精神病

精神病

2019/12/31

鬱病は色々な病気に入る危険が多い②中医学漢方の大病院の情報。

鬱病がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。 中医学大学で中心となる医学書を見ますと、「鬱病は色々な病に発展するので注意してください」とあります。鬱状態は2種類あります。一つは一般的に言われている鬱病です。もう一つは更年期障害で鬱状態になるタイプがあります。どちらも次の病に入り込まないように早急に良い治療が必要です。     なかなか厄介な病気です。なんとかなるだろう〜と軽く思っていて治るものではありません。実際 周囲で治った人がいますか? 私どもが知っている方々も何年も苦しみ、急速に悪くなっています。みなさん何年も病院に行ってます。鬱は多くが、その内にあれこれ難しい病気を引き起こし、なおさら悪くなります。人によってはこれから先の人生が台無しになります。  鬱を治すには方法があります。 鬱は情緒・感情から起きる「気の病」です。「悲しい、悔しい、寂しい、苦しい」などの感情から来ます。治すにはクスリが必要ですが、現代医学は解剖医学です。物体の医学ですので「気」の治療項目はありません。鬱が日本で多いのは、気を治せる治療方法がないからです。 中医学漢方で治すには的確な判断ができる医師と治療途中の経過観察が大事です。それによりクスリを徐々に変化させて行きます。  ここで大事なことは、 ステップを踏みながら薬を変えて行きますので、患者は沈み込んでいる暇はありません。必要なのは患者が積極的になることです。自分から中医師に治療途中の状態を頻繁に連絡とるよう動くことです。それをしないで、じっと連絡を取らないと、微調整ができず脱出できません。  他の病気と違い 鬱病は患者が元気が出ない、活発になれない病気です。しかしこれではいかに良い薬を使っていても、病から脱出できないと医学書でも書いています。どう気持ちを活発にするか、患者の意志がしっかりする必要があります。「中医学漢方で絶対に治ってみせる」との覚悟が必要です。 火元を消化する。 情緒・感情から来た病気です。病気の元を解消することと、現実は現実として、乗り越える気の持ち方も勉強する必要があります。人生、誰でも荷を背負っているわけですので、同じ問題でもストレスと取るのか、人によっては難局こそ成長のチャンスと考える人もいます。徳川家康がその代表です。つまりどう考えるか?でストレスで体をつぶす人になるか、自分を鍛えるための良い教えと感謝する人になるか、様々です。般若心経で学ぶのも非常に大事です。  体の能力を上げる 普通の人は気のエネルギーの循環が悪い。医学書を見ていますと、鬱病の治療は体の気のエネルギーの循環を良くする体操が必要と書いています。 これに一番適した運動は気功です。気功は本来は医療に使います。実際に気功で気のエネルギーが回りだすと色々な病気が消えます。私は老眼を気功で自分で治しました。ラジオ体操よりも簡単です。誰でも簡単にでき、効果的な方法がありますので、希望者にはこのホームページで教えます。 つまりこの三つをすることで完治したり大幅に良くなります。その三つをする事と医学書にも書いています。そうしかければ永遠に治らないかもしれません。  ◇百宝元を飲みましょう。 食べ物は特に大事です。人は食べ物、栄養で考えが違って来ます。また体のメンテナンスをしている人は本当に元気です。どんな病でも体内の栄養が破壊したり、栄養を過剰消費します。これでは体は正常に機能しません。◇百宝元のような非常に良質の栄養、しかも今の日本でもない栄養素が豊富に入った◇百宝元は大変大事です。食べ物は体の基礎です。基礎がしっかりしていると体はしっかりします。◇百宝元は自分にとってどうなのか使ってみて良く研究しましょう。必要性がわかる人が得です。 このような治療薬や医師、そして栄養まで揃っているところは本当に稀です。 関連記事をご覧ください。 女性に多い鬱病の効果的な治療方法①  中医学漢方 より詳しい資料があります。下記をご覧ください。  

未分類 精神病

2020/1/11

鬱病を中医学で根本治療する。原因を治療する事で大幅な改善を目指す。中医学・大病院・名医の処方薬。

うつ病の治療は ①原因の治療 ②体内の損傷箇所の治療 ③神経調節の治療 が必要です。 現在、あなたは③番だけの治療ですから余り改善は無いかも知れません。 中医学の場合、上記の三つを治療しますので、大幅な改善をする事が多い。   但し中医学の薬を医師の指示通りにどれくらい飲めるかが有ますので、 ご家族の協力が有った方が良い。 また既に病院の薬を多量に飲んでいると思いますのでそれとの関係が有ります。 鬱病は体内がどうなっているのか?----中医学 1)肝と気で問題が起きている 症状:精神的抑鬱、情緒不安定、ため息、胸苦しさ、脇腹が痛い。月経不調。   2)気のエネルギーが鬱になっている 病状:性急な感情で怒りやすい、胸が張って胸の脇が苦しい、口が苦くて乾燥している、頭痛がする、耳鳴り、目が赤い。   3)津液と気が鬱滞し絡んでいる 症状:精神抑鬱、胸が苦しい、脇腹が張って苦しい、喉に何か詰まっている感じ。   4)心神が栄養を失っている 症状:精神が恍惚としている、心神不安、悲しんだり涙が出たりする、喜怒が一定ではない。手足踊っている感じ。 これは女性に多い。精神的に刺激すると誘発される。   5)五臓の内二つが弱っている 症状:色々と考え疑う、心臓がドキドキ、オドオドしている。不眠、物忘れ、めまい。   6)五臓の内、別の二つが弱っている 症状:情緒が不安定、動悸、目眩、不眠、物忘れ、夢が多い、すぐ怒る。 女性は生理不順、男性は遺精したり腰が痛い。 医薬品が大事です。 中国は中医学(漢方)の歴史が長く、2000年前の医学書「内経」が出た時代にはすでに非常に優れた薬が多くありました。 それ以降、多くの大医学者をはじめ、多くの医師が様々な医薬品を開発して来ました。 大病院では医療用だけで現在は9000種類を越しています。 薬草による薬の種類としては飛び抜けて世界一です。     薬は医師の診断と処方が必要です。 この治療に使う薬は日本には有りません。 中国の大病院に有りますが、医師の診断・処方をすれば病院は薬を出します。 非常に難しい判断が必要ですので名医と呼ばれる上級の医師の診断が必要です。   写真は参考です。 どの薬を使うかは、それぞれの人により大幅に異なります。 それほど細かく薬を組み合わせます。     それ以外にも薬局用も多種あります。 これほどの種類を作るのに中国は4000年を費やしています。 五臓六腑が原因になっている事が多く、血・津液の問題など全身的な問題ですので、特に優秀な中医師の診断・指導が必要です。 中国でしか手に入らない物です。   日本人の知らない優れた医療---中医学 日本では漢方は知っていても、中医学は知らない人がほどんどです。 しかし中医学を知っている方が絶対に得です。 なぜなら中医学があなたの命を守ってくれるからです。   世界最先端の治療---中西医結合医学 中国の「鬱病」の治療は世界でも最先端を行っています。 しかも治療結果は世界でも群を抜いています。   「鬱病」を実際に診断して見ると、体の状態は人により様々です。 ですから治療方法もそれに合わせて違います。   特に優れている方法は 1)「中医学」だけで治療する方法と 2)「中西医結合医学」の二つ有ります。   診断して見ると中医学だけで治療した方が良いケースも有ります。 この時は中薬だけで内臓の状態も根本治療します。   ところが必要に応じて「中西医結合医学」で治療した方が良いケースが有ります。 「中西医結合医学」は中医学に西洋医学の良い所を組み合わせた医学です。 中国の建国が1949年で、すぐそのあとより「中西医結合医学」が活発に研究され 今日、非常に優れた治療成果を生んでいます。  西洋薬を副作用の出ないように使う「中西医結合医学」 普通、西洋薬は副作用が有ります。 この認識は中国も同じです。 実際、中国のどの病院でも西洋薬で治療すると副作用が出ます。   中医学の医師と言っても実際は西洋医学のプロです。 医師によっては中医学の医師免許と西洋医学の医師免許を持っている場合も有ります。   中国の中医学の大学、大病院、中医学会はこの70年間、西洋医学を非常に詳しく研究しています。 西洋薬をどうすれば副作用が出ないか、その方法を研究して来ました。 その研究の成果が「うつ病」の治療でも出ています。  「うつ病」の治療---実例----「中西医結合医学」 1)「鬱病」は原因の種類が多い。 このページの最初の方で原因や状態を説明しています。 これに対する治療をします。   治療は2種類有ります。 ①中医学の薬-----以前は中医学の薬だけで治療していました。 ②中西医結合医学-----現在は中医学の薬を中心に、一部を西洋薬で治療する事が多くなっています。   2)薬は分担した役目が有ります。 西洋薬は対処療法に能力が有ります。 中薬は根本治療に能力が有ります。   つまりこの特徴を生かす治療の方法です。 根本治療は時間が掛かります。 その間に症状をできるだけ軽くしておく方が良い。 その為に西洋薬を使うケースが多く有ります。 西洋薬で症状を抑えて、その間で中薬で根本治療をします。   「中西医結合医学」で使っている西洋薬は日本と規格が違います。 中薬と組み合わせると非常に効果が良いように規格された作りになっています。 あるいは中薬との相性が良いものを選んでいます。   ですから日本に同じものが有るから〜と思っても実際は違います。 治療は薬の規格、組み合わせで効果は大きく違って来ます。 また西洋薬を使うタイミングが違います。 もちろん飲む量も違います。 ですから全ての薬は必ず中医師が指定する物を使い、医師の指示するタイミングで飲みます。   3)「鬱病」とは別の病気を持っている人。 ① 別の病気が「鬱病」の原因になっている人が多い。 ②「鬱病」から別の病気に発展している人もいます。 かなりの人がこの状態です。   中医学・中西医結合医学では、このような病気や不調も同時に治療します。 この場合、「鬱病」だけで無いので、場合によっては治療期間が長くなります。 しかし根底から治療できる可能性が多いので、じっくり取り組む事が大事です。 長年の不調から脱出する大きなチャンスです。   うつ病を中医学で治療する時、2つの方法が有ります。 1)ご家族の協力を得て積極的に薬を飲む------治りが一番良い 2)余り慌てず、マイペースでぼちぼち飲む---治りは遅いですが少しずつ改善します。  根本治療が大事です。 あなたはいつからですか。 ますます悪化していませんか。 このままでは困る、今の内にもっと方法を知りたい方は下記に無料資料があります。 ご覧ください。           個人輸入代行の総合ページはこちら General page of International  is here.   ビビッド・ライフ福岡、信用、評価、◇百宝元、治療中の皆様の感想。 「こういう点は注意が必要」人ごとでは無い重要な治療。            

精神病

2020/1/13

統合失調症などの神経系の治療体験記。

「統合失調症」がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。 大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より薬を手に入れる方法が最も無難です。 山上さま  福岡 73歳 「統合失調症」が良くなる人が増えるのではないでしょうか? 参考になればと思う点があります。 統合失調症は治療は、急がずゆっくりすることです。 私の体験は参考になれば嬉しいです。 あなたが頼むと応じてくれますよ。 私の息子が、病院の薬を飲んでも、どんどん悪くなっていたので、このままではマズイと思っていたら、知り合いがビビッド・ライフを紹介してくれました。 息子を連れてビビッド・ライフに行ったのですが、その時、息子が発作が始まって大変でした。 ビビッド・ライフは皆さんから頼まれるので、上海の先生に取り継ぐようになったので、人から頼まれれば応じてくれますが、そうでない人には一切話は切り出さない。 前も今も同じだと思いますよ。 息子の時は今ほど上手な漢方の先生が ビビッド・ライフにも居なかったので、本当に今の人の方が恵まれて居ます。   薬の内容を聞いても前とは全然違い、今の方が格段に良い。 あの時の先生は良い先生でしたが、今の先生の方も、大変な実力があるのは間違いないです。 話を聞いてみると細かい対応ができているようで、それだけビビッドライフから細かい相談が漢方の先生とできるようになっていると思いますよ。 今は本当に良くなったな〜と思います。   今の先生は薬の使い方が天才的かも そう思います。息子の時は、そこまでの薬が出なかった。より専門的な先生だそうです。   「てんかん」など神経系の治療は 統合失調症は薬がじわっと効いてくるので、発作が消えて行きます。 特に最近の治療の人の方が順調に行っているようです。 特に急がず、ゆっくり薬を飲むようにしているのは、前と同じです。   薬を少しずつ飲んでいくと、毎日体の状態が良くなって来ます。 最近の人は最初から良い状態が増えるようです。 ただスムーズにそのまま行く人もいるのかも知れないですが、息子の時は、そんなにスムーズに行かなかった。   問題は病院の薬です。 中薬(中医学の薬)と並行して飲んで良いとは言っても、こちらの薬を毎日飲んでいると、難しい点が出るように感じます。 病院に相談しても、その薬との併用は分からない〜と言われます。 だから自分で色々考えながら、息子の様子を見ながら、病院の薬を調整しました。 急に外したらダメなので、日数をかけ、ゆっくり減らしました。   上海の薬も必要な時は 何日か少し休みを取り、少し体を休ませてから、また再開する工夫をしました。 私の息子がスッキリした体になったのは4ヶ月ほど経ってからでした。 大きな台風が通り過ぎたような感じがしました。 長年の私の神経の緊張がとれた感じでした。.   今の人たちの方が、その点、治療しやすいと思います。 だから無理にどんどん上海の薬を飲むのでなく、子供の様子を見ながら少しづつ調子を上げるのが良いと思います。 急がないこと。 マラソンで無理に走らなくても、きつい時は歩いたり、休憩とれば良いのです。 亀と同じでボチボチ、子供のペースで進めば良いのです。   中医学は良い薬なので、最終ゴールを楽しみにすれば良いのです。 幸い、上海の先生には何度も連絡を取ってくれますので、本当に今の方が便利が良くなって居ますよ。 とにかく、統合失調症の良い治療方法があるのは嬉しいですね。 こんな話でも役に立つのであれば嬉しいですよ。   関連の記事があります。ごらんください。 「てんかん」を治す、改善する方法は元々あります。 てんかん の本当の原因と治療、最先端の漢方 てんかん は良い結果を出す人が多い 個人輸入代行の総合ページはこちら      

精神病

2020/1/13

女性に多い鬱病の効果的な治療方法① 中医学漢方の大病院の情報。

鬱病がどうしても治らない人の情報ページです。 お薬は勝手な判断は危険です。 お薬手配の依頼者には安心・安全な方法を取っています。 まず上海の正規漢方の大学病院や国立病院に依頼し、名医に相談する。適切な診断をしていただき、病院の医薬品部門より漢方薬を手に入れます。   うつ病をはじめ神経系、精神系の病は特に女性が多いですね。 なかなか効果的な方法が無くて困っている方が多いと思います。 中医学漢方ではどのように治療するか、ご説明します。大事なポイントを書きますのでご覧ください。 鬱は2種類あります。 ①普通言われている鬱病と ②更年期障害で鬱状態になることがあります。   中医学的に見ると、両者には違いがあります。 ①更年期障害からくる鬱タイプは「腎虚」---腎が弱っている状態です。 ②ところが通常の鬱病は「肝虚」といって「肝」が悪くなっている状態です。 鬱の患者さんを見ていますと何年たっても一向に良くなっていないですね。5年経っても10年経っても一向に治っていない。むしろ進行している。それだけでなく病院が出す薬で悪化している。自殺未遂をする人を多いそうですが、これも病院の薬が原因と言いますが、どうなんでしょうか?  中医学の治療は違います 例えば「気のエネルギー」と言うものが現代医学にはありません。   鬱は「気」の病気です。 いかに安定剤飲んでも本当の解決にはなりません。 また病院が出す薬の副作用をネットで見てください。 ネットでないと詳しく書いてません。 肝臓を悪くすると書かれていないですか?   中医学漢方は鬱病は「肝」を痛めた病気としています。 だから肝の治療をしなければならないのに、病院の薬で肝臓を痛めるから、治すどころかどんどん悪化させているのです。 だから病院は肝臓を傷めない薬を出さなければなりません。 今そのようなクスリが無いのかも知れません。   さて中医学漢方で鬱病を治療するとき、 三つの方法をセットでする必要があります。 一つ目の方法は 中医学漢方のクスリで治療します。 二つ目の方法は考えです。 医師や周囲の方は鬱になった原因を取り除く手伝いをしてあげる必要があります。 また患者もその努力をする必要があります。   考えの中でもう一つ大事なのは、鬱病はパワーが出ません。 元気が出ません。 しかしこれをそのまましていては治りません。 自分で気合いを入れる、やるぞ〜とパワーを入れる必要があります。 周囲も気合いを入れる手伝いをしてください。    三つめの方法は  気の流れを良くする体の動かしかたです。 これは自分で出来ます。 以上 三つの方法をセットでしないと鬱病は治りません。 これは中医師を要請するすべての大学の本に書かれていることです。   関連記事をご覧ください。下記を押してください。 鬱病は色々な病気に入る危険が多い②  中医学漢方   より詳しい資料があります。下記をご覧ください。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

精神病

2020/1/13

「てんかん」のあれこれ、問題点、疑問点を説明します。

「てんかん」について知りたいこと。 このページは分からない事、知りたいと思っている事のお答えします。 下記はこれまで上海の病院・医師の診断・治療など正規の医療情報を元に説明します。   1)てんかんは脳の過剰反応ですか? 専門医は原因は過剰反応とは関係ないと判断しています。   2)遺伝しますか? 遺伝しません。生まれながらの人がいますが、これは遺伝ではなく、胎児の時に母親にショックな事、多大な精神的ストレスが影響したのが原因です。遺伝ではありません。   3)てんかんと天才は紙一重なのでしょか? 昔、そんな事を言う人がいましたね。 兄弟で一人は元気な子がいて、その子は非常に頭が良いと言いますが、この医学では全く関係ないと判断します。 てんかんの人も兄弟と同じほど頭が良いはずです。 てんかんが改善したら天才になって欲しいですね。   4)うつる事ありますか? うつる事は全くありません。 これは伝染病ではないのです。 肝や腎その他、内臓が悪くなっているだけで、診断で悪い臓器を見つけ治療したら改善する病気です。 うつる事は一切ありません。   5)生まれつきなのはなぜですか? 胎児で母親のお腹の中にいる時に、母親が大きなショックを受けたり、精神的ストレスが大きいと胎児に影響がきます。 胎児の場合、それが「てんかん」に発展します。 だから生まれつきになります。 安全な治療方法があります。   6)大人・成人で「てんかん」になるのですか? はい、あります。内臓が損傷したり、内臓の働きが悪くなっています。 内臓から脳に必要な血・栄養が十分に行かないために脳が正常動作しにくくなります。 それで「てんかん」が発生します。 ですから治療としては専門医が診断で損傷している内臓がどれなのかを突き止めます。 それを治療する事が大切です。   7)前兆があります、なぜでしょうか? 内臓から血・栄養が脳に行くのですが、その連絡通路が詰まり始めると、前兆が起き、完全に詰まると発作になります。   8)発作の頻度を知りたいのですが。 発作は大発作・中発作・小発作とあります。 小さいのが頻繁に1日に何度も、ほぼ1年中続く人もいます。 大発作が月に1・2度の場合や、毎週ある人も、あるいは1年に1回、数年に1回の人もいます。 この違いは何なのか?   これははっきりした原因、メカニズムがあります。 内臓と脳との間の連絡通路の詰まり具合です。 それが脳まで及びます。詰まり具合に応じて、頻度が違い、大・中・小の程度も違います。   詰まる成分が分かっています。それを溶かす事ができます。 詰まる物がどこで作られたかも診断で分かりますので、治療します。   9)意識消失するのはなぜ? 脳に内臓からの補給、つまり血が遮断された為に脳が一次的に働く事が出来なくなった為です。 脳に血が流れて来たら脳の働きが戻り、意識が戻ります。   10)幻覚があるのはなぜですか? 脳に十分な栄養・血が来ていないので、しっかりした脳の働きが出来ないのです。 血・栄養が正常に戻れば幻覚は発生しなくなります。    11)暴力を振るう、怒りっぽい、不安感があるのはなぜですか? 「血」が精神状態を維持すると判断しています。 常に脳に来る血が不足している状態では、脳が正常な判断が難しくなります。 この為、暴力をふるったり、怒ったり、不安感が出やすくなります。 しかし血が正常に来出すと、そのような事は減少、解消します。 極端な場合、怒りっぽい人が良くなると「ありがとう」と言い出します。   12)忘れやすい これも11番と同じです。 血が脳に来ていない為です。 また血の質が悪い為です。 脳血流を正常に戻す治療をします。 また同時に「血」の成分の改善もしますので、その後は脳の記憶力が上がって来ます。   13)病院の薬を飲んでも発作が起きるのはなぜ? 発作の抑制治療をされているのだと思います。   14)酒・タバコ・アルコールを飲んで良いですか? はっきり言って自殺行為です。 これは臓器が損傷している病気です。 体が非常に衰弱しています。   酒・タバコ・アルコールで損傷した臓器をさらに負担を掛けますので、自分でわざわざ「てんかん」を悪化させている事になります。 きちっと治療し、しっかり確実に体が安全圏になってから、好きなだけお飲みください。 それまでは絶対にダメです。少しでもダメです。   15)結婚して良いですか? ご結婚は大変良いと思います。 ご夫婦で生活の内容を高めるのは大変良いと思います。   16)性行為は良いですか? これは最も注意が必要です。 過度の性行為が続くと「てんかん」になる事もあります。 体力を大きく消耗し、臓器を損傷するからです。 その損傷で「てんかん」になります。   今、すでに「てんかん」になっている人は、性行為によって、すでに損傷している臓器をさらに傷めますので、てんかんをさらに悪化させます。 ご用心ください。 治療後は特に問題ありません。   てんかん総合ページはこちらです。   別にも「てんかん」の関連記事があります。ご覧下さい。 「てんかん」 の本当の原因と治療 「てんかん」治療、要素津液(しんえき)が重要な原因  「てんかん」自動車の運転「てんかん」や高齢者、病気の人の対策。 「てんかん」の特徴、治療、注意点、大病院の情報。  「てんかん 」の人はキャリア、才能を生かす。就職、結婚、起業。 松岡様「てんかん」の漢方治療、感想。 さらに詳しい資料があります。下記をご覧ください。 個人輸入代行の総合ページはこちら  

精神病

2020/1/13

てんかん 中医学 安全な薬を手に入れる。②

 ご覧いただきまして大変有り難うございます。 ご希望のお薬を個人輸入代行します。 安心安全の為に必ず現地の医師に資料を送り適正なお薬を紹介していただく制度を取っています。 中医学と現代医学とは全く違う点が多い為、あらかじめ主な情報を下記にご説明します。 お取り寄せ後にスムーズに進める為に少しでも知識をお持ちください。   「てんかん」で困っている人がいます。 治らず困っている。なぜなのか? てんかんについて説明します。 「てんかん」には種類があります。 1)生まれながら、あるいは幼児の時に「てんかん」が始まるケース、さらに人によっては、もっと大きくなって、いつの間にか「てんかん」になる場合があります。青年・成人・高齢者などです。これらは多くは基本的な「てんかん」です。 2)事故やケガ、病気で脳の損傷を負って、その影響で「てんかん」になっている場合があります。   前者は今からここで説明する内容で、原因が分かります。 後者は、状態が様々です。 詳しい事は診断で分かります。 両方ともまず 以下をご覧ください。    信じられないことがです。 「てんかん」は頭部の神経の問題と思われて居ます。 しかし「頭部」が原因ではなく内臓の故障が原因です。 大概の人は信じられないでしょう。「脳の電気信号の問題」と反論する人もいます。 しかしこの2000年間、歴代の多くの医師が治療し検証した内容です。 てんかん は4000年間の治療実績があります。   てんかんは、ほぼ4000年・3000年前から治療して来たと推測されます。 なぜなら中国各地で行われていた治療方法が医学書にまとめられたのが2000年前です。 その医学書が「内経」で、その中の「素問」にてんかんの原因、メカニズムが詳しく書かれています。 その後、この2000年間に渡り、より詳しい分析と検証がされて来ました。 今日の治療の根本になっています。   診断で治療が必要な所を見つけます。 根本から治療します、つまり原因箇所を治療します。 五臓六腑の故障の影響が脳に来ることで「てんかん」発作をしますので、まず先に診断でどの臓器が損傷しているのか見つけます。    脳の働きについての知識。 脳は単独で動いているのでは有りません。 脳は常に腎の支えが有って活動できています。 もし腎が弱くなったり損傷を受けると脳は大打撃が来ます。 さらにいえば、腎は単独で働いているのでは無く、他の臓器と関連しながら働いています。   つまり脳は多くの臓器に支えられながら動いています。 ところが内臓が何らかの影響で損傷したり、働きが低下すると、脳を正常に支える事が出来なくなります。 その時に発作が起きます。それが「てんかん」です。 このように内臓(五臓六腑)の故障・損傷は「てんかん」の根本原因です。 もちろん五臓六腑それぞれによって病状が違います。   貴女の「てんかん」を良くするには、内臓(五臓六腑)を治療します。   五臓六腑のどこが故障しているか、診断して特定する。 「五臓」は心・肝・腎・肺・脾です。 このどれかが故障・損傷しています。 「六腑」は胃・胆・大腸・小腸・膀胱・三焦ですが、このどれかが大きな故障・損傷を受けています。   どこが悪くなっているか?専門医が診断すれば的確な事がわかります。 五臓六腑の機能が違います。 肝臓と書かずに「肝」と書いています。 腎臓と書かずに「腎」と書いています。   西洋医学とは臓器の機能の見方が違うからです。 例えば肝臓は正常で有っても肝は故障・損傷しています。 ですから専門医が診断しないとどこが悪いのか?見つける事ができません。 「てんかん」は五臓六腑の診断は欠かせません。   診断で分かること 内臓(五臓六腑)から「脳」につなげているのは「気・血・津液」です。医師が診断すれば「気・血・津液」が全て悪くなっている。 それが「てんかん」発生の原因になっている事が分かります。   「気血津液」について知る 1)気・血が不調で流れなくなる。 2)津液(しんえき)が不調で流れなくなる。   この現象は大変な事なのです。実はこの三つが流れる事で全身が動いているのです。 自動車で言えば「電気・ガソリン・水」です。 自動車でも人体でもこの内の一つが上手く流れなくなれば、全体の働きが悪くなります。 それが三つとも全て悪くなったのが「てんかん」です。   「てんかん」は「気・血・津液」を治療する必要があります。 以上で治療する方向は説明しました。 まだピンと来ないのではないでしょうか? 少し補足説明します。 てんかん は「気・血・津液」が大事な要素です。   ①中でも「気」は特殊です。 人体には「気」と言うエネルギーがあります。 日本では元気、やる気、雰囲気など気を使う言葉はたくさんあります。 これはただの言葉ではなく、実際に人体に有る物です。   気は人体の様々な臓器を動かすエネルギーです。 もう一つの役目は「気」は血を全身に回す役目をしています。 気の力が弱いと血が全身を回りません。   脳に血が来ないので脳が正常に働かないのです。 それが「てんかん」となっています。 ですから「気」の治療が非常に大事です。   ②同じように「血」の働きが大変大事です。 「気」を正常にしても「血」の質がどうなのか? 正常な血なのか確認する必要があります。 血の質が悪くないか? 血の通り道でスムーズに流れているか?   特に脳につながる通り道はどうか? のチェックを診断します。 この診断と治療が必要です。 気と血が正常に流れてくれば、脳の働きは急速に回復します。   ③てんかん は津液が特に問題です。 津液(しんえき)とは体の中に有る水分です。 血の元になるものと、水分のまま全身に回って潤いを作ったり、関節などの接合部でクッションの役目をするものとがあります。 両方を津液と言います。   ところがこの津液が濃すぎると流れなくなります。 そして間違って血の通り道に入り込み、脳の働きを止めます。 これが「てんかん」です。 ですから「てんかん」治療には津液の治療が欠かせません。 いかがですか? どれも治療が必要です。  2)事故やケガ、病気で脳の損傷を負っててんかんになった。 事故・病気で「てんかん」になっている場合があります。 診断でいろいろな事が分かります。 まずどの臓器が故障しているか直ぐに分かります。 そこと脳との関係も診断で分かります。   脳の状態を診断します。 内臓の状態も診断します。 臓器によって脳とつながるルートが違いますので、どのルートなのか確認します。   「気・血」が悪くなっていないか? どの辺りで詰まっているか?診断します。 同時に「津液」がどこで詰まっているか? 診断します。   以上、概略説明しました。参考にされて下さい。 てんかん総合ページはこちらです。   関連の記事があります。ご覧ください。 「てんかん」の特徴、治療、注意点、大病院の情報。 「てんかん」 の人はキャリア、才能を生かす。就職、結婚、起業。     個人輸入代行の総合ページはこちら  

Copyright© ビビッド・ライフ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.