 1)肝腎陰虚 これはSLEがまだ軽い段階です。 この状態は肝腎が陰虚になっています。 この為、陽が頭部に上り目眩、耳鳴りが起きます。   肝陰が不足した為、生理が不調、生理が無い。 腎が陰虚の為、脚・腰がだるく痛い、髪の毛が脱ける。   2)脾腎陰虚  この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い。 腎・脾を悪くしているので---全身に浮腫、重症者は胸水・腹水が有る。 肺を悪くしている為----咳・痰が有る。 最終的に尿が出ない状態になる。 腹が張る、食が細い、膝腰が怠く痛い。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 肝が正常に働けず鬱状態になり、気が滞留し、血瘀になった。 子宮につながる経絡が不調になり、生理が不調になって生理が無くなる。   4)热毒旺盛 SLEの高度活動期に多いパターンです。 ベースとして陰損が体にあります。 繰り返し熱毒に侵されました。 これで高熱が出たり、高熱が引かなくなりました。   熱毒が営血を広範囲に渡って加熱しました。 そして熱が血と経絡を損傷させました。 日光にあたると病状が悪化します。 吐血、出血、血便などが出ます。   心神が熱毒の影響を受けますので、恍惚状態、昏睡状態、奇声、けいれん が起きます。 熱毒が体に溜まり蒸されるので気血が通らなくなり、関節がだるく痛い、筋肉に力が入らないので痛い、肢体が浮腫みます。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 赤斑、鮮やかな赤、手足の関節痛、腫れが有る。   「風湿熱邪」あるいは「風寒湿邪」を受け、ずっとこもると熱が発生します。 「風湿熱邪」が元々体の「陰虚内熱」と結合し「熱毒」を生みます。 これが脈絡を塞ぎ全身性エステマトーデスを発病させます。   全身性エステマトーデスの原因、補足説明 全身性エステマトーデスは二つの原因が同時に発生した病です。 一つ目は体内で発生した原因です。 二つ目は体外から侵入した原因です。   1)体内で発生した原因 ①肝・腎が弱い。 ②先天の精が不足して居る。 先天の精の不足とは、母親の体内で受胎した時に先祖からの家系の血筋を引き継ぎます。 その引き継いだ内容が不十分な状態です。 あるいは先天の精(血筋部分)を後天的に損傷している状態です。   ③感情で体内を損傷した。 ④過労により体内を損傷した。   これらが体内で発生した事が第一原因です。   2)体外から侵入した原因 人は24時間、自然界にいます。 家に居ても、外出しても、地球にいる限り大気に触れていますので、 ①熱・寒・湿・燥・風など 大気の様々な影響を受けます。 ②太陽の光・熱を受けたのも大きな原因です。   それが体内に侵入します。 これは「陽毒・陰毒」などと呼びます。 これが体外から体内に侵入した第一原因です。   その他に ③薬物が体に入った事が原因になる事もあります。 薬物とは農薬など、様々な化学薬品です。 これらが体内に侵入します。   このように体外・体内の両面が重なり全身性エステマトーデスの原因になって居ます。 全身性エステマトーデスの発症のメカニズム 補足説明 1)体内で発生した原因の影響で ①五臓六腑が損傷します。 ②全身の血の流れが次第に悪くなります。 ③鬱血し血が流れなくなります。 ④経絡(血の通路)が詰まります。   2)体外から病の原因が侵入した影響で ①熱毒(熱性の毒)が体内に作られます。 ②熱毒が五臓六腑を損傷します。 ③筋骨を損傷させます。 ④筋肉を擬固させます。   これで全身性エステマトーデスが形成されます。 このようなメカニズムにより多臓器に及ぶ非常に複雑な病気になっています。 体内環境が大幅に損傷されている状態です。   この根本治療を行い体内環境を大幅に整え、根治を目指す治療があります。 それは中国の大病院が行っている治療方法です。 現在、この治療方式は世界で唯一、中国だけです。   全身性エステマトーデスの根底治療 中医学 1)肝腎陰虚 この状態は肝腎が陰虚になっています。 ①肝・腎を滋養する治療をします。 ②肝・腎の働きを補う治療をします。   2)脾腎陰虚 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気の働きをスムーズにする治療をします。 ④水の流れがスムーズになるよう治療します。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)热毒旺盛 元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血に熱を清める治療をします。 ④血の働きを活発にする治療をします。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。 ③風を取り払う治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   全身性エステマトーデスは 子供を産む年代に多い 生理との兼ね合いがある年代で多く発生する病気です。 しかし実際は中高年もこの病気になる人が多い。 全身性エステマトーデスの治療は正確な診断が必要です。 全身性エステマトーデスは全身に様々な症状が現れます。 一体、体内がどうなっているのか? 必ず知って置くのが大切です。   ①治す上で必要な条件---損傷している臓器を知る。 全身性エステマトーデスは必ず内臓が損傷して居ます。   何種類かのパターンに別れます。 貴女はどの臓器が損傷しているか?漢方の医師が診断すれば正確に分かります。 ②どの臓器が損傷しているか知る----漢方医は四種類の診断をします。 1)「望診」顔・目・舌の診断、全身の状態など。 2)「問診」患者に色々質問をします。病状、病歴など。 3)「聞診」呼吸音、声の強弱など 4)「切診」脈診が主体です。 四種類の診断で非常に正確に体内の状況が分かります。 人間の体は表側と内側が一体となって居ますので、体の表側を観察すると、内側の状態が良く分かります。 例えば問診で「耳鳴りがする」---ならば、ほぼ確実にある重要な臓器が損傷しています。   そして「眩暈がする、体力気力が無い、低熱が続く、脱毛、生理不順などが入れば、ほぼ確実に二つの臓器が損傷して居ます。 また顔の頬、手の平、手の指先などに鬱血状の斑があれば、上記の症状と合わせると「経絡」が詰まって居る事が分かります。   経絡(けいらく)をご存知の人は少ないと思いますが、 ツボはご存知でしょう?鍼、指圧、マッサージの時に押さえる体のポイントがツボです。 これは経絡(けいらく)の要所のことです。 全身性エステマトーデスを改善するには経絡の治療が不可欠です。 医師は診断において経絡(けいらく)を重視します。  全身性エステマトーデスになっている人は、 経絡(けいらく)を詳しく知っていると得です。 経絡は何をするところか? 実は血の通り道です。   詳しくは「気と血」の通り道です。 ここではまず血に限定して知って下さい。 誰でも血液の通り道は「血管」だと知っています。 当然、血管は血の通り道と知っています。   しかし経絡は血管以上に大事な血の通り路と見なしています。 経絡(けいらく)は全身に12本通っています。 頭から足の先まで繋がっています。   「経と絡」は違います。 「経」が大通り「絡」が体の隅々を担当します。   経絡(けいらく)が詰まった為に血が回って来てない。 1)血の重要な臓器は心臓です。 ここは意外と正常です。   全身性エステマトーデスで血と関係する臓器は別にあります。 そこが損傷し、機能が落ちて居ます。 だから全身に血を送る力が弱い。   2)例えば女性は生理があります。 子宮に血を多量に送り込む臓器があります。 そこの事です。 その臓器が損傷し、機能が弱っているので生理不順になるのです。   3)血の通り道が経絡です。 子宮につながる経絡が詰まっているので血が子宮に来ません。 それで生理不純になります。2重に問題があります。   4)脱毛は頭に血が十分に来ていない事を表します。 「髪は血の余分」つまり髪は血で出来て居ます。 脱毛は経絡が詰まっているのが原因です。   5)皮膚の色が顔、手足が赤い、鬱血状態の斑が出来ている。 人によってはレイノウ病の様相があります。 血が来ないのでロウソクのような手・指の色になります。 これらは手につながる経絡が詰まっている状態で起きます。 医師は診断において熱の出方を慎重に診断します。 全身性エステマトーデスは熱が出やすい。 1)39度くらいの熱が1週間以上続く。 2)低熱がずっと続く。 3)午後になると熱が上がる。   4)寝起きと睡眠に入ろうとすると熱が出る。 5)昼間は熱が上がり、夜間は下がる。 6)軽い労働をすると直ぐに高熱が出る。 などがあります。 最も多く見られます。   全身性エステマトーデスは中医学では4〜5種類に分類します。 それ毎に特徴的な熱の出方が有ります。 ...

その他の病

2020/5/20

最初に相談料が格安です 中国人でもビックリな格安よ

無料相談はコチラ 最初に相談料をほんの少しばかりいただくようにしています。 この制度ができるまで色々と試行錯誤しました。 ①相談料が負担〜と言う方に無料にした時期が有ります。 この方達は全員、治療を継続しなかった。 今までの多くの経験から、相談料を払えない人は治療をきちっとしません。 ②逆に相談料を支払った方はどなたもきちっと治療を受けました。 ですから現在は相談料をきちっと支払える人をお受けしています。 相談料には色々な意味が込められています。 ビビッド・ライフの相談料は格安なのです。 優秀な医師でも治せないほど難しい病気でも、超一流の医師は治せます。 あなたの病気は2流・3流の医師では治りません。 一流に頼もうと思うなら、多少なりとも費用負担が掛かります。 しかし下記をお読みになれば、激安とお分かりになるはずです。   優秀な医師でも個人的に治療を受ける場合 中国では謝礼に40万円を支払います。 超一流の医師には100万円を支払う事も有ります。 ビビッド・ライフ上海の担当者の父上は医大の終身名誉教授でした、父上がご病気になり優秀な医師の治療でも危険な状態で有った為、超優秀な医師に依頼した時に彼は謝礼に100万円払ったと言ってました。 最終、相当優秀な医師の治療を受けている時、このままでは命が持たない、多分無理だろうと思っていました。 しかし100万支払った医者見事でした、あれから容態が大幅に改善したのです。   ちなみに福岡で中国・大連出身の先生がいますので聞きましたら、大連で上手な助産婦さんを個人指名する時は40万円の謝礼をするそうです。 中国社会は相場は同じようです。 いかがですか、ビビッド・ライフは優秀な先生を通り越し、超一流の医師に皆様をご紹介していますが、皆様から決して100万円はお預かりしていません。 中国の一般人が普通し払っているのと比べて、ビビッド・ライフは激安です   上海のスタッフ 上海に医療の専門知識を持っているスタッフがいます。 ビビッド・ライフ専用に動いて頂いています。 診断についての取次を全部します、薬の発送もします。 多くの医師と接触する、多くの医療機関と交渉する、医薬品手配に関する一切をする、中国税関や医療に関する法律に精通しているスタッフです。 これは非常に難しい仕事で、病院でもよほどの優れた人材でなければ出来ない業務です。 このスタッフにビビッド・ライフは給料を支払っています。 彼を動かすには多くのコストが掛ります。 しかしこれ抜きに皆様の治療は一切出来ません。 相談の流れ ①皆様から頂いた相談内容を医師に分かり易いように文章をまとめます。 ②翻訳し、中国語と日本語の両方の説明文を上海に送ります。 ③上海の担当は、中国語、日本語とも確認し医師の所に行き、医師に詳しく説明します。 ④医師は相談内容を数日かけて詳しく検討し、病の原因を詳しく把握し治療方針を立て、薬の処方を決めます。   ⑤上海スタッフは医師の所に出向き詳しい説明を受けます。 ⑥上海スタッフは医師の説明を中国語、日本語で送って来ます。 ⑦ビビッド・ライフは受け取った説明をさらに具体的に患者様にお伝えします。 以上がワンステップです。   例えば性器ヘルペスの人ですと、早い人は4〜5ヶ月で完治します。 この間に上記の上海の先生とのやりとりを5〜7回繰り返します。 この費用は本当は相当な金額が掛かります。 普通これほどの内容を、頂く最初の相談料で出来るものでは有りません。 ビビッド・ライフの相談料が激安とおわかりになると思います。     旅費・交通費・病院で費やす時間 あなたの病気は何でしょうか? 皆様、大学病院、医療センター、県立病院など大きな病院に毎回出向いていると思います。 大体1日がかりです、交通費など経費がバカになりません。 上海の大学病院の外来に行く。 普通、上海の大学病院に外来で行く場合も日本と同じように1日がかりです。 日本から上海への旅費交通費、ご家族の付き添い、上海でのガイドの経費。 毎月行くにしても日帰りは無理ですから毎回の費用は一人分が10万円は掛かります。   上海の大学病院で診断・治療を受ける方法 外来に行ってもビビッド・ライフのレベルの診断は無理です。 ただ外来に行くだけでは無駄になります。 必ず検査入院をするように言われます。 検査入院だけで費用として150万円から250万円は必要です。 その間、付き添いのご家族の宿泊費、ガイドさんの費用が必要です。   検査入院は初回だけで後は外来になります。 しかし、初回の検査入院、毎月の上海への通院合わせて普通、300〜400万円かかります。 この99%以上が浮くわけですから、誰が考えてもビビッド・ライフの相談料は激安です。 大いに活用されて下さい。  

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/5/20

パーキンソン病。先生に大感謝。中医学の薬を活用体験。上海の大病院・名医の治療。

無料相談はコチラ   山崎さま   74歳 私の話しでお役にたつのかわかりませんが。。。 ビビッド・ライフさんは5年前に写真の幼友達が会わせてくれました。 パーキンソン病の薬が本当にあるのかしら、と思っていたら、種類が多いのですね。   中国と聞いて普通なら心配するのですが、 そのような余裕もない状態でした。 主人も良く理解してくれ協力してくれました。 何事も予定を立てて進める方で、上海の先生から教えてくれた事を忠実に守り、きちんと薬を飲みました。 私が飲んだ中国の薬 腎の治療薬、 肺の治療薬 血の治療薬 神経の治療薬 免疫の治療薬    ずっと◇百宝元を飲んでいます。   元気で家事ができる事、散歩や買い物に行ける事が大事です。 自転車で散歩も好きです。 普段の生活が一番大事です。 私のくせですかね。   しばらく飲んでいたら 上海の先生からはもう中医学の薬は減らして良いと言われたのですが、怖くて減らす気にはなれなかった。   病院の薬もでたものは全部、飲みました。 今は中医学の薬は飲んでいません。   幼友達がいなかったら、 上海の大きな病院・先生に出会うことがなかった。 幼友達には本当にありがたく思っています。 私はインターネットやスマホもしないので、 友達が頼りでした。 上海の先生は、中医学の薬も一定段階に来たので大幅に少なくして良い、ただ良い状態を維持するには微量は飲んでいる方が良い〜と話があったそうです。 薬は良い薬がありますが、 中国の物価が非常に上がり、保険制度の為のようで、上海の漢方薬の値段も急速に上がっていたようです。 この為、ビビッド・ライフさんは相当、工夫してくれ、費用負担がかからないよう、薬を送ってくれました。 色々と細かく、希望を聞いてくれたので本当に助かりました。 ありがとうございます。   ここは上海の豫園です。大観光地ですので非常に整備され綺麗になっています。 +++参考+++ 中国では漢方と西洋医学の病院が半分ずつあります。 15億人が利用します。 自分の判断でどちらかの病院に行きます。   西洋医学を頼りにする人、治らなかったので漢方に変える人。 様々です。 日本では中国のような本格的な中医学がないので、パーキンソン病の治療薬があるなど信じられないと思います。 また日本と中国の漢方薬の成分は大きく違います。 やはり中医学の医科大学が日本に有った方が、多くに方が理解できるので、良いと思います。   パーキンソン病をぜひ治したいと思う人は 下記の無料資料をご覧下さい。ここから。     関連の記事があります、ご覧ください。 パーキンソン病 個人輸入 マサル&ミツコ 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson-1/ パーキンソン病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 中医学 根本治療薬 https://js-vivid.com/pakinson1/ パーキンソン病の治療。上海の大病院・名医に相談した体験。中医学。 https://js-vivid.com/kumamoto-1/   パーキンソン病 中医学 総合情報。 https://js-vivid.com/pakinson-50/   下記はパーキンソン病の詳しい原因や薬について書いています。無料です。ご覧ください。原因は日本では全く知られていません。もちろんあなたも知らないはずです。  

その他の病

2020/6/21

なぜ癌になったのか? ③

  嫁に来る家を間違えた事が癌になった原因 ③ 病気には必ず原因が有ります。 個人の生活環境を調べると〜必ずと言って良いほど原因が浮かび上がって来ます。 ビビッド・ライフの医療情報は中医学に基づいて居ます。 西洋医学とは理論が違います。   癌の原因も様々有りますが、心の負担が大きいと癌になります。 多くの実例を書きます。 1)会社の上司が常にいじめて癌になった人がいました。 2)ある奥様はこの世で最高に悲しい顔をしている人です 悲しみは肺をやられます、しばらくしてやはり肺癌になりました。 3)ある奥様はご主人の退職金を騙されて全額投資に回し、全てを失い、ショックで癌になりました。 4)ご主人・姑が非常に冷たい人で、ストレスで癌になりました。 5)乳癌で相談に来られる人は不思議と離婚かご主人の浮気によるショックが原因です。 6)普通では考えられないほど疑り深い奥様はやはり癌になって居ます。 これはビビッド・ライフで相談に来られた女性のほんの一部です。 この様に感情や思考は五臓「心・肺・脾・肝・腎」を損傷し、癌に発展します。 これは中医学の正規の医学理論です。   下記は、ある参考例です。 さてK様は従姉妹様に通れられてビビッド・ライフに来ました。 中医学の説明を聞いている時に大変おかしな症状をして居ます。 私の説明が何度も遮られるほど、痰が異常に絡んで居ます。 そこで本人が依頼して、上海の先生に相談して中薬を取り寄せ、 しばらく中薬を飲んでいましたが正常になりました。 その直後、A病院で検査したら「膵臓癌が崩れている、崩壊している」〜と言われました。 痰が異常に絡んだのは膵臓癌の症状の一部で、それを中医で治療したので膵臓癌が崩壊したのです。   検査したA病院は「手術した方が良い」と言います。 治って来ているのに何故手術する必要が有るのだろうか? 非常に用心深いK様からの依頼で上海の医師に診断を依頼しましたら、 再発する事は無い、手術不要との回答でした。 それ以外にK様は九州の鳥栖と鹿児島にある大きな癌治療センターまで行き診断を受け確認しました。 ここでも治療不要と判断されました。 K様は上海に2回行き、医師に直接診断を受け、手術は不要との診断を受けました。 全ての医師の判断を総合した上で、K様は自信で「手術しない」〜と判断しました。   この頃、k様に重大な情報が入っていました。 K様に関係あるルートからの情報です。 患者は40代の看護婦さん、お母様からのご相談です。 膵臓癌になり手術をしたく無かったが、病院の組織上、やむなく手術に応じた。 手術後、弱る一方で食べ物も薬も受付けられない状態になっている。   この看護婦さん・お母様によると膵臓癌の手術をすると手術の影響で誰でも死亡するそうです。 膵臓は奥の方にあり、取れないので手前にある色々な臓器を摘出しますので、体が機能せず死亡するそうです。 この看護師様の勤める病院でも膵臓癌の手術をした人は全て死亡している〜との話でした。 だから娘さんは手術をしたく無かったのですが、上位の病院の指導に逆えず、悲壮な思いで手術をしたそうです。 看護婦さんは中学生の男の子を残して亡くなりました。   これもK様は重大情報として判断に入れました。 もしK様が膵臓を手術していたら、もっと早く死んで居たと思った方が良い。 以上の総合判断でK様は結論を出し、「膵臓は手術不要」と判断しました。 注意:ビビッド・ライフは判断・決断には関与しません。 命に関わる事ですので、患者本人が決める必要が有ります。   この様な事がわからずK様の次男は大きな間違いを起こして居ます。 母親は非常に優れた人で優れた多くの医師に合い、何が一番良いか判断したのです。 これは次男に最初から何度も説明して居ますが、本当に頭に入らないです。 次男と話して居て感じましたが、思考レベルが低すぎます。 IQが極端に低いな〜と感じだ次第です。   医療判断は全て上海の医師と患者とでしていただきます。 ビビッド・ライフが口を挟む事は有りません。 関与しません。 あくまでも両者の情報の伝達までが業務です。   さらに参考例は続きます。 K様は何故、膵臓癌になったのか? K様は膵臓癌になった事は知らずにビビッド・ライフに来ました。 異常な痰の絡みなでしたが、痰の原因箇所(膵臓)を治療したら、膵臓癌が良くなったのです。 異常な痰の絡みはそれ以降、全くありません。   K様はその後、家庭内の困った事を相談して来ました。 ご主人がパーキンソン病で酷くなる一方だ。 夫と姑が似た者同士で、長年非常に困っている。 次男が家から物を持ち出す、変な宗教に入っている、定職につかず困っている。   どの家にも何らかの問題があるので〜と思って居たのですが 実際は並大抵の状況では無かった様です。 後でK様の友人達にお話を聞くと、離婚する様に相当勧めたと言います。 次男については他の方も既に相談を受けて居たそうです。   ご主人ですが、 私も車の後席に乗っているご主人を1〜2度見ましたが、尋常な人相では無かったです。 つまりこれらがK様の心身を長年、蝕んで来たと思われます。 他に原因が無いとは言えませんが、やはり家庭内の事が最大の原因と思います。 次男の資料を見ても両親は常に言い争って居た様です。   K様は上海の先生から中薬を出していただき、飲んで居ました。 癌が再発しないようにする為に体がしっかりする為のお薬です。 免疫が非常に上がり、癌は普通出て来ません。 なのに何故、身体に痛みが走るのが? 一体どうしたのか? 不思議に思って居ました所、緊急入院したA病院が数日間掛けて検査したところ 「骨癌」余命半年〜と宣告しました。   しかし不思議です。 なぜ骨癌になったのだろう〜不思議で溜まりません。 ある事を思い出しました。 K様が3月位に写した写真が今でも有るのですが、これまでと違い、急に痩せて体が弱く感じました。 そして5月に体に痛みが走り緊急入院しました。 つまり3月には骨癌が既に始まって居たのです。   もう一つ重要な事が有りました。 ご主人がパーキンソン病で1年中よく無いのすが、 毎年2月がほぼ毎年の様にひどい発作が起きます。 鉄板の様に体が反り返り、動かす事もままならないのです。 2月に大変な状況をK様が電話して伝えて来ましたので パーキンソン病の中薬の飲み方を教えました。 こんな時はK様は一人では手に負えないので、実の妹様を呼び出して手伝ってもらっていると言ってました。 重たい男の体を女性二人で抱えるのは並大抵で無いと聞きました。   もう一つ大変なのは姑です。 この人も体が悪く、K様としては大変だった様です。 しかも感情的に非常に難しい夫と姑です。   2月はK様はこの件で大変忙しく全く会えませんでした。 つまりこの2月が心身とも大変な負担がかかり、ここが骨癌発症のスタートとなったと思います。 K様とは業務の関係で毎月相当回数会っていますので、体の変化が良くわかります。   癌の発生原因は色々ですが上記の例も参考にしてください。 「渡る世間は鬼ばかり」のドラマが有りましたが 人が生きて行くのは大変です。 病院だから〜と油断しないで下さい。 特に入院は油断なりません。 病院は大事ですが、丸投げは危険です。   この件の関連記事はこちらです。 ①親の命を守るには、やはり中医学は大事です。(メイン) https://js-vivid.com/tire-daiji/ ②お薬のご注文、◇百宝元のご購入は自分の意志でご注文されて下さい。 https://js-vivid.com/natume-1/   ④親を粗末な死に方をさせてはならない  https://js-vivid.com/sekitei-1/ ⑤完全看護でも家族が着くべきです https://js-vivid.com/tango/   ⑥素行不良の子供は親の治療で大きな判断ミスをします https://js-vivid.com/jinkaku/

その他の病

2020/6/21

親を粗末な死に方をさせてはならない ④

親を大事にしない子供は最低です 親を粗末にする子供が良い人生ができる訳有りません。 親は偉大な人物だが、子供ははるかに格下の人格。 このようなレベルの子供が偉大な親が考えている事が理解できません。 そのギャップが突然現れる時が有ります。 それは、親が重大な病気に掛かった時です。 子供の取り返しの付かない失敗で、親は命を失います。   下記は参考です。 K様の次男は毎夜、金縛りに合い出した 次男が書いた資料に書いて居た事ですが、 「母が亡くなり自宅に安置された。 穏やかな亡くなりかたでは無く、異様な雰囲気を感じた。 そして毎夜、自分は金縛りに合う様になった」 そう書いて居ます。   それはそうでしょうね〜 お母様としては無理やり死なされた〜と思っているはずです。 あの時の状況は多くの人が知ってますが、「実際は無理やり殺されたのです。」 あの時の状況を知っている、多くの方が同じ思いです。 病院がした事は最初のぺージに書いて居ます。 法律がどの様に判断するかは知りませんが、殺人だと思います。 骨折の治療の為に転移したのに、膵臓癌が再発していると嘘をでっち上げ死なせたようですから〜。 1番目の病院も上海の医師も骨癌以外に癌は何も無かったと判断して居ます。   次男・妹が母親にした事は人権侵害、監禁です 人道的にも、社会の常識から考えても信じられない悪行です。 病院が何を目論んでいても、次男・娘があのような事をしなければ死なずに済んだのです。 母親は豊富な医療知識を持ち、多くのブレーンとなる友人・知り合いを持って居ますから 対策はいくらでも取れたのです。 K様の依頼があれば、多くの友人が病院に掛け合い救出出来たはずです。   次男が母親の携帯を無理やり、揉み合いになって、取り上げました。 返してくれと母親が言いますが、次男は一切応じません。 母は次に娘にも言いますが、これがまた、なかなかの曲者で全く応じなかったそうです。 母親は無念な思いで亡くなったと思います。 二人が母親にした事は「人権侵害・監禁」です。   次男に「私は死にたくない」と言うと、次男は「もう一度生まれて来たら良い」と言ったそうです。 これも次男の資料に書いて居た事です。 次男や娘の人格、能力はとても母親には及びません。 もし母親が携帯をもって居たら、今頃はまだ生きて居たと思います。   ばかな夫・姑・次男・娘がいなければ長生き出来たと思います。 日本の医学では無理でもK様は2つの癌を乗り越えたのですから あとは、上海の中医学・大病院・名医に依頼して良い治療をするだけです。 できれば、離婚して健康第一にすれば、もっと安全に長生き出来たはずです。   母親は病院からだけで無く 子供達から酷い死に方をさせられた〜と思っています。 K様の性格、人柄を良く知る人たちは、K様がどう思考するか良く知って居ます。 だからK様は亡くなった後、次男、娘は大事な子供で有るのは間違い無いですが 自分にした事は絶対に許さないと思います。 次男が毎夜、金縛りに合い出したのはその為です。   K様が亡くなる少し前に、やっと面会許可が出て友人が会ったのですが 私宛に伝言が来ました。 「体が言う事を効かないので子供を押さえる事ができす、私に申し訳ないと思っている」 「私に対し、くれぐれも宜しく伝えて欲しい」と このような内容だったと思います。 死なせる為に病院はガンガン薬を飲ませて居ますから、体は動かないはずです。 そういう事もお構いなしに、この兄妹は全くひどい事をしたのです 親を助けるのでは無く、見捨てた所では無く、無理やり死なせたのです 本当にお気の毒な亡くなり方です。   夫と姑は妻のK様のお陰で命を保って居ました。 嫁に来て以来、長年K様を悩ませて来た夫と姑です。 嫁のK様が亡くなれば、姑も夫も命は時間の問題と思って居ました。 第一に◇百宝元も中医学の薬も手に入ら亡くなるのですから、命が持つわけが有りません。 予想通り、姑は間もなく亡くなりました。 そして夫も亡くなりました。 私は夫が亡くなるのは多分、パーキンソン病の大きな発作が起きる2月だろうと思って居ましたが、やはり的中しました。   夫は毎年、ひどい発作が起きた時、奥様が予め手配して居た中医学の薬を飲ませ危機を乗り越えて居たのです。 姑は心も体も良くなく、体の方は◇百宝元で何とか保て居たのです。 夫もパーキンソン病ですが、奥様が健康管理で毎日、◇百宝元を飲ませて居たので なんとか命が続いたのです。 この家族にとって中医学や◇百宝元は大変な貢献をして居ました。   これを次男・妹は知りません。 だから一家が連続して亡くなったのです。 結局、母・姑・父と連続して亡くなりました。 中医学はK様のご家庭には非常に大きな柱だったのです。   やはり子供は思いやりの有る、良く気がつく子が良いですね。 ダメな子だと親が全滅します。 これではこの家は代々、家系が繁栄しないです。   中医学をすごいと着目した母親は2度までも癌を乗り超えました 中医学を大事にする価値がここに有ります。   この件に関する記事はこちらです ①親の命を守るには、やはり中医学は大事です。(メイン) https://js-vivid.com/tire-daiji/ ②お薬のご注文、◇百宝元のご購入は自分の意志でご注文されて下さい。 https://js-vivid.com/natume-1/ ③なぜ癌になったのか? https://js-vivid.com/linty-1/   ⑤完全看護でも家族が着くべきです https://js-vivid.com/tango/ ⑥素行不良の子供は親の治療で大きな判断ミスをします https://js-vivid.com/jinkaku/  

その他の病

2020/5/20

脳卒中の原因、最も高度な中医学・大病院の治療方法を紹介。

無料相談はコチラ 脳卒中は漢方と現代医学は治療の仕方が全く違います。 漢方はさっと危険を回避させます。 また漢方が見つけた脳卒中の原因は現代医学と全く違いますので、多くの方がびっくりすると思います。   しかしそれをきちっと治療しないと後遺症の治りが悪い、再発の危険が高くなります。 脳卒中は、脳梗塞、くも膜下、脳出血などの総称です。 昔、脳卒中を「中風」と言ってたのをご存知ですか?   なぜ中風というのか? 実は脳卒中は状態が「風のように動き、変化するためです」これは2000年前の医学書にすでに出ていました。 実際、脳卒中は様々な症状になります。 脳卒中の主な症状は 突然意識を失って倒れる、半身不随、顔面の神経麻痺、言語障害など。   脳卒中時の危険を回避する高度な漢方の力とは 救急車で運ばれ「手遅れ、危篤、打つ手無い」と言われた場合でも、高度な漢方は意識を回復させることも可能です。 入院中の危険状態を回避するには高度な漢方が役立ちます。   脳卒中の原因とは 発病の下地---気・血・津液 人体を動かす三大要素は「気・血・津液」です。 気は体内を回っているエネルギーです。 血は血液。 津液(しんえき)は体の中の水分です。   この三つは常に体の中を循環しています。 もしどれか一つだけでも循環する力が弱くなると、やがて病気になります。 脳卒中を起こす人は下地として「気・血」が欠損している、虚弱な状態になっています。 つまり脳卒中にならなくても、別の大きな病気に確実になる状態です。   陰陽のバランス なぜ脳卒中になったか? それは陰陽のバランスが関係しています。体は全て陰陽があります。体の表面が陽で、体の内側が陰です。上半身が陽で、下半身が陰です。このように体のすべてに陰陽が有ります。(日本で漢方の難問は陰陽の判断です。この陰陽がわかれば優秀な漢方医になれます。) 知られていない原因とは 脳卒中は「心・肝・腎」の陰陽のバランスが壊れています。 脳卒中は確かに頭部の血液が関係する病気です。 日本では緊急の場合は頭部を手術します。   それは良いとして、実は「心・肝・腎」の病気なのです。 これは全く日本では知られていません。 漢方で治療すると医師が「心・肝・腎」のどれかの薬を出して来る時があります。 実は脳卒中を良くしようと思えば、「心・肝・腎」 の治療が必須になる時があります。   その他の発病のきっかけ 多いのは精神面です。 それに多いのは飲食です。 特にお酒は関係します。 これらは別に詳しい説明書にて、どのようなステップで発病するのか説明します。   間違った迷信 日本では血液をサラサラする薬を飲んでいるから脳卒中は大丈夫〜という人が多い。 では救急病院のドクターに確認してみてはいかがでしょうか? 有名病院のドクターに直接、聞いて見ましたらこんな答えが返って来ました。 「血液サラサラを飲んでも効果がない。それを飲んでいる人が次々と脳卒中で運ばれて来る」と。   サラサラがどれでけ良いかは担当外ですので、タッチしませんが、それだけ脳卒中は難しいと言う事です。 中医学でも血液を綺麗にする薬はよく使います。 しかし漢方はサラサラだけではなく、血液の質を改善する治療をします。   最先端の中医医学の治療 脳卒中は最も危険な病気ですから、必ず漢方の名医に相談する必要があります。   ①現在、危篤状態、昏睡状態で有っても、 中医学の薬を口に入れることが出来れば、助かる場合がある。 本当なら注射や点滴で漢方を体に入れれば、ほとんどの人が助かり確率が上がります。 手術しなくても良い場合が増えます。   ②あるいは手術するのが手遅れ 年齢的に手術が無理な患者でも、高度な漢方は短時間で危険状態を解消する場合がある。   ③あるいは片方の脳の全面に血液が充満した場合 植物人間になるので、現代医学では処置で、あるいは自然に死なせますが、この場合でも高度な漢方は2〜3時間で危険状態を乗り超え、復帰させる場合がある。 これはビビッド・ライフだからでは無く、高度な漢方であれば国際的にも普通のことです。   救急車が来るまでの漢方治療 脳卒中を起こした場合、すぐ救急車を呼ぶのは正しいですが、搬送中に救急車の中で死亡したり、タクシーや家族が車に乗せて病院に駆け込んでも、待合室にいる間に急変し、死亡する場合も珍しくない。 このためビビッド・ライフでは希望者には脳卒中の治療薬を日頃から持たせています。 ハンドバックや自宅の救急箱に入れていつても使える方にしています。 脳卒中が発生した場合、直ちにその薬を飲めば、病院に着くまでに、病状は山場を越し、良くなっています。 このような薬は日本には有りません。   入院中、退院後の漢方治療 半年間ほど入院して退院後は車椅子の人でも、漢方の治療を早くした人は、治療が上手くいけば杖の必要も無く歩行できる人もいます。 その後は自動車の運転まで前と同じようにできる人もいます。 病状や個人差が有りますので一概には言えませんが、全く会話ができないほどヒドイ状態の重症の人でも回復が上手くいく場合が有ります。   治療の重要ポイントは早い時点で漢方を使うことです。 血が固まら無い内が有利です。 入院中に中医学の薬を飲むことを承諾してくださる病院なら良いですが、 そうで無い場合は退院後に飲ませる事になりますので、 その頃には血がほとんど固まっていますので、 それからの中医学の治療では非常に不利です。   退院後、年数が経っている場合 車椅子生活の人や寝たきりの場合、大概は病状は進みます。 つまり硬直が進みます。 .脳卒中の再発率は厚生労働省の統計を見ると、ほぼ50%の人が再発しています。   まず現状の体の状態を可能なかぎり改善するには高度な漢方治療なら改善する可能性があります。 またその治療自体が再発防止にもなりますので、漢方治療を試して見ると良いです。 身内に脳卒中の人がいる場合、よく分かると思いますが、病院から薬が出て毎日飲んでいます。   しかし長期で見た場合、だんだん進行している事がわかります。 手足が全く動かなくなったり、会話が一切できなくなった人をよく見ます。 発病後はずっとそれほどヒドくなかったのですが。。。 こうならないようにしたい人は高度な漢方を使ってください。   再発防止の方法 脳卒中の再発防止ですが、ここまですればもう大丈夫という確実に安全なラインはありません。 最善を尽くす事、あとは運を天に任せるしかありません。 しかし中医学の医学書を見ますと、予防する心がけや、生活の仕方、予防の体操の仕方などがあります。 実際に再発防止の治療する人には必要な事ですので、それらは教えます。   漢方の名医が必要です。 日本は明治政府の判断間違いで漢方が正規の医療から外されました。 江戸時代末期までは相当に高度な漢方が研究、治療されていました。 鎖国が解かれた明治には本来なら、さらに高度な漢方の知識やレベルの高い漢方の薬草が海外から日本に入り、格段に優れた漢方が発展するはずでした。 そのチャンスを明治政府が潰しました。   それからずっとですが、現代も日本には高度な漢方医学の大学制度はありません。 また漢方の医師免許制度はありません。 したがって中医学と同等の高度な漢方の治療をする病院はありません。   日本の病院用の漢方薬は138種類ほどで少ないです。 対策として、ビビッド・ライフは漢方の国際的な名医に相談・診断ができる体制をとっています。 病院用の医薬品は9000種類あつかえます。 もちろん名医からの処方箋に基づき薬剤部が薬を出してくれます。   脳卒中の関連の記事ができました。こちらをごらんください。 脳卒中の治療、漢方の取り寄せ方法。体験報告。 脳卒中の動画   さて、本気で治療に取り組みたい人に、日本人が誰も知らない「脳卒中の原因」について分かりやすく書きました。 下記をご覧ください。無料ですので、ぜひ参考にしてください。 予防方法や再発防止も書いています。   お困りのことがあればなんなりとご相談ください。無料相談お受けしています。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/5/20

膝痛(膝関節痛)が漢方薬だけで治ったら良いですね。痛みの原因。中医学・大病院・名医の情報。

無料相談はコチラ 膝関節痛(膝痛)の情報ページです。 中医学の薬で根本治療ができます。   記事担当の後藤です。 「膝痛で大変お困りと存じます。 大手術してもうまくいかず、悲惨な状況になる人もいます。   」   「膝の痛みが出る原因は五臓です。 五臓と、五臓から膝につながる経絡を中医学で根本治療します。 下記に痛みの原因について詳しく書きます。 痛みが解消しますことを願っています。」   膝痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学 原因1)外邪侵襲 大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。 湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。 労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。 汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。 夏の湿熱が体に入った。   このような事が原因となり、 ①湿が腰に溜まってるいる。 ②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。   原因2)瞬挫打力 打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、 膝の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。 その影響で腰痛になった。   原因3)年老久病 ①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。 ②腎の先天の稟腑が不足している。 ③仕事のし過ぎ。 ④多くの慢性病が長く続いた。 などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。   人体には気のエネルギーが有ります。 血は気が機関車役で体内を回っています。 しかし「血も気も」両方が虚弱な状態なので体内に血が回りません。   血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方が虚弱による膝関節痛です。     原因⑤     風・寒・湿が体に侵入した。 気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の中でも「風・寒・湿」が体内に侵入した病です。   風と寒が湿を固まらせ痰を作ります。 痰が経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・湿」が侵入した事による関節リウマチです。     原因⑥    風・湿・熱が体に侵入した。 気候の「風・湿・熱」が体に侵入しました。 湿が熱で煮詰められ、濃い痰になります。   痰が経絡に侵入し血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・熱」が侵入した事による関節リウマチです。     膝関節痛の状態-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹証の状態 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 膝関節につながる経絡が閉鎖され気血が通れないので膝関節痛になった。   2)寒熱錯雑証の状態 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている。 膝につながる経絡が詰まって気血が流れなくなり膝関節痛になった。   3)風湿熱痹証の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈が塞がれ気血が流れる事が出来ない為、膝関節痛になっています。   4)気血虚痹証の状態 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 気血が損傷し弱っている。 膝につながる経絡が栄養されないために膝関節痛になった。   5)痰瘀痹阻証の状態 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 絡まった痰と瘀血が筋肉にとどまっている。 膝につながる経脈が塞がれ膝関節痛になった。   6)肝腎虚痹証の状態 肝腎が力を失い、筋・筋肉が栄養を失い、膝関節痛になった。   もし根本から治したいなら 膝関節痛の原因やどのような状態で悪くなったか、説明しました。 膝の痛みは基本的に五臓が関係している事が分かりました。 全身は五臓が管理しています、膝もそうです。   年齢や気候などの影響で五臓が弱ると膝を滋養する事が出来ず、膝に痛みが出てきます。 ですから五臓を元気にしてあげると膝の痛みは消えます。   膝は五臓から血が来る事で正常動作していますが、 五臓から膝につながる血の通り道(経絡)が詰まっていると血が来ないので膝に痛みが出ます。 それで治療としては経絡も治療します。 このような根本治療をする事で、何度も悪化するような事態にはなりません。 下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。 実際に日本から行った時の写真です。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える。 実際に使うお金を比較してみる。 結局、一番割安です。   どのように治療したいですか? すでに病院の漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。   当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 日本の優秀な漢方治療を色々と訪ね、そして中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「膝」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   関連の記事はこちらです。 膝痛(膝関節痛)を中医学の薬だけで根本治療する方法。中医学・大病院・名医の情報。 https://js-vivid.com/hiza-3/ 膝の痛み中医学の治療。膝痛・腰痛、漢方大病院の情報。 https://js-vivid.com/hiza/   膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報 https://js-vivid.com/hizatu-15/       個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.    

その他の病

2020/5/20

関節リウマチを良くする。悪化の理由が分かる。元から治療。中医学・大病院・名医。

無料相談はコチラ   医師監修:関節リウマチ リウマチの情報ページです。 「記事担当の後藤です。 関節リウマチは次第にひどくなります。 大変な苦痛と存じます。」   「治せるものなら是非治したいと思っていると存じます。 中医学は世界でも最も関節リウマチの治療で良い成果を出しています。 下記の記事をご覧になり、早くお元気になられてください」   関節リウマチの原因は6種類あります。 原因①  肝・腎が虚弱になっている 肝・腎の「陰」が虚弱になっています。 肝腎要(かんじんかなめ)と申します。 腎が体の中心です、腎が母親で肝が子供です。   肝・腎が悪くなれば全身が悪くなります。 肝腎からの経絡(血の通り道)が塞がれ関節に血が回らず、腫れて痛みが出ます。 これが肝・腎が原因の関節リウマチです。   原因②   脾・腎が虚弱になっている 脾・腎の「陽」が虚弱になっています。 脾・腎の悪化で関節につながる経絡(血の通り道)が塞がれ、腫れて痛みがでます。 これが脾・腎が原因の関節リウマチです。   原因③ 「痰」が詰まっている。 痰は喉にたまる痰は知られています。 しかし、体内で作れる痰は知られていません。 津液(水)が体内に有りますが、これが停滞し濃くなりネバネバの痰になります。   この痰が経絡(血の通り道)に侵入します。 経絡の血が通らなくなり、血が来ないので関節付近が腫れて痛みが出ます。 これが痰が原因の関節リウマチです。   原因④   血が不足、気が虚弱 人体には気のエネルギーが有ります。 血は気が機関車役で体内を回っています。 しかし「血も気も」両方が虚弱な状態なので体内に血が回りません。   血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方が虚弱による関節リウマチです。   原因⑤     風・寒・湿が体に侵入した。 関節リウマチは気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の中でも「風・寒・湿」が体内に侵入した病です。   風と寒が湿を固まらせ痰を作ります。 痰が経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・湿」が侵入した事による関節リウマチです。   原因⑥    風・湿・熱が体に侵入した。 気候の「風・湿・熱」が体に侵入しました。 湿が熱で煮詰められ、濃い痰になります。   痰が経絡に侵入し血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・熱」が侵入した事による関節リウマチです。 関節リウマチを中医学で治療する方法。 上記の原因説明のように 関節リウマチは五臓が悪くなっている場合が多い。 特に肝・腎・脾が悪くなっている場合が多い。   中医学の名医は五臓が悪くなっているか診断でハッキリ分かります。 大概の人が悪くなっています。 そこを治療すれば大幅に良くなります。 中医学の治療 中医学と西洋医学の違いを知る 中医学は西洋医学と違います。診断方法や治療方法が全く違います。 五臓は西洋医学では正常の診断が出ても、中医学では悪くなっているケースが多い。   これは、どちらの医学も違う観点を言っているからです。 それぞれの観点はどちらも正しい判断です。 中医学の考える五臓は違った観点です。    日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の関節リューマチの治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   関節リューマチを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする関節リューマチの治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が関節リューマチの治療でも出ています。   関節リューマチの治療---実例---「中西医結合医学」 1)関節リューマチは原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)関節リューマチとは別の病気を持っている人。 ①別の病気が関節リューマチの原因になっている人が多い。 ②関節リューマチから別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、関節リューマチだけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   中医学は関節リウマチの良い治療薬があります。 他に良い治療方法はないかとお考えの人も多いと思います。   中国は中医学の医師免許の制度あります。 中国で診断に対応する中薬(漢方薬)が9000種類あります。   リウマチを治療するには、いろいろな角度の薬が必要です。 この9000種類の中にリウマチを治療する良い薬が多種あります。    リウマチの総合ページはこちらです。   リウマチの関連の記事があります。ご覧ください。 膠原病を本気で治す方法を研究しましょう。難しいリウマチを参考に説明します。  リウマチ、漢方薬の取り寄せ体験談   リウマチは原因が深く分かっています。従来知られてないことです。またそれに対する治療薬があります。非常に参考になります。下記のボタンを押してください。無料です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「関節リウマチ」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/类风湿关节炎 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   個人輸入代行の総合ページはこちら

甲状腺の病

2020/5/20

甲状腺は根本治療が出来る。原因を治療し病を消す治療。中医学・大病院・名医による治療。 

無料相談はコチラ   甲状腺の情報ページです。 中国の中医学・大病院・医療機関の情報を集めますと、 甲状腺の病はほとんどの場合、解消しています。 記事担当の後藤です。 「こんにちは、 甲状腺の病になり大変お困りと存じます。 甲状腺はつかみ所が無く、治らない状態と思います。」   「しかし中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。 医師が行なっている効果的な治療情報を書きます。 お元気になり楽しい生活をお送りになる事を願っています。」     甲状腺の病の原因---「中医内科学」参照 単純性甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、甲状腺腺瘤、 バセドウ病、橋下氏病、甲状腺機能低下症なども 下記の4種類に分かれます。   原因 1)肝火旺盛証 これは肝が悪くなっているため「痰」が喉の前面に積もった状態です。 甲状腺部分の腫れは「痰」が積もっている状態です。 性格的にせっかちで怒りやすい人。   原因 2)心肝陰虚証 「痰」が喉の前面の集まった。 甲状腺部の腫れは「痰」が積もっている状態です。 「心・肝」を傷めているので、動悸・イライラ・だるい・力が入らない。 目が乾燥している。 手の指や舌が震える場合がある。   原因 3)気鬱痰阻証 「気」が鬱滞して、「汚れた痰」が喉を塞いだ。 この為、喉前面の中央部分が膨らんでいる。 このタイプは特に感情の影響を受けて病状が悪化します。   原因 4)痰結血瘀証 喉の前部に腫瘤が出来ている。 硬い。 「気」が鬱滞した為「津液」が固まり「痰」になった。   「気と痰」が相互に邪魔しあい、日が経つにつれ「血」の循環を悪くさせた。 血が滞留し「瘀血」を形成した。 「気・痰・瘀血」が喉前部の中央に集結している。 甲状腺の腫れ その腫れは「気・血・津液」の固まりです。 1)津液は(しんえき)と呼びます。 体内の水分のことです。 これは普通はサラサラとキレイです。 しかし内臓の故障により、次第にネバネバとなり、そのネバネバも相当に固まり気味になります。 それが喉に溜まって甲状腺に固まりを作った状態です。   2)血は(けつ)と呼びます。 一般に言う血液のことです。 血は本来はさらっとしてキレイです。 しかし内臓が故障すると、血が正常に生産されない、血が順調に体内を流れない、血の流れがよどむ、血が固まる、血が滞留する状態になります。 そしてこの状態が甲状腺に溜まり固まりを作ったのです。   3)気は(気のエネルギー)です。 気のエネルギーは血と共に全身を回っています。 特に気のエネルギーは「全身に血を回す機関車」です。 これが内臓の故障で甲状腺で詰まっています。   以上のように体を動かす三大要素が 甲状腺でつまり、滞留している、固まりが出来た。 それが「甲状腺の腫れ」です。 つまり内臓が故障していることが原因ですから、 内臓のどこがどのように故障しているのか突き止め、そこを治療する必要があります。 甲状腺が良くならない理由 良くならない理由は二つあります。   1)甲状腺の病は喉の部分の病と思っているからです。 たしかに喉の部分ですが、そこだけの病気と思っています。 実際そうでしょうか? 上記のように内臓の故障が原因です。 あるいは、別の病気の関係で甲状腺の病になっている場合もあります。   甲状腺だけで無く別の病気をすでに持っている人が多い。 つまり、そこを治療しないと甲状腺は良くなりません。   2)甲状腺はゆっくりしている病気では無い。 手遅れになり、お亡くなりになった人もいます。 過去、上海の医師からは「とんでもない、来年の今頃は生きていないかも知れないよ」と注意を受けた人もいます。 ですから、私たちは甲状腺は非常の怖い病気と思っています。   甲状腺の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   甲状腺の病は、うかつに甲状腺を直接治療しない事が大事です。 医学書にも厳重な注意書きが有ります。 「甲状腺に絶対に穴を開けない事」と。 中医学(中国)は甲状腺治療は世界で最も歴史が有ります。 紀元前300年の書「庄子・徳充符」は52篇に及ぶ大作です。 甲状腺について書かれた世界最初の書です。 https://zh.wikipedia.org/wiki/庄子 https://baike.baidu.com/item/德充符   紀元前200年代の書「呂氏春秋・尽数篇」26巻に及ぶ大作です。 この中でも甲状腺について書かれています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/呂氏春秋  https://baike.baidu.com/item/吕氏春秋·尽数    この紀元前300年から西暦600年までに、甲状腺の病の原因・メカニズムについて、大部分の事が解明されています。 甲状腺の相談が入った時は緊張します。 専門医に相談し、きちっと原因をつかみ、その他の病気を同時に治療し、何も問題ない状態まで持って行かねばなりません。 医師が診断した内容を良く確認し、治療が順調に進んでいるか観察します。   甲状腺はなぜ良くならないのでしょうか? 原因を見つける必要があります。 良い治療法を見つける必要があります。 甲状腺の原因、治療について大変大事な資料をお見せします。御覧ください。   甲状腺の関連の記事があります。御覧ください。 甲状腺の病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/kojyosen-7/ 甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報 https://js-vivid.com/kojyosen-15/ 甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方体験。上海の大学病院の医師に相談。 https://js-vivid.com/nefuroze-1/ 甲状腺の根本的治療。中医学・大病院・名医が甲状腺の優れた治療。副作用・後遺症の無い治療。 https://js-vivid.com/kojosen/     個人輸入代行の総合ページはこちら     中国医療機関のネットの参考情報 中国の大病院・医療機関が「甲状腺の病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/单纯性甲状腺肿/1377867?fromtitle=甲状腺肿大&fromid=1122769 https://zh.wikipedia.org/wiki/甲状腺肿 https://zh.wikipedia.org/wiki/弥漫性毒性甲状腺肿   色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。 中医学の専門的な事はビビッド・ライフでご説明します。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   甲状腺の病気をぜひ治したい方は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから     体のバランスは栄養のバランスです。 根底から体を考える人は◇百宝元を愛用しています。  

その他の病

2020/5/20

線維筋痛症の根本治療。完治するケースも多い。中国大病院、中医学、名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

無料相談はコチラ   線維筋痛症の情報ページです。 「記事担当の後藤です。  この病になって大変な苦渋と思います」 「中医学は体の痛みの治療は線維筋痛症に限らず有ります。」 「このページ以外にも記事が色々有りますのでご参考にされて下さい。」 下記の写真は医学書です。 特に医大系で使われている医学書です。 線維筋痛症は「痹証」の範疇に入ります。 写真の中の文章、下から2行目に線維筋痛症は医学書「内経」の「素問」のなかに書かれていると説明があります。 実際、内経では線維筋痛症の原因やメカニズムが詳しく説明されています。 内経は紀元前200年の医学書です。 今日の線維筋痛症の治療に広く活用されています。 ①線維筋痛症になった体質の問題とは 線維筋痛症は「元々の体の状態が発病の原因になっている」ことにも注目する必要があります。 原因の一つは体の下地が弱い。 線維筋痛症は誰でも出来るのでなく自分の体が弱いことが下地になっています。   ①虚弱体質 ②体の組織や機能が弱い ③皮膚と筋肉の間の隙間が緩んでいる ④外部からの邪の侵入を防ぐ機能がしっかりしていない。   これは免疫低下の状態です。 免疫が弱いので防ぐ力が弱く線維筋痛症を発生させやすい。 また免疫が弱いので体の外からの影響が体に侵入し線維筋痛症を発生させます。   上記の③番は初めて知ったと思います。 それは肌と筋肉の間の問題です。 この肌と筋肉の隙間が緩いと体外からの病邪が侵入しやすい。 紀元前200年の医学書「霊枢」にも「肌のキメが粗くて肉が堅くない人」はこの病になりやすいと書いています。 実際に女性の肌、筋肉は様々です。 羽のように軽い感じの人、かなり柔らかい人、少し堅い人、かなり堅い人、非常に堅い人と色々です。 これについては、 治療の過程で次第に変わってくる可能性があります。 皮膚・筋肉は内臓が支え養っています。 内臓の状態が悪いと皮膚・筋肉を十分に支え養う事ができません。   線維筋痛症は内臓の治療を重点にしますので 、 その過程で皮膚・筋肉の状態も大きく方向が変わってきます。 治療途中は、肌・筋肉についても良く観察することをお勧めします。 線維筋痛症の治療-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹の治療 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 気血の逃れが閉鎖され通れない。 ①風を取り除く治療をします。   ②寒を散らす治療をします。 ③湿を取り除く治療をします。 ④経絡の通りをよくする治療をします。   2)寒熱錯雑の治療 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている、経絡が詰まっている。 ①熱を清める治療をします。   ②経絡の流れを良くする治療をして気・血が流れるようにします。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り払う治療をします。   3)風湿熱痹の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈の気血が塞がれ流れる事が出来ません。 ①熱を清める治療をします。   ②経絡の通りを良くする治療します。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   4)気血虚痹の治療 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 ①気を益す治療をします。   ②血を養う治療をします。 ③営気を和らげる治療をします。 ④経絡の流れを良くして気血の流れを良くする治療をします。   5)痰瘀痹阻の治療 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 経脈が塞がって血が全く流れない。 ①痰を溶かす治療をします。   ②瘀血を溶かす治療をします。 ③痛みや痺れを取り除く治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。   6)肝腎虚痹の治療 肝腎が力を失っています。 ①肝の力を養い補う治療をします。 ②腎の力を養い補う治療をします。 ③経絡の流れを良くし、気血が通るように治療します。 ④痛みを止める治療をします。   線維筋痛症の治療は中医学が世界で最も歴史があります。 中医学は根本治療をします。 上記の紀元前200年の<内経>の「素問」で既に線維筋痛症の原因・治療方法が詳しく説明され、その治療方法をそのまま現代で行なっても良い結果が出ます。 それだけでなく、現代に至る2000年間の各時代において、多くの名医家が「素問」の理論をさらに詳しく検証し、治療方法も様々な手が加えられました。 現代において現実に優れた治療実績を出しています。 すでに漢方薬は飲んだはずです。 それ以上の漢方薬は日本にはありません。   当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。   中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。 これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。   上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。 線維筋痛症の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   線維筋痛症は、うかつな治療をしない事が大事です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の線維筋痛症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   線維筋痛症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 特に線維筋痛症は中医学だけで良い治療が出来ます。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 一番多いのが、他の病気を持っている時です。   「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され        西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が治療でも出ています。   治療の実例---「中西医結合医学」 1)原因の種類が多い。 治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   線維筋痛症を治療する上での重要情報 線維筋痛症は一般的には有効な治療方法がないようです。 下記に治療に必要な重要情報を書いています。 無料です、ご活用ください、下記のボタンを押してご覧ください。   線維筋痛症 5種類の原因を治療する 中医学・大病院・名医の処方。総合情報。 https://js-vivid.com/senyi-15-1/ 線維筋痛症 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/senikin-6/ 線維筋痛症 個人輸入  ミツコ&涼子 根本治療薬 情報 https://js-vivid.com/seni-7/ 線維筋痛症は女性に多い 根本的に治療 副作用が無い安全な治療。 https://js-vivid.com/senikin-2/   線維筋痛症をぜひ治したい人は 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。   基礎的な健康管理に◇百宝元をご利用ください。  

その他の病

2020/5/20

パーキンソン病 中医学 総合情報。

無料相談はコチラ   パーキンソン病の総合ページです。  「こんにちは 記事担当の後藤です。 パーキンソン病でお困りと思います。 中医学(中国)では根本治療します。」   最も難しい病気ですが、中医学・大病院・名医に相談していますので これまで全員が大幅に改善しています。 治療を終了し、予備的にごく僅か薬を飲んでいる方もいます。   この治療は上海など超優秀な病院ではごく普通に行われている治療です。 日本が全く同じ治療方法が出来るとすれば少なくとも1600年後になります。   日本の医療関係者からは「有り得ない・学会に発表する内容」とよく言われます。 助かりたい・救けたい方は手遅れにならない内にご相談下さい。 不明の点などなんでもご質問ください。     パーキンソン病の原因---参考:中医内科学 原因 1)湿熱侵淫 長く湿気の多い地に住んでいた。 あるいは暴雨に濡れ水に浸かって歩いた。 これで湿邪が体に侵入し熱が発生した。   そして湿熱が経脈に侵入した。 筋肉が動かなくなりパーキンソン病が発生した。   原因 2)感受温毒・湿熱病邪内侵 湿熱の病邪が体内に侵入した。 あるいは病後に邪が全部出尽くしてなく残っている。 それが体内の津液(水)を損傷し、気を消耗した。   五体(頭部・両手・両足)が栄養を失い萎縮し弱り動かなくなった。 パーキンソン病が発生した。   原因 3)飲食毒物 ①元々の体が脾胃が虚弱である。 あるいは過労、思い込みが激しい。 このため体の中気が損傷を受け、脾胃の働きが悪くなった。 脾胃が働かないので筋骨・骨肉が動かなくなりパーキンソン病が発生した。   ②飲食が不適切で酒を飲んだり辛いものを食べた。 これで脾胃を損傷し、脾胃の機能が落ちた。 このため痰湿が体内で発生した。 痰湿の影響で肢体に気血が来ない為、パーキンソン病が発生した。   ③毒性の薬物を飲んだか接触した。 毒性薬物が気血の経脈を損傷させた。 経絡の気が運行が難しくなり血脈の通りが悪くなりパーキンソン病が発生した。   原因 4)跌仆瘀阻 ①重量物を持って首・腰を損傷した。 その為、瘀血が経絡(気・血の通り道)の流れを阻した。 そして肢体が栄養を失い動かなくなりパーキンソン病が発生した。   ②あるいは産後悪露が全部出尽くしていない。 この為、瘀血が膝・腰に流入した。 この影響で肢体(両手両足)が動かなくなり、パーキンソン病になった。   原因 5) 労病体虚 ①先天が不足している。 あるいは長患いで体が弱っている。 この為、肝腎を損傷した。 肝腎が弱り筋肉を栄養できないのでパーキンソン病になった。   ②過労や性交過多で腎を損傷した。 筋肉が機能を失いパーキンソン病になった。 パーキンソン病の治療-----参考:中医内科学 治療 1)湿熱侵淫 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③経絡の通りを良くし、流れるように治療します。   治療 2)肺熱津損 肺が乾燥し津液が損傷している、五臓が潤いを失って筋脈が栄養されなくなっている。 ①肺の熱を清める治療をします。 ②肺の乾燥を潤いのあるものにする治療をします。 ③陰を養う治療をします。 ④津液を生む治療をします。   治療  3)肝腎損傷 ①肝の働きを益し補う治療をします。 ②腎のは働きを益、補う治療をします。 ③陰を滋養する治療をします。 ④熱を清める治療をします。   治療 4)脾胃虚弱 ①中気を補う治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③脾を健康瓊する治療をします。   治療 5)脈絡瘀阻 ①気を益す治療をします。 ②営気を養う治療をします。 ③血の働きを活発にする治療をします。 ④瘀血を取り気・血の流れを良くする治療をします。     パーキンソン病は五臓の治療が必要。 上記のように、この2000年間の歴代の名医家がパーキンソンを治療・研究した結論として パーキンソン病は五体が悪くなった病気です。 五体が動かない理由は「五臓」が悪くなっているからです。   五臓と五体はセットだからです。 パーキンソン病は五臓の診断・治療は必要です。   基本的には「肝・腎」が悪くなっている場合が多いのですが、 五臓以外に六腑が悪くなっている人も実際には多い。 六腑とは「胃・胆・大腸・小腸・膀胱・三焦 」です。   1)例えば「肝」が悪くなっています。 その結果 ①脳に行く血が不足して脳が働かなくなりパーキンソン病になります。 ②手足に行く血が不足して手足が麻痺を起こし、パーキンソン病になります。     2)例えば「腎」が悪くなっています。 その結果 腎が脳髄を作れなくなり、脳が空白状態になりパーキンソン病が発生します。     3)例えば「胆」が悪くなっています。 胆は肝と繋がっています。 そして肝は腎とつながっています。 つまり、胆・肝・腎はつながっています。   その結果として ①腎が脳髄を作る力が弱くなり脳が空虚になりパーキンソン病を起こします。 ②胆が悪いので肝に負担が来て、肝は血を脳に送る事が出来なくなり脳が働かなくなって、パーキンソン病を起こしています。 ③胆が悪いので、肝・腎からの栄養が手足に行かなくなり、手足の麻痺が進みパーキンソン病が進みます。     4)例えば「脾」が悪くなっています。 脾は「血」を作る事に関係します。 脾が悪くなると「血」を作れません。   その結果 ①脳に行く血が不足して脳が働かなくなりパーキンソン病になります。 ②手足に行く血が不足して手足が麻痺を起こしパーキンソン病になります。   他の五臓六腑が悪くなっても、このような現象を起こします。     名医は非常に的確な薬を出します。 その薬の治療の目的(効果効能)をみると体のどこを治療しているか分かります。     たいがいの方は内臓は悪くないと言います。 しかしそれは違います。 五臓六腑が正常ならパーキンソン病になっていません。   肝臓と『肝』は違います。 腎臓と『腎』は違います。 中医学は人体の把握方法が違うからです。   どの臓器が悪くなっているか、中医師は診断で正確に分かります。       肝臓の薬と「肝」の薬は違います。腎臓の薬と「腎」の薬は違います。 パーキンソン病を治療する薬は中医学の薬があります。 中医師の処方が必要ですが、中薬は医療用の薬だけでも9000種類有ります。 この中にパーキンソン病の症状に合う色々な薬が有ります。   パーキンソン病の症状 パーキンソン病の症状は特徴があります。 手がパタパタと震える。 手が上がらない。 手が痺れる。 振戦。   アゴが震える。 ロレツが回らない。 何を言っているか分からない。 話は出来るが、話のスピードは遅い。 言葉が出にくい。スムーズに言葉が出ない。 歩行が難しい。 歩けない。 足の動きが悪い。 最初の一歩が出ない。   フラフラする。 耳鳴りがひどい。 耳が遠い。 首が回らない。   手が冷たい。 足が冷たい。 全身が硬直。 舌下障害。   程度の差は人により違いますが上記のような状態が多い。     中医学で治療すると ---勘違いしてはならない。 例えば、上海の大病院からの指定で、ある臓器の薬を飲みます。 飲んだ途端、痰がどんどん出て来る場合があります。 もちろん、痰を溶かす優秀な薬があります。   痰を溶かす薬でさえ役立たないほど痰が出て来ます。 家族もどなたも、その臓器の薬を飲んだら痰が多量に出て体が悪くなっているように感じます。 ご家族は大変心配します。   これは一般的な人なら誰でもそう思います。 ところがこれが大間違いなのです。 実は中国の薬は胃や肺など今まで体内に溜まっている痰を体外に出す作業をしているのです。   だから、痰をまた飲み込んだらダメなのです。 それどころか、その薬をやめたらだダメなのです。 痰がパーキンソン病を作る事が多い。 痰は喉に溜まるものだけと思っているのは間違いです。 臓器が故障すると痰は胴体の中で多量にできます。 この痰が内臓、頭にへばり付き、臓器の働きを止める、血の流れを止めます。   つまり多量の痰が内臓に溜まっていて、 脳に通じる血液の流れを止めると脳が働かなくなり、パーキンソン病になります。 また痰が手足に通じる血の通り道をふさぐと、手足に血が流れなくなり、手足が麻痺し、パーキンソン病になります。   中国の大病院・名医はこの治療が出来ます。 診断の時に、痰が血の流れをとめている事を見抜きます。 そしてその治療をする薬を組み合わせます。   その薬を飲むと、内臓のたくさんの場所に固まっていた痰を溶かします。 そして尿・便で流し出す事と、口からも痰を出して来ます。 だからその薬を飲んで痰が出て来たら、大喜びした方が良いのです。   やがて、溜まっていた痰は全て掃除が終えわり、痰は内臓にはなくなります。 この治療が完了すれば、一気にパーキンソン病は好転します。     下の写真は医学書です。 下記は黄含英教授や多くの医学指導者が医学生やインターンの育成に使う医学書の一部です。 中医学(漢方)に携わる世界中の医師が必ず持っている書です。 写真の一番上の太文字は「痿证」と書いています。 パーキンソン病はこの範疇に入ります。   文章の大事な点を少し説明します。 五行目に<内経>と書いています。 これは2000年前の医学書です。 同じくその行に<素問・痿论篇>とあります。   これは<内経>の中に<素問>があり、 ...

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5