総合ページ

総合ページ

2020/1/9

喘息を根本的に治療する、中医学・大病院・名医の治療、処方薬を個人輸入。 総合情報

喘息の総合ページです。 喘息を根本から治療する薬を個人輸入代行します。 喘息が発生する深い原因があります。 それを根本から治療し、喘息を無くす為の治療薬です。 記事担当の後藤直伸です。 「こんにちは 喘息ほど苦しい病気は有りません。 喘息を治す薬が無いのか、ずっと調べていました。 中医学・大病院で使われている薬を個人輸入出来ます。 下記に情報を載せますのでご覧ください。」   喘息と気管支炎の違い 喘息は気管支喘息とも言います。 同じ病気です。 しかし喘息と「気管支炎」は違います。   気管支炎は急性と慢性があります。 気管支炎は気管支が炎症して咳・痰が続く状態です。 急性気管支炎はほとんど風邪ウイルスが原因です。 慢性気管支炎は痰・咳が何年と続きます。   毎年3ヶ月以上続きます。 タバコなどによる影響が多い。   「喘息」は気道が悪くなり、咳・痰もありますが、呼吸困難をおこす病です。 咳や痰、気道が狭くなり空気の通りが悪くなり、呼吸のたびにゼイゼイと音がして呼吸困難になり、動悸、息切れします。 重症発作では意識を失ったり、チアノーゼ状態になることがあります。 非常にひどい病気です。   呼吸困難で気を失う人、命を落とす人も大勢います。 どんなに苦しい事か、真にかわいそうな状態です。 この苦しみがなくなれば、人生が大変楽になります。 早く良くなるために、この記事を参考にしていただければと思います。 喘息の原因はなんでしょう? ダニやハウスダストなどが原因。過労やストレス、運動、喫煙、排気ガスなども原因と言われています。 確かにそれは正しいのですが、それ以外に重大が原因があります。 それは、一番下のダンロードボタンを押せば、詳しく書いています。   今、日本で、喘息が治らないのは「喘息は何が原因でどんなメカニズムなのか?」 今現在、はっきりしていないからです。 とにかく応急手当てとして薬の吸引などで、抑えていますが、それでも悪化し、年間の死亡者も相当います。 本当にお気の毒で、本当にいたたまれないです。   中医学では原因をはっきりつかんでいます。 実は、喘息の原因はすでに2000年前に分かっているのです。 その情報や治療方法が日本に入ってきていないのです。 原因を少し説明します。  咳をします。また痰が絡んでいる場合が多い。 実は喘息は咳と痰がベースとしてあります。 もっとも問題は痰です。 ところが、入院されたらわかると思いますが、痰は吸引しか方法はありません。   痰を元から消す。 痰が発生しないようにする。 これが喘息の非常に大事な治療ポイントです。   痰は咳の時、喉だけの問題のようにありますが、喉だけではありません。 実は体のかなりの部分で問題を起こしています。 それが喘息が治らない理由です。   中医学は痰を元から断つことができます。 これは止めるのでなく、根底から原因を治療する方法です。 相当の修練を積んだ医師ができる治療です。   咳・痰を出すので、肺が関係あります。 喘息は肺の治療が必要です。 肺には様々な病気があります。 肺炎、肺結核、気胸など色々あります。   それぞれ肺が悪くなっている現象が違いますので、喘息の時の治療をしなければなりませんが、その治療は中医学では可能です。 喘息は肺・痰があります。 その関係でそのほかに2箇所の臓器が悪くなっている場合が多い。   体の状態がシーソゲームのように変わります。 原因箇所を見つける事は漢方の専門医が診断すればすぐに分かりますが、喘息は体が非常に衰弱してますから、同じ人でも、常に一定の状態ではなく、非常に変化しやすい状態です。   病状・原因は段階により違います。 ここが原因の核心です。 1、発作期-----この中で5種類に分かれます。 2.  缓解期-----この中で3種類に分かれます。 喘息は合計8種類のパターンがあります。   それに応じた治療をします。 この8種類のパターンの理解は非常に難しい。 しかし、診断時にどのパターンなのか分かりますので、必要に応じ説明があります。 喘息の治療、中医学---中医内科 <発作期> 1)冷哮証の治療 ①肺の働きを良くする治療をします。 ②肺から寒を散らす治療をします。 ③痰を溶かす治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。   2)熱哮証の治療 ①肺の熱を清める治療をします。 ②肺の働きを良くする治療をします。 ③痰を溶かす治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。   3)虚哮証の治療 ①肺を補う治療をします。 ②腎を納める治療をします。 ③気が降りる治療をします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)寒包熱哮証の治療 ①体表状態を解く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)風痰哮証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②痰を洗う治療をします。 ③気が降りる治療をします。 ④喘息の症状をおさめる治療をします。 喘息の治療、中医学---中医内 <緩解期> 1)肺脾気虚証の治療 喘息になって日が経っている ①脾臓を健康にする治療をする。 ②気を益す治療をする。   2)肺腎両虚証の治療 喘息がずっと続いている、精気が損傷している。 ①肺を補う治療をします。 ②腎を益す治療をします。   喘息は五臓の診断が必要です。 紀元前200年前頃の医学書は非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中で喘息に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。   この中で五臓六腑についての記述が特に大事です。 五臓六腑の不調・虚弱がベースとして有り、それが肺を痛め、喘息になっているとの説明です。 つまり貴女は必ず五臓六腑の診断を受ける必要があります。   喘息は五臓のどこかが悪くなっている場合が多い。 特に五臓が悪くなっている場合が大部分です。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)です。 貴女は喘息ですから勿論「肺」が悪くなっています。   しかし肺はその他の臓器と関係して喘息になっています。 心が関係している場合はあまり無いですが、残りは多くの人が損傷しています。 貴女はまだ五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。   西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違います。 中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。 そこが原因です。そこを良くする必要があります。   喘息は何が五臓と関係しているのか? 「 痰」が問題です。貴女の知らない痰の秘密とは。    ①喉に痰が詰まっています。 それは理解していると思います。 しかし痰が肺に溜まっているのをご存知ですか? それだけでは有りません。   痰がもっと内臓の多くの箇所に溜まっている可能性もあります。 痰は怖い。 痰は非常に厄介です。   痰が喉だけにあると誰もが思っていますが、実は肺にも、内臓の多くの箇所にも痰が溜まっている事が多いのです。 貴女は痰を喉から吸引するか、痰を溶かす薬を使うだけで、痰を根本から消す、根本から痰を作らないようにする治療は何もしていないはずです。 だから永遠と痰が出続けるのです。   痰を作るメカニズムがあるのです。 そのメカニズムを解消する治療が必要です。 それは中国の中医学なら出来ます。   ②体内は血と水が流れています。 五臓は血に関係しますが、水にも関係します。 「痰」は水から出来ていますので五臓が作っています。   肺以外にどの臓器が痰を作っているのか診断で確かめる必要があります。 その臓器を見つけ治療すれば喘息は良くなって来ます。   ③五臓をつなぐ連絡通路(経絡) 特に「肺」と繋がる連絡通路(経絡)が「痰」で詰まっている場合が多い。 状態を診断で確認し、治療すると良い。   まだだくさんありますが、今まで書いたことが最も代表的ですので、その事を念頭に置いて治療すると良いです。   喘息を脱出する方法 1)喘息は極めて難しい病気です。現在、世界では漢方だけは根本治療がされています。 早い内に治療して苦しい状況から解放されてください。   2)中医学治療してからは、虚弱体質を良くしましょう。 虚弱体質が一番問題です。 それが今後、喘息にならない予防になります。   3)中医学治療中に食べ物について医師からアドバイスが入ります。 食べて良いもの。食べない方が良いものがあります。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。   それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の喘息の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   喘息を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする喘息の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が喘息の治療でも出ています。   喘息の治療---実例---「中西医結合医学」 1)喘息は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 ...

総合ページ

2020/1/9

咳喘息 (せきぜんそく)中医学 総合情報

咳喘息の総合ページです。 中医学は咳喘息を根本治療します。 咳喘息は非常に難しく、何度も再発する病です。 根底から治療しようとするなら、中医学は画期的な治療をします。 この治療は日本では出来ない治療です。   記事担当の後藤です。 「私も数年前に咳喘息になった事が有ります。 本当に怖い病気です。 咳喘息になった時は大変な状態です。」   「これは早急に治療する必要があります。 繰り返す人が多いからです。 同時に根底治療する必要があります。 中医学・大病院の名医の情報を書きますのでご活用ください」   咳喘息の原因---中医内科 原因 1)外感六淫 ①大気が体に侵入し咳喘息を起こします。 大気の(寒・暑・燥・湿・風・火)の六つを六気と呼びます。 六気はどれも咳の元です。 これが鼻・皮膚から入り肺の関係に入り襲います。   ②タバコや煙が原因で咳喘息になります。 例えば質の悪い線香を毎日焚いていると咳喘息になります。 エアコンのフィルターが汚れていて汚れた空気を吸い続けた。 煙が肺の気を鬱滞させます。 そして肺は機能を失います。 そして咳喘息になります。   ③過労で肺の機能が落ち、肺の防衛機能が弱り咳喘息になった。   原因 2)内邪干肺 内傷により内臓機能が失われた。 体内に有る邪が肺の機能を失聴させ咳喘息になった。 ①飲食の不節制、タバコ、酒や辛い物を好む事で、肺・胃を焼け付くす程の状態にした。   ②甘く・辛く・濃厚な料理を食べてきた事で痰が出来た。 ③日頃より「脾」の働きが悪いので、食べた物が正しく処理できないので、痰が出来た。 出来た「痰」は肺の登り咳喘息を起こした。   ⑤日頃からの感情、鬱や怒りが肝を損傷し、肝気の働きを悪くした。 日が経つにつれ気の鬱が肝から肺に登り咳喘息になった。   ⑥肺が悪い人は肺の機能を失調しているので、肺気が逆流し咳喘息を起こします。   咳喘息の状態---中医内科   (1)外感咳喘息 状態 1)寒証 風寒により肺の気が機能を失っている状態です。   状態 2)燥証 風燥により肺が静粛と潤いを無くしている状態です。   状態 3)熱証 ①風熱により肺が静粛な働きをする事が出来なくなっています。   (2)内傷咳喘息 状態 1)津液熱証 ①息が荒い、痰が絡んだ咳をする、血痰が出る事がある、熱があり顔が赤い。 ②津液が熱を帯び肺を塞いでいる。   状態 2)津液蕴証 ①痰が大変多く咳が出る、痰が出ると咳が治る。 ②痰が肺に溜まっている。 ③痰が肺を塞ぎ肺気の流れを阻止している。   状態 3)五臓証 五臓から上逆し肺を犯している。     咳喘息の治療---中医内科 (1)外感咳喘息の治療 状態 1)寒証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③肺の通りを良くする治療をします。 ④咳を止める治療をします。   状態 2)燥証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②肺を清める治療をします。 ③肺を潤す治療をします。     状態 3)熱証の治療 ①風を取り除く治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③肺の通りを良くする治療をします。 ④咳を止める治療をします。   (2)内傷咳喘息の治療 状態 1)津液熱証の治療 ①熱を清める治療をします。 ②肺の流れを良くする治療をします。 ③津液の塊を引き裂く治療をします。 ④咳を止める治療をします。   状態 2)津液蕴証の治療 ①余分な津液を乾燥させる治療をします。 ②咳を止める治療をします。   状態 3)五臓の治療 ①肺を清める治療をします。 ②気の流れを良くする治療をします。 ③火を消す治療をします。   下記は現在の中医学の医学書です。 下記は現在、中国の医科大学で使われている色々な医学書から喘息の参考になる部分を抜粋したものです。 書は上記の黄含英教授が送って来た物が中心です。 教授や他の教官が医大生やインターンに教える時の最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたも持っている書です。   上記の医学書の説明は 上記は咳喘息について書いています。 少し訳と説明をします。 咳喘息は気候の影響を受けた場合が多い。 特に寒い時期の風が肺を犯します。 また熱風が肺を犯します。   <内径>と書いていますが、これは紀元前220年前の本格的な医学書で、その中の<素問>には咳がでるのは肺を傷めたから〜と書いています。 また寒風や熱風は必ずしも喉からでは無く、むしろ皮膚を通して体に入り、五臓六腑を犯した結果、それが肺に影響を与えていると書いています。 つまり肺が単独で悪くなっているのでは無く、五臓六腑が悪くなっていることを重視して下さい。   上記の医学書の中には他にも大医学者の名前と医学書が書かれ、咳喘息の原因・メカニズム・治療方法をさらに深く解明してきた事をあげ、咳喘息の高度な治療方法について、説明しています。 この説明は、咳喘息を治療する上で非常に大事ですので、下記でご説明します。   咳喘息の治療は紀元前200年から始まっている。 1)戦国時代(紀元前250年頃) 戦国時代・前漢時代に出て来たのは、上記の写真に出て来た医学書、つまり中国で最高レベルの医学書「内経」です。 この書によって中医学が成立し、発展する基礎となりました。 この時代はすでに人体の解剖が行われ、咳喘息に関係する診断・治療も全面的に細部に渡り説明され、詳しい治療が書かれています。   書の中で、「咳喘息は病邪が皮膚から侵入、五臓六腑はどれも咳の原因になる、肺だけが原因では無い」「体外から咳喘息の原因が侵入し肺を犯した。あるいは五臓六腑が弱いため肺を犯して咳喘息になった」と書かれています。 今日の咳喘息の治療をはじめ、世界でもトップランクを行く医学にしたのは、この「内経」が最も大な切っ掛けとなっています。   2)秦の時代・漢の時代(西暦200年頃) 秦の時代は医学が飛躍的に発展した時代です。この時代の大医学者の張仲景が書いた《金匮要略》では咳喘息の全般に渡り、診断・メカニズム・治療方針について詳しい説明があります。   3)隋の時代(西暦600年頃) 名医学者の巣元方が50冊もの医学書《諸病源候論》を書きました。これは、あらゆる病気の総集、原因にも言及している貴重な資料です。咳喘息に関連して、咳は10種類ある事を説明しています。   4)明の時代(西暦1515年) 名医学者の虞抟は医学書《医学正传》で、咳喘息の治し方の手順を書いています。   5)明の時代(西暦1617年) 名医学者の赵献可は医学書《医贯》で咳喘息の治療をしなかればならない所は「肺では無く、脾か腎である」と説明しています。   6)明の時代(西暦1624年)   名医学者の張景岳は様々な病の治療を飛躍的に向上させた医師の一人です。 《景岳全書》の中で咳喘息の原因・メカニズムを細かく説明しています。 中でも咳の原因が多すぎるので、分類する方法を提案しています。 それは咳喘息の原因が「体外から原因が侵入、体内が原因」の2種類に分類しました。 これにより臨床との整合性が確認されました。   7)明時代(西暦1658年) 名医学者の俞昌は医学書《医门法律》で咳喘息のメカニズムを解説し、2種類の治療方法で良い結果を出している事を書いている。   8)清の時代(西暦1830年)  名医学者の王纶は医学書《名医杂著•论咳嗽证治》で虚証・实証や寒・火热・湿热について、長患いの場合は虚、气虚・血虚の場合の治療方法について説明している。   喘息は根の深い病気です。上記のように時代を経る毎に優れた医学的解明と治療方法が進化して来ました。 現代では非常に高度な治療がされています。喘息と咳喘息については詳しい原因やメカニズムが解明済みです。     自分の身を守る方法。 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。 人体の構造や働きをどう見ている医学なのか?によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと、咳喘息は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。 喘息と咳喘息は似ているようで、実際は大きく違います。 上記の歴史の所で出ていましたが、咳喘息は2種類に分かれます。 体の内側から発生したものと、②体の外側から発生した物の2タイプが有ります。   結論①五臓の診断が必要です。 内側から発生する場合は五臓六腑についての診断が特に大事です。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)です。 多いのが、他の臓器で痰が発生して肺に影響したか、他臓器では痰が発生してないが、肺に影響して、肺で痰が出来た現象です。 貴女はまだ中医学の五臓の診断・治療をしていないはずですので、良くするには、その診断が大事です。 西洋医学でどこも悪くないと言われても、中医学とは判断内容が違います。 中医学の診断を受ければ本当の事が分かります。     結論②体外からの影響で咳喘息になった診断。 咳喘息になる理由は多いのが気候・天気の影響が有ります。 春夏秋冬---乾燥・湿気・暖かさ・熱風・寒さ・暖かさ、急激な気温の変化・風などが呼吸道や皮膚から入り、肺に影響を与えると、何が入ったか、入った時期によって、肺が様々な不調状態に変化しています。   この様々な不調状態が尋常では治せない難しい状態になっています。 また季節・天候の影響だけでなく、砂埃や煙なども肺に入り難しい状態を作ります。 肺は一つですが、悪くなっている状態は様々です。   これを診断で正確に解明すれば適切な治療が出来ます。 この診断・治療は非常に難しく、中国の中医学の医師なら可能です。 まだだくさんありますが、今まで書いたことが最も代表的ですので、その事を念頭に置いて治療すると良いです。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。 中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。   中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません。個人輸入代行で対応しています。)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「咳喘息」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。 ...

総合ページ

2020/1/9

アレルギー性皮膚炎 (複製) 非公開 総合情報

アレルギー性皮膚炎の総合ページです。 アレルギー性皮膚炎を根本治療します。 アレルギー性皮膚炎の原理を説明します。     「記事担当:後藤です。 「大変お困りと存じます。 資料を作成しますのでご活用ください。」     アレルギー性皮膚炎の原因とメカニズム 参考:中医皮膚病学   原因1)風熱蕴肤 「風熱」が皮膚の下に温存され蒸れている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が急で、頭部や 顔に出来る場合が多い、手や背中にも出来ます。 大変痒く、灼熱感が有ります。   原因2)湿熱毒蕴 「湿熱」が毒を出し、皮膚の下に温存され蒸れている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギー症状が出ます。   発病が非常に早い、水泡・大泡が有る、皮膚の損傷した面積が広く浮かぶ。 水泡が破裂するとすぐに滲み出た液がただれる。 灼熱を感じる、口が乾き、熱を伴う、便が乾燥している。   原因3)血虚風燥 「血」が虚弱、乾燥した風が溜まっている状態です。 何かに接触した事で皮膚にアレルギーが出ます。   病歴が長い、反復発作する、皮膚の損傷部分は厚く乾燥している。 鱗屑:皮膚表面の角質が、細かくはがれ落ちている。 あるいは皮膚表面が苔が生えたような状態もある。 激しい痒みがある、爪で掻きむしったり、硬いカサブタになっている。   アレルギー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)風熱蕴肤 ①風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療2)湿熱毒蕴 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り払う治療をします。 ③血の熱を冷ます治療をします。 ④ 解毒の治療をします。   治療3)血虚風燥 ①血を養う治療をします。 ②血が乾燥していますので、潤いをもたらす治療をします。 ③風の通りを良くし、風を出す治療をします。 ④痛みを止める治療をします。   治療4)脾胃運化失健 脾・胃の運化機能が弱っている場合も多く 脾・胃の機能を健康にする治療をします。       なぜアレルギー性皮膚炎になるのか、基礎的な原因  参考:中医皮膚病学 1)中医学では、 ①先天的に体の耐性が弱いとみています。 ②皮膚・皮下の密度が低い。 この二つがアレルギー性皮膚炎が発病する内在要因としています。   2)何かに接触した後、その毒邪が皮膚に侵入します。 これで「気・血」が入り乱れた混乱状態になります。 そして「気・血」の調和が崩れ、邪がウツ状態になり熱が出ます。   邪がこもり、蒸され、皮膚の働きが拒まれます。 そしてアレルギー皮膚炎を発病します。   3)発病前に原因物質に接触しています。 一定期間の潜伏期間が有ります。 最初に原因物質に接触してから、大概4〜5日以上してから発病します。 再度、原因物質に触れると数時間から1日前後で発病します。   接触した原因物質により、原因物質の濃度、接触した方法により 個人の反応は異なり、皮膚炎の携帯が異なり、範囲や程度が異なります。     アレルギー性皮膚炎の原因物質 多く見受けられるもの 1)化学物質 ①金属装飾品を作るときの原料、 ②特定の外用薬 ③化粧品 ④農薬 ⑤塗料 ⑥ゴム など   2)植物の影響 ①漆に使うハゼの木、 ②イラクサ ③杉花粉 など   3)動物の影響 ①動物の皮膚や毛 ②毛の中にいる虫の毒素。 など 外界には様々なアレルギー性皮膚炎の原因物質が有ります。   どうやって自分の身を守るか? 西洋医学と中医学があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。       中医学の皮膚治療は紀元前14世紀から始まっている。  1)紀元前14世紀には 多くの甲骨文が出土し、その中に多くの記述が見つかっています。 紀元前2197年〜紀元前770年は[夏・商・周]の時代です。   紀元前1122年「周礼」では皮膚病は季節により流行することが書かれています。       上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。   中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。 中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。     医薬品が大事です。 中医学は歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     食べ物で治療します 球根や木の実、穀物などを治療に使う場合も多い。 どうすれば良いか中医師のアドバイスを受けて下さい。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。     世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「アレルギー性皮膚炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「アレルギー性皮膚炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。     副作用の出ないように使う「中西医結合医学」   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「アレルギー性皮膚炎」の治療でも出ています。   「アレルギー性皮膚炎」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「アレルギー性皮膚炎」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「アレルギー性皮膚炎」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「アレルギー性皮膚炎」の原因になっている人が多い。 ②「アレルギー性皮膚炎」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。         中医学は初めてなので〜と相談に決めかねているなら、 まず先に◇百宝元を飲む事も大切です。 ◇百宝元で治療するのではありません。 健康を維持するために大切です。   ◇百宝元を飲むと食べ物によって健康維持の仕方が違う事が分かります。 ◇百宝元は得るものが多いと分かった人はスゴイ人です。   日本には無い貴重な植物ですので、これを飲んでみて、 次のステップで中医学の医師に相談してアレルギー性皮膚炎の治療をしてください。   ◇百宝元は健康管理、健康維持にずっと活用されてください。 人生で成功するには、自分の健康に投資することが大事です。 ◇百宝元は運動や薬では出来ない健康管理ができます。       アレルギー性皮膚炎を根本治療する方法。最先端の中医学・大病院の治療情報。 アレルギー性皮膚炎は体質改善で良くなります。漢方大病院の成功率95%の情報。   アレルギー性皮膚炎の治療体験、子どもが漢方を使った感想。薬と食材を活用。 薬物アレルギーの治療方法。中医学・大病院・名医の治療。気づかない内に悪くなっている。   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。     個人輸入代行の総合ページはこちら ...

総合ページ

2020/1/9

アトピー性皮膚炎を元から無くす治療 中医学・大病院・名医の治療 総合情報

アトピー性皮膚炎の総合情報ページです アトピー性皮膚炎の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 中医学はアトピー性皮膚炎を完全になくす為に根本的に治療します。   「記事作成:担当の後藤です。 アトピー性皮膚炎になって大変お困りと存じます。 この病気は原因が紀元前200年に分かっています。」   「中国の中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。」   「アトピー性皮膚炎は根深い病ですので、医師が ①体質改善 ②薬を切り替えながら最終的に完治するよう 治療しますので、根気よく治療する人が良くなります。 完治するまで医師に相談しながら、治療されて下さい。」     アトピー性皮膚炎とは 参考:中医皮膚病学 必要条件 12ヶ月以上、皮膚が痒い。   補助条件 ①2才以前に発病 ② 腕・脚などの内側の皮膚に出来た病歴が有る。 10才以下の子供はどの部分でも対象とする。 ③全身の皮膚が硬く乾燥した経歴がある。 ④喘息、花粉症などアレルギーの病気だった事がある。 ⑤1頭身の親族にアレルギーの病歴が有る。   年代時期 乳児期、子供期、青年・成人期の3種類に分けます。   アトピー性皮膚炎の原因---医学書の説明  原因1)脾・風 乳児、子供に多く見られます。 皮膚の同じ場所に湿疹が反復して発生します。   原因2)陰・血 青年・成人に多く見られます。 病状が非常に長期で、繰り返し発生し、皮膚が硬く乾燥しています。     アトピー性皮膚炎の原因 補足説明 参考:中医皮膚病学 アトピー性皮膚炎は別名「遺伝性アレルギー性湿疹」と呼びます。 つまり遺伝が関係しています。 急性と慢性が混合します。 家族の中に喘息、アレルギー性鼻炎の人がいる場合が多い。   主な原因は「湿邪」です。 胎児の段階で「湿熱毒」を受け継いでいる。 あるいは生まれながらの場合もあります。   アトピー性皮膚炎のその他の原因 ①授乳期に母親が余りにも「美食」に走り、 さらには「辛いもの、油物」を食べ過ぎた事で「湿」が熱をおびた。 この「湿」が授乳で子供に入り、アトピー性皮膚炎の原因になった。   ②母親の「感情」が内臓を損傷し、熱が発生し 妊婦の段階で熱が胎児に伝わり、 胎児は先天的な免疫不足になり、 熱を帯びた体になります。 生後、アトピー性皮膚炎になった。   ③不適切な栄養物を食べさせた。 脾が健康な働きができなくなった。 この為、湿が体内で発生した。 そして湿熱が体内に温存され蒸された。 最終的に皮膚にアトピー性皮膚炎を発病した。   ④「湿」が長期に渡って温存され蒸され続けた。 これが津液を傷つけ、血を消耗した。 皮膚は栄養を失い。 ついにはアトピー性皮膚炎が発生した。   ⑤大気の影響 特に「湿熱」が体に入る。 それが皮膚に鬱結した。 体の内外からの病邪が集まってアトピー性皮膚炎を発病した。     アトピー性皮膚炎の治療 参考:中医皮膚病学 治療1)脾・風 ① 脾を健康にする治療をします。 ②風を消し、通りを良くする治療をします。 ③痒みを止める治療をします。   治療2)陰・血 ①陰を滋養する治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③皮膚を潤す治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   上記は中医学・医学書に基づく最も基本となる治療方法です。 実際の治療では、上記からさらに深い治療に入ります。 五臓の治療が入る事も多い。 例えば「肝・腎」が悪い場合も多い。 神経系の治療をする場合も多い。 毒を抜く治療をする場合もあります。 免疫を上げる治療をするケースもあります。   成人のケース、幼児の時からアトピー性皮膚炎 食べ物を加えた治療をしました。 薬は1種類を使い、3種類は食べ物で治療したケースも有ります。 食べ物は球根・木の実、豆などです。 数ヶ月で完治しています。     あなたはアトピー性皮膚炎を治したいですか? アトピー性皮膚炎は非常に難しく、これまで良い方法が無かったと思います。 アトピー性皮膚炎など皮膚病は正常な状態にするには根本治療が必要です。   現在、世界でも根本治療を行なっているのは中国の大病院です。 上海など中医学の大病院・名医に依頼すれば根本治療をしています。   現在ビビッド・ライフが相談入れる医師は名医です。 上海医師会の中でも最高ランクに上手な医師です。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     アトピー性皮膚炎の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているようにアトピー性皮膚炎と言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 アトピー性皮膚炎だから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 アトピー性皮膚炎は体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科をしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のアトピー性皮膚炎の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   アトピー性皮膚炎を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がアトピー性皮膚炎の治療でも出ています。   アトピー性皮膚炎の治療---実例---「中西結合医学」 1)アトピー性皮膚炎は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)アトピー性皮膚炎とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がアトピー性皮膚炎の原因になっている人が多い。 ②アトピー性皮膚炎から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、アトピー性皮膚炎だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。 中医学は世界で最も歴史があります。   紀元前200年前頃の医学書「内経」は 非常に高度な内容で、当時の中国全土の医学ノウハウが集約された医学書です。 https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 中国の医学書では黄帝内経(こうていだいけい)と呼ばず、短く内経と呼ぶ場合が多い。   内経ではすでにこの時、アトピー性皮膚炎を説明しています。 現代人が見ても太刀打ちできないほどの分析力です。 すでにこの中でアトピー性皮膚炎に関係する原因やメカニズムが事細かに書かれています。      根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。   関連記事が有ります、ご覧ください。 アトピー性皮膚炎の根本治療している中医学・大病院・名医の情報。 アトピー性皮膚炎を元から治療する。本当の原因を治療する。   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。 「こういう点は注意が必要」人ごとでは無い重要な治療。   個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.    

総合ページ

2020/1/9

先天性好中球減少症 好中球減少症の根本治療。中医学・大病院・名医の治療。中西医結合医学 総合情報

好中球減少症の総合ページです。 好中球減少症は先天性や後天性、重症先天性など色々あります。 原因も様々です。 治療効果を有効率と言いますが、色々な中医学・大病院が詳しい発表をしています。   人によっては非常に良い結果が出るタイプかも知れません。 もちろん全部のタイプが良い結果が出やすいタイプでは無いかも知れません。 また病状がどの段階まで来ているか、好中球減少症のどのタイプなのかにより違いが出ます。 中医学の判断をできるだけ詳しく説明しますので、ご覧ください。   詳しい情報が欲しい方は正式に中医学・大病院・名医の診断を受け、正確な情報を受けるのがベストです。 記事担当の後藤です。 「大変お困りと存じます。 以前、知り合いからの問い合わせで、 重症先天性好中球減少症の相談を中医学の医師にした事が有ります。 小さなお子様ですが、大変喜ばれました。」   「中医学まで理解する機会が無いと思いますので この記事をご活用ください。」     好中球減少症は先天性と後天的と2種類あります。     好中球減少症の原因---中医学 原因 1)凛賦薄弱、精血不足----先天性好中球減少症 これは、子供さんに特に多い原因です。   ①父母から受け継いだ精血が不足している。 ②あるいは胎児の時の栄養が不足していた。 ③あるいは出生後、食べさせた栄養が不適切だった。 以上のどれもが凛賦薄弱にさせ、気を作る事が不十分で、臓腑の働きが不完全な為、好中球減少症になった。   あるいは大気の影響を繰り返し受け「正気」を損傷し、好中球減少症になった。   原因 2)邪毒傷正-----後天的好中球減少症 ①大気の「風・寒・暑・湿・燥・熱」が体に影響した。 ②あるいは急性伝染病・疫病の毒、邪気が伝わり、熱・火になった。 ③放射線治療をした、放射線に触れた。   以上三つのどれかで火熱邪が人体に侵入、邪熱が温存、蒸されて毒になり、清血を消耗し正気を損傷し、好中球減少症になった。   原因 3)肝腎陰虚----後天的好中球減少症 過労、精神的負担が大き過ぎ、心・脾・肝を損傷した。 血液不足や精気の損傷で五臓を損傷し、好中球減少症を起こした。     原因 4)脾胃陰虚----後天的好中球減少症 飢え・食べ過ぎで失調、暴飲暴食、酒の飲み過ぎ、好きな食べ物に偏っている、間違った不潔な食べ物などで、 脾・胃を損傷し、気血を生む源が不足し、次第に虚損になり、好中球減少症になった。     原因 5)精気損虚----後天的好中球減少症 ①飲んだ薬が不適切であった。 ②化学療法の後、薬の毒が体内に溜まった。 ③または間違って食べた、間違っで触った物が毒物だった。   この為、鬱積し火になり、火毒が盛んになり、精血を消耗損傷させ正気を損傷させて好中球減少症を起こした。   原因 6)久病大病----後天的好中球減少症 ①病気が長引き、正気を消耗損傷、精血を消耗損傷、陽気を消耗損傷。 好中球減少症の治療---中医学 治療 1)気陰損虚証 気と陰が損傷し、虚弱になっています。 ①気を益す治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③風を散らす治療をします。 ④免疫を上げる治療をします。   治療 2)脾腎陰虚証 脾と腎が陰虚になっています。 ①脾を温める治療をします。 ②腎を補う治療をします。   治療 3)心脾血虚 心と脾の血が虚弱になっています。 ①心を補う治療をします。 ②脾を益す治療をします。   治療 4)肝腎陰虚証 肝と腎の陰が虚弱になっています。 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を養う治療をします。   治療 5)正虚毒盛証 ①気を補う治療をします。 ②血を益す治療をします。 ③毒を抜く治療をします。 ④腫れを消す治療をします。   治療 6)その他 ①肺の治療をします。 ②胴体部分の三焦の治療をします。 ③陽気の治療をします。 ④解毒の治療をします。   先天性好中球減少症の原因をご覧ください 下記資料をご覧ください。 先天性好中球減少症は治療しなければならない所は血液以外に、全く別にあります。 それは五臓です。   下記は中医学の医師が使う資料です。 先天性好中球減少症の説明です。   大人になった時に発病したものと、先天性は原因が違います。   好中球減少症の原因は六タイプあります。 その内、先天性に最も関係するタイプが一つ有りますので説明します。   下記の三行目に[病因病理]と書いています。 原因の事です。 1)体質的に天賦の力が不足している。父母からの精血が不足している。 2)胎児の時に栄養が不足、あるいは産後の栄養が不足、で天賦を不足させている。 3)以上が原因で五臓六腑が正常に働いていない。これが先天性好中球の主原因です。     好中球減少症は五臓を治療する事が大事です 上の資料と、下の資料の両方に重要なことが書いています。 1)上の資料では、「脾・腎・肺・五臓」と臓器の名前が出ています。   2)下の資料は医学書の一文です。 この医学書は黄含英教授など教授陣が医科大学の学生やインターンに指導する時に使う最も中心となる書です。 世界の中医師は必ず持って居る医学書です。   下記の参考文では、好中球減少症の原因・メカニズムはすでに紀元前200年の医学書「素問」に詳しく説明されています。 この中で「臓腑(五臓六腑)・五臓」が特に問題と書いています。   この二つの資料を見ましても五臓の診断・治療は欠かせません。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜   〜〜〜〜〜 好中球減少症を歴代の大医学者が検証 1)「素問」以降、好中球減少症の研究は多くの名医学者がしてきました。 中でも西暦200年、後漢時代の张仲景は医学書[金匮要略]で、好中球減少症の原因・メカニズム・治療方法について詳しく説明しています。   2)西暦600年、隋の時代、名医学者の巣元方は50冊もの医学書「諸病原候論」の中で好中球減少症と五臓の状態を各臓器別に説明しています。 3)西暦1624年、明時代の名医学者,張景岳は好中球減少症の治療方法を改良し、現代でも使う重要な治療薬を開発しています。   4)西暦1630年、明時代の名医学者,汪绮石は医学書「理虚元鉴」で好中球減少症の原因、メカニズム、治療、予防など説明をしています。 5)西暦1650年、清の時代の名医学者、吴澄的は医学書「不居集」で好中球減少症や関連の病について説明しています。   このように好中球減少症については2000年に及ぶ様々な研究・治療・薬の開発が行われて来ました。 あえて歴史を説明しましのは、この歴史資料を真剣にみれば貴女のお子様を救う事ができるからです。   この2000年間、歴代の大医学者がこの病を研究し、非常に優れた治療方法を確立しています。 しかし残念ながらこの治療方法は日本に入っていません。 好中球減少症が治らない大きな理由は何か? 好中球減少症とは血液が正常に出来ていないと言う事です。 本来、人は自分で正常な血を作る力を持っています。 中国の医学はお子様が自力で正常な血を作るようにさせる治療をします。   血は五臓の全部が関係しています。どの臓器が悪くなっているのかを特定する必要があります。 五臓は「心・肺・脾・肝・腎」です。 この内 「心・肺・脾・肝」四つは血に関係する臓器です。 そして腎は骨髄を作る所です。   臓器の判断方法は中医学でないと出来ません。 西洋医学とは判断方法が違うからです。 しかもよほどのレベルの高い医師でないと無理です。   中国の薬は五臓を正常にして血を正常に作れるようにする事が出来ます。 ですから五臓の治療が上手くいけば好中球減少症は改善に向かいます。   血液治療の歴史は世界一です。 この病気は大変難しい病気です。 血液の病気で、命に関わる難しい病気です。 この病気は中国でも古くからある病気ですが、治療が非常に進んでいます。   本格的には紀元前200年から治療して来ました。 この時点で既に原因・メカニズム・治療方法が医学書に発表されています。 現在、中医学の名医なら改善する方法はありますので、良くなる人が大変多い病気です。 治療期間や改善度は個人差があります。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の好中球減少症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   好中球減少症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が好中球減少症の治療でも出ています。   好中球減少症の治療---実例---「中西結合医学」 1)好中球減少症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 ...

総合ページ

2020/1/9

認知症を根本治療する方法。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」総合情報

認知症の総合ページです   中医学・大病院・名医であれば認知症を根本治療します。   記事担当の後藤です。 「私は昔、母を見舞いに行ったら「あんた誰?」と聞かれ悲しくなりました。 それがこの仕事をするきっかけになりました。」   「中国の中医学・大病院・名医は認知症の治療のエキスパートです。 参考になる記事を書きますのでご活用ください。」   「高齢者で物忘れが増えて来たら要注意です。 いたずらに時間を無駄にしないでください。 お元気になることを切に願っています。」         認知症の状態、中医学の診断 参考:中医内科学 原因1)脳が萎縮しています。 脳髄が減少し、脳髄が消えます。 この為、認知症が起きます。   高齢になると脳が萎縮します。 なぜ萎縮するか、脳は髄液で出来ています。 ですから脳は脳髄と言います。   脳髄を作っているのは「腎」です。 人間は誰でも高齢になり腎が衰弱する事で全身が老化が進み、この世を去ります。 ですから認知症は自然の流れなのです。   原因2)病気で長患いしたことが原因です。 脳卒中やメニエール病などに長く患っていると認知症になりやすい。 ①長患いによって脳髄を作ることが出来なくなり、認知症になります。 ②長患いで血行が悪くなり、脳に血が流れなくなり認知症になります。   原因3)感情が原因で認知症になります。 感情が原因で肝・脾・腎などを損傷した事で脳の髄液が作れなくなり認知症になります。 認知症の状態----参考:中医内科学 1)髄海不足証 脳の髄液が不足し認知症になったパターンで、一番多いパターンです。 脳は髄液が集まった所ですので「髄海」と言います。 治療は「腎」を補う事で脳の髄液を益す治療をします。   2)脾腎両虚証 「脾・腎」の不調で、脳髄が作られず、認知症になったパターンです。 脾・腎の働きを益す事で、脳髄を作る力を益す治療をします。   3)瘀血内阻証 体内で血が固まり瘀血となっている。 脳につながる血脈がつまり、脳に血が行かなくなり認知症になったパターンです。 この場合、血の働きを活発にし瘀血になった血の塊を溶かし、血の流れをよくする治療をします。 認知症に限らず、脳に血が行かない病気は色々有りますが、この血の流れの治療で脳の状態が非常によくなります。   4)痰浊蒙窍型証 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 つまり痰が詰まった事で脳髄が作れなくなり、脳が空虚になり認知症になったのです。   日本人は「痰」についての知識が不十分です。 喉にたまるのを痰と言いますが、中医学では「痰」は全身にできることが分かっています。   全身に有る水分は70%も有ります。 これがネバネバになったりして痰になり、しまいにはコチコチに固まる事も有ります。 痰が体内で形成され、様々な所を詰まらせますので、これが原因となって様々な病を起こします。 体内の広範囲に有る「痰」を溶かす薬は中国の大病院なら有ります。   5)心肝火旺証 これは感情で発生する認知症です。 怒りなど激しい感情は「心・肝」に最大限の影響を及ぼします。 烈火(れっか)のごとく怒る〜とか、火のように怒る〜という表現がこれです。   非常に激しい感情で「心・肝」の気のエネルギーが「火」になり、 脳に上昇して認知症を起こしたのです。     認知症の治療---参考:中医内科学 1)髄海不足証の治療 脳の髄液が不足し認知症になったパターンです。 ①腎を補う治療をします。 ②それにより脳の髄液を益す治療をします。 ③気を益し、血を養う治療をします。   ④血を養い、肝を補う治療をします。 ⑤気を益し、脾を健康にする治療をします。 ⑥痰を溶かす治療をします。   2)脾腎両虚証の治療 ①腎を補い、脾を健康にする治療をします。 ②気を益す治療をします。 ③肝・腎を補う治療をします。   3)瘀血内阻証の治療 体内で血が固まり瘀血となっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   ③脳につながる経絡(血の流れる路)の流れを良くする治療をします。 ④新しい血を作る治療をします。 ⑤血の熱を清める治療をします。   4)痰浊蒙窍証の治療 体内で痰が詰まった事で回り回って認知症になったタイプです。 ①脾を健康にする治療をします。 ②痰を溶かし詰まりを取る治療をします。   5)心肝火旺証の治療 これは感情で発生する認知症です。 ①感情で発生した心肝の火を消す治療をします。 ②肝の鬱を取り働きをスムーズにする治療をします。 ③肝の働きを穏やかにする治療をします。     認知症の薬は中国の大病院なら〜 上の写真は現代、医科大学使っている医学書の一文です。 「認知症の診断と治療方法」を書いている部分です。   「認知症」と呼ぶのは近年の事で、古くから「痴呆」の名称で医学的に分類されています。 この医学書に基づく治療は良い治療効果が多く見られます。   認知症は五臓の治療をすると良くなってくる。 認知症は基本的に五臓が悪くなっていることが原因です。 状態的にまだ間に合うので有れば五臓を治療すれば認知症は回復に向います。   あなたは五臓を治療していないはずです。 この診断、治療は中国ならできます。 しかも名医なら良い治療薬を指導してくれます。   上の写真は現代最も使われている別の医学書です。 これも痴呆(認知症)の説明です。 この中の一番下に<内経>と書いています。   内経は世界最古の医学書です。 これは2000年前の医学書。 「内経には痴呆(認知症)に関連した説明が既にこの時にある」と書いています。 軽症者と重傷者には特長的な違いがあります。 軽症者---精神状態が曖昧です。 口数がすくない。 反応が鈍い。   重症者---一日中話さない。 部屋に閉じこもる。 口の中でボソボソいう。   笑ったり泣いたりする。 食欲がない。 何日たべなくても腹が空いたとは感じない。   などの特徴があります。   認知症は五臓の診断が必要。 認知症はいくつかの原因が在りますが、その中で大変重要なウエイトを閉めるのが五臓です。 五臓が脳につながっており、認知症の原因になっている場合が多いのです。   五臓とは「心・肺・脾・肝・腎」です。 この五つは全て脳に関係しています。 なぜ五臓が悪くなるのか?一番多いのは老化です。   五臓が弱ると全身が老化状態です。 脳と五臓は密接な関係があります。   またパーキンソン病などで認知症が発生します。 パーキンソン病なども五臓を悪くした病気ですので、認知症になりやすいのです。 上海の大病院はパーキンソン病も認知症と一緒に治療する効果的な治療薬があります。   認知症の治療方針は四種類あります。 四種類の内、三種類は内臓の治療になります。 認知症が治ら無い、悪化する時は、内臓(五臓)の治療をすると、ほとんどの場合、問題が無くなって行きます。 典型的な例を次に説明します。   脳が萎縮します。髄海不足。 全員が脳が萎縮している訳ではありません。 四種類の状態の内の一種類が脳の萎縮です。 脳は髄海と言います。   本来は髄海不足と言います。 脳髄は腎が支えています。 腎は髄液を作るところです。   脳の髄液も腎が作っています。 ところが五臓の内、腎が不調になった為、脳髄を作ることが出来なくなり、髄海不足になった、 つまり脳が萎縮した状態になって認知症になっています。   これ以外に臓器が悪くなっている場合も認知症になります。 診断でどの臓器が悪くなっているか確認が必要です。 五臓はどれも脳に関係します。腎以外の五臓は(心・肺・脾・肝)です。   もし悪くなっている臓器が発見された場合、その臓器がどのようにして脳に影響して認知症を起こしているのかも中医が見つけますので、 それに従って治療します。   どのような診断で分かるのか? 認知症の原因や悪くなっている臓器など、それらと脳との関連などは四種類の診断で分かります。 例えば「舌診」です。これは舌を診断する事です。 舌は内臓の状況を全て表現します。   舌は病状に合わせ様々に変化します。 例えば「舌が痩せて淡い色合い、薄い白色の苔」の場合は「髄海不足」です。 この場合は腎が悪くなっています。   腎を治療しますので、毎月、色が改善してきます。 健康状態の改善に合わせて正常な色に向かって変化します。 この色合いの変化で腎の改善が分かり、脳髄の回復が分かります。   順調であれば、舌の色の改善とともに認知症も改善します。 臓器の診断は西洋医学と中医学は全く違います。 例えば腎臓と腎は違います。 腎臓に関係なく、腎は悪くなっている事が多い。   認知症は改善するのか? この治療方法は特に700年前に具体的な良い治療方法が見つかっており、その後、改良を加えられて来ました。 認知症の根源を回復する治療をしますので、殆どの場合、良い方向に進みます。 それぞれの体の状況が違いますので、一概に言えませんが、早い時点で意識の改善に気づく場合が有っても不思議では有りません。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の認知症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   認知症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 ...

総合ページ

2020/1/9

発達障害、良くなるケースも有る。中医学・大病院・名医の方法。総合情報

子供の発達障害の総合情報ページです。 「こんにちは 記事担当の後藤です。 お子様が発達障害になって大変と存じます。」     「お子様の病の場合、特に多いのが発達障害です。 どのように中医学は治療するのか、情報を常に集めています。 下記の記事をお役立て下さい」   中医学・名医の情報   中医学の名医は子供の治療はどのようにするのでしょうか? ①子供の病は、極力、薬を使わない治療をします。 ②トレーニングを重視します。 ③食材を使った治療をします。 ④医薬品を使うのはごく稀です。   なぜ子供に薬を使わないのか 大部分の医師は子供に極力、薬を使いません。 中医学の担当に聞きましたら「子供を大事にする」からだそうです。 子供を非常に大事にしていますので、西洋薬を含め、あらゆる薬を親が飲ませません。 この為、医師は食材、食べ物で治療します。 「おねしょ」の治療 寝ている間に「おねしょ」をする場合と、昼間もお漏らしする子もいます。 ①夜間は「おねしょ」が長引く子が多いのですが、 時期が来たら自然と治るのですが、   大事な事は、親が夜中に一度、必ずトイレに起こす事です。 子供が悪いのでなく、親がサボっているのです。 いつまでもオネショをすると子供は自信を失います。   叱るのでなく、親が夜間にトイレに連れていく習慣をつけてください。 オシメをしているから〜と言っているような親ではダメです。 必ずトイレに連れて行って下さい。   ②日中の「お漏らし」はかわいそうですね。 しかし、これは「腎」の問題です。     「お漏らし」の中医学の治療 「おねしょ」であれ、昼間の「お漏らし」であれ、ほとんどの場合、中医学は治療が出来ます。 実際、中医学の名医が治療するとき「穀物や球根」など食材を簡単に調理し、食べたり飲ませたりしています。 じわ〜と良くなって来ます。        言葉のトレーニングしているが、言葉がなかなか出ない。 ①言葉が出るよう、トレーニングが大事です。 ②食べ物・食材でうまくいく場合も有ります。   体の状態にもよりますが、赤い豆類を粉末にして、溶かして飲んだり、 球根や穀物を調理して食べる・飲ませるなど、色々と方法があります。   どの子も上手くいくと良いですね、まず取り組むことが大切です。 子供はまだ体が完成してないので、薬で治療しにくい〜と言う点も有りますが、 反面、悪くなって期間が短いので、治しやすい〜と言う点も有ります。   もう一つは、本来、時期が来たら自然と話せるようになる場合も有ります。 しかし、幼児が話せない時は、経絡(血の通り路)などが、食材などで、フッと通るようになれば、たちまち話せる事も有りますので、何が上手くいくか分かりませんが、まず取り組むことが大事ではないでしょうか? 食べ物・食材ですから、何も心配ありません。 ぜひ上手く言ったら、大成功です。 脳が成長しない はっきり言えませんが、良くなる可能性も有ります。   ①脳は「腎」が作っています。 腎は髄液を作り、脳は髄液の塊です。 ですから腎が正常に脳の髄液を作れば、脳は次第に正常に育つ方向になります。   ②IQが低いのは 脳が正常な大きさになっていないか、別に何かの問題があるのか? 特に多いのが、脳に血が行ってない場合が多い。 なぜ血が来ないのか? 血が順調に来出せば、脳の働きが活発になり、次第に脳が改善される可能性が有ります。   脳の成長・腎の働き・血の通りに関しては、まず中医学の上海の名医に相談してください。 薬を使えば、確実に治療は進みますが小さい子には、医師は薬は使わず何か良い食材を考える場合が多い。     遺伝性で、親が発達障害の場合も有ります。 親も発達障害の場合、親がコミニュケーションを取りにくい場合が有ります。 中医師に仲介を取るのがスムーズに行かない可能性が有りますが、 できるだけ連絡がうまく行くと良いですね。   中医学で治療する時の大切な点 中医師でも名医と言われる先生方は大変な医療知識を持っています。 子供さんの治療に対しては、最大限の知恵を絞ってくれます。   ほとんどの場合、なんらかの改善は出てくるのですが、 どんな状態でも治るとお約束できません。 医師と相談しながら進めて下さい。   中医学の名医が治療する場合、食材などが多いのですが、それで病状が悪化する事は一切有りません。 きわめて安全です。   「中西結合医学」で治療する方法も有ります。 中医学と西洋医学との組みあわせでより効果を出す方法です。 それを中西結合医学と言います。    あわてて中医学の先生に相談するよりも ◇百宝元で健康管理をしながら、中医学をあれこれ勉強した人の方が上手くいくケースが有ります。 ◇百宝元は医薬品では有りません、栄養補助食品です。 これは病気を治すための物ではなく、健康を管理する物です。   これは中国の医薬品会社に特注で作っていただいた物です。 普通、医薬品は心配な人が多く、いきなり中医師に相談となると、戸惑う人が多い。 しかし先に◇百宝元を飲んだ人は、まず先に◇百宝元に信頼を置いています。   そして健康管理の大事さもわかります。 日頃の健康管理が非常に大事です。 それを実感したあと、中医学の相談した方が信頼度が高い場合が多いように有ります。     関連の記事が有ります。 ①小児の発達障害、中医学の治療情報。中医学・大病院・名医の治療 ②小児の健康。子供を正常に成長させる為に役立つ食べ物。中医学の伝統的な健康方法から学ぶ。     General page of International is here.  

総合ページ

2020/1/9

月経病を総合説明 中医学 根本治療薬 総合情報

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。     中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   月経病の総合ページです。 このページには下記の説明が有ります 1)経行先期、 2)経行後期、 3)不正周期月経、 4)過多月経、 5)過少月経 、 6)経期延長 、 7)月経困難症(生理痛)、 8)中間期出血 、 9)無月経、 10)無排卵型機能性子宮出血。   11)生理乳房腸痛(生理の胸の痛み)、 12)生理発熱、 13)生理頭痛、 14)生理身体痛、 15)生理下痢、 16)生理吐血・鼻血、 17)生理で舌・口タダレ、 18)生理疹(月経疹) 19)生理眩暈 20)生理浮腫 21)生理感情異常 について説明します。 「記事作成:後藤です。 婦人科の病気は大変多いですね。 治す方法、もっと良い方がないか困っていませんか。   貴女は月経病が良くならないのはなぜでしょうか? 月経病は種類が沢山あります。 今回は20種類ほど取り上げていますが、それ以外の婦人科の病も治療方法が有ります。   種類は多いですが、体内は似ている状況が多い。 優秀な中国の医師であれば、個別の状況に合わせて上手に治療します。   本来の中医学は 婦人科の医学は中国が世界で一番歴史があり治療経験が最も豊富で、様々な治療が出来ます。 単に婦人科の治療をするだけでなく、自然で健康な体に戻す事を主体に置いています。   今後の健康のために精神的な事や生活週間、食事を気をつける必要が有りますので、治療中は医師からアドバイスが来ます。 月経病の原因・メカニズムは非常に複雑です。 月経病は取り上げた物以外にも色々あります。     貴女はどのような状態ですか? 下記に病名を書きます。   それぞれ詳しい原因やメカニズムが分かっています。 優れた治療方法が有りますので、大部分の方は良い結果が出ます。 月経病はメカニズムが非常に複雑ですので、薬の調整に習熟したベテランの医師が相談に乗ります。   下記は病名に続き、原因の要点だけを簡単に書きます。 (本当は相当に細かいことがあります)そこを治療すれば改善の方向に進みます。     1)月経先期 生理が7日以上早くなる、周期が2回以上連続して繰り上がる物を言います。 この原因は「気・血」が、子宮につながる血の通り道(経絡)の中での状態が悪くなった為です。   原因は2種類有ります。 1)気が虚弱 飲食が適切でない、過労、考え込む事が度を越した。 その為「脾」の気を損傷した。 この影響で脾から子宮につながる経絡(血・気の通り道)の機能が失調した。 血がコントロールできなくなり生理が早くなった。   2)血が熱を帯びている ①体質的な面と、食べ物が原因で熱が出る。 この為、子宮につながる経絡(血の通り道)に熱が伝わり血が下がる。 そして生理が早くなる。   ②感情の影響で肝が損傷した。 血の流れが錯乱し、生理が早くなった。   ③慢性疾患や出血などが原因。 熱が出て、それが子宮につながる経絡(血の通り道)をかく乱させる。 それで生理が早くなった。   中薬の治療 心・肝・腎・脾などを治療します。 血の治療、血の通り道の治療をします。   この病は実際の病状が様々です。 この為、それぞれの臓器、血の治療も多種類に分かれます。   治療が正常に行われれば、生理は自然な状態になります。   月経先期の詳しいページはこちら   2)月経後期  生理が7日以上遅れる、ひどくなると1〜2ヶ月遅れる状態を言います。 2〜5日くらいの遅れで、その他には症状がないものは正常の範囲内です。 月経後期で、さらに生理の量が少ない場合はやがて「無月経」に進む場合が多い。   原因は4種類有ります。 1)血が冷えている。 外気の寒さが体内に入ったり、体を冷やす食べ物を過食した。 それで血が固まり気味になり流れが悪くなった。 この為、生理が遅れるようになった。   2)体内が寒になっている。 体を温める「陽気」が不足している。 その為、体内が「寒」の状態になった。 その影響で血の動きが悪くなり生理が遅れるようになった。 生理の量も少ない。   3)血が虚弱 新しく作られる血が少ない。 この為、子宮につながる血の通り道(経絡)の血が不足する。 この為、生理が遅れる事になった。   4)気が滞留 感情により気が鬱結した。 その影響で血の流れが悪くなった。 この為、生理が遅くなった。     治療は4種類に分かれます。 血の治療、血の通り道の治療をします。 子宮を温める治療。     中薬の治療 病状によって治療方法は違います。   心・肝・腎・脾・胃の治療をします。 寒を体から出します。 子宮を温める治療をします。   膝・腰の状態を良くします。 精神状態を安定させる治療をします。 血の治療と血の通り道の治療をします。 気の力を増す治療をします。   治療が順調に進めば生理は自然と正常になります。   月経後期の詳しい説明はこちら   3)月経不正周期 生理の周期が一定しない。 7日以上、早くなったり遅くなったりする。   原因は2種類有ります。 1)肝の不調 感情により「肝」の働きが不安定になります。 この為、肝は血を送り出すことが不安定になります。 その影響で生理が早くなったり、遅くなったりします。 そして生理の量の一定ではない。   2)腎が不調 腎の状態が悪い。 腎の不調は3種類有ります。 これにより子宮につながる血の通り道(経絡)の血の量が不安定になります。 この為、生理が早くなったり、遅くなったりします。   中薬の治療 肝・脾・腎・胃の治療をします。 血の治療、血の通り道の治療もします。   これら臓器が正常になると生理は自然に正常になります。     月経不正周期の詳しい説明はこちら   4)過多月経     月経量が明らかに多い、周期は正常。 子宮筋腫・子宮内膜症・排卵機能性子宮出血・骨盤内炎症性疾患などとの関係する場合がある。   原因は3種類有ります。 1)気が虚弱 体には気のエネルギーがあります。 経絡(血の通り道)の中では気が血を制御しています。   気の力が弱い為、血を制御する力が弱くなっています。 血の制御が出来無くなった為、多量の月経量になります。 2)血が熱を持っている。 体が熱を帯びている。 熱の影響で経絡(血の流れる通路)を制御出来ない。 この為、多量の血が生理で出てきた。   3)血の塊ができる。 瘀血(血の塊)が出来、血の通り道(経絡)が塞がれ血が溢れた。 その為、月経量が増えた。   中薬の治療 心・肝・腎・脾などを治療します。 血の治療、血の通り道の治療をします。 熱を清める治療をします。 解毒治療をします。   治療が正常に行われれば生理は自然な量になります。   過多月経の詳しい説明はこちら    5)過少月経 生理周期は正常、月経量が極端に少ない、ほとんど出ない場合もある。 あるいは生理が2日以内で月経量の少ないものを言う。   原因は4種あります。 ①虚弱体質・大病・慢性疾患が影響し血が損傷。 食べ物・精神状態が影響して脾が悪化し血が作れない。 血が腐食状態になっている。   ②腎の先天の力が弱い。 多産・人口中絶・流産回数が多い・セックス過多などで腎を損傷している。 この為、血(精血)が不足し、月経量が少なくなった。   ③気候の寒さが子宮に侵入し血が固まる。 子宮と五臓をつなぐ血の通路(経絡)で血が固まっている。 血が流れる事ができなくなっている。   ④体内で痰が多い(胴体に多い)体質。 脾の働きが弱く痰が形成される。 痰が経絡・血脈に侵入し血の流れを止めた為、月経が少なくなった。   ピルの服用が血の流れを止める原因となる事が多いので注意してください。   中薬の治療 脾・腎の治療をします。 血の治療、血の通路(経絡)の治療をします。   治療が順調に行けば月経の量は正常になります。   過少月経の詳しい説明はこちら    6)月経延長   生理の周期は問題ないが、生理が7日以上続く、長い時は半月も続く。 排出されるものは粘液ではなく血である。   原因は2種有ります。 ①体外から病因が子宮に侵入すると 血が固まりとなり子宮内に付着する(瘀血) 瘀血が子宮と臓器の間を血を通している通路(経絡)を詰まらせる。 新しい血の流れが阻まれ経期が延長する。   ②陰が虚弱で、多産・セックス過剰・疲労によって 血が損傷・消耗する。 その影響で体内で熱が発生する。 その熱が子宮と五臓の血の通り道(経絡)を塞ぐことで、血が足らなくなり、経期が延長する。   ...

総合ページ

2020/1/9

病院を信頼してない人が多いのは何故か?自分の身は自分で守る。総合情報

どうやって自分の身を守るか? 人生は二度有りません。 大切な命をどうすれば守れるのか? 日頃からそのような心がけが必要です。   病院で治療していて「あっこれでは治らない」と気付く人が結構多いようです。 裏返せば皆さんが病院に期待しています。 しかし他の病院に行っても同じだった。   ではどうすれば自分の身を守れるか?   病院は色々な要望の声に答えねばならないから大変です。 病院は社会的に大変重要な立場です。 病院の負担が大変大きいですから、病院の皆様も大変です。 それなのに病院に不満な人も多い。   信用できないという人も多い。 ネットで見ると12%の人がそう思っているとか? 実はせいぜい100人に一人と思っていました。   ですからこの数字を見てビックリです。 もちろん誹謗中傷は論外です。 あくまでも冷静な目で見て建設的な方向で考える必要があります。   病院は本当に親切でサービスが行き届いています。 サービス面では世界トップです。 本当に頭がさがる思いです。   しかしなぜ多くの方がそれで満足しないのでしょうか? どうやれば貴女やご家族の命を守れるか考えましょう。     結論から先に言いますと最も大きい不信は 病気が治せないからです。   実際に治せている部分は20%と言う医師もいます。 「脳内革命」の本は余りにも有名で、一昔前の本となりましたが、この本の表紙を開けると驚きます。 日本の医療は実際に治せるのは20%と書いています。   これ以降の著作物や資料、情報がたくさん出て来て驚きます。 多くの医師が書いた本が販売されていますが、ほぼ同じことを書いています。 むしろ貴女が医師・病院に全体の病気の内、何%治せるのか?   聞いて見るのが正しいと思います。 批判では無く、どうすれば良いか、前向きな建設的な考えが必要です。 これまで多くの医師が警告して来た事に耳を傾け、貴女やご家族の命を守るにはどうすれば良いか、主体性が必要です。   例えば、ネットを見ますと「認知症で有効な薬は無かった」 と詳しくそれぞれの薬の説明を書いている病院のトップもいます。 その医師(医院長)の説明通り、認知症に効く薬があるなら、認知症はどんどん良くなるはずです。   実際に最近でも、知り合いのお母さんを観察していると、軽い物忘れから始まり、病院の薬をあれこれ飲んだが、認知症がどんどん進んでいます。 治せたら有難うと皆さん病院に言いますが、頻繁に病院に付き添い、長く薬を飲んでも、病状がどんどん進めば家族が信頼しません。   実際は病院も一生懸命に努力しているのですが、有効な薬がなければ、気持ちだけでは治せません。 ご家族も大変ですが、病院・医師もいろいろな面で大変と存じます。     日本は豊かで平和な国ですが、老後の医療が心配です。 親として子供に心配かけたくないですね。 無残な死に方をしたくないですね。 きちっとした医療をしてくれるのか?   心配になりますね。 大概の人が親の医療で病院に行ったときに「あれ〜治せるのかな?」と思うのです。 日本は平均寿命が世界トップですが、老人の治療が実際、世界一と思っていない人が多いようです。   今、日本人は世界中に住んでいます。 海外の医療と比較する人が大変多い。「老人だから治らないのが当たりまえ 」との考えは、海外の考えとは違っているからでしょう。   子供の病気も多い。なぜ治せないの?と思っている人が多い。 日本は新生児の死亡率が非常に低く、大変良い成果を出しています。 これはすごい成果です。 日本は優秀な小児科医も多い。   しかし子供の病気は難しい病気が多い。 もう一つ大事な事は、子供は体が完成されていないので病気になりやすく、治療も大変難しいのです。 だから治せない、治しにくい病気が非常に大きい。   しかし多くの親が「もっと治せるようになって欲しい」と思っている人が非常に多いのも事実です。     貴女はどのようにして自分や家族を守りますか? どの病院も真面目に運営しています。 しかし出来る事と出来ない事があります。 「根本的に考えて欲しい」との世の中の声は非常に多いようにあります。   極端な例ですが、西洋医学はアメリカがトップです。 日本とは20〜30年の差があります。 日米関係は非常に良い。   極端ですが、日米が医療同盟を組んで、アメリカの優秀な病院が日本に常駐していただき、手に負えない病気の治療を日米連携で治すことはいかがでしょうか? また漢方の優れた医療が大切です。漢方の本家は中医学です。   これも日中で医療同盟を組み、日本で治療が出来るようにしてはいかがでしょうか? さらに日本各地の病院とタイアップして治療できる方法を考えてはいかがでしょうか? この二つが加わると、日本の医療は実際的に世界一になりますが、いかがでしょうか?   しかし、そんなの出来る訳がないと決めてかかる人がほとんどだと思います。   この方法を実現させるのは政治の力ですが、急に実現しません。 ではそれまで、どのようにして貴女は自分や家族を守りますか?   アメリカまで行きますか? インフルエンザで1週間入院したら150万円ほど掛かります。 難しい病気は2000〜5000万円はごく普通です。 実際、この金額を支払えるのは余程の大金持ちだけですね。   あるいは余程の保険を掛けている人です。 これは現実的では無いですね。 しかしアメリカの病院は患者に対し医師・スタッフの数が日本の3倍いますから、決して高いとは言えないのです。 そうは言ってもそんなお金ないですね。   では貴女はどうしますか? 実際に別に良い治療方法を見つけたいと動いている人が多い。 そうでないと治らない、家族を守れないからです。   実はどんな医学も一長一短が有ります。 皆さんはそれを良く知っています。 やはり海外の医療機関もそれを良く知っています。   例えば中医学は大変良い医学ですが、それでももっと治療効果をあげるために中医学と西洋医学を組みあわせています。 これを中西結合医学と呼びます。日本も最近、病院で漢方薬を使っていますが、まだ中医学までは達していません。   中医学が非常に高度だからです。 日本も中医学を組み合わせる時代が来て欲しいですね。   では他の方達はどう考えたのか、下記をご覧ください。  1)南米のイケメンが困り果てた日本の医療の状況   写真の男性は日本に来ていた南米コロンビアの男性です。 とっても優しいイケメンのご感想です。 この時、彼は46歳で日本に勉強のために来ていました。   もう一つの目的があります。 子供の時から体の悪い所を日本の医療で治すことです。 ところが大変困った事になりました。 下記からご覧ください。 南米のイケメン 46歳 日本の医療はレバルは?      2)日本の医療に失望している人達 長寿国だからと言いますが、それに疑問を持つ理由は何でしょうか? 長寿国だから医療は素晴らしい〜とは言えない、という人が多いのはなぜ?   下記に皆さんの意見に対しお答えした内容を書きました。 下記をご覧ください。 病院は信用できない〜と言う意見は病院に対する期待が大きい表れ。   3)難病の血小板増多症〜怖くて眠れなかった 親しい方の奥様です。 病院の健康検査で血小板増多症とわかった。   話を聞くと治るのは不可能な様子。 夫婦でしている仕事を辞めることも視野に入っていた。 そして奇跡が起こった。   下記に簡略ですが説明を書きました。 ご覧ください。 血小板増多症を短期に改善する方法 90万が2週間で40万(適正)になった。      4)手術後が非常に心配で上海まで一緒に行って来ました。 手術をしました。 周囲の人も手術をしても長生きしていません。 病院は手術後は定期検査だけで、何も予防治療はありません。   危険を感じ、油断できないと思っていました。 自分もあとどれくらい生きられるか大変心配でした。   病院は大事にしていますが、それ以外に手を打った体験を書きます。 付田様72才、男性、治療で漢方を活用、体験記。上海まで行き漢方大病院の医師に相談。   5)長年、生き地獄でした。病院では手の打ちようが無く。 病院には長年、お世話になっています。 今後もお世話になります。 私は全身の状態が悲惨な状態でした。   長年の病院の治療は一切、改善すること無く、全く方法がない状態でした。 そこで妹と知り合いが対策を取ってくれました。 リューマチのご老人。漢方の大病院に相談。    6)私は親として娘の危機を救う事が出来ました。 上海の先生には本当に感謝します。 中医学はごく一部の人しか知らないと思います。 親として本当に幸せです。 娘の脳の治療、もしあの時、正しい判断がなかったら大変な事になっていた。二ハ様   7)私は現職の看護師です。良い治療が無くて、 初めは中医学(漢方)は全く知らなかったのです。 自然食品の買い物に良く行ってました。 その時に出会った買い物中の奥様から教えていただいたのがきっかけです。   実は体をひどく悪くして退職し、2年ほどインドに行ったりヨガで健康の勉強をしていたのです。 しかし体は一向に回復せず困っていました。 全身が悪くなっていました。   婦人科も悪くなっていて、婦人科は日本は全く難しい。 卵巣嚢腫など婦人科は原因不明がほとんどです。 友達など困っている人は多い。   私は中医(漢方)で改善してきた頃、上海の大学病院も行きました。 このような医学が日本にあると皆さん喜びます。 看護師の仕事に復帰し、先日、念願の子供が生まれました。 男の子、とても母親似です 感謝です。 卵巣嚢腫が漢方薬だけで改善したら良いですね。良い治療方法・薬について     医師判断、医薬品の個人輸入代行、栄養補助食品、漢方・中医学、ビビッド・ライフ 使用するのは海外のお薬です。 個人輸入代行で手配します。   病院用の薬ですので、必ず大病院・医師に病気・体の状態を相談・診断し、処方していただき、薬剤部より薬を出していただく方法になります。 薬の代金は日本相場より安いですから、日本相場の2〜3割位の金額です。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

総合ページ

2020/1/9

膝関節痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

膝関節痛の総合ページです。 膝関節痛を中医学の薬で根本治療します。     記事担当の後藤です。 「膝痛で大変お困りと存じます。 いろいろ試してもうまくいかず、悲惨な状況になる人もいます。 腰と膝が両方とも痛くなる人もいます。」   「中医学の根本治療をご紹介します。 下記に中医学の情報を書きます。」       膝痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学 原因1)外邪侵襲 大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。 湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。 労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。 汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。 夏の湿熱が体に入った。   このような事が原因となり、 ①湿が腰に溜まってるいる。 ②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。   原因2)瞬挫打力 打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、 膝の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。 その影響で腰痛になった。   原因3)年老久病 ①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。 ②腎の先天の稟腑が不足している。 ③仕事のし過ぎ。 ④多くの慢性病が長く続いた。 などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。 人体には気のエネルギーが有ります。 血は気が機関車役で体内を回っています。 しかし「血も気も」両方が虚弱な状態なので体内に血が回りません。   血の流れが悪くなり経絡(血の通り道)で血が停滞します。 血が来ないので関節付近が腫れ痛みが出ます。 これが「血・気」両方が虚弱による膝関節痛です。     原因⑤     風・寒・湿が体に侵入した。 気候の影響を大変多く受けた病気です。 気候の中でも「風・寒・湿」が体内に侵入した病です。   風と寒が湿を固まらせ痰を作ります。 痰が経絡に侵入し血を冷やし血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・湿」が侵入した事による関節リウマチです。     原因⑥    風・湿・熱が体に侵入した。 気候の「風・湿・熱」が体に侵入しました。 湿が熱で煮詰められ、濃い痰になります。   痰が経絡に侵入し血の流れを止め、関節が腫れ痛みが出ます。 これが「風・寒・熱」が侵入した事による関節リウマチです。     膝関節痛の治療-----参考:中医内科学 1)風寒湿痹証の治療 風寒湿邪が経絡(気・血の通り道)に滞留している。 膝関節につながる経絡が閉鎖され気血が通れないので膝関節痛になった。   ①風を取り除く治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③湿を取り除く治療をします。 ④経絡の通りをよくする治療をします。   2)寒熱錯雑証の治療 寒鬱で熱が出ている、あるいは経絡に熱が溜まっている。 膝につながる経絡が詰まって気血が流れなくなり膝関節痛になった。   ①経絡を温める治療をします。 ②寒さを散らす治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④湿を取り払う治療をします。   3)風湿熱痹証の治療 風湿熱邪が経脈を塞いでとどまっています。 経脈が塞がれ気血が流れる事が出来ない為、膝関節痛になっています。   ①熱を清める治療をします。 ②経絡の通りを良くする治療します。 ③風を取り除く治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。   4)気血虚痹証の治療 風寒湿邪が長く経絡に留まっている。 気血が損傷し弱っている。 膝につながる経絡が栄養されないために膝関節痛になった。   ①気を益す治療をします。 ②血を養う治療をします。 ③営気を和らげる治療をします。 ④経絡の流れを良くする治療をします。   5)痰瘀痹阻証の治療 痰と瘀血が互いに絡んで固まっている。 絡まった痰と瘀血が筋肉にとどまっている。 膝につながる経脈が塞がれ膝関節痛になった。   ①痰を溶かす治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。 ③痛みや痺れを取り除く治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。   6)肝腎虚痹証の治療 肝腎が力を失い、筋・筋肉が栄養を失い、膝関節痛になった。   ①肝の力を養い補う治療をします。 ②腎の力を養い補う治療をします。 ③経絡の流れを良くする治療します。 ④痛みを止める治療をします。   医薬品が大事です。 中医学の歴史は長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は中医学の大病院に有ります。 医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中医学は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。     中医学は世界で最も歴史がある医学です。 紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、腰痛が腎と関係している事を詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   中医学は腰痛と「腎・気・血・湿」をセットで治療する事ができます。 優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。   膝関節痛の治療、重要ポイント 腎を治療して膝痛を解消する治療は中医学・大病院がしています。 腎の状態が色々ですから、腎の薬も多種有ります。 腎の状態に合わせて薬を選びます。 ちょうど合わないと腎は良くなりません。   これは薬剤師では判断出来ません、医師の仕事です。 大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。   下記写真は中医学の大病院、薬の窓口です。 実際に行った時の写真です。     膝関節痛の治療の大事な点 既にあれこれ治療したと思います。 一向に良くならない、あるいは何かの治療で一時的に軽くなったが、短期間しか持たなかった。 これは根本治療をしていないからです。   膝通の治療で根本治療が出来るのは、中医学の薬による治療です。 上のページで説明しましたように、「湿熱・寒湿・瘀血・腎虚」を根本治療することは中薬による治療が出来ます。     中医学で良くなったら心掛ける大事な点 膝が痛いのに庭仕事などを続けると、また悪くします。 膝通だけの問題では無く、誰でも年齢と共に体の使い方を変える必要が有ります。 仕事中心では無く、健康中心の生活に変える事が大事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの健康を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中医学の「膝関節痛」の治療は世界でも最先端を行っています。 「膝関節痛」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 中医学の医師と言っても実際は西洋薬のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「膝関節痛」の治療でも出ています。   「膝関節痛」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「膝関節痛」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「膝関節痛」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「膝関節痛」の原因になっている人が多い。 ②「膝関節痛」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「膝関節痛」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「膝」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/膝关节病 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   ...

総合ページ

2020/1/9

「 IgA腎病」の根本治療。中医学・大病院・名医の治療情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

IgA腎病の総合情報ページです。 中医学・大病院・名医は根本治療をします。 根本治療は正常な体に戻すのが目的です。   記事作成:担当の後藤です。 IgA腎病になり大変お困りと存じます。 腎の治療方法については中医学は古来より治療して来て、多くの実績が有ります。 中医学は根本治療します。   詳しい情報を書きますのでご覧ください。 お元気になります事を切に願っています。」     中国の中医学の大病院を調べますと 腎の治療は体にやさしく、根本治療をして体を本来の状態に戻す〜治療をしますので、大変良い成果を出しています。   IgA腎病とは 1)発作性肉眼血尿 子供に多い。肉眼で確認できる血尿、これは扁桃腺炎など、呼吸道に感染した後に起きる。 また尿路に感染、あるいは急性胃腸炎になった後に発生する。 肉眼で確認できる血尿は数時間・数日間続く。 大人は血尿が消えている場合も有る。   全身に感じる軽い症状 筋肉がだるい痛みがある。 腰が痛い。 尿をする時に痛い。 血圧や尿素が一時的に上がる場合がある。   2)顕微鏡で見える血尿、無症状性タンパク尿 これは児童や青少年のIgA腎病に多い症状です。   3)タンパク尿 普通、軽度のタンパク量です。   4)腎総合症など 一部の人は IgA腎病から腎総合症、急性腎炎総合症、腎機能の極度の衰弱 になる場合も有ります。   腰痛を伴う血尿、 あるいは腰痛があります。   IgA腎病の原因・メカニズム 総括として IgA腎病は陰虚あるいは気虚が本である。 風邪(フウジャ)・瘀血・湿熱が特徴。 気虚は瘀血がある。 陰虚は常に湿熱。   1)风邪外袭証 熱邪が風に乗って体を襲った。 熱邪が体に入り肺に達した。 熱邪が体の下に降り膀胱に達した。   体内の水の運行が悪くなった。 熱が下腹部に結するようになった。 これで体が水膨れしたり血尿が出てきた。 IgA腎病を発病した。   発熱か瞼が腫れている。 喉が渇き痛い。 のど仏が腫れて大きい。 喉が乾くので水を飲みたがる。     2)肝腎陰虚証 ①元々の体が陰が虚弱。 ②あるいは面倒な仕事をし過ぎた。 それで肝腎が陰虚になった。   陰虚は直ちに体内で熱を生む。 そして腎につながる経絡(血の通り道)を損傷する。 そして血尿が出る。 IgA腎病を発病した。   腰が怠く足がしっかりしない。 手足など五心が熱を帯びている。 めまい、耳鳴りがする。     3)脾腎気虚証 元々の体が気が虚弱。 あるいは労働をし過ぎた。   この為、腎・脾を損傷した。 これで腎・脾が気虚になった。   これが原因でタンパク尿がでて来た。 気が血をコントロールできないので血尿が出た。   膝腰が疲れやすく、しっかりしない。 精神的が疲労し、食欲不振。 夜間の尿が頻度が多い。     IgA腎病の状態 中医学診断  1)陰虚内熱の状態 陰が虚弱で体内に熱が出るタイプ。 鮮血の尿が出る、 あるいは顕微鏡で血尿が確認できる。   口が渇き喉が乾燥する。 手足など五心に熱が有る。 腰がだるく痛い。   2)気陰両虚の状態 気・陰の両方が虚弱の状態。 血尿が軽かったり重かったりする。 普通の血尿は顕微鏡で見れる程度がのケースが多い。 過労が積み重なると肉眼で見える血尿になる。   手足に心熱がある。 息使いが短く力が無い。 食欲が無く食べない。 口が渇き喉が乾燥する。   3)脾腎気虚の状態 脾・腎の気が虚弱。 血尿の人はほんのり赤い顔をしている。 血尿は必ず顕微鏡で見える程度。   手足が疲れて力が入らない。 膝・腰がだるくしっかりしない。 元気が無く物も言えないほど怠い。 味が分からない、食が細い。     IgA腎病の治療 1)陰虚内熱の治療 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の熱を落ちつかせる治療をします。 ④止血する治療をします。虚   この陰虚内熱型は治療が4つに別れます。 a)風熱がある場合の治療 b)湿熱がある場合の治療 c)風が腎の経絡(血の通り道)に入った場合の治療。 d)陰虚と瘀血の場合の治療。     2)気陰両虚の治療 ①気を益す治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③止血の治療をします。 ④気虚が主体の時と陰虚が主体の時の治療は異なります。     3)脾腎気虚の治療 ①脾を健康にする治療をします。 ②腎の働きを補う治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④血液の生理機能を増加させる治療をします。 ⑤免疫を上げる治療をします。   4)共通する治療。 IgA腎病は止血の治療が優先されます。 血尿が多い場合、血が瘀血になっている場合が多い。 従って治療は血の働きを活発にし、瘀血を溶かす治療が大事です。 あるいは瘀血を溶かし経絡の通りをよくする治療をします。      医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     IgA腎病の薬の方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。         中医学に驚きの連続 上海の医師がどのような薬を提案してくるのか断片ですが説明します。 中医学はどのような力を持っているのか、常に観察しています。   IgA腎病 は非常に複雑で、中医学でも一流の医師でなければ治療は難しい。 中医学は幅広く治療方法があるので驚きです。   依頼する全部の人に役立っていただきたいと思います。 中国の中医学の病院の情報を集めますと、腎の病はよほどの例外は除いて、殆ど良い結果を出しているようです。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のIgA腎病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   IgA腎病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がIgA腎病の治療でも出ています。   IgA腎病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)IgA腎病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 ...

総合ページ

2020/1/9

ペット(犬・猫)の健康を保ちたい。老化対策に良い方法はないだろうか? 総合情報

医師監修:黄含英、上海中医药大学付属岳阳医院、医師・教授。 助手:郑琨、藩玉娟。 医師判断、医薬品の個人輸入代行、ビビッド・ライフ、栄養補助食品。   健康を保たせたい 可愛らしいペットにどなたもそう思います。 ペットは家族です。 困って居る人ほどお役に立つと思います。 ペットは寿命が短いから、若いときから対策を練っている事が大切です。     ペット(犬・猫)の健康を守る ペット(犬・猫)を健康にしてあげるのは飼い主の大事な役目です。 ペットは貴女を愛し、信頼し、心より頼りにしています。 寿命はワンちゃんなら15年前後です。 人間に比べ非常に短い。 生きている間、どのように健康を守ってあげるかが非常に大事です。   人間もペットも同じです。 まだ若いのに健康状態が心配だ〜 どのような状態になっているでしょうか? まず動物病院で見てもらいましたか?   病気なら病院の薬でした方が良い。 もちろんビビッド・ライフでも薬の個人輸入代行はできます。 健康管理なら別になります。   体の様子や日頃の食べ物、生活環境など教えて下さい。 それに合わせて健康管理の仕方があります。 病気の治療中も健康管理方法がありますので、良い助けになると思います。   ペット(犬・猫)が8〜10歳になるので そろそろ老化対策に何かした方が良いと思う人が多いようです。 ペット(犬・猫)は生き物です。 人間も生き物ですから良く似ています。   健康管理は非常に大事です。 もちろん遅ればせながら、13〜14歳になって何かした方が良いと気づく人もいます。 それでも大事です。   1)老化対策は二つあります。一つは元気な体調を保つことです。 老化すると体の動きが鈍ってきます。 食欲もなくなり、精彩がありません。   これは完全な老化です。 こうならない内に早めから健康管理する事が大事です。 ずっと良い健康状態が続けられる可能性が大きい。   2)もう一つは出来るだけ寝たきりにならない事です。 老化して足腰が弱っているワンちゃんを良く見かけます。 できる事ならこうならない内に対策を取ったら方が良いですね。   早めから対策を取ったら、ずいぶん違います。 足腰が元気な状態が続きます。     多くの経験から 日頃から飼い主自身がビビッド・ライフで健康管理をされている人の方が良い結果を出しています。 つまり自分が健康管理して沢山の体験を持っているので、すでに勘所が大変良いのです。 自分の体験が豊富な人ほど、判断力が格段に上です。   ですからペット(犬・猫)に何をどうしたら良いか、とても判断が良いのです。 ビビッド・ライフと意思疎通が良くできていますから、今 ペットがどのようにあるのか、克明に連絡が来ます。 ペットに対し何をしたら良いのか正確に判断できます。   要領の良い人は、まず最初からペット(犬・猫)がどうあるか詳しく説明してくれます。 それに基づいて、健康管理はどうしたら良いとアドバイスできます。   これは余程ビビッド・ライフに慣れ親しんだ人に対してですが、 ご家庭にペット(ワンちゃん猫ちゃん)がいる場合、重度の病気の相談が有った時に個人輸入代行でお薬を手配してあげる事ができます。 ビビッド・ライフに慣れ親しんだ人は、自分や家族での医療に中薬(漢方)を使い慣れていて、しかも医学的にかなり知識を積んでいますので、こちらも安心してペットの薬をお手配する事ができます。   ペットは言葉が話せません。 ペットの状況を飼い主が詳しく説明でき、状況を良く判断する事ができるなら大丈夫です。 ペットの状態に応じて要所要所で連絡相談して来る人ですので、安心してお薬をお手配できます。   ペット(犬猫)が病気なら これからも色々な事が有りそうです。 1)ガンで余命2ヶ月と言われたのに、それから5年も長生きできたら良いですね。 2)何も食べる事ができなかったのに食べれるようになったら良いですね。   3)リンパ癌だが、1週間ほどして炎症が大幅に下がったら良いですね。 4)高齢でも猫(20歳)が5回も元気を取り戻したら良いですね。 5)外飼いのワンちゃんが体調をとりもどしたら良いですね。   このような事が実際にありました。 全てのペットちゃんがそのようになれば本当は一番嬉しいのですが、全部うまく行くとは限りません。 しかし少しでも、お役に立てれば〜と思います。 このような事は、飼い主が自分の治療や健康管理をビビッド・ライフでして来たから、ペットにも出来た事です。   医療や健康管理は先を見る必要があります。 これはその場しのぎでは出来ません。 コンビニで何かを買う調子で考えるのには向いていません。 思いつきではじめ、思いつきで止めるものでは有りません。 自分の健康、ペットの健康を考え、長期で健康を維持する考えが必要です。     関連の記事があります。ご覧ください。  ◇百宝元は人間にもペットにも良い。◇百宝元はただ物ではない。 ペット、犬・猫・動物などの健康対策。   最愛のペットが亡くなると落ち込みますね。 最初から覚悟しているのですが、今、天国で幸せになっているのか?と心配です。 ①亡くなったペットと会える方法 ②亡くなったペットに会える方法。ペットが亡くなって1年になります。今どうしているのか? ③亡くなったペットに会える方法。喜んでくれる方法を見つけました。     個人輸入代行の総合ページはこちら  

総合ページ

2020/1/16

ベーチェット病 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報

  ベーチェット病の総合ページです。 ベーチェット病は多系統の臓器につながり影響が出ます。 例えば口内炎(口)、性器潰瘍(性器)、ぶどう膜炎(目)、皮膚の赤い腫れ(皮膚)、血管炎(血管)等。   ベーチェット病は古来からある病です。 中国では西暦200年頃から治療方法が有り、中国の大病院・名医は根本治療しています。 目・口・皮膚・性器、その他の症状に効果的な治療をします。 治療による改善は病の状態、病の深みで違いが出ます。   「記事担当の後藤です。 「大変お困りの方が多いと聞きます。 この病は日が経つほど難しくなります。 中医学はこの病気を古来より根本治療をしています。」   「非常に難しい病気ですから、 中医学の大病院・名医の情報をお知らせします。」   ベーチェット病の症状とは ベーチェット病は目・口・生殖器に出来る病気です。   1) 目・口・外陰部に潰瘍がある。 顔色が鮮明に赤い、焼け付く痛みがある、ただれ・腐敗があり腐臭がする。 両眼は赤く腫れて痛い、目ははっきり見えない、熱があり、口が苦く、喉が乾く、いらいら、怒りっぽい。 座ったり横になると不安、口臭、便秘、尿が黄赤、舌がただれて破れる。   2)目・ 口・外陰部の潰瘍が反復して出来る。 爛れは赤黒い、ただれは化膿して痛い。 目が乾いて滑りが悪く、日差しが眩しい、、午後に低熱が出る、いらいら、不安。 めまい、耳鳴り、手足に熱、睡眠不足、夢が多い、膝腰が痛い、顔色が紅潮。   3)目・ 口腔や外陰部の潰瘍は、 あちらが良くなれば、こちらが悪くなる〜の状態を繰り返す。 患部は薄紅色、潰瘍は平たく凹む、痛みは勢いがありヒドイ、たゆまなく痛い。 両目は滑らかでなく痛い、頭がぼんやりして重い、だるくて力が無い、尿は透明で長く出る。     ベーチェット病の原因---中医学 原因①  湿毒内蕴 体外からの湿の侵入、体内での湿が発生し、湿が滞留・固り、熱が出て毒が発生しています。 この「湿・熱・毒」が経絡(血の通り道)を通って眼・口・外陰部に至り潰瘍を作ります。 これが湿毒が原因のベーチェット病です。   原因②  肝腎陰虚 肝・腎の陰が弱くなると津液(水)が損傷されます。 津液が回って来ないので体の上部・下部を潤す事が出来なくなります。 虚は火になり体内を焼きます。   それは肝からは上に登り眼・口に行きます、腎からは下に下がり外陰部に行きます。 眼・口・外陰部に潰瘍ができます。 これが肝・腎陰虚が原因のベーチェット病です。   原因③  脾腎陽虚 体内が脾腎陽虚になっている場合、気の流れが悪くなり、水が溢れます。 水・湿が溜まり毒が発生します。 湿が経絡(血の通る道)に入り穴部分(眼・口・外陰部)に向かいます。 ベーチェット病の治療---中医学 治療①  湿熱火毒 湿熱が進み火となり毒が発生している状態。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③火を取り除く治療をします。 ④解毒の治療をします。   治療②  陰虚火旺 陰虚になっており、火が旺盛な状態。 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③熱を清める治療をします。 ④火を取り払う治療をします。   治療③  脾腎陽虚 脾と腎の両方の陽が虚弱になっている。 ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気を益す治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。     ベーチェット病は難しいので 国際的にはベーチェット病の治療法が非常に優れているのは中医学です。 ベーチェット病は原因が分かっていないと言われてますが、 中医学(漢方)ではすでに紀元前200年には分かっています。 対処療法ではなく、根本治療します。   ベーチェット病の治療情報 中医学でする治療方法 ①五臓の治療をします。 肝・腎を滋養する治療をします。 腎を温める治療をします。 脾を健康にする治療をします。   ②熱・火などの治療をします。 熱を清める治療をします。 火を消す治療をします。 湿を取る治療をします。 解毒する治療をします。 気を益す治療をします。     ベーチェット病の特徴 ベーチェット病の最大の特徴は「目・口・生殖器の独立性の総合症」で有り、 「目・口・生殖器の三ツが連なっている」事です。 目・口・生殖器が別々の病気と間違えない事が大事です。   ベーチェット病は関節・肺・胃腸道・腎・大血管・中枢神経が影響を受け悪くなっています。 その他の臓器・器官も同時に損傷させています。   ベーチェット病は 脾・肝・腎が機能を失っていることが分かっています。 (注意:西洋医学の脾臓・肝臓・腎臓とは捉え方が違います。)     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 1)ベーチェット病が医学書に歴史上、特に有名なのは西暦3世紀の《金匮要略》です。 ここでは「狐惑病」の何なっています。 この書の中では治療薬も説明されています。   2)隋の時代には医家の巢が書した《諸病源候論》で湿毒が関係いる事を説明しています。 3)唐の時代の医学書《千金要方》でも論述されいます。 4)清の時代の医家、魏念庭は、ベーチェット病は「陰虚血熱」が原因であると説明しています。   大事な点は時代を代表する歴代の名医家がベーヘット病の原因・治療の方向が一致している事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のベーチェット病の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ベーチェット病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースが多い。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がベーチェット病の治療でも出ています。   ベーチェット病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)ベーチェット病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 当然ですが飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)ベーチェット病とは別の病気を持っている人。 ①別の病気がベーチェット病が原因になっている人がいます。 ②ベーチェット病から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、ベーチェット病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       これは必見 もしこのままではまずい。 今の内に根本治療しよう〜 と思う方にお役立ち情報。 下記のボタンからご覧ください。     分類の仕方は色々、1800年前の資料も重要 ベーチェット病の治療は漢方が良いわけ、漢方専門医の原因別、治療方法。漢方・大病院で治療。    ベーチェット病の原因 ベーチェット病の原因がわかりました。驚きです。漢方・大病院の情報。   ベーチェット病は中医(漢方)が良いわけ ベーチェット病の治療には漢方が良い。世界的な漢方トップの都市・上海の大病院の医師の情報。       中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「ベーチェット病」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。 http://www.cn939.com/bing/Behctet 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。   ...

総合ページ

2020/1/9

気管支拡張症 の根底からの治療 原因を詳しく治療 中医学・大病院・名医 処方薬 総合情報

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。         気管支拡張症の総合ページです 気管支拡張症を根本治療します。           気管支拡張症が非常に難しい病気であるのはあなた自身がよくご存知と思います。 中医学の大病院には甲状腺の名医が多くいます。 そこには根本治療するお薬が有ります。     記事担当の後藤です。 「こんにちは気管支拡張症で大変お困りと思います。 中医学は根本治療します」   「下記に中医学の大病院や医学書の情報を載せますのでご活用下さい。 早く良くなり元気にご活躍されて下さい。」     質問)気管支拡張症になった原因が分かりますか? 中医学 原因①  感染により発病。 多くは子供の時期や青少年の時期に発病しています。 気管支や肺に感染した。 子供の頃の百日咳、気管支肺炎、蕁麻疹に掛かった事が発端となっています。   原因②  肺など臓器が元々弱い。 このような人は特に「外気の影響」をまともに受けやすい。 例えば寒い時に呼吸で寒さが肺に入りますと、肺が損傷し弱ります。 或いは有害物質を吸った為です。   その影響がさらに元々弱い臓器にも行きます。 何度も何度も外気の影響を受ける事で次第に気管支拡張症が作られたのです。   原因③  長引く病気が原因。 人体には五臓六腑があります。 全て肺に繋がっています。 他の病気で長らく患っていると、病になっている臓器の影響が肺にきます。 そして気管支拡張症になります。   気管支拡張症の状態 中医学診断 状態①  傷肺 1)大気が体に侵入した。 肺を損傷した。 肺が正常な動作が出来なくなった。   2)咳が出るようになり、喉に痒みが出た。 痰に血を帯びている。   状態②  犯肺 1)五臓の悪化で肺が機能を失っている。 2)喀血、胸の脇の痛み、イライラ、怒りがある。   状態③  陰肺 1)陰陽のバランスが崩れ肺が悪くなっている。 2)咳・痰は少ない、痰に血が混ざり吐血することもある。 熱がある、口・喉が乾く。   状態④  津液雍肺 1)津液(水)の悪化で肺が悪くなった。 2)咳、喀痰、痰は黄色、あるいは血が混じる、胸の脇が急に痛みが出る。   気管支拡張症の治療 中医学 治療① 傷肺 大気が体に侵入し、肺を損傷した。 ①肺を潤す治療をします。     治療②  犯肺 肺が機能を失っている。 ①肺の流れを良くする治療をします。 ②止血の治療をします。   治療③  陰肺 ①肺を潤す治療をします。 ②血の通りを良くする治療をします。 ③止血の治療をします。   治療④  津液肺 津液(水)が肺に影響した。 ①熱を清める治療をします。 ②肺の流れを良くする治療をします。 ③咳を止める治療をします。   質問)気管支拡張症の薬を教えて下さい 中医学 基本的には肺の治療薬が出ますが、他の五臓の薬が出る事が有ります。   ですから五臓の薬が出た場合は、西洋医学の内臓の診断とは全く別ですので しっかり薬を飲んでください。   質問)他にどんな薬が出ますか? 経絡(血の通り道)が詰まっている事が多く、この治療薬が出る事が多い。   質問)その他に薬が出ますか? 気管支拡張症は「気・血・津液」の治療薬が出ます。 先ほどの経絡の中には「気・血」が通っています。   血を全身に回すのは気が牽引していますが、気のエネルギーが弱いために 血が回らず気管支拡張症になっている、   或いは「津液」に異常が起こり血流を病害し気管支拡張症になっている場合も有ります。 従ってこれらの薬がでた場合は必ず、しっかし飲んで下さい。   質問)気管支拡張症はどのような症状が多いですか? 気管支や気管支の周辺が慢性的に炎症し気管支壁が損傷しています。 この為、気管支が「歪み・変形・拡張」しています。   口が渇く、喉の痛み、喉が渇く、鼻が乾燥する、痰、血痰、吐血、息切れ、発熱、悪寒、 寝汗、肺音、貧血、痩せる、疲労、だるい、動悸、顔が赤い、目が赤い、便秘、尿が赤い、 顔面蒼白、口が渇き喉が赤い、脈が弱い、など。     質問)中医学は気管支拡張症をいつから治療していますか? 実質的には4000年前から治療しています。 気管支拡張症の原因や治療方法は紀元前200年の医学書「内経」に書かれています。 その本の中の<素問>に気管支拡張症についての説明があります。   この医学書は当時の行政が編纂した大医学書です。 素問の説明が非常に的確で、現在でも気管支拡張症の治療の基礎となっています。   隋の時代の医学者「巢元方」は医学書<諸病源候論>で、 また明時代の医学者「張介宾」は医学書<景宾全書>の中で 気管支拡張症のより深い原因・分類・メカニズム・治療方法が発表されています。   このような歴代の優れた医学者の研究蓄積で、こんにち気管支拡張症は大変優れた治療が行われています。       写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   上海の医師が関係する理由は二つ有ります。 1)医師が診断しないと、どのような薬の飲めば良いか判断できません。 大概3〜5種類の薬を組みます。 つまり中国の大病院しかこのレベルの薬は置いていません。   薬剤師では診断は全く無理です。 そのような資格、勉強、訓練を積んで居ません。 この為、医療用の薬は医師が診断・処方しない限り、薬剤師は薬を出すことは一切できません。   2)気管支拡張症は非常に難しい病気です。 よほどの名医でなければ良い治療は出来ません。   このような理由でビビッド・ライフは全て大病院・医師に相談します。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の気管支拡張症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   気管支拡張症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が気管支拡張症の治療でも出ています。   気管支拡張症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)気管支拡張症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   もちろん西洋薬を積極的に、主体的な治療に使うときも有るはずです。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)気管支拡張症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が気管支拡張症の原因になっている人が多い。 ②気管支拡張症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、気管支拡張症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     気管支拡張症の情報 気管支拡張症は難しい病です。 無料資料を用意しました。 下記のボタンを押してご覧ください。   ...

総合ページ

2020/1/9

How to treat your difficult disease,Owarian cysts,Fibromyalgia,Epilepsy,Pakinson`s disease,so on.

   Our location is Fukuoka city in Japan.  We can treat very difficult disease.What is your disease? We can import Chinese medicine to you. We are  import agency.   Since the medicine are for hospital, you have to receive consult at China's large hospital and doctors. Chinese medicine have most long history and career in the world, and it is very  good. It is advanced medicine often does not make the other countries.   You know western medicine  is very good. You need western medicine. But in case western medicine can not cure your disease,you need different way of cure. Our very important  way of treat is Chinese medicine.   From our Fukuoka city to Chaina,by air flite is only one hour.It's very close to. We have special team,special doctors,special Chinese medicienes. How to cure your difficult disease.     Gynopathy(妇科) Owarian cysts(卵巢囊肿) Mainly Ovarian cysts most necessary to treat Five viscera. Ovary usually act with Five viscera.   That is Physiological astivity. If Five viscera do not act as normal. That makes Owarian cysts. Qwarian cysts have very many case. If blood stop at Ovary,Five viscera or passageway of blood between Five viscera and Ovary,it makes Ovarian cysts. This Medical theory are different from Western medicine.   Chinese medicine have very good medicienes. General page of Owarian cysts is here.   Endometriosis(子宫内膜异位症) General page of  Endometriosis is here.   Menstrual irregularities(月经不规律) General page of Menstrual irregularities  is here.   Menstrual pain(月经疼痛)  General page of Menstrual pain  is here.   Menstrual disease(月经疾病)  General page of Menstrual disease  is here.   Infertility(不孕不育) General page of Infertility  is here.   Menopause(更年期障碍)  General page of Menopause  is ...

総合ページ

2020/1/16

全身性エステマトーデス 個人輸入代行 ビビッド・ライフ 根本治療薬 総合情報

  ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   全身性エステマトーデスの総合ページです。 記事担当の後藤です。 「この病は非常に困難な病気です。 どなたも大変苦しんで居られると存じます。」   「全身に及ぶ非常に難しい病気ですが、中医学・大病院・名医であれば根本治療します。 お役に立てればと思い、最先端の情報をお知らせします。」   根底から治療する方法を説明します。 この病を根底から治療する方法です。 ぜひ有効活用されてください。 初期・中期・後期と分かれます。 病の深さにより違います。 容易くない病気です、根気強く治療する事が大切です。       全身性エステマトーデスの原因---中医学 原因 1)肝腎陰虚証 これはSLEがまだ軽い段階です。 この状態は肝腎が陰虚になっています。 この為、陽が頭部に上り目眩、耳鳴りが起きます。   目は肝が養っています、陰虚で肝の経絡が栄養できない為、両目がしょぼしょぼします。 肝陰が不足した為、生理が不調、生理が無い。 腎が陰虚の為、脚・腰がだるく痛い、髪の毛が脱ける。   原因 2)脾腎陰虚証  この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い。 顔が黄色い、体が寒い、元気が無い。 腎・脾を悪くしているので---全身に浮腫、重症者は胸水・腹水が有る。   肺を悪くしている為----咳・痰が有る。 最終的に尿が出ない状態になる。 腹が張る、食が細い、膝腰が怠く痛い、----これは脾腎が陽虚の特徴である。   原因 3)邪熱傷肝証 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 肝が正常に働けず鬱状態になり、気が滞留し、血瘀になった。 このようにして全身性エステマトーデスを発病します。   子宮につながる経絡が不調になり、生理が不調になって生理が無くなる。   原因4)热毒旺盛証 SLEの高度活動期に多いパターンです。 ベースとして陰損が体にあります。 繰り返し熱毒に侵されました。 そして熱毒が旺盛になりました。 これで高熱が出たり、高熱が引かなくなりました。   熱が津液を損傷させました。 熱毒が営血を広範囲に渡って加熱しました。 そして熱が血と経絡を損傷させました。 このようにして全身性エステマトーデスを悪化させます。   この為に顔や他の皮膚に赤斑、出血斑が出ます。 日光にあたると病状が悪化します。 吐血、出血、血便などが出ます。   心神が熱毒の影響を受けますので、恍惚状態、昏睡状態、奇声、けいれん が起きます。 熱毒が体に溜まり蒸されるので気血が通らなくなり、関節がだるく痛い、筋肉に力が入らないので痛い、肢体が浮腫みます。 熱は膀胱に入り込みますので、尿の量は少なく赤か濁っています。 目・唇が赤い、大便が秘結します。   原因5) 风湿热痹証 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 赤斑、鮮やかな赤、手足の関節痛、腫れが有る。   「風湿熱邪」あるいは「風寒湿邪」を受け、ずっとこもると熱が発生します。 「風湿熱邪」が元々体の「陰虚内熱」と結合し「熱毒」を生みます。 これが脈絡を塞ぎ全身性エステマトーデスを発病させます。   全身性エステマトーデスの治療---中医学 1)肝腎陰虚証の治療 この状態は肝腎が陰虚になっています。 ①肝・腎を滋養する治療をします。 ②肝・腎の働きを補う治療をします。   2)脾腎陰虚の治療 この状態は「気陰両虚」か「肝腎陰虚」から発展して来た場合が多い ①腎を温める治療をします。 ②脾を健康にする治療をします。 ③気の働きをスムーズにする治療をします。 ④水の流れがスムーズになるよう治療します。   3)邪熱傷肝の治療 この状態は熱毒が原因で肝を損傷したものです。 ①陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④痰を溶かす治療をします。   4)热毒旺盛の治療 元々が陰損。繰り返し熱毒に侵されている。熱が津液を損傷。 ①熱を清める治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③血に熱を清める治療をします。 ④血の働きを活発にする治療をします。   5) 风湿热痹の治療 この状態は 五臓六腑の気血が不足した事が原因の場合が多い。 ①熱を清める治療をします。 ②経絡(血の通り道)がスムーズに流れるように治療します。 ③風を取り払う治療をします。 ④湿を取り除く治療をします。     全身性エステマトーデスの原因、補足説明 全身性エステマトーデスは二つの原因が同時に発生した病です。 一つ目は体内で発生した原因です。 二つ目は体外から侵入した原因です。   1)体内で発生した原因 ①肝・腎が弱い。 ②先天の精が不足して居る。 先天の精の不足とは、母親の体内で受胎した時に先祖からの家系の血筋を引き継ぎます。 その引き継いだ内容が不十分な状態です。 あるいは先天の精(血筋部分)を後天的に損傷している状態です。   ③感情で体内を損傷した。 ④過労により体内を損傷した。   これらが体内で発生した事が第一原因です。   2)体外から侵入した原因 人は24時間、自然界にいます。 家に居ても、外出しても、地球にいる限り大気に触れていますので、 ①熱・寒・湿・燥・風など 大気の様々な影響を受けます。 ②太陽の光・熱を受けたのも大きな原因です。   それが体内に侵入します。 これは「陽毒・陰毒」などと呼びます。 これが体外から体内に侵入した第一原因です。   その他に ③薬物が体に入った事が原因になる事もあります。 薬物とは農薬など、様々な化学薬品です。 これらが体内に侵入します。   このように体外・体内の両面が重なり全身性エステマトーデスの原因になって居ます。     全身性エステマトーデス 発症のメカニズム---補足説明   1)体内で発生した原因の影響で ①五臓六腑が損傷します。 ②全身の血の流れが次第に悪くなります。 ③鬱血し血が流れなくなります。 ④経絡(血の通路)が詰まります。   2)体外から病の原因が侵入した影響で ①熱毒(熱性の毒)が体内に作られます。 ②熱毒が五臓六腑を損傷します。 ③筋骨を損傷させます。 ④筋肉を擬固させます。   これで全身性エステマトーデスが形成されます。 このようなメカニズムにより多臓器に及ぶ非常に複雑な病気になっています。 体内環境が大幅に損傷されている状態です。   この根本治療を行い体内環境を大幅に整え、根治を目指す治療があります。 それは中国の大病院が行っている治療方法です。 現在、この治療方式は世界で唯一、中国だけです。     全身性エステマトーデス---根底治療・補足説明 1)根底からの治療は「五臓六腑」が重点です。 ①「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 全身性エステマトーデスは五臓の全部が関係します。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 全身性エステマトーデスは最も複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。   ②六腑とは 「胃・胆・小腸・大腸・膀胱・三焦」 です。 上記の医学書「医宗金鉴」でも「胃・三焦 」は基本的に悪くなっている事が書かれています。 五臓と六腑は繋がっており一体で動いて居ますので、悪くなるときも繋がって悪くなります。   五臓六腑は中医学の表現ですが、各臓器の働きは、西洋医学とは判断が大きく異なります。 全身性エステマトーデスを中医学で診断すると五臓六腑の複雑な損傷の状態がくっきり分かります。     2)「先天の精」の治療をする 「先天の精」の治療します。 持って生まれた体の根本です。 最初の原因説明で出ていました。   母親の胎内であなたの血筋が引き継がれます。 それを先天の精を引き継ぐと言います。   その血筋の引き継ぎが不十分だった事が原因です。 あるいは後天的に血筋に関係する精が損傷した事が原因です。   体の根の部分の治療です。 特に腎が治療の重点になります。   3)熱毒の治療をする 最初の説明で全身性エステマトーデスの中医学(漢方)の呼び名は「陰陽毒」と書いていました。 つまり「陰毒・陽毒」が体内に入り体内で「熱毒」を作り、そこから損傷が全身に広がっています。 目の見える特徴としては、体に赤く蝶のような模様が浮かんだり、皮膚の下に隠れたりします。 これは熱毒の現象です。   また直接に熱が出る。昼間と夜の熱が違う場合もあります。 微熱が常にある場合もあります。これも熱毒による現象です。 頭がぼ〜として意識が無かったりする場合もあります。   熱毒はひどいですから、体内の血や体液を加熱し、煮詰め凝固させます。 これで血・体液は体内を回れなくなります。それで五臓六腑が損傷し働かなくなります。 この影響で手足頭、五体が働かなくなります。 従って中医学では「熱毒」をとる治療をします。   4)体のバランスを取り戻す 体には「陰陽」というバランスが有ります。 全身性エステマトーデスは全身の陰陽バランスが狂っている病です。   昼間に起きて夜寝るのは陰陽のバランスが取れているからです。 人体が正常に働くのは陰陽のバランスが取れているからです。 体の外と内を陰陽がバランスを取っています。   上半身と下半身は陰陽でバランスを取っています。 五臓と六腑は陰陽でバランスを取っています。 全身が無数の陰陽バランスで統合されています。 これで全身がバランス良く働きます。   しかし全身性エステマトーデスはあらゆる陰陽バランスが崩れている病です。 これでは体が正常に機能せず、生活する事、生きる事がまともに出来ません。 中国の大病院には陰陽のバランスを取りなおす薬が有ります。     全身性エステマトーデスは 子供を産む年代に多い 生理との兼ね合いがある年代で多く発生する病気です。 しかし実際は中高年もこの病気になる人が多い。     全身性エステマトーデス ---参考:中医内科学 ...

総合ページ

2020/1/22

甲状腺の病気 中医学の治療で良くする方法 総合情報

甲状腺の総合ページです。 甲状腺の病は非常に難解で捉え所の無い病気です。 実際、本当の原因を知らない人が殆どです。   西洋医学では分類として単純性甲状腺腫、甲状腺機能亢進症、甲状腺炎、甲状腺腺瘤などが有ります。 その他、バセドウ病、橋下氏病、甲状腺機能低下症などいろいろなタイプがあります。   中医学では下記に書いている診断方法で原因が克明に分かります。 どの甲状腺の病気も根本治療します。 世界の医学の中で中医学は最も良い治療効果を出しています。     記事担当の後藤です。 「甲状腺の病でお困りと存じます。 甲状腺は中医学では分類方法が違います。 どれも根底治療する事が出来ます。」   「甲状腺は非常に難しく、油断ならない病です。 中医学・大病院・名医は優れた治療をしています。 詳しい説明を書きますので、ご覧ください。」   甲状腺の病・原因---「中医内科」 原因①----感情による失調 長期に渡って悩み・イライラ・ふさぎ込む・怒りなどが続いた。 それが肝などの臓器に影響を与えた。 また「気・血・津液」に影響を与え体の働きが大幅に低下した。 そして甲状腺が正常に機能しなくなり病となった。   原因②---飲食・地域環境の影響 飲食が不適切であったため脾や胃などの臓器を痛めた。 高山・渓谷などに住んでいて水・土が体に影響する事もある。 これらが体の正常な働きを壊し甲状腺の病を発生させています。   原因③----女性の生理の関係 女性は毎月の生理と妊娠・出産・授乳を行う生理活動をしています。 これが正常なペースを壊すと甲状腺の病が発生します。   上記以外にも原因が有りますが、それは実際の診断で医師が見つけます。   甲状腺の状態---中医内科  1)肝悪化 これは肝が悪くなっているため「津液」が喉の前面に積もった状態です。 甲状腺部分の腫れは「津液」が積もっている状態です。 性格的にせっかちで怒りやすい人。    2)心肝悪化 「津液」が喉の前面の集まった。 甲状腺部の腫れは「津液」が積もっている状態です。 「心・肝」を傷めているので、動悸・イライラ・だるい・力が入らない。 目が乾燥している。 手の指や舌が震える場合がある。   3)気・津液悪化 「気」が鬱滞して、「汚れた痰」が喉を塞いだ。 この為、喉前面の中央部分が膨らんでいる。 このタイプは特に感情の影響を受けて病状が悪化します。   4)津液・血悪化 喉の前部に腫瘤が出来ている。 硬い。 「気」が鬱滞した為「津液」が固まった。   「気と津液」が相互に邪魔しあい、日が経つにつれ「血」の循環を悪くさせた。 「気・痰・瘀血」が喉前部の中央に集結している。     甲状腺の病・治療---参考:中医内科学  1)肝の治療 ①肝の疎通を良くする治療、肝の熱を清める治療をします。 ②喉腫の熱を取り、通りを良くし、腫を消す治療をします。 ③喉腫を消し塊を散らす治療をします。 ④肝の働きを穏やかにし、火を消す治療をします。    2)心肝の治療 ①熱を清める治療をします。 ②心を養う治療、精神安定の治療をします。 ③肝を養う治療、肝を疎通させる治療をします。   3)気・津液の治療 ①気の流れを良くする治療をします。 ②津液を溶かす治療、硬い部分を柔らかくする治療をします。 ③腫瘍を消す治療、固まりを散らす治療をします。 ④気の流れを良くする治療をします。 ⑤喉の流れを良くする治療、腫瘍を消す治療をします。   4)津液・血の治療 ①津液を溶かす治療、喉の固まりを柔らかくする治療をします。 ②腫瘍を消す治療、固まりを散らす治療をします。 ③気の流れを良くする治療、津液を溶かす治療、固まりを散らす治療をします。   ④血を養う治療、血の働きを活発にする治療をします。 ⑤気の流れを良くする治療をします。   (主要点を抜き出し説明)    甲状腺の病・原因---補足説明 甲状腺があなたの感情が原因になっている場合があります。 ずっと以前の事ですが、上海に行き、名医に診断を受けた時、驚きました。   患者が何を考えているか? 診断で分かったのです。 先生はこの患者さんはこのような事を考えている〜言いました。 考えている内容まで診断で分かったのには驚きました。   それが肝などを損傷させていたのです。 この後、届いた薬を飲みました。   甲状腺の病はどこを治療しなければならないのか? 上記の説明で気付きましたか? 一つ大変重要な事が書かれていました。 「臓器の治療」です。   上記の代表的な治療だけでも「肝・脾・腎・心・胃」が上がっています。 実際の治療においてはさらに違った臓器も治療する場合もあります。     甲状腺は五臓六腑の治療が必要です。 甲状腺の病は五臓六腑が原因になっています。   ただしご注意いただきたいのは、肝臓と「肝」は違います。 腎臓と「腎」は違います。     五臓六腑の損傷 五臓六腑をご存知ですか? 五臓とは:心・肺・脾・肝・腎です。 六腑とは:胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦 です。   三焦は聞きなれない単語です。 これは胴体部分で、そこを体液が大量に流れています。   甲状腺の病が喉の部分だけと思っていては治りません。 甲状腺の病を治すには、五臓六腑を治療する必要があります。   大学が医大生やインターンに指導する医学書に基づいて説明します。 下記は中医学の医学書です。 世界中の中医学の医師が活用している書です。 一番上の大きい見出しは首にできるコブ「第八節 甲状腺の病」の意味です。   この写真の大事な点を説明します。 上から五行目の中央に 「甲状腺についての記載が最初に出たのは紀元前3世紀」と書いています。 また戦国時代の医学書<庄子・徳充符>では甲状腺の病名について説明があります。   秦の始皇帝の時代に完成した医学書<呂氏春秋・季春紀>では 水質・地理環境が甲状腺の病気と密接に関係している例が多く見つかっていることを書いています。   隋の時代には医学書<諸病源候論・瘿候>ではさらに甲状腺病の詳しい原因が見つかっており、 唐の時代の医学書 <千金要方>と<外台密要>は甲状腺の病を治療する薬物と、臓器治療について詳しい説明がなされた。 〜と書いています。      甲状腺は色々な種類が有ります。 どれに対しても上記で正確な治療します。 甲状腺の治療では中医学(漢方)の判断は西洋医学と大きく違います。 治療開始すればその違いに気づくと思います。 甲状腺の治療には医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   甲状腺の病は、うかつに甲状腺を直接治療しない事が大事です。 医学書にも厳重な注意書きが有ります。 「甲状腺に絶対に穴を開けない事」と。   なぜ甲状腺の治療が難しいか? 甲状腺の病に危機意識を持っていない人が多い。 しかし様々な病気の中でも甲状腺は判断が難しく、命に関わる事のある危険な病気です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   最先端の治療---中西医結合医学 甲状腺の病を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 1949年以降「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      副作用の出ないように使う「中西医結合医学」   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 どうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が甲状腺の病の治療でも出ています。   甲状腺の病の治療---実例---「中西医結合医学」 1)甲状腺の病は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。     「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)甲状腺の病とは別の病気を持っている人。 ①甲状腺の病が別の病気が原因になっている人が多い。 ②甲状腺の病から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、甲状腺の病だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     ...

総合ページ

2020/1/16

非結核性抗酸菌症  菌を消す事と体調を良くする治療 中医学・大病院・名医の情報、総合情報

  非結核性抗酸菌症の総合ページです。 この病気は非常に難しい病気で、 中西医結合医学(中医学と西洋医学を組み合わせた医療)て治療する場合も多い。 根本治療します。       「記事担当の後藤です。 「非結核性抗酸菌症は非常に難しい病気です。 長く患い、体の不調に大変お困りと思います。」   「この病気は菌を殺す事が大事です。 同時に五臓や血液、体液などの治療も必要です。 下記にお役立ち情報を載せますのでご覧ください。」     非結核性抗酸菌症はどこを治療するか?   1)菌が入ったのは肺ですから、肺は必ず治療します。 抗生物質は菌を殺す薬ですから、これで肺を治せることはありません。 漢方は菌が侵入していることで、肺が侵されていますから、中医学の医師はこの治療をします。   2)その他の臓器の治療をします。 漢方医がいったい非結核性抗酸菌症をどのように治療するか見ていますと、肺以外の治療のウエイトが非常に高いことに驚きます。 肺は単独で動いているのでありません。 肺は色々な機能を持っています。   機能ごとに 肺が関係する臓器があります。 医師はどの臓器が故障しているか克明に診断します。 どこが、どのように悪くなっているか、正確に掴みます。 つまり非結核性抗酸菌症は菌を殺すことも大事です。   そして肺を治療することも大事です。 さらに肺に関係する臓器が、どこと、どこが、どのように悪くなってを正確に掴み、治療する必要のある病気です。 非結核性抗酸菌症の治療---中医学 中医学の診断と治療方法を見ますと、驚きます。 治療する所、仕方が違うのです。   1)まず肺はもちろん治療します。 肺は菌を殺すだけでは有りません。   ①まず肺の「血」の治療をします。 血痰が出る人が多い。 肺は血に酸素・二酸化炭素の入れ替わる場所です。 非結核性抗酸菌症になる事で肺が損傷し、血の流れが阻害されたり血が滞留しています。 血がこびり付いたり、塊、毒性を持っています、瘀血です。   血の治療としては 血をキレイにする治療をします。 血の働きを活発にする治療もします。 詰まっている血の通り道をキレイに通るように治療します。   ②肺に溜まっている多量の「痰」を治療をします。 痰が肺の中で多量に溜まっています。 鼻から流れて来たものではありません。 これは肺の中で作られた物です。 肺は多量の水を全身に分配する役目があります。 肺が損傷しているので水の流れが悪くなり溜まって濃くなり痰になったのです。   痰の治療としては 痰を溶かす治療をします。 溶けて尿として出て来ますが、口から痰が出てくる場合もあります。   瘀血・痰の問題点 瘀血・痰があるとそこから瘀血や痰が通路を通って別の臓器まで流れ込みます。 そしてその臓器の働きを止めます。 あるいは瘀血・痰が臓器をつなぐ通路を塞ぎますので、やはり別の臓器の働きを止めます。   ですから、非結核性抗酸菌症は肺の治療、特に瘀血と痰の治療が必要です。   1)「肺」以外の治療が非常に大事です。 普通、肺だけが悪い病気と思われていますが、菌が体に侵入した事で、五臓六腑を損傷している場合が多い。 もちろん大概の方はす「でに病院で検査したが、どこも悪くないと言われた」と報告するかたが多い。 しかし、これとは違います。   肝臓と「肝」は違います。 腎臓と「腎」は違います。 脾臓と「脾」は違います。 つまり病院の診断と中医学の医師が診断する方法が違うのです。   菌が体に侵入する事で五臓を損傷している場合が大変多い。 菌を殺す事が非常に大切ですが、同時にこの五臓六腑の治療をしなけれなりません。 肺は「心・脾・肝・腎」と繋がっています。 このどれかを損傷している場合も多い。 例えば肺から心・腎と悪くしている場合もあります。 中医師(漢方医)が診断すれば、どの臓器が損傷しているか突き止める事が出来ます。   五臓・血・痰などは 中医学では根本治療しますので、よほどの例外は別にして、大概の人は大幅に良くなります。   これらの治療方法は中国・大病院・名医ならしています。 この治療に対応する薬はこれらの大病院が持っています。   非結核性抗酸菌症は種類が多く、 10種類を越します。 中でも肺MAC菌が一番多く マイコバクテリウム・アビウム・イントラセルラーレなどが菌です。 この治療は非常に難しいと言われて居ます。 上海は北京と並び、中医学の世界一の都市です。 難しい病気の治療について、上海からは非常に高度なコメントが来ます。 中国は医学は1万年の歴史がありますから、先生がたは高度な知識をお持ちです。   この非結核性抗酸菌症は上海の先生方は中医学を中心にした治療を勧めます。 実際、この病気で相談を入れますと、 単に肺に菌があるだけの問題ではない事が分かります。 菌の治療だけをしてもこの病気は改善しません。 この病気になったとき、いったい体の中がどうなっているのか? 菌が体に入ったのも原因の一つですが、体そのものが問題がある場合が多いためです。 咳が出て大変苦しい、しかも痰が絡んでいる。 実際は菌を殺しただけでは、体が元に戻ることは非常に難しい。   そこを中医学はどのように治療するか? それは高度な医学を学び、研究し、様々な習熟をして大ベテランの名医が判断します。   実際、肺マック病の漢方治療を見ますと、治療方針が違います。 実際、治療過程を見ていますと、的確なポイントを医師が掴んでいる事がよく分かります。 非結核性抗酸菌症は 世界中で治療方法が熱心に研究されている病気です。 国際的に見ても、この治療をすれば確実に良くなると言える段階ではありません。 現在、中医学界も活発な治療研究が行われています。   実際の治療ですが、長く患い、いろいろな治療をしたが病状は思わしくない人でも、 中医学の治療を加えると、大概の人は、弱々しい体が、元気が満ち溢れて来ます。 中医学が体に良いのは確かです。     1)この病気の特徴は結核でない事です。 それで非結核性と名前がついています。   2)菌が特徴があります。 土壌や水などから感染した菌です。 菌の種類は非常に多く150種類との報告もあります。   大部分がMAC菌です。 菌を殺す必要があります。       非結核性抗酸菌症は中医師に相談する場合。 非結核性抗酸菌症は実際には ①中医学と西洋医学の両方を組み合わせて治療する方が良い場合と ②中医学の単独でした方が良い場合があります。 個人個人、体の状況が違いますので、中医学の医師と良く打ち合わせてください。      医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の非結核性抗酸菌症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   非結核性抗酸菌症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする非結核性抗酸菌症の治療は効果が大きい。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学だけで治療すると治らない上に副作用が出ます。   実は中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 中医学(漢方)の医師と言っても、実際は西洋医学のプロです。   非結核性抗酸菌症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)菌を殺す治療 非結核性抗酸菌症の治療では特に菌を殺す必要が有ります。 菌を殺すには2種類の方法が有ります。 ①中医学の薬---薬草など---の薬で菌を殺す。 ②西洋薬で菌を殺す---------上海の病院から手配   ③もう一つ方法は 日本の病院から菌を殺す薬が出ている場合は、それを活用する場合が有ります。   つまり菌を殺すには中薬だけの単独か、西洋薬だけか、あるいは両方使うか別れます。 それぞれの薬は種類が多いので、どれを使うかは上海の医師が判断します。   この菌の治療の治療で 中医学の薬(中薬)・西洋薬とも使用期間は一般的に10日〜30日です。 一番短いのは4日間の薬も有ります。 それ以降は状態を観察し、医師の指示を仰ぎます。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)非結核性抗酸菌症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気を持っている人が多い。 ②非結核性抗酸菌症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、非結核性抗酸菌症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       関連の記事があります。ご覧ください。 非結核性抗酸菌症の治療方法。最先端の漢方。 名医が治療する非結核性抗酸菌症の実際とは。漢方の大学病院の情報。   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。     最先端の漢方はどのような治療をするのでしょう? 重要ポイントをご紹介します。 下記のボタンを押してご覧ください。   非結核性抗酸菌症の総合ページはこちら   関連の記事があります。ご覧ください。 名医が治療する非結核性抗酸菌症の実際とは     個人輸入代行の総合ページはこちら  

総合ページ

2020/1/22

カンジダ腟炎を正常に戻す治療薬 中医学・大病院・名医の処方 個人輸入 総合情報

  カンジダ膣炎の総合ページです。   中医学で根本治療します。 カンジダ膣炎を完全に無くし、正常に戻す目的の本格的な医師の薬です。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 カンジダ膣炎の処方薬を個人輸入代行します。   中医学は非常に優れて居ますが、カンジダ膣炎を治すのは非常に優れた医師の場合に可能です。 あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せや治療がスムーズに行くように少しでも知識をお持ちください。   こんにちは 記事担当の後藤です。 カンジダ膣炎で再発を何度も繰り返しお困りと存じます。 カンジダ膣炎は根本治療する事ができます。 長くカンジダ膣炎が続いて細菌性膣炎などに広がっている人も多いと思います。 それも同時に治療する処方します。       カンジダ膣炎の原因---中医学 カンジダ膣炎が発生するのは内因・外因がありす。 内因・外因が相互に作用してカンジダ膣炎を治しにくくしています。   1)外因(体外からの原因) 性交渉で男性から感染する場合もあります。 ピルの多用で膣内の環境が不安定になった。 抗生物質の多用で菌のバランスが崩れた。 ステロイドの多用で免疫が低下し、カンジダ菌が増殖した。   2)内因(体内の原因) 「津液」の異常が原因 女性は下着や陰部の形状などで、陰部が蒸れやすい環境で「津液に熱」が発生しカンジダ菌を増殖させやすい。   カンジダ膣炎の状態---中医学 1)津液の熱証 ①津液の熱で蒸され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。 カンジダ菌を増殖させる。 カンジダ菌が膣を侵食してカンジダ膣炎が発生した。   ②陰部が痒い、オリモノが多い、豆のカスのような物がでる。 イライラする、眠れない、   2)津液の毒証 ①津液が熱で蒸され長期にカンジダ菌を生み「毒」が発生した。 毒が蓄積し、陰部を損傷して、カンジダ膣炎が発生した。   ②オリモノの量が多い、白色、豆のカスのような物、臭いがする。 ③わずかに血が混じる時がある、陰部が痒く赤く腫れる。 頻尿、尿痛、尿急。   3)津液の熱毒と五臓損傷 ①津液の熱毒が蒸され「五臓」の一部を損傷し膣にカンジダ膣炎が発生した。 五臓の一部が損傷したため、子宮腺筋症などを発症させる事も有ります。   カンジダ膣炎の治療---中医学 1)津液の熱証の治療 津液が熱で蒸され「五臓」の経脈(血の通り道)に侵入した。 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③カンジダ菌を殺す治療をします。 ④痒みを止める治療をします。   2)津液の毒証の治療 津液が熱で蒸され長期にカンジダ菌を生み「毒」が発生した。 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③解毒の治療をします。 ④痒みを止める治療をします。     3)津液の熱毒と五臓損傷の治療 津液の熱毒が蒸され「五臓」の一部を損傷し膣にカンジダ膣炎が発生した。 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③解毒の治療をします。 ④痒みを止める治療をします。 ⑥損傷した五臓を治療をします。   カンジダ膣炎の実態 「カンジダ膣炎は再発するのを許して置くのではなく根本治療する必要があります。 なぜならカンジダ膣炎から別の病気が発生する人が多いからです。 "カンジダ膣炎が再発しても、薬を塗れば収まるので安全"などと言う意識は持たない方が良い。 例えば子宮内膜症や子宮腺筋症がカンジダ膣炎から発生する場合があるとは誰も気付かないからです。」   カンジダは常在菌で適度な量なら問題ないのですが、増殖すると毒が発生し内臓を損傷します。   たかが膣炎ではない カンジダ膣炎をあなどってはいけない。 カンジダ膣炎はほとんどの場合、五臓を痛めている。 五臓とは心・肺・脾・肝・腎です、このどれかが悪くなっている。   ①五臓を治療してないので、カンジダ膣炎は永遠に再発し悪化の一方になります。 ②その悪くなった臓器から次に別の難しい病が発生している。 例えば子宮腺筋症・子宮内膜症です。   このような高度な診断は、中国の中医学大病院・名医ならすぐに分かります。 それ以外では、このレベルの診断は無理です。   .  カンジダ膣炎を中医学で治療---補足説明 1)津液の熱の治療は欠かせません。 熱を清める治療をします。 余分な津液がたまらないように流す治療をします。 余分あ津液を取り除く治療をします。   2)カンジダ菌の働きを止める治療します。 痒みを無くす治療をします。 解毒する治療をします。   3)五臓の治療をします。 肝がスムーズに働き、血の運行がスムーズに出来るように治療します。 肺が津液(水)の運行を遅滞なくできるように治療します。 腎が肺から送られて来る津液(水)の処理がスムーズに出来るように治療します。 脾も悪くなっている場合は脾を健康にする治療をします。   4)血の治療をします。 血が正常な質でない場合は、血の質をよくする治療をします。 血の働きがスムーズでない場合、血の働きを活発にさせる治療をします。 うっ血や血が固まっている、古い血が付着している場合はそれを溶かす治療をします。   血が毒を帯びている場合は血の解毒治療をします。 経絡(血の通り道)が瘀血で詰まっている場合、通りを正常に戻す治療をします。     カンジダ膣炎は「オリモノが多い」は良くない兆候 カンジダ膣炎は必ず「おりものが非常に多い」。 おりものが非常に多いのは大変まずい兆候です。 おりものは生理の関係です。   生理が狂っている状態です。 生理は子宮と五臓が連携プレイで規則正しく運行されています。 しかしカンジダ膣炎が発生した事で肝・腎・肺などの五臓が損傷されています。   五臓が正常に働かないので生理のシステムが狂った。 その為におりものが多量にでています。 子宮に関係する病が進んでいる可能性があります。   はっきりとして出て来た例としては子宮内膜症、子宮腺筋症などが多い。 病歴を見るとカンジダ膣炎が何年か続いた頃に発病している場合が多い。     中医学は世界で最も歴史があります。 カンジダ膣炎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学書では、それよりもずっと前からカンジダ膣炎が治療されて来た。 そしてカンジダ膣炎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   中国で婦人科の治療が始まったのは紀元前14世紀です。 これは遺跡に資料が残されています。     医師の診断と治療薬の処方が必要です。     この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 カンジダ膣炎は原因が複雑です。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。 処方が必要な薬は全て病院内で使う医療用です。 9000種類あります。 医師は体の状況に合う薬を処方します。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「カンジダ膣炎」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「カンジダ膣炎」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。       西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「カンジダ膣炎」の治療でも出ています。     「カンジダ膣炎」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「カンジダ膣炎」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。   その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全部の薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「カンジダ膣炎」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「カンジダ膣炎」の原因になっている人が多い。 ②「カンジダ膣炎」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「カンジダ膣炎」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     関連の記事があります。ご覧ください。 ①カンジダ膣炎の根本治療。再発を無くす。安心安全、副作用の無い治療、合併症を防ぐ。 ②カンジダ膣炎、徹底治療したい、感染、再発、悪化を止める ③カンジダ膣炎は治す気が有れば治ります。中医学の大病院で根底治療できます。   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。     カンジダ膣炎を本気で治したい人は 下記の資料をご覧下さい、ここから。   個人輸入代行の総合ページはこちら ...

総合ページ

2020/1/31

子宮腺筋症を消す治療 根本治療薬 中医学 大病院 総合情報

  子宮腺筋症、治療薬のご案内をします。 子宮腺筋症で大変お困りと存じます。 中医学・大病院ではどこでも子宮内膜症を薬だけで消滅させる治療をしています。   この治療方法は日本では出来ません。 治療のやり残しがない画期的な治療方法です。 1)この治療が可能な医学が無い 2)この治療が出来る医師がいない 3)この治療が出来る薬がない   今後これと同じ治療が日本で出来るのは1600年後の可能性が有ります。 なぜなら今のペースで中国と同じ薬のレベルなるのは1000年では無理です。 1600年かかっても不思議ではない。   中国と同じものを使えるには これを使いこなせる日本全体の医師のレベルを上げねばならない。 それだけでも1000年以上掛かります。   中医学の婦人科は4000年の歴史が有り、根本解決させる為、手術はほどんどしません。 また原因が2200年前の医学書に公表されていますので、 原因をきれいに治療する事で体の働きを正常にする治療をします。   手術をしただけではこの原因はそのまま残ります。 病気の原因は火種です、そのままにしますと後遺症が残り、次の大きな病気になります。   中医学では原因を根本治療することで子宮腺筋症が完全消滅します。 つまり子宮内膜症に関する一切を全て無くし正常な体に戻すことが目的です。   子宮腺筋症の治療薬、個人輸入の総合ページです。 中医学の治療方法は根本治療です。       中医学は子宮腺筋症の原因を全て治療します。 手術をせずに子宮腺筋症を消滅させる治療です。 治療のやり残しが有りません。   記事担当の後藤です。 「治療が不十分だと一生引きずります。 ビビッド・ライフが中医学・婦人科のご紹介を始めたのは多くの女性からのご要望です。 最初のきっかけは現役の看護婦さんからです。 多くの看護婦さんも同じ女性、困っている、体制を取って欲しいとの要望でした」   「手術したくない、後遺症を残したくない、再発させたくない、 まだ未婚、お腹に傷を残したくない〜 ホルモン治療やピルの一つの方法だが、元は何も良くなっていない〜 良い方法を紹介して欲しい〜などでした。」   「どの治療を選ぶかは貴女が判断する事で、私どもがとやかく言うことは有りません。 しかし上記のようなご希望をする人は中医学をご検討ください。」   子宮腺筋症の原因・メカニズム---参考:中西医結合婦産科学 原因 1)気・血悪化 ①体質的に抑鬱が有る、或いは怒りっぽい。 ②これが気を鬱結させた。 ③これが気の働きを鬱滞させ血行不振を起こさせた。   ④そのため瘀血が溜まった。 ⑤子宮につながる経絡(気血の通り道)の流れが阻滞された。 ⑥そして子宮腺筋症が出来た。   原因 2)寒・血悪化 ①月経期、産後にセックスをした。 ②或いは月経の時に貧食だったり、生物、冷たい物を食べた為に体内を損傷した。 ③或いは暴雨に当たり、体が水にさらされた。   ④血が経脈で固まり滞留した。 ⑤子宮につながる気血の通り道が詰まり子宮腺筋症が出来た。   原因 3)血・熱悪化 ①ももともの体が「陽」が盛んで有る。 ②或いは肝の影響で熱が出ている。 ③或いは大気の影響が体に入った。 ④或いは食べてはならない物を食べ過ぎた。 ⑤子宮との経絡(気血の通り道)などに熱が潜伏している。 ⑦熱が子宮の経絡の血を蒸させ、固まりを作らせた。   ⑧或いは瘀血が長く、熱が出て毒が作られた。 そして次第に子宮腺筋症が出来た。   原因 4)津液・血悪化 ①もともとの体が脾が虚弱で津液が固まる事が多い。 ②或いは飲食が不適切で有る。 ③過労で有る。 ④感情(思慮)が極端に行き過ぎている。   ⑤これらにより脾気を損傷している。 ⑥余剰な津液を生み、さらには津液の塊を生んだ。 ⑦そして津液の塊が子宮の経絡(気血の通り道)に入り込んだ。 ⑧この為、子宮腺筋症が発生した。   原因 5)気・血悪化 ①もともとが脾が虚弱で「中気」が不足している。 ②或いは過労や、気持ちが沈み思い悩むと体内を損傷する。 ③或いは大病で長く患っている。   ④このような事で脾気を損傷している。 ⑤そのため気虚になり血を運ぶ力が無くなっている。 ⑥血行が遅くなったり、滞留している。 ⑦子宮につながる経絡(気血の通り道)が瘀血でながれが阻害されている。 ⑧そして子宮腺筋症を形成した。   原因 6)腎・血悪化 ①先天の凛腑が不足している ②或いは大病で長く患っている。 ③性交が多い、多産、堕胎をしている。 ④手術の影響。   ⑤これらの影響で腎気が損傷した。 ⑥陽気が不足し、陰寒が体内で盛んになった。 ⑦それが子宮につながる経絡(血の通り道)を虚寒させた。 ⑧経絡の血が冷え動きが悪くなり、血瘀が出来た。   ⑨或いは腎陰不足で虚火が体内で発生した。 ⑩その熱が血をあぶり、瘀血になった。 これらの事で子宮腺筋症が形成された。   子宮腺筋症の治療---参考:中西医結合婦産科学 治療 1)気・血 ①気の働きを整える治療をします。 ②血の働きを活発にする治療をします。   ③瘀血を溶かす治療をします。 ④痛みを止める治療をします。 ⑤子宮腺筋症を消滅させる治療をします。   治療 2)寒・血 ①経絡を温める治療をします。 ②寒を散らす治療をします。 ③瘀血を溶かす治療をします。   ④血の働きを活発にする治療をします。 ⑤痛みを止める治療をします。 ⑥子宮腺筋症を消す治療をします。   治療 3)血・熱 ①熱を清める治療をします。 ②血の熱を静まらせる治療をします。 ③血の働きを活発にする治療をします。   ④瘀血を取り除く治療をします。 ⑤解毒の治療をします。 ⑥子宮腺筋症を消す治療をします。   治療 4)津液・血 ①津液の塊を溶かす治療をします。 ②血の働きを活発にする治療をします。 ③瘀血を取り除く治療をします。 ④子宮腺筋症を消す治療をします。   治療 5)気・血 ①気を益す治療をします。 ②血の働きを活発にする治療をします。   ③瘀血を溶かす治療をします。 ④子宮腺筋症を消す治療をします。   治療 6)腎・血 ①腎を補う治療をします。 ②血の働きを活発にする治療をします。 ④瘀血を溶かす治療をします。 ⑤子宮腺筋症を消滅させる治療をします。     子宮腺筋症が治すには五臓六腑を治療します。 「肝・腎・脾」の呼び方を中医学がします。 「肝臓・腎臓・脾臓」とは違います。 呼び方だけでなく判断が全く違います。   五臓とは「心・肺・脾・腎・肝」です。 このどれもが子宮と関係しており、生理にも関係して居ます。 ですから何かのきっかけで、五臓のどれかが不調になると、そこが原因で生理が止まり、やがて子宮腺筋症が発病します。     子宮腺筋症はどの様なメカニズムで悪くなっているのか? 1)毎月の生理は妊娠、出産と繋がっています。 これは血が順調に流れる事が基本です。 五臓の内「肺・心・脾・肝」の4つが血を担当します。 これが子宮に血を送っています。   しかしこの臓器のどれか悪くなると血を子宮に送る事が出来なくなります。 それで生理が狂い、子宮腺筋症になります。   2)「腎」は「先天の精」と言って貴女の血筋を司る所です。 腎から子宮に先天の精を正常に送る事が出来なければ、生理が狂います。   このように 五臓が正常な働きを果たさくなった為に子宮腺筋症が起きます。     中医学では 子宮腺筋症の治療は3種類を同時にします。 第1)臓器の治療 先に説明しましたように子宮腺筋症は五臓が関係しています。 肺・心・脾・肝・腎が関係します。 この治療をします。   第2)血の治療 血がどのような状態になっているのか? 血の質が悪くなっている場合が多い。 鬱血・毒素を含む状態になっている。 この治療をします。   第3)血の通路の治療 五臓から血が子宮に流れて来ます。 子宮と臓器の連絡通路が有ります。 それが経絡(けいらく)です。   経絡が詰まって居たら子宮には血が来ません。 経絡の治療をします。   第四)津液の治療 津液がかたまり、子宮に流れる血の流れを妨げると 最終的に子宮腺筋症になっています。 従って津液のかたまりを溶かし 血の通りを回復させる事で子宮腺筋症は無くなります。     子宮腺筋症は子宮の機能が損傷した為です。 子宮腺筋症は特に多いのが30〜50才です。 しかも出産経験のある人の方が多い。 つまり生理・妊娠・出産の年代で起きます。   気になる記述が医学書にあります。 何かの手術をした影響で子宮腺筋症になるケースも多いとの事です。   生理・妊娠・出産の機能と子宮腺筋症の関係は? 子宮腺筋症は生理を正常に出来なかった為です。 つまり毎月の生理が正常にできる事で妊娠・出産も無事に出来ます。 逆に言えば、生理が正常に出来ている状態では子宮腺筋症にはなりません。   子宮腺筋症を治すには どこが影響して生理が不調になっているかを調べる必要があります。     子宮腺筋症は「痛経・癥瘕・生理不順」の範疇です。 中医学で子宮腺筋症を治療する上でこの三つの部類が象徴的です。 「痛経」は生理痛です。 「癥瘕」は腹のなかにシコリができる事です。   生理痛が有る人は多いと思います。 そして生理不順を伴っている人も多いですね。 その状態が進んで子宮腺筋症が形成されたのです。 ...

総合ページ

2020/1/9

卵巣腫瘍(卵巣しゅよう)-の消滅治療薬 病院仕様 医師処方 個人輸入 総合情報。

卵巣腫瘍の総合ページです。 中医学は卵巣腫瘍の根本治療をします。   卵巣腫瘍の状態、中医学で診断---中医婦科 状態 1)   気---卵巣腫瘍 ①気が中心となって悪くなっている状態。 ②気が集まって痛みを作っている。   ③気の流れが鬱滞している。 ④「気と血」が鬱滞している。 ⑤月経が失調している。   状態 2)血---卵巣腫瘍 ①血が内部で固まっている。 ②卵巣腫瘍が固くなり、位置が定まり押えても移動しない。 ③押えると痛い。   ④血の量が不十分なので月経の終わりが伸びたり、月経が無くなっている。 ⑤血が阻滞している。 ⑥新血の流れが正常にできない。   状態 3)津液---卵巣腫瘍 ①卵巣腫瘍は押えると固くない、押えても移動しない。 ②時々痛い。 ③オリモノの量が多く、色は白い。 ④気分が悪く吐き気がする。   ⑤津液が集まって硬くなった。 ⑥経絡が失調し、月経が狂い、月経が行われなくなる。 ⑦オリモノの量は多く、色は白い。     卵巣腫瘍の原因、中医学の説明 原因 1)気---卵巣腫瘍 気が子宮に停滞し卵巣腫瘍が形成された。   原因 2)血---卵巣腫瘍 ・気が逆流し血が溜まる。 ・気が固まり血が滞留する。 ・胞脈が空虚になり気血が擬滞する。 瘀血が子宮にたまり卵巣腫瘍を形成します。   原因 3)津液---卵巣腫瘍 津液が集まり痰が形成された。 痰が擬集し子宮内に卵巣腫瘍を形成した。 卵巣腫瘍の治療---中医婦科 治療 1)   気---卵巣腫瘍 ①気の流れを良くする治療をします。 ②気の滞留をなくす治療をします。 ③卵巣嚢腫の固まりを散らす治療をします。   治療 2)血---卵巣腫瘍 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②卵巣腫瘍の壁を溶かす治療をします。 ③卵巣腫瘍を消滅させる治療をします。   治療 3)津液---卵巣腫瘍 ①痰を溶かす治療をします。 ②卵巣腫瘍の固まりを散らす治療をします。 ③卵巣腫瘍を消す治療をします。       なぜ卵巣腫瘍が悪化するのでしょうか? 貴女は卵巣腫瘍は五臓を治療すれば良くなる事を知らないと思います。 その説明をします。   下の写真は中国の医大で医学生やインターンを指導する時の医学書の一部です。 この医学書は中医学(漢方)に携わる世界の医師が使っている書です。 卵巣腫瘍が出来る原因やメカニズムが書かれています。   これを見ればどこを治療すれば良いか分かります。 卵巣・子宮に詳しい医学書が出たのは紀元前200年の医学書<内経>です。 卵巣腫瘍の呼び名は近年のもので、元々は「癥假」と呼びます。   卵巣腫瘍は五臓六腑の失調と書いています 上記の医学書の三行目に「卵巣腫瘍のメカニズムの中心は五臓六腑の失調である」と書いています。 結論を先に説明します。   五臓が悪くなっている場合が多い。 実際に診断を受けますと、五臓の内、2〜3ヶ所が悪くなっている場合が多い。 五臓を知っていますか? 「心・肺・脾・肝・腎」です。   卵巣腫瘍は五臓を良くすれば、治療後の健康状態は正常になります。 この治療は中国の大病院の名医なら出来ます。 注意:西洋医学とは判断が違います。   西洋医学で五臓が正常であっても、中医学の判断では悪くなっているケースが多い。 これは臓器の役目や機能の判断が全く違うためです。   卵巣腫瘍は血の問題と書いています 血の流れの治療をすると卵巣腫瘍は消えます。 上記の医学書の下4行は卵巣腫瘍が「血の問題」「血脈と経絡」の問題と書いています。 この治療は貴女はしていません。 この治療は中国の大病院なら出来ます。     卵巣腫瘍はなぜ起きたのか 上記の説明だけだは、まだはっきり理解できないと思いますので、詳しく説明します。   五臓との関係 卵巣は妊娠をし子供を授かる為の大事な臓器です。 卵巣腫瘍は毎月の生理が正常に出来なくなった為です。 女性の生理は子宮・卵巣だけでしているのでは有ません。 五臓の全部が連携プレイで行なっています。   だから五臓が不調になると生理が正常に出来なくなり、その影響で卵巣腫瘍になったのです。 五臓の内、子宮・卵巣の血に関係するのは心・肺・脾・肝です。 ここから血が流れて来れば生理は起きます。   腎は「先天の精」と言って、あなたの血筋が宿っています。 ここから子宮に「先天の精」が流れてくるので、あなたの血筋を引いた子供が授かります。 五臓と子宮はチームで生理を起こさせています。   五臓から出た血が正常でない。 1)五臓と子宮・卵巣は血管と経絡(けいらく)で繋がっています。 どちらも血の通り道です。ここが詰まっている場合が多い。 それで血が流れなくなり生理が不順になると卵巣腫瘍に進みます。   2)経絡(けいらく)の中に本来は血が流れていますが、そうでは無く、別のものが入り込み、血の流れを阻害している場合があります。 これで血が流れなくなり生理不純になり、卵巣腫瘍に発展します。   3)血が瘀血となって子宮内に溜まっている。 産後に子宮から完全に血が出らず残っている、あるいは生理中の性交渉によって子宮に血が残り瘀血となった。 これが卵巣腫瘍に発展した。     中医学ではこれを正常に戻す治療をします。 血の流れが正常に戻り、毎月の生理機能が正常に戻れば、卵巣腫瘍は改善の方向に進みます。 そして治療後の状態が良くなります。   卵巣腫瘍を消す治療とは もう一つしなければならない事があります。 それは今できている卵巣腫瘍を溶かす事です。 これは治療の中で次第に溶かします。     卵巣腫瘍の難易度 卵巣腫瘍は硬さ、大きさで治療が変わって来ます。 1)卵巣腫瘍が柔く、押すと移動するタイプ。 これは一番溶かしやすいタイプです。   2)卵巣腫瘍が非常に硬い、押しても動かない。 これは溶かすのに 少し時間が掛かります。   3)卵巣腫瘍の大きさが大きい。 これは一概に言えませんが、病状により医師が手術と漢方(中医学)の併用を勧める時があります。 (もっと大きい人でも中薬を希望して治療する人も多い) 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   病状によっては、医師から食事の指導がきます。 意外と日本人が良く食べている身近なものが卵巣腫瘍の原因になっている時があります。 薬で治療する事と並行して、ちょっとしたお料理で体を良くする場合があります。 これで体質がどんどん変わって来ます。 卵巣腫瘍を治療しながら良い健康管理を実現するのが大事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「卵巣腫瘍」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「卵巣腫瘍」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。   中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「卵巣腫瘍」の治療でも出ています。   「卵巣腫瘍」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「卵巣腫瘍」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 ...

総合ページ

2020/1/22

卵巣膿腫(卵巣のうしゅ)手術せず原因を全部治療 再発・後遺症なし 中医学・大病院・名医 総合情報。

卵巣嚢腫の総合ページです。 中医学は卵巣嚢腫を根本治療します。 この治療方法は体に良い画期的な治療方法です。   あなたは卵巣嚢腫の安心できる治療をしたいですか? ①原因の治療 ②内臓の損傷箇所の治療 ③卵巣嚢腫を取る 中国も日本も西洋医学は③番だけの治療です。 ①②の治療をして無いですから、再発・副作用が出ます。   中医学の治療方法は ①原因を治療します。 ②内臓の損傷箇所を治療します。 その途中で③卵巣嚢腫が消えます。 この治療は再発や後遺症が発生する原因が全く無いですから 卵巣嚢腫ができる前以上に健康な状態にします。   15億人が活用している医療です。 医師のレベルで治療効果が違いますので、 ビビッド・ライフは上海の一流大病院・医師に依頼してます。   卵巣嚢腫の状態---中医婦科 状態 1)   気が悪化---卵巣嚢腫 ①気が中心となって悪くなっている状態。 ②気が集まって痛みを作っている。 ③気の流れが鬱滞している。 ④子宮につながる経絡(血の通り道)が失調している。 ⑤月経が失調している。   状態 2)血が悪化---卵巣嚢腫 ①血が内部で固まっている。 ②卵巣嚢腫が固くなり、位置が定まり押えても移動しない。 ③押えると痛い。   ④子宮の経絡(血の通り道)が失調している。 ⑤血海の血の量が不十分なので月経の終わりが伸びたり、月経が無くなっている。 ⑥或いは、血が阻滞している。 ⑦新血の流れが正常にできない為、月経の量が多すぎ、月経期間が延長になる。   状態 3)津液が悪化---卵巣嚢腫 ①卵巣嚢腫は押えると固くない、押えても移動しない。 ②時々痛い。 ③オリモノの量が多く、色は白い。 ④気分が悪く吐き気がする。   ⑤余分な津液が集まって硬くなっている。 ⑥胞絡を津液の塊が阻いでいる。 ⑦或いは津液の塊が子宮の経絡(値の通り道)を阻いでいる。 ⑧経絡が失調し、月経が狂い、月経が行われなくなる。 ⑨オリモノの量は多く、色は白い。   状態 4)津液に熱---卵巣嚢腫 ①津液に熱が加わり、長く温存、蒸されて毒を作っている。 ②やがて子宮につながる経絡(血の通り道)が阻滞された。 ③卵巣嚢腫を作った。   ④押えると痛い、下腹と腰、尾骶骨付近が痛い。 ⑤月経が長引き、月経量が多い。 ⑥熱が盛んで津液を損傷している。   (主要ポイントを説明)   卵巣嚢腫の原因、中医学の説明---参考:中医婦科学 原因 1)気が悪化---卵巣嚢腫 気が鬱滞し卵巣嚢腫が形成された。   原因 2)血が悪化---卵巣嚢腫 血の塊が子宮にたまり卵巣嚢腫を形成した。   原因 3)津液が悪化---卵巣嚢腫 津液が内停し集まり塊が形成された。 津液は擬集し子宮内に卵巣嚢腫を形成した。   原因 4)津液と熱---卵巣嚢腫 津液と熱が子宮内に卵巣嚢腫を形成した。   (主要ポイントを説明) 卵巣嚢腫の治療----中医婦科 治療 1)   気の悪化---卵巣嚢腫 ①気の流れを良くする治療をします。 ②気の滞留をなくす治療をします。 ③卵巣嚢腫の固まりを散らす治療をします。   治療 2)血の悪化---卵巣嚢腫 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。 ③卵巣嚢腫の壁を溶かす治療をします。 ④卵巣嚢腫を消滅させる治療をします。   治療 3)津液の悪化---卵巣嚢腫 ①津液の塊を溶かす治療をします。 ②余分な津液を取り除く治療をします。 ③卵巣嚢腫の固まりを散らす治療をします。 ④卵巣嚢腫を消す治療をします。   治療 4)津液と熱---卵巣嚢腫 ①熱を清める治療をします。 ②余分な津液の流れを良くして、取り除く治療をします。 ③解毒の治療をします。 ④卵巣嚢腫を消す治療をします。   (主要ポイントを説明)   なぜ卵巣嚢腫が悪化するのでしょうか? 貴女は卵巣嚢腫は五臓を治療すれば良くなる事を知らないと思います。 その説明をします。   下の写真は中国の医大で医学生やインターンを指導する時の医学書の一部です。 この医学書は中医学に携わる世界の医師が使っている書です。 卵巣嚢腫が出来る原因やメカニズムが書かれています。   これを見ればどこを治療すれば良いか分かります。 卵巣・子宮に詳しい医学書が出たのは紀元前200年の医学書<内経>です。 卵巣膿腫の呼び名は近年のもので、元々は「癥假」と呼びます。   下記の医学書にありますように紀元前200年の<内経>。 隋の時代の<諸病源候論>。 唐の時代の<千金要方>などの医学書は、歴代の医学者が卵巣嚢腫の原因やメカニズムを非常に詳しく書いています。   卵巣嚢腫は五臓六腑の失調と書いています 上記の医学書の三行目に「卵巣嚢腫の発病メカニズムの中心は五臓六腑の失調である」と書いています。 結論を先に説明します。   五臓が悪くなっている場合が多い。 実際に診断を受けますと、五臓の内、2〜3ヶ所が悪くなっている場合が多い。 五臓を知っていますか? 「心・肺・脾・肝・腎」です。   卵巣嚢腫は五臓を良くすれば、治療後の健康状態は正常になります。 この治療は中国の大病院の名医なら出来ます。 注意:西洋医学とは判断が違います。   西洋医学で五臓が正常であっても、中医学の判断では悪くなっているケースが多い。 これは臓器の役目や機能の判断が全く違うためです。   卵巣嚢腫は血の問題と書いています 血の流れの治療をすると卵巣嚢腫は消えます。 上記の医学書の下4行は卵巣嚢腫が「血の問題」「血脈と経絡」の問題と書いています。 この治療は貴女はしていません。 この治療は中国の大病院なら出来ます。     卵巣嚢腫はなぜ起きたのか 上記の説明だけだは、まだはっきり理解できないと思いますので、詳しく説明します。   五臓との関係 卵巣は妊娠をし子供を授かる為の大事な臓器です。 卵巣嚢腫は毎月の生理が正常に出来なくなった為です。 女性の生理は子宮・卵巣だけでしているのでは有ません。 五臓の全部が連携プレイで行なっています。   だから五臓が不調になると生理が正常に出来なくなり、その影響で卵巣嚢腫になったのです。 五臓の内、子宮・卵巣の血に関係するのは心・肺・脾・肝です。 ここから血が流れて来れば生理は起きます。   腎は「先天の精」と言って、あなたの血筋が宿っています。 ここから子宮に「先天の精」が流れてくるので、あなたの血筋を引いた子供が授かります。 五臓と子宮はチームで生理を起こさせています。   五臓から出た血が正常でない。 1)五臓と子宮・卵巣は血管と経絡(けいらく)で繋がっています。 どちらも血の通り道です。ここが詰まっている場合が多い。 それで血が流れなくなり生理が不順になると卵巣膿腫に進みます。   2)経絡(けいらく)の中に本来は血が流れていますが、そうでは無く、別のものが入り込み、血の流れを阻害している場合があります。 これで血が流れなくなり生理不純になり、卵巣嚢腫に発展します。   3)血が瘀血となって子宮内に溜まっている。 産後に子宮から完全に血が出らず残っている、あるいは生理中の性交渉によって子宮に血が残り瘀血となった。 これが卵巣嚢腫に発展した。     中医学ではこれを正常に戻す治療をします。 血の流れが正常に戻り、毎月の生理機能が正常に戻れば、卵巣嚢腫は改善の方向に進みます。 そして治療後の状態が良くなります。   卵巣嚢腫を消す治療とは もう一つしなければならない事があります。 それは今できている卵巣嚢腫を溶かす事です。 これは治療の中で次第に溶かします。   実際にビビッド・ライフを活用した人は 「知り合いの紹介でビビッド・ライフを知りました。 最初、◇百宝元を飲んだのが良かった。 体を慣らすのと、ビビッド・ライフの情報を色々知ることが出来たからです。   卵巣嚢腫は4cm位で流動的でした。 何ヶ月が中国から薬を取り寄せて飲んだら卵巣嚢腫が完全に消えたのには驚きです。 最近、子供が生まれました。なんとか40歳手前で生まれました。   嬉しくてたまりません。 卵巣嚢腫が有った頃は全身も不調で、弱り切っていました。 生理も正常になり、年齢にふさわしい健康体になりました。 中国の薬には期待していました。 それが実現できて本当に嬉しい。」     卵巣嚢腫の難易度 卵巣嚢腫は硬さ、大きさで治療が変わって来ます。 1)卵巣嚢腫が柔く、押すと移動するタイプ。 これは一番溶かしやすいタイプです。   2)卵巣嚢腫が非常に硬い、押しても動かない。 これは溶かすのに 少し時間が掛かります。   3)卵巣嚢腫の大きさが5cmを越す。 これは一概に言えませんが、病状により医師が手術と漢方(中医学)の併用を勧める時があります。 (もっと大きい人でも中薬を希望して治療する人も多い) 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   病状によっては、医師から食事の指導がきます。 意外と日本人が良く食べている身近なものが卵巣嚢腫の原因になっている時があります。 薬で治療する事と並行して、ちょっとしたお料理で体を良くする場合があります。 これで体質がどんどん変わって来ます。 卵巣嚢腫を治療しながら良い健康管理を実現するのが大事です。   ...

総合ページ

2020/1/9

多発性嚢胞腎 嚢胞肝 根本治療薬 総合情報。

  ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 ご希望のお薬の個人輸入を代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   多発性嚢胞腎の総合ページです。   中医学の大病院・名医は多発性嚢胞腎の根本治療をします。 初期・中期・後期が有り、病の深さが個人により違い、治療による改善度、治療期間は個人により違います。 早い段階の治療開始が大事です。     記事担当の後藤です。 「私は小学生の時に腎盂炎になりました。 あと数時間で命がないところでしたが近くの内科病院のお陰でたすかりました。 その後、長年、腎が虚弱な為、虚弱体質でずっと苦労しました。」   「多発性嚢胞腎は腎臓の病気の中でも最も難しタイプです。 中医学の大病院や名医は多発性嚢胞腎・嚢胞肝を根本治療します。」     多発性嚢胞腎の原因---中医学 原因 1)肝腎陰虚 肝・腎の両方の陰が虚弱。 肝の陽が旺盛。 目眩、耳鳴り、熱がある、膝・腰がだるく痛い。   原因 2)脾腎陽虚---多発性嚢胞腎の晩期。 脾腎の陽が虚弱。 湿と瘀血が互いに津液・血の流れを阻んでいる。 顔が白く浮腫んでいる。 寒がりで手足が冷え、腹・腰が冷えて痛い。 尿毒がある。   原因 3)温熱中阻---多発性嚢胞腎の後期。 湿熱が胴体の中位置くらいで津液の流れを阻いでいる。 吐き気が頻繁、食欲が無い。 目眩、皮膚が痒い、腰がだるい、動悸がする。 尿毒症。 多発性嚢胞腎の後期。   原因 4)陰虚内熱---血尿の人が多い。 陰が虚弱 体内に熱がこもっている。   原因 5)下焦湿熱---尿路から感染している人が多い。  下腹に湿熱が溜まっている。 熱尿、頻尿、急尿、湿尿、尿痛が有る。 発熱がある。 多発性嚢胞腎の治療---中医学 治療 1)肝腎陰虚 肝・腎の両方の陰が虚弱、肝の陽が旺盛。 ① 肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③肝を落ち着かせる治療をします。 ④肝の陽の高まりを落ち着かせる治療をします。   治療 2)脾腎陽虚---多発性嚢胞腎の晩期。 脾腎の陽が虚弱、湿と瘀血が互いに津液・血の流れを阻んでいる。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②陽を温める治療をします。 ③津液(水)の流れを良くする治療をします。   治療 3)温熱中阻---多発性嚢胞腎の後期。 湿熱が胴体の中位置くらいで津液の流れを阻いでいる。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。 ③血の働きを活発にする治療をします。 ④経絡の気血が通りが良くなるよう治療します。   治療 4)陰虚内熱---血尿の人が多い。 陰が虚弱、体内に熱がこもっている。 ① 陰を滋養する治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③血の熱を下げる治療をします。 ④止血の治療をします。   治療 5)下焦湿熱---尿路から感染している人が多い。  下腹に湿熱が溜まっている。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。   多発性嚢胞腎の治療のステップ①〜⑦ 多発性嚢胞腎を中国の大病院・名医が行う治療。 ①  腎臓が損傷している部分に対し根本から治療します。 ② 損傷を受けた腎臓の細胞を修復する治療をします。 ③ 嚢胞の増大を抑えます。 ④嚢胞に溜まる水の元を抑制します。 ⑤嚢胞を次第に軟化させます。 ⑥嚢胞を次第に縮小させます。     中医学で実際に治療する方法は3種類あります。 1)多発性嚢胞腎は必ず「腎」を治療します。 ①腎を補い温める治療をします。 ②腎の熱を清める治療をします。 ③腎に影響している湿邪を取る治療をします。   2)腎以外の臓器を治療します。 ①肺を治療する時が有ります。 ②脾を治療する時があります。 ③肝の臓器も治療する時があります。 ④その他にも臓器を治療する時があります。   3)血の治療をします。 ①血の熱を清める治療をします。 ②止血の治療をします。 ③血の働きを活発にします。 ④血の固まりやうっ血を溶かす治療をします。   4)湿・津液(水)の治療をします。 ①湿を取り除く治療をします。 ②津液が痰を溶かす治療をします。     多発性嚢胞腎の症状 ・浮腫み、手足が寒く冷える、足腰がだるい、精神的に疲れる、体に力が無い、食欲不振、下痢、尿の量が少なく短いか長い。 ・手足が浮腫む、尿が出にくい、刺すような痛みがある、焼け付くような熱がある、背中・腰が張って痛い、食欲不振、口がべとつく、体が張って重たい。 ・排尿は短く赤い血を帯びている、耳鳴り、めまい、精神的疲れ、口が乾く、喉が乾燥している、膝・腰がだるい。   症状は診断で大事な判断材料です。     下の医学書は黄含教授や多くの医大の教官が 医学生やインターンに指導する時の医学書です。 世界の中医学の医師が持っている共通の医学書です。 見出しの太文字は「腎の病」の事です。   つまり人体の大元は実は「腎」なのです。 下の写真の2行目、中頃に「腎は人体の成長、発育、生殖の源であり、生命活動の根本」と書いています。   腎が全体の臓器の中心です。 ですから多発性嚢胞腎はもっと進むと肝・胆・膵・脾・卵巣にも嚢胞ができる場合があります。 これらの臓器は全て「腎」とつながっているからです。嚢胞腎が広がる理由がこれです。     治療によって結果が違って来ます。 多発性嚢胞腎は次第に腎不全に進む人が多い。 人工透析の治療が非常に多い。 腎の治療が難しいから悪化・進みます。   根本から良くしたい時は中医学・大病院・名医に相談すると事が大切です。 そのような病院は多発性嚢胞腎を根本治療する良い診断方法や優れた治療薬があります。 少しでも早い段階が良いです。   現実に中医学の診断受けた方は 腎・肝がすでに嚢胞になっている人が多い。 胆・膵・脾・卵巣については、嚢胞にはなっていないが、すでにポリープなどが出来て手術をしていたり、不調で既に治療中の人もいます。   それぞれの臓器はつながっていますので、中医学の専門医に診断を依頼し、総合の治療を受ける必要があります。 診断では脾・胃・腎・胆などや血、免疫などがどうなっているか詳しく分かります。 病状に応じた治療薬を出して下さいます。     多発生嚢胞腎の治療方法 中医学の情報 1)西洋薬による治療 安生要約だけでは薬の副作用が多い、悪化を止めることが出来ていません。 かならず中医学の薬と組み合わせて治療します。   2)手術による治療 手術6ヶ月前後で再発する場合が多く、腎機能が急速に落ちます。 この為、中医学の病院では、手術をする場合でも必ず中薬(漢方薬)の治療をして、再発させないようにします。   3)中医学(漢方)の薬による治療 どの優秀な中医師に聞いても、中薬(漢方)の服用による治療は非常に良い結果を出しているとの判断です。     中医学の治療ポイント ①腎が嚢胞を作る構造を持っています、その構造を無くす治療をします、これが最も大事です。 ②嚢胞には水が溜まった袋があります、これから水を出す理療をします。 ③これに従って嚢胞が縮小させる為の薬を使います。   この治療を中薬(漢方)でします。 副作用がありません。 病状により、医師判断で中医薬と一部に西洋薬を組み合わせる方法で治療する場合もあります。(中西医結合医学)     多発生嚢胞腎の水の出し方 非常に根の深い病気です。 嚢胞から水を出す薬を使いますが、袋に新しく水を作る構造がありますので、その構造がおさまり、最後の水が出終わるまでに4ヶ月〜1年掛かります。 期間が長いのは、腎や他の損傷した臓器の細胞に対して治療しますので、細胞が回復するのを待つ期間が必要です。 嚢胞から水を抜く薬は急激に抜くのでは無く、水が出てくる原因の治療をします。       中医学は世界で最も歴史があります。 多発性嚢胞腎が医学書に歴史上、初めて乗ったのは、紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」です。 この医学者では、それよりもずっと前から多発性嚢胞腎が治療されて来た。 そして多発性嚢胞腎の詳しい原因や治療法がすでに存在する事を表しています。   (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して「内経」と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、多発性嚢胞腎を根本治療しているのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な大病院や名医なら正確な診断・治療が可能です。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   食事の指導 医師は必要に応じて食事の指導をします。 食事の影響が大きい場合があります。 治療中、絶対に食べてはいけないものがあります。 基本的に治療は中薬(漢方薬)だけでしますが、人によってはちょっとした食材を薬として使うときがあります。     多発性嚢胞腎とは何? 1)左右の腎臓に水分が溜まった袋が多数でき、腎が大きくなり、そのため腎が機能低下する病です。 多発性嚢胞腎だけでなく多発性嚢胞肝を伴う場合が多い。   2)遺伝性疾患です。 すでに胎児の時に多発性嚢胞腎になっています。 しかし非常に小さいので検査で発見されません。   次第に増大し、早い場合は3歳で発病に気付きます。 ...

総合ページ

2020/1/9

ネフローゼ症候群は根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

ネフローゼ症候群の総合情報ページです ネフローゼ症候群の原因はすでに紀元前200年前に解明されています。 中医学は根本治療をします。   どうやれば体が良くなるか? 「記事作成:担当の後藤です。 ネフローゼ症候群になって大変お困りと存じます。   中医学大病院・名医の場合、根本治療をしています。 詳しい情報を書きますのでご覧下さい。」   ネフローゼ症候群の原因 参考:中医内科学 原因1)風邪襲表 ①風邪が人体を傷つけると寒や熱が体に溜まりやすくなり、風・湿・熱が体を襲う。 ②あるいは風邪が鼻口から侵入し、喉を詰まらせ固まりを作り、肺にこもり蒸す。 ③または皮毛が激しく打たれ、肺が侵された。 これらによりネフローゼ症候群が発症した。   原因2)外感水湿 ①湿地に長く住んでいた、豪雨の中を水に浸かりながら歩いたりして、 水湿が体内に侵入した為、脾陽を止める事が出来ない。 ②あるいは、すでに水湿の状態になっている。 ③又は、浮腫になりやすい。 この状況でネフローゼ症候群が形成された。   原因3)傷毒内犯 ① 潰瘍の傷、溶連菌による皮膚の化膿性炎症がまだ良くなっていない為、肺脾が悪くなりネフローゼ症候群が形成された。 ②若い人の場合、血熱が傷を生み、変化して浮腫が発生する。 この状況でネフローゼ症候群が形成された。   原因4) 囊赋不足 先天的な体質が薄弱である。 精気不足がネフローゼ症候群を発病する体質的な基礎である。 この為に外邪の影響を受けやすく発病しやすい。   原因5)飲食不節 ①脂っこい甘い物、海鮮など美味しいものを食べすぎ、酒を飲み過ぎて、脾・意を損傷した。 ②あるいは飲食に節度がない為に、脾気が栄養を失った。 ③又は冷たいものを食べ過ぎたり、湿燥の薬を飲みすぐると、脾・腎を損傷させる。 いずれもネフローゼ症候群を発症させる重要な原因です。   6) 久病労疲 過剰な労働で「腎・脾」を損傷した為にネフローゼ症候群を発症した。     上記の原因は2つのタイプに分かれます 参考:中医内科学 上記に6つの原因を説明しました。 これは「陰陽」の二つに分かれます。   ①陽のタイプ これは風邪、傷の毒、水質が発端となって発病したネフローゼ症候群です。   ②陰のタイプ これは飲食、過労、先天的・後天的な原因で発病したネフローゼ症候群です。     ネフローゼ症候群の治療方法 参考:中医内科学 「陽」のタイプの治療方法 これは風邪、傷の毒、水質が発端となって発病したネフローゼ症候群です。   1)風水相搏の治療 これは風と水が強く結びついたタイプです。 ①風を解き放すように体から出す治療をします。 ②肺の働きを良くする治療をします。 ③水の流れを良くする治療をします。   2)湿毒侵淫の治療 これは湿毒の侵入が激しいタイプです。 ①肺の働きを良くする治療をします。 ②解毒の治療をします。 ③湿が溜まらないように流れ出す治療をします。 ④浮腫を消す治療をします。   3)水湿侵漬の治療 湿が侵入し水に漬かったタイプです。 ①脾の働きが良くする治療をします。 ②湿を取り払う治療をします。 ③陽の通りを良くする治療をします。 ④水の流れを良くする治療をします。   4)湿熱壅の治療 湿が侵入し水に漬かったタイプです。 ①湿と熱を分ける治療をします。 ②湿を体から取る治療をします。 ③熱を体から取る治療をします。       「陰」のタイプの治療方法 これは飲食、過労、先天的・後天的な原因で発病したネフローゼ症候群です。   1)脾陽虚衰の治療 これは脾の陽が虚弱、衰弱したタイプです。 ①脾を健康にする治療をします。 ②陽を温める治療をします。 ③水の流れを良くする治療をします。   2)腎陰衰微の治療 これは腎の陰が衰弱し微妙なタイプです。 ①腎を温める治療をします。 ②陽を助ける治療をします。 ③気の流れを良くする治療をします。 ④水の流れを良くする治療をします。   3)瘀水互結の治療 これは水が止まり湿が阻っています。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②水の瘀を溶かし流し出す治療をします。 ③気の流れを良くする治療をします。 ④水の流れを良くする治療をします。       ネフローゼ症候群の原因・メカニズム ---補足説明   ネフローゼ症候群は五臓が原因です。 腎が単独で悪くなっているのでは無く、その他の臓器も悪くなっています。   原因①  特に「肺・脾・腎」が悪くなっています。 日本で知られている知識からすると、この三つの臓器はバラバラに考えられるでしょうが、実は同じ目的で動作している面があります。 その面が故障したのです。   ・「肺」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。 ・「脾」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。 ・「腎」の役目は色々ありますが、その中の一つは「水」を扱います。   この3つの臓器は連携プレイで、水を身体中に回し、体を守っているのです。 この水の処理をする「肺・脾・腎」が故障しています。   この為、大量の尿タンパクが出たり、重い水浮腫、低タンパク、高脂血症などになったのです。 これがネフローゼ症候群の本当の原因です。   原因②肝が不調になった為。 もう一つ原因になる場合が有るのは、 体内で「湿熱」がこもり、これが病の温床となってずっと体内で溜まる事です。 この状態は「肝・腎」を特に消耗・損傷させます。   「肝」は体内の血を循環させたり、血を蓄える仕事をしています。 しかし、先ほどの「湿熱」の影響で「肝」の働きが落ち、血の固まらせ停滞させ、水の流れを止めます。 このような事でネフローゼ症候群が形成されます。   ネフローゼ症候群は 上記のように五臓の内「肺・脾・腎・肝」の四つまでもが悪くなっています。 これは大概の人が、腎臓以外が悪くなっているのを気づきません。 検査しても悪くなっているのがわかりません。   実は中医学と西洋医学は人体の構造についての分析が大幅に違います。 今まで分からなかった原因が中医学では詳しく分かります。     ネフローゼ症候群の中医学治療 補足説明   中医治療①---「脾虚・湿」 ・「脾」を健康な状態にする治療をします。 ・「脾」の持つ「気」の働きを益す治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。 ・過剰な湿を取る治療をします。   中医学治療②---「脾・肾・陰虚・気虚」 ・脾と腎が同時に悪くなっているパターンです。 ・脾腎を補う治療をします。 ・脾腎を温める治療をします。 ・水の流れを良くする治療をします。   中医学治療③---「肝・腎・陰虚」 ・肝腎が共に陰虚になっている状態です。 ・肝腎を滋養する治療をします。 ・肝腎を補う治療をします。 ・陰の力を上げる治療をします。 ・熱を清める治療をします。   中医学治療④---「湿熱」 ・湿熱が体の奥深くに溜まり固まっている状態です「湿熱蕴结」。 ・熱を清める治療をします。 ・湿熱で出来た毒を消す治療をします。 ・湿の流れを良くする治療をします。 ・腫れを良くする治療をします。   中医学治療⑤---「気虚・陰虚」 ・気が虚になり、陰が虚になっているパターンです。 これは脾肺腎が悪くなっています。 ・気を補う治療をします。 ・脾を健康にする治療をします。 ・肺腎を清める治療をします。 ・肺腎を養う治療をします。   治療はパターンがあります。 ネフローゼ症候群には悪くなっている臓器や箇所、状態などのパターンがあり、それぞれに合わせた治療薬があります。 病状に応じて薬の組み合わせ、量の調整が必要です。 この診断は非常に難しく、中国でも名医と呼ばれる熟練の中医師に診断を仰ぐげば出来ます。   また治療には病状に合わせた薬(中薬)が必要ですが、これは全て上海など、中国の大病院の医師に診断・相談し、病院より薬を出して頂けば入手できます。     自分の身を削らない。自分の身を守る方法。 世界の医学は大きく分けて西洋医学と中医学(中国の漢方)に分かれます。   人体の構造や働きをどう見ている医学なのか? によって治療方法が違い、結果も違ってきます。 中国は西洋医学と中医学(中国の漢方)があり、さらに両方の医学を合体させた医学もあります。   中国の中医学の大病院を色々調べますと ネフローゼ症候群は体にやさしく、いかにして体を本来の状態に戻すか〜の治療をしますので、大変良い成果を出しているのは事実です。     上海トップ10に入る大先生 以前、上海に行った時に日本からの依頼者を診断して下さった先生はなんと上海ではトップ10に入る大先生でした。 診断を受けるのが非常に大変で、ずっと前より上海医学会の有力者よりお願いを入れましたが、多忙な先生で、当日ギリギリまで診断可能かわから無かった状態です。   後になって上海でも超有名な先生と聞き、なおさら驚いた次第です。 中国医学会は上海と北京がトップで作られた組織ですので、先生は中国全土でもトップランクの先生と言えます。 中国に駐在した経験の方はご存知と思いますが、中国では医師の実力で治りが大きく違います。   中国人でも病気になると良い先生から診断・治療を受けるのはほとんど難しいと言います。 ですから、この先生の診断を受けられた人は本当にラッキーでした。 (現在は上海に行く必要はありません)   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2200年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 また使用する医薬品も中国でしか手に入らない物です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国のネフローゼ症候群の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   ネフローゼ症候群を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 ...

総合ページ

2020/1/9

てんかん 中医学・大病院・名医 根本治療薬 総合情報。

ご覧いただきまして大変有り難うございます。 難しい病で大変お困りと存じます。 この病気はまだ初期の人、ずっと長い人と色々な状態です。 原因が生まれついて、幼児の時、大人になってからなどと違いが有ります。   <お薬の個人輸入に当たって> 中医学は優れた治療薬が有ります、しかも根本治療です。 ご希望の方にお薬の個人輸入を代行します。   質問)根本治療のメリットなんですか? 中医学は病気を火元から治す治療です。 火元を消滅させるので、後遺症が残ったり、 他の病気に発展する悪循環をしません。 ほとんど全ての病気の原因が分かります。 ほとんど全ての病気を根底から治療します。     体を断片ではなく全体が繋がっている前提で見ていますので、 体内がどの様に連鎖して悪くなっているか非常に鮮明に分かります。 検査器具や測定器ではわからない事、目に見えない事まで分かります。 どのような感情が原因で病が起きたかも分かります。 「未病」と言って、まだ病気になっていない段階、 病気に発展している途中段階も克明に分かり早期治療できます。 薬の種類が非常に豊富です。 病人は様々な症状が出ます。 あらゆる病状に対して非常に詳細な薬の種類があります。   優れた治療を出していただく為に、 中医学の一流の医師に資料を送りお薬を紹介していただく制度を取っています。 薬は大病院が出します。 医療法の薬ですので必ず医師が処方します。   中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。     「てんかん」の総合ページです。 「てんかん」の原因は中医学では非常に細かく分かっています。   記事担当の後藤です。 「てんかん」で長年お困りと存じます。 てんかんは非常に難しい病ですが、中医学では詳しい原因が解明されています。 どこが大事な点なのか解説します。」   「下記の資料をご覧いただき、ご活用ください。 お元気になり、安心して生活できる日を切に願っています。」   「てんかん」の原因・メカニズム 「てんかん」は東洋医学(中医学)では詳しい原因が分かっています。 紀元前200年に当時の行政が編纂した医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」で原因が説明されています。     本物の中医学では漢方薬では無く「中薬」です。   「てんかん」は完全な中医学で説明する必要が有ります。 質問)中医学とはなんですか? 中医学は聞き慣れない言葉です。 東洋医学の中の一つで、漢方系です。 三つ有ります。 1)中医学----中国----元祖 2)漢方------日本3)韓医学---韓国名前は違いますが、流れは同じで、中国が発祥の地です。 中国は1万年前が発生で、4000年前から本格的な医療が始まりました。日本は遣隋使・遣唐使の時代に入って来ました。 各国独自の発展をし内容的に大きく違います。中国が最も歴史があります。 中医学は特に難しい病気の治療が可能です。   内臓についてですが 「中医学の五臓六腑と現代医学の内臓とは考え方や機能が全く違う」 と書いています。   1)中医学の五臓六腑----機能に付けた名称。 2)現代医学の内臓-------物体に付けた名称。 これは非常に大事な点です。       「中医学は内臓を単独のものとして見ない。」 「人体の内臓やあらゆる部位の現象や働きは五臓を中心に全部繋がり統合されている」 つまり「てんかん」の状態をたどっていくと、体の中でどのように繋がっているか 全ての原因・メカニズムが克明に見えて来ます。     「てんかん」の原因を知る 原因は色々有ります。 中医学の医師が使う医学書には全ての事が書かれています。 しかし日本では知られていない内容です。 ここでは一部ですが非常に大事な点を説明します。   「てんかん」の原因で特に関係するものが有ります。 それは「気・血・津液」です。   質問)気・血・津液はなんですか? 「気・血・津液」は人体を動かします。 人体は五臓六腑が有ります。 五臓六腑を動かし、全身を動かしているのが「気・血・津液」です。 この 「気・血・津液」が悪くなったら病気になります。   1)気----エネルギーです、血を誘導して全身に血を回します。 2)血----血液 3)津液---体液です、血以外の水質を全て津液と呼びます。   全身をこの三つが動かしています。 どれかが不調になると、体が動かなくなったり、病気になります。 「てんかん」はどれか、あるいは全部が不調になった病気です。   下記は気・血・津液が不調になった状態です。 1)気が不調になった 気虚・気滞・気逆 気はエネルギーです。 気が虚弱になっている、気の流れが停滞している、気が逆流している。 これが「てんかん」と関係している場合も多い。   2)血が不調になった 血虚・血瘀・血熱 血も「てんかん」と関係します。 血が虚弱、血が固って流れない、血が熱を持っている状態が有ります。   3)津液が不調になった 内燥・湿熱・内湿 「てんかん」は津液(体液)が関係している事が多い。 特に先天的と言われる生まれつき、幼児期からは、この津液が関係している場合が多い。 津液が体内で乾燥気味、津液が熱を持っている、体内が湿が多い状態などが有ります。       質問)なぜ医師の処方が必要ですか? 1)難しい病気の治療は病院用の薬です。 これは医師が処方しない限り使ってはならない事になっています。2)病気の原因は何か、体内でどのようにつながっているか、 他の病気とつながっていないか これは医師だから見つける事が出来ます。 体は一体ですから、それぞれの病気は全部つながっています。 これを全体的に治療できるのは中医学の優秀な医師だけです。     質問)この治療薬はどのような人に向いていますか? 何としても良くしたい〜と本気で思っている人に向きます。 無理しなくても今のままで何とかなるだろう〜と思っている人用では有りません。 この記事を見て「これに掛けてみよう」と閃く人が活用してください。     「てんかん」の原因・メカニズム〜もっと知りたい。 そう思っている方に詳しい資料を用意しました。 無料ですのでご遠慮なくご覧下さい。 「てんかん」もっと詳しい資料、情報はこちらから       <てんかん についての色々な情報> 「てんかん」個人輸入 ミツコ&姉 情報 「てんかん」 根本治療 医師処方    中医学 個人輸入「てんかん」医師処方 子供の健康 安全な薬   以上です。治療で良い結果になる事をお祈りします。     お薬の依頼・ご質問 個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International is here.     ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。  

総合ページ

2020/1/9

膣炎、膣の痒み根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

陰部の痒み、膣の痒みの総合情報ページです これは陰部・膣の単なる痒みの治療だけをすれば良いと思われています。 しかし五臓を損傷した病気なのは知られていません。 五臓から別の病気に発展する可能性があります。     記事作成:担当の後藤です。 「耐えきれないほどの痒みに悩まされていると思います。 この病気は痒み止めや、菌を殺す薬だけではなく 五臓を損傷を治療する必要が有ります。」   「これは医学的にも難しい治療になります。 中国の中医学・大病院・名医は根本治療をしています。 詳しい医学的な説明をしますので、ご覧ください。 」     中国の中医学の大病院を調べますと 婦人科の治療は体にやさしい根本治療をします。   陰部の痒み、膣の痒み、腟炎とは 参考:中医婦人科学 ① 女性の外陰部あるいは膣に痒み、耐え難い痒みと痛みを伴う。 ②オリモノの量が大変多い。 中医学では「陰痒」あるいは「陰門瘙痒」と呼びます。 陰部・膣の痒みのタイプ ①熱っぽい痒み ②湿っぽい痒み ③虫が這うような異常な痒み 虫の痒み、オリモノが多くなり、色・質が異常。 ④風寒による痒み 陰部・会陰の皮膚が白い。 ⑤精血損虚による痒み 陰部が乾燥、灼熱、皮膚が腫れているか萎縮している。  陰部・膣の痒みの原因---医学書の説明  陰部・膣の痒みは内因と外因があります。 1)内因 臓腑が損傷、弱っている。 肝・腎の機能が正常を失っている。   2)外因 湿、熱、あるいは湿熱が菌を虫を生んだ。 虫の毒が体を侵食した。 この為に外陰に痒みが出来た。   陰部・膣の痒み発病メカニズム 参考:中医婦人科学 原因1)肝経湿熱(肝鬱脾虚) ①肝气郁结,感情が肝を損傷した。 そして肝の気が鬱結した。 鬱で熱がでた。   肝鬱が脾の働きを止めた。 脾が虚弱になり湿が盛になった。 湿と熱がお互いに結びついた。   湿熱が下焦に流れ込んだ。 日が経つと虫が発生した。   虫毒が外陰部を侵食した。 このようなステップを踏んで痛み・痒みを発病した。   ②陰部が不潔であり あるいは性交時に不潔な為 これで直接に湿熱に感染して痒み・痛みを発病したり あるいは虫に直接に感染し痒み・痛みを発病した。   原因2)肝腎陰虚 体が普段から肝・腎の力が弱い。 あるいは出産の頻度が多い。 または性交渉が過剰。 老化による体の衰弱。 これにより腎気が次第に欠乏し、 陰精を消耗、損傷し、 肝・腎の陰血が損傷された。 陰虚が風・燥を生んだ。 そして隠部の皮膚た栄養を失い、痒みを生んだ。     陰部・膣の痒みの治療 参考:中医婦人科学 治療には「肝・腎・脾」の機能調整に重点を起きます。   治療1)肝经湿热 <主な症状> 隠部に痒みがある、 外陰部の皮膚が荒れ厚く増えている、粘膜が充血し破裂している、 オリモノの量が多い、 オリモノは黄色で濃い、泡が出る、 あるいは薄いグレーで乳が固まり気味のようになっている。 臭いがする。 イライラし怒りやすい。 胸の脇が満ちて痛い。 口の中が苦く粘っこい。 食欲が無い。 尿が赤黄色。 治療方法 熱を清める治療をします。 湿を取る治療をします。 虫を殺す治療をします。 痒みを止める治療をします。 治療2)肝腎陰虚 <主な症状> 陰部が痒い 潤いのない灼熱が有る。 夜間に痒みが増す。 会陰部(陰部と肛門の間)の肌が薄い白になっている。 皮膚が粗くザラザラしている。 あかぎれになり破裂している。 めまい、耳鳴りがする。 手足胸に不快な熱がある。 焼け付くような熱で汗が出る。 足腰がだるい。 口が渇き食欲が無い。 治療方法 陰を滋養する治療をします。 腎臓を補う治療をします。 肝を清める治療をします。 痒みを止める治療をします。   治療3)脾虚血少 陰部・膣の痒み。 頭がぼんやりして胸騒ぎがする。 睡眠不足。 腹部が膨満感があり食欲が無い。 軟便、疲労、脱力感。   治療方法 脾を健康にする治療をします。 血を養う治療をします。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。     陰部・膣の痒みの薬の治療方法 上記の薬の写真はイメージです。 原因や治療方法に書いているように陰部の痒みと言っても非常に広範囲です。 どの治療薬を使うかも、全ての人に違った薬の組み合わせをします。   特に「塗り薬」だけでなく「飲み薬」が中心となります。 陰部の痒みだから塗り薬と思う人が多いと思いますが、 陰部の痒みは体の内部を治療する事が最も中心ですから「飲み薬」が最も重点です。 体内が正常になれば、皮膚も自然と正常になります。   極端な言い方をすれば、外見的には皮膚科ですが、治療は内科でしなければ、根本治療ができません。 ですから、中国の医師は内科のエキスパートです。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の陰部の痒みの治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   陰部の痒みを実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果がオリモノが多い症状の治療でも出ています。   陰部の痒みの治療---実例---「中西医結合医学」 1)陰部の痒みの症状は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)陰部の痒みとは別の病気を持っている人。 ①別の病気が陰部の痒みの原因になっている人がいる。 ②陰部の痒みから別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、陰部の痒みだけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 歴史沿革 1)陰部の痒み(陰痒)は婦人科においては常に見られる病です。 《肘后备急方》は西暦300年代の医学書ですが、“陰阴痒汁出”、“陰痒生疱”の治療薬に付いて書かれています。 2)隋代の医師「巢元方」は陰部の痒み(陰痒)の原因・メカニズムに付いて詳しく論述しています。 内因は臓器気虚が原因、外因は風邪虫侵食が原因としています。 師が書いた医学書《諸病源候論·婦人雑病諸候》で書いていることは ①「婦人陰部の痒みは虫が侵食した為で有る。 たくさんの虫が腸と胃の間に居る。 臓腑が虚弱になり虫が動作をする。 陰部が侵食され虫の勢いが増し、痒みが出て重症者は痛みがでる。」 ②「腎は生殖器を栄養している。 腎気が虚弱になると風邪が乗り、邪が皮膚の上で活動する。 このため正气が不泄となり,邪正とも固まり,皮膚に痒みがでる。 3)西暦1500年頃の医師「薛己」は総結した。 婦人の陰部の痒みは「肝の経絡の問題で有る。感情、特に怒りで肝脾がうつ状態になる。 これで肝脾が气虚になる。 そして湿热が降りて来たために発生した病で有る。」 4)明代の医師「张三锡」は師が書いた医学書《医学准绳六要·治法汇》の中で 「韻部の中の痒みは,肝が湿热を帯びたためで、痩せて燥痒の人は陰虚と説明している。   ...

総合ページ

2020/1/9

少額で不妊治療が出来たら良いね。根本治療。中医学・大病院・名医の治療。総合情報。

不妊症の総合ページです。 中医学なら少ない費用で根本治療します。 この治療は非常に優れた方法です。 日本がこの方法が出来るようになるのは相当な年月が掛かります。 恐らく今後1600年は掛かっても不思議ではないのです。   日本では不妊治療に毎回30万円使っている人もいます。 総額で100〜200万円は少ない方で1000万円も使っている人も結構多い。   中医学は馴染みが無いですが漢方の本家です。 西洋医学では出来ない画期的な治療方法です。 日本で毎回30万円するなら、最高度の中医学治療ですので本当は毎回300万円でもおかしく有りません。 それほど価値のある治療方法です。 実際はビビッド・ライフでは毎月3万円ほどで治療する方が多いです。 正常な体に戻し不妊し安い体にします。 「記事担当の後藤です。 お子様が出来なくて大変お困りでしょう。 中医学の医学書を見ますと、正常な体にすれば妊娠する〜と書いています。」   「本来、人間には子供が生まれる機能があります。 その機能を正常に戻す方法があります。 中医学の大病院・名医はその治療を日常的にしています。」   「下記に医学書・大病院・名医の情報を書きますのでご覧ください。 1日も早く妊娠できますよう願って居ます。」   不妊症の原因---参考:中西医結合婦産科学、中医婦婦科学。  原因 1)腎虚証 ①腎気虚弱証 腎気が不充分。 18歳になっているのに生理がまだ無い。 初潮が遅く、生理が稀にしか無い。 体が小さく、子供っぽい。 まだ子供を産む大人の体になっていないので妊娠しない。   ②腎陰損虚証 生理が遅れる。 生理の量が少なく、色が薄い。 子宮に向かう経絡が温まらないので、子宮が冷えて妊娠しない。   ③腎陽損虚証 血が不足している。 子宮に向かう血が無い。 子宮の経絡が空になっている。 子宮に血が来ないので妊娠しない。   原因 2)肝気鬱滞証 肝の気が流れが悪い状態です。 このため「気・血」の調子が狂います。 この為、子宮につながる経絡(血の流れ路)2本の血の流れが悪くなります。 子宮に血が正常に行かなくなり不妊になります。   肝気鬱滞の場合、結婚後長年、不妊が続きます。 生理周期が前後に不定期。 生理の量が多かったり少なかったりします。   原因 3)痰湿内阻証 痰湿が多く発生している。 この為、気の働きがスムーズに出来ない。 これで、子宮につながる経絡(血の流れ路)2本の血の流れなくなります。 子宮に血がこない為、妊娠しなくなっています。   結婚後、長く妊娠しない。 生理が遅れる、量が少ない。 次第に生理が無くなる。 おりものの量が多く粘い。     原因 4)血瘀証 子宮につながる経絡(血の通り道)2本が瘀血により塞がれた。 子宮に血がこない為、妊娠しない。   ①結婚後、ずっと妊娠しない。 ②流産した経験が有る。 ③子供を産んだが、その後2年以上妊娠しない。   生理が遅れる、量が少ない。 生理不順 生理出血がダラダラと続く。 生理が無い。   原因 5)湿熱証 2度目の妊娠が無い。 月経の周期が早い、月経の期間が長い、月経の出血が止まらない。 オリモノが赤白色、腰がだるく痛い。 低熱が続く場合も有る。   不妊症の治療---参考:中西医結合婦産科学、中医婦婦科学。  1)腎虚証の治療 ①腎気虚弱証の治療 ・腎を補う治療をします。 ・腎の気を益す治療をします。 ・子宮の経絡(気・血の通り道)を温める治療をします。   ②腎陰損虚証の治療 ・腎の陰を滋養する治療をします。 ・血を養う治療をします。 ・子宮の経絡(気・血の通り道)を調節する治療をします。 ・腎精を養う治療をします。   ③腎陽損虚証の治療 ・腎を温める治療をします。 ・血を栄養する治療をします。 ・気を益す治療をします。 ・子宮の経絡を調節する治療をします。 ・子宮の経絡を補う治療をします。    2)肝気鬱滞証の治療 ・肝の流れを良くする治療をします。 ・肝の鬱を解く治療をします。 ・血を養う治療をします。 ・血を養う治療をします。 ・脾の働きを良くする治療をします。    3)痰湿内阻証の治療 ・湿を取り除き乾燥させる治療をします。 ・痰を溶かす治療をします。 ・子宮の経絡を調節する治療をします。 ・子宮の経絡の通りを良くする治療をします。    4)血瘀証の治療 ・血の働きを活発にする治療をします。 ・瘀血を溶かす治療をします。 ・子宮の経絡を調節する治療をします。 ・子宮の経絡の通りを良くする治療をします。    5)湿熱証の治療 ・熱を清める治療をします。 ・湿を取り除く治療をします。 ・血の働きを活発にする治療をします。 ・子宮の経絡を調整する治療をします。   自然に妊娠する治療---補足 1)腎の働きを補う治療をします。 腎気を益す治療をします。 腎精を益す治療をします。 髄液の量を益す治療をします。   2)腎を温める治療をします。 陽を助ける治療をします。 湿を溶かす治療をします。 腎精をしっかりさせる治療をします。   3)腎陰を滋養し補う治療をします。 子宮に向かう経絡(血の通り路)の働きを調整する治療をします。   4)肝の働きをスムーズにします。 肝鬱を解除する治療をします。 血の働きを良くし、肝からの経絡の働きを調節します。   5)痰を溶かす治療をします。 湿を除く治療をします。 気の働きをスムーズにし、経絡の詰まりを解きます。     不妊は先天性と後天性に分かれます。 ここでは後天性の治療について説明します。   不妊の基準 出産適齢期の女性で、夫婦が同居して2年になる。 (結婚して1年になる場合に不妊症と見る大病院もあります) 夫婦の営みは日頃している。 避妊をしていない。 男性は生殖能力が正常である。   不妊症は2種類に分けます。 ①結婚して2年以上なるのに妊娠出来ないものを「原発性不妊症」と言います。 ②妊娠した経験や流産した経験があるが2年以上妊娠しないものを「続発性不妊症」と言います。     不妊の原因とメカニズム---補足説明 1)不妊に最も関係ある臓器は「腎」です。 「腎」は生殖の大元だからです。   「腎」にある「先天の精」は貴女の血筋です。 「先天の精」が子宮に送られ、貴女の血筋の子が妊娠します。 「腎」から「先天の精」を送って来ないので不妊になります。   2)「子宮」が生理の機能を損なうと不妊になります。   3)妊娠は生理で「血」が子宮に正常に流れてくる必要があります。   4)肝など血に関係する臓器や経絡(血の通り路)が悪くなっていると妊娠できません。   不妊は五臓が悪くなっている 妊娠するには生理が正常でなければなりません。 生理は五臓と子宮が一体となって行っています。 五臓が故障していると生理不順となり不妊になります。 五臓は(心・肺・脾・肝・腎)の五つです。   五臓の内、「腎」は生殖の大元です。 貴女の血筋は「腎」に宿っています、それを腎精と呼びます。. 腎精が子宮に送りこまれ、妊娠に繋がります。   他の臓器(心・肺・脾・肝)は生理の時、子宮に血を送っています。 「心」は血を規則正しく送り出すポンプの役目です。 「肝」は血を保存する所です、ここから子宮に血が行きます。 「肺」は呼吸で酸素と二酸化炭素を置き換え血を綺麗にする所です。 「脾」が悪くなると血の生産が不足し、子宮に送る血が不足します。   つまり五臓すべてが子宮・生理・妊娠・不妊と関係しています。 五臓のどれか一つでも悪ければ生理が正常に行われず、その結果、妊娠しません。   血が詰まっている 三通り有ります。 ①子宮の中に血が溜まっている場合が有ります。 ②臓器の中に血が溜まっている場合が有ります。 ③五臓と子宮とをつなく経絡(血の通り道)に血が溜まっています。     生理が遅れるなど不妊症は月経病です。 人によっては卵巣嚢腫・子宮内膜症・子宮腺筋症になっています。 どの月経病にせよ、中国の中医学大病院・名医は根本治療します。 多いのは生理周期が毎月遅れるタイプです。   医学書、大手病院の発表している情報、今まで治療した人のデーターを見ても 殆どの月経病は正常になりますので、妊娠するのが一般的です。      体が正常になれば自然と妊娠します。 中国の中医学は体を自然な状態にする治療をします。 治療では体の負担はほとんど無い治療です。 薬は飲みやすい錠剤などを使います。 治療中に妊娠しても安全な薬を使います。     貴女はどの様な状態ですか? その状態により不妊症の原因・メカニズムが分かります。   1)腰が痛いですか、だるいですか、こらえきれないほどだるいですか。 2)気分が塞ぎがちですか。毎日の気分はどうですか。 3)月経量どうですか。多いですか、少ないですか。おりものはどうですか。   4)動悸がしますか。 5)胸の脇が張ることが有りますか。 6)乳房に塊がありますか、乳房が焼け付く感じや張りが有りますか。   7)下腹が痛いですか、下腹が冷える事が有りますか。 8)睡眠はどうですか、よく寝れますか、夢が多いですか。 9)熱が出る事は有りますか。   その他にも色々な症状が有りますが、 その状態により不妊症の原因やメカニズムが分かります。 治療に必要ですので診断を受ける時は出来るだけ詳しく中医師に体の状況を説明して下さい。     下記は中医学・婦人科の医学書です。 下記は中国の医科大学で使われている婦人科の医学書から参考になる部分を抜粋ものです。 医科大学で教授や他の教官が医大生やインターンに教える時に最も大事な医学書です。 中国で学んだ事のある医師は世界各国にいますが、どなたもこの本は持っています。 ...

総合ページ

2020/1/10

腰痛 根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

  腰痛の総合ページです。 腰痛は日本人の最も多い痛みの一つです。 中医学の優秀な医師は根本治療をします。   記事担当の後藤です。 「腰痛でお困りの方が多いですね。 腰痛から膝まで痛くなる人もいます。」   「できるだけ体に負担をかけず軽い状態になっていただきたいと思います。 下記に中医学の治療情報を説明します。」     腰痛の原因・メカニズム---参考:中医内科学 原因1)外邪侵襲 大気の影響の中で「湿邪」が体に入り腰痛になっている人が多い。 湿でも風湿、寒湿、湿熱によって違いが有ります。 労働で汗を大量にかいたり、暴雨にあたったり、体が水に浸かったりしたが、湿った衣類を着たままだった。 汗が出た時に風にあたり寒さを感じた。 夏の湿熱が体に入った。   このような事が原因となり、 ①湿が腰に溜まってるいる。 ②湿が経脈(経絡・血脈)の流れを阻害し腰痛になった。   原因2)瞬挫打力 打撲、転倒、姿勢・体位が原因で瞬間的に腰に力が入り、 腰の経絡(気・血の通り道)を傷め、腰に気・血が回らなくなった。 その影響で腰痛になった。   原因3)年老久病 ①高齢で腎気が衰弱し、血が損傷・消耗している。 ②腎の先天の稟腑が不足している。 ③仕事のし過ぎ。 ④多くの慢性病が長く続いた。 などで腎を損傷し、経絡で気・血が通らなくなりして腰痛になった。 腰痛の状態---参考:中医内科学 原因1)湿熱腰痛証 腰が痛いが、重たい人は灼熱が有る。 暑く湿気が有り曇りか雨の日にさらに痛い。   原因 2)寒湿腰痛証 腰が冷えて痛い。 寒い日・曇り・雨の日に痛みがひどくなる。   原因 3)瘀血腰痛証 刺すような痛み、骨が折れたような痛みがする。 痛みは決まった場所。 痛みは昼は軽く夜がひどい。     原因 4)腎虚腰痛証 腰がだるく痛い。 膝・足に力が入らない。     腰痛の治療---参考:中医内科学  治療1)湿熱腰痛証 状態:経絡(気・血の通り道)が湿熱で塞がり、阻害され、通りが悪くなっている。 ①熱を清める治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。   ③経絡を広げる治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。 この方法で腰痛を無くします。   治療 2)寒湿腰痛証 状態:寒湿が溜まっている、経絡(気・血の通り道)が閉阻されている。 ①寒を散らす治療をします。 ②湿を取り除く治療をします。   ③経絡(気・血の通り道)を温める治療をします。 ④経絡(気・血の通り道)の通りを良くする治療をします。 この方法で腰痛を無くします。   治療 3)瘀血腰痛証 状態:瘀血が経脈の流れを阻滞させ、気血が流れなくなっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   ③気の流れを良くする治療をします。 ④経絡の通りを良くする治療をします。 この方法で腰痛を無くします。   治療 4)腎虚腰痛証 状態:腎精が不足している、腰・背骨が栄養を失っている。 ①腎を補う治療をします。 ②精を益す治療をします。 この方法で腰痛を無くします。       腰痛の診断に必要な情報。 下記の状態によって五臓のどれが悪くなっているか分かります。 中医師は4種類の診断をします。   その内の一つが「問診」です。 体の状態を患者から聞きます。 その状態が体のどこから来ているか、どの程度悪くなっているかなどの判断をする非常に重要な診断です。     なぜ腰は痛みが増えるのか? 腰に気・血が来ないと痛みが出ます。 腰痛は気血が来ていない状態です。   中医学では気・血を通す事が出来ますので、腰痛は消えます。   中医学(中国)は世界で最も歴史があります。 紀元前200年の国が編纂した医学書「内経」では、腰痛が腎と関係している事を詳しく説明しています。 (内経は本来は黄帝内経が正式な名前ですが、中国の医師は簡略して内経と呼びます。) https://ja.wikipedia.org/wiki/黄帝内経 https://baike.baidu.com/item/黄帝内经/97915   現在、腰痛と「腎・気・血・湿」をセットで治療する事ができるのは中国の中医学だけです。 中国の優秀な中医師なら正確な診断・治療が可能です。     腰痛の治療、重要ポイント 腎を治療して腰痛を解消する治療は中国の大病院がしています。 腎の状態が色々ですから、腎の薬も多種有ります。 腎の状態に合わせて薬を選びます。 ちょうど合わないと腎は良くなりません。   これは薬剤師では判断出来ません、医師の仕事です。 病院の薬ですからネット販売されません。 大病院の医師が処方しないと使えない薬だからです。   下記写真は上海の大病院、薬の窓口です。 実際に日本から行った時の写真です。     医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。 腰痛の治療の大事な点 既にあれこれ治療したと思います。 一向に良くならない、あるいは何かの治療で一時的に軽くなったが、短期間しか持たなかった。 これは根本治療をしていないからです。   腰痛の治療で根本治療が出来るのは、中医学の薬による治療です。 上のページで説明しましたように、「湿熱・寒湿・瘀血・腎虚」を根本治療することは中薬による治療だけが出来る事です。     中医学で良くなったら心掛ける大事な点 腰が痛いのに庭仕事などを続けると、また悪くします。 腰痛だけの問題では無く、誰でも年齢と共に体の使い方を変える必要が有ります。 仕事中心では無く、健康中心の仕事体制に変える事が大事です。     日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の腰痛の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   腰痛を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする腰痛の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が腰痛の治療でも出ています。   腰痛の治療---実例---「中西結合医学」 1)腰痛は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)腰痛とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が腰痛の原因になっている人が多い。 ②腰痛から別の病気に発展している人もいます。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、腰痛だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。     中国医療機関のネットの参考情報 中国の病院が「腰痛」をどのように判断しているか、下記のサイトをご覧ください。  https://baike.baidu.com/item/腰痛 色々ありますが、この医療機関の資料は詳しく書いていますので、お勧めします。 ...

総合ページ

2020/1/10

花粉症 根本治療。中医学・大病院・名医の情報。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

花粉症の総合ページです。 中医学は根本治療します。 紀元前200年前には根本的原因が分かっていました。     記事担当の後藤直伸です。 「花粉症の大変な苦痛でお困りと思います。 中医学では根本治療します。 花粉症は脾・肺・腎を治療します。」   「下記は中医学の詳しい説明です。 原因や治療方法を詳しく書きますので活用されてください。 お元気になり楽しい生活をされますよう心よりお祈りします。」     花粉症の原因---中医学 原因 1)気虚血瘀証 ①気が虚弱になっている。---血の流れる力が弱い。 ②血が瘀血になっている。----血が固まり付着し、流れなくなっている。   原因 2)気虚寒証 ①気が虚弱。----体にパワーがなく、臓器の働きが悪く、全身の血流も悪い。 ②風(邪)の影響が原因。---大気の風が体に侵入した事が原因。   原因 3)外寒内熱証 ①大気の寒が体に影響した。----寒が体の働きを狂わせている。 ②体内に熱が発生している。----体内に熱が出たことで、気血津液の働きが狂っている。   原因 4)腎陰損虚証 ①腎の陰が損傷している。----腎の働きが大きく低下している。 ②腎陰が虚弱になっている。---陰陽のバランスが崩れ、体が弱っている。   花粉症の治療---中医学 1)気虚血瘀証の治療 気が虚弱、血が固まり付着し流れなくなっている。 ①血の働きを活発にする治療をします。 ②瘀血を溶かす治療をします。   2)気虚寒証の治療 気が虚弱。風邪の影響が原因。 ①肺を温める治療をします。 ②寒いを散らす治療をします。   3)外寒内熱証の治療 大気の寒が体に影響し、体内に熱が発生している。 体内に熱が出たことで、気血津液の働きが狂っている。 ①寒を取り払う治療をします。 ②熱を清める治療をします。 ③気・血・津液の働きを調節する治療をします。   4)腎陽損虚証の治療 腎の陽が損傷し虚弱になっている。 ①腎の陽を温める治療をします。 ②腎の働きを補う治療をします。     花粉症が治らない理由 花粉症が治らない理由は五臓を治療していないからです。 日本では誰も花粉症が五臓が悪くなっていると気付いていません。 五臓の一つは肺です。ここは花粉症は全員が悪くなっています。 ですが、肺さえも完全に治療していません。 これでは花粉症は治りません。   五臓とは肺・心・脾・肝・腎です。 花粉症はこの全般と関係します。   これについては中国の2000年以上前の多くの医師がすでに突き止めていました。 それ以降、各王朝を代表する多くの大医学者が花粉症のメカニズムを詳しく解明して来ました。 ですから現代では中国の優秀な医師であれば、ほとんどの場合、花粉症は完治します。     花粉症の下地 原因は二つあります。 1)一つ目は花粉症になりやすい体の下地があります。 2)二つ目は体外から花粉などが侵入したことが原因です。 この両方が重なって花粉症を作ります。   1)花粉症になった体の下地 ①特に脾・腎が元々弱い。 ②胴体の上部が熱がこもっている。 ③血の力が弱く、血を全身に回す力が弱い。 ④二つの主要な「気の力」が不足している為に体が正常に働いておらず、免疫が低下している。 ⑤皮膚の表面の機能が悪く、皮膚から花粉・大気が体内に侵入しやすい。 以上が花粉症になりやすい体の状況です。   2)花粉だけではない 花粉だけが大きな原因と思われていますが、実際はそれだけでは有りません。 実際は花粉が飛び交う時期に、気候の影響が体に侵入するのです。 気候には「風の影響、寒さの影響、乾燥の影響、時には熱の影響」が有ります。 花粉だけが目立ちますが、実際は花粉と気候がセットで体に侵入して花粉症を起こします。   このように体内の下地と、花粉・気候の影響が体に侵入し花粉症を発症させます。     花粉症 医学書が指摘する五臓 中国は花粉症の治療については2000年以上の歴史があり、臓器の関係について書いています。   1)臓器について書いた最初の医学書は紀元前200年の【内経】です。 これは当時の政府が編纂したものです。 【内経】では「素問や 灵枢」と言う専門分野の説明書の中で「心・肺・脾・腎・肝」のそれぞれを取り上げ、花粉症との関係を詳しく説明してます。   2)北宗の時代の【太平圣惠方】は100巻もの大医学書ですが、肺と花粉症(鼻)の関係を詳しく説明しています。 3)唐の政府が編纂した【外台秘要】は臨床医学書ですが、この中で花粉症が肺のメカニズムについて説明しています。   現代、多くの大病院の臨床データーを見ても「花粉症は必ず五臓との関係の病」であることを説明しています。   花粉症が発生するメカニズム---中医学 第一メカニズム 花粉は病毒です。 これが繰り返し何度も体に入ります。 これが「肺」の機能を壊します。   肺は全身に水を配分する作業をしていますが、この働きが妨げられます。 体内の水は正常に流れる事ができなくなり、肺に逆流します。   肺から鼻に水が上がり、鼻の機能が損傷し、鼻詰り、くしゃみや、目・耳・舌・アゴの痒み、皮膚に湿疹が出ます。 この 痒みは「心」と関係していると上記の【内経】では説明しています。   第二メカニズム 元々「脾」が弱い。 「脾」は津液(水分)を肺に送る役目をしますが、元々「脾」が虚弱な為、津液を正常に流す力がなく、その為、津液(水分)は鼻の働きに悪影響を与え鼻水が出ます。   第三メカニズム 元々「腎」が弱い。 腎は体内の津液(水分)と関係します。 腎が弱いので鼻に影響を与え鼻汁が大量に出ます。 またクシャミが出たり、手足が異常に冷えたり、膝腰が痛い、夜間トイレに行く回数が多いなどの症状が出ます。   このように五臓は鼻に影響を与える関係があり、五臓が花粉症を起こす原因となっています。     根底治療 根底からの治療は「五臓」が重点です。 「腎・肝・脾・心・肺」を五臓と呼びます。 元々、五臓が不調です。 五臓のどれが損傷しているかを中医学の専門医がします。 花粉症は複雑な病気ですので、中医学の医師でも余程の名医でなければ治療は無理です。         花粉症・気管支炎・気管支喘息・肺気腫の関係 花粉症は「鼻水・クシャミ・涙」が出る、眼や「鼻・耳」が非常に痒い事が特徴です。   病状が重くなると「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」を誘発します。 「気管支炎・気管支喘息・肺気腫」は病の構造メカニズムが花粉症とほとんど同じですから、病は広がりやすい。   気管支炎・気管支喘息・肺気腫は中国の医師は非常に良い治療をします。     医薬品が大事です。 中国は中医学の歴史は長く、紀元前200年に医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。   大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の花粉症の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   花粉症を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする花粉症の治療は効果が大きい。    西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が花粉症の治療でも出ています。   花粉症の治療---実例---「中西医結合医学」 1)花粉症は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 飲む量も違います。 ですから西洋薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)花粉症とは別の病気を持っている人。 ①別の病気が花粉症の原因になっている人が多い。 ②花粉症から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、花粉症だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。       費用と効果を考える よく計算してみると、この方法は非常に安価です。 費用と効果を考える、 実際に使うお金を比較してみる、 ...

総合ページ

2020/1/10

更年期障害を根本治療。中医学・大病院・名医の治療。最先端の「中西医結合医学」の方法。総合情報。

更年期障害の総合ページです。 更年期障害を中医学・大病院・名医は根本治療をします。 記事担当の後藤です。 「 更年期障害は他の人からは分からない大変な苦しみが有ります。 これを根本的に治療できる医学・大病院が有ります。」   「名医がどのような治療をするのか、 体内がどのような事になっているのか、 詳しく説明を書きますのでご覧ください。」     更年期障害の原因、中医学---参考:中西医結合婦産科学  原因 1)肝腎陰虚証 ①長患いで腎に影響が来た。 ②或いは性交が過剰。 ③または感情が体内を傷つけた。 ④このような事で肝・腎の陰が損傷した。   原因 2)腎虚肝鬱症 ①腎の陰が損傷し虚弱になっている。 ②肝の血が不足している。 ③肝の働きが大幅に悪くなる。   ④本来、肝と腎は一体の物である。 ⑤肝は鬱になり、腎は虚弱になっている。 ⑥怒ったり、乳房が張ったり、月経が錯乱したり、閉経前後の様々な症状がでる。   原因3)心腎不交証 ①心は火を持つ性質があります。 ②腎の陰が不足して腎の水が心に行かなくなる。 ③この為、心は冷却が出来ず、火が勢いを増す。   ④熱が神心を乱す。 ⑤この為、閉経前後の動悸、失眠、多夢、物忘れなどの症状が出る。   原因4)腎陰陽両虚証 ①元々が天性の腎が虚弱。 ②閉経の前後である。 ③腎の陰が損傷している。 ④陰の損傷が陽に及んでいる。   ⑤或いは腎陽が損傷し虚弱になっている。 ⑥陽の損傷が陰に及んでいる。 ⑦最終的に腎の陰陽は共に虚弱になり更年期障害になった。   更年期障害の治療、中医学---参考:中西医結合婦産科学  治療 1)肝腎陰虚証 ①肝を滋養する治療をします。 ②腎を滋養する治療をします。 ③陰を育てる治療をします。 ④陽が強過ぎないように抑える治療をします。   治療 2)腎虚肝鬱証 ①腎を滋養する治療をします。 ②陰を養う治療をします。 ③肝の働きをスムーズにする治療をします。 ④肝鬱を解く治療をします。   治療 3)心腎不交証 ①陰を滋養する治療をします。 ②火を下げる治療をします。 ③心と腎の相互交通を良くする治療をします。   医療 4)腎陰陽両虚証 ①陰を滋養する治療をします。 ②腎を補う治療をします。 ③子宮の2本の経絡(気血の通り道)調節する治療をします。 ④上記の2本の経絡を補う治療をします。     下の写真は更年期障害に関する説明です。 これは上海の黄教授が医学生やインターンに指導する時の婦人科の医学書です。 漢方(中医学)と西洋医学の両方を学ぶ医学書です。   黄教授は漢方(中医学)のエキスパートを育てますが、西洋医学も同時に専門的に教えます。 なぜなら漢方薬(中医学)で根本治療し、必要な時は手術をしなければならないからです。 漢方と西洋医学の組み合わせ方を教える大学・大学病院としては世界一二です。   一番上のタイトルは「绝经综合征」と書いています。 更年期障害の事です。写真の下から3行目に「西医病因病理」---西洋医学からは病気の原因・メカニズムの説明を書いています。 漢方(中医学)についての説明もこの文章の後に続きます。   更年期障害は手術をする事は有りません。 基本は漢方(中医学)だけで根本治療します。 対処療法はしません。     なぜ更年期障害になるのか? どのようなメカニズムなのか? この説明は中医学(漢方)では正確にできます。 従って治療方法も優れています。   婦人科の治療は古代遺跡を調べますと、すでに4000年前から治療されて来た事が分かっています。 3000年前には更年期障害の原因、メカニズムは解明され、すでに優れた治療がされていました。   各王朝ごとに優れた医療がなされ大きく発展し、現在では大変優れた治療がされています。 黄教授の属する大学や大学病院はその流れです。   重要ポイントをいくつか説明します。 更年期障害は閉経で女性としての全身の機能が大きく変わったからです。 貴女は五臓六腑が悪くなっているのをご存知ですか? 閉経に伴い五臓六腑が悪くなっています。   閉経による全身の切り替えがうまくいかず、五臓六腑が損傷しているため、全身が正常な働きができなくなり更年期症状になっています。 貴女に知って欲しい治療ポイントを少し書きます。     二本の経絡が更年期障害に関係しています。 人体には経絡(けいらく)が12本あります。 その中の2本が子宮と直接に関係します。 一つは子宮から体の前面を通り頭まで行きます。   もう一本は子宮から体の後ろを通り頭まで行きます。 子宮と頭の間には五臓六腑があります。 体の前後にあるこの二つの経絡は、全ての五臓六腑と繋がっています。 子宮と五臓六腑の不調和が更年期障害になっています。   更年期障害を治したいなら漢方(中医学)による五臓六腑の治療は絶対条件です。   更年期障害の中心的な原因は腎が弱っているためです。 腎臓と腎は違います。 更年期障害は腎が弱っています。   腎は女性が生まれてからずっと、子供を授かる最も重要な機能です。先天的な血筋が腎に有り、腎から子宮にそれが伝わり、子供が生まれます。 そして閉経とともに腎の役目が終了しますが、腎が虚弱なため、正常な閉経ができず、更年期障害になっています。 五臓六腑の中でも「腎」の治療は最も重点です。      更年期障害の状態 閉経期は45〜55歳です。 この時期になると生理停止を迎えますが、症状は様々です。   眩暈、耳鳴り、熱、汗、動悸、不眠、いらだち、怒り、顔・目・脚のむくみ、食欲不振、下痢など。 生理の異常など。期間は程度はまちまちで、数ヶ月〜数年続くものもあります。 日常生活に大きく影響します。   腎が弱っている状態は二つのタイプが有ります。 腎の悪くなるり方は2種類あります。 1.腎は「肝」に影響を与えるタイプがあります。 そして腎・肝がともに悪くなります。 2.腎は体を冷やす薬や食べ物を摂り過ぎたり、体を冷やしすぎたりすると、「脾」を痛めます。 また過度の労苦をすると脾を消耗します、そして脾・腎がともに悪くなります。   腎・肝・脾を悪くしています。 つまり大概の人が腎と合わせ肝か脾を治療する必要があります。   更年期障害の治療法 中医学漢方の診断は、まず腎がどうなっているか特定します。 1.腎を滋養し正常な腎の状態になるよう治療をします。 2.腎を温めて正常な腎の状態になるよう治療します。   上記の基本方針に従い、状態に合う薬を選別し組み合わせ治療します。   医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。   薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。   非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。     写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。       日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「更年期障害」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「更年期障害」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。   「中西医結合医学」でする「更年期障害」の治療効果が大きい。      西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋医学で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「更年期障害」の治療でも出ています。     「更年期障害」の治療---実例---「中西医結合医学」 1)「更年期障害」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 当然ですが飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「更年期障害」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「更年期障害」の原因になっている人が多い。 ...

Copyright© ビビッド・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.