その他の病

甲状腺の病

2020/2/1

甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方体験。上海の大学病院の医師に相談。 

6年前にビビッド・ライフで中医学の薬を飲んだら良いと両親から勧められました。 そのおかげで、今こうして元気です。 当時、手がつけられない状況でした。 あの時は喉に小判のような腫瘍ができていました。触ると動きました。ネフローゼ症候群という、これも何だか難しい病気です。腎機能の関係か、タンパクが尿からたくさん出るので、結局1ヶ月入院しました。何か不思議でした。 タイミングが良かった 退院した頃、家族がビビッド・ライフさんと上海に行く予定でしたので、私も一緒について行くことになりました。本当にラッキーでした。 上海は大変有名な先生が診断してくれました。ビビッド・ライフさんが手配してくださったのですが、上海では10本指に入る有名な先生だそうです。 上海は当時でも人口が2600万人いますから、お医者様はたくさんいるのですが、その中のトップ10に入る先生だからすごいです。 私を診断で先生はびっくりしていました。かなり悪かったようです。先生に診てもらわなかったら、今頃はどうなっていたか? 多分、大変なことになっていたでしょう。 上海の旅は楽しかった。 色々歴史的に有名なところを見ました。上海は人口が多いですね。車も大変多く、至るところに大きなショッピングセンターがあり、公園も人が多く、船で夜景を見るのが最高でした。大変良い経験をしました。 日本に戻ってから 漢方薬が送って来ました。追加はビビッド・ライフで取り寄せていただき、何ヶ月か飲みました。 私の甲状腺腫とネフローゼ症候群は 1)血の問題だったようで、血の働きを活発にしたり、血の通り道をきれいにしたりする治療がメインでした。 2)血の働きを活発にするのに、気の働きを良くする薬を飲みました。 3)栄養補充をするように言われ、指示された物を飲みました。 甲状腺腫とネフローゼ症候群が一緒でした。 つまり、別々の病気ですが、病気の根は同じでした。 以前は別々の病気だから別々の治療をして来ましたが、上海の漢方の先生が診断すると、身体の中が詳しくわかるので、別々の病気の原因が実際は同じところから来ている事が多いそうです。 どうも聞くとろろでは、一つ病気になると、内臓のどこかを傷めるので、そこが治療されされていないので、次の病気、そしてまが次の病気と広がっていく事が多いそうです。たくさん病気を持っている人は、こんなように広がる事が多いそうです。 食べ物が色々と指導がありました。 1)私の場合は香辛料系はたくさん指導がありました。 2)牛乳、玉子、豆腐類、野菜類、果物などの指導が有りました。 油物、生物なども指導がありました。 3)三食の取り方も指導が有りました。 4)季節の影響を受けない方法が大事と指導がありました。 5)睡眠について指導がありました。 6)日頃の気分のもちかたについて指導がありました。 他にも悪いところが有ったのですが、それも一緒に治療し、それ以降、薬は卒業しています。 あれからずっと仕事と家庭で忙しくしています。 中医学の治療中から両親の勧めでずっと◇百宝元を飲んでいます。 上海の先生に聞きましたら、続けて飲むように言われました。 今もこれで健康をたもっています。   甲状腺の病気をぜひ治したい方は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから   個人輸入代行の総合ページはこちら 甲状腺の総合ページはこちらです。 ネフローゼ症候群の総合ページはこちら 関連の記事があります。ご覧ください。 甲状腺を本格的に治す方法、名医が甲状腺をどのように見ているか? 甲状腺の治療を間違えない為の知識。なぜか女性に多い病。 ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方で改善率を上げる方法。 ネフローゼ症候群の実際の漢方治療      

その他の病

2020/1/10

靭帯骨化症を中医学で治療するメリット。中医学・大病院の情報。

靭帯骨化症(じんたいこっかしょう)には 後縦靭帯骨化症と黄色靭帯骨化症があります。 患者さんも治しようがないので、あきらめていたり、 人によっては なんとかなるだろう〜とのん気に考えています。 どのような治療が最も適切でしょうか? これは現代医学では原因や治療方法が全く無い難病です。 では一般的に行われている漢方治療はどうでしょうか?   漢方で治療したが上手くいかない〜理由 靭帯骨化症については 患者さんは 漢方専門店が言う「瘀血」が原因と思っている時があります。   しかし上海の最上級の医師とは判断が大きく違います。 全て瘀血が原因といいきれません。   瘀血は原因の一つになることも多いですが、 もっと別のところの方が原因になっているのを気づきません。   このような病状が多いのに、瘀血だけで治療すると 体に合わない人や 副作用が出る人、が増える。 そして漢方はダメね〜などと言われます。   やはり日本の漢方と中医学は判断が大きく違います。   また薬剤師さんと医師とは診断が大きく違います。   薬剤師さんは薬の専門家ですが、手術や治療は医師の方が格段に上の 知識を持ってます。 また高度な薬は医師の承諾がないと使えません。 それらは薬剤師さんでは治療に使えない薬です。 患者様はご自分が受けたいところで薬を手にいれたら良いと思いますが、   「瘀血」だけが原因では無いと断言できます。 靭帯骨化症は人間の体の構造上「瘀血」だけで起きる病気では無いからです。 なぜなら骨が関係している病気だからです。 靭帯骨化症は患者が100人いれば100人とも原因や状態が違います。   人により原因や状態が大幅に違いますので当然 使う薬は大きく違ってきます。 弁証論治をきちっとしてくれる医師に相談すれば確度の高い治療ができます。   また「瘀血」になった原因の治療はしましたか?   「瘀血」だから「瘀血」を治療するだけでは片手落ちです。 かならずそうなった原因がありますので、そこを同時に治療しないと 次の病気を起こします。 また靭帯骨化症になった人は ほとんどの人が別の病気を抱えています。 良くあるのですが その病気と靭帯骨化症とは別物だから とりあえず、先に靭帯骨化症だけを 治療すれば良い〜などと考えがちです。   それが大間違いです。   卵巣嚢腫と靭帯骨化症になっている時は 卵巣嚢腫の治療も同時に行います。   ところが日本は卵巣嚢腫の治療薬が無い。 中医学の場合は両方を治療する薬があります。 卵巣嚢腫になった原因と靭帯骨化症の原因が同じです。   この場合も患者の状態により薬が違います。   どれくらい量・期間に飲むか採取判断は各自が決めます。 薬に入っている薬草はほとんどが日本では手に入らないものです。 腎が悪く、靭帯骨化症になっている時 これは腎の治療をしながら靭帯骨化症を治療します。 相互に関係しているからです。 そもそも腎が骨を養っています。腎が正常でなければ骨は正常ではありません。 靭帯骨化症になった原因は腎が正常でなかったからです。   また、腎を改善する薬がそもそも日本に無いのです。 私も中医学を始めるまで 自分の腎が悪く長い年月苦労しました。   脾が悪く、靭帯骨化症になっている時、 これは脾を治療しながら靭帯骨化症を治療します。 脾は脾臓とは同じではありません。中医学の脾と西洋医学の脾臓とは違います。   中医学の脾は血液を作る作業します。 血液は骨髄で作ると思われていますが、脾で作るのが正しい。 脾が正常にはたらかないと、血液が正常にできません。 それが靭帯骨化症の原因になっています。 脾の働きについての判断、治療薬が日本にありません。 この症状の時は脾が正常にならない限り靭帯骨化症は治りません。   このように 靭帯骨化症になっている原因は様々です。 瘀血を治す薬を手配してください〜と尋ねて来られますが、 それでは靭帯骨化症は治りません。   体は全部つながってますので、
一体となって病気になっています。 治療するなら総合で治療する必要があります。   どうしても この病気は中医学で治療したい。 別の病気は現代医学でしたい〜。   という人がいますが、 結果、治りません。   片方の病気ともう片方の病気はセットなのです。 しかも2つだけとは限りません。   3つも4つも病気がセットで発生している場合も多い。 だから「瘀血」だけで治療すれば良いわけでは無いのです。   うかつな治療すると別の問題を起こします。 靭帯骨化症は非常に危険と上海の医師は見ています。   上辺だけの治療すれば、根の部分は残ってますので、 やがてそこが次の病気をつくる大きな原因になります。   中医学漢方は靭帯骨化症にともなう、どんな難しい病状でも対応できる
高度な薬が非常に多くあります。 使っている薬草も日本では考えらえないほど多くあります。
それらを病状に合わせ、存分に使いますから 効果が非常に期待できます。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

全身性エステマトーデスは五臓六腑で根本治療します。大病院・名医の治療ポイントを説明します。

全身性エステマトーデスの情報ページです。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。」   「全身に及ぶ非常に難しい病気です。 お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」     全身性エステマトーデス    参考:中医内科学 以上の説明だけでは、まだ実感がわかないと思いますので、今度は医学書から説明します。 下記の資料は全身性エステマトーデスについての医師の資料です。 下から2行目に「腎」の字が出て居ます。   腎が悪いのは実際には紀元前200年の医学書「内経」ですでに書かれて居ます。 この医学書は当時の漢王朝が行政として編纂とした大医学書です。 この頃から五臓が関係している事が分かり出したのです。   下記の医学文献には「陰陽毒」「陽毒による班」「先天の精の不足」の説明があります。 心血管系統・呼吸系統・精神神経系・血液系統など多系統を損傷した病気と説明があります。 体が多方面に悪くなるだけで無く、精神的な病変が出て来る場合が見られます。   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   医学書「医宗金鉴」に書いている重要な事 この医学書は清の時代に国家規模で編纂した大医学書です。 現代の中国の医師・医学者も最も重視する貴重な医学書です。 この中に全身性エステマトーデスについて詳しく書かれています。 このページの説明はかなりの面で「医宗金鉴」に基づいて書いています。   その他に「医宗金鉴」 に書いている事とは 全身性エステマトーデスは ①熱毒で血を煮詰めている。 ②胴体全部の体液の通り道(三焦 )で津液(体液)が流れず溢れている。   以上の二つの影響で胴体では下記の現象が起きています。 ①肺機能の疎通が悪くなっている。---胴体上部 ②脾・胃 の働きが噛み合わない。-----胴体中部 ③膀胱の働きが低下している。---------胴体下部   ④経絡(血の通路)が塞がれている。 ⑤筋肉・心臓が犯されている。 ⑥肝機能・腎機能の低下。 などが書かれています。 これでは体の三要素(気・血・津液)が止まり、五臓(心・肺・脾・肝・腎)が止まりますので、 全身のほとんど全て機能しなくなっている状態です。 これが全身性エステマトーデスです。 どこが悪くなっているか? 非常に多いのは「肝・腎」です。 病院では「肝臓・腎臓」と呼びますが、それは近年の現代医学の名称です。 漢方では「肝・腎」と呼びます。 これは数千年前より使って来た名前です。   呼び方が違うだけでなく、どのような働きをするか?〜の考えかたが違います。 ですから中医学で「肝・腎」が悪くなっていないか?確認する必要があります。 病院で肝臓・腎臓は正常ですと言われても、観点が違いますので、必ず漢方の医師に診ていただく必要があります。 肝・腎が悪くなっているのに、知らずに、その他の治療しても、全身性エステマトーデスは良くなるのはあり得ないからです。 「肝・腎」が悪いのは中高年の女性に多い。 「肝・腎」の治療薬は現代医学の薬と違います。 治療する内容が違うからです。   肝・腎が悪い場合の主な症状は 目まい、耳鳴り、精神的な疲れ、家事や仕事が無理、微熱、 何かあると高熱になりやすい、生理不順、脈が少ない、抜け毛、 腰痛、膝痛、手のひら・指に紅斑、ほおに紅斑。など。   なぜこのような症状が出るかご存知ですか? 概略ですが、 耳鳴りは腎機能低下の典型です。 耳と腎は一体です。耳で腎の状態がわかります。   抜け毛が多いのは肝の低下です。 髪の毛は血の余剰で作られています。 肝機能低下すると血の循環がうまくできなくなり、頭部に血が不足し、髪が抜けます。   皮膚に血が回って来て皮膚が維持できています。 しかし肝機能低下すると皮膚に血が回って来ない。 このため、皮膚が誤動作を起こし「紅斑」が出来ます。   女性に鬱が多いのは肝を痛めやすいからです。 肝鬱と言います。 肝機能低下すると、精神の機能も落ちます。   膝痛、腰痛は肝機能低下から来ます。 痛みは血が来ないと出ます。 腰や膝に血が回って来ないので痛みが出ます。   肝機能低下で肝からの血が子宮に回って来ないので月経不順になります。 肝・腎が機能低下すれば体を動かすのは無理です。 家事や仕事が無理、日頃に微熱が出るのも体が限界に来ている、何かあれば高熱が出るのも、体が限度を越しているためです。   肝・腎の問題は 肝・腎が悪ければ、肝機能は大幅に低下しています。 腎機能も大幅に低下しています。 すでに肝炎いなっている人、すでに腎炎になっている人はなおさら問題です。 腎不全になれば人工透析になります。   「気」の重要な役目。 「気」を知らないと漢方を知った事にはなりません。 できるだけこのホームページで多くを学んでください。 体は物体として臓器があります。   しかし物体だけあっても動きません。 動かすものが必要です。   体を動かす3つのものがあります。 「血と水、そして気」です。この三つが体全体を動かしています。 その中の「気」が故障してます。当然、体が動かなくなります。 その影響で上記のような病状が発生します。 「気」については現代医学には全く医学的に把握されていません。 したがって、この病状を治療できるのは高度な漢方だけです。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   食べ物で治療します 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。   治療に対する情報 根底から治療したい〜と考える人にお役にたちます。 今、お近くの病院の治療をされていると思います。 その薬と中国の薬を並行して下さい。 次第に改善してくれば薬が少なくなって来ます。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える、 実際に使うお金を比較してみる、 結局、一番割安です。 どのように治したいですか? 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   下記は色々な角度から書いていますので参考にされて下さい。  <全身性エステマトーデスの原因> 全身性エステマトーデスは内臓の病気です。詳しい内臓の状況を知る。 全身性エステマトーデスは五臓六腑の治療が必要です。色々な治療ポイントを説明します。   <治療情報>  全身性エリテマトーデスを治療する方法、漢方(中医学) 全身性エステマトーデスが治らない、悪化する、治療するポイントを知る。   何としても良くしたいと思う方は必見です。 原因や治療方法について書いています。今後の治療に役立ちます。 下記のボタンを押してご覧ください。無料です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「全身性エステマトーデス」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/系统性红斑狼疮/811510?fromtitle=SLE&fromid=3705737 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   個人輸入代行の総合ページはこちら           全身性エステマトーデスの総合ページはこちらです。 関連の記事があります。ご覧ください。 全身性エリテマトーデスを治療する方法、漢方(中医学) 全身性エステマトーデスの最新治療。治療するポイントを知る。高度な漢方。 全身性エステマトーデスの怖い現象。原因と治療方法。高度な漢方を知る。血陰タイプ。   全身性エステマトーデスの詳しい漢方の治療方法について書いています。下記のボタンを押してご覧ください。無料です。記事が全面的に新しくなりました。更新:2017年7月15日   個人輸入代行の総合ページはこちら

その他の病

2020/1/10

全身性エステマトーデスが治らない、悪化する理由。治療するポイントを知る。

全身性エステマトーデスの情報ページです。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 毎日、大変苦しんで居られると存じます。   下記に医学書や実際の医師の治療を元に説明をします。 体が正常になり、楽しい生活になるよう切に願っております。」     全身性エステマトーデスの根底治療 中医学 1)肝腎陰虚 この状態は肝腎が陰虚になっています。 ①肝・腎を滋養する治療をします。 ②肝・腎の働きを補う治療をします。   2)脾腎陰虚 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気の働きをスムーズにする治療をします。 ④水の流れがスムーズになるよう治療します。   3)邪熱傷肝 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)热毒旺盛 元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血に熱を清める治療をします。 ④血の働きを活発にする治療をします。   5) 风湿热痹 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。 ③風を取り払う治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   全身性エステマトーデス 世界唯一の根底治療  補足説明 1)根底からの治療は「五臓六腑」が重点です。 ①「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 全身性エステマトーデスは五臓の全部が関係します。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 全身性エステマトーデスは最も複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。   ②六腑とは 「胃・胆・小腸・大腸・膀胱・三焦」 です。 上記の医学書「医宗金鉴」でも「胃・三焦 」は基本的に悪くなっている事が書かれています。 五臓と六腑は繋がっており一体で動いて居ますので、悪くなるときも繋がって悪くなります。   五臓六腑は中医学の表現ですが、各臓器の働きは、西洋医学とは判断が大きく異なります。 全身性エステマトーデスを中医学で診断すると五臓六腑の複雑な損傷の状態がくっきり分かります。 2)「先天の精」の治療をする 「先天の精」の治療します。 持って生まれた体の根本です。 最初の原因説明で出ていました。   母親の胎内であなたの血筋が引き継がれます。 それを先天の精を引き継ぐと言います。   その血筋の引き継ぎが不十分だった事が原因です。 あるいは後天的に血筋に関係する精が損傷した事が原因です。   体の根の部分の治療です。 特に腎が治療の重点になります。   3)熱毒の治療をする 最初の説明で全身性エステマトーデスの中医学(漢方)の呼び名は「陰陽毒」と書いていました。 つまり「陰毒・陽毒」が体内に入り体内で「熱毒」を作り、そこから損傷が全身に広がっています。 目の見える特徴としては、体に赤く蝶のような模様が浮かんだり、皮膚の下に隠れたりします。 これは熱毒の現象です。   また直接に熱が出る。昼間と夜の熱が違う場合もあります。 微熱が常にある場合もあります。これも熱毒による現象です。 頭がぼ〜として意識が無かったりする場合もあります。   熱毒はひどいですから、体内の血や体液を加熱し、煮詰め凝固させます。 これで血・体液は体内を回れなくなります。それで五臓六腑が損傷し働かなくなります。 この影響で手足頭、五体が働かなくなります。 従って中医学では「熱毒」をとる治療をします。   4)体のバランスを取り戻す。 体には「陰陽」というバランスが有ります。 全身性エステマトーデスは全身の陰陽バランスが狂っている病です。   昼間に起きて夜寝るのは陰陽のバランスが取れているからです。 人体が正常に働くのは陰陽のバランスが取れているからです。 体の外と内を陰陽がバランスを取っています。   上半身と下半身は陰陽でバランスを取っています。 五臓と六腑は陰陽でバランスを取っています。 全身が無数の陰陽バランスで統合されています。 これで全身がバランス良く働きます。   しかし全身性エステマトーデスはあらゆる陰陽バランスが崩れている病です。 これでは体が正常に機能せず、生活する事、生きる事がまともに出来ません。 中国の大病院には陰陽のバランスを取りなおす薬が有ります。   診断すると体の内部が克明にわかります。 全身性エステマトーデスで多いのは「肝・腎」が同時に悪くなっているパターンです。 もう一つのパターンもあります。 それは「脾・腎」がセットで悪くなっているパターンです。   予備知識ですが、 肝臓と肝は違います。 腎臓と腎は違います。 そして脾臓と脾も違います。   「脾・腎」が悪くなり多く見られる症状 精神的に萎縮、イライラ短気、下肢にむくみ、下痢、体に力が入らない、 尿が少ない、手足が冷たい、胸水、腹水、食欲不振など。 この状態の特色は まず下肢の浮腫みです。 人によっては胸水、腹水の非常に危険な状態が発生します。 これには理由があります。   腎は全身を流れて来た水を処理するところです。 脾も水を扱うところです。 食べ物は胃を通過して水に変わります。   この水を肺に送る作業をこの脾がします。 場合によっては肺も悪くなっているときもあります。 肺は上水道の役目をします。   脾が悪くなり水が運べない、腎が悪くなり水が運べない。 このため、水の行き先がなくなり、下肢に水が溜まり浮腫んでいる、胸に水が溜まっている、お腹に水が溜まっている状態です。   溜まった水の治療を間違えない。 水が溜まれば抜けば良いと思いますが、 しかし抜いてもまた溜まります。   1・2度は抜くのも良いですが、何度もすると体に無理が来ます。 やはり原因になっている「脾・腎」を根本治療する必要があります。   胸水、腹水が溜まる段階は極めて危険な状態に来ている状況です。 早急に適切な治療が必要です。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   食べ物で治療します 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。   治療に対する情報 根底から治療したい〜と考える人にお役にたちます。 今、お近くの病院の治療をされていると思います。 その薬と中国の薬を並行して下さい。 次第に改善してくれば薬が少なくなって来ます。   費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える、 実際に使うお金を比較してみる、 結局、一番割安です。   どのように治したいですか? 当初、ビビッド・ライフは皆様に日本での治療を勧めていました。 しかし多くの方から漢方は飲んだが良くならないと言われます。 中国も様々と問い合わせ、上海も色々な医師に当たり、やっと最も腕の立つ名人の先生方に出会えたのです。   これには10年以上掛かりました。 一般人では及ばない情報収集を繰り返して10年以上掛かりました。 上海の病院・医師に相談し、薬は「個人輸入代行」する方式です。   中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「全身性エステマトーデス」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/系统性红斑狼疮/811510?fromtitle=SLE&fromid=3705737 他にも有りますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。   上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。 この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。    全身性エステマトーデスの総合ページはこちらです。   下記に関連の記事があります。クリックして、ご覧ください。 全身性エリテマトーデスを治療する方法、 全身性エステマトーデスは複雑だから、ていねいに、それぞれを治療することが大事です。 全身性エステマトーデスの怖い現象。原因と治療方法。 全身性エステマトーデスは食べ物の管理が非常に大事。薬に匹敵するほど大事です。   全身性エステマトーデスはどのような治療方法があるのでしょうか?ボタンを押してご覧ください。無料です。記事が全面的に新しくなりました。更新:2017年7月15日       個人輸入代行の総合ページはこちら    

その他の病

2020/1/10

リウマチ、薬の取り寄せ経験。大学病院に相談。

白川様  78歳  中医学を活用して来ました。 去年まで漢方を取り寄せていました。 飛び飛びで治療。 最初、紹介でビビッド・ライフに出会いました。 その頃はこちらまでビビッド・ライフさんは来ていましたので、妹が車に乗せて社長さんに会いに行きました。 私のリウマチは本当にひどい状態ですので、人前には出たくなかったのですが、藁を掴む気持ちで、とにかく行きました。 5〜6年前の事で、上海は今の先生では無く別の先生でした。 いただいたのは大変良い薬でした。 しかし周囲の手前、あまりにも良い薬なので、急に良くなり過ぎると周囲に話が広がり差し支えるので、治療初期に漢方薬はやめました。   それから2年ほど間が空き、ビビッド・ライフの社長さんが家まで来てくれると連絡が来たので、妹にも家に来てもらい、家の中を歩くのを手伝って貰いました。 社長さんに座敷で話を聞いて貰いましたが、私は言葉が出ない、手足は出血しているので包帯を巻いている状態でした。   社長さんが色々と準備して上海の先生に相談を入れてくれました。 この写真は漢方を飲んでからかなり経った頃です。1年ほど飲んだ頃と思います。 リウマチになってから長年、色々な治療して来ましたが、日本では方法がないらしく、どんどん悪化しました。 日本の漢方でも治せないのに、中国の漢方でどうかなるのかな?と思ってのですが、頼んでよかったです。   ビビッド・ライフの社長が私の家に来た頃は、痛みと苦しみで、社長さんには何度も「死にたい、死にたい」と言いました。 社長から「死んだらダメだ」となんども言われたそうですが、耳も全く聞こえない状態で、社長の声もだれの声も聞こえない時期でした。 今にしてみれば、そんなことを言ったかな〜なんて思っています。   喉元すぎれば忘れる物ですね。 日本でリウマチの良い治療薬ができたらノウベル賞が取れるかもしれません。 しかし漢方にはノウベル賞は出ないのですか?   この説明書は最近、できたようです。 驚きましたね。こんなことがリウマチの原因だったとは。 私にぴったり当てはまる事が多いので驚きです。   漢方はこんな事まで分かっていたのですね。 2000前の医学書にはこれが詳しく載っていたとは本当に驚きです。 湿気が問題だとか?   私の場合、昔から水路が家の周りに流れていて、湿気はそこから24時間、当たっているから、それがリウマチの原因だったのですね。 ピッタリ合ってます。そのほかにもなぜ、こんなひどいリウマチになったのか? 詳しく書いていますので、参考になりました。   上海の相談は、ちょうど4年前くらいに本格的に相談始めました。 薬は、先生から教えてきた漢方薬を上海から家に送ってもらう、その繰り返しです。 手足の指の骨が溶けていましたので、その薬があったのは驚きでした。   しかし本格的な漢方という理由が良くわかります。 色々、良い薬があります。必要な都度、先生に聞いていただきました。 先生が細かく薬を教えてくれます。薬は上海から送って私の家に送って来ます。   薬は自分で必要な量だけ紙に書いて、ファックスでビビッド・ライフに申し込みしたら、手配してくれます。 ファクスの担当はいつも主人です。 薬は自分から頼まない限り送って来ません。 だから手持ちと相談しながら切れ目がないように、いつも計画して頼みました。 この何年か中国の薬は全部、値上げ値上げの連続だそうです。 値段がどんどん上がっているので、ビビッド・ライフの社長さんは1年に5回も中国に行って、薬の値段を押さえる交渉をしてくれたお陰で、費用が大きくならずに助かりました。   私は漢方の治療は去年までで、今年は漢方は飲んでいません。 ただし◇百宝元は手放せません。もう5〜6年飲んでいます。美味しいので毎日が楽しみです。    こちらはリウマチの総合ページです。   リウマチの治療に関する記事があります。ご覧ください。 膠原病を本気で治す方法、難しいリウマチを参考に説明します。 リウマチの最先端の治療方法。名医が必ずする治療。 リウマチになったら勉強した方が良い。リウマチを治すには多少の知識が必要。   日本では知られていない貴重な情報です。リウマチの原因を詳しく書いています。無料。 私は◇百宝元が欠かせません。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/22

メニエール病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。       メニエール病は従来、三半規管が悪い病気と言われています。 最近は、もう少し突っ込んだ説明がされていますが、それでも多くの人が困っています。 メニエール病は女性に多いと言いますが、 実際は男子もかなり多い。しかも、皆さん非常に困っています。 ビビッド・ライフもずっと以前は、メニエール病を治療する良い先生が欲しいと思っていました。   メニエール病は診断が非常に難しく、たとえ中医学の医大を超優秀で卒業して医師免許を取っても、診断は非常に難しい。 やはり名医について20年ほどの実習を積んでからでないと、本当の診断ができないほど難しい病気です。   なぜ「肝」を治療したら、難治性のメニエール病が治ったのか? 実は7〜8年ほど前 女性教諭がひどいメニエール病で長年、苦しんで居られたので、丁度、上海に15人ほどで旅行しますので、ご一緒しませんか?とお誘いしました。 ご主人様も教育者で、漢方(中医学)に興味をお持ちでしたので、ご夫婦でご参加しました。 上海では、上海ではトップ中のトップと言って良い、超一流の医師に診断していただきました。   奥様は日本語で三半規管が悪いなどと、 手振り・身振りで診断を受けながら先生に説明していました。 大先生は日本語は分かりませんが、ニコニコしながら中国語で、「三半規管ではありません。あなたの悪いところは肝です。」と言いました。 通訳さんがそのように日本語で伝えると奥様はビックリしていました。   先生はまだ脈診もしていない段階です。 奥様が先生のそばの椅子に座っただけで、先生はもう原因をつかんだようです。 もちろん、先生は顔などで既に診断していたのです。   奥様に肝が原因ですと言ったあとで、目や舌などで診断し、さらに脈診しました。 結論として、肝がやはり悪いとの判断です。   人口2600万人の巨大都市、上海。 その巨大都市で、最優秀クラスと言われる大先生に診断を受けたのですが、なぜメニエール病の原因が「肝」なのか不思議でした。 治療は大成功で、旅行から戻った後、薬がすぐに送ってきました。奥様は飲みましたら、すっかり良くなりました。ビビッド・ライフとしても役目が一つ済んだので一安心です。 しかし、なぜメニエール病の原因が「肝」だったのか? 不思議でした。日本人の常識とは違っています。確かに奥様のメニエール病は嘘のように、すっかり良くなっています。 だから「肝」が悪いのは奥様は特殊だったのだろう〜と、ずっと思っていました。 しかしその後になって驚きました。私の考えが間違っていたのです。 現代医学とは判断が違います。 日本人は、メニエール病の原因が三半規管だろうと思っていますが、中医学から見ると実際は全く違っているのです。 実は先ほどの奥様は「肝」が悪いのは例外ではなかったのです。   つまり「肝」が悪くてメニエール病になる人が多いのです。 もちろん「肝」以外の五臓が悪くなっている人も多い。     メニエール病の原因、概略説明、中医学。 原因① 五臓六腑が悪くなっている。 五臓の(心・肺・脾・肝・腎)の中でも特に「肝・腎・脾」が悪くなっている場合が多い。 ちなみに筆者:後藤は「腎」が悪くなっていました。 また六腑の(胆・胃・小腸・大腸・膀胱・三焦)が悪くなっている場合も多く見受けられます。 特に多いのが「胃」です。   貴女はまだ五臓六腑の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、そこが大事です。 もちろん西洋医学でどこも悪くないと言われても、判断内容が違いますので、中医学の診断を受けない限り分かりません。   原因②     髄海が不足し脳が萎縮。 脳は髄海です。 髄液が集まった所という意味です。 脳に髄液が十分に流れて来ない為に次第に脳が萎縮状態になります。 これでメニエール病が発生します。   原因③   血や津液(体液)が流れなくなった。 血の流れが悪くなって脳に血が行かなくなた。 或は津液が固まり、経絡に入り込み、血の流れが妨げられて脳に血が行かなくなった。 このためメニエール病が発生した。     もう一つ驚くことは、 日本の病院で検査すると「肝臓」は全く異常なし。 だから中医学の先生の「肝」が悪い〜との診断は間違いではないかと質問されます。 その点が非常に大事です。   日本には本式の中医学が入ってないので、 馴染みが少ないですが、中医学(漢方)は非常に高次元な判断をします。。 西洋医学の肝臓と、漢方の肝は意味合いが全く違います。全く別の観点です。 だから西洋医学的には肝臓が問題なくても、中医学では肝は悪いのです。 上辺だけにしない 記事担当の後藤です。 私は2018年3月初めに重度のメニエール状態になりました。 即時、治療を開始したお陰で 1ヶ月でほぼ完全に良くなりました。   しかし今日は6月15日ですが、まだ薬を続けています。 体を無理させてメニエールになったのですが、子供の時から腎が弱かったので、 今回は過労で腎に無理が来てメニエールになったのです。   メニエールはもう完全に消えました。 しかし、この際、腎を徹底的に改善させる為に薬を飲んでいます。   もう一つは「血」の薬です。 頭に血が行ってないのでメニエールになったのです。 だから、自分の納得の行く時まで血液の治療を続けます。   ほとんどの場合、中国の大病院・名医はほとんどのメニエール病は良くできて当たり前です。 良く研究し、早く普通の体に戻すようにされてください。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のメニエール病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   メニエール病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でするメニエール病の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がメニエール病の治療でも出ています。   メニエール病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)メニエール病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)メニエール病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がメニエール病の原因になっている人が多い。 ②メニエール病から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、メニエール病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     関連の記事があります。ご覧ください。 メニエール病を名医に治療を依頼する方法 メニエール病の薬を知る。   これはまずい、メニエール病の原因に驚く    メニエール病の総合ページはこちら     メニエール病は非常にまずい病です。 しかし治す方法が無く困っている人が多い。 まず原因がよくわかっていません。   しかし高度な漢方ではすでに2000年前の医学書を見ても正確に原因を解明しています。 実際、この記事の女性教師さんは、その医学書通りキッチリ治りました。 下記に原因について極力端的にわかりやすく書きました。ご覧ください。   個人輸入代行の総合ページはこちら     メニエール病を本気で治したい方に必見の記事です 無料ですのでご覧下さい、ここから。  

その他の病

2020/1/10

花粉症を元から治療。完治を目指す。病状悪化、喘息も併発、本当に直す方法を知りたい。

花粉症の情報ページです。 筆者:「こんにちは 後藤です。 花粉症で大変苦しんで居られると存じます。 根底から治療したい人に正式な方法が有りますので詳しく説明します。」     ここに出ている情報は まだ日本には伝わっていない内容です。 この治療は一時しのぎでは無く、根底から治療するのが目的です。 世界で最も治療実績があります。 なんと2000年以上あります。 無事、良くなられる事を心より願っています。     花粉症が治らない理由 花粉症が治らない理由は五臓を治療していないからです。 日本では誰も花粉症が五臓が悪くなっていると気付いていません。 五臓の一つは肺です。ここは花粉症は全員が悪くなっています。 ですが、肺さえも完全に治療していません。 これでは花粉症は治りません。   五臓とは肺・心・脾・肝・腎です。 花粉症はこの全般と関係します。   これについては中国の2000年以上前の多くの医師がすでに突き止めていました。 それ以降、各王朝を代表する多くの大医学者が花粉症のメカニズムを詳しく解明して来ました。 ですから現代では中国の優秀な医師であれば、ほとんどの場合、花粉症は完治します。 花粉症の原因 原因は二つあります。 1)一つ目は花粉症になりやすい体の下地があります。 2)二つ目は体外から花粉などが侵入したことが原因です。 この両方が重なって花粉症を作ります。   もう少し詳しく説明します。 1)花粉症になった体の下地 ①特に脾・腎が元々弱い。 ②胴体の上部が熱がこもっている。 ③血の力が弱く、血を全身に回す力が弱い。 ④二つの主要な「気の力」が不足している為に体が正常に働いておらず、免疫が低下している。 ⑤皮膚の表面の機能が悪く、皮膚から花粉・大気が体内に侵入しやすい。 以上が花粉症になりやすい体の状況です。   2)花粉だけではない 花粉だけが大きな原因と思われていますが、実際はそれだけでは有りません。 実際は花粉が飛び交う時期に、気候の影響が体に侵入するのです。 気候には「風の影響、寒さの影響、乾燥の影響、時には熱の影響」が有ります。 花粉だけが目立ちますが、実際は花粉と気候がセットで体に侵入して花粉症を起こします。 このように体内の下地と、花粉・気候の影響が体に侵入し花粉症を発症させます。     花粉症 医学書が指摘する五臓 中国は花粉症の治療については2000年以上の歴史があり、臓器の関係について書いています。   1)臓器について書いた最初の医学書は紀元前200年の【内経】です。 これは当時の政府が編纂したものです。 【内経】では「素問や 灵枢」と言う専門分野の説明書の中で「心・肺・脾・腎・肝」のそれぞれを取り上げ、花粉症との関係を詳しく説明してます。   2)北宗の時代の【太平圣惠方】は100巻もの大医学書ですが、肺と花粉症(鼻)の関係を詳しく説明しています。 3)唐の政府が編纂した【外台秘要】は臨床医学書ですが、この中で花粉症が肺のメカニズムについて説明しています。 現代、多くの大病院の臨床データーを見ても「花粉症は必ず五臓との関係の病」であることを説明しています。 上記の歴史的重要な医学書に基づき説明します。 花粉症が発生するメカニズム 第一メカニズム 花粉は病毒です。 これが繰り返し何度も体に入ります。 これが「肺」の機能を壊します。   肺は全身に水を配分する作業をしていますが、この働きが妨げられます。 体内の水は正常に流れる事ができなくなり、肺に逆流します。   肺から鼻に水が上がり、鼻の機能が損傷し、鼻詰り、くしゃみや、目・耳・舌・アゴの痒み、皮膚に湿疹が出ます。 この 痒みは「心」と関係していると上記の【内経】では説明しています。   第二メカニズム 元々「脾」が弱い。 「脾」は津液(水分)を肺に送る役目をしますが、元々「脾」が虚弱な為、津液を正常に流す力がなく、その為、津液(水分)は鼻の働きに悪影響を与え鼻水が出ます。   第三メカニズム 元々「腎」が弱い。 腎は体内の津液(水分)と関係します。 腎が弱いので鼻に影響を与え鼻汁が大量に出ます。 またクシャミが出たり、手足が異常に冷えたり、膝腰が痛い、夜間トイレに行く回数が多いなどの症状が出ます。   このように五臓は鼻に影響を与える関係があり、五臓が花粉症を起こす原因となっています。     花粉症 世界唯一の根底治療 根底からの治療は「五臓」が重点です。 「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 元々、五臓が不調です。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 花粉症は複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。       花粉症・気管支炎・気管支喘息・肺気腫の関係 花粉症は「鼻水・クシャミ・涙」が出る、眼や「鼻・耳」が非常に痒い事が特徴です。   病状が重くなると「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」を誘発します。 「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」は病の構造メカニズムが花粉症とほとんど同じですから、病は広がりやすい。   気管支炎・気管支喘息・肺気腫は中国の医師は非常に良い治療をします。   治療薬は 花粉症は五臓の治療をしますので難しい病気です。 これを根底から治療するには優秀な薬が必要です。 この根本治療に使う薬は中国の大病院にあります。   そのようなクスリは9000種類あります。 その中には病状に合う薬が多種あります。   これらは全て医師の承諾・指導が無いと使えません。 花粉症は難しい病ですので、相当な名医クラスで無ければ中医学の治療は無理です。 中国の医師の指導で処方していただき、その病院から薬を手に入れる事が出来ます。   花粉症は種類あります。 花粉症は単一ではありません。 中医学では基本的に3種類に分ける場合が多い。 その中にあなたに当てはまるタイプがあります。 病気のタイプが非常に複雑ですが、優秀な医師なら的確に判断します。       個人輸入代行の総合ページはこちら 花粉症の人は是非、普段から◇百宝元を飲んでいただきたいと思います。 ◇百宝元を飲みながら健康維持が出来ます。 また中医学に興味を持つようになると思います。    

その他の病

2020/1/10

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     ベーチェット病は口腔粘膜潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状、眼症状4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。 トルコのイスタンブール大学のハルシ ベーチェット教授の名にちなんだ病名です。 しかし、これは人類の歴史としてもまだ最近のものです。   中医学はベーチェット病について世界で最も多くの医療情報を持っています。 ベーチェット病の世界一の治療実績は中医学 ・1800年前の医学書《傷寒論》に発病のメカニズムについて記述があります。 ・ベーチェット病と西洋医学で名が付いたのは近世(80年前)ですが、漢方はすでに1800年前にこの病気について漢方医学書があります。 ・この病は中医学(漢方)では狐惑病(こわく病)と言います。   ・1800年前の医学書「傷寒雑病論」の中の《金匮要略》に書かれています。 ・隋代の医学書《诸病源候论》 ・唐代の医学書《千金要方》   ・清代の医学者:魏念庭の診断・治療 などが代表的な狐惑病(ベーチェット病)の治療方法です。 歴代の医学者の狐惑病に対する見解は一致しています。   ベーチェット病の状態 主に悪くなる所 古来、中医学で口腔粘膜の潰瘍、外陰部潰瘍、眼症状の三つが症状としていましたが、 現代は皮膚を加えた4種で治療しています。 血管炎の一種です。人体の多くの機関を損傷します。   ・口腔----唇、舌、歯茎、口の中の粘膜。 ・皮膚----手足に紅斑の発疹ができる。 ・生殖器---男女共に性殖器に潰瘍ができる。外陰部や少陰部などに潰瘍ができる。   ・消化器---腸管潰瘍ができる。回盲部が最も多い。 ・眼-------両眼が侵される。視力低下、失明に至る場合もあります。 ・関節----肩、肘、手首、膝、足首の関節が侵される。   ・血管----静脈・動脈が侵される。動脈瘤が多い。 ・心臓----虚血性心疾患、心外膜炎など。   ・肺------肺血栓塞栓症、肺動脈炎など。 ・神经系统----脳神経や髄膜炎と関係する精神症状や末梢神経障害など。麻痺や感覚障害。   地域 日本、朝鮮、中国、中近東の多い病気です。   特徴 長期におよび、良くなったり再発したりを繰り返します。間隔は3ヶ月以上が多い。 特に口腔潰瘍は発病を繰り返す場合が多い。 ひどくなると食事や睡眠が難しくなります。   重傷者は失明や腸に穴が開く、死亡する可能性があります。 治療は早ければ早い方が良い。 ベーチェット病の原因---中医学 原因①  湿毒内蕴 体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。 この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。 これが湿毒が原因のベーチェット病です。   原因②  肝腎陰虚 肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。 津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。 虚は火になり体内を焼きます。   それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。 眼・口・外陰部に潰瘍ができます。 これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。   原因③  脾腎陽虚 体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。 水・湿が溜まり毒が発生します。 湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます。 ベーチェット病の治療---中医学 治療①  湿熱火毒 湿熱が進み火となり毒が発生している状態。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③火を取り除く治療をします。 ④解毒の治療をします。   治療②  陰虚火旺 陰虚になっており、火が旺盛な状態。 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④火を取り払う治療をします。   治療③  脾腎陽虚 脾と腎の両方の陽が虚弱になっている。 ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。       薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。 写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 中医学は世界で最も歴史があります。 1)ベーチェット病が医学書に歴史上、特に有名なのは西暦3世紀の《金匮要略》です。 ここでは「狐惑病」の何なっています。 この書の中では治療薬も説明されています。   2)隋の時代には医家の巢が書した《諸病源候論》で湿毒が関係いる事を説明しています。 3)唐の時代の医学書《千金要方》でも論述されいます。 4)清の時代の医家、魏念庭は、ベーチェット病は「陰虚血熱」が原因であると説明しています。   大事な点は時代を代表する歴代の名医家がベーヘット病の原因・治療の方向が一致している事です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。 世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のベーチェット病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ベーチェット病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がベーチェット病の治療でも出ています。   ベーチェット病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)ベーチェット病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 当然ですが飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)ベーチェット病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がベーチェット病が原因になっている人がいます。 ②ベーチェット病から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、ベーチェット病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。 資料ができましたのでご案内します。 下記のボタンを押してご覧ください。 無料。何度も見れます。 ベーチェット病の総合ページがあります。ご覧ください。   関連の資料があります。下記をご覧ください。 ベーチェット病の原因がわかりました。驚きです。  ベーチェット病の治療は漢方が良いわけ、漢方専門医の原因別、治療方法。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

てんかん 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

 ご覧いただきまして大変有り難うございます。 「てんかん」のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 使用する薬は医療用の薬ですので必ず医師が処方します。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ・服薬をスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   「てんかん」が難しい状況の人に情報。 この情報は民間療法では有りません。最先端の医学情報です。 下のボタンで「てんかん」の原因をご覧ください。きっとお役に立ちます。 質問)「てんかん」はどのような症状が多いですか? 「てんかん」は手足の痙攣を伴います。 その他に口からヨダレをだす、両目が上を向く、豚や羊のような声をだす。 これが特徴です。   質問)発作は色々ありますが違いが出るのはなぜですか? 軽いもの、酷いもの、中程度のもの、時間的に長いもの、短いものがあります。   ①この違いは津液(しんえき)の状態によって違いが出ます。 津液は「てんかん」の他に記事にも書きましたので是非ご覧ください。 重要です。   ②体の機能がどのような状態かによって違いが出ます。 体内が機能的にバランス的に崩れていたり、機能が弱っていると、体を正常に保つ力が弱くなります。 この状態の時は発作の発生を食い止める事ができません。   質問)1番の津液(しんえき)とは何ですか? 津液は「気・血・津液」の中の一つです。   質問)他の病気が原因で「てんかん」になる事は? 他の病気との絡みで「てんかん」になっている場合があります。 診断で関連する病気の状態や内臓の損傷状況、「てんかん」発生のメカニズムを正確に把握します。 内臓と脳の関連状態がはっきりわかります。   質問)脳の外傷によっても「てんかん」が起きますか? 転倒、打撲により頭に損傷を受ける、あるいは難産で頭部が損傷する事で「てんかん」になる場合が有ります。 これは脳部の血の流れ、気の流れが悪くなった為です。こ の場合の治療は血の流れ、気の流れの治療が重点となります。   どの てんかん であれ、 五臓六腑と「気・血・津液」が原因であり、発病のメカニズムの中心です。 治療では必ずこれらが対象です。 「てんかん」の記事が他にも書いていますので、治したいかたは必ず他の記事も見て、「気・血・津液」については特に知識を増やしてください。 質問)「てんかん」が長引いているのですが? てんかんが長引いて治らないと五臓六腑がますます弱って来ます。 そして津液の状態がさらに悪化します。 この悪循環の繰り返しで悪化状態が進みます。 ますます長期に渡って治らなくなり、慢性病になります。   質問)治療薬は各自違うのですか? 状態により違う治療をします。 発作の起きる前兆、発作の状態、発作の継続時間、発作の回数、意識の状態、発作の無い普段の状態、だるさ、物忘れ、セカセカ、ぼんやり、恐れ、不眠などさまざまな状態があります。 診断において特徴を全部、つかみます。 損傷している臓器によってパターンが違いますので、どの臓器とどの臓器なのか、単独か、複数なのかを明確にします。 これにより治療方針が変わります。 関連の記事が有ります。 「てんかん」総合ページ 個人輸入 医師 個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

喘息は漢方で予防が大事。漢方大病院の情報。

  喘息は体が非常に疲弊してます。 本当に苦しい状態と思います。一日も早く完全されてください。 長年悪い状態ですから、治す方法は無いと思っていると思います。それは事実です。しかし、ここで説明する治療方法はまだ日本には入っていません。しっかり読んで検討してください。 どの程度まで治るかはまず治療しなければなりません。大概の人は良い結果に繋がるとは思いますが、体の疲弊状態などに影響されます。 しかし、いま世界の医療では喘息治療は高度な漢方が最も力があります。ほとんどの人に良い反応が出ます。どの程度までの改善かは、まず治療して出来るだけ多く改善した方が良いです。 喘息は子供や若い人がいます。 1)子供や若い人の方は良い結果を出しています。 2)ビビッド・ライフでは中高年も皆さんが良い結果を出しています。 参考ですが---- 一番ひどかった人ですが、以前は毎年、入院していたが、ビビッド・ライフと出会ったのは10年以上になりますが、一切、入院することがなくなり、極めて元気とのことです。かなり重症だったようです。その他にも病気を持っていましたが、現在それも問題ないそうです。現在はきわめて良い状態です。 まず3〜4ヶ月 しっかり薬を飲んで治療する事が大事です。 最も関係する事は 1)中高年になると老化し、臓器が弱っています。 2)他に病気がある人。 これらが喘息治療でどのようになるか、その状況により、治りが違ってきます。漢方で治療する場合、加齢の問題、他の病気の治療も同時にします。 喘息治療には秘訣があります。----予防が大事。 それは漢方治療しながら体を作る事。そしてその後、悪くならないように予防する事です。今のような苦しみから脱し、2度とならないように対策が必要です。 1)根底の体が虚弱です。この状態があるかぎり、風邪をひいただけでも、すぐに肺に影響がきます。喘息になりやすいので、まず体を元気にする対策が必要です。これは医師が教えます。 2) 寒さに用心。少し厚めの服を着る。暖かくする。 3)タバコは厳禁。埃や煙を吸わない事。 4)食べ物のを注意しましょう。食べ物によって誘発されないように。どの食べ物かは、医師が指定します。逆に元気になるための食べ物もあります。 5)過度の疲労などを避ける。 まず漢方治療することで、体の状態を良くしましょう。 漢方には二つの方法を勧めます。 ①体を治療する ②体を栄養する 喘息には特に大事です。   下記は喘息の原因を分かり易ところを書いています。高度な漢方では良い治療ができます。しっかり読んでください。苦しく、危険な状態から早く解放されてください。ビビッド・ライフがしっかりバックアップします。 資料は下記のボタンを押してください。   関連の記事があります。こちらをごらんください。 喘息の咳は死ぬほどの苦しみ 喘息は痰が一番問題です。 喘息(気管支喘息)の原因 喘息の総合ページはこちら   咳喘息の総合ページはこちら   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

認知症がなぜ治らないのか?なぜ悪化するのか?治す方法はないのか?

認知症の情報ページです。   認知症の薬は効果が有るのか? 上の写真は現代、医科大学使っている医学書です。「認知症の診断と治療方法」を書いている部分です。「認知症」と呼ぶのは近年の事で、古くから「痴呆」の名称で医学的に分類されています。この医学書に基づく治療は良い治療効果が多く見られます。 上の写真は現代最も使われている別の医学書です。 これも痴呆(認知症)の説明です。 この中の一番下に<内経>と書いています。 内経は世界最古の医学書です。 これは2000年前の医学書。 「内経には痴呆(認知症)に関連した説明が既にこの時にある」と書いています。   認知症の特徴 認知症は髄液が減少る場合があります。 認知症は精神に異常を起こします。 記憶力が弱る。 反応が鈍い。 計算ができない。 方向がわからない。 話し方がおかしい。 などが特徴です。   軽症者と重傷者には特長的な違いがあります。 軽症者---精神状態が曖昧です。口数がすくない。反応が鈍い。 重症者---一日中話さない。部屋に閉じこもる。口の中でボソボソいう。笑ったり泣いたりする。 食欲がない。何日たべなくても腹が空いたとは感じない。などの特徴があります。 認知症は五臓の診断が必要。 認知症はいくつかの原因が在りますが、その中で大変重要なウエイトを閉めるのが五臓です。 五臓が脳につながっており、認知症の原因になっている場合があるのです。 五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。この五つは全て脳に関係しています。 なぜ五臓が悪くなるのか?一番多いのは老化です。 五臓が弱ると全身が老化状態です。 脳と五臓は密接な関係があります。   認知症の治療方針は四種類あります。 四種類の内、三種類は内臓の治療になります。 認知症が治ら無い、悪化する時は、内臓(五臓)の治療をすると、ほとんどの場合、問題が無くなって行きます。 典型的な例を次に説明します。   脳が萎縮します。髄海不足。 全員が脳が萎縮している訳ではありません。. 四種類の状態の内の一種類が脳の萎縮です。 脳は髄海と言います。 本来は髄海不足と言います。 脳髄は腎が支えています。 腎は髄液を作るところです。 脳の髄液も腎が作っています。 ところが腎が不調になった為、脳髄を作ることが出来なくなり、髄海不足になった、つまり脳が萎縮した状態になっています。   これ以外に臓器が悪くなっている場合も認知症になります。 診断でどの臓器が悪くなっているか確認が必要です。 もし悪くなっている臓器が発見された場合、その臓器がどのようにして脳に影響して認知症を起こしているのかも医師が見つけますので、それに従って治療します。 どのような診断で分かるのか? 認知症の原因や悪くなっている臓器など、それらと脳との関連などは四種類の診断で分かります。例えば「舌診」です。 これは舌を診断する事です。 舌は内臓の状況を全て表現します。 舌は病状に合わせ様々に変化します。   例えば「舌が痩せて淡い色合い、薄い白色の苔」の場合は「髄海不足」です。 この場合は腎が悪くなっています。 腎を治療しますので、毎月、色が改善してきます。   健康状態の改善に合わせて正常な色に向かって変化します。 この色合いの変化で腎の改善が分かり、脳髄の回復が分かります。 順調であれば、舌の色の改善とともに認知症も改善します。 腎臓と腎は違います。腎臓が正常に関係なく、腎は悪くなる事があります。   認知症は改善するのか? この治療方法は特に700年前に具体的な良い治療方法が見つかっており、その後、改良を加えられて来ました。 認知症の根源を回復する治療をしますので、殆どの場合、良い方向に進みます。 それぞれの体の状況が違いますので、一概に言えませんが、早い時点で意識の変化に気づく場合が有っても不思議では有りません。   認知症・アルツハイマー 認知症の中でも60%近くを占めるのがアルツハイマーです。認知症だけと思っていたらアルツハイマーにもなる場合もあります。 両者は原因など似た点が大変多くあります。 認知症全般の詳しい説明にもなりますので、下記のボタンを押してご覧ください。   関連の記事があります。ご覧下さい。 認知症は物忘れから始まる。人格が変わって来た。異常行動をする。 認知症の総合ページはこちら 個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。最先端の「中西医結合医学」

重症先天性好中球減少症の情報ページです。 好中球減少症は 先天性好中球減少症、重症先天性好中球減少症 後天的な好中球減少症も多く、様々です。 治療効果を有効率と言いますが、 好中球減少症のどのタイプなのかにより違いが出ます。 また病状がどの段階まで来ているかによって違いが出ます。     記事担当の後藤です。 この病気はお子様はもちろん、ご家族が大変な心の負担だと思います。 また大人でも発生する病気です。 神仏にすがるしか方法がないほど大変です。 病院の先生方も本当に大変なご苦労と思います。 少しでもお役立てればと、中医学の説明を書きますので、ご活用下さい。 重症先天性好中球減少症とは。 これはごく稀な「骨髄不全」の一種です。 或いは「先天性骨髄造血不全」とも言います。   2タイプ有ります。 1)染色体の劣勢遺伝---1歳までに死亡する確率が高い。 2)常染色体優性遺伝-----赤子や幼児に発生します。 重度の好中球減少をするため、重度の感染を受けやすい。 骨髄を自力で作れたら 骨髄を自分で作れたら重症先天性好中球減少症は治ります。   上の説明で非常に重要な説明がありました。 普通、皆様が先に見ることは「染色体」です。 確かに重要な事ですが、 中医学ではもっと大事な事を見ます。   それは これはごく稀な「骨髄不全」の一種です。 或いは「先天性骨髄造血不全」とも言います。 と書いている所です。   実際に中医学・大病院・名医の治療を見ますと この「骨髄造血」の治療が最重点です。 これが上手くいけば、良くなります。   実は中医学・大病院では骨髄の治療は常に多くの患者様にしています。 この治療が順調であれば自力で正常な骨髄を作れるようになります。 大病院・名医の場合、薬による副作用は有りません。   体のどこが骨髄を作っていると思いますか? 「好中球の減少」は正常な骨髄が自分の体で作れたら「好中球の減少は無くなります」   正常な骨髄が出来ていない理由は五臓に有ります。 五臓が骨髄を作る力を失っているからです。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)ですが、特に腎が関係します。   中医学・大病院・名医が診断した場合、腎だけが問題有りと判断するとは限りません。 五臓のその他の臓器が故障している場合が多いからです。   重症先天性好中球減少症の原因----中医学 原因 ---凛賦薄弱、精血不足 これは、子供さんに特に多い原因です。 ①父母から受け継いだ精血が不足している。---(ここが染色体に当たる部分です) ②あるいは胎児の時の栄養が不足していた。 ③あるいは出生後、食べさせた栄養が不適切だった。 以上のどれもが「凛賦薄弱」にさせ「気」を作る事が不十分で「臓腑」の働きが不完全な為、好中球減少症になったのです。   凛賦薄弱、凛賦不足は 重症先天性好中球減少症だけでなく様々な病気でも起きます。 しかし中医学・大病院では元々、凛賦薄弱、凛賦不足は非常に優れた治療をしています。 重症先天性好中球減少症を治療する方法ですが、 実際の患者の体内は様々な状況に有ります。 下記の治療は重症先天性好中球減少症だけでなく、 その他の好中球現象症でも行われる治療です。   重症先天性好中球減少症の治療---中医学 治療 1)気陰損虚証 気と陰が損傷し、虚弱になっています。 ①気を益す治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③風を散らす治療をします。 ④免疫を上げる治療をします。   治療 2)脾腎陰虚証 脾と腎が陰虚になっています。 ①脾を温める治療をします。 ②腎を補う治療をします。   治療 3)心脾血虚 心と脾の血が虚弱になっています。 ①心を補う治療をします。 ②脾を益す治療をします。   治療 4)肝腎陰虚証 肝と腎の陰が虚弱になっています。 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を養う治療をします。    治療 5)正虚毒盛証 ①気を補う治療をします。 ②血を益す治療をします。 ③毒を抜く治療をします。 ④腫れを消す治療をします。   治療 6)その他 ①肺の治療をします。 ②胴体部分の三焦の治療をします。 ③陽気の治療をします。 ④解毒の治療をします。       以上、重度先天性好中球減少症の大事な点を説明しました。 この病気の方は下記の記事もぜひご覧ください。 関連の記事があります。 下記を押してご覧ください。 1)好中球減少症について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。   2)重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。   3)好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。    4)重症先天性好中球減少症の中医学の体験 幼児   5)#先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか?    好中球減少症の総合ページはこちら   より詳しい記事をご覧ください。   まず事前相談は無料です。何なりとご相談ください。 24時間以内にお返事差し上げます。返事ない場合は至急、電話でご連絡ください。 こちらからメールを送信してますが、連絡つかない場合がありますので。 個人輸入代行の総合ページはこちら      

その他の病

2020/1/10

好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。

好中球減少症の情報ページです。 記事担当の後藤です。 血の根本治療は中医学は世界で最も歴史が有ります。 好中球減少症は何種類か有りますが、中医学では大変優れた治療方法が有ります。 中医学の中でも特に効力が良い「中西医結合医学」についてご説明します。 大事な内容ですので、お役立てください。   使用するのは海外のお薬です。 個人輸入代行で手配します。 病院用の薬ですので、必ず大病院・医師に病気・体の状態を相談し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安いですから、日本相場の2〜3割位の金額です。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の好中球減少症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   好中球減少症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする好中球減少症の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が好中球減少症の治療でも出ています。   好中球減少症の治療---実例---「中西結合医学」 1)好中球減少症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)好中球減少症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が好中球減少症の原因になっている場合。 ②好中球減少症から別の病気に発展している場合。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、好中球減少症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   好中球減少症の総合ページはこちら  下記に関連の記事があります。ご覧ください。 1)好中球減少症について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。   2)重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。   3)好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。   4)重症先天性好中球減少症の中医学の体験 幼児   5)#先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか?    詳しい情報がご希望の方は遠慮なく、ご連絡ください。資料や相談は無料です。電話でも良いですが 聞き間違いを防ぐため、「お問い合わせコーナー」よりご連絡ください。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

病院の信用、娘の脳の治療、もしあの時、正しい判断がなかったら大変な事になっていた。には様

娘の事で上海の先生に相談して良かった。 もしあの時そうして無かったら娘の人生は大変な事になっていました。 本当に感謝です。 娘は嫁に行ってます。時々実家に帰って来ます。 娘が頭が痛いというので地元の大きな病院に連れて行き、検査してもらいました。 その結果、脳腫瘍と言われました。 早急に治療しないと危険と言われました。 確かに頭が痛く、余談許さない状態でした。 手術では脳のお皿を外し、それは破棄して何か人造の物、プラスチックのようなものを被せる状態になるそうです。   実は母親の私が以前、上海の先生に救けていただき、生き返る事が出来ました。 それで、娘の事もとにかく上海の先生にも相談してみようと思いました。 ビビッド・ライフの社長が出張で来ているので、娘を連れて会いに行きました。 社長から、セカンドオピニオンに地元の大きな病院で検査を受けて下さい。こちらも上海の問い合わせますので、と言われました。 それが良い結果を生みました。 娘を連れて県の大きな病院に連れて行きました。 検査結果で先生は「脳腫瘍では有りません。 しかし脳に出来ているものは何なのかは分かりません」と診断結果を言われました。 ちょうど上海の先生から連絡が来ていました。   聞くと「脳腫瘍ではない。理論的に脳腫瘍は有り得ない。 これは特殊な皮膚病が脳に食い込んだ疑いが濃い」との判断でした。 それで試しに少量、上海から薬を送っていただき、飲ませました。 その判断が的中しました。2ヶ月ほど薬を飲みそれで治療は終了しました。 なんとお礼を申して良いかわかりません。 母娘の両方を助けて下さって本当に感謝です。 どの病院、どの先生方にも感謝しています。 脳腫瘍ではなかったですが、日頃、家族に何かあるとこの病院にはずっとお世話になっています。 この病院があるから家族は元気でいます。 ですから何が有っても感謝しています。   県の大きな病院は、詳しい検査と詳しい判断をしてくれました。 いざという時、いつも助かります。 今回も重要な役目をしてくれました。   上海の先生は本当に感謝です。 日本では上海のような医学がなく、全く方法がない場合でも、上海はすごい治療が出来ます。 こんなすばらしい医療に出会えて私は幸せです。 病院に期待する〜総合ページはこちらです。   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。     個人輸入代行の総合ページはこちら    

その他の病

2020/1/10

授乳と母親の病気。母親が病気の時は「母乳」にしない方が良い。

こんにちは 記事担当の後藤です。 可愛いお子様が生まれ、楽しい毎日と思います。   お母様が病気の時、母乳は飲ませ続けて良いのか? どなたもはっきり判断ができないでお困りと思いますので書きます。  親子の絆ですが、 初めの頃、母乳を飲ませれば、親の体質は繋がりますので それ以降は無理に母乳である必要は有りません。   もちろん、母乳で育てたいとのお気持ちは十二分に分かります。 母親が健康な状態であるなら、母乳で育てる事が理想的です。   しかし母親が病気の時 1)体内の問題が子供にどのように影響するか? 2)母親が薬を飲むと、子供に影響はないのか? これについてはっきりした判断ができないでいると思います。 これについての確実な参考例が有ります。 それは「乳児の食物アレルギー」が最も参考になります。   「乳児が食物アレルギーだったら」 食物アレルギーは下記です。 牛乳、卵、小麦アレルギー、蕎麦、 魚、イクラなど魚の卵、イカ、エビ、カニ。 牛肉、豚肉、鶏肉、 バナナ、りんご、桃、ピーナッツ、ヤマイモ、キウイ、大豆、ゴマ、マッタケ。   食物アレルギーの時は、大概の子が上記の5〜10種類の食物がアレルギー反応が出ます。   食物アレルギーの時は粉ミルクが使えません。 つまり絶対に母乳になります。 ミルクは乳製品ですから、絶対に飲ませる事が出来ないので、必ず母乳になります。   母親が食べた物は即座にストレートに母乳で乳児の口に行きます。 この現象の意味をしっかりお考えください。   もし母親がケーキを食べたら、短時間で乳児の口に牛乳・卵・小麦の成分が行きます。 ストレートに全部行くと思ってください。 おそらく呼吸困難になり直ちに救急車を呼ばねばならないでしょう。   一般には母乳は良く「母親の悪い所は行かない」と思われていますが、 実際は食べた物が丸ごと行く事が分かると思います。 ですから、お子様が食物アレルギーの場合、お母様は、この事を怖いくらい知っています。 もし母親が病気の場合、体の悪いものがストレートに母乳で出ます。 乳児はそれを飲み続ける事になります。 その時は粉ミルクなどに切り替えた方が良いと思います。   なぜなら母親が病気であれば、 1)体内は血が濁っている、血の塊がいたるところにある。 2)体液が固まって体の水分の状態がキレイでない。 3)体に毒素が多い。 4)場合によっては母親にウイルスや菌が繁殖している。   病気の時、体内はこのような状態です。 もし母乳なら体内のこのような状態がストレートに乳児の口に流れます。 わざわざ乳児に悪いものを飲ませている状態です。   ですから、病気中は最初の数回は母乳を与える事にして あとは母乳はしない方が賢明です。   以上 ご参考にされて下さい。  

その他の病

2020/1/10

重症先天性好中球減少症 中医学の体験、幼児。 上海・大病院の医師に相談。

私の子供の「重症先天性好中球減少症」の治療をしました。 ビビッド・ライフさんを知り合いから紹介された当時、私の子供は幼児でした。 もう6〜7年前になります。 知り合いの方は親切な方で、いつも仕事で大変お世話になっている方です。 父親として心配の毎日でした。 重症先天性好中球減少症と言っても、だれでも始めて聞く名前です。 JRと新幹線を乗り継いで 専門病院に定期的に行ってました。 短期入院しての検査と治療をします。 難しい病気で、いつも病院で出会う子が、次第にいなくなっています。 次は我が子かと不安でした。 我が家には子供があと二人います。 骨髄移植が必要なので、一人の子が丁度、適合したので、その子から骨髄を移植しました。   その後くらいに漢方の紹介を受けました。 ビビッド・ライフの社長さんが出張で来られるので会ってみたら、と紹介されました。 仕事で夜遅くなったのですが、会って来れました。 私は無口な方で、分かったのかはっきりしないタイプで、社長さんも説明に困ったと後で聞きました。 その知り合いから、とにかく上海の先生に取り次いでもらったら〜と勧められ、とにかく必要な資料、病状、病歴などの説明を添えて上海に送っていただきました。   1週間ほどして上海の先生からの報告が来ました。 薬は2〜3種類でした。子供ですから、飲む量は大人の3分の1くらいで、費用はほとんどかからなかったと思います。 嫁さんが漢方に理解を示さないので、私が飲ませました。 仕事から帰ってくるのが遅いので、朝飲ませるのがやっとで、指定された1日3回が飲ませられません。 それでもぼちぼち飲ませました。 飛び飛びでしたが、無事飲ませました。   上海から漢方が送って来た時は どんな薬が来るのだろうか?と心配しましたが、自宅に上海から送って来た薬は、見かけは日本の漢方薬と同じでした。 日本の漢方は8割は中国からきているから当たり前ですね。 子供だから漢方薬を素直に飲むかな?と思ったので、◇百宝元を先に飲ませたのが正解でした。 ◇百宝元は甘くて美味しいので、子供の方が喜んで先に飲んでくれました。 この漢方薬も一緒に飲むと、元気になるよ〜と教えると素直に飲んでくれました。 漢方を飲んだのはあの時だけで、今は私が日頃、◇百宝元を飲んでますので、子供が欲しいという時は一緒に飲んでいます。   漢方のイメージが変わりました。 仕事で良く上海に行きますが、上海にお世話になった先生が居られるので感謝です。 機会があればお会いしてお礼を申したいです。     好中球減少症の総合ページはこちら 1)好中球減少症について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。   2)重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。   3)好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。    4)重症先天性好中球減少症の中医学の体験 幼児   5)#先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか?    個人輸入代行の総合ページはこちら      

パーキンソン・進行性核上性麻痺

2020/2/1

進行性核上性麻痺 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。   進行性核上性麻痺の治療薬・個人輸入の説明。 非常に難しい病気ですが、 タイミングと状態によっては大変効果が有ります。 中医学の特徴は対処療法ではなく、根本治療です。 中医学は非常に難しい病気の治療が出来ます。   個人輸入担当の後藤です。 「体の不自由な状態が続き大変お困りと存じます。 お問い合わせにお答えします。 この病気は非常に難しく、上海の名医でも「難しい〜」と言うほどです。 しかし、もしかして良くなるかも知れません。 改善するケースが有るからです。」   「だれが改善するかは治療して見なければ分かりません。 この病気に限っては、まず飲んでみようと思う人に対して 個人輸入の段取りなどをご説明します。 ぜひ良い運をつかめ、良くなって欲しいと思います。」 進行性核上性麻痺の個人輸入の方法 一番大事な点は「中医学」だという点です。 中医学でも最先端の治療方法は「中西医結合医学」が有ります。 これは極一部だけは西洋薬を使いますが、大部分は中薬(中医学の薬)です。   1)日本人は中医学を知りません。 しかし国際的には非常に有名な医学で、難病も治療ができる優れた医学です。 現在、世界200カ国で大小の規模の差がありますが、実用されています。 中医学は根底から治療する医学です。 日本に漢方が有りますが、これは遣隋使・遣唐使の時代に日本に伝わって来ました。 日本はご存知のように、日本の風土に合う作りになっています。 ですから中医学は日本の漢方とは大きく違います。   中国は中医学と西洋医学の病院の両方がほぼ半々有ります。 人口が14~15億と居ますので、病院の総数は日本の15倍あっても不思議では有りません。 したがって中国全土では大変な数の中医学の病院が有ります。 ここでは連日のように難病の治療が行われています。   2)根底治療の目的は 究極の目的は、根底から治療し、元の体に戻す事です。   3)どんな薬が有るのですか? これに付いては他のページに詳しく書きましたので、そちらを是非ご覧ください。 個人輸入 進行性核上性麻痺 中医学 薬の内容説明はこちら 中医学は西洋医学とは全く違います。 どの医学は良いとか比較する必要は有りません。 病気のタイプによって使い分けるのが良いです。 西洋医学で良く治るのなら、そちらの方が良いです。 もしそうで無いなら中医学をご利用されると良いと思います。     4)薬は煎じ薬ですか? 錠剤・カプセル・顆粒です。 どの薬も飲みやすいです。   5)医師はついているのですか? ついて居ます。 上海の大病院の先生方です、相当な名医です。 上海は中医学について言えば上海中医薬大学の城下町のような都市ですから、 どの病院に所属して居ても、ほとんどの医師が上海中医薬大学に関係する先生です。   6)ビビッド・ライフは上海の病院の出先機関ですか? いえいえ、とんでも御座いません、そんな恐れ多い形態では有りません。 あくまでも福岡を拠点にしたNPO法人の延長、ボタンティア的性格の運営です。 「困っている人が居ますので、なんとか救って欲しい」〜と人脈をたどり、一流の先生方に頼み込んで、相談に乗っていただいて居ます。 先生方もボランティア的に相談にのって下さって居ます。   7)進行性核上性麻痺かも知れない〜と言われたのですが。 進行性核上性麻痺の可能性が大きいが、まだ確定的では無い〜の状態ですね。 この場合、まだ病状が深く無い場合が多いので、治療は有利な可能性があります。 詳しくは医師にご相談ください。   8)薬代は高いですか? 非常に安いと思います。 進行性核上性麻痺は体内の損傷箇所、治療箇所が多いので、かなりの薬が必要です。 しかし、この費用でこのような高度な薬が飲めたらラッキーと思います。   9)薬は安全ですか? 信頼できますか? もちろんです、最も安全な薬です。 民間薬ではありません、全て大病院で日常的に使っている薬です。 医療用に薬ですので、必ず医師が処方しなければ病院は出せない薬です。 国家の管理の正規の薬です。   10)継続治療で医師とは相談出来るのですか? もちろんです、どのような状態にはどの薬と医師が判断しますので、 当然、継続相談して居ます。     進行性核上麻痺をぜひ治したいとお考えの方 下記の無料資料をご覧下さい、こちらから。     <関連のブログはこちら> 進行性核上性麻痺、ミツコ 個人輸入 個人輸入 進行性核上性麻痺 中医学 薬の内容説明はこちら   進行性核上性麻痺の総合ページはこちら       個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.     進行性核上性麻痺の方は中医学の薬で治療しながら健康維持に ◇百宝元を飲んでいる人が結構多い。  

その他の病

2020/1/10

幼児の扁桃腺炎と風邪の治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。

  幼児の扁桃腺炎と風邪の治療情報について。 幼児がカゼを引くと治りにくい。 扁桃腺炎になる場合も有ります。 この二つをどう乗り越えるか、非常に大事な情報を書きます。   風邪だけでも困っているのに扁桃腺炎になると大変です。 熱が39度を越している。   病院に行ったら扁桃腺が赤くなっている。 飲み薬と座薬を出しますが、熱は当面は下がらないでしょう〜と言われる事も有ります。 どうやって熱を上げるか? 高熱は非常に危険です。 長引くと、 1)脳を損傷する場合が有ります。 2)目を悪くする事も有ります。 3日以上の高熱は危険です。   薬を当てにせず、額に「氷」を乗せて下さい。 薬局に行けば氷を入れる袋が有ります。 間に合わねば、ビニール袋を重ね、その中に氷を入れましょう。 あるいは氷水にタオルを入れ、タオルを絞って額に当てましょう。   3歳以下の子供に対する治療 中国では3歳以下の子供には薬は飲ません。 しかし、それでは熱は下がりません。   子供に安全に薬を飲ませる方法は、 母親が薬を飲んで、母乳で子供に薬の成分が入るようにします。   授乳が終わっているときは この時は子供用の薬が有ります。 風邪から扁桃腺炎になっている時の薬は この時の治療は風邪薬でします。 1)母親が飲んで母乳で子供に飲ませる時は、 状態によって3種類の中薬が有ります。 状態によってどれかで風邪はおさまり、熱は正常になります。   2)子供に直接、薬を飲ませる場合。 この時は2種類の薬が有ります。 一つは中薬(漢方)です。 もう一つは西洋薬です。 両方とも幼児・子供用です。 風邪のタイプで使い分けます。 1歳児から保育園に預ける場合が多い時代です。 寒い日に園の外に出させた事で風邪をひくケースが有ります。 園の教育方針によっては子供が風邪を引きやすい環境の所も有ります。   また風邪が移ったり、雑菌が入り扁桃腺炎になる場合も有ります。 本来の扁桃腺炎はブドウ球菌など4種類の菌が関係しています。   独身の時から中医学を取り入れ子育てに役立てている 乳児、幼児が熱を出した時、非常に危険な状態になります。 病院でも対策の効果が無い場合が一番困ります。   こんな時に、日頃から中医学を取り入れているお母様は 対策の取り方が大変上手です。   お子様の様子がオカシイ時は ビビッド・ライフに緊急で連絡してきます。 至急、上海の医師に取次、対策を取り無事、乗り越える方法も有ります。 しかし、これでは間に合いません。 上海に相談を入れたり、上海から薬を取り寄せるのに、7〜10日掛かります。   対策として 風邪は引くことが有りますので、ご家庭で日頃から中医学のお薬を用意しています。 風邪をひいたな〜と思ったら、早めから中医学の風邪薬で対処することが大事です。 薬はわずかな金額ですから、それほど費用負担になりません。     独身・妊娠・授乳を通じて この期間、ずっと◇百宝元を活用している女性が多い。 独身時代の健康に中医学を活用、妊娠に中医学を活用、授乳に中医学を活用する方が多い。 中医学だけでなく健康管理をずっとするために◇百宝元を愛用する女性が多い。    日頃の中医学の活用が子供の健康を守っている。 「備えあれば憂いなし」 勉強している人は打つ手が正確です。 ◇百宝元を日頃から飲んでいる方は、日頃から中医学の大人・子供用の風邪薬を持っています。 幼児がいるご家庭は幼児用の風邪薬を持っています。   風邪は油断ならないのは「肺炎」になる可能性もあります。 非常に危険です。    

その他の病

2020/1/10

咳喘息を根本治療する。中医学・大病院・名医の治療。「中西医結合医学」の方法。

咳喘息を説明します。 この情報は、正規の漢方医学界(中医学)に基づくものです。 しかも実際に上海の漢方名医の指導に基づくもので、現実、漢方医学界(中医学)は4000年に渡って治療し、実際に優れた治療成果を上げている方法です。 咳喘息の特徴。 感冒から咳喘息に移行するケースも多い。 あるいは感冒でも無いのに咳だけが続く。 咳喘息は何日経っても軽くなる兆候が有りません。   むしろ日が経つにつれヒドくなります。 特に夜中にずっと咳が出ます。 痰が絡んだ咳をします。 寝ることが出来ません、徹夜状態です。   しかも昼間も夜中も連続して鼻汁、痰が出ます。ティッシュ箱は1日で空になります。 これは子供も大人も同じです。 最初は感冒の人も、咳喘息に移ってからは風邪薬は全く役に立ちません。 当然、抗生物質も効きません。 お手上げ状態です。   漢方(中医学)では 今や常識の話ですが、感冒は抗生物質では治りません。 抗生物質は菌を殺しますがウイルスは殺せません。 ところが漢方薬(中医学)はウイルスを殺す薬は多種あります。 見事にウイルスを殺せます。   最初は感冒で、それから咳喘息に移行するパターンがあります。 この時は最初に漢方(中医学)を使えば治ったかも知れません。 しかし咳喘息に移行した段階では、格段に難しくなっています。 なぜならウイルスとは関係ないからです。   治療方法を変えなければなりません。 つまり咳喘息とは思わずに感冒と思っている。 抗生物質や漢方の風邪薬を飲み続けている。 これでは全く改善はありません。   しかし咳喘息と気付いても、 咳喘息の原理・メカニズムを知らないで治療すれば出口は全く見えない。 その理由は治療しなければならないポイントが全く違うからです。 咳喘息は気道を拡張すれば呼吸がしやすくなります 。 応急処置として正しい方法です。 しかしそれで咳喘息が治ったわけでは有りません。 実際は丸ごと咳喘息は残っています。   咳喘息は子供に多い。 大人にも多い病ですが、実際は小さな子供さんに多い病気です。 幼児の時期に多い。 特に3才から7才くらいまでが特に多い。   しかも一度、咳喘息が出ると、発作的な咳が朝や夜中にずっと続き、状態は日増しに悪くなります。 それが1ヶ月以上続きますので、非常に苦しい状態が続きます。 しかも一過性でなく、その後も何度も再発します。   胸部X線検査では異常無し。 家族や本人にアレルギーがある場合が多い。 咳喘息は季節に関係なく発生します。   ではどうすれば治せるのか? 実際に咳喘息を良く治している医学があります。 それは中医学です。 どのように咳喘息を扱っているのか極秘情報を可能な範囲説明します。   中医学では「咳嗽」の部類に入ります。 医学書の原点を見ましょう。 咳喘息は中医学では「咳嗽」の部類に入り肺系の病気にです。 2000年前の医学書、黄帝内経(こうていだいけい)の素問によりますと「外邪が犯し、肺や臓腑を失調させた病」 と説明しています。   つまり体の外部から、病気の原因が体に侵入し、肺や五臓六腑の働きを悪くした病気です。 この医学書にはさらに注意書きが有ります。 「咳は肺単独で出ているのでは無く、五臓六腑が関係している」と書いている事です。 いきなり答えが出て来ました。 解説します。   上記は咳喘息の全貌です。 あなたの咳喘息が良くならない理由は、上記に基づく治療をしていないからです。   1)体の外から何が体に入ったのかを確認する必要があります。 それが体内に入ると変化します。 例えば熱が発生したり毒素を作ったりします。   2)そこから入ったものは次に内臓を傷めます。 つまり五臓六腑をあれこれ傷めています。 どこを傷めているかは咳のタイプによっても分かります。   咳にも色々ある。 心咳・肝咳・脾咳・腎咳など、全ての五臓から来る咳が有ります。 その他にも風咳・寒咳・久咳など有ります。 何処から来た咳かによって特徴が違います。   では、傷めた臓器の違いで、どのような症状になるのか、次に説明します。 ①肺が単独で悪くなっている場合と、 ②臓器が悪くなって、それが肺に影響しているのと、二通り有ります。 この違いに応じた治療が必要です。   咳喘息を漢方で分類する。症状の説明。 このタイプ分けにより治療しなければならない事が違っていますので、良くご覧ください。 ①肺に熱が関係するタイプ 咳が激しい、呼吸が粗い、喉が乾き痛い、痰は粘く黄色、咳をすると汗が出る、いつも黄色の鼻汁がでる。頭痛。   ②肺に寒が関係するタイプ 喉が痒い、痰が白く希薄、鼻が常に塞がり、鼻汁が出る、頭痛、肢体が怠い、悪寒、汗が出ない。   ③肺に五臓が関係するタイプ これは三種類あります。五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。肺はすでに悪くなっているので、残りのどれか三種が関係する。つまり三種類のパターンが有りますので、それごと症状が違います。   上記の三つについての考え方、治療の仕方 ①は肺に熱がある ②は肺に寒(冷え)が有る 真逆の2パターンです。 熱や寒があるのに放置していては治りません。なぜ熱がでたのか? それを調べ、適切な治療をする必要があります。   逆に冷えがある場合は、何故、肺に寒があるのか? それを調べる必要があります。 原因や発病のメカニズムが違うので、当然、治療の仕方も違って来ます。   ③についてですが、特にここで関心を持っていただきたいのは、 例え中薬でも肺の治療薬を使うだけでは治らない点です。 つまり三種類の臓器が悪くなっていますので、どの臓器なのかを見つける事が大事です。 何が体に侵入して、どの臓器をどのようなメカニズムで痛めたのか、詳しく調べる事です。 以上のようなしっかりした診断が必要です。 咳喘息は原因、メカニズムを解明しなければ、適切な治療ができません。   原因、メカニズムごとに薬が違います。 単独方向の治療薬で咳喘息が良くなるのはあり得ません。 そのような包括的な治療は漢方は有りません。 何故なら、パターンが基本的に五通り有りますので、全く逆方向の治療が多いのです。 以上を参考にされてください。 正確な診断、正確な治療が必要です。      日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「咳喘息」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「咳喘息」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「咳喘息」の治療でも出ています。   「咳喘息」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「咳喘息」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「咳喘息」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「咳喘息」の原因になっている人が多い。 ②「咳喘息」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「咳喘息」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     関連の記事があります。ご覧ください。 喘息、気管支炎の違い。漢方大病院の知識。 咳喘息は高度な漢方に良い治療方法があります。漢方世界トップの大病院の情報。 感冒・咳痰、咳喘息は厄介ですね。漢方大病院の情報が大事。漢方(中医学)で治療する。   喘息の総合ページはこちら   咳喘息の総合ページはこちら   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

てんかん 個人輸入 ミツコ&姉 根本治療薬 

ミツコ:姉さん、どう〜初美(娘)ちゃんの調子は? 電話ではずいぶん良いとか言っていたから喜んでいるのよ。   姉:ミツコちゃんが本当に良いものを見つけてくれて、 あれから親子の運命が開けてきたのよ。 娘は「てんカン」になったのは2歳の時だったから、あれから8年間は苦しみの毎日だったわ。 中医学って最初に聞いた時は何だかわからなかったのだけど、今はかなり分かって来たわ。 2200年前の医学書「素問」にすごいことが書かれているのを見て驚いたわ。   娘の「てんカン」の原因が「津液」だと中医学の先生が診断したのだけど、やはりその治療したら、だんだん良くなって来て。 そ〜したら、その原因が2200年の前にすでに書かれているなんて、驚きだわ。 津液が悪くなっているなんて、初めて知ったわ。   それに五臓も悪くなっているって医学書に書いてあって、娘は「腎と脾」が悪いって先生に言われたのよ。 その治療したら次第に体調が良くなって、発作が極端に減って来たの。 前は大中小を合わせたら、毎日だったから、今は極端に減ったわ。 本当に有り難う。 ミツコ:日本人の感覚じゃ、体液が原因なんて思いもしないわね。 姉さんはお腹の中に子供のいる時に何かショックな事が有ったの? 確かあの頃は兄さんがリストラになって大変な時じゃ無かった? 仲の良かったのにあの頃は姉さん夫婦の仲は妹から見ても最悪だったわ。 それがお腹の子供に影響したんじゃない?   姉:そうなのよ、ミツコちゃんの言う通りよ。 まさかそれが原因だったなんて思いもしなかったわ。 昔の人が妊娠中はゆったり過ごすように言っていたけど、その通りだったわ。 本当に娘には申し訳ない事をしたわ。 ね〜、先生から「脾」が悪いって言われて薬を飲んでいるのだけど、脾臓とは違うのよね?   ミツコ:姉さん〜、その通りよ、脾臓と脾は違うわ。 中医学で言う「脾」は「脾の系列」なの。 つまり「胃・脾臓・膵臓・腸」を一体で「脾」と言うの。 ここがね津液(体液)を作るところだからよ。 ここが正常じゃないからキレイな津液が出来なくて、濃い痰ができるそうなの。 その痰が体内の血の流れを妨害して、脳に血が正常に流れなくなって、発作が起きるそうなの。 だから、絶対にそこを治療する必要があるそうよ。 初美ちゃん(姪)は脾の治療をしているけど、人によっては津液を直越治療する場合もあるそうよ。 もしかしたら、「脾」の治療が一段落したら、津液を直接治療するかも知れないね。 姉:そうなの〜色々な治療方法が有るのね。 今まで聞いた事の無い治療ね。 今は当たり前のように慣れたけど、最初はとまどったわ。 けど意外と早い内から、体の様子に違いが出て来たので驚いたわ。 初美(娘)も喜んでいるわ。 まだ完全じゃないけど、体がずいぶん楽って言ってる。   お薬は朝・昼・夕の3回だから、昼間、学校ではお昼ご飯が済んだらすぐ飲むように 毎日、学校に持って行ってるの。 錠剤とかカプセルだから便利が良いし、体の調子が良いから、娘の方が積極的よ。   この前、途中経過で先生にチェックしてもらったんだけど、経過は良いようで、同じ薬をまだ継続して下さいと言われて、ずっと飲んでいるの。 薬がぴったり合っているようで、薬を変えない方が良いようなの。   ミツコ:そうなのね。 一番大事な治療を最初からしているから、そこを徹底的に治療することが大事なようなの。 すごい先生だから、いきなりズバっと一番肝心な治療をしてくるようなの。 だから特に最初の薬は大事なようなの。 それでず〜と治して来て、それが合格点まできたら、次のステップの治療をするようなの。 ともかく8年も悪かったのだから、根が深くなっているから、しっかり奥の方まで治療した方が良いと思うの。 治療を焦るのじゃ無くて、元からじっくり治療した方が良いそうよ。   関連の記事があります。下記をご覧ください。  個人輸入 てんかん 中医学 根本治療 医師処方  「てんかん」中医学 安全な薬 医師処方  子供の健康 個人輸入。  「てんかん」総合ページ 個人輸入 医師   }

その他の病

2020/1/10

先天性好中球減少症 について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。

好中球減少症の情報ページです。 好中球減少症は先天性や後天性、重症先天性など色々あります。 原因も様々です。 治療効果を有効率と言いますが、中国の色々な中医学・大病院が詳しい発表をしています。   しかしまた好中球減少症のどのタイプなのかによりかなりの違いが出ます。 また病状がどの段階まで来ているかによって違いが出ます。   詳しくは中医学・大病院・名医の診断を受け、正確な情報を受けて下さい。 中医学の判断をできるだけ詳しく説明しますので、ご覧ください。    好中球減少症の原因---中医学 原因 1)凛賦薄弱、精血不足---体の根底が弱い これは、子供さんに特に多い原因です。 どちらかと言うと先天的要素が多く関係します。   ①父母から受け継いだ精血が不足している。 ②あるいは胎児の時の栄養が不足していた。 ③あるいは出生後、食べさせた栄養が不適切だった。   以上のどれもが凛賦薄弱にさせ、気を作る事が不十分で、 臓腑の働きが不完全な為、好中球減少症になった。 あるいは大気の影響を繰り返し受け「正気」を損傷し、好中球減少症になった。   この治療は中医学・大病院・名医は出来ます。   「凛賦薄弱」は凛賦不足とも言います。 先天的な体の根元と言って良いもので「先天の精」とも言います。 これは中医学独特の表現です。 これは特に「腎」と関係します。 身体の根源ば弱ければ、体はしっかりせず、大病にもなりやすい。   「正気」は免疫力の元です。 中医学独特の表現です。 「正気」が正常な状態には免疫力があり、病を起こさない、病気の発生を食い止めます。   原因 2)邪毒傷正-----後天的好中球減少症 ①大気の「風・寒・暑・湿・燥・熱」が体に影響した。 ②あるいは急性伝染病・疫病の毒、邪気が伝わり、熱・火になった。 ③放射線治療をした、放射線に触れた。   以上三つのどれかで火熱邪が人体に侵入、邪熱が温存、蒸されて毒になり、清血を消耗し正気を損傷し、好中球減少症になった。   原因 3)肝腎陰虚 過労、精神的負担が大き過ぎ、心・脾・肝・腎を損傷した。 これは後天的です。 血液不足や精気の損傷で五臓を損傷し、好中球減少症を起こした。 これは先天的も関係します。   中医学の治療 ここに出て来た五臓(心・肺・脾・肝・腎)を根底治療は 中医学の得意とする所です。 五臓を正常に戻せば正常な血液を自力で作る力が戻りますので 血液の成分、好中球は正常になります。  原因 4)脾胃陰虚----後天的好中球減少症 飢え・食べ過ぎで失調、暴飲暴食、酒の飲み過ぎ、好きな食べ物に偏っている、間違った不潔な食べ物などで、 脾・胃を損傷し、気血を生む源が不足し、次第に虚損になり、好中球減少症になった。   中医学の治療 中医学では血を作ろ所を「脾」と考えています。 脾が不調だと血を正常に作ろ事ができません。 新しい血ができない、正常な血が出来ない原因になります。       原因 5)精気損虚----後天的好中球減少症 ①飲んだ薬が不適切であった。 ②化学療法の後、薬の毒が体内に溜まった。 ③または間違って食べた、間違っで触った物が毒物だった。   この為、鬱積し火になり、火毒が盛んになり、精血を消耗損傷させ正気を損傷させて好中球減少症を起こした。       原因 6)久病大病----後天的好中球減少症 病気が長引き、正気を消耗損傷、精血を消耗損傷、陽気を消耗損傷。   中医学の治療  「正気」とは免疫力の元であり、正気が消耗損傷とは、免疫力が破壊されており、陰陽のバランスが壊れている段階です。 気は陰陽ありますが、陽の気を消耗損傷している状態ですから、あらゆる病気が発生しやすい状態です。 また精血を消耗損傷しているとは、血が壊れている状態で、まさに好中球が減少している状態です。   中医学では陰陽のバランスを取り直す治療ができます。 また精血を正常に取り戻し、血を正常にして好中球を正常に戻す治療が有ります。 しかし楽観はできません。 病が進まない内に中医学に基づく徹底的な治療が必要です。  好中球は血液の中の要素です。 中医学では血液の研究が非常に進んでいます。 実質1万年の歴史があると医大の資料では書いています。 人類が発生したと同時に病気が発生しましたので、血液がまず一番大きな治療、研究対象でした。   これに対する治療薬は同じように1万年の積み重ねがあり、この4000年間は特に進んだ薬の開発が行なわれて来ました。 好中球減少症もその中の一環です。   本来、血液は自分で誰で作っています。 正常な血液を健康な人は誰でも作っています。 中医学は、自分で正常な血液を作る力をつける治療をします。 また好中球減少症になっていることで感染して居る事もありますが、これも薬があります。 病の程度や悪くしている状態は人それぞれです。 どのように悪くなっているかは専門の中医師が判断します。 好中球減少症は不治の病と思われています。 しかし中医学では治療が可能です。   中国でも中医学と西洋医学は全く考えが違います。 中国の西洋医学では好中球減少症の原因は感染や遺伝、自己免疫疾患などが上げられています。 しかも難治性の病としています。   かたや中医学は全く違った見方をしています。 中医学がどのように見ているか資料をご覧ください。 わかりやすいように好中球減少症の原因の重要ポイントだけをあげています。 まだ日本には知られていない内容ですので、しっかり見てください。   好中球減少症の総合ページはこちら 関連の記事があります。ご覧ください。 1)好中球減少症について説明します。中医学による治療。中医学大病院の情報。   2)重症先天性好中球減少症 根本的な治療方法。中医学が解き明かす病の原因。   3)好中球減少症 中医学で根本治療。「中西医結合医学」の治療情報。    4)重症先天性好中球減少症の中医学の体験 幼児   5)#先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか?    より詳しい説明は下記をご覧ください。 無料です。 「好中球減少症の原因」   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/10

ネフローゼ症候群を根本治療。安心安全で副作用の無い治療。中医学大病院・名医の情報。

ネフローゼ症候群の情報ページです。 「こんにちは 記事担当の後藤です。 ネフローゼ症候群で大変お困りと存じます。」   「どのような事が原因かご説明します。」     ネフローゼ症候群の本当の原因 ネフローゼ症候群は五臓が原因です。 腎が単独で悪くなっているのでは無く、その他の臓器も悪くなった病気です。   原因①   「肺・脾・腎」が悪くなっています。 日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は同じ目的で動作しています。 それが故障したのです。   ・「肺」は「水」を全身に配分します。 ・「脾」は「水」を食べた物・飲んだ物から作ります。 ・「腎」は全身を回って来た「水」を濾過します。   この三臓の働きは中医学の独特の理論です。 この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回します。 肺・脾・腎のそれぞれで水を使って体を働かせています。   この水の処理に関係する「肺・脾・腎」が故障し、大量の尿タンパクが出たり、重い水浮腫、低タンパク、高脂血症などになったのです。 これがネフローゼ症候群の本当の姿です。 原因②  「肝」が不調になった為。 体内で「湿熱」がこもり、これが病の温床となってずっと体内で蓄積させます。 この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。   「肝」は体内の血の循環を良くたり、血を蓄える仕事をしています。 しかし「湿熱」の影響で「肝」の働きが落ち、血の固まらせ停滞させ、水の流れを止めます。 このような事でネフローゼ症候群が形成されます。 ネフローゼ症候群は 上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。 これは大概の人が、腎臓以外が悪くなっているのを気づきません。 検査しても悪くなっているのがわかりません。   実は中医学と西洋医学は人体の構造についての分析が大幅に違います。 今まで分からなかった原因が中医学では詳しく分かります。   ネフローゼ症候群の治療はパターンが有ります。 ネフローゼ症候群には悪くなっている臓器や箇所、状態などのパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。 また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。 中医学の大病院はこの治療をしています。 ネフローゼ症候群の治療-----5種有ります。 中医治療①---「脾虚・湿」 ・「脾」を健康な状態にする治療をします。 ・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。 ・過剰な湿を取る治療をします。   中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」 ・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです ・脾腎を補う治療をします。 ・脾腎を温める治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。   中医学治療③---「肝・腎・陰虚」 ・肝腎が共に陰虚になっている状態です。 ・肝腎を滋養する治療をします。 ・肝腎を補う治療をします。 ・陰の力を上げる治療をします。 ・熱を清める治療をします。   中医学治療④---「湿熱」 ・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です「湿熱蕴结」。 ・熱を清める治療をします。 ・湿熱で出来た毒を消す治療をします。 ・湿の流れを良くする治療をします。 ・腫れを良くする治療をします。   中医学治療⑤---「気虚・陰虚」 ・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。 これは脾肺腎が悪くなっています。 ・気を補う治療をします。 ・脾を健康にする治療をします。 ・肺腎を清める治療をします。 ・肺腎を養う治療をします。 中医学(中国)は世界で最も歴史が有ります。 ネフローゼ症候群が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学書では、それよりもずっと前からネフローゼ症候群が治療されて来た、 そしてネフローゼ症候群の詳しい原因や治療法がそれ以前にすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915     ネフローゼ総合症とは近年の西洋医学が付けた名前です。 この病気はすでに紀元前200年に書かれた人類初の漢方医学書に詳しく書かれています。 この医学書の中には原因について様々な細かい点が解明されています。 中医学はこの2000年間、この病気を大変多く治療し、優れた結果を出しています。   個人輸入代行の総合ページはこちら 関連の記事があります。ご覧ください。 ネフローゼ症候群の治療。最先端の漢方で改善率を上げる方法。 甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方治療の体験、信用、評価   ネフローゼ症候群がなぜ良くならないのか 詳しい説明を作りました。下記の総合ページをご覧下さい。 ネフローゼ症候群の総合ページはこちら   ◇百宝元は単なる参考ではありません。活用した人が得します。        

その他の病

2020/1/10

貧血を根本治療。中医学・大病院・名医の情報。 

貧血の総合ページ 特に慢性の貧血は、ずっと人生の悩みです。 根本治療する事で、気分・体調が大きく良くなって来ます。 非常に優れた治療です。   記事担当の後藤直伸です。 「貧血でお困りと存じます。 原因不明のままと思います。 貧血は色々と種類があります。 その中で中医学で根本治療できるものが色々あります。」   「下記に大病院・名医の治療方法を書きます。 治療が可能なタイプなら活用されてください。 早く正常になる事を願っています。」 貧血の共通の症状 めまい、目がくらむ、足が立たない、足に力が入らない、顔色が悪い、爪が白い。 耳鳴り、唇が蒼白、動機、物忘れ、眠れない、生理が不調。   色々な貧血 貧血の種類は沢山あります。 このページでの説明は中医学で治療する人向けですので、中医学での貧血の名称を書きます。   1.鉄欠乏貧血---軽度の貧血 2. 巨幼細胞性貧血 3.再生障害性貧血 4.純紅細胞再生障害性貧血 5.溶血性貧血   6.地中海貧血 7.腎性貧血---悪性 8.脾機能亢進性貧血---悪性 9.白血病性貧血---悪性   中医学の貧血治療の非常に大事な点 もし血を補う薬物を飲んでも貧血の根本は改善しません、無駄です。 貧血に対し血を補うということは、 「気を補う、陰を補う、陽を補う、腎を補う」治療をする事です。     鉄欠乏性貧血の原因----中医学 1)飲食などが原因 この病は飲食の問題、脾・胃が弱い、過労、長期の出血、妊娠で栄養が不足、などが原因です。 このため、気が少なくなり血が衰弱します。 やがて気・血とも損傷し虚弱の現象が出て来ます。   病の重点位置は中焦(胸下からヘソ付近まで)と脾・胃に有ります。 食べ物は胃を通って汁になります。 中焦は気と汁を受け取るところです。 この汁が赤く色がついて血になります。 胃と脾は気・血を生む源です。   飲食が不適切だったり、脾・胃を損傷すると 気・血を生む事が出来なくなり貧血を起こします。    2)腎の虚弱が原因 ①腎が元々虚弱だったり、先天の稟賦が不足している。 ②セックスが過ぎたり、煩雑な仕事をしすぎるて腎を損傷した。 この為、腎精は血を作る事が出来ず、貧血になった。   鉄欠乏性貧血の治療----中医学 1)脾気虚証 ①気を益す治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。   2)心脾両虚証 ①気を益す治療をします。 ②血を補う治療をします。 ③心を養う治療をします。   3)脾腎陽虚証 ①脾・腎を温める治療をします。 ②脾・腎を補う治療をします。 腎虚貧血の治療----中医学 陽虚型 ①腎を温める治療をします。 ②腎陽を補う治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④血を補う治療をします。   陰虚型 ①腎を補う治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③新しい血を生む治療をします。 腎虚型の治療効果は90%以上との情報があります。   脾腎両虚貧血の治療----中医学 ①脾・腎を調整する治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③血を補う治療をします。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「貧血」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/贫血/1080 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   「中西結合医学」で治療する方法も有ります。 中医学と西洋医学との組みあわせでより効果を出す方法です。 それを中西結合医学と言います。   ◇百宝元は栄養補助食品です。 健康維持にお勧めしています。 A様は今も◇百宝元をずっと大事に飲んでいます。 これを飲んでいて、良さが分かり、良く中医学を勉強するようになりました。  

その他の病

2020/1/10

反復性過眠症 根本治療薬 中医学・大病院 

過眠症を根本から良くするために「五臓」の治療薬を飲みます。 さらに「気・血・津液」と治療薬も飲みます   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   過眠症の情報ぺージです。 「記事担当の後藤です。 睡眠の本当の機能がわかるとこの病気の治療方法が分かります。     過眠症については中国は非常に多くの症例を持って居ます。 この病気の治療は実際には3000年以上の蓄積があります。」   「過眠症は中医学で根本治療が出来ます。」 「下記に特徴的な点を説明しますので ひどくならない内に中医学を研究されてください。」 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 過眠症は神経機能の疾患、生理障害の一種です。 過敏症で睡魔が襲うのは食事中でも会議中でも、運転中でも起きます。 特に15歳〜30歳で起きます。 根絶が難しく生涯に渡って続く可能性が有ります。   過眠症の種類 1)反復性過眠症 2)突発性過眠症 過眠症の原因 1、うつ病 2、睡眠不足 3、昼と夜のリズムの狂い 4、頭部の損傷。 5、新陳代謝を狂わせる病毒。   6、昏睡病 7、睡眠時の肢体の多動性生涯。 8、歯ぎしり。 9、睡眠時無呼吸症候群。 10、薬物が原因となる場合もある。 11、その他。  1)反復性過眠症 特に多いのが下記の2種類です。 ①クライン・レビン症候群 ②反復性月経前過眠症   ①クライン・レビン症候群は 数日から数週間にわたり連続した睡眠状態となる睡眠障害の一つです。 強烈な睡魔に襲われ睡眠に陥る。   発作が始まると通常、数時間以内に、あるいは数日以内に段階的に眠りに入る。 睡眠の陥る期間は1日から30日の間ですが、 特に多いのが5〜7日です。   もしこの睡眠期間が重なれば数ヶ月も続きます。 シンデレラの眠り姫の状態です。 しかし女性よりも男性の方が多い病気です。   この病気の発作が出る頻度は年齢が進むと減少します。 しかし頻度が少なくなるだけで完全に消える訳では無いようです。   クライン・レビン症候群の場合、食べる量が増加したり、性欲が増加する事が特徴です。 また深い過眠症に入る前には、落ち着きがない〜などの精神的な変化が出ます。   ②反復性月経前過眠症 反復性月経前過眠症は女性の月経と関係があります。 月経中に過眠症の発作が発生し、月経が終わると過眠症はすぐに消えます。 月経に合わせて反復します。   この過眠症は脳波検査では分かりません、検査で脳波は正常です。 しかし発作が始まると深い眠りに落ちます。 2)発作性過眠症 一種の慢性睡眠障害です。 A)四つの症状が有ります。 ①過度の眠気---睡眠発作 日中、新聞を読んでいたり家事、仕事をしていても突如、眠たくなります。 20〜30分寝る場合が多く、目が覚めれば元気です。   ②つまづき型発作 強い感情によって誘発されます。 体の筋肉の力を急激に失い、つまずいたような状態で倒れ、何も出来なくなります。 呼吸や意識は正常です。 これが数秒続き、その後、睡眠に入ります。 目が覚めれば体は順調です。     ③眠りに入る時に幻覚が出る。 会話中、食事中、会議中、運転中などに突然に寝る。 15才〜25才に多く見られます。   「レム睡眠」をご存知でしょうか? レム睡眠とは睡眠中に眼球が急速に動いている状態です。 数分間のほんの短い間ですが、 レム睡眠状態が始まると全身が動かなくなり会話も出来ません。 ただし眼球運動や呼吸は問題ありません。   ④幻覚が発生します。 睡眠に入る前、あるいは目覚める時に幻覚が発生します。 何かが見えたり、聞こえたり、幻覚を感じます。   B) 全員では無いが、おおかた半数の人に出る現象。 夢遊病のような状態がでます。 数分から1時間前後続く症状です。 夢遊病のような状態の時、何か言葉が出ますが本人は覚えていません。 寝れないか、寝ても睡眠は浅い。 朝起きると目覚めていますが、耳鳴り、手足など筋肉が痛い、頭痛などの症状が有ります。 発作生過眠症の状態 中医学の診断では5種が見つかっています。   1)心・脾が共に虚弱。 心は血を送り出す大元で有り、 脾は新しい血を作る所だが、 「心・脾」とも虚弱な為、脳に十分な血を送れないので脳が正常動作をしない。   2)脾が虚弱で気が低下。 「脾」が虚弱、「気」のエネルギーが極端に落ちているため 脳に向かう血の流れが極端に少ない為、脳が正常動作しない。   3)脳に瘀血が有る。 頭を強く打った外傷などに良く見られます。 脳内に瘀血が有り脳が正常に動作しない。   4)痰が血・津液の流れを止めている。 脳につながる経絡(血の通り道)が有ります。 痰が経絡に侵入し、脳に行く血流が止められた為、脳が正常動作しない。   5)胆に熱が有り痰により乱れがある。 胆が熱を持っているので、津液(体液)を加熱し痰を作る。 痰が経絡に侵入し脳に向かう血の流れを阻害する為 脳が正常動作ができない。   発作生過眠症の治療 1)心・脾が共に虚弱。 ①「心」を補い心の状態を良くする治療をします。 ②「脾」を補い脾の力を増す治療をします。 これにより脳に行く血の量を増やし脳を正常化させます。   2)脾が虚弱して気が低下。 ①「脾」を補う治療をします。 ②「陽」の力をあげる治療をします。 脾の働きを良くし、新しい血を作り、 気の力を上げて、脳に血を送り込む力を上げます。   3)脳に瘀血が有る。 ①脳にある「瘀血」(血の塊、古い血)を溶かします。 ②「脳」の中の通りを良くする治療をします。 脳にある瘀血を溶かすことで脳の働きを良くします。   4)痰が血・津液の流れを止めている。 ①「湿」を取る治療をします。 ②「痰」を溶かす治療をします。 湿が多い体質を変え、痰を溶かして、脳への血の流れを邪魔させないようにします。   5)胆に熱が有り痰により乱れがある。 ①「胆」の熱を清める治療をします。 ②胆の熱により津液(体液)が煮詰められ痰になっているが その痰を溶かす治療をします。   「胆」が熱をもち痰を作る構造になっている為、治療によって 痰の熱を取り、痰を作らないようにさせ、 さらに詰まっている痰を溶かして、脳への血流を回復させます。   <コメント> 以上、主だった点を書きました。 この病気は中医学・大病院・名医は適切な治療が出来ますので活用されてください。 不明の点はご質問ください。   ◇百宝元もお役立て下さい。    

その他の病

2020/1/10

咳喘息 中医学による根本治療の方法があります。中医学・大病院・名医の情報。

 咳喘息は小さな子供の時から発生します。 咳喘息は大人だけでなく、小さなお子様に大変多い。 しかも季節に関係なく再発します。   一度発生すると一ヶ月以上、寝ることもできず苦しみます。 それが大人になってもずっと続く人が多い。 ここに書く記事は大変貴重な記事です。   私も咳喘息になった事があります。 最近、知り合いが何人も咳喘息になってます。 知人の中には初めて咳喘息になった人もいますが、子供の時からのキャリアの人もいます。   中には現職の看護婦もいます。 彼女は咳喘息は治す方法が無いことを良く知っています。   はじめての人は咳喘息に気付くまで時間が掛かります。 風邪は知っていますが、自分がおかしな感冒になって初めて気づきます。 熱や頭痛もなく、日増しに悪くなります。   体験した事のない咳・痰が連日、連夜続きます。 夜通し咳痰が出て、毎日ティッシュを一箱使う状態です。 この状態が1ヶ月以上続く、あるいは際限なく続く人が多い。 風邪だろうと思っている人 咳喘息が初めての人は、風邪かな〜と思います。 咳・痰が出だした、熱がない。 普通の風邪とは違うな〜と感んじ出します。   風邪薬を飲んでも効きません。 病院に行ったら咳喘息ですね〜と言われても効果的な薬はないようです。 中医学で咳喘息を治療する方法 1)初めて咳喘息になった人の治療 咳喘息と知らないで風邪かな〜と思い、中医学の薬を飲みます。 常備した方が良い薬が有りますのでそれを飲みます。   一般的な風邪には1〜2回飲めば効きます。 しかし、それが咳喘息には全く効果がないのです。 それで、これはただの風邪では無いと気付きます。   一つの中薬を2日飲んで効果がないなら、別タイプの中藥に切り替えた方が良い。 中薬は本来、早く効き目があるからです。 この中にはインフルエンザ・タイプの中薬もあります。 これで大部分の咳喘息は良くなります。   この時はもっとひどい風邪向きの薬を飲みます。 この中医学の薬は、風邪やインフルエンザに非常に効力があります。 大概の咳喘息にも効きます。 1〜2日で咳喘息の勢いがガクンと下がります。 飲みだして2〜3日で次第に普通の生活に戻れます。   このような中医学の薬は上海の医師が指定した常備薬です。    2)上記の薬を飲んでも何も改善がない人、前々から咳喘息を繰り返している人 この場合は、体内がよほどの状況ですので、上海の医師に正式に相談する必要が有ります。 咳喘息は喘息と同じで、繰り返す人がいます。 これは早めに中医学の診断を相談するのが賢明です。   そうすればどこが原因かわかります。 咳喘息のメカニズムが、5種類くらいありますので、 どのパターンか診断で見つけていただく必要があります。   5種類のパターンの内、 2つは肺の状態です。 後の3種類は五臓六腑の損傷です。    咳喘息の総合ページはこちら   関連に記事があります。クリックしてごらんください。 咳喘息がどうしても治らない理由は何か? 正規の情報。 感冒・咳痰、咳喘息は厄介ですね。 漢方で治療する。      咳喘息の原因、詳しい資料を作りました。 無料で何度でも見れます。 下記のボタンを押してご覧ください。 一日も早く良くなってください。 概略がわかるだけでも大変役立つと思います。   個人輸入代行の総合ページはこちら 喘息の総合ページはこちら  咳喘息の人は日頃から◇百宝元をご利用ください。 これは医薬品ではありません。 咳喘息を治すためのものではありません。 しかし非常に大事です。 咳喘息のキャリアの人は体が大変弱い人が多い。 日頃から◇百宝元で健康管理を大事にされてください。 その上で中医学の治療を考えてはいかがでしょうか。  

その他の病

2020/1/1

先天性好中球減少症 根本原因と治療ポイントを知っていますか? 数千年前に解き明かし、現在、非常に効果的な治療。

先天性好中球減少症の情報ページです。 記事担当の後藤です。 中医学・大病院では先天性好中球減少症の治療をします。   この病の原因やメカニズムをご説明しますのでご覧ください。 治療にお役立てください。  先天性好中球減少症の原因の分析---中医学 禀赋薄弱,精血不足が原因です。 1)父母からの精血不足。 2)胎児の時に栄養不足 3)産後に栄養の与え方が不適切。 これらが原因で禀赋薄弱になります。 そして五臓を正常な状態にする事が出来ず、 先天性好中球減少症を形成させます。   上記でお分かりと思いますが この病気は五臓に有ります。 好中球減少は結果であり、その状態は五臓に有ります。 この病気は五臓と関係しています。 五臓は心・肺・脾・肝・腎ですが、 先天性好中球減少症は特に「腎・脾・肺」が関係します。   1)腎---先天的な部分と関係します。 2)脾・胃----後天的な部分と関係します。 3)肺----「気」と関係します。 4)肝-----血を蓄えます。   体の機能は繋がっていますので、 一つの臓器が損傷すると、他の臓器にも影響が及びます。 最も多い例が、まず腎が損傷されていて、そこから脾・胃・肺・肝に影響が及び先天性好中球減少症が形成されています。  好中球減少症は五臓を治療すると良くなります。  特に腎・脾・肺を治療します。  中医学の先天性好中球減少症の治療は一夜にして簡単に出来たものでは有りません。 高度な検証を繰り返し、作り上げられた治療方法です。 少数の治療実績ではなく、この4000年間、膨大な人数の患者を治療して来た流れの中で、今日の高い実績を出しています。   好中球減少症を歴代の大医学者が検証 1)紀元前200年の医学書「素問」以降、好中球減少症の研究は多くの名医学者がしてきました。 中でも西暦200年、後漢時代の张仲景は医学書[金匮要略]で、好中球減少症の原因・メカニズム・治療方法について詳しく説明しています。   2)西暦600年、隋の時代、名医学者の巣元方は50冊もの医学書「諸病原候論」の中で好中球減少症と五臓の状態を各臓器別に説明しています。   3)西暦1624年、明時代の名医学者,張景岳は好中球減少症の治療方法を改良し、現代でも使う重要な治療薬を開発しています。   4)西暦1630年、明時代の名医学者,汪绮石は医学書「理虚元鉴」で好中球減少症の原因、メカニズム、治療、予防など説明をしています。   5)西暦1650年、清の時代の名医学者、吴澄的は医学書「不居集」で好中球減少症や関連の病について説明しています。   このように先天性好中球減少症については2000年に及ぶ様々な研究・治療・薬の開発が行われて来ました。上記は文献として現在に伝わっている内容で、実際には4000年前より非常に優れた治療がされて来ました。    

その他の病

2020/1/22

メニエール病 を解消する根本治療。中医学・大病院・名医の治療。

中医学の大病院・名医はメニエール病を根本から治療します。     中国の大病院・名医はメニエール病を根本治療します。 メニュエール病は非常に難しい病気です。 しかし中医学・大病院・名医は大概の場合は大幅に改善させます。   一体、中医学ではメニエール病はどのような原理なのでしょうか? 基本的にはメニエール病は脳の萎縮と脳に血が来て居ないことが原因です。 脳に血が来ないと、頭がフラフラします。   そもそも頭は髄液の塊です。 頭の髄液が不足する脳が萎縮し頭がフラフラします。 頭の髄液は腎が作って居ます。 だから腎が悪くなると腎が脳の髄液を作ることが難しくなり、脳の髄液が少なくなり、脳が萎縮し、頭がフラフラします。   確かに髄液に関しては腎が関係して居ますが、脳に血を送っているのは他の臓器です。 脳は血が回ってくることで働いて居ます。 しかし五臓の他の臓器も不調になると脳に血を送ることができなくなりますので、脳が働かなくなり、フラフラします。 このようにメニエール病の場合、五臓は全般的に何らかの関係が有ります。   ではこの医学理論が間違っているか? と考えますと、この理論で非常に多くの患者が治療を受け、大部分の患者が良くなって居ます。 しかもこの治療は2000年以上の実績がありますから、世界でも最も確実な治療です。 この説明は中国の医学界ではごく普通の内容です。 メニエール病の原因---参考:中医内科学 原因 1) 感情の影響---肝を弱らせた。 悩み、怒りなどの感情が肝に影響を与えます。 そして肝の気が鬱結します。 気が鬱になると火になります。   それが肝の陰を消耗し損傷させます。 そのため、風が上に上がり目や頭に達します。 そして目眩が発生しメニエール病になります。   原因  2)  体が弱い、過労---腎を弱らせた。 ① 脳は腎が作る脳髄で正常に動作しています。 腎が弱り脳髄が不足して正常動作ができずメニエール病になります。 ②体が弱い、病気が多い、過労などで腎が弱った。 腎は脳髄を作れなくなり脳の中が空白になり正常動作ができずメニエール病になった。   原因  3)   長患い、虚弱体質---血を弱らせた。 病気で長患い、体が弱い、「脾・胃」が虚弱になった。 失血で気血を損傷、消耗している。 血が経絡の中を流れる力を失った。 脳に血が行かない為、脳は正常動作ができずメニエール病になった。 極端な低血圧症はその代表です。   原因  4)飲食の不摂生---痰を作った。 酒、過度の美食で「脾・胃」を損傷した。 脾・胃が働きが止まり水湿が溜まり多量の痰を生んだ。 痰が経絡に侵入し脳に血が行かなくなった。 脳は正常に働くことが出来なくなりメニエール病になった。   原因  5) 大気が体に侵入した。 寒、熱、湿、燥などが体に入り経脈の正常な運行が出来なくなった。 血が脳を栄養出来なくなり、脳は正常動作が出来なくなりメニエール病になった。 メニエール病の状態---参考:中医内科学 ①肝陽上抗 元々の体が「陽」が盛ん。 この為、肝の陽が頭部に上がり、メニエール病を起こした。   ②気血損虚・心脾両虚 気血が損傷、虚弱になり、脳へ流れる事が出来なくなり脳が正常動作できずメニエール病になっています。 心・脾の両方が虚弱になっています。   ③腎精不足 腎は髄液を作っている。 脳は腎が作った髄液の集まりで髄海という。 腎の力が弱いので脳の髄液を作る事が出来ず脳が空になりメニエール病になっている。   ④痰湿中阻 美食・美酒で脾・胃を損傷し脾・胃の健康を失った。 この為、痰ができ流れが悪くなった。 陰が下がる事が出来なくなり、陽が上がる事が出来なくなった。 痰が風と共に頭に上り脳が正常動作が出来なくなりメニエールになったタイプです。   ⑤瘀血阻窍 瘀血(血の固まり)が経絡(血の通り道)に付着した。 経絡がつまり血が脳まで流れなくなった。 血が来ないので脳が動作しなくなった。 メニエール病になった。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のメニエール病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   メニエール病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でするメニエール病の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がメニエール病の治療でも出ています。   メニエール病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)メニエール病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)メニエール病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がメニエール病の原因になっている人が多い。 ②メニエール病から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、メニエール病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   関連の記事があります。ご覧ください。 これはまずい、メニエール病の原因に驚く メニエール病 根本治療。どのような治り方をするか?  これはまずい、メニエール病の原因に驚く    メニエール病の総合ページはこちら     メニエール病を本気で治したい方に必見の記事です 無料ですのでご覧下さい、ここから。    

その他の病

2020/1/10

ベーチェット病を根本治療する。中医学・大病院・名医の情報。最先端「中西医結合医学」の治療効果。

中医学は世界一経歴が長い。. 中医学はベーチェト病を根本治療します。     下記のダウンロードボタンを押してご覧ください。 上記の記事をご覧になりましたか? この記事には、「目からウロコ」のような詳しい原因が書かれています。どなたも中医学の本当のところは知らないので、少し戸惑うかも知れません。しかしある程度の漢方知識を持つ必要があります。 このダウンロード記事はベーチェット病を良くする秘訣、情報がたっぷり入っています。もちろん、医師レベルの詳しいことを描いても理解できないので、分かりやすいように説明しています。 重要な点をピックアップします。 中医学はベーチェット病治療の世界一長い経歴を持っています。1800年前にベーチェット病に関する医学書が出ましたが、実際は4000年前くらいから多くの治療がされて来て、その集大成として医学書が出て来た経緯です。 しかもこの1800年間において漢方ほどベーチット病の研究・治療がされて来たのは世界でも他にありません。 中医学界にはこうすれば改善した〜など様々なデーターが非常に多くあります。 漢方は一般人の知識として、何か古臭い、 それほど優れていない〜と思う人が多いのでしょうが、 実際に先のダンロード記事を見て、果たして現代医学はこれほどの人体の分析ができるのか? 患者自身が良く理解する方が良いと思います。 なぜなら運命が分かれるからです。 中医学で良くなる人、片や漢方に理解がなく治療が全く方法が見つからない人とに分かれます。 ベーチェット病の原因の最大のキーワードは「湿」です。 この「湿」が日本人には理解が非常に難しい。 中医学ではベーチェット病の原因は「湿毒」としています。 毒は分かりますね。体内で毒が発生し、その毒が目、口、性器などに飛び腫瘍を形成する。 この毒は「湿」体内で停滞して、濁り、やがて毒を帯びたのです。   しかし「湿」が分かりると良い。 それを理解するとベーチェット病の治療がしやすくなります。 「湿」は2種類あります。   1)一つは外気です。空気中に湿気があります。 雨に濡れたり、水に浸かる、また湿気の多いところに長くいると、その湿が体に侵入し、内にこもり熱・毒が発生し、やがてベーチェット病に発展します。   2)もう一つは、体内で作る湿です。 ベーチェット病の場合、内臓で特に問題なのが「脾」です。 ここは脾臓と膵臓を合わせた所です。 ここは色々な機能がありますが、体内の水液を運送する機能があります。 脾が元々弱いと、水液を運ぶ機能が停滞します。 それが元で色々と現象が続き、最後にはベーチェット病ができます。   湿は粘性、ネバネバしている。 排泄物や分泌物が滞り爽やかではないのはその為です。 湿の病気は治りにくく、治療が長引き、再発を繰り返します。 まさにベーチェット病の特徴です。   1)なぜ口腔・目・性器などが悪くなるか? 実は西洋医学では分からない秘密の体内通路があります。 そこが目・口腔・性器などに直接繋がっているので、ほどんどそこに正確に出て来るのです。 それはやはり上記のボタンを押して、詳しくする事をお勧めします。    2)吐いたり、汗が異常に多かったり、下痢が続いていませんか? これが続いたので、特定の臓器が故障したのです。 例えば肝が悪くなっている場合もあれば、腎が悪くなっている場合もあります。 時には同時に両方が悪くなってい場合が有ります。   3)実はセックス過剰も この病気の原因になります。特定の臓器に無理が来るからです。   4)今までどんな薬を飲んできましたか? べーチェット病になる前です。 それがベーチェット病の原因になるケースもあります。 全部の薬ではありません。 一部の傾向の薬が体内の水湿に影響を与え、毒が発生し、特定の臓器を働きを止めます。 そしてベーチェット病に至ります。   このパターンは薬によるだけだけで無く、 他にも5種類ほど原因になりやすいことがあります。 上記のボタンを押して原因説明をご覧ください。 これも「湿毒」が体内の通路に入り込み、口腔・目・性器などに直接に影響を与え、ベーチェット病を形成します。     関連の記事があります。ご覧ください。 ベーチェット病の治療には漢方が良い。 ベーチェット病の原因がわかりました。驚きです。   個人輸入代行の総合ページはこちら  

その他の病

2020/1/11

ベーチェット病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     ベーチェット病になった人は本当にショックだったと思います。  「記事担当の後藤です。 ベーチェット病は一時的に治ったり、また数ヶ月したら再発する。 その繰り返しです。」   「単に繰り返すだけでなく、次第に悪化します。 初期、中期、末期と進みます。」   「医学書を送って来ていますので、それに基づいて説明します。 記事をご覧になりお役立ていただけばと思います」   ベーチェット病の原因は実は1800年前にはすでにわかっていた事です。 中医学ではベーチェット病は 狐惑病(こわく病)と言います。 この病の原理をすでに1800年前の医学書「傷寒雑病論」では詳しく書いてます。 その後の時代において、多くの名医がこの病を治療し研究成果を残しています。   世界で中医学がどれだけ素晴らしいものか、どれほど優れたものかを知らしめたのは、韓国ドラマ「チャングムの誓い」です。 このドラマを日本の多くの人が食いいるように見ました。もちろん韓国でも大変な話題でした。驚いた事に中医学の総本家の中国でもこのドラマは大ヒットしたのです。   上海を車で移動した時、チャングムの誓いの大きな看板があちこちにありました。 中国も韓国も漢方は非常に発展しており、高度な医療が非常に活発です。   ベーチェット病の治療は「チャングムの誓い」で大きく取り上げられました。 驚きです。チャングムは実在の人物です。王様がベーチェット病:狐惑病(こわく病)になりました。これをチャングムは治したのです。チャングムは今から500年前の人です。 500年前はすでにベーチェット病の治療方法も中国から韓国に伝わっていたのです。 ベーチェット病の原因は3種類有ります。 下記は中医学書による本格的な説明です。 原因①  湿毒が体内で温存されていた。 体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。 この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。 これが湿毒が原因のベーチェット病です。   原因②  肝・腎の陰が虚弱 肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。 津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。 虚は火になり体内を焼きます。   それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。 眼・口・外陰部に潰瘍ができます。 これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。   原因③ 脾・腎の陽が虚弱 体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。 水・湿が溜まり毒が発生します。 湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます・   眼・口・外陰部に潰瘍が出来ます。 これが脾腎陽虚が原因のベーチェット病 です。   発病のメカニズムがここまで解明されているとは。 世界に他に例がない、誠にすごい事です。   まず、下記の資料をご覧ください。無料です。何度も見れます。   ベーチェット病の総合ページはこちらです。   関連の資料があります。下記を押してご覧ください。 ベーチェット病の治療には漢方が良い。 ベーチェット病の治療は漢方が良いわけ、漢方専門医の原因別、治療方法。     体を健康に維持するためにお役立てください。 転ばぬ先の杖といいます。     個人輸入代行の総合ページはこちら    

その他の病

2020/1/11

進行性核上性麻痺 個人輸入 ミツコ 根本治療薬

ミツコ:ピンポ〜ン。 お婆ちゃん、こんにちは、来ましたよ〜、ミツコで〜す。 お爺ちゃん、どんな感じですか〜。 お婆ちゃん:あら〜ミツコちゃん、よく来たね。 さ〜上がって上がって、嬉しいわ〜、本当によく来たね〜。 お陰でね、お爺ちゃん、ずいぶん良いのよ〜。 ほら〜自分で歩いているでしょう。 ご飯も普通通り食べられるようになったのよ。   ミツコ:本当だ、お爺ちゃん、順調だね、良かったね〜。 前はどうなるんだろ〜て心配したわ。 進行性核上性麻痺って聞いた時、始めて聞いた名前だから、何か良く分からなくって。 会社の部長が東洋医学(中医学)で治療が出来るかも知れない〜 よほどの優れた医師なら何とかなるかも知れない〜て聞いたので、 とにかくその東洋医学(中医学)の医師に相談して見たら、 進行性核上性麻痺は非常に難しい病気で、たやすくないそうで、 まず試しに治療して見たらどうですか? って言われたのだけど、 だれでも良くなります〜と言うほど簡単な病では無いそうよ。 だからお爺ちゃんがこんなに元気になるなんて、嬉しいわ〜。 私も最初は上手く行くかハラハラしたの。 良かったわ〜。 お婆ちゃん:最近は散歩に行くことが増えたのよ。 信じられない事よ、病院の検査で進行性核上性麻痺が分かったとき、 治療方法は無い〜て言われたの、実際、治療方法は無いそうなの。 目の前が真っ暗になって倒れそうだったわ。 ミツコから東洋医学(中医学)で方法があるから、とにかくやって見ないかって電話が入った時は藁をもすがる思いだったのよ。 良い先生に取り次いでくれて本当にありがとうね。 最初から薬が必ず効くとは限らない〜とコメントがあったけど、何とか効いて欲しい〜と神様にお願いしたの。 お爺ちゃんが素直に飲んでくれて、最初はほんの少しから薬を飲んだから、 飲み始めて1週間くらいから少しずつ変化して来たような兆しがあったのよ。 ほとんど歩けなかったのに、今は完全じゃ無いけど、ここまでしっかり歩けるようになったのよ。   ミツコ:お爺ちゃん。こんにちは〜本当に良かったね。 東洋医学(中医学)がここまでスゴイとは思わなかったわ。 中国の医学がそこまで進んでいるなんて知らなかったけど、会社の部長など上の人は海外に知り合いが多い、色々と情報を持っているから、今回は本当に良かったわ。 相談に乗ってくれている先生は日本からの人脈で相談が来るので特別に相談に乗ってくれているだけで、本当は中国の人の治療をしているそうなの。 大変上手な先生って聞いている、どの先生でもここまでの治療が出来るわけでは無いって言ってた。   お婆ちゃん:そうなの、本当にタイミングよく、良い先生に出会えたわ。 進行性核上性麻痺は病気の進みが早いらしく、油断できないそうなの。 実際、最初は何か体の動きが悪いな〜て思っていたら、あれあれって言うまに歩けなくなって。 足に力が入らなかったし、会話がスム〜ズにできなくなって来たし、 物覚えがかなり悪くなって来たし、どうしようもない状態に追い込まれたって感じだったのよ。 まさかここまで良くなるとはね。   ミツコ:お薬を飲みだして半年くらいになったね。 どう〜お薬は飲みやすい? それと◇百宝元も飲んでるの?   お婆ちゃん:お薬は錠剤やカプセルなどだから飲みやすい。 お爺ちゃんは◇百宝元が気に入って、慣れて来たので◇百宝元を水代わりにして、お薬を飲んでいるの。 ◇百宝元が美味しいってお爺ちゃんが気に入ってるのよ。 実はね、私も一緒に飲んでいるの。 だってね、看護は疲れるの、私が倒れたらお爺ちゃんの面倒は誰でも出来る事じゃないから、 そう思って私の健康を保つために◇百宝元を飲んでいるのよ。 お爺ちゃんが一段落したら私もその先生に相談したいから、ミツコちゃんまたよろしくね。     <関連の記事はこちら> 個人輸入 進行性核上性麻痺 薬の説明 中医学    個人輸入 進行性核上性麻痺、根本治療 安全な薬を手に入れる   進行性核上性麻痺の総合ページはこちら      

Copyright© ビビッド・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.