甲状腺の病

甲状腺の病

2020/5/20

甲状腺の病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬

  無料相談はコチラ   ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     甲状腺の情報ページです。 「記事担当の後藤です、こんにちは 甲状腺は正体不明の病気です。 なぜこうなったか? 実際あなたも全く分かっていないと思います。」   「何種類か原因があるのですが、一番多いのが、痰が喉に固まっている事です。 その他にも血が固まっている時があります。 昔から甲状腺の腫れているところの穴を開けたら死ぬと言われてます。」   「治す方法が難しく困っていると存じます。 しかし、甲状腺の本当の原因は紀元前300年頃より詳しい研究がされています。 下記の資料をご覧になり、安心・安全な体になります事を願っています。」 この治療薬が役立ち、後になってあなたが一番喜ぶと思います。 甲状腺の病、根本治療の方法 「中医内科学」参照 1)肝火旺盛の治療 ①肝の疎通を良くする治療、肝の鬱を解く治療、肝の熱を清める治療をします。 ②脾の健康度を益す治療、血を養い活発にする治療、肝の火を清め火を排泄する治療を行います。 ③喉腫の熱を取り、通りを良くし、腫を消す治療をします。   ④喉腫を消し塊を散らす治療をします。 ⑤肝の働きを穏やかにし、火を消す治療をします。 ⑥胃の熱を清め、熱を排泄します。   2)心肝陰虚の治療 ①陰を養う治療、熱を清める治療をします。 ②気を益す治療、血を作る治療をします。 ③心を養う治療、精神安定の治療をします。   ④肝を養う治療、肝を疎通させる治療をします。 ⑤肝を穏やかにする治療、風を消す治療をします。 ⑥脾・胃を健康にさせる治療、脾・胃の運行を活発にさせる治療をします。   ⑦腎陰を滋養する治療、腎陰を補う治療をします。 ⑧正気を益す治療、正気を補う治療をします。   3)気鬱痰阻の治療 ①肝を疎通させる治療、気の流れを良くする治療をします。 ②痰を溶かす治療、硬い部分を柔らかくする治療をします。 ③腫瘍を消す治療、固まりを散らす治療をします。   ④気の流れを良くする治療、鬱滞を解く治療をします。 ⑤喉の流れを良くする治療、腫瘍を消す治療をします。   4)痰結血瘀の治療 ①痰を溶かす治療、喉の固まりを柔らかくする治療をします。 ②腫瘍を消す治療、固まりを散らす治療をします。 ③気の流れを良くする治療、痰を溶かす治療、固まりを散らす治療をします。   ④血を養う治療、血の働きを活発にする治療をします。 ⑤気の流れを良くする治療、鬱滞を開く治療をします。 ⑥熱を清める治療、火を消す治療をします。 ⑦脾を健康にする治療、気を益す治療をします。 甲状腺の悪い人は女性が多い、なぜだか分かりますか? 甲状腺は女性特有の原因があります。 それは生理です。 基本的に毎月あります。 この体の生理の機能が悪くなっているための甲状腺が悪くなっているのです。 甲状腺の治療には優れた医薬品が必要です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の甲状腺の病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   甲状腺の病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が甲状腺の病の治療でも出ています。   甲状腺の病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)甲状腺の病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。     「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)甲状腺の病とは別の病気を持っている人。 ①甲状腺の病が別の病気が原因になっている人が多い。 ②甲状腺の病から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、甲状腺の病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     甲状腺は体の総合的な判断が必要です。 つまり医学的理論が優れていれば、体の様々な状況の関連が全て分かります。 甲状腺は単独で動いているのでは有りません。甲状腺は多くの臓器と関係しています。その関係から甲状腺が悪くなっている場合が多いので、その治療が必要です。 このような判断をするには優れた医師に相談することです。   個人輸入代行の総合ページはこちら   甲状腺の関連の記事があります。御覧ください。 甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報 https://js-vivid.com/kojyosen-15/ 甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方体験。上海の大学病院の医師に相談。 https://js-vivid.com/nefuroze-1/ 甲状腺の根本的治療。中医学・大病院・名医が甲状腺の優れた治療。副作用・後遺症の無い治療。 https://js-vivid.com/kojosen/ 甲状腺は根本治療が出来る。原因を治療し病を消す治療。中医学・大病院・名医による治療。 https://js-vivid.com/kojyosen-3/     ◇百宝元の説明・購入のボタン。   甲状腺は中医学で治療すると比較的、ゆっくりと回復してきます。 しかも本物の回復をして来ます。   健康管理をする方が大変多い。 気合いや、体操だけでは出来ない事が有ります。 薬でも出来ない事が有ります。   それは植物が持つ特別な成分です。 ◇百宝元には特殊な天然成分が入っています。 「飲めば分かる、飲まにゃ分からん」〜のが◇百宝元です。   甲状腺の病気をぜひ治したい方は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから    

甲状腺の病

2020/5/20

甲状腺腫とネフローゼ症候群の中医学体験。上海の大学病院の医師に相談。 

  無料相談はコチラ   6年前にビビッド・ライフで中医学の薬を飲んだら良いと両親から勧められました。 そのおかげで、今こうして元気です。 当時、手がつけられない状況でした。 あの時は喉に小判のような腫瘍ができていました。触ると動きました。ネフローゼ症候群という、これも何だか難しい病気です。腎機能の関係か、タンパクが尿からたくさん出るので、結局1ヶ月入院しました。何か不思議でした。 タイミングが良かった 退院した頃、家族がビビッド・ライフさんと上海に行く予定でしたので、私も一緒について行くことになりました。本当にラッキーでした。 上海は大変有名な先生が診断してくれました。ビビッド・ライフさんが手配してくださったのですが、上海では10本指に入る有名な先生だそうです。 上海は当時でも人口が2600万人いますから、お医者様はたくさんいるのですが、その中のトップ10に入る先生だからすごいです。 私を診断で先生はびっくりしていました。かなり悪かったようです。先生に診てもらわなかったら、今頃はどうなっていたか? 多分、大変なことになっていたでしょう。 上海の旅は楽しかった。 色々歴史的に有名なところを見ました。上海は人口が多いですね。車も大変多く、至るところに大きなショッピングセンターがあり、公園も人が多く、船で夜景を見るのが最高でした。大変良い経験をしました。 日本に戻ってから 漢方薬が送って来ました。追加はビビッド・ライフで取り寄せていただき、何ヶ月か飲みました。 私の甲状腺腫とネフローゼ症候群は 1)血の問題だったようで、血の働きを活発にしたり、血の通り道をきれいにしたりする治療がメインでした。 2)血の働きを活発にするのに、気の働きを良くする薬を飲みました。 3)栄養補充をするように言われ、指示された物を飲みました。 甲状腺腫とネフローゼ症候群が一緒でした。 つまり、別々の病気ですが、病気の根は同じでした。 以前は別々の病気だから別々の治療をして来ましたが、上海の漢方の先生が診断すると、身体の中が詳しくわかるので、別々の病気の原因が実際は同じところから来ている事が多いそうです。 どうも聞くとろろでは、一つ病気になると、内臓のどこかを傷めるので、そこが治療されされていないので、次の病気、そしてまが次の病気と広がっていく事が多いそうです。たくさん病気を持っている人は、こんなように広がる事が多いそうです。 食べ物が色々と指導がありました。 1)私の場合は香辛料系はたくさん指導がありました。 2)牛乳、玉子、豆腐類、野菜類、果物などの指導が有りました。 油物、生物なども指導がありました。 3)三食の取り方も指導が有りました。 4)季節の影響を受けない方法が大事と指導がありました。 5)睡眠について指導がありました。 6)日頃の気分のもちかたについて指導がありました。 他にも悪いところが有ったのですが、それも一緒に治療し、それ以降、薬は卒業しています。 あれからずっと仕事と家庭で忙しくしています。 中医学の治療中から両親の勧めでずっと◇百宝元を飲んでいます。 上海の先生に聞きましたら、続けて飲むように言われました。 今もこれで健康をたもっています。   甲状腺の病気をぜひ治したい方は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから   個人輸入代行の総合ページはこちら 甲状腺の総合ページはこちらです。   関連の記事があります。ご覧ください。 甲状腺の病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/kojyosen-7/ 甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報 https://js-vivid.com/kojyosen-15/   甲状腺の根本的治療。中医学・大病院・名医が甲状腺の優れた治療。副作用・後遺症の無い治療。 https://js-vivid.com/kojosen/ 甲状腺は根本治療が出来る。原因を治療し病を消す治療。中医学・大病院・名医による治療。 https://js-vivid.com/kojyosen-3/          

甲状腺の病

2020/5/20

甲状腺の根本的治療。中医学・大病院・名医が甲状腺の優れた治療。副作用・後遺症の無い治療。

無料相談はコチラ   甲状腺の情報ページです。 甲状腺は単純性甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、甲状腺腺瘤やバセドウ病、橋下氏病、甲状腺機能低下症などいろいろあります。 これは西洋医学がつけた名前、分類で、中医学とは異なります。 しかし、そのどの病気もこのページに書いている治療方法で根本治療出来ます。         「中医学」では 甲状腺の原因は3種類あります。「中医内科学」参照 原因①----感情による失調 長期に渡って悩み・イライラ・ふさぎ込む・怒りなどが続いた。 それが肝などの臓器に影響を与えた。 また「気・血・津液」に影響を与え体の働きが大幅に低下した。 そして甲状腺が正常に機能しなくなり病となった。   原因②---飲食・地域環境の影響 飲食が不適切であったため脾や胃などの臓器を痛めた。 高山・渓谷などに住んでいて水・土が体に影響する事もある。 これらが体の正常な働きを壊し甲状腺の病を発生させています。   原因③----女性の生理の関係 女性は毎月の生理と妊娠・出産・授乳を行う生理活動をしています。 これが正常なペースを壊すと甲状腺の病が発生します。   上記以外にも原因が有りますが、それは実際の診断で医師が見つけます。 甲状腺の原因、補足説明 1)甲状腺の病は「精神的な面」が原因の場合が多い。 精神的な面は甲状腺の病を作ります。 精神的な面からいきなり甲状腺に行っている分けでは有りません。   感情が「肝」を悪くする場合が多い。 そしてそこから次の臓器を悪くしています。 このような連鎖で最終的に喉中央に固まりが出来ます。   もし感情を変えないで薬だけ使っても、治りが遅い。 感情が火元ですから自分で病を作る事を継続しますから、どこまで良くなるかは分かりません。 2)生活習慣の問題が甲状腺の病の原因となる。 生活習慣には色々あります。 その中で、どれが自分の甲状腺に無理をさせ、病まで発展させたか? 突き止める必要があります。   たとえば、食事はどうなのか? 仕事はどうなのか? 休みはどうなのか? 住んでいる地域はどうなのか? その他です。   地域も関係します。 寒いところ、暑い所、湿気の多い所、乾燥の多い所など、 色々あります。   3)そして、その生活習慣で、どの臓器が悪くなっているのか? 実は、ここが非常に大事です。 甲状腺が悪いから、そこだけの問題だろうと思っていると思います。 しかしそれが間違っているのです。   実は体内の色々なところを悪くしています。 生活習慣から体内の臓器を傷めます。 そこからさらに次の臓器を傷めます。   色々なステップを踏んで最終的に甲状腺が悪くなっています。 このメカニズムも詳しく知る方が良い。   ですから、体内のどこが悪くなっているのか見つけ、それを治療する必要があります。 そのような事を中医学は出来ます。 4)甲状腺の病は体質が原因となる場合があります。 女性特有の問題 実は女性は生理があります。 つまり毎月、体内の血の移動があります。 生理に伴い色々な臓器が働きます。 この働きの中で、故障が発生すると、それが甲状腺に影響し甲状腺の病になります。   もともとの体質の人 もともとの体質から甲状腺が悪くなる場合があります。 例えば疲れやすい体だったり、冷え性だったりも、もともとの体質です。 これらは表面上の問題です。   実際に医師が診察してみると、体内の臓器の働きが、どうなっているか詳しく分かります。 つまりそのような働きの悪い所からの影響で甲状腺に影響が来ている状態です。     中医学(中国)の甲状腺治療は世界で最も歴史があります。 甲状腺について最初の記述は紀元前3世紀の「庄子」です。 https://baike.baidu.com/item/庄子/8074    秦の始皇帝の時代に完成した医学書<呂氏春秋・季春紀>では 水質・地理環境が甲状腺の病気と密接に関係している例が多く見つかっていることを書いています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/呂氏春秋   西暦300年には甲状腺の手術が行われています。   いかがですか?   「気・血・津液」の三要素、「陰・陽」のバランス、などなど中医学の分析法を使うと何故、甲状腺が悪くなっているか非常に正確に分かります。 甲状腺はゆっくり進むから安全だ〜と思われています。 しかしそれは実態を知らないからです。 甲状腺は判断が非常に難しい。 やはり甲状腺の病が起きた構造、過程を明確に把握する必要があります。 あなたは甲状腺はどれくらい悪いですか? 今のままで治りますか?もっと詳しい情報が欲しい方に下記の資料を作りました。 無料の資料ですが、どんな本よりも的確な資料です。 下記を押してご覧ください。   関連の記事があります。ご覧ください。 甲状腺の病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/kojyosen-7/ 甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報 https://js-vivid.com/kojyosen-15/ 甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方体験。上海の大学病院の医師に相談。 https://js-vivid.com/nefuroze-1/   甲状腺は根本治療が出来る。原因を治療し病を消す治療。中医学・大病院・名医による治療。 https://js-vivid.com/kojyosen-3/         中国医療機関のネットの参考情報 中国の大病院・医療機関が「甲状腺の病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/单纯性甲状腺肿/1377867?fromtitle=甲状腺肿大&fromid=1122769 https://zh.wikipedia.org/wiki/甲状腺肿 https://zh.wikipedia.org/wiki/弥漫性毒性甲状腺肿   色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。 中医学の専門的な事はビビッド・ライフでご説明します。   甲状腺治療に大事なことは不信感を無くすことです。 今まで散々、いろいろな治療をされて来たと思います。 あなたもご家族も、中国の医療など〜と大変不信をお持ちと思います。   そうは言っても中医学は興味が有る。 本当に良い治療なら、上海の医師に相談してみたいと思うなら、 まず先に◇百宝元を飲んでください。   ◇百宝元は栄養補助食品です。 これを飲んでみれば、ビビッド・ライフの良さが分かります。 それから上海の先生に相談してみてはいかがでしょうか。   甲状腺の病気をぜひ治したい方は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから   個人輸入代行の総合ページはこちら  

甲状腺の病

2020/5/20

甲状腺は根本治療が出来る。原因を治療し病を消す治療。中医学・大病院・名医による治療。 

無料相談はコチラ   甲状腺の情報ページです。 中国の中医学・大病院・医療機関の情報を集めますと、 甲状腺の病はほとんどの場合、解消しています。 記事担当の後藤です。 「こんにちは、 甲状腺の病になり大変お困りと存じます。 甲状腺はつかみ所が無く、治らない状態と思います。」   「しかし中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。 医師が行なっている効果的な治療情報を書きます。 お元気になり楽しい生活をお送りになる事を願っています。」     甲状腺の病の原因---「中医内科学」参照 単純性甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、甲状腺腺瘤、 バセドウ病、橋下氏病、甲状腺機能低下症なども 下記の4種類に分かれます。   原因 1)肝火旺盛証 これは肝が悪くなっているため「痰」が喉の前面に積もった状態です。 甲状腺部分の腫れは「痰」が積もっている状態です。 性格的にせっかちで怒りやすい人。   原因 2)心肝陰虚証 「痰」が喉の前面の集まった。 甲状腺部の腫れは「痰」が積もっている状態です。 「心・肝」を傷めているので、動悸・イライラ・だるい・力が入らない。 目が乾燥している。 手の指や舌が震える場合がある。   原因 3)気鬱痰阻証 「気」が鬱滞して、「汚れた痰」が喉を塞いだ。 この為、喉前面の中央部分が膨らんでいる。 このタイプは特に感情の影響を受けて病状が悪化します。   原因 4)痰結血瘀証 喉の前部に腫瘤が出来ている。 硬い。 「気」が鬱滞した為「津液」が固まり「痰」になった。   「気と痰」が相互に邪魔しあい、日が経つにつれ「血」の循環を悪くさせた。 血が滞留し「瘀血」を形成した。 「気・痰・瘀血」が喉前部の中央に集結している。 甲状腺の腫れ その腫れは「気・血・津液」の固まりです。 1)津液は(しんえき)と呼びます。 体内の水分のことです。 これは普通はサラサラとキレイです。 しかし内臓の故障により、次第にネバネバとなり、そのネバネバも相当に固まり気味になります。 それが喉に溜まって甲状腺に固まりを作った状態です。   2)血は(けつ)と呼びます。 一般に言う血液のことです。 血は本来はさらっとしてキレイです。 しかし内臓が故障すると、血が正常に生産されない、血が順調に体内を流れない、血の流れがよどむ、血が固まる、血が滞留する状態になります。 そしてこの状態が甲状腺に溜まり固まりを作ったのです。   3)気は(気のエネルギー)です。 気のエネルギーは血と共に全身を回っています。 特に気のエネルギーは「全身に血を回す機関車」です。 これが内臓の故障で甲状腺で詰まっています。   以上のように体を動かす三大要素が 甲状腺でつまり、滞留している、固まりが出来た。 それが「甲状腺の腫れ」です。 つまり内臓が故障していることが原因ですから、 内臓のどこがどのように故障しているのか突き止め、そこを治療する必要があります。 甲状腺が良くならない理由 良くならない理由は二つあります。   1)甲状腺の病は喉の部分の病と思っているからです。 たしかに喉の部分ですが、そこだけの病気と思っています。 実際そうでしょうか? 上記のように内臓の故障が原因です。 あるいは、別の病気の関係で甲状腺の病になっている場合もあります。   甲状腺だけで無く別の病気をすでに持っている人が多い。 つまり、そこを治療しないと甲状腺は良くなりません。   2)甲状腺はゆっくりしている病気では無い。 手遅れになり、お亡くなりになった人もいます。 過去、上海の医師からは「とんでもない、来年の今頃は生きていないかも知れないよ」と注意を受けた人もいます。 ですから、私たちは甲状腺は非常の怖い病気と思っています。   甲状腺の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   甲状腺の病は、うかつに甲状腺を直接治療しない事が大事です。 医学書にも厳重な注意書きが有ります。 「甲状腺に絶対に穴を開けない事」と。 中医学(中国)は甲状腺治療は世界で最も歴史が有ります。 紀元前300年の書「庄子・徳充符」は52篇に及ぶ大作です。 甲状腺について書かれた世界最初の書です。 https://zh.wikipedia.org/wiki/庄子 https://baike.baidu.com/item/德充符   紀元前200年代の書「呂氏春秋・尽数篇」26巻に及ぶ大作です。 この中でも甲状腺について書かれています。 https://ja.wikipedia.org/wiki/呂氏春秋  https://baike.baidu.com/item/吕氏春秋·尽数    この紀元前300年から西暦600年までに、甲状腺の病の原因・メカニズムについて、大部分の事が解明されています。 甲状腺の相談が入った時は緊張します。 専門医に相談し、きちっと原因をつかみ、その他の病気を同時に治療し、何も問題ない状態まで持って行かねばなりません。 医師が診断した内容を良く確認し、治療が順調に進んでいるか観察します。   甲状腺はなぜ良くならないのでしょうか? 原因を見つける必要があります。 良い治療法を見つける必要があります。 甲状腺の原因、治療について大変大事な資料をお見せします。御覧ください。   甲状腺の関連の記事があります。御覧ください。 甲状腺の病 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 https://js-vivid.com/kojyosen-7/ 甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報 https://js-vivid.com/kojyosen-15/ 甲状腺腫とネフローゼ症候群の漢方体験。上海の大学病院の医師に相談。 https://js-vivid.com/nefuroze-1/ 甲状腺の根本的治療。中医学・大病院・名医が甲状腺の優れた治療。副作用・後遺症の無い治療。 https://js-vivid.com/kojosen/     個人輸入代行の総合ページはこちら     中国医療機関のネットの参考情報 中国の大病院・医療機関が「甲状腺の病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 https://baike.baidu.com/item/单纯性甲状腺肿/1377867?fromtitle=甲状腺肿大&fromid=1122769 https://zh.wikipedia.org/wiki/甲状腺肿 https://zh.wikipedia.org/wiki/弥漫性毒性甲状腺肿   色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。 中医学の専門的な事はビビッド・ライフでご説明します。   上海中医薬大学 Wikipediaの日本語説明はこちらです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/上海中医薬大学   上海中医薬大学 中国・上海の本校のホームページです。 http://www.shutcm.edu.cn/main.htm 中国を代表する世界トップの中医学の大学です。 上海に行く機会がある方は是非、お立ち寄りください。 ここは大学ですので、実際の診察・治療は上海中心地にある大学病院で行います。   甲状腺の病気をぜひ治したい方は 下記の無料資料をご覧下さい、ここから     体のバランスは栄養のバランスです。 根底から体を考える人は◇百宝元を愛用しています。  

© 2020 ビビッド・ライフ Powered by AFFINGER5